スクワットを毎日50回やった時の意外な効果とは?痩せて理想体型に!

スクワットは身体のたくさんの筋肉を使うことができる効果的な筋トレとしても大人気です。スクワットは毎日行ってもいいのでしょうか?また、効果的なやり方は?そこで、スクワットを毎日50回やった時の意外な効果とは?痩せて理想体型になる方法などをご紹介します。

目次

  1. スクワットを毎日効果的に行うには?
  2. スクワットを毎日50回やる効果【非常に効果の高い筋トレ】
  3. スクワットを毎日やる効果【鍛えられる筋肉は?】
  4. スクワットを毎日やる効果【毎日やってもいいの?】
  5. スクワットを毎日やる効果【毎日行っても良い場合】
  6. スクワットを毎日やる効果【毎日行ってはいけない場合】
  7. スクワットを毎日やる効果【筋肉痛の種類とケア方法】

スクワットを毎日効果的に行うには?

スクワットとは?

スクワットをご存知ですか?スクワットは、キング・オブ・エクササイズと呼ばれているほどその効果は高いとされています。スクワットはいわゆる筋トレなのですが、どのような筋トレなのでしょうか?スクワット自体は、とても簡単に行うことができるトレーニングとなっています。

スクワットは、しゃがむ、立ち上がると2つの動作を繰り返して行うトレーニングです。クスワットは、下半身をメインに上半身の姿勢を保つ筋肉も一緒に効果的に鍛えることができる万能エクササイズなのです。そんなに簡単で効果的なトレーニングであれば、毎日行うことで効果的に痩せることができるのではないか?理想的な体型を作ることができるのでは?と期待がもてますね。

万能エクササイズでもあるスクワットですが、むやみに毎日行っても一概に効果的とは言えないようです。ここでは、スクワットの効果的なやり方や毎日50回やった方がいい?などの効果的な頻度など理想的に痩せるための方法をご紹介していきます。スクワットのやり方をマスターして効果的に痩せて理想のボディを手に入れましょう。

kaori.caoriさんの投稿
42466154 292105061609823 8832638035467948050 n

スクワットを効果的に行うにはスクワットについての理解が必要不可欠です。スクワットは、キング・オブ・エクササイズ、トレーニングの王様、筋トレBIG3と言われているほど下半身を効果的に鍛えることができるエクササイズとなっています。筋肉を鍛えることで痩せるのはもちろん、美容や健康面、精神面にも絶大な効果を発揮します。

ludgate99さんの投稿
42003496 2052484354772682 4738766979267805126 n

スクワットの正しい、効果的な方法をマスターすることで理想の体型を作り上げ、維持することが可能なのです。そんなに効果的なスクワットは毎日行ってもいいのでしょうか?毎日50回行うのが効果的などの情報もありますが、実際はどうなのでしょうか?スクワットの効果的なやり方や頻度も一緒に理解することが重要です。

スクワットは毎日何回が理想?10回?100回?一日おき?

万能エクササイズとして大人気のスクワットですが、スクワットは毎日何回行うのが理想なのでしょうか?10回でしょうか?50回?100回?毎日行うと筋肉の回復が追い付かないので一日おきが良いのでしょうか?ここでは、スクワットは毎日行ってもいいのか?などについてご紹介します。

kireishopjapanさんの投稿
42644320 329367047826550 6479114149598966594 n

スクワットは毎日行っても良い場合と悪い場合の2タイプがあります。スクワットを毎日行っても良いのかどうかは、回数や強度、セット数、種目など様々な要素から検討していく必要があります。強度が高い回数やセット数の多い内容での毎日のスクワットトレーニングはおすすめできません。あまりにも負荷が多いと筋肉が疲労してまうので効果的に痩せることは不可能です。

毎日スクワットのトレーニングをしたいのであれば、適度な休息を入れながら行うことで効果的な理想のトレーニングを行うことが可能となります。スクワットの超回復やトレーニング理論を学ぶことで、自分に合ったスクワットのトレーニングの方法を見つけることができるでしょう。スクワットの回数も一概に50回がいいとは言えません。その人の体力や筋力によって変わってきます。

91reichel.fitさんの投稿
42403921 1845451952191239 8374810469519550425 n

どんなに万能エクササイズのスクワットも続けて行うことができなければ痩せませんし、効果的に理想体型を手に入れることはできません。毎日スクワットを効果的に取り入れたいのであれば、まずはスクワットで鍛えられる筋肉や様々なエクササイズの応用なども理解することが重要です。そうすることで、理想的に痩せることも可能となります。

スクワットを毎日50回やる効果【非常に効果の高い筋トレ】

スクワットはたくさんの筋肉を一種目で鍛えられるエクササイズ

スクワットを毎日50回やることは、非常に効果の高い筋トレ方法となっています。しかし、ご自身の体力や筋力と相談することも重要です。スクワットはたくさんの筋肉をスクワット一種目で効果的に鍛えることが可能な万能エクササイズとなっています。

tanakaseikotsuinさんの投稿
43147381 714456418931800 1992672963145856526 n

スクワットで鍛えられる部位は数多く存在します。スクワットは重心の置き方次第で負荷のかかり方も変わってきますので、重心の置き方が重要になってきます。スクワットは超回復や他のトレーニングの頻度などにも関わってきますので、スクワットで使用される筋肉に関しては把握しておくとより理想的に痩せることが可能です。

s.sho_fitさんの投稿
42661439 298902637369386 2192053920844394629 n

主動筋とは、メインで働きながら収縮しながら力を発揮する筋肉となっています。主動筋には、太ももにある大腿四頭筋、太ももの裏側にあるハムストリングス、お尻を覆うようについている大臀筋、背中に沿って付いている筋肉の脊柱起立筋、お腹についている腹筋群などがあります。

メインではありませんが、主動筋と一緒に働いてくれる協働筋としては、太ももの内側にある内転筋、大臀筋の内側にある中臀筋があります。これほどたくさんの筋肉をスクワットをすることで鍛えることができます。スクワット一種目でこれほどの筋肉を鍛えられるエクササイズは珍しいということができます。

labuddy2018さんの投稿
43158354 675586259464319 5668411773727292700 n

スクワットを毎日行う際には、どの筋肉がどのように使われるのかを把握しておくことで理想的な痩せる身体を作ることができます。スクワットは毎日道具を使用しないで効果的に行える筋トレとなっています。スクワットはあまり筋トレをしない人にもなじみのトレーニングです。しかし、スクワットはやり方を間違えると膝や腰を痛めますので要注意です。

スクワットを毎日やる効果【鍛えられる筋肉は?】

スクワットで鍛えられる筋肉①大腿四頭筋

ここからは、スクワットを毎日行う効果として、スクワットで鍛えられる筋肉についてご紹介します。スクワットで鍛えられる筋肉としては、大腿四頭筋があります。大腿四頭筋は、膝を伸ばす際に主動筋として働いてくれる筋肉となっています。

24diamondgym_fitness.personalさんの投稿
42080504 772163469787420 6955839354749276843 n

大腿四頭筋は、大腿直筋、内側広筋、中間広筋、外側広筋の4つから成り立つ筋肉となっています。それぞれが大きな体積を持っています。人体の中でも最大級の筋肉ということができるでしょう。日常的に歩く、立ち上がる、走る、階段の上り下りといった様々な場面で使用する筋肉となっていますので、鍛えておくと日常生活を円滑に過ごすことができます。

大腿四頭筋を効果的に毎日のスクワットで鍛えたいのであれば、レッグエクステンションと呼ばれているマシンを使用することでそこだけを集中的に鍛えることが可能となっています。日常動作で必要不可欠な筋肉となっていますので、毎日のスクワットで鍛えることで日常をスムーズに快適に過ごすことができるようになるでしょう。

aona_u_bluetyさんの投稿
42002548 551086825330422 368083966360326902 n

毎日のスクワット以外にも、日常の動作でも大腿四頭筋を鍛えることは可能です。いつもよりも歩く歩幅を広げたり、階段を登る際には一段飛ばしなどをすることで筋肉に刺激が入るのでスクワットを毎日行っているような効果があります。

スクワットで鍛えられる筋肉②ハムストリング

スクワットで鍛えられる筋肉としては、ハムストリングがあります。ハムストリングは大腿四頭筋の真後ろにある筋肉となっています。ハムストリングも大腿四頭筋と同じように複数の筋肉の総称としてそう呼ばれています。ハムストリングは、大腿二頭筋や半腱様筋、半膜様筋などで構成されています。

lesta.yokohamaさんの投稿
42574498 2241980356090956 7120957826510010317 n

ハムストリングも基本的には、膝を曲げることで股関節を後ろに伸ばすという働きをしています。構成している3つの筋肉によって、膝や股関節を外や内にひねる動きも加えて行うことができます。歩いたり、階段の上り下りをしたりするときに使用されていますが、意識しないと使用されにくい筋肉となってします。毎日50回のスクワットで効果的に鍛えることが可能です。

ハムストリングは、毎日50回のスクワットでも効果的に鍛えることが可能ですが、立つときの姿勢や歩き方などを日常の生活で見直すだけでも鍛えることができます。立つときは、太ももとお尻に力を入れて、天井から糸でつられているようにまっすぐに立つといいでしょう。

okazakiseikotsuinさんの投稿
42388775 176631183225573 3943751692011321150 n

歩くときは背筋を伸ばして、地面をしっかりとける意識を持つことでハムストリングを鍛えて痩せることができます。ハムストリングは日常の生活やスポーツなどでも重要な役目を果たす筋肉となっています。毎日50回のスクワットを取り入れることで効果的に痩せることが可能となるでしょう。

スクワットで鍛えられる筋肉③大臀筋

スクワットで鍛えられる筋肉としては、大臀筋があります。大臀筋は、お尻を覆うようについている筋肉となっています。大臀筋は、脚を後ろに蹴り上げるときに使用されています。階段を上る、走る、ジャンプをする時などにも効果的に使用されています。

s.c.n.9さんの投稿
42386551 145690503052013 6321094986912464272 n

大臀筋は足を一定の角度以上に後ろに伸ばした時に使用することができます。大臀筋は歩くことでは鍛えられない筋肉ですので、スポーツなどをしない人はだんだんと筋肉が弱くなってしまいます。そんな時は毎日スクワットを50回行うだけで効果的に鍛えたり、痩せたりすることができます。

一日中座りっぱなしや車での移動が多い方は大臀筋のコリや筋肉の低下が起きやすくなります。そこから骨盤のゆがみや姿勢の崩れに繋がっていきます。しいては腰痛や肩こりの原因ともなりますので要注意です。大臀筋を毎日のスクワットで鍛えることで引き上がったお尻になることができます。

rock_trainingさんの投稿
42003146 532164603875132 887451980732429352 n

毎日50回のスクワットを行うことで日常生活ではなかなか鍛えることが出来ない大臀筋を鍛えることができます。大臀筋を鍛えることでお尻が引き上がり、脚長効果を発揮してくれます。クビレも明確になり女性は理想的な痩せた体型を作ることが可能となります。

スクワットで鍛えられる筋肉④脊柱起立筋・腹筋群

スクワットで鍛えられる筋肉としては、脊柱起立筋・腹筋群があります。脊柱起立筋や腹筋群は体幹部にありますので、姿勢を維持するための重要な筋肉となっています。

keisaku13さんの投稿
42003735 500275070489055 3320798755601118817 n

脊柱起立筋は背中に沿って付いている筋肉です。また、腹筋群はお腹周りに付いていいる筋肉として有名ですね?これらの二つの筋肉は抗重力筋と言われており、重力などに対応して身体を安定させることができる、あらゆる動きで使用される筋肉となっています。

脊柱起立筋や腹筋群は、毎日50回のスクワットなどで鍛えることで姿勢の改善や腰痛予防に効果的です。常に使用することが多い筋肉となっていますので、鍛えておいて損はありません。

maki.oni.fitnessさんの投稿
42417932 916921218508318 5292552217617708211 n

脊柱起立筋や腹筋群は、毎日の生活には欠かせない筋肉となっていますので、毎日立つだけでも使用されていると言われています。日常で使用している筋肉ですので、毎日50回スクワットすることで鍛えられ日常を快適に動くことができるようになります。

スクワットを毎日やる効果【毎日やってもいいの?】

オーバートレーニング症候群とは?

スクワットは毎日やってもいいのでしょうか?結論から言えば、毎日スクワットをすることはおすすめできません。しかし、やり方次第では毎日スクワットを行うほうが効果的なこともあります。

souka17さんの投稿
42781449 292229068050332 3645872500316685303 n

基本的に毎日スクワットを行うのがNGな理由としては、毎日スクワットをすることでオーバートレーニング症候群になる危険性があるからです。オーバートレーニング症候群とは、トレーニングの頑張りすぎによって慢性的に身体の疲れが取れない回復が追い付かない状態を言います。

オーバートレーニング症候群となってしまうと、毎日スクワットをしても効果があがらないどころか身体に悪影響を与えてしまう可能性すらあるので注意が必要です。

トレーニングの効果を最大限引き出す3つの要素

i_am_new_2018さんの投稿
42802347 1939439433027071 5492733544623445370 n

トレーニングの効果を最大限に引き出す3つの要素としては、筋トレなどの運動、食事などの栄養、睡眠などの休養があげられます。これらのサイクルを効率よく回すことが重要です。

効果的に理想体型を手に入れたいのであれば、スクワットなどの筋トレをして、栄養を取って、しっかり休息するというサイクルを繰り返すことがポイントです。

スクワットを毎日やる効果【毎日行っても良い場合】

スクワットを毎日行って良い場合はどのような時でしょうか?スクワットを毎日行っていくうちに筋肉痛が生じます。この筋肉痛がスクワットを毎日行ってもいいのかいけないのかの目安になります。筋肉痛がある場合は毎日スクワットを行うことはNGです。

jasmine_hughugさんの投稿
42423997 2333563419990483 3395863074011953102 n

しかし、毎日スクワットを行っていても筋肉痛が起こらないのであればもう少し負荷を与えた方がいいでしょう。このような時は、毎日スクワットを行っても問題ありません。筋肉痛が起こらないということは、スクワットなどの筋トレ、栄養、休息がローテーションでしっかり回っていることを意味しています。

スクワットを毎日やる効果【毎日行ってはいけない場合】

harumikanmomoさんの投稿
42868308 1846502175467444 9188065842258637158 n

スクワットを毎日行ってはいけない場合はどんな時でしょうか?スクワットを毎日行ってはいけない場合は、筋肉痛が残っている場合です。筋肉痛があるということはスクワットをしてから筋肉の回復がまだ行われていないことを意味しています。筋肉痛を感じるようでしたら毎日のスクワットはせずに、回復を待ちましょう。

Thumb30日間スクワットチャレンジのやり方は?ダイエットや美尻効果も! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

スクワットを毎日やる効果【筋肉痛の種類とケア方法】

スクワットのトレーニングを毎日行うことで筋肉痛が生じた場合は、筋肉が損傷している状態ですので、なるべくはやく回復させてあげることが重要です。

sho_k1990さんの投稿
42078519 168059247452125 226801328350347792 n

筋肉痛の種類には2種類あります。運動後2、3日後のあらわれる筋肉痛は遅発性筋肉痛、運動中や運動直後に現れる筋肉痛が即発性筋肉痛です。筋肉痛の原因は、筋肉、筋膜の断裂のような損傷、運動による疲労物質がたまることでおきます、ほとんどは疲労物質がたまっていることが多いですが、ケアの方法はどの筋肉痛もほぼ同じです。

haru10_miyamoさんの投稿
42359121 1978168718872848 4603400249206750034 n

筋肉痛になった時のケアとしては、しっかりと睡眠をとって休養する、筋膜をほぐして血行を良くしてあげる、医薬品などで痛みを和らげてあげるなどがあります。これらの対応をすることで筋肉痛を早く治すことができます。また、栄養と酸素も必要不可欠となっています。軽い有酸素運動は効果的です。

スクワットを毎日効果的に行い痩せた理想体型になろう!

fukanou.sistersさんの投稿
42766276 167932087465979 6170838080749962696 n

スクワットを毎日50回行うことで理想的な痩せ体質や体型を手に入れることができます。スクワットの効果的な方法や筋肉ケアなどをマスターすることで身体に負担なく快適に筋肉を鍛えることができます。毎日スクワットを行っていい場合と毎日スクワットを行ってはNGの場合の状況も理解することはとても重要です。

atre_izumoさんの投稿
41891008 295071721091723 4265312853944779830 n

自分の身体の調子に合わせてスクワットを取り入れていくといいでしょう。スクワットを毎日行えるかどうかは筋肉痛になっているかどうかが目安となります。スクワットをすることで姿勢をきれいに保つこともできますので、美容と健康にも効果的です。万能セクサイズであるクスワットの正しいやり方をマスターしましょう!

Thumbブルガリアンスクワットのやり方!ダイエットやヒップアップに効果あり? | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

関連するまとめ

関連するキーワード


アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ