ヘアカラーでインナーカラー!チラ魅せニュアンスおすすめのやり方紹介!

ヘアカラーは色んなパターンがあります。その中でも最近はインナーカラーが流行です。染めた部分をチラ見せすることが出来るため、控えめなおしゃれを楽しむ女性が増えています。またセルフでヘアカラーして作ることも出来ます。そんなインナーカラーのやり方を紹介していきます。

目次

  1. 流行りのインナーカラーって?
  2. ヘアカラーの中でもインナーカラーが人気の理由
  3. ヘアカラーでインナーカラーには黒髪がいい?
  4. ロングのインナーカラー
  5. ショートのインナーカラー
  6. 黒髪に合うインナーカラー
  7. 自分でヘアカラーするには
  8. セルフで行うインナーカラーの染め方とコツ
  9. ヘアカラーでインナーカラーをアレンジ
  10. ロングとショートのどちらが染めやすい?
  11. 髪型でインナーカラーをアピール
  12. インナーカラーをする際のポイント
  13. インナーカラーにするメリット
  14. インナーカラーにかかる費用
  15. 初めてインナーカラーを入れるなら
  16. インナーカラーを入れた後のケアが大切
  17. 黒髪にインナーカラーでおしゃれを楽しもう

流行りのインナーカラーって?

yusaku_landcoさんの投稿
23416557 272362499952396 6966326594927329280 n

ヘアカラーは以前からおしゃれの一つとして多くの女性が行ってきました。ヘアカラーの色の種類もたくさんあり、いろんな色の髪の毛で楽しむ方も多いです。また髪の毛の長さもロングかショートかで印象も大きく変わります。そのため長さに合わせてヘアカラーの入れ方を変える方もいます。ヘアカラーの入れ方についても全体を染めたりメッシュ・ハーフなど様々です。

hairdesign_grandjeteさんの投稿
23417165 160573814550064 3312045063734820864 n

その中でも最近ではインナーカラーが流行となり、多くの女性がおしゃれを楽しんでいます。インナーカラーは髪の毛全体を染めるのではなく、髪の毛の内側のみを染めるヘアカラーです。髪の毛の外側は染めないため、パッと見た時には大きな違いはありません。しかし髪の毛をかき上げたり結ぶ・動いたときにインナーカラーが見え隠れします。

ヘアカラーの中でもインナーカラーが人気の理由

ヘアカラーは髪の毛のおしゃれの一つです。しかし仕事や環境によってはあまり髪の毛を染めることはできない人もいます。また全体を染めることに抵抗がある人もいます。そんな方にとってインナーカラーは控えめにヘアカラーした部分をアピールすることが出来りため人気です。

またあまり髪の毛を染めたことを知られたくない人もいます。その時は表面の染めていない部分で覆う・インナーカラーの部分を結んでまとめたりして隠すことも出来ます。そのためインナーカラーはヘアカラーの中でもTPOに合わせて融通が利きやすいカラーリングです。そのことも人気の理由の一つでしょう。

ヘアカラーでインナーカラーには黒髪がいい?

irori_hairさんの投稿
23416643 1476038479176970 1796205612959268864 n

ヘアカラーでインナーカラーを入れるにあたり、染める前の髪の毛の色も重要になります。インナーカラーを入れる部分と入れない部分で髪の毛の色のバランスが悪いと、綺麗に染まってもおしゃれにならない可能性もあります。またあらかじめカラーリングされた部分にヘアカラーをすると色が混じってしまい、ムラが出るかもしれません。

y.fa214さんの投稿
23421900 1715227458786349 2017589169655644160 n

インナーカラーを入れるのであれば黒髪に行うことがおすすめです。特に黒染めしていない黒髪が良いでしょう。黒髪は比較的どの髪色にも合いやすい色とされています。そのためインナーカラーに使う色のチョイスでミスする可能性も少ないでしょう。

ロングのインナーカラー

aya_10_9さんの投稿
23348019 145228616107040 1519366881645953024 n

ロングの黒髪は重たい印象を持たれる方が多いです。ロングの中でも毛量が多い人ほどその印象は強くなりがちです。そのためインナーカラーを入れることで内側の色を明るくし、印象を軽くすることが出来ます。またロングは毛先のヘアアレンジもしやすく、髪型のレパートリーも豊富です。そのため色んなロングの髪型でインナーカラーを見せることが出来るでしょう。

ショートのインナーカラー

aua_ouaさんの投稿
23498622 1523468361022786 3784329335574364160 n

ショートのインナーカラーを入れる際、染めた部分の上から黒髪をかぶせることが出来るボブのような髪型がおすすめです。ショートは耳元や襟足の部分からインナーカラーが見え隠れしやすいです。そのためショートは何もしていなくても自然とチラ見せすることが出来るでしょう。

またインナーカラーの部分をコテで巻いたり、耳に髪をかけたりと簡単なアレンジでよりアピールすることも可能です。ショートだからこそできるインナーカラーの楽しみ方を知り、おしゃれな髪型を満喫しましょう。

黒髪に合うインナーカラー

miomatsudaさんの投稿
23348081 1468942399827029 4494077332687945728 n

黒髪は重たい印象を持ちがちですが、黒髪はいろんな色と馴染みやすいです。そのためインナーカラーを入れる上ではおすすめと言えます。また差し色としてインナーカラーを入れることで印象を大きく変えることが出来ます。そのことからも黒髪に何色のインナーカラーを入れると印象がどう変わるかを知っておくとよいでしょう。

青色のヘアカラー

黒髪と青色の組み合わせはクール・知的・落ち着き・スタイリッシュといった印象を作ることが出来ます。ファッションについてもガーリーよりはボーイッシュ・フォーマルといった系統が合いやすいです。そのため可愛らしさよりも大人の印象を好む人ににおすすめです。

オレンジ色のヘアカラー

黒髪とオレンジ色と組み合わせは温かみのある印象を作ることが出来ます。明るいオレンジはやや主張が強く目立ちやすいです。色の主張を抑え柔らかく可愛らしい印象を作りたいのであれば、カラートーンの低いオレンジ色を使うと良いでしょう。

茶色のヘアカラー

黒髪と茶色は非常に馴染みやすい組み合わせです。馴染みやすい色のため、他の色と比べて目立ちにくさもあります。そのため印象自体は大きくは変わらないことが多いです。しかしさりげないおしゃれをアピール・控えめな印象を作りたいという人には好まれる傾向にあります。

紫色のヘアカラー

nakata_mymさんの投稿
23417199 159321514810112 6987780102599737344 n

黒髪と紫色の組み合わせは行う人の割合が少ない傾向にあります。そのことからも個性的・ミステリアスな印象を作ることが出来るでしょう。またヘアセットやファッションによっては可愛らしくすることも出来、毒カワ系・子悪魔系といった印象など変幻自在と言えます。

Thumbヘアカラー秋冬2017・2018!本気でおすすめ大人可愛いトレンドスタイル![ジェリー]

自分でヘアカラーするには

goemon1218さんの投稿
23347992 125752028106174 2795780236589924352 n

ヘアカラーでインナーカラーをするにあたり、美容院で行う女性も多いです。しかしやり方は簡単であり、セルフでもできると考える女性も多いです。そのため最近ではセルフでインナーカラーを入れる女性が増えています。やり方についても髪の毛の内側の身を染めるため、根元は目立ちにくいです。そのため髪の毛が伸びた時の手入れのやり方も簡単と言えます。

tatsuyahinoさんの投稿
23421453 128858041160186 2326641341099933696 n

しかし中にはセルフで行い、失敗してしまうという方もいます。インナーカラーのやり方は簡単でもセルフで行う際には注意すべき点もあります。そのためやり方のポイントやコツを知ってからセルフで行うようにしましょう。

セルフで行うインナーカラーの染め方とコツ

セルフでインナーカラーを染めるにあたり、やり方自体は簡単です。しかしきれいな仕上がりにするためにはいくつかの注意点・コツもあります。注意点やコツを知ったうえでセルフで行うようにしましょう。

ヘアカラーのやり方とコツ:染める前に髪の毛は洗って乾かす

インナーカラーを入れるにあたり、その部分の髪の毛が汚れているとしっかりとヘアカラーが浸透しない可能性があります。また汚れていなくてもヘアオイルやトリートメントがついているだけでも仕上がりに影響が出てしまいます。そのためセルフで染める前に一度洗っておくとよいでしょう。

また洗った後に髪の毛が濡れたままではいけません。それではヘアカラーを塗ったときに十分に浸透しない可能性もあります。ヘアカラーを塗る前にしっかりと乾かしておくようにしましょう。

ヘアカラーのやり方とコツ:ブロッキングしておく

インナーカラーを入れるにあたり、ヘアカラーを塗る部分と塗らない部分をブロッキングしておきましょう。ブロッキングすることでセルフでヘアカラーする際に塗る部分が明確になり、より簡単になります。また途中でヘアカラーが染めない部分に付着することを避ける事にもつながります。

ヘアカラーをセルフで行う際、ショートに比べてロングの人ほど染めない部分の毛先が垂れてヘアカラーがつくというミスが多いです。そのためブロッキングした後、染めない部分はひとまとめにする・ネットをかぶせるなど対策をとるようにしましょう。

ヘアカラーのやり方とコツ:ヘアカラーを塗るときは順番も大切

ヘアカラーを塗るにあたり、塗る順番も重要です。髪の毛は基本的に根元は染まりにくく、毛先は染まりやすい傾向にあります。また部位に関しても後頭部は特に染まりにくいと言われています。そのためヘアカラーを塗る順番として、後頭部・耳元の順に根元から塗るようにしましょう。

ヘアカラーのやり方とコツ:ヘアカラーを塗った後はラッピングと保温

b1oody_devilさんの投稿
23347511 371456086625810 235545554224939008 n

ヘアカラーを塗った後は髪の毛に色が浸透するのを待つだけです。その際にラップで塗った部分を包み保温することで染まりやすくなります。また温めるとより短時間で染めることも出来ます。ヘアカラーは塗る時間が延びるにつれて髪の毛への負担も増えます。そのためラッピングと保温で短時間でキレイに染め、ダメージを減らしましょう。

ヘアカラーでインナーカラーをアレンジ

黒髪にインナーカラーを入れることでさりげないおしゃれを楽しむことが出来ます。また染めることで印象も大きく変わるでしょう。インナーカラーにアレンジをするにあたり、髪型でのアレンジではなく複数の色を使ってみる事もおすすめです。

人気のパターンとしては耳元のインナーカラーを左右異なる色にすることです。それにより横から見た時に異なる印象を作ることが出来るでしょう。方法に関しても色を2色使うだけですが、セルフで行う際は色が混ざらないように注意しておきましょう。

ロングとショートのどちらが染めやすい?

インナーカラーはロングにもショートにも似合うヘアカラーです。染めるにあたり、美容院でしてもらう方も多いです。しかしセルフで行う際はロングとショートで染めやすさに違いがあります。セルフでインナーカラーをするのであればショートの方が染めやすいでしょう。

erina_yamamotoさんの投稿
23498205 1634793873254030 1969730443565596672 n

ロングは髪の毛が長い分ブロッキングは簡単です。しかしブロッキングした部分の毛先がヘアカラーに付かないように配慮も必要です。またヘアカラーを使う量も髪の毛が長くなるにつれて増えていきます。そのためまんべんなく均一に塗る為にも塗る量の調整も必要です。

solhair_haruさんの投稿
23421441 422636628151869 5052910963682967552 n

ショートに関しても基本的なやり方は同じですが、ロングに比べると手間が少ないという女性も多いです。そのためセルフで行うのであればショートの方がやりやすいと言えます。

髪型でインナーカラーをアピール

インナーカラーは髪の毛の隙間から覗かせることが出来ます。まっすぐ下ろしてチラ見せするやり方もよいですが、ヘアセットでアピールすることも出来ます。インナーカラーとヘアセットを組み合わせて自分だけのおしゃれを楽しみましょう。

ヘアセット:アップスタイル

アップスタイルは下ろした髪の毛を持ち上げて高いところでまとめます。そのため自然とインナーカラーの部分が露出されます。ポニーテールのようにして全体を持ち上げるとよりインナーカラーを見せることが出来ます。また染めていない部分だけ束ねてハーフアップにしても色のグラデーションが付いて良いでしょう。

ヘアセット:巻き髪

hikari_abe821さんの投稿
23421094 131888067513673 301556203677286400 n

巻き髪のやり方について、コテやカーラーを使えば簡単にできます。巻いた部分はインナーカラーと黒髪が混ざるため、きれいなグラデーションになります。巻き方についても色んなパターンがあります。ショートとロングでできる巻き方にも違いがあります。そのため自分の髪の毛の長さに合わせた巻き髪をしてインナーカラーをアピールしましょう。

ヘアセット:編み込み

編み込みは毛束を作って三つ編みを作っていく方法がスタンダードです。編み目の中にインナーカラーが混ざることできれいな仕上がりになります。編むときに黒髪とインナーカラーを分けておくとそれぞれの毛束の色が際立ちます。そのためよりおしゃれにインナーカラーを見せることが出来るでしょう。

Thumbオルチャン髪型・人気11選!ロング・ショートヘア簡単アレンジで可愛さUP![ジェリー]

インナーカラーをする際のポイント

moncheri_ayu88さんの投稿
23417147 135107910482732 3345767467610800128 n

ヘアカラーでインナーカラーをするにあたり、ポイントとしてはどれだけの毛量を染めるかと何色を使うかです。染める量が増えるにつれて黒髪の隙間からインナーカラーは見えやすくなります。また少なすぎると目立ちにくいでしょう。

ayano.hamadaさんの投稿
23421646 2019537404948117 2368409610290724864 n

また色に関してもない色を使うかで印象も大きく異なってきます。一度ヘアカラーするとすぐに色を変えることは難しいです。失敗しないためにも自分がインナーカラーを入れてどんな印象を作りたいかを決めておく必要があります。それに応じた色をチョイスしましょう。

インナーカラーにするメリット

higu1009さんの投稿
23417227 439699953091708 5424259818984570880 n

髪の毛を染める時にインナーカラーを入れる女性は増えています。それは流行やおしゃれさなど、いろんなことがきっかけで人気です。またインナーカラーで得るメリットもあります。それは控えめなおしゃれ・TPOに合わせてカバーしやすいなど他にもたくさんあります。その中でも特に大きいメリットとして、髪をセットしなくてもおしゃれ・根元の手入れが減るという点があります。

髪をセットしなくてもおしゃれな理由

anemu_oscaさんの投稿
23498677 2266296210263340 5431706772584792064 n

インナーカラーは髪の毛が動くたび黒髪の隙間からチラ見せすることが出来ます。そのチラ見せ自体がおしゃれであり、ヘアセットしなくて済むという女性も多いです。ヘアセットはするたびに徐々にダメージを蓄積してしまいます。そのためヘアセットの手間とダメージを減らすことが出来るでしょう。

根元の手入れが少なくて済む理由

tsutomukawasakiさんの投稿
23498195 145523546082390 8208327868736864256 n

全体のヘアカラーは髪の毛が伸びるにつれて、根元が目立ってプリンになってきます。そのため定期的にカラーリングやリタッチをする必要があります。しかしインナーカラーはその上から髪の毛で覆うため、根元は目立ちにくいです。そのため手入れの頻度も少なくて済みます。

インナーカラーにかかる費用

miiiifu_710さんの投稿
23417320 164533840800530 87869116706193408 n

インナーカラーをするにあたり、金銭的負担も必要です。セルフで行うのであればカラークリームの出費のみの場合が多いです。そのため数百円~1000円程度で済ますことも出来ます。美容院で行うのであれば髪の毛の長さや量によって多少変動はあります。またヘアカラー後のトリートメントなどもあるため、費用としては数千円~1万円程度は必要となるでしょう。

初めてインナーカラーを入れるなら

itsumi_hairさんの投稿
23417190 852137464965525 6323555949915144192 n

インナーカラーは女性の間で人気ですが、その特徴からなかなか出来ないが出ないという女性も多いです。もし初めてインナーカラーを入れるのであればできるだけトーンの低い色を選ぶ方が良いです。明るい色や個性的な色を選ぶと染まったときに予想と違うということになりかねません。そのため初めは無難な色から挑戦しましょう。

インナーカラーを入れた後のケアが大切

remorumamaさんの投稿
23416543 128067827863789 7696688772909367296 n

インナーカラーを入れる際、少なからず髪の毛にダメージは加わってしまいます。髪の毛の内側に入れるため、ダメージは目立ちにくいです。しかししっかりとケアしておかないとどんどんダメージは蓄積されていきます。またショートの方はこまめにカットする方が多いため、自然とダメージ部分を切る頻度は多いです。

anfye_yoshidaさんの投稿
23421757 153898415219746 2068329062887063552 n

しかしロングの方はダメージが蓄積した部分をカットするまで時間もかかります。特に根元に近いほどなかなかカットできません。そして繰り返しヘアカラー・ヘアセットをする中で髪の毛のダメージは増えていきます。インナーカラーを入れた後はしっかりとヘアケアをし、綺麗な髪の毛を保つように心がけましょう。

Thumbトリートメントの使い方!効果が出る頻度を知ってツヤ髪キープ![ジェリー]

黒髪にインナーカラーでおしゃれを楽しもう

matsukolondonさんの投稿
23417196 128003481303956 1165140802528083968 n

インナーカラーはおしゃれかつTPOに応じて対応しやすいことで人気のヘアカラーの一つです。ヘアカラーの色次第で印象を自由に変えることが出来るため、色を変えて色んな自分を楽しむことも出来るでしょう。また黒髪にインナーカラーの組み合わせは失敗が少なく、簡単におしゃれに仕上げることが出来ます。

higu1009さんの投稿
23347619 149787818965167 201098031020376064 n

色のチョイスや染めた後のヘアケアなど注意する点はいくつかあります。しかしその注意点に気を付ければおしゃれ初心者でも十分に楽しむことが出来るでしょう。

関連するまとめ


アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ