泣ける恋愛映画おすすめランキング!洋画・邦画の感動の名作紹介

映画は邦画・洋画共にたくさんあり、泣ける恋愛映画も多く作られています。ランキングも存在しており、その中には長年愛され続けた作品もあります。ランキング上位になると広い世代で知られているものも多いです。そんな泣ける恋愛映画を邦画・洋画それぞれ紹介していきます。

目次

  1. 泣ける映画って?
  2. なぜ泣ける恋愛映画がおすすめなの?
  3. 恋愛映画の泣ける要素
  4. 泣ける邦画の恋愛映画
  5. 泣ける洋画の恋愛映画
  6. 泣ける恋愛映画の特徴と傾向
  7. おすすめの泣ける恋愛映画:邦画
  8. おすすめの泣ける恋愛映画:洋画
  9. 邦画・洋画の泣ける恋愛映画の変化
  10. 恋愛映画で泣ける人とそうでない人
  11. 泣ける恋愛映画の世代の差
  12. 人が恋愛映画にはまる理由
  13. 何回見ても泣ける恋愛映画ってあるの?
  14. 恋愛映画を見るなら映画館?自宅?
  15. 恋愛映画を見るなら一人?二人以上?
  16. 恋愛映画を見る頻度
  17. 泣ける恋愛映画を見よう!

泣ける映画って?

shimpei_abeさんの投稿
22344080 1774563896177155 4303577962399137792 n

映画は毎年多くの国で作られており、次々と新しい作品が世に出されています。映画の中にもいくつものジャンルがあり、それぞれで名作と呼ばれる作品が存在します。その中でも不朽のジャンルの一つに恋愛映画があげられます。

恋愛映画は何十年も前から作られており、その時代を表す名作がたくさん存在します。そして何十年の時を経て作成・放映された年以降に生まれた人たちにも広く見られています。また恋愛映画の中には泣ける名作と呼ばれる作品も多く、多くの方が涙したおすすめのものもあります。

なぜ泣ける恋愛映画がおすすめなの?

xiah.flowersさんの投稿
22430180 484244335285017 4404725266853658624 n

またよりリアルかつ見る人の心に入るような内容・構成になっているため、恋愛を経験したことがある人ほど共感してはまりやすいと言えます。そして人によっては現実の恋愛から遠のいている人もいます。しかし恋愛映画は恋愛をしていた頃の自分にも引き戻してくれます。そのためその頃に自分に戻ったような感覚を覚える人も多く、おすすめとされています。

adc_saoriさんの投稿
22429850 2035879789981546 2246807975060570112 n

映画にはいくつものジャンルがあり、その中でもおすすめの一つに恋愛映画が挙げられます。恋愛映画がおすすめと呼ばれる理由の一つに共感することが出来るという点です。恋愛は多くの人が経験したことがあり、片思い・両想い・出会い・別れなど様々な要素があります。恋愛映画ではそれらの要素を盛り込みつつ作られています。

恋愛映画の泣ける要素

恋愛映画の中にもいくつかジャンルがあり、その一つが泣ける作品です。しかしどこに泣ける要素があるかを見る側が理解できるような作品にする必要があります。それをあからさまにアピールする・伏線を張りすぎてわかりにくいと見る側の心情を動かすことは難しいです。そのため泣ける要素を含めつつ感じさせるような映画であることがおすすめの作品と言えます。

泣ける要素:感動

kochan_officialさんの投稿
22499784 138253676811274 6101307227891564544 n

ポジティブ面では感動的な要素を含んでいることがポイントです。実際に感動する場面の多くは登場人物にとって多くの過程を経たうえで臨む結果に到達したときと言えます。それは過程の数や難易度・より身近かつリアルなシチュエーションであるほどに泣ける感動を生みやすいと言えます。

泣ける要素:悲哀

conomi04さんの投稿
22427173 317566168721046 7855546547897892864 n

泣ける要素として悲しみの共感という点も大きいです。特に恋愛は嬉しいことも悲しいことも多く、傷つく・気持ちが不安定になったりもします。そして悲しい恋愛ばかりを繰り返す人もいます。そのため泣けるという点ではより見る側の心に響きやすいと言えます。

泣ける邦画の恋愛映画

恋愛映画において邦画は主役とその相手の1~2人称での視点で構成される事が多いです。他にも作中で関わる人もいますが、恋愛の進展においてサポートとして介入するような役回りが多いです。実際に日本での恋愛は周りを巻き込んで大きくアピールすることは少なく、個人での関わりになることが多いです。

泣ける洋画の恋愛映画

恋愛映画において洋画は主人公とその相手以外の多くの人を巻き込んでしまうことが多いです。日本と比べてオープンな性格の人が多い傾向にあり、恋愛事情についても同じと言えます。そのため本人が知らない場所で周りの人が大きく動いたことで恋愛が進展するという映画も多いです。

泣ける恋愛映画の特徴と傾向

sentir.mmさんの投稿
22500416 2085799594974268 903318311968702464 n

恋愛映画は邦画・洋画共に数えきれないほど数多く世に生み出されています。しかしその中での泣ける恋愛映画とそうでな恋愛映画もあります。その特徴と傾向としては見る側に訴えかけるポイントの違いが大きいです。

cu.2628さんの投稿
22351789 177315952833049 6208659806606065664 n

ポジティブ要素・ネガティブ要素に共通している点として恋愛中に苦労や挫折を表現するシーンがあるかどうかです。それがないとただ幸せ・ただ悲しいといった起伏の少ない淡々とした印象になってしまいます。そしてそれらの経験は共感しやすく、そのイベントをどれだけしっかりと含んだ構成になっているかが、泣ける恋愛映画の特徴と傾向と言えます。

おすすめの泣ける恋愛映画:邦画

何十年も前から邦画の泣ける恋愛映画は存在し、名作と呼ばれる作品も多くあります。また有名になるほどに比較もされやすく、ランキング付けされることも多いです。そんなおすすめの邦画ランキング上位の作品をいくつか紹介していきます。

1位:世界の中心で、愛を叫ぶ

片山恭一の小説を映画化した作品です。朔太郎と律子は結婚を控えていますが、律子が急に失踪しました。律子を探して四国に向かいますが、そこは初恋であり最愛のアキという女性が眠る場所でもあります。そこで朔太郎は過去の記憶に落ちていきます。二人は交換日記や旅行などをした高校時代、二人は幸せな未来を掴むと思っていまいた。

hirokick69さんの投稿
14736278 196811844097551 621405776874831872 n

しかしアキに不治の病が発覚し、状況が大きく変わってしまいました。治ることはない病気の治療といずれ訪れる死という現実に向かう二人の純粋な恋愛を表現しています。そして悲しいラストに多くの方が泣けると人気です。

2位:僕の初恋を君に捧ぐ

risa_shiogamaさんの投稿
12523570 160945477613997 717447254 n

大ヒット少女漫画が原作の作品です。高校生の主人公の逞は思い心臓の病気により20歳までしか生きられないと宣告されていました。そのためできる活動にも制限があり、生活の支障もありました。そんな逞を一途に愛する繭は幼いころに「大人になったら結婚しよう」と約束しました。

しかしその約束にはタイムリミットがあり、成長して互いに思いが通じるにつれて時間は過ぎていきます。タイムリミットがある互いの初恋に対して全力で愛し、全力で生きる二人の恋愛模様を表した作品となります。

3位:君にとどけ

__.jas_mineさんの投稿
22429590 121027078576785 3402290422637133824 n

大ヒット少女漫画が原作の作品であり、熊沢尚人氏が監督しています。主人公の黒沼爽子は暗く近寄りがたい存在としてクラスで浮いていました。そして対照的に男女ともに誰からも好かれており、常にクラスの中印にい風早翔太は登校中に不意なことがきっかけで接点を持ちます。

そして同じクラスになり、徐々に関わる中で互いに気持ちを募らせていきました。しかしその思いをなかなかつたることが出来ない状態に陥ってしまいます。ただ素直に思いを伝える、それが出来ない甘酸っぱい青春の恋愛を描いた作品となっています。

4位:ただ、君を愛してる

主人公の誠人は幼いころから病気のため塗り薬を使っていました。その薬は無臭ですが、自分はそれが臭く、使っている自分も臭いと勘違いし、人付き合いが出来なくなっていまいた。そんな中、静流とは信号のない横断歩道で出会いました。なかなか渡れない静流にサポートし、それがきっかけですこしずつ中を深めました。

mooviee22さんの投稿
22157296 683897561808154 6381356962654715904 n

その中で誠人は静流を友人としてかかわるつつ、同級生のみゆきに思いは片寄っていました。しかし静流はまことに思いを寄せ、誕生日にキスを願いました。それは初めてで最後のキスとなることを知らず、そのまま二人は別れていきました。本当のことを伝えきれないすれ違いとそのラストに多くの方が泣けると評判の作品です。

5位:タイヨウの歌

海辺に暮らす雨音薫はムーンチャイルドと呼ばれる女性であり、XPという日の光に当たることが出来ない病気を抱えています。そのため昼夜逆転した生活を送っており、ある晩にストリートミュージシャンの藤代孝治という男性と出会います。

二人は徐々に惹かれていきますが、日に当たることが出来ない生活は活動範囲や時間を大きく限定してしまいます。そして徐々に進行する病気と二人で向かいつつ、愛を深めて行きます。進むにつれて困難が増えていく二人の愛に涙できる作品と言えます。

6位:明日の記憶

slothuskiさんの投稿
21985471 179116915971639 6294207356049817600 n

佐伯雅行は広告代理店の営業課部長として働いており、仕事の精力を注いでいました。家庭は妻の枝恵子がサポートしていました。ある日一人娘の梨恵は妊娠し、それがきっかけで結婚することとなりました。その中で佐伯雅行は体調不良を訴え、それが連日続きました。また仕事がうまくできなかったり部下の名前が覚えられないなど明らかな変化を認めました。

診断結果は若年性アルツハイマーであり、進行性疾患でした。受け入れられない現実に葛藤しつつも闘病生活をはじめました。しかしそれも限界があり、仕事が出来ないため退職・妻のサポートが常に必要など、生活は大きく変わりました。それでも枝恵子の愛は変わらず、雅行は妻のことがわからなくなっても記憶の中で愛し続けています。

おすすめの泣ける恋愛映画:洋画

洋画は日本と比べて恋愛や作中の土地・セットの規模も大きいと言われています。そのため洋画の恋愛映画では邦画とは一風異なった恋愛事情を描いています。そんな洋画ランキング上位の作品をいくつか紹介していきます。

1位:50回目のファーストキス

主人公のルーシーはある日交通事故に遭ってしまい、前日の記憶を全て失う短期記憶障害を負ってしまいました。そのため生活上苦労も多く、度重なる葛藤もありました。そんな彼女にある日水族館で働く獣医のヘンリーが一目惚れし、アタックし続けました。

ルーシーは愛を与えてくれるヘンリーに恋に落ちるも一日経つとすべてがリセットされます。そのため毎日恋をして毎日がファーストキスとなっていました。しかしそれが重荷になってしまうとルーシーは別れを決意します。シリアスな展開もありつつ、人の純粋な愛情を描いており、多くのシーンで涙を流す作品と言えます。

2位:タイタニック

1912年に処女航海に出たタイタニック号の中で画家志望のジャックと上流階級のローズが船内で出会います。二人には大きな身分の差がありますが、それでも二人は恋に落ちてしまいます。そして次第に強い絆で結ばれていきます。

しかし航海中にタイタニック号は徐々に水没していきます。周りは海しかなく多くの命を抱えた船の中で二人は懸命に生きようと画策します。そして海に出た際、愛するローズのために取ったジャックの行動が多くの方の泣ける昔からの名作です。

3位:ゴースト/ニューヨークの幻

ichiko5005さんの投稿
20225919 157289644831654 8588912797805445120 n

サム・ウィートは温厚な銀行員であり、その恋人のモリー・ジェンセンは陶芸家として成功しつつあります。二人は順調に愛をはぐくみますが、ある日モリーはサムに結婚を申し込みます。そしてなぜ愛してると言葉にしないのかを聞くも望む返事はもらえませんでした。

その時一人の暴漢に襲われ、サムと争いになり銃が発射されました。そして暴漢が逃げた後サムが追いかけるも諦め、戻ると血まみれの自分とそれを抱えるモリーを見て自分はゴーストになったことを理解しました。そして死んだ後もモリーへの愛は変わらず、そばで支え見守っていました。死んでなお変わらぬ愛に感動する方が多いです。

4位:アルマゲドン

ある日地球に巨大隕石が近づいていることがわかり、何もしなければ世界は滅ぶことが決まっていました。世界に残された時間はわずかであり、それは14人に託されました。14人は愛する人のため・世界のためなど様々な理由で宇宙に出ていきます。14人が一丸となって愛する人・命を懸けて世界を救うために動く姿勢と最後に取った行動に多くの方が涙を流しました。

5位:ブライダルウォーズ

幼いころから親友のリヴとエマは互いに恋人がおり、結婚を考えていました。そして二人は昔からあるホテルで結婚式をして互いを招待することが夢でした。そして同じ時期に結婚することになりホテルも同じにしました。しかしホテルの手違いで同じ日時に行われることになりました。

二人は互いの夢を譲らず、相手に諦めさせるように様々なトラップを仕掛けて攻撃しました。それは結婚式直前まで続き、友情にも大きく影響しました。しかしそれでも変わらぬ友情とその後手に入れた幸せに笑顔と涙を流した方は多いです。

邦画・洋画の泣ける恋愛映画の変化

邦画・洋画共に泣ける映画は多く、年々映画自体も変化しています。それは技術の進歩に合わせてシーンの可能性が広がり続けています。また恋愛映画では登場人物の心情の変化も重要な要素ですが、それを彩る周囲の環境・セットも大きなポイントです。恋愛の多様化により恋愛描写自体の幅が広がり、技術の進歩により撮影の幅が広がったことが大きな変化と言えます。

恋愛映画で泣ける人とそうでない人

恋愛映画は数多くあり、ランキング上位になると邦画・洋画共に大ヒット作と呼ばれるような作品になります。しかし中には恋愛映画を見てもなかなか泣けないという人もいます。泣けない方の傾向の一つになかなか作品に感情移入が出来ない方です。

恋愛で経験した内容は人の数だけあり、作品を見て必ず共感できるわけではありません。そのため泣ける恋愛映画でも共感できる部分が少ないため泣けないという人もいます。または恋愛経験自体が少ない・恋愛自体に関心がないという人についても同じと言えます。

泣ける恋愛映画の世代の差

おすすめのランキング上位について、作品の世代差についても幅が広く、その世代だから共感できるというものもあります。そしてそれは作中の時代背景も大きく関わっています。昔は今ほど電子機器が発達していなかったため、恋愛中の連絡手段は電話や手紙・掲示板などアナログな方法になります。しかし簡単に連絡が出来ないからこそ互いのことを考える時間も増えます。

現在はインターネットやSNSなど連絡手段が発達し、いつどこにいても連絡がつくと言えます。そのためより多くの時間を一緒に共有することが可能です。そして思いを確認したり伝えやすくもなりつつあるため、より互いの気持ちが通いやすいと言えます。

yukivongolaさんの投稿
22427092 886081098223419 8403569333892022272 n

おすすめランキング上位の泣ける恋愛映画でも作られた世代によって恋愛事情も大きく異なります。そのためその時代を生きた人ほどその時代を反映した恋愛映画に泣けるほど共感しやすいと言えます。

人が恋愛映画にはまる理由

恋愛映画にはまるという人は多いですがその理由に2次元でも恋愛感覚を味わうことが出来るということです。現実に常に恋愛感覚で良く続けるということは難しいです。長く付き合うとそれだけ新鮮さは薄れていき、様々な理由で恋愛から離れた生活を送っている人もいます。

しかし恋愛映画ではそれらの事情は関係なく、映画の世界の中で恋愛感覚を味合わせてくれます。選ぶ恋愛映画によってどのような気分になりたいかを選択も出来ます。そのため恋愛に飢えた人ほどはまりやすい傾向にあります。

何回見ても泣ける恋愛映画ってあるの?

映画は一度見るとその内容を知ってしまいます。そのためランキング上位の作品でも2回目以降は感動が薄れてしまう人もいます。しかし作品によっては何度見ても泣けるという作品も多く、おすすめランキング上位に入っていることが多いです。

同じ恋愛映画で何度も泣ける人はその映画の中のシーンで特に感情移入できる場所があることが多いです。自分の感情が深く入り込んでしまうため、何度見ても心が動かされて涙を流してしまいます。また見るほどにその感情がより強くなっていく人もいるため、何度見ても泣ける恋愛映画は存在すると言えます。

恋愛映画を見るなら映画館?自宅?

womanslifefilmさんの投稿
22351632 144845776128214 3869288122311245824 n

映画を見る場所として映画館が主流でしたが、最近ではDVDやBlu-rayで自宅でも見ることが出来ます。しかし泣ける恋愛映画を見る上でどちらが良いかについては個人差もあり、多くの人と感情を共有したいという人やスクリーンの迫力で見たいという人には映画館がおすすめです。

szk_y0105さんの投稿
22582699 534380700238271 5791436508695101440 n

それに対して一人・少人数で集中して映画の世界に入り込みたいという人は自宅がおすすめになります。どちらも大切なことはその人が最も映画に入り込むことが出来る環境であるかです。そのため見る場所はどちらでも問題ないと言えます。

恋愛映画を見るなら一人?二人以上?

恋愛映画を見る上で何人で見るかは非常に重要です。もし見ている間は映画の世界に入り込んでいたい人は一人がおすすめです。それに対してその場で話したり感情を共有したいという人には二人以上で見ることがおすすめです。また映画館では人が密集していることと、放映中話すことが出来ません。そのためどちらを選択しても自宅の方がおすすめと言えます。

恋愛映画を見る頻度

fukushi14さんの投稿
22580365 837092483128640 3880400727419387904 n

ランキング上位の作品ほどより感情を動かされることが多いです。しかし恋愛映画で満足しすぎてしまうと、今度は現実の恋愛に影響を及ぼしかねません。恋愛映画のような恋愛を現実で叶え続けることは難しく、見過ぎて恋愛映画と実際の恋愛を混同しすぎないようにしないといけません。

頻度については個人差も大きいですが、平均して週一回程度にとどめておくほうが良いと言われています。ランキング上位の作品ほどより心を動かされるような内容になることが多いです。しかし反動も大きいため、ある程度自分でコントロールできる程度の頻度として週一回程度が推奨されています。

泣ける恋愛映画を見よう!

恋愛映画は邦画・洋画共に数多く存在しており、ランキング上位になると一度は見たり聞いたことがある作品が占めます。そして泣けるほどの作品を見ると恋愛感覚で楽しんだり、心を動かされて感情豊かになることも可能と言えます。

人は常に他者と関わる中で生活しており、恋愛のきっかけはどこにあるかわかりません。泣ける恋愛映画を見て恋愛感情を動かして、より恋愛を楽しみましょう。

関連するまとめ


アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ