ベビーマッサージとは?オイルを使ったやり方などもご紹介!

ベビーマッサージとは赤ちゃんをオイルでマッサージしてあげることです。オイルを使うと滑りが良くなるのでマッサージしやすく、ベビーマッサージよって赤ちゃんとママの情緒も安定します。ベビーマッサージのやり方や注意点、効果などをご紹介します。

目次

  1. ベビーマッサージとは?
  2. ベビーマッサージはいつから始めるもの?
  3. ベビーマッサージでどんな効果が生まれる?
  4. ベビーマッサージに必要な道具
  5. ベビーマッサージのやり方
  6. どんな時にベビーマッサージをすると良い?
  7. ベビーマッサージをするときの注意点
  8. ベビーマッサージとはコミュニケーションの一種
  9. ベビーマッサージでママと赤ちゃんの絆を深めよう

ベビーマッサージとは?

赤ちゃんが産まれたらやりたいこととして挙げられるのが「ベビーマッサージ」。ではこれがどんなものか知っていますか?ベビーマッサージとは赤ちゃんをマッサージすることですが、これはママやパパと赤ちゃんとの大切なコミュニケーションの一つです。

fan031727さんの投稿
22708949 1867752890206424 3746140127055839232 n

赤ちゃんはママやパパに触られることを嬉しがります。これは幸福感を感じている証拠です。またママやパパという大切な人に触られることで、情緒が安定していきます。ただマッサージするだけではなく、赤ちゃんの心を育てることにも繋がります。

koharubiyori.babyさんの投稿
22639492 1949241081982824 3699005867459346432 n

赤ちゃんとママ、パパとの肌のふれあいの時間であるベビーマッサージは赤ちゃんの成長にとても大切なものです。より家族のコミュニケーションの時間を増やすためにも、ベビーマッサージを始めてみてはどうでしょうか?

ベビーマッサージはいつから始めるもの?

pepehoppeさんの投稿
22639450 1469957259778449 1154825665472626688 n

ベビーマッサージとは赤ちゃんをマッサージしてあげることです。そのため生まれたらできると思いがちですが、生まれたての赤ちゃんの肌はとても薄いもの。そのため少し皮膚が薄くなってくる生後1か月を目安にマッサージをしてあげましょう。

wkayogooさんの投稿
22708720 165212604062537 5493106203414233088 n

また最近ではベビーマッサージを行っている教室も多数ありますが、そういった教室では生後2~3ヶ月頃からの参加が多いです。目安として生後2~3ヶ月なら生まれた頃よりも肌も厚くなっているので安心でしょう。

yunit_partyさんの投稿
22710809 148960495715762 5913641153038647296 n

ベビーマッサージとは赤ちゃんとママのコミュニケーションが大切です。ただマッサージすればよいというわけではないので、互いの絆を深めるようなコミュニケーションを取りながら赤ちゃんと楽しく行うようにしましょう。

Thumbルイボスティー・赤ちゃんはいつから飲める?効果効能もご紹介[ジェリー]

ベビーマッサージでどんな効果が生まれる?

noriko.plusheart.88さんの投稿
22709207 475169506196530 4288046394289160192 n

ベビーマッサージではママと赤ちゃんのコミュニケーションでさまざまな効果が生まれます。特に赤ちゃんだけにメリットがあるわけではなく、ママにも良いメリットがあるのでベビーマッサージが初めてというママでもやってみると良いですよ。

ママはオキシトシンという愛情ホルモンがでる

babyphoto.furahaさんの投稿
22638964 133109807441936 7154293016843255808 n

オキシトシンとは愛情ホルモンと呼ばれるホルモンです。このホルモンが分泌されるとママの情緒が安定し、赤ちゃんを愛おしいと思うようになり、幸福感を得ることができます。産後はママの情緒が不安定になりやすい時期なので、オキシトシンを分泌させて育児を楽しみましょう!

赤ちゃんの脳の発達を促すことができる

balloon_babymassageさんの投稿
22638730 287753891742244 2655187218049531904 n

赤ちゃんの肌に直接触るので、赤ちゃんの肌に刺激を与えることができます。そうした刺激=触覚が赤ちゃんの脳の発達に役立ち、発達を促すことができるといわれています。赤ちゃんの頃からたくさん触ってあげる、触らせてあげることで脳が発達していきます。

赤ちゃんが安心する

chiharu.nicophotoさんの投稿
22708836 1917139011938234 3292713351511015424 n

情緒が安定するのはママだけではなく、赤ちゃんもです。ベビーマッサージでママに触られることにより、赤ちゃんは愛されていると実感します。赤ちゃんも嬉しくなり、情緒が安定し落ち着いていきます。赤ちゃんが不安がっていたら触って安心させてあげると良いでしょう。

赤ちゃんの保湿ができる

赤ちゃんの肌は非常に乾燥しやすいです。そのためオイルを使ってベビーマッサージをすることで全身の保湿ができます。定期的に行うことで赤ちゃんの乾燥を防ぐことができるので、赤ちゃんのスキンケアにも役立ちます。

赤ちゃんの便秘解消につながる

オイルを使って滑りを良くし、お腹周りをマッサージしてあげることで腸を刺激し、便意を促すことができます。赤ちゃんは些細な変化ですぐに便秘になってしまうので、ベビーマッサージで便秘解消を促してあげましょう。

ベビーマッサージに必要な道具

lisa_reportさんの投稿
22639078 1787108224633906 7054294354147409920 n

ベビーマッサージは室内であればどこでも行うことができます。必要な道具はベビーオイル、バスタオルです。必要あればハンドタオルやウエットティッシュがあると良いでしょう。またバスタオルだけでは赤ちゃんが痛がる場合にはクッションや座布団などがあると良いですね。

lalalaroom_babyphoto.mizushimaさんの投稿
22636844 138158300154774 9148312574209556480 n

赤ちゃんをバスタオルの上に寝かせるので、できれば厚手のタオルの方が赤ちゃんも痛くありません。ベビーオイルはマッサージオイルなど植物100%のものが良いです。赤ちゃんの肌が荒れないかパッチテストしてから使用しましょう。

Thumbベビーオイルのおすすめ特集!マッサージや赤ちゃんの肌のお手入れに[ジェリー]

ベビーマッサージのやり方

sayusaigonさんの投稿
22581027 292253727958998 409093886892310528 n

ベビーマッサージのやり方はさまざまな方法があります。自分のやりやすい方法から取り入れていき、慣れてきたら、他の方法も試して赤ちゃんの肌と触れ合う時間を増やしてみましょう。またお腹周りだけでなく、手足もマッサージしてあげましょう。

お腹のマッサージのやり方

お腹に手の平を当てて、下に交互に撫でて手を移動させます。臍下まで手が移動したらまた同じように臍上から始めて3回ほど繰り返します。今度は臍周りを手で時計周りに円を描くように撫でてあげましょう。腸を刺激するように優しく撫でてあげましょう。

足のマッサージのやり方

赤ちゃんの足が大きく動かないように足首を片手で優しく掴みます。反対の手で太ももからふくらはぎまでを刺激するようにマッサージします。3回ほど繰り返したら足をぶるぶると震わせて反対側も同様にマッサージします。

胸や肩のマッサージのやり方

bmcouleurさんの投稿
22581760 1654548311274332 4410250536121532416 n

胸のマッサージは両手のひらを胸にあて、中央から外側に向かってハートを描くように撫でてあげましょう。3回ほど繰り返したら次は肩をマッサージします。肩は右胸から左肩、左胸から右肩と交互に撫でてマッサージします。

背中のマッサージのやり方

赤ちゃんをうつ伏せの状態にさせて、ママの手は肩甲骨の中心に置きます。羽を描くように背中全体を撫でてあげましょう。3回ほど繰り返したら次は横向きにさせ、背中とお尻を左右の手で交互に撫でてあげます。

どんな時にベビーマッサージをすると良い?

ベビーマッサージをするのはいつでも良いので、時間があったら赤ちゃんのマッサージをしてあげましょう。しかし寝る時間の直前やミルクを飲んですぐは赤ちゃんの機嫌が悪くなることがあるので止めておきましょう。

wardrobe_refreshさんの投稿
22637509 329838917488265 5812115105483063296 n

時間的に、いつも遊んでいる時間に行うのが良いでしょう。また寝る1~2時間前にベビーマッサージを行えばリラックス効果もあり、ぐっすりと寝てくれることがあります。ベビーマッサージではコミュニケーションが大切になるので、声をかけながら行いましょう。

Thumbベビーローション人気おすすめランキング!赤ちゃんの肌を保湿しよう![ジェリー]

ベビーマッサージをするときの注意点

emi.babyphotoさんの投稿
22709201 1733000443662314 8201663621386731520 n

ベビーマッサージをするときの注意点をまとめます。赤ちゃんの肌はとても繊細なので、使うオイルやバスタオルは赤ちゃんの肌に合ったものを使いましょう。またバスタオルやママの手は清潔にしてから行いましょう。

ママの手は温めておく

ママの手が冷たいとオイルも冷たくなり赤ちゃんがびっくりします。赤ちゃんの肌は意外と温かいです。そのためママの手との温度差が大きいと赤ちゃんがびっくりしてマッサージを嫌がるので、ママの手は程よい温度に温めておきましょう。

指輪などのアクセサリーはつけない

babyroom301jpさんの投稿
22582648 614840265573022 5528913483199938560 n

ママはおしゃれで指輪やブレスレットなどをつけているかと思いますが、ベビーマッサージをするときにはつけないようにしましょう。赤ちゃんの肌とぶつかると赤ちゃんが痛がってしまうし、マッサージの邪魔になります。赤ちゃんの手が届かないところに置いて、マッサージしましょう。

1回10分程度にしておく

baby.meixiangさんの投稿
22636849 1465749063541636 3355350780893724672 n

マッサージといえど、長時間は赤ちゃんがストレスに感じる恐れがあります。マッサージは多くても10分~15分を目安に行いましょう。また赤ちゃんが嫌がりだした場合には、様子を見てダメそうならすぐにやめてあげましょう。

ベビーマッサージとはコミュニケーションの一種

hinatabokko2015さんの投稿
22580545 154169761848001 1824571720170733568 n

ベビーマッサージとは赤ちゃんとママ、パパとのコミュニケーションです。そのためママだけ、パパだけが行わずに、パパとママ二人で触ってあげるようにしましょう。時間的にも難しいこともあるでしょうが、なるべくパパとママで触ってあげた方が赤ちゃんも安心します。

sachi0819さんの投稿
22637614 1976995439220852 5364257167354363904 n

また赤ちゃんとのコミュニケーション方法はベビーマッサージだけではありません。ベビーマッサージの時間だけコミュニケーションをとるということがないように、日常の中でたくさんコミュニケーションをとっていきましょう。

Thumbロクシタンのシアバターの使い方は?髪・顔・赤ちゃんにもおすすめ![ジェリー]

ベビーマッサージでママと赤ちゃんの絆を深めよう

hoapilifuaさんの投稿
22500144 1899758603382826 7782351878448218112 n

ベビーマッサージはママと赤ちゃん、パパと赤ちゃんの絆を深める大切な時間です。使うオイルやバスタオルなど気をつける点はたくさんありますが、月齢が小さい時だけでなく、続けてやってあげるようにしましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード


アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ