真空管アンプの特徴と人気おすすめランキング!オーディオにも最適?

真空管アンプは昔は一般的で電化製品の多くに使用されていました。真空管アンプは、独特の音を楽しむことができるため、現在でもコアなファンが多く、オーディオ好きに根強い人気があります。今回は、真空管アンプの特徴や仕組み、人気おすすめランキングを紹介します。

目次

  1. 真空管アンプとは?
  2. 真空管アンプの仕組み
  3. 真空管アンプの特徴
  4. 真空管アンプの選び方
  5. 真空管アンプのおすすめメーカー
  6. 真空管アンプのおすすめ人気ランキング10選
  7. 真空管アンプ自作キットも人気!
  8. 真空管アンプで音楽を楽しもう

真空管アンプとは?

真空管アンプとは、真空管を使って、アンプ(増幅回路)を組み、スピーカーを駆動させるモノです。オーディオ初心者が、まず疑問に思うのは、どうしてアンプが必要なのかということではないでしょうか?アンプは、レコードやCDなどといったいわゆる音源から発せられる音の信号をスピーカーから出力させるための増幅回路です。

なぜアンプが必要なの?

レコードプレーヤーや、CDプレイヤーに直接スピーカーを繋いで、音を出せば良いのではないかと思うでしょう。しかし、レコードプレーヤーやCDプレーヤから発せられる音の信号は、非常に小さいため、ダイレクトにスピーカーを繋いで、音を出すことは不可能なのです。どれくらい音が小さいのかというと、イヤホンからかろうじて出せるくらいなのです。そのため、部屋で音楽を流すような大きな音を発生させることなどできません。

レコードプレーヤーや、CDプレーヤーから発生される小さな音の信号を、スピーカーで鳴らせるために、増幅するための回路が、アンプということになるのです。CDラジカセや、ミニコンポなどは、コンパクトで且つそれらすべてがひとつになっているため、アンプがあることがわかりにくいのですが、アンプが内蔵されているのです。

スピーカーから音を出すために必要なアンプですが、昔は真空管アンプが主に使用されていました。しかし、時代とともに、どんどん技術は進化し、真空管アンプの後には、トランジスタ、その後にはIC(半導体)が発明され、現在では、IC(半導体)を使用したアンプが、一般的となっています。IC(半導体)のアンプは、大量生産が可能で、価格も安いため、多く流通されているのです。真空管を増幅回路として使用している装置のことを、真空管アンプと言います。

真空管アンプはオーディオ初心者におすすめ?

デジタルテクノロジーは、どんどん進化していますが、それでもクラシックな真空管アンプが今でも人気があるのには、さまざまな理由があります。真空管アンプの方が、デジタルアンプよりも、音質が良い、音にあたたかみがあると感じる人が非常に多いのです。これは音楽のジャンルにも左右されますが、ボーカルや、アコースティックミュージックには、真空管アンプが非常に相性が良く、よりリアルなサウンドを楽しむことができるのです。真空管アンプは、いわば音にこだわるオーディオのエキスパートから、人気があるのです。

真空管アンプの独特の音を楽しみたいというオーディオファンは多くいます。オーディオ初心者の中にも、真空管アンプを使って、音楽を聞きたいという人はいるのではないでしょうか?真空管アンプは、オーディオ初心者でも楽しむことはできますが、注意しなければならないことはたくさんあります。真空管アンプは、熱を持ちやすいという特徴があるため、設置場所を考える必要があり、また、真空管アンプは真空管に寿命があるため、交換作業も必要になってきます。

IC(半導体)アンプに比べると、よりオーディオに関する知識や、理解が必要で、コストもかなりかかります。そのため、オーディオ初心者にはあまり向かないかもしれません。オーディオ初心者は、ある程度オーディオの仕組みや特徴を理解して、予算もかかることを把握した上で、真空管アンプの導入にトライしてみた方が良いでしょう。

Thumbオーディオインターフェイスのおすすめ!初心者にも人気の物や配信&実況も! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

真空管アンプの仕組み

わずかな力で大きな力をコントロール

真空管アンプは、電圧や電流を増幅する回路装置のことです。増幅とは、わかりやすくいうと、小さいパワーで、大きなパワーをコントロールすることになります。これは、真空管アンプだけではなく、トランジスタも同じ仕組みです。真空管アンプの特徴の前に、簡単にでも真空管アンプの仕組みを理解しておくと、より真空管アンプへの親しみが湧くようになるでしょう。初心者で真空管アンプを使ってみたいという人は、ぜひ真空管アンプの仕組みから、しっかりと理解しておきましょう!

どうして、真空管アンプやトランジスタは、小さな力で、大きなパワーをコントロールできるのでしょうか?真空管アンプは、ガラスのチューブがあり、その中に金属板があることがわかりますね。この真空管アンプのガラスチューブの中にある金属板が、プラスの電極となるプレートと言われるものです。そして、真空管アンプを使用していると、真空管のちょうど中心部あたりにあるヒーターがオレンジ色に光ります。これが、マイナスの電極となるカソードと言われるものです。

真空管の簡単な仕組み

真空管アンプのプレートである金属には、熱を加えたり、叩いて衝撃を与えたりすると、その中から電子が飛び出しやすくなるという特徴があります。マイナスの電極を熱するために、カソード、つまり電熱器であるヒーターが用いられているのです。真空管アンプのプレートに電池のプラスを、カソードに電池のマイナスを繋げることによって、カソードの電子が、静電気の作用により、プレートに移動します。

しかし、酸素や窒素という、空気の分子があると、カソードの電子が、効率よくプレートに飛び移ることができません。それに酸素があると、ヒーターをどんどん燃焼してしまいます。これを防止するために、ガラスのチューブで、プレートとカソードを覆って、内部を真空状態にしているのです。このプラスのプレートと、マイナスのカソードという、二つの電極で作られた真空管を、2極菅と言います。この真空管アンプの仕組みにより、ほんの少しの電気の変化でも、大きな電気の流れをコントロールすることができるというわけなのです。

2極菅の真空管が発明されたあと、プレートとカソードの間に、さらにもう一つの別の電極を取り入れた3極菅が登場します。3極菅は、プレートとカソードの他に、グリッドという電極があるのが特徴です。3極菅は、わずかなグリッドの電圧の変化で、プレートの電流を大きく変化させ、電気信号を増幅させることができるようになるのです。

Thumbダイソー300円USBスピーカーが売り切れ続出!高音質の評判と使い方は? | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

真空管アンプの特徴

デジタルテクノロジーが発展した今でも、人気がある真空管アンプ。IC(半導体)アンプや、トランジスタと比較すると、真空管アンプのスペックは劣りますが、それでもいまだに愛され続けているのには、独特な特徴があるからです。真空管アンプの特徴に、真空管アンプの人気のヒミツが隠れているようです。真空管アンプの特徴をチェックしてみましょう。

真空管アンプの音質の特徴

真空管アンプの最大の特徴は、その独特な音質にあります。この真空管アンプの音質の特徴が、今でも多くの人々を魅了している理由と言えます。一般的なアンプ(トランジスタアンプなど)と比較すると、真空管アンプの音質は、ぬくもりがあり、やわらかいというのが特徴です。音のエキスパートである音楽家などの多くは、真空管アンプを使用している人が多くいます。アコースティックなサウンドや、ヴォーカルはもちろん、エレキギターのアンプとしても、真空管アンプがよく使用されています。真空管アンプを使うと、より生々しいギターサウンドになるのです。また、近年一般的となっているデジタルソースの音楽再生にも、真空管アンプはとてもマッチするようです。

多くの人が、真空管アンプの方が、良い音がすると感じるのには、理由があります。音には、人の声や楽器の奏でる音以外にも、川のせせらぎや、海の波の音など自然の音、車や工事の音などの騒音までさまざまなものがあります。私たちが聞くすべての音には、倍音というモノがあります。音に一定の周波数があり、基本の周波数の他に、2倍、3倍という整数倍の周波数がたくさん発生しています。整数倍の振動が出す音が倍音です。私たちが、ヴァイオリンの音色や、ピアノの音色を識別できるのは、すべての音の中に倍音があるからなのです。

真空管アンプの音質が良い理由

音響機器界では、倍音を「高調波の歪み」と言っています。音には周波数があり、元々の周波数のことを基本波と言います。基本波には、偶数倍の周波数を持っている「偶数次高調波歪み」、奇数倍の周波数を持っている「奇数次高調波歪み」があります。「偶数次高調波歪み」は、基本波とオクターブの関係にあるため、心地よい音の響きとして耳に入るのが特徴です。「奇数次高調波歪み」は、高域まで弱まるまで出続けるため、耳に入りやすく、不快な音として耳に入るのが特徴です。

真空管アンプの音は、不快な音として耳に入る「奇数次高調波歪み」の音を決して、「偶数次高調波歪み」の音が強調されるようになります。倍音を含む「偶数次高調波歪み」が強調されることにより、より豊かな音を聞くことができ、「奇数次高調波歪み」の音が少なくなることにより、聴き疲れしてしまう不快な音が少なくなるのです。そのため、真空管アンプの回路で発生される音は、自然の音や、楽器の音が、よりリアルでホンモノのような生々しい音になるのです。

逆に、トランジスタなどのICアンプは、「奇数次高調波歪み」が多くなるのです。つまり、本来持っている自然の音まで、打ち消してしまうことになってしまうのです。音が割れるという表現を使用されることも多いですね。そのため、トランジスタなどのICアンプの音を聴き慣れている人が、真空管アンプの音を聞くと、やさしく、やわらかい、あたたかみのある音と感じることが多いのです。

真空管アンプは見た目に特徴がある

真空管アンプは、音質が良いと感じるだけではなく、見た目も特徴的です。ご存知の通り、真空管アンプは、ガラスのチューブの中に、ヒーターがあります。真空管アンプのガラスのチューブのデザイン自体も、レトロでどこかノスタルジックな印象で、おしゃれですが、動作中にオレンジ色にほんのりと光を発する様子も、懐かしさがあり、逆に新鮮に映るものです。真空管アンプは、一般的なトランジット、ICアンプの見た目とまったく異なります。真空管アンプは、露出しており、見えるようになっているため、かなり見た目が独特です。アンティーク感も漂い、おしゃれなインテリアとしても見栄えするのが、真空管アンプなのです。アンティークインテリアのお部屋はもちろん、モダンインテリアのお部屋にもマッチします。

真空管アンプは設置場所を選ぶ

真空管アンプは、部品が大きいため、設置場所をとります。一般的なトランジスタアンプと違って、コンパクトで設置しやすいというモノではありません。真空管アンプを設置するには、ある程度の広さを確保しておく必要があります。また、真空管アンプは、ヒーターで熱して動作するため、熱が発生します。そのため、熱が発生しても問題ない場所に設置する必要もあります。布や紙などの近くに、真空管アンプを設置することはできませんので、注意が必要です。

真空管には寿命がある

真空管アンプに使用されているガラスの真空管には、寿命があります。そのため、定期的に真空管アンプを交換しなければならないという特徴もあります。真空管アンプは、同じものを長く使い続けることができないため、買い替えが必要となります。その分、コストもかかることになってしまいます。これは、真空管アンプのデメリットの特徴と言えるでしょう。一般的なアンプに比べると、費用やコストがかかってしまうという特徴も覚えておきましょう。

真空管アンプはスペック面では劣る

真空管アンプは、あたたかみのある、やさしい音を楽しむことができますが、トランジスタアンプと比べると、やはりスペック面では劣ります。オーディオにおいて重視されている周波数の広域範囲や、ノイズの少なさという面では、真空管アンプはかなり下位のレベルとなります。真空管アンプは音が良いということだけを優先してしまうと、期待外れだと感じてしまうこともあります。オーディオとしての性能面では、トランジスタアンプに劣るという特徴は、しっかり理解しておいた方が良いでしょう。

Thumb高音質Bluetoothスピーカーのおすすめ!おしゃれで人気なものは? | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

真空管アンプの選び方

真空管アンプがおすすめな人

真空管アンプの特徴を上記で説明しましたが、真空管アンプにはメリットもありますが、デメリットもあります。真空管アンプがおすすめな人とはどのような人なのでしょうか?真空管アンプは、よりリアルな音や、ホンモノに近い音、生々しい音にとことんこだわりたい人におすすめです。オーディオ機器の使いやすさや、ハイスペックさは求めていないという人に、真空管アンプは人気でおすすめです。また、真空管アンプは、リラックスした音楽に適しているため、楽器の音色や、ヴォーカルを楽しみたいという人にもおすすめです。

真空管アンプは、場所をとり、熱も発生するため、オーディオ好きで音楽好きの人にぴったりな機器です。また、真空管アンプを使用する人は、スピーカーなどのオーディオ機器にもこだわりを持っている人が多いため、真空管アンプ以外のオーディオ機器を買い揃える必要もあるでしょう。オーディオ機器に予算をかけることができる人でないと、後々後悔してしまうかもしれませんので、その点は注意しましょう。総合的に判断すると、真空管アンプは、本当に音楽が好きで、楽しむ人におすすめな機器と言えます。決して、手軽に導入できるアンプではないため、オーディオ初心者には少し難しいかもしれません。

アンプのタイプで選ぶ

真空管アンプには、さまざまな種類があります。それぞれの部品を揃えるセパレートタイプの真空管アンプと、プリアンプとパワーアンプが一体化しているプリメインアンプがあります。真空管アンプでは、プリメインアンプが主流となっていて、人気です。プリメインアンプタイプの真空管アンプであれば、オーディオ再生機器と、スピーカーさえあれば、すぐに音を出すことができます。そのため、オーディオ初心者にもおすすめなタイプです。プリメインタイプの真空管アンプは、色々なメーカーが販売しているため、価格帯も幅広く、比較的リーズナブルなモノもあるのが魅力です。

オーディオ中級者におすすめなのは、プリアンプだけを真空管アンプに変えることです。真空管タイプのプリアンプには、小型のモノや、比較的価格のリーズナブルなモノもあり、価格を抑えながら、真空管アンプでも出力を大きくすることができるでしょう。また、オーディオ上級者におすすめなのは、真空管パワーアンプです。真空管パワーアンプなら、、真空管アンプでも大出力に対応できます。真空管パワーアンプは、比較的価格も高くなってしまい、オーディオに関する幅広い知識が必要となります。

真空管の種類・回路方式で選ぶ

真空管アンプと一言で言っても、真空管には種類があります。オーディオ用の真空管アンプは、大まかに分けると、MT菅・GT菅・ST菅の三つがあります。MT菅は、一番新しいタイプの真空管アンプで、種類も豊富であるため、真空管アンプの主流となっており人気です。ギターの真空管アンプに使用されることも多いタイプです。GT菅は、プラスチックを使用している真空管アンプ。ST菅は、大きな真空管アンプです。オーディオマニアの間で人気が高いタイプです。

真空管アンプの回路方式は、シングルアンプ・プッシュプルアンプがあります。シングルアンプは、左右に一つずつの出力菅使用した回路です。シングルアンプは、出力は低めではありますが、真空管アンプらしい音を楽しむことができます。プッシュプルアンプは、左右に2本ずつの出力菅を使用した回路です。そのため、シングルアンプよりも、出力が高くなります。しかし出力が高くなっても、音質が下がってしまうというデメリットもあります。

Thumbおすすめスピーカーランキング!人気のBluetoothもご紹介! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

真空管アンプのおすすめメーカー

真空管アンプメーカー:トライオード

「トライオード」は、1994年創業の日本の真空管アンプメーカーです。真空管アンプをリーズナブルな価格で提供しているメーカーであるため、とても人気が高く、オーディオ初心者にもおすすめです。真空管アンプのキッドや、オーディオマニアに人気の本格的な真空管アンプまで、幅広いラインナップが魅力です。

真空管アンプメーカー:マッキントッシュ

「マッキントッシュ」は、1949年創業のアメリカの老舗メーカーです。50年以上も前に作られた真空管アンプが、いまだに人気なのは素晴らしいですね!真空管アンプの人気にともない、復刻版の真空管アンプも続々とリリースされています。音にこだわりのあるオーディオ上級者からも人気の高いメーカーです。「マッキントーン」という独特な音質を楽しむことができるマッキントッシュの真空管アンプで、一度は音楽を聴いてみたいですですね。おしゃれでレトロなデザインも魅力です。

真空管アンプメーカー:ラックスマン

「ラックスマン」は、1925年創業の日本を代表する老舗オーディオメーカーです。「ラックスマン」の真空管プリメインアンプは、大変有名ですね。「ラックストーン」と呼ばれる、ラックスマンの真空管アンプ独特のサウンドを堪能することができます。サウンドの音質にこだわりたいのであれば、ラックスマンの真空管アンプがおすすめです。

Thumbホームシアタースピーカーセットおすすめ7選!自宅で映画館の迫力を! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

真空管アンプのおすすめ人気ランキング10選

真空管アンプのおすすめ人気ランキング10位

SOUND WARRIOR/SWD-TA10
51,400円
楽天で詳細を見る

真空管アンプのおすすめ人気ランキング10位は、「Sound Warrior」のSWDー TA10です。フロントパネルから、真空管アンプがオレンジ色に光る様子を見ることができます。現代的な使いやすさとパワーと、真空管アンプならではの、やさしくあたたかい音を楽しむことができます。

真空管アンプのおすすめ人気ランキング9位

CAVJAPAN(CAVジャパン)T5 高音質型真空管アンプ
116,600円
楽天で詳細を見る

真空管アンプのおすすめ人気ランキング9位は、「CAVJAPAN」のT5です。しっかりとした作りで、長期間にわたって、高品質なサウンドを楽しむことができる真空管アンプです。4段増幅回路を採用しているため、初段で発生する雑音をしっかりカットしてくれます。音質が良いだけではなく、真空管が見えるため、外観もおしゃれでセンスの良い真空管アンプです。

真空管アンプのおすすめ人気ランキング8位

Butler バトラー 真空管アンプ Vacuum2 6W MK2 ヘッドフォン端子付き 入力段にEC83(12AX7)×1 出力段にEL84(6BQ5)×2 オール真空管のプリメインアンプ
46,880円
楽天で詳細を見る

真空管アンプのおすすめ人気ランキング8位は、「バトラー」の Vacuum2 6W MK2です。コンパクトサイズの真空管アンプは、設置場所を選ばないのが魅力です。幅は、20センチなので、デスクの上に置くこともできます。ヘッドフォン端子が付いているため、ヘッドフォンで真空管アンプ独特のサウンドを楽しめます。ブラックで統一したカラーデザインなので、モダンなインテリアにもしっくりなじみます。手の届きやすい価格なので、初心者にもおすすめです。

真空管アンプのおすすめ人気ランキング7位

TU-8100AS ELEKIT エレキット シングルステレオパワーアンプ組立完成品 イーケイジャパン
29,680円
楽天で詳細を見る

真空管アンプのおすすめ人気ランキング7位は、「イーケイジャパン」のELEKIT TU-8100ASです。手頃な価格で、本格的な真空管アンプを探している人にぴったりな商品です。コンパクトで場所を取らないのも助かります。出力は小さめなので、小さめのスピーカーを使用するのにちょうどいいでしょう。組み立てタイプなので、ここまでリーズナブルな価格になっています。

真空管アンプのおすすめ人気ランキング6位

真空管アンプ Bluetooth ブルートゥース ゴールド ヘッドホン USB CD DVD Nobsound MS-10D
21,960円
楽天で詳細を見る

真空管アンプのおすすめ人気ランキング6位は、「Nobsound」のMS-10Dです。Bluetoothで接続できるため、デジタル音楽再生機器を簡単に再生することができる、現代にぴったりな真空管アンプです。ハイテクノロジーな面もある真空管アンプですが、アンティークな見た目でとてもおしゃれです。真空管アンプは、デジタルミュージック再生機器との相性も抜群です。リーズナブルな価格なので、トライしやすい真空管アンプです。

真空管アンプのおすすめ人気ランキング5位

Carot One ERNESTOLO 50k EX  Exclusive Edition(日本特別仕様)
75,330円
楽天で詳細を見る

真空管アンプのおすすめ人気ランキング5位は、「Carot One」のERNESTOLO 50kEXです。イタリアメーカーの真空管アンプは、おしゃれでスタイリッシュなデザインが素敵です。真空管プリアンプを使用し、パワーアンプには、トランジスタを使用した、ハイブリットタイプです。コンパクトで場所を取らないため、設置場所を選ばないのもうれしいですね。真空管アンプ独特のあたたかみのあるサウンドと、トランジスタのパワーを備えているため、非常に使いやすいのが特徴です。

真空管アンプのおすすめ人気ランキング4位

FX-AUDIO- TUBE-03J+ [シルバー]トーンコントロール機能搭載 真空管ハイブリッドプリアンプ
6,458円
楽天で詳細を見る

真空管アンプのおすすめ人気ランキング4位は、「FX-AUDIO-TUBE-03J+」です。「ノースフラットジャパン」からリリースされている真空管アンプは、中国製のアンプを使用しているため、リーズナブルな価格で手に入るのが魅力です。かなり安い値段で、真空管アンプを試すことができます。オーディオ初心者でも、手の届く価格帯であるのはうれしいですね!プリアンプだから、設置も簡単です。トーンコントロール機能搭載で、高品質なサウンドを楽しむことができます。

真空管アンプのおすすめ人気ランキング3位

MC75(ペア) マッキントッシュ 真空管式モノラルパワーアンプ【2台1組】 McIntosh
976,300円
楽天で詳細を見る

真空管アンプのおすすめ人気ランキング3位は、「マッキントッシュ」のMC75です。アメリカの老舗オーディオメーカー「マッキントッシュ」のパワー真空管アンプは、アンティークでおしゃれなデザインがかっこいいですね。1961年にリリースされた真空管アンプの復刻版となっています。真空管パワーアンプは、オーディオ上級者におすすめのアイテム。マッキントッシュのプリアンプと併せて使用すると、より高品質な音を楽しむことができるでしょう。

真空管アンプのおすすめ人気ランキング2位

LUXMAN(ラックスマン)真空管プリメインアンプ LX−380
447,120円
楽天で詳細を見る

真空管アンプのおすすめ人気ランキング2位は、「ラックスマン」のプリメインアンプLXー380です。日本を代表するオーディオメーカーである「ラックスマン」の真空管アンプは、レトロな外観と、確かな音質で根強い人気のある商品です。プルプッシュアンプであるため、大出力を可能にしています。真空管アンプの良さを思いっきり楽しめる商品です。プリメインアンプなので、設置もしやすく、オーディオ上級者からも高い人気を誇っています。

真空管アンプのおすすめ人気ランキング1位

Triode Ruby 真空管プリメインアンプ トライオード ルビー
74,618円
楽天で詳細を見る

真空管アンプのおすすめ人気ランキング1位は、「トライオード」のRubyです。6BQ5真空管が2本、12AX7真空管が2本、合計4本の真空管が並んでおり、見た目でも楽しむことができます。おしゃれなインテリアとしても人気でおすすめです。プリメインアンプであるため、真空管アンプ初心者でも簡単に使用できるのが最大の魅力です。簡単手軽に、リアルな音質を楽しむことができる、大人気の真空管アンプが、ランキング第1位です!女性でも取り扱いしやすく、人気です。

ThumbPS4に接続出来るおすすめのスピーカー!Bluetoothや光デジタルなど人気は? | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

真空管アンプ自作キットも人気!

「真空管アンプの愉悦」

プリメインアンプの組み立てキットが付録として付いている大人気のムック雑誌「朗音!真空管アンプの愉悦」が話題です。自分で組み立てることができる真空管アンプのキットが、付録なのです。しかも、有名なラックスマンの真空管ハイブリットプリメインアンプのキットとなっています。15,000円という価格で、真空管アンプが手に入るとあって、大変な人気となっています。真空管アンプのキットは、自分で組み立てる楽しさもあるため、出来上がった時のうれしさもひとしおです!

はんだ付けも不要で、組み立て方もとても簡単です。口コミでは、雑誌の付録とは思えないほど、音質が良いという意見が多くありました!試しに真空管アンプを使ってみたいという人にもおすすめです。人気の雑誌なので、書店で見つけたら、早めに手に入れた方が良いでしょう。完売が続出しているようです。

雑誌の付録以外でも、真空管アンプの組み立てキットはたくさん販売されています。組み立てるタイプのキットは、少しだけ価格が安くなるようです。組み立て方の説明書などもしっかり付属されているため、比較的簡単に組み立てすることができます。工作が好きな人や、少しでも価格を安く抑えたい人は、真空管アンプの組み立てキットの購入を検討してみてはいかがでしょうか?自分で組み立てたアンプで音楽が聞けると、さらに音質を楽しむことができるでしょう。

TRK-3488キット(KT-88仕様) トライオード 真空管アンプ・組み立てキット TRIODE
112,860円
楽天で詳細を見る
ThumbBluetoothスピーカー防水のおすすめランキング!お風呂やアウトドアに最適! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

真空管アンプで音楽を楽しもう

あたたかみがあり、やさしい音が楽しめる真空管アンプは、オーディオ好きの人たちの間では定番の機器です。少し難しそうな真空管アンプですが、プリメインアンプタイプであれば、接続も簡単なので、初心者にもおすすめです。真空管アンプは、やや価格が高めのモノが多いのですが、最近はリーズナブルな価格帯の商品も登場しています。デジタル化が進む現代でも、いまだに愛する人が多い真空管アンプには、やはりそれほどの魅力があるのです。ジャズ喫茶など音を楽しむ場所では、真空管アンプを使用しているお店がほとんどです。よりリアルで生々しいサウンドを楽しみたいという音楽好きの人は、真空管アンプを使って、リラックスしながら音楽を楽しみましょう!

Thumbインシュレーターおすすめまとめ!スピーカーの音質効果や使い方! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ