酒鬼薔薇聖斗が起こした事件とは?神戸連続児童殺傷事件の詳細とその後!

「酒鬼薔薇聖斗」という名前が忘れられないという人も多いでしょう。酒鬼薔薇聖斗が起こした事件は、日本中を震撼させました。日本の犯罪史の中でも酒鬼薔薇聖斗が起こした神戸連続児童殺傷事件は極めて残虐性の高い事件です。事件の詳細や現在の酒鬼薔薇聖斗についてまとめます。

目次

  1. 酒鬼薔薇聖斗事件<概要>
  2. 酒鬼薔薇聖斗事件<サイコパス>
  3. 酒鬼薔薇聖斗事件<本名>
  4. 酒鬼薔薇聖斗事件<家族>
  5. 酒鬼薔薇聖斗事件<現在>
  6. 酒鬼薔薇聖斗事件<手記>
  7. 酒鬼薔薇聖斗事件<被害者への手紙>
  8. 酒鬼薔薇聖斗事件<文春記者を脅迫>

酒鬼薔薇聖斗事件<概要>

酒鬼薔薇聖斗という名前を思い出しただけで、事件を連想しゾッとするという人は多いのではないでしょうか?酒鬼薔薇聖斗が起こした事件「神戸連続児童殺傷事件」は、当時連日ニュースやワイドショーで報道されており、その事件の残虐な行為が脳裏に焼き付いているという人も多いようです。「神戸連続児童殺傷事件」は、日本の犯罪史の中でも、稀に見る残虐性の高い少年犯罪事件です。

事件の犯人は、当時未成年だったため、少年Aとして報道されていましたが、あまりにひどい事件であったため、本名が公開されたり、月日が経過した今でも、犯人の動向が注目されたりしています。最近では、週刊文春の記者に対し、脅迫まがいな行為も行なったことで、再度危険人物として目が向けられているようです。まずは、酒鬼薔薇聖斗が起こした「神戸連続児童殺傷事件」の概要について説明します。

神戸連続児童殺傷事件

神戸連続児童殺傷事件は、1997年に、場所は神戸で発生しました。兵庫県神戸市須磨区で、数ヶ月の間に小学生の死亡者が2名、重軽傷者が3名殺傷された事件のことです。神戸連続児童殺傷事件は、酒鬼薔薇聖斗事件とも呼ばれています。この残虐な事件の犯人は、当時14歳の少年だったのです。事件被害者の頭部が、犯人が通っていた中学校の正門前に置かれ、その口には、犯人である酒鬼薔薇聖斗からの犯行声明文が挟まれているという、極めて猟奇的な事件でした。

事件発覚から逮捕まで

1997年5月27日の早朝ごろ、神戸市須磨区の中学校の前を通った通行人が、正門前に切断された男の子の頭部が置かれているのを発見し、警察に通報します。被害者の少年は、5月24日から行方がわからなくなっていた、近くに住む11歳の男児のものであると判明しました。放置された頭部の男児の口は、耳まで切り裂かれており、口には、酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)という名前の犯人からの声明文が挟まれていたのです。

神戸で発生した残虐な事件は、すぐに全国に報道され、捜査が行われる中、6月4日には酒鬼薔薇聖斗から、第二の声明文神戸新聞社に郵送されたのです。それにより、ますますこの事件の報道はヒートアップします。当初、犯人は、ガッチリとした体型の中年男性や、高い教育を受けているものなどと、メディアでは報じられていました。その後、警察の捜査により、酒鬼薔薇聖斗と名乗る犯人を6月28日に逮捕します。犯人は、14歳の少年だったのです。酒鬼薔薇聖斗が少年だったことは大変ショッキングでした。

事件の経緯

酒鬼薔薇聖斗と名乗る犯人の少年が起こした事件が発覚するまでの数ヶ月間、犯人は他にも事件を起こしています。第一の事件は、1997年2月10日の夕方に、神戸市須磨区の路上で、小学生の女児二人がショックレスハンマーで殴られるというものです。この事件で一人は重傷を負っています。被害者の女児の証言によると、犯人は、学生鞄を持っており、ブレザーを着ていたというのです。

そのため、女児の父親は、犯人は中学生ではないかと、近隣の中学生の顔写真を見せて欲しいと頼んでみるものの、学校側から拒否され、警察に被害届を出し、生徒の写真開示を懇願するも、開示はされなかったのです。この時に、学校側や警察側がしっかりと対応していれば、その後の残忍な事件は防げたのではないかと言われています。

神戸連続児童殺傷事件の第二の事件が発生したのは、3月16日のお昼頃でした。事件場所は、同じく神戸市須磨区の公園で発生しました。公園内にいた小学4年生の女児に、手を洗う場所を尋ね、案内させた後にお礼を言いたいと振り向かせた矢先に、女児を金槌のようなもので殴り、逃走しています。女児は、病院に搬送されましたが、3月23日に脳挫傷で死亡しています。さらに同じ日のその後、違う場所で小学3年生の女児の腹部を刃物で切りつけています。ナイフは胃を突き抜けていたそうです。

酒鬼薔薇聖斗の声明文

神戸市須磨区の中学校の正門前に、男児の切り落とされた頭部が置かれていたとして、この恐ろしい事件が発覚しました。被害者の男児の口には、「酒鬼薔薇」と名乗る犯人からの声明文が挟まれていました。この声明文により、酒鬼薔薇聖斗の名前が全国に知られるようになったのです。声明文の内容からも、酒鬼薔薇聖斗の狂気や、残虐性などがわかります。

 

さあゲームの始まりです

愚鈍な警察諸君

ボクを止めてみたまえ

ボクは殺しが愉快でたまらない

人の死が見たくて見たくてしょうがない

汚い野菜共には死の制裁を

積年の大怨に流血の裁きを

 



SHOOLL KILLER



学校殺死の酒鬼薔薇


酒鬼薔薇聖斗の声明文は、赤いペンで書かれており、「SHOOL KILLER 学校殺死の酒鬼薔薇」の部分は、黒いペンで書かれていました。さらにその左端には、酒鬼薔薇聖斗のマークと言われるものが描かれています。酒鬼薔薇聖斗は、これを自分のマークだといい、ナチスのマークをヒントにして考えたと供述しています。

Thumb神作譲(小倉譲)の現在は?【再犯】三郷市逮捕監禁致傷事件まとめ! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

酒鬼薔薇聖斗事件<サイコパス>

酒鬼薔薇聖斗が起こした事件は、極めて残虐です。酒鬼薔薇聖斗は、サイコパスであると断言できるでしょう。少年Aこと酒鬼薔薇聖斗は、子どもの頃から、猫やネズミ、犬などの動物を殺して、バラバラにしていたのです。逮捕後の調査で、酒鬼薔薇聖斗は、人や動物などを傷つけることによって性的興奮を得る性的サディズムであることが判明しています。酒鬼薔薇聖斗というサイコパスは、どのような生い立ちだったのでしょうか?サイコパスが誕生する理由が垣間見えるのではないでしょうか?

少年A〜酒鬼薔薇聖斗の生い立ち

のちに酒鬼薔薇聖斗と名乗る少年Aは、1983年に父親と母親のいる、ごく普通の中流家庭に誕生しました。父親は、出張が多く、家を留守にすることが多かったようです。少年A〜酒鬼薔薇聖斗の後には、弟が二人誕生したため、長男として、特に厳しく躾けられていたようです。まず、年子の弟が誕生したことで、少年A〜酒鬼薔薇聖斗は、両親から突き放されるようになります。両親の愛情の全ては、自分ではなく弟へ注がれ、寂しい思いをしていたようです。

母親から十分な愛情を与えられていたのは、弟が誕生するまでの、わずか1年足らずのみだったのです。そのことが原因なのか、少年A〜酒鬼薔薇聖斗は、母親に対しての憎悪を感じるようになります。幼少の頃から、すでに母親の愛情を受けずに育ったのです。母親から愛されない代わりに、同居していた祖母に甘えていたようです。祖母も少年A〜酒鬼薔薇聖斗のことを、とても可愛がっていたようです。しかし、その祖母が、少年A〜酒鬼薔薇聖斗が小学5年生の時に他界してしまいます。

祖母が他界し、祖母とともに可愛がっていた犬も続けて亡くなり、その後から、少年A〜酒鬼薔薇聖斗の奇行が始まるのです。ナメクジを殺し、カエルを解剖し、どんどんエスカレートしていき、猫を何十匹も殺し、頭を切断し始めます。サイコパスの多くは、子どもの時から何らかの違和感や奇行が多いのですが、少年A〜酒鬼薔薇聖斗もやはり子ども時代から、動物を殺すというサイコパスの特徴が顕著に現れていたのです。

少年A〜酒鬼薔薇聖斗は、場所は神戸市須磨区で、小学生の女児二人をショックレスハンマーで殴り、一人に重傷を負わせ、公園にいた女児を金槌で殴り殺害し、立て続けに小学生の女児の腹部をナイフで刺して、重傷を負わせています。これだけでもかなりの犯罪を犯しているのですが、その後あの恐ろしい事件を起こすのです。近所に住む、顔見知りの男児を誘い出し、殺害します。この男児殺害から、少年A〜酒鬼薔薇聖斗のさらにおぞましい奇行がはじまるのです。

「人を殺したい」

5月24日、少年A〜酒鬼薔薇聖斗は、人を殺したいという欲望にかられ、殺す人を探すために自転車で出かけます。その時に、偶然被害者の男児を見つけます。被害者の男児は、当時小学5年生でした。少年A〜酒鬼薔薇聖斗の一番下の弟の同級生だったのです。弟の友達なので、少年A〜酒鬼薔薇聖斗の家にも頻繁に遊びに来ていたようです。被害者の男児は、身体障害者でした。少年A〜酒鬼薔薇聖斗は、被害者の男児なら、自分より小さいから殺せると思ったと言います。言葉たくみに、男児を誘い出し、殺害場所であるタンク山へ連れ出します。

そして男児の首を絞めて殺害します。男児殺害時、最初は背後から腕で首を絞めたものの、なかなか死なず、馬乗りになり、上部から首を絞めてもなかなか男児が死ななかったため、最終的に自分の靴の紐をほどき、その靴紐で、首を絞めて殺害したと供述しています。男児が死んだかどうかを確認するために、心臓に耳をあて、心音を確認したというのです。その後の供述で、少年A〜酒鬼薔薇聖斗は、男児を殺していること自体を楽しんでいた、殺したことにより、自分だけのものになり、満足感でいっぱいになったと語っています。

男児の死体を、建物の床下に隠すことを思いつき、少年A〜酒鬼薔薇聖斗は、ホームセンターへ行き、南京錠を壊すための糸ノコギリと、不審に思われないために新しい南京錠を万引きします。男児を殺害した日も、普段と変わらない様子で自宅に戻り、ベッドで寝ています。その日の夜中に目が覚め、その時に、ふと、糸ノコギリで、人間の首を切断してみたいと思ったというのです。

酒鬼薔薇聖斗の奇行がエスカレートしていく

男児を殺害した翌日、男児の首を切断するために、家を出ます。少年A〜酒鬼薔薇聖斗は、お昼前ごろに起床し、自分でパンをトースターで焼いて食べ、午後に家を出ています。その時、切断した頭部を入れるための黒いビニール袋を持参しています。そして、少年A〜酒鬼薔薇聖斗は、糸ノコギリで、男児の頭部を切断します。そして、首を切断した後、少年A〜酒鬼薔薇聖斗は、性的に興奮し、射精しているのです。まさに、普通では考えられないサイコパスの奇行と言えるでしょう。

切断した頭部と会話

切断した男児の頭部の目は開いたままで、遠くを眺めているようだったと、少年A〜酒鬼薔薇聖斗は語っています。それから、少年A〜酒鬼薔薇聖斗は、切断した男児の頭部と会話をはじめるのです。切断した男児の頭部が、「よくも殺したな!苦しかったじゃないか!」といい、少年A〜酒鬼薔薇聖斗は、「君があの場所にいたのが悪い」といい、男児の生首と対話をしていたというのです。少年A〜酒鬼薔薇聖斗によると、男児の頭部は、その後も文句を言い続けていたと言います。

少年A〜酒鬼薔薇聖斗は、男児の生首が文句をいうのは、まだ死体に魂が残っているからだと考えます。魂を取り出すという目的のために、少年A〜酒鬼薔薇聖斗は、ナイフで男児の両目を刺し、両方のまぶたを切り開いています。男児の眠たそうな目が気に入らなかったからだと言います。さらに口の両はしを耳に向けて、切り裂いています。その後は、男児の頭部は文句を言わなくなったと言っています。

血を飲む

また、人を殺した時の興奮を思い出すために、男児の舌を切って持って帰ろうとしたが、死後硬直しており、切断できなかったとも言っています。そして、さらなる少年A〜酒鬼薔薇聖斗の奇行が始まります。なんと、切断時に流れ出た、男児の血を、ビニール袋から飲んでいるのです。少年A〜酒鬼薔薇聖斗は、このことを、汚れた血を清めるためだったとのちに語っています。自分の血は汚れているから、純粋な子どもの血を飲めば、汚れた自分の血が清められると告白しています。

酒鬼薔薇聖斗名での声明文を添える

その後、少年A〜酒鬼薔薇聖斗は、男児の頭部を自宅に持ち帰ります。土や木の葉で汚れた男児の頭部を、なんと自宅の風呂場で洗っているのです。この男児の頭部を洗っている時も、少年A〜酒鬼薔薇聖斗は、性的に興奮し、射精しています。そして、神戸連続児童殺傷事件の発見現場となる、あの場所に男児の頭部を置くのです。このことを少年A〜酒鬼薔薇聖斗は、警察の捜査対象から逃れるため、あえて自分の中学校に置いたと供述しています。また、偽りの犯人像を表現する、例の犯行声明文を添えたと言っています。

男児の頭部を中学校の正門に置いたものの、報道によると、少年A〜酒鬼薔薇聖斗は、頭部を置いた場所を、4箇所も移動させています。頭部が自分の中学校の正門に置かれていることを、ちょっと不思議な映像だと思いながら眺めていたというのです。

第二の声明文

衝撃的なこの事件は、すぐにメディアによって拡散されます。自分が起こした事件のニュースを少年A〜酒鬼薔薇聖斗は、見ていたのでしょう。事件の報道時、「さかきばら」を「おにばら」と誤って読んだことに強く抗議した声明文の内容でした。この新聞社という場所に郵送された第二の声明文によって、少年A〜酒鬼薔薇聖斗の筆跡から、6月28日に、やっと逮捕ということになったのです。

酒鬼薔薇聖斗は発達障害だった?

少年A〜酒鬼薔薇聖斗は、逮捕後に入院していた関東医療少年院で、矯正教育を受けていました。しかし、関東医療少年院の元院長は、少年A〜酒鬼薔薇聖斗の矯正教育が失敗だったと語っています。矯正教育が失敗だったという理由は何だったのでしょうか?

少年A〜酒鬼薔薇聖斗は、1999年矯正教育を受けている段階で、発達障害の一種である「アスペルガー障害」と診断されています。今でこそ、発達障害・自閉症スペクトラムや、アスペルガーについては、多くの人が認識している障害となっていますが、1999年当時は、発達障害・自閉症スペクトラムについての知識などは、ドクターの間でもかなり低かったというのです。そのため、少年A〜酒鬼薔薇聖斗は、自閉症スペクトラムだったにも関わらず、愛着障害を克服するという矯正教育を受けていたというのです。

愛着障害とは、幼少期に母親などとの愛着が形成されず、対人関係や行動に問題を起こしてしまうというものです。少年A〜酒鬼薔薇聖斗も、幼少期から、母親に愛されずに育っており、愛着障害の症状ともぴったりと合致するのです。愛着障害と、自閉症スペクトラムは、非常によくにているといい、特に子どもは、医者でも判断が難しいのだそうです。少年A〜酒鬼薔薇聖斗は、愛着障害と診断され、それを克服するプログラムを受けています。

愛着障害は、愛着がしっかりと形成される環境に置くことで、改善されることが多いと言われています。当時少年A〜酒鬼薔薇聖斗に関わった人の多くは、この愛着障害のプログラムによって、少年A〜酒鬼薔薇聖斗の育て直しが成功したと感じていたようです。しかし、実際には、少年A〜酒鬼薔薇聖斗は、愛着障害ではなく、自閉症スペクトラムである可能性が非常に高いと言われています。そのため、矯正教育は、全く意味がなかったのではないかという意見もあるのです。

自閉症スペクトラムだから、犯罪を起こすということはありません。少年A〜酒鬼薔薇聖斗のように、犯罪は、さまざまな要因や環境などにより、発生してしまうものなのです。当時、少年A〜酒鬼薔薇聖斗に、自閉症スペクトラム向けの矯正教育を行なっていたら、また違ったかもしれません。

Thumb辻菜摘の現在!サイコパスな佐世保事件の概要と親との関係とは? | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

酒鬼薔薇聖斗事件<本名>

神戸連続児童殺傷事件当時、犯人として逮捕された酒鬼薔薇聖斗は、未成年だったため、少年Aとして報道されていました。この酒鬼薔薇聖斗の本名は、「東 慎一郎」(あずましんいちろう)です。酒鬼薔薇聖斗の本名は、週刊ポストの取材によって、判明されています。逮捕後、2004年に医療少年院を出ています。その後は、名前を変えて、「K・M」として生活していたとのことです。苗字も名前もすべて変えているということになります。「西岡真」という名前で生活していた時期もあったようです。

酒鬼薔薇聖斗はホームページを開設していた!

酒鬼薔薇聖斗は、出所後に、ホームページを開設していたことでも話題となりました。酒鬼薔薇聖斗のホームページのタイトルは、「存在の耐えられない透明さ」。酒鬼薔薇聖斗のホームページには、本人が書いたイラストや、写真などがアップされていました。ナメクジのイラストが非常に目立っており、かなり不気味なものばかりです。酒鬼薔薇聖斗のホームページには、やはり批判が殺到し、現在は閉鎖されています。あれだけ残虐な事件を起こしておいて、ホームページを開設など、反省の色は全くないようです。

酒鬼薔薇聖斗のホームページを見た犯罪心理学者や、精神病理学者は、酒鬼薔薇聖斗には、倫理観がない、悪いことをしたとは思っていないと語っています。やはり、医療少年院での育て直し、矯正教育は、失敗に終わっているということのあらわれのようです。

Thumb白暁燕・誘拐殺害事件の真相は?【梶原一騎の娘】惨殺と犯人の動機! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

酒鬼薔薇聖斗事件<家族>

少年A〜酒鬼薔薇聖斗のような、サイコパスの形成は、幼少期に育った環境や、生い立ちなど、家族との関わり方に関係があることがわかっています。酒鬼薔薇聖斗の家族構成などについて見ていきましょう。どのような家庭で、酒鬼薔薇聖斗は育ったのでしょうか?

酒鬼薔薇聖斗の父親

酒鬼薔薇聖斗は、ごく普通の中流家庭に生まれています。父親も母親もいて、弟が二人いるという、一般的な家庭です。酒鬼薔薇聖斗の父親は、当時神戸でも有名な企業に勤めていました。仕事が非常に忙しく、出張もかなり多く、家を留守にすることが多かったと言います。そのため、酒鬼薔薇聖斗との父と息子という関係はかなり薄いものだったようです。また、兄弟げんかをしていても、理不尽に長男である酒鬼薔薇聖斗だけを叱りつけたりもしていたそうです。暴力は禁じていたと言いますが、実際には、息子を叩くことは行なっていたようです。

酒鬼薔薇聖斗の父親は、酒鬼薔薇聖斗が凶器として使用していたナイフや斧などを家の中で見つけても、知らん顔をしていたと言います。酒鬼薔薇聖斗が殺した猫の死骸が、家の軒下から見つかった時も、酒鬼薔薇聖斗を注意することはなかったそうです。父親は、全く酒鬼薔薇聖斗や、息子たちに無関心だったと言えるでしょう。父親からの愛情は、一切受けてなさそうです。

酒鬼薔薇聖斗の母親

酒鬼薔薇聖斗の母親については、さまざまな意見が飛び交っています。息子を三人育てるのは簡単なことではありません。しかし、酒鬼薔薇聖斗の母親は、長男である酒鬼薔薇聖斗に対しては、かなり厳しく接していたようです。弟が生まれると、母親の愛情は、全て弟たちへ向き、酒鬼薔薇聖斗は、家庭内でも孤立するのです。酒鬼薔薇聖斗は、いつもイライラしており、酒鬼薔薇聖斗にひどい体罰も与えていたようです。その反面で、酒鬼薔薇聖斗の母親は、教育熱心で、PTA役員などにも自ら名乗りをあげていたそうです。

母親は酒鬼薔薇聖斗をノイローゼにした

酒鬼薔薇聖斗の母親は、一般的な母親ではなかったようです。酒鬼薔薇聖斗は、幼稚園の年長さんの時に、3回も、自家中毒となっています。聞きなれない自家中毒というのは、精神的な苦痛などにより、肉体に症状が発生する状態のことを言います。また、酒鬼薔薇聖斗が、小学校3年生の時には、母親に叱られ激しく泣き叫び、意味のわからないことを口走ったため、病院を受診した結果、ノイローゼと診断されています。酒鬼薔薇聖斗が小学校3年生という子ども時代にノイローゼになって理由は、母親の叱りすぎが原因のようです。実際に叩くなどの体罰も行なっていたようです。

猫を威嚇

酒鬼薔薇聖斗の母親は、猫を威嚇するためにBB弾の銃を購入しています。理由は、犬の餌を食べたり、糞をしたりと、とにかく野良猫が嫌いだからだそう。酒鬼薔薇聖斗は、何十匹も猫を殺していますが、母親の行動が影響しているのかもしれません。

母親の非常識な行動はまだまだ

被害者の男児のお通夜に参列した際も、酒鬼薔薇聖斗の母親は、常識はずれな行動を取っています。被害者の男児の母親が、あまりに遺体の状態がひどかったため、息子の遺体を見ることができず泣き崩れていた時に、息子の顔くらい見てあげなさいというような言葉を発したと言います。また、自分の息子が、加害者だったとわかっても、被害者家族への謝罪は一切なかったというのです。

酒鬼薔薇聖斗が起こした事件で、被害者遺族との裁判で、1億4000万円の賠償が命じられています。この時、酒鬼薔薇聖斗の母親は、「2万円ずつ払います」とふざけた受け答えをしているのです。裁判中も、酒鬼薔薇聖斗は、おかしな言動が多かったと言われています。この非常識な母親が、酒鬼薔薇聖斗のようなサイコパスを作り出したのかもしれません。

酒鬼薔薇聖斗の祖母

母親からの愛情を与えられなかった酒鬼薔薇聖斗は、同居していた祖母に甘えていたようです。祖母も、酒鬼薔薇聖斗のことをとても可愛がっていたと言います。祖母は、酒鬼薔薇聖斗の母親に対して「長男に厳しすぎるのではないか」ということをよく言っていたそうです。しかし母親は、「子育てに口出しするな」と反発し、聞く耳は持たず、いつも喧嘩をしていたと言います。母親からも父親からも愛情を与えられなかった酒鬼薔薇聖斗を愛していたのは、祖母だけだったようです。

酒鬼薔薇聖斗の弟たち

世間を騒がす残忍な事件を起こした酒鬼薔薇聖斗ですが、彼の弟たちは、兄のことを大事に思っているそうです。酒鬼薔薇聖斗の面会にも、頻繁に足を運んでいたと言います。

Thumb附属池田小事件で逃げた教師の発言とは?犯人のその後や事件の詳細! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

酒鬼薔薇聖斗事件<現在>

酒鬼薔薇聖斗は結婚してる?

酒鬼薔薇聖斗は、現在は普通に生活しています。そんな酒鬼薔薇聖斗が、現在は、結婚しているという噂がささやかれていますが、本当なのでしょうか?酒鬼薔薇聖斗は、現在は、名前を変えて生活していると思われます。酒鬼薔薇聖斗の結婚について、調べてみましたが、詳細などは一切わかりませんでした。本当に結婚しているとしたら、相手はどのような女性なのでしょうか?

酒鬼薔薇聖斗の嫁

酒鬼薔薇聖斗が結婚しているとすれば、結婚相手は、酒鬼薔薇聖斗のファンではないかと噂されています。普通の女性は、とても酒鬼薔薇聖斗と結婚したいなんて思わないでしょう。酒鬼薔薇聖斗は、ファンクラブまであったという噂もあるため、結婚して、酒鬼薔薇聖斗の嫁がいるのであれば、酒鬼薔薇聖斗ファンの女性である可能性が高いでしょう。一般常識を持った普通の女性ではないことは確かでしょう。

酒鬼薔薇聖斗の現在の居場所は?

酒鬼薔薇聖斗は、出所後、さまざまな場所を転々としているようです。酒鬼薔薇聖斗が住んでいたと言われる場所で、わかっているところは、2015年9月末までの居住場所は、神奈川県のアパート、2015年9月末からの居住場所は、ウィークリーマンション、2015年10月からの居住場所は、神奈川県のマンション、2015年12月からの居住場所は、東京都内のアパートで、具体的な場所は、足立区にあるUR花畑団地付近である可能性が高いと噂されています。

2016年に、週刊文春の記者による突撃取材を受けたあとは、居住場所であった東京都内のアパートは退去しており、現在は東京を離れているのではないかと言われています。神戸からも離れた場所で生活していたようです。現在の居住場所はわかりませんが、日本国内のどこかの場所には住んでいるはずです。サイコパスが近くに住んでいるかもしれないと思うと、怖いですね。

Thumbフリッツル事件のその後は?実娘を監禁した事件の概要や映画・書籍も紹介! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

酒鬼薔薇聖斗事件<手記>

手記「絶歌」

酒鬼薔薇聖斗は、32歳になり、手記を出版しています。手記のタイトルは、「絶歌 神戸連続児童殺傷事件」です。太田出版から、出版されています。驚くことに、酒鬼薔薇聖斗の手記の出版に関しては、遺族になんの相談もなく、勝手に手記が出版されています。遺族は、酒鬼薔薇聖斗の手記の出版の差しどめを求めましたが、差しどめどころか、手記は増刷までされています。

酒鬼薔薇聖斗の手記は、少年時代から少年院に移送されるまでの第一部、少年院での生活を終えて、社会に出てから現在までの第二部、最後は、「被害者のご家族のみなさまへ」という章があります。あれだけの残虐な殺人を起こしている犯人が、自分の手記を出版するなど、あまり例がありません。酒鬼薔薇聖斗の手記を読んだ人の感想の多くは、酒鬼薔薇聖斗は更生していないという意見です。読んでいて、不快になるような文章もたくさんあります。

被害者父親も手記を出版

また、酒鬼薔薇聖斗の被害者である男児の父親も手記「淳」を出版しています。この手記の中では、酒鬼薔薇聖斗の手記のことにも言及しています。少年Aから手紙が届き、彼の手記の印税の一部を1000万円を慰謝料として支払いたいというものでした。被害者遺族へ、なんの相談もなく勝手に手記を出版し、慰謝料を支払いたいなど、非常識極まりない行動です。慰謝料の受け取りを、ご遺族はきっぱりと断っています。

Thumb女子高生コンクリート詰め殺人事件はこう起こった!犯人のその後と真相とは? | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

酒鬼薔薇聖斗事件<被害者への手紙>

元少年Aからの手紙

酒鬼薔薇聖斗は、被害者遺族は、毎年手紙を送っていました。2004年に仮出所してから、毎年被害者遺族に手紙を送っていましたが、その手紙もストップしてしまったようです。被害者男児の遺族である父親、自らの手記も出版した土師守さんは、手紙を書くことをやめたということは、事件に向き合うことをやめたのだろうと語っています。土師守さんは、嫌な気持ちになるものの酒鬼薔薇聖斗から届く手紙に目を通していたそうです。

しかし、酒鬼薔薇聖斗が勝手に手記を出版したことをきっかけに、土師守さんは、手紙の受け取りを拒否するようになり、その後、手紙もストップしたとのことです。手記出版をきっかけに、被害者側が手紙の受け取りを拒否したとしても、本当に反省しているのであれば、手紙を書き続けるのではないでしょうか?そのような気持ちは、まったく感じられません。

酒鬼薔薇聖斗事件の小説が映画化

犯人の手記が出版されたのも衝撃でした。手記ではなく小説も出版されています。神戸連続児童殺傷事件を題材としたと言われている小説「有罪」。薬丸岳の小説は、酒鬼薔薇聖斗が起こした事件に着想を得た作品であることは、いうまでもありません。罪を償うとは、どういうことなのかという内容の小説です。この小説は、人気俳優を起用し、映画化もされています。凶悪で残虐な事件の小説化や、映画化は、賛否両論です。

Thumb矢野富栄【島根女子大生死体遺棄事件】!犯人の事故死と真相究明は? | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

酒鬼薔薇聖斗事件<文春記者を脅迫>

酒鬼薔薇聖斗は、突撃取材を受けた週刊文春の記者を脅迫するようなことも行なっています。週刊文春は、ずっと少年Aこと、酒鬼薔薇聖斗を追い続けているのでしょう。手記の中では、少年院で身につけた溶接工の仕事をしていたとも語っていました。

居住場所を転々と変えながら、生活していたようですが、居住場所は突き止められ、突撃取材を受けたのです!酒鬼薔薇聖斗は、脅しのような言葉を使い、逃げる記者を10分近くも追いかけてきたそうです。手記や被害者への手紙では、反省の色を見せているところもあるようですが、やはり、更生はしていないと言えるでしょう。

Thumbサイコパス事件簿日本&海外まとめ!異常犯罪者が残した言葉も紹介! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

関連するまとめ

関連するキーワード


アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ