納豆キムチダイエットまとめ!栄養や効果的な食べ方を解説・健康にも良い

納豆とキムチは誰もが知っている代表的な発酵食品ですよね。納豆やキムチといった発酵食品が健康に良いのは有名な話ですが、ダイエット中にもおすすめできる食品なんです!今回は、納豆とキムチに含まれる栄養やその効果、ダイエット中の食べ方をお伝えしていきます。

目次

  1. 納豆とキムチはダイエット中におすすめの食品
  2. 納豆に含まれる栄養と得られる健康効果
  3. キムチに含まれる栄養と得られる健康効果
  4. ダイエット中は納豆キムチを一日一回食べよう
  5. 食事前に納豆キムチ食べるとダイエットに効果的!
  6. ダイエット中は納豆キムチの過剰摂取に気を付けよう
  7. 納豆キムチのアレンジは海苔巻きがおすすめ
  8. 納豆キムチは麺類と合わせると相性抜群!
  9. 納豆キムチを食べて健康的なダイエットをしよう

納豆とキムチはダイエット中におすすめの食品

納豆とキムチは発酵食品として有名ですが、健康に良いだけでなくダイエットにも効果があるんです。納豆、キムチの単品ずつでも効果がありますが、まぜ合わせてキムチ納豆として食べるとさらにダイエット効果が期待できます。

キムチと納豆はどちらも発酵食品ですので相性はとっても良いんです。また、キムチと納豆は混ぜてそのまま食べるだけでなく、うどんやパスタに合えたりチャーハンにしたりとアレンジする食べ方もたくさんありますので、飽きずに食べることができますよ。

Thumb納豆焼きそばの作り方!ペヤングやカップ麺にトッピングする簡単レシピも | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

納豆に含まれる栄養と得られる健康効果

まず前提として、納豆やキムチはなぜ健康に良いのかをおさらいしていきます。まずは納豆です。納豆の代表的な栄養はナットウキナーゼです。ナットウキナーゼは納豆独自の栄養素で、大豆を製造する際に作られる栄養です。このナットウキナーゼには、血液をサラサラにしたり動脈硬化・心筋梗塞などどいった血管由来の病気を予防したりといった効果があるんです!

また、納豆の原材料である大豆には植物性たんぱく質が豊富に含まれています。植物性たんぱく質には脂質がほぼ含まれていないので、納豆は高たんぱく低脂質なダイエット向き食品といえます。またたんぱく質は人間の髪や肌、爪などを健康に保つ働きがありますので、常に摂取したいですね。

同じく納豆の大豆に含まれる代表的な栄養素として、イソフラボンがあります。イソフラボンはアンチエイジングや更年期障害の予防に効果があるため、女性にとっては大変うれしい栄養成分となります。また大豆のイソフラボンは女性ホルモンによく似た成分であることがわかっています。

Thumb納豆×チーズレシピ!おつまみやおかずにも!簡単アレンジまとめ | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

キムチに含まれる栄養と得られる健康効果

納豆と同じく発酵食品であるキムチにはどんな栄養が含まれているのでしょうか?キムチは、白菜やきゅうり、大根などの野菜をにんにく・しょうが・トウガラシ・塩・砂糖・あみの塩辛などの調味料で漬け込んでつくる料理です。塩分が多く含まれますので最も多い成分はナトリウムです。

キムチは漬け込んでいる間に発酵して乳酸菌がつくられます。乳酸菌には整腸作用があり便秘の改善にも効果が期待できます。キムチを食べると腸内でビフィズス菌を増やして腸内環境を良好にしてくれるのです。また、白菜などの野菜には食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維も便秘の改善に大きく役立ちますので、便秘に悩んでいる方はキムチを積極的に取ると良いですね。

また、キムチのトウガラシに含まれる辛み成分のカプサイシンは、代謝を高めて脂肪の燃焼に効く効果が期待できます。さらにキムチのカロリーは100gあたり45.9kcalと低カロリーですので、ダイエットや肥満予防にもキムチは適していると言えますね。

Thumb納豆×オリーブオイルの効果について!便秘・ダイエット・美肌にも | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

ダイエット中は納豆キムチを一日一回食べよう

納豆とキムチはダイエット中の方におすすめの食品ですが、納豆とキムチのダイエットに効果的な食べ方がいくつかあります。まずは一日一回、必ず納豆とキムチを食べることです。キムチの脂肪燃焼効果と納豆に含まれる脂肪蓄積抑制の効果を発揮させるため、継続して毎日食べると良いでしょう。

また発酵食品には整腸作用が期待できるので、便秘改善も見込むことができます。便秘が改善できれば痩せ体質になりやすいですよ。すぐにダイエット効果が現れるものではないので、焦らずに毎日コツコツ続けることが必要です。納豆とキムチは常にご自宅にストックしておくといいでしょう。

Thumb納豆ヨーグルトの効果でダイエットや便秘改善も!おすすめアレンジも | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

食事前に納豆キムチ食べるとダイエットに効果的!

納豆とキムチの食べ方でおすすめなのは、食事の20~30分くらい前に納豆とキムチを食べておくことです。納豆とキムチは胃に満腹感を与えるので、食事の量を少なく抑えることができます。納豆とキムチを食べておくタイミングは食事を取る20~30分くらい前にすると、食事を取るときには満腹中枢が働くので食べ過ぎを防げます。

ここで注意したいのは、食事を取る前にキムチを摂取することで食欲が増進してしまうことです。キムチに含まれるトウガラシには食欲を増進させる作用があります。したがって、食べ過ぎ予防のために食べたキムチが逆効果とならないように、納豆キムチはゆっくりとよく噛んで食べるようにすると良いですよ。

また、納豆とキムチはビールなどのお酒のおつまみとしても良く合いますが、お酒と一緒に食べるのは避けましょう。お酒を飲むことで、暴飲暴食を招いてしまうこともあります。

Thumb納豆は太る?太らない?栄養効果や夜食向けの食べ方などまとめ | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

ダイエット中は納豆キムチの過剰摂取に気を付けよう

ダイエットや健康に良いとされている納豆とキムチですが、いくら食べても良いというわけではありません。まず、納豆を食べすぎると大豆イソフラボンを過剰に摂取してしまい、ホルモンバランスを崩してしまう恐れがあります。これは、大豆イソフラボンには女性ホルモンに似た成分が含まれているためです。

また、キムチには塩分(ナトリウム)が多く含まれているので、食べ過ぎると塩分の取りすぎになってしまいます。塩分を摂りすぎるとむくみの原因になりますし、太りやすい体になってしまうので気を付けましょう。

Thumb納豆の冷凍について!保存や解凍方法・賞味期限についてご紹介! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

納豆キムチのアレンジは海苔巻きがおすすめ

納豆とキムチを使ったおすすめのレシピをいくつかご紹介します。一つ目は納豆キムチ巻きです。納豆キムチ巻きはとっても簡単で、納豆とキムチを混ぜ合わせたものを海苔で巻くだけで完成です!海苔から薫る磯の風味と納豆キムチが相性抜群です!

物足りないときは、ほんの少し胡麻油を加えると風味が一気に変わって良いですよ。海苔も胡麻油も体に良い食品ですので、納豆・キムチと合わせる食べ方は健康メニューなんです。

Thumb納豆丼のレシピ!チーズ・オクラ・しらすなど人気のアレンジまとめ! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

納豆キムチは麺類と合わせると相性抜群!

お好みの麺類と納豆・キムチを合わせてつくる納豆キムチ麺もおすすめです。うどんやそばなどの和風麺であれば、胡麻油やめんつゆ、かつおぶしを加えて和えるだけで美味しい納豆キムチ麺が出来上がります。また、豆乳と水、豆板醤、白だしで調味しただしに麺と納豆キムチを合わせればゴマ担担麺風の麺が完成します!

また、冷麺にも納豆キムチはよく合います。冷麺と納豆、キムチ、きゅうりなどの具材を盛り付けたら、酸味の効いたしょうゆベースのたれをかけて完成です。

Thumb納豆カレーについて!作り方やおいしい食べ方・栄養や味もご紹介 | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

納豆キムチを食べて健康的なダイエットをしよう

納豆やキムチは健康に良いだけでなくダイエットにも効果テキメンの発酵食品です。食べ方にも気を使ってみるとさらにダイエット効果がアップしますので、毎日コツコツ納豆キムチを食べるようにしてみてください!

Thumb卵と納豆の食べ合わせは良くない?栄養を損なわない正しい食べ方について | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

関連するまとめ

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ