神作譲(小倉譲)の現在は?【再犯】三郷市逮捕監禁致傷事件まとめ!

神作譲(小倉譲)の名前を耳にしたことがある人は多いでしょう。神作譲(小倉譲)は、残虐なコンクリート事件の犯人です。逮捕された神作譲(小倉譲)は、受刑後再び別の事件の犯人となったのです。衝撃的な事件の犯人である神作譲(小倉譲)の起こした事件についてまとめます。

目次

  1. 神作譲とは
  2. 神作譲<三郷市逮捕監禁致傷事件の残虐行為>
  3. 神作譲<女子高生コンクリート詰め事件の犯人>
  4. 神作譲<女子高生コンクリート詰め事件の残虐行為>
  5. 神作譲<被害者の状態>
  6. 神作譲<人物像•顔写真>
  7. 神作譲<信じがたい言葉>
  8. 神作譲の現在の状況
  9. 神作譲のような再犯を防ぐには

神作譲とは

女子高生コンクリート事件の犯人

神作譲という名前に聞き覚えがあるという人は多いでしょう。神作譲は、1988年〜1989年に起きた女子高生コンクリート事件の犯人のうちの一人です。当時の顔写真も多く公開されています。神作譲の女子高生コンクリート事件当時の名前は、小倉譲として公表されていました。察しの通り、女子高生コンクリート事件後に、小倉譲という犯人として知れ渡った名前から、神作譲という名前に改名しています。

maruuu_grmさんの投稿
46304713 332621357573256 2512215941412496272 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

小倉譲という名前と、神作譲という名前のどちらもよく覚えているという人も多いでしょう。女子高生コンクリート事件の犯人の一人だった小倉譲は、逮捕されて受刑後に、再び事件を起こしたのです。この時の事件の犯人の名前が、神作譲でした。

かなり残虐な事件だったため、女子高生コンクリート事件は、テレビや新聞でも当時はかなり取り上げられていました。あまりにひどい事件であり、連日テレビニュースなどで、女子高生コンクリート事件の詳細を放映していたため、トラウマになったという女性も当時は多くいたようです。

三郷市逮捕監禁致傷事件

女子高生コンクリート事件当時は、神作譲(小倉譲)をはじめ、犯人たちはまだ少年でした。少年時代に記憶に残るような残虐な事件の犯人となった神作譲(小倉譲)は、大人になってからも事件を起こしたのです。それが三郷市逮捕監禁致傷事件です。2004年6月に三郷市逮捕監禁致傷事件で、神作譲(小倉譲)は、再度逮捕されました。自分が好意を持った女性の交際相手に暴行を加え、拉致・監禁したのです。

神作譲(小倉譲)はどんな人物だったのか

女子高生コンクリート事件という、残酷卑劣な事件の犯人でありながら、再度三郷市逮捕拉致監禁致傷事件の犯人となった神作譲(小倉譲)とは、一体どのような人物だったのでしょうか?神作譲(小倉譲)は、1971年5月11日生まれです。コンクリート事件を起こした時は、17才の少年だったのです。神作譲(小倉譲)の両親は、神作譲(小倉譲)が幼い頃から不仲であったようです。父親には愛人がおり、円満な家庭で育ったとは言えません。

神作譲(小倉譲)の両親は不仲であったものの、離婚はしていません。しかし父親と愛人の間には子どもが二人おり、複雑な家庭環境で育ちました。神作譲(小倉譲)の母親は、別居後は生活を支えるために水商売をしており、なかなか子どもに構ってあげることはできなかったようです。神作譲(小倉譲)には、姉が一人います。神作譲(小倉譲)は、高校を中退しており、その頃から非行に走ってしまったようです。

deltitnuaさんの投稿
37398492 146126019559878 8101896951349379072 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

神作譲(小倉譲)の母親は、水商売を続けていましたが、神作譲(小倉譲)が起こした女子高生コンクリート事件の出所後に、三郷市内にスナックをオープンさせています。この母親の経営するスナックは、三郷市逮捕監禁致傷事件の現場にもなっているため、母親と神作譲(小倉譲)は、事件を起こし、犯人となった後も親しい間柄だったことが伺えます。

女子高生コンクリート事件の主犯である宮野裕史とは、中学生時代から先輩・後輩の仲であったそうです。神作譲(小倉譲)は、準主犯の人物だったと言われています。稀にみる残虐な事件である女子高生コンクリート事件で犯人となり、逮捕された神作譲(小倉譲)は、受刑中は反省しているように見えたと言います。

模範囚だったとも言われています。しかし、その後も事件を起こしており、反省しているように見せていただけであることがわかります。女子高生コンクリート事件での、神作譲(小倉譲)の判決は、5〜10年の不定期刑で、1999年8月3日に刑期を終えて、出所しています。

出所後、神谷譲(小倉譲)は、中国人女性と結婚しました。この時養子縁組という形をとり、苗字を小倉から神谷に変更したのです。やはり、女子高生コンクリート事件で小倉譲という名前が犯人として世間に知れ渡ったため、名前を変更したいと思ったのでしょう。日本での生活も困難と感じたのか、中国で生活したいと考えていたようです。

しかし、中国人女性との結婚生活も長くは続かず、離婚しています。そのため、中国で生活はしていません。その後、2004年に神作譲(小倉譲)は、三郷市逮捕監禁致傷事件で再犯を犯し、2004年に再度逮捕されることになったのです。

女子高生コンクリート事件の逮捕時に、反省している様子を見せていた神作譲(小倉譲)でしたが、再度事件を犯し、逮捕されたことにより、悪人であるというイメージが浸透していったのです。三郷市逮捕監禁致傷事件で逮捕後、現在神作譲(小倉譲)は、刑期を終えて出所しています。

Thumb女子高生コンクリート詰め殺人事件はこう起こった!犯人のその後と真相とは? | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

神作譲<三郷市逮捕監禁致傷事件の残虐行為>

女子高生コンクリート事件の犯人である神作譲(小倉譲)が、出所後に起こし、再販として逮捕された事件が、三郷市逮捕監禁致傷事件です。女子高生コンクリート事件の際に、反省していると見られていた神作譲(小倉譲)ですが、本当は反省など全くしていなかったのでしょう。

世間の同情を得るために反省しているそぶりを見せていただけだったのです。本当に反省していれば、三郷市逮捕監禁致傷事件のような事件を起こすはずがありません。神作譲(小倉譲)が再犯逮捕された三郷市逮捕監禁致傷事件がどのような事件なのか詳しく見ていきましょう。

三郷市逮捕監禁致傷事件とは

三郷市逮捕監禁致傷事件とは、女子高生コンクリート事件の準主犯格である神作譲(小倉譲)が、2004年5月19日未明に、知人である男性を暴行し、監禁し、怪我を負わせた逮捕監禁、傷害事件です。女子高生コンクリート事件の犯人が再び事件を起こし、逮捕されたとして、当時は大変話題になりました。

事件の概要

三郷市逮捕監禁致傷事件の内容・詳細について説明します。女子高生コンクリート事件での刑期を終えた神作譲(小倉譲)は、出所後被害者遺族への謝罪なども一切なく、自由気ままに遊びながら暮らしていたようです。派遣社員として、就職したこともあったようですが、やはり長くは続かなかったようですぐに退職しています。

そんな中、神作譲(小倉譲)に好きな女性ができたのです。しかし、その女性には恋人がいました。恋人がいる女性なら、すんなりと諦めるのが普通の男性の心理ですが、女子高生コンクリート事件の準主犯格である神作譲(小倉譲)は、犯罪行為に走ったのです。好意を寄せている女性の交際相手の男性を待ち伏せして、計画的な犯行を実行するのです。

2004年5月19日の午前2時ごろ、神作譲(小倉譲)は、東京都足立区花畑の路上で、その男性に因縁をつけ、殴る蹴るの暴行を加えました。金属バッドで脅しをかけ、男性を車のトランクに押し込み、40分ほど車を走らせたあと、母親の経営するスナックに連れていき、拉致し、およそ4時間ほど監禁したのです。この時、「俺の女知っているだろう」「俺は人を殺したことがあるんだ」「殺すぞ!」などと、男性を脅していたようです。

翌朝の午前6時ごろ、神谷譲(小倉譲)は、その男性の同居人に電話をかけて、迎えに来るよう指示しています。同居人の男性が迎えに来ると、男性は解放されましたが、その時に「今日はこれくらいにしてやる。次はないからな」と再度脅しています。監禁されていた時に、神谷譲(小倉譲)は、自慢げに女子高生コンクリート事件のことを語っており、男性は命の危険を感じ、解放後警察に通報したのです。被害者男性は、全治10日ほどの怪我を負わされていました。

三郷市逮捕監禁致傷事件の判決は?

三郷市逮捕監禁致傷事件では、神谷譲(小倉譲)は、6月4日に逮捕されています。東京地検は、6月25日に逮捕監禁致傷罪で起訴しました。被害者の男性は、神谷譲(小倉譲)のことを非常に恐れており、証人喚問にも姿を見せず、そのまま消息不明となっています。よほど拉致監禁時に、恐怖を感じたのでしょう。

逮捕時に、神谷譲(小倉譲)は、「ちょっとやりすぎた」と言っていたようです。裁判では、神谷譲(小倉譲)は、犯行を認め、反省しているそぶりを見せていたようです。前回の女子高生コンクリート事件の時と同じです。心の底では反省など一切していないのでしょう。検察側は、神谷譲(小倉譲)に対し、懲役7年を求刑しましたが、判決は、たったの懲役4年でした。裁判長から、今度こそしっかり更生するようにという言葉があったようです。

男性を「殴って殺すぞ」と脅し、トランクに押し込み、拉致監禁するほどの凶暴性があり、女子高生コンクリート事件を脅しに使っているというのに、たったの4年の判決とは全く驚きです。凶悪事件の再犯であり、無期懲役にするべきだという声も多くあがっていました。反省していると本人は言っているようですが、女子高生コンクリート事件を脅し文句に使用するなど、全く反省の色は見られないと言えるでしょう。

Thumb白暁燕・誘拐殺害事件の真相は?【梶原一騎の娘】惨殺と犯人の動機! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

神作譲<女子高生コンクリート詰め事件の犯人>

神作譲(小倉譲)が準主犯格であった残忍で卑劣な事件が、女子高生コンクリート詰め事件です。女子高生コンクリート事件は、1989年1月に起きた、昭和史に残る残酷な事件です。女子高生コンクリート事件の犯人たちが少年だったことも、衝撃でした。罪のない女子高生を拉致・監禁し、残忍に殺害し、その死体を遺棄したのです。

女子高生コンクリート事件の犯人たちは、当時16歳〜18歳の未成年でした。未成年が起こした残忍な事件は珍しく、この事件は世間に衝撃を与えました。未成年者が起こした事件の場合、通常は犯人の実名は伏せられるものですが、あまりに残忍な事件であったため、メディアの一部は実名を取り上げたのです。女子高生コンクリート事件の犯人は、神作譲(小倉譲)を含め4人の未成年男性でした。残忍な事件の神作譲(小倉譲)以外の犯人のそれぞれの生い立ちなどを見ていきましょう。

主犯の宮野裕史

少年Aとして報道されていたのが、女子高生コンクリート事件の主犯である宮野裕史です。宮野裕史は、1970年4月30日生まれ。中学生の時は、柔道部で活躍していたようですが、高校は中退しています。高校中退と同時に、暴力団との付き合いが始まったようです。宮野裕史は、のちに横山裕史に名前を変えています。暴力団との付き合いがあることを脅し文句に使っていたようです。

宮野裕史は、ひったくりや強姦などをすでに何度も繰り返していたようなので、暴行などに対する罪の意識はその頃からもう全くなかったのでしょう。他の犯人少年たちに暴行を強要し、自分勝手に行動しており、リーダー格だったといえます。女子高生コンクリート事件で逮捕後、懲役20年の刑を受けましたが、2008年に出所しています。反省の色は見られず、20年は短すぎるとの声も多くあがっていました。

現在は出所している宮野裕史ですが、パチンコの必勝法の情報料をだまし取っていたとして、2013年1月10日に再逮捕されています。この件に関しては、不起訴処分となっています。残忍な事件の加害者である犯人が、現在は普通に生活しているのです。事件当時の年齢が少年だったからというだけで、刑期がかなり短くなったのです。

自宅が監禁場所だった湊伸治

女子高生コンクリート事件の加害者少年Cは、湊伸治です。湊伸治は、1972年12月16日生まれ。湊伸治は、足立区にある名門中学を卒業し、高校は、都内の工業高校に進学しています。優等生であったようです。宮野裕史や神作譲(小倉譲)と知り合いになり、殺人犯にまでなってしまったのです。湊伸治の家の二階が、被害者少女の監禁場所でした。犯人たちは、溜まり場として湊伸治の家を使用していたようです。

湊伸治の家族は、少女の監禁に気づかなかったのか疑問が残ります。湊伸治の父親は、少女の存在に気づき、一度逃しているのです。しかし湊伸治がすぐに気づき、連れ戻してしまったのです。湊伸治の母親は、少女に食事を運んでいたようです。

湊伸治の母親は、宮野裕史・神作譲(小倉譲)、さらには自分の息子である湊伸治に怯えており、何も行動を起こすことができなかったと言われていますが、なんとか少女を助けることはできたはずです。湊伸治の家族は、現在は消息不明の状態となっています。湊伸治は、宮野裕史からの指示により、行動していたところがあるとして、5年〜9年の不定期刑を求刑されています。

現在はすでに出所しており、出所後は、キックボクサーとしてデビューも果たしています。しかし、コンクリート事件の犯人としてすでに知れ渡っており、湊伸治がリングに上がると、ブーイングの声が鳴り止まなかったそうです。リングでは皮肉にも「コンクリ」というニックネームをつけられていました。現在はキックボクサーは引退しており、結婚して娘もいるという噂があります。

湊伸治は、殺人未遂事件を起こし、逮捕されています。駐車トラブルでから、男性を警棒で殴り、ナイフで首を刺したのです。コンクリート事件の犯人のうち、3人が再犯を犯しています。やはり、反省など全くしていなかったのでしょう。

気弱で言いなりの渡邊恭史

コンクリート事件の犯人の中で、最も内気で気の弱い性格なのが、少年Dこと渡邊恭史です。渡邊恭史は、定時制の高校に通っていましたが、登校拒否になり退学してしまいます。被害者の少女に対する暴行などは、宮野裕史や神作譲(小倉譲)らの命令により行なっていたようです。

気が弱かったため、命令に従うことしかできなかったのでしょう。渡邊恭史の判決は、5年〜7年の不定期刑でした。4人の犯人の中では最も軽い求刑です。現在は出所していますが、気弱な性格であるため、引きこもり生活を送っているようです。

Thumbコンクリート事件の犯人達の現在<2018>元少年が再犯・名前や画像も! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

神作譲<女子高生コンクリート詰め事件の残虐行為>

残虐な女子高生コンクリート事件の概要です。1988年11月から、残忍な事件が始まったのです。被害者の女子高生は、いつものようにアルバイトを終えて、自転車で自宅への帰路を急いでいました。不運にもそこに犯人の少年たちと出くわしてしまいます。少年A(宮野裕史)は、少年C(湊伸治)に女子高生が乗っている自転車を蹴り飛ばしてこいと指示します。

少年C(湊伸治)が、指示の通り、自転車を蹴り飛ばすと、横転しました。そこに少年A(宮野裕史)が、女子高生を助けるふりをして近づきます。言葉たくみに女子高生を油断させて、ホテルに連れ込みます。そして「俺にはヤクザがついている。おとなしくすればすぐに帰してやる」と言って、強姦行為におよぶのです。不運にもこれが悪夢の日々のはじまりになってしまうのです。

ホテルで少年A(宮野裕史)に強姦されたあと、そのまま女子高生は少年C(湊伸治)の自宅に連れて行かれ、監禁されます。その後40日間にもおよぶ卑劣な暴行や集団レイプが続くのです。暴行内容は、かなりひどいものです。殴る蹴るといった暴行は、しょっちゅうで、肛門や性器への異物挿入、シンナーを吸引させる、自慰行為を強要する、足をライターで焼くなどそれはひどい暴行が続きます。

女子高生は、一度自力で逃げようとしたのですが、少年A(宮野裕史)に見つかってしまいます。それからさらにひどい暴行がはじまるようになったのです。少年C(湊伸治)の家が監禁場所でした。一度少年C(湊伸治)の家族は、最初は早く女子高生を家に帰すよういっていたようですが、次第に何も言わなくなります。一度少年C(湊伸治)の父親が、女子高生を逃しますが、すぐに少年達に捕まってしまい、連れ戻されてしまいました。

少年C(湊伸治)の兄も、性的暴行に加わっていたようです。加害者の少年達は、ストレス発散として、女子高生を暴行していたのです。殴る蹴るの暴行やレイプだけではなく、自分の尿を飲めと強要したり、気持ち悪くなり嘔吐してしまうと、汚れたといってそれを理由に暴行を加えるのです。次第に少年達は、女子高生の存在を面倒に感じてきて、食事や飲み物も一切あたえなくなり、放置されてしまいます。

少年A(宮野裕史)がギャンブルで大負けし、いつものようにストレス発散のために女子高生に裸で踊ることを強要した上に、音楽に合わせて殴り続けました。女子高生がすでにぐったりしているにも関わらず、少年A(宮野裕史)は、仮病だといい、腹部を殴り続けます。2時間以上にわたり、暴行を加えた頃には、女子高生はすでに息絶えていたのです。

女子高生の遺体の処理方法に悩みますが、少年A(宮野裕史)が以前に勤務していた店でセメントを購入します。そして、ドラム缶に女子高生の遺体を入れて、セメントを流し入れ、東京都江東区若洲の埋立地に遺棄したのです。犯人の少年達は、別の件で警察に追求されていましたが、警察が殺人はダメだとかまをかけたことにより、自供をはじめました。そしてコンクリート事件のことが発覚し、逮捕に至ったのです。

Thumb附属池田小事件で逃げた教師の発言とは?犯人のその後や事件の詳細! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

神作譲<被害者の状態>

古田順子さんは妊娠していた?

コンクリート事件の被害者である女子高生の実名も報道されています。被害者の名前は、古田順子さんです。古田順子さんは、何の罪もないのに、冷酷な少年達から、連日ひどい暴行を受け続けていました。暴行の内容は、言葉にするのも躊躇するものばかりです。殴る蹴るの他、レイプもかなりの回数受けていたのです。しかも一人からのみではなく、何人からもです。

レイプを繰り返され、古田順子さんは妊娠していたとも言われています。あまりにひどい拷問に、古田順子さんは、何度も何度も「もう殺して・・・」と言っていたそうです。長期間にわたり、むごい拷問を受け続けた古田順子さんの精神状態は極限を遠に通り越していたのでしょう。

遺体発見時の古田順子さんの状態は、想像を絶するものでした。性器内に挿入されたガラス瓶を外から叩き割って、性器や肛門は原型もないほど破壊されていたと言います。性器には、ビンが2本刺さったままだったそうです。顔は殴られ続けたため、無残に潰されており、足もライターで焼かれて、大変な火傷を負った状態でした。少年達は、一人の女性をまるで自分たちのおもちゃのように、好き勝手に扱って、無残に殺害したのです。あまりにひどすぎます。

Thumb辻菜摘の現在!サイコパスな佐世保事件の概要と親との関係とは? | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

神作譲<人物像•顔写真>

犯人達の顔写真や人物像

現在、女子高生コンクリート事件が起こってから、かなりの月日は経過していますが、いまだにネットやSNSなどでは、犯人達の写真や情報があがっています。あれだけ衝撃的で残忍な事件であったため、風化させないようにしている人も多いようです。犯人達の事件当時の顔写真や、現在の顔写真などもアップされています。犯人達の顔写真を見ると、憎しみしか湧いてこないという人がたくさんいるようです。

神作譲の母親について

神作譲(小倉譲)は、凶悪な犯罪を犯した許しがたい人物です。神作譲(小倉譲)の母親は、犯罪は犯してはいないようですが、普通に考えると不自然な行動が目につきます。三郷市逮捕監禁致傷事件当時、神作譲(小倉譲)は、三郷市にある母親が経営する「スナックアシベ」の手伝いをしていたようです。息子が犯罪者とはいえ、母親ですから面倒は見るものでしょう。

しかし、母親のスナックで、神作譲(小倉譲)と一緒に、客と女子高生コンクリート事件のことを、面白おかしく語っていたというのです。また、三郷市は、コンクリート事件の現場だった足立区綾瀬のすぐ近くということになります。

女子高生コンクリート事件の他の犯人の家族たちは、家族が凶悪な事件を起こしたということで、行方知らずになっている人がほとんどです。そんな中、神作譲(小倉譲)とその母親は、事件現場近くで、気にする様子もなく普通に暮らしていたのです。にわかには信じがたいことです。

神作譲の母親の不審な行動

女子高生コンクリート事件は、非常に残忍で凶悪な事件です。神作譲(小倉譲)以外の犯人の家族は、自宅を売却し、数千万円の賠償金を支払っています。お金で罪を償うことはできませんが、被害者の遺族に対する謝罪の気持ちとして当たり前のことでしょう。神作譲(小倉譲)の母親は、女子高生の遺族に対し、たった50万円しか支払っていないのです。

女子高生コンクリート事件の当時、神作譲(小倉譲)の母親は、生活保護を受給していたようです。しかし、コンクリート事件の裁判のすぐ後に、神作譲(小倉譲)の母親は、都内にマンションを購入しているのです。さらに、神作譲(小倉譲)の出所後に、母親は、高級車を買い与えているのです。母親は生活保護を受けていたというのに、お金は持っていたということになります。どう考えても辻褄が合いません。

三郷市は、被害者の女子高生が過ごしていた街です。息子が残忍に殺害した女子高生が住んでいた街に、スナックを開店させるという神作譲(小倉譲)の母親の心理は、非常識としかいえません。母親は、三郷市で、スナックを開き、毎晩客と楽しいおしゃべりをしながら生活を送っていたのです。犯人ではないとはいえ、母親がよくもそんな生活を送ることができるものです。

三郷市逮捕監禁致傷事件後に、母親はスナックを閉めています。息子が女子高生コンクリート事件という凶悪卑劣な事件に続き、拉致監禁傷害事件まで起こしたのです。また、三郷市逮捕監禁致傷事件では、母親のスナックが使用されていたと言われていますから、当然のことでしょう。

神作譲(小倉譲)の母親は、運命を狂わせたのは被害者だと、無残に殺された女子高生のお墓に落書きをして、破損させているのです。神作譲(小倉譲)と母親は、まさに鬼畜の親子なのです。被害者に対し申し訳ないと思うどころか、逆恨みをする神作譲(小倉譲)の母親は、かなり非常識な人間です。そんな母親の息子ですから、凶悪犯罪を簡単に犯すことができるのでしょう。

Thumbフリッツル事件のその後は?実娘を監禁した事件の概要や映画・書籍も紹介! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

神作譲<信じがたい言葉>

神作譲(小倉譲)は、女子高生コンクリート事件で逮捕され、刑期を終えて現在はすでに出所しています。女子高生コンクリート事件で服役中は、反省の色を見せていたと言われていますが、どうやら演技だったようです。出所後に、再度三郷市逮捕監禁致傷事件で、被害者男性を脅していた時に使われていた言葉は、信じがたいものでした。

人を殺したことがあるということを、自慢げに話し、被害者男性を脅していたというのです。また、コンクリート事件の主犯は自分だったとも誇らしげに語っていたと言います。信じられないのが、コンクリート事件が楽しかったとも言っているのです。警察を騙したり、検事を丸め込むのは簡単だとも言っていたそうです。

母親の経営するスナックを手伝っていた時も、女子高生コンクリート事件のことをおもしろおかしく、客と語っていたと言います。反省しているとは全く思えません。三郷市逮捕監禁致傷事件の被害者の男性は、神作譲(小倉譲)から受けた、暴行や仕打ちにかなり恐怖を感じたようで、事件後はノイローゼ気味になり、現在は行方もわからなくなっているというのです。

自分が気に入らないことがあると、何のためらいもなく暴行を振るうような凶暴な危険人物が、現在は普通に生活しているのです。コンクリート事件当時、未成年だったというだけで、信じられないような短い刑期ですぐに出所していることも信じられませんが、その後、三郷市逮捕監禁致傷事件で、再度暴行事件を起こしているのに、刑期はたったの4年だったのです。神作譲(小倉譲)が言葉たくみに、裁判官を騙していたとはいえ、信じられない結果です。

Thumb岡山地底湖行方不明事件が謎過ぎる!白米美帆・伊藤智子のその後は? | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

神作譲の現在の状況

女子高生コンクリート事件という残虐な殺人事件を犯し、出所後、三郷市逮捕監禁致傷事件を起こした神作譲(小倉譲)は、現在どのような生活を送っているのでしょうか?三郷市逮捕監禁致傷事件では、2005年に懲役4年の判決が下りたため、現在は、出所してからかなり経過しています。現在の神作譲(小倉譲)の行方は、つかめていませんが、おそらく現在も鬼畜の母親と一緒にいる可能性が高いと見られます。

現在の居住地は不明

神作譲(小倉譲)が、現在どこに居住しているかも不明です。神作譲(小倉譲)のこれまでの経緯から、ひっそりと慎ましく暮らしているとは思えません。こんなに凶暴な人物を、現在野放しにしているのはとても危険です。再度、同じような暴行事件を起こす可能性は非常に高いといえます。

Thumbバッキー事件を風化させない!AV出演強要被害で栗山龍がした事とは? | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

神作譲のような再犯を防ぐには

女子高生コンクリート事件は、日本の犯罪史に残る残虐な事件です。現在もひどい事件はたくさん起こっていますが、女子高生コンクリート事件は、類を抜くあまりに無残な殺人事件です。何の罪もない人間に、どうしてここまでひどい行為をすることができるのでしょうか?犯行当時、犯人達が未成年だったということで、主犯の宮野でさえも、懲役20年という軽い刑で済んでしまっているのです。

犯人達は、自分たちが未成年だからと、死刑や無期懲役になることはないと、高を括っていたようです。現在も未成年によるひどい犯罪は起こっています。未成年だからと甘い刑で、すぐに社会に戻すのはかなり危険です。事実、コンクリート事件の、宮野と神作譲は、再犯を犯しているのです。罪を償う刑務所の中で、しっかりと人の命の尊さや自分の犯した罪の重さを噛み締めて欲しいものです。

Thumbサイコパス事件簿日本&海外まとめ!異常犯罪者が残した言葉も紹介! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

関連するまとめ

関連するキーワード


アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ