【ダッチオーブン】おすすめの選び方や料理法をご紹介!初心者にもおすすめなのは?

ダッチオーブンは、キャンプで簡単にオーブン料理が楽しめるとあって大人気です。ダッチオーブンはさまざまな種類があり、どれを選んだらいいかわからないという人も多いようです。今回は、ダッチオーブンの選び方やおすすめ商品についてまとめます。おすすめ料理も紹介します!

目次

  1. ダッチオーブンとは
  2. ダッチオーブンの魅力
  3. ダッチオーブンおすすめの種類
  4. ダッチオーブンおすすめな選び方
  5. ダッチオーブンおすすめメーカー
  6. ダッチオーブンおすすめ人気商品<安い>
  7. ダッチオーブンおすすめ人気商品<お手入れ簡単>
  8. ダッチオーブンおすすめ料理
  9. ダッチオーブンのおすすめ品を手に入れよう!

ダッチオーブンとは

ダッチオーブンはキャンプで人気!

ここ最近、キャンパーたちの間で人気が高く、キャンプのマストアイテムとなっているのがダッチオーブンです。キャンプをしない人でも、ダッチオーブンという名前を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?ダッチオーブンは、キャンプやアウトドアだけではなく、自宅のガスコンロでも使用することができる、便利な調理器具です。ダッチオーブンの名前は聞いたことがあっても、どんな風に使うのか、どのようなものなのか知らないという人も多いようですね。まずは、ダッチオーブンとは、どのようなものなのかということを簡単に説明しておきましょう。

ダッチオーブンとは、厚手の金属で作られた鍋のことです。もともと、ダッチオーブンは、キャンプなどのアウトドアで使用することを前提として作られているため、形が独特です。ダッチオーブンの大きな特徴は、フタの形です。フタが平らになっており、フタのまわりには、フチがあります。これは、フタの上にも炭火をおけるようになっているためです。ダッチオーブンという名前からもわかるように、鍋の形はしているものの、ダッチオーブンを使えば、アウトドアでも簡単にオーブン料理が作れるのです。このため、ダッチオーブンは、多くのキャンパーに人気となっているのです。

ダッチオーブンは、キャンプで使用することが多いため、キャンプアイテムとして定着しています。そのため、キャンプメーカーから多くのダッチオーブンが販売されています。ダッチオーブンは、さまざまなメーカーから販売されており、価格の安いものから、かなり高額のものまで、いろんな商品があります。種類がありすぎて、初心者は、どのダッチオーブンを選んだらいいかわからなくなってしまうことも多いのではないでしょうか?そこで今回は、ダッチオーブンのおすすめの選び方や、種類、人気の安いダッチオーブンなどについてまとめます。また、ダッチオーブンを使用して作るおすすめ料理についても紹介します。これからダッチオーブンを購入してみようと考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Thumbダッチオーブンではピザも簡単に作れる?焼き方やレシピなどご紹介! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

ダッチオーブンの魅力

ダッチオーブンは、今大人気の商品となっており、世代を問わず愛用者が多いアイテムです。どうしてダッチオーブンは、こんなに人気が高いのでしょうか?ダッチオーブンの魅力についてもしっかりチェックしておきましょう。ダッチオーブンは、魅力がたくさんあり、一度使うと魅了されてしまうに違いありません!

ダッチオーブンの魅力①:いろんな調理ができる

ダッチオーブンの魅力①は、いろんな調理ができることです。ダッチオーブンでは、煮る・焼く・炒める・茹でる・揚げるといった、さまざまな調理がこれひとつで対応できます。調理方法により、調理器具を新たに買いそろえる必要がありません。とくに、キャンプやアウトドアでは、ダッチオーブンさえあれば、ほとんどの料理は作れるため、人気です。ダッチオーブンは、アウトドアでオーブン料理が作れるのも人気の理由でしょう。キャンプ場で、ピザや、ローストビーフといった子どもから大人までみんな大好きな料理から、焼きたてのパンを焼くこともできるとあって、ダッチオーブンの人気はますます高まっているのですね。

ダッチオーブンの魅力②:食材の旨味を活かせる

ダッチオーブンの魅力②は、食材の旨味を活かせることです。ダッチオーブンは、使用する食材の水分や油分だけを使って蒸し焼きにすることができます。ダッチオーブンは、フタが重たいため、密閉性が高くなり、食材からでた蒸気を逃さず、旨味が凝縮されるのです。そのため、野菜やお肉そのものの、本来の美味しさを引き出しながら、美味しい料理を作ることができるのです。ちょっと難しそうな料理も、ダッチオーブンを使えば食材の旨味を活かしながら調理することができるため、とても美味しく仕上がります。

ダッチオーブンの魅力③:じっくり火を通すことができる

ダッチオーブンの魅力③は、じっくり火を通すことができることです。一般的なダッチオーブンは、鋳鉄製で厚みがあります。鍋の内部の温度を均一に保つことができ、じっくり食材に火を通すことができるのです。そのため、ローストビーフや、ローストチキンなど、かたまりのお肉の中心部まで、じっくり火を通すことができ、美味しいオーブン料理を作ることが可能になるのです。ダッチオーブンは、フタの上に炭火が置けるようになっているため、オーブン料理と同様に、下からと上からの加熱ができるため、じっくりと火が通るのですね。

ダッチオーブンの魅力④:アウトドアでも自宅でも使える

ダッチオーブンの魅力④は、アウトドアでも自宅でも使えることです。ダッチオーブンは、キャンプやアウトドアのときに使用するアイテムとして定着していますが、年に数回しかキャンプに行かないという人も多いのではないでしょうか?ダッチオーブンを使ったアウトドア料理に挑戦してみたいけれど、結局あまり使わなくなってしまうのではないかと、購入をためらっている人もいるかもしれません。ダッチオーブンは、キャンプのときは、いうまでもなく大活躍してくれますが、実はアウトドアだけではなく、自宅のガスレンジでも使用できるのです。そのため、キャンプにあまり行かないという人でも、ダッチオーブンは自宅で料理に使うことができ、持ち腐れてしまうというような心配もありません。

Thumbダッチオーブンのローストビーフとソースの作り方!自宅でも簡単に作れます! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

ダッチオーブンおすすめの種類

ダッチオーブンとひとことで言っても、さまざまな種類があります。ダッチオーブンには、どのような種類があるのかをしっかりと理解しておき、それぞれの特徴や、メリット・デメリットについても知っておきましょう。自分が一番使いやすい種類のダッチオーブンをまずは見つけましょう。

ダッチオーブンおすすめの種類①:鋳鉄製

CAMP CHEF 12インチ デラックス ダッチオーブン フタはスキレットとして使用可能! シーズニング済 鋳鉄製
4,448円
楽天で詳細を見る

ダッチオーブンおすすめの種類①は、鋳鉄製です。一般的にダッチオーブンといえば、この鋳鉄製の商品のことを指します。鋳鉄製のダッチオーブンは、高温で溶かした鋳鉄を、鍋の形の型に流し入れて作られます。鋳鉄製の特徴は、ずっしりとした重みと、厚さです。鋳鉄製のダッチオーブンは、蓄熱性が高く、保温性も優れているのが大きな特徴でもあります。熱が伝わりやすいため、鍋の内部に均一に加熱することができるため、食材をムラなく、じっくりと調理することができるのです。使用する食材の水分や油分だけで調理する、無水調理も可能で、食材本来が持つ旨味を最大限に引き出しながら調理することができます。

スノーピーク 和鉄ダッチオーブン26 CS-520 鋳鉄製鍋 Japanese Cast Iron Oven 26
27,864円
楽天で詳細を見る

また、鋳鉄製のダッチオーブンは、価格が安いのも魅力です。10インチくらいのサイズの鋳鉄製のダッチオーブンは、かなり安い価格で手に入れることができます。安い価格で美味しい料理が作れる鋳鉄製のダッチオーブンですが、お手入れは少し大変です。鋳鉄製のダッチオーブンは、まず購入したら、シーズニングという作業を行わなければなりません。シーズニングは、慣らしとも言われています。市販されている鋳鉄製のダッチオーブンには、さび止めがコーティングされているため、このさび止めをしっかり取り除く必要があるのです。

ダッチオーブン 鋳鉄製 ビギナーセット 25cm
8,580円
楽天で詳細を見る

また、焦げ付きやさびを防止するために、なんども油を焼き付けて慣らす必要もあります。さらに、野菜くずなどを炒めて、鋳鉄の鉄の臭いを取り除く作業も必要です。使い始めのシーズニングだけではなく、使用後のお手入れも少し面倒です。一般的な鍋のように、食器用洗剤が使用できないため、お湯を沸かして、汚れや焦げを落とさなければなりません。キレイにお湯とたわしで洗った後は、シーズニング時と同じように、油を塗って、仕上げる必要があります。

ダッチオーブンおすすめの種類②:黒皮鉄板製

ダッチオーブンおすすめの種類②は、黒皮鉄板製です。黒皮鉄板とは、鉄を1200度まで熱を加えて、酸化皮膜を作ったものです。また、型に流して作られる鋳鉄製とは異なり、一枚の鉄板をプレスして成形されているのも大きな特徴です。黒皮鉄板は、この酸化皮膜に守られているため、食器用洗剤を使用して洗うことができるのです。また、鋳鉄製のダッチオーブンと比べると、赤さびも発生しにくくなります。黒皮鉄板製のダッチオーブンも、鋳鉄製のダッチオーブンと同様に、使用する前のシーズニングが必要です。

ユニフレーム UNIFLAME UFダッチオーブン12インチ 660997 [黒皮鉄板]
12,900円
楽天で詳細を見る

黒皮鉄板製のダッチオーブンも、販売時にはさび止めがコーティングされているため、それをキレイに落とさなければいけません。使用後は、食器用洗剤を使って、汚れを落とすことはできますが、乾かしたあとに、油を塗る作業は必要です。黒皮鉄板製のダッチオーブンは、急な温度変化や衝撃にも強く、耐久性も抜群です。油のなじみがよく、プロが使用するフライパンや中華鍋にも使用されている素材です。黒皮鉄板製のダッチオーブンは、「ユニフレーム」の商品が有名です。鋳鉄製のダッチオーブンに比べると、値段は少し高くなります。

ダッチオーブンおすすめの種類③:ステンレス製

ダッチオーブンおすすめの種類③は、ステンレス製です。ステンレス製のダッチオーブンは、なんといってもお手入れのしやすさが魅力です。普通の鍋と同じように、食器用洗剤で洗って、乾かすだけでOKです。使用する前のシーズニングも不要です。使用したあとに、オイルを塗る必要もありません。ダッチオーブンを使ってみたいけれど、お手入れやシーズニングが面倒そうとためらっている人には、ステンレス製がぴったりでおすすめです。また、ステンレス製のダッチオーブンは、さびにくく、食材をそのまま入れたままでも大丈夫です。鋳鉄製のダッチオーブンよりも軽いのも魅力でしょう。

キャンプやアウトドアで、炭火が使えるのはもちろん、家庭のガスコンロや、IHヒーターでも加熱調理することが可能です。使い勝手のいいステンレス製のダッチオーブンですが、デメリットは価格です。鋳鉄製のダッチオーブンと比べると、かなり価格が高くなります。2万円近くする商品がほとんどです。頻繁にダッチオーブンを使用する人は、お手入れが簡単なステンレス製を選んでおくと、大変ラクです。

ダッチオーブンの形もチェック

ロッジ Lodge ロジック ダッチオーブン 14インチ (35cm) 深型
19,999円
楽天で詳細を見る

ダッチオーブンには、鍋の底の部分に脚が付いているものと、平らなものとがあります。脚が付いているタイプのダッチオーブンは、炭火の上に設置しやすいようになっているため、キャンプやアウトドアメインで使用するキャンパーにおすすめです。脚があるため、炭火の上でも安定感があります。また、脚が付いていないタイプのダッチオーブンなら、自宅のガスコンロでも使用することが可能です。

Thumbダッチオーブンにシーズニングは不要?失敗しないお手入れのコツをご紹介! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

ダッチオーブンおすすめな選び方

ダッチオーブンの種類がわかったら、次は選び方です。ダッチオーブンのおすすめな選び方を紹介します。予算や、家族構成、お手入れのしやすさなどを考慮しながら、自分にぴったりで使いやすいダッチオーブンを選びましょう。選び方を参考にしながら、商品を選んでみてくださいね。

ダッチオーブンの素材で選ぶ

ダッチオーブンの選び方①は、先ほど紹介した、ダッチオーブンの素材で選ぶことです。それぞれの素材のメリットやデメリットをチェックして、自分がもっとも使いやすいものを選ぶのが選び方のポイントです。これから本格的にキャンプを楽しんでいきたいという人は、使うほどに味が出て、育てていくこともできる鋳鉄製のダッチオーブンがおすすめです。面倒なお手入れも、慣れてくるとその作業自体が楽しくなってくるものです。

使い込むと、どんどん黒色に変化していくのも鋳鉄製の魅力です。鋳鉄製のダッチオーブンは安いため、初心者でも購入しやすいのも人気の理由です。面倒なお手入れが苦手だけど、ダッチオーブンを使ってみたいという人には、やはりステンレス製がぴったりでしょう。ステンレス製なら、初心者でも扱いやすく、使用後のお手入れもとてもラクです。素材で選ぶのが、ダッチオーブンの選び方でもっとも重要と言えるでしょう。そのためそれぞれの特徴を理解し、しっかりと選んでいきましょう。

ダッチオーブンおすすめサイズは?

ダッチオーブンの選び方②は、サイズです。ダッチオーブンの選び方では、サイズもとても大切なポイントです。さまざまな料理が作りやすく、扱いやすいサイズは、10インチ・12インチです。ソロキャンプや少人数であれば、10インチでも大丈夫です。ファミリーや、ダッチオーブンで大量の料理を作りたい場合は、12インチを選んでおくと安心です。ただ、12インチサイズになると、食材などを入れると、さらに重たくなってしまうため、取り扱いが大変です。10インチサイズなら、家庭のガスコンロにもフィットして、使いやすくおすすめです。キャンプで人気のパンを焼くときも、10インチが使いやすいです。

サイズの選び方は、10インチか12インチかで選ぶようにすれば、失敗することはないでしょう。ダッチオーブンの選び方では、深さも重要です。ダッチオーブンには、深さのあるものと、浅めのハーフタイプのものがあります。ローストチキンやローストビーフなど、大きなかたまり肉などを料理したい場合は、10センチ以上の深さがあるものがおすすめです。逆に、ピザを焼く時などは、ハーフサイズのダッチオーブンが適しています。用途に応じて、サイズの選び方を見直してみてくださいね。

アウトドアメインなら脚付き

ロッジ Lodge ロジック ダッチオーブン 14インチ (35cm) 深型
19,999円
楽天で詳細を見る

ダッチオーブンの選び方③は、使用する熱源で選ぶことです。先ほど説明した通り、ダッチオーブンには、脚が付いている形のものと、底が平らなものとがあります。焚き火や炭火などの上に直接ダッチオーブンを置いて使用する場合は、脚付きがおすすめです。脚があれば、直に置いても、鍋が安定します。しかし、バーナーやバーベキューコンロの上に置いて使うときは、脚があると邪魔になってしまいます。直に置いて使用することが多い場合は、脚付きが良いですが、さまざまな熱源で幅広く使用できるのは、脚がないタイプです。これも選び方のポイントなので、しっかりとチェックしておきましょう。

ガスコンロやIHでも使える?

ダッチオーブン 25cm キャプテンスタッグ UG-3046 / アウトドアクッカー IH対応
4,946円
楽天で詳細を見る

ダッチオーブンの選び方④は、家庭でも使えるかで選ぶことです。家庭でも使えるダッチオーブンなら、せっかく購入したダッチオーブンがさらに活躍します。自宅のコンロで使えるタイプを選びましょう。最近は、オーブンでも使用できる、ダッチオーブンも増えてきており、家庭で使えるダッチオーブンレシピもたくさんあります。自宅がIHヒーターの場合は、IHに対応しているダッチオーブンを選ぶのも大切なポイントです。オーブンでもダッチオーブンを使いたい場合は、オーブンに入るサイズかどうかも、選び方に入れてチェックしておきましょう。

Thumbダッチオーブンでパンを簡単に焼く方法!パンケーキのレシピご紹介! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

ダッチオーブンおすすめメーカー

ダッチオーブンおすすめメーカー①:ユニフレーム

ダッチオーブンおすすめメーカー①は、ユニフレームです。ユニフレームは、良質なアウトドアプロダクツを提供する日本のメーカーです。高品質で、使いやすさにこだわったアイテムが多く、キャンパーに大人気です。ユニフレームのダッチオーブンは、黒皮鉄板製であることも有名ですね。シーズニングなど最低限のお手入れは必要なものの、鋳鉄製と比べると、少しラクになります。ダッチオーブンの特徴を楽しみながらも、お手入れが少しでもラクなものを選びたいという選び方をする人に人気です。

ダッチオーブンおすすめメーカー②:ロッジ

ダッチオーブンおすすめメーカー②は、ロッジです。ロッジは、アメリカ人気ナンバーワンの鋳鉄製品メーカーです。スキレット・ダッチオーブン・グリルパンなどの品揃えが豊富です。価格も安いため、初心者でもチャレンジしやすいのも大きな魅力です。ダッチオーブンの種類やサイズも充実しているため、きっとお気に入りが見つかるはずです。老舗メーカーで選ぶ選び方もおすすめですよ!価格が安いのもうれしいですね。

ダッチオーブンおすすめメーカー③:ソト

ダッチオーブンおすすめメーカー③は、ソトです。ダッチオーブンメーカーで、最近とくに人気が高いのが、ソトです。日本のアウトドアメーカーだから、品質が高く、長く使えて、使いやすい商品が揃っています。ステンレス製のダッチオーブンといえば、ソトです。シーズニングも不要で、使用後のお手入れもとてもラクなので、手間のかからないもので選ぶ選び方をする場合は、ソトのダッチオーブンが断然おすすめです。

Thumbバーベキューコンロはコールマンがおすすめ?ガス式で手軽にキャンプも! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

ダッチオーブンおすすめ人気商品<安い>

ダッチオーブンおすすめ人気商品<安い>を紹介します。ダッチオーブンの価格はさまざまですが、安い商品もたくさん販売されています。安いダッチオーブンなら、初心者でも気軽にチャレンジでき、おすすめです。ダッチオーブンが、3,000円以下という安い価格で手に入る、おすすめの商品を紹介します。安いダッチオーブンは、シーズニングや使用後のお手入れが少し面倒ではありますが、本格的なキャンパーも多く愛用しており、人気です。

ダッチオーブンおすすめ人気商品<安い>①:ニトリ

ダッチオーブンおすすめ人気商品<安い>①は、「ニトリ」です。ニトリのダッチオーブンは、「ニトダッチ」という愛称で親しまれており、ダッチオーブン初心者にもおすすめです。「ニトリ」のダッチオーブンの魅力は、安い価格です。なんと1,409円という驚きの安い価格で販売されているのです。選び方で、安い価格を重視しているという人には、まさにぴったりですね。ツイッターやネットでも、「ニトリ」のダッチオーブンは人気で、話題になっているようです!

ダッチオーブンおすすめ人気商品<安い>②:キャプテンスタッグ

ダッチオーブン 14cm UG-3060 キャプテンスタッグ
1,728円
楽天で詳細を見る

ダッチオーブンおすすめ人気商品<安い>②は、「キャプテンスタッグ」です。「キャプテンスタッグ 」は、「パール金属株式会社」が展開しているキャンプ用品の総合ブランドになります。「キャプテンスタッグ 」のダッチオーブンは、ベーシックな鋳鉄製で、価格が安いのでキャンパーに大人気です。安い鋳鉄製のダッチオーブンは、お手入れさえしっかり行えば、かなり長く愛用することができ、おすすめです。安い価格で、高品質のダッチオーブンを探している人にぴったりと言えるでしょう。

ダッチオーブンおすすめ人気商品<安い>③:ノーブランド

ダッチオーブン レシピ付き 
2,650円
楽天で詳細を見る

ダッチオーブンおすすめ人気商品<安い>③は、ノーブランドのダッチオーブンです。ダッチオーブンは、キャンプメーカーから販売されているものが多いですが、ノーブランドの商品もあります。安い価格で、ダッチオーブンをとりあえず試してみたいという人におすすめです。直径24.5センチサイズだから、少人数で使うのにぴったりでしょう。

ダッチオーブンおすすめ人気商品<安い>④:ノーブランド

ダッチオーブン 10インチ 鉄鍋 フライパン 鋳鉄製
2,953円
楽天で詳細を見る

ダッチオーブンおすすめ人気商品<安い>④は、ノーブランドのダッチオーブンです。こちらも3,000円以下という安い価格を実現している、鋳鉄製のダッチオーブンです。ダッチオーブンは、安いものでも、お手入れをしっかり行えば、きちんと使用することができます。安いですが、蓋の上に炭ものせられるようになっていて、本格的な使い方も可能です。とにかく安い価格で、選び方を重視している人におすすめです。

Thumbウッドストーブがおすすめ!キャンプ以外で使える!自作や便利な大型も! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

ダッチオーブンおすすめ人気商品<お手入れ簡単>

ダッチオーブンおすすめ人気商品<お手入れ簡単>を紹介します。ダッチオーブンは、使い始めのシーズニングや、使用後のお手入れが結構大変です。使ってみたいけれど、お手入れが面倒だと、購入を躊躇している人も多いようです。最近は、お手入れが簡単なおすすめダッチオーブンもいろいろと登場してきています。お手入れが簡単なダッチオーブンは、その分どうしても価格は高くなってしまいますが、やはり使いやすさは抜群です!

ダッチオーブンおすすめ人気商品<お手入れ簡単>①:SOTO

SOTO ST-910(1)・ステンレスダッチオーブン 10インチ
21,600円
楽天で詳細を見る

ダッチオーブンおすすめ人気商品<お手入れ簡単>①は、「SOTO」(ソト)です。「ソト」のダッチオーブンは、ステンレス製であるため、お手入れがとっても簡単です。使い始めのシーズニングも不要ですし、使用後のお手入れも、洗剤で洗って乾かすだけなので、普通の鍋と同じような使い方ができます。とにかく、お手入れが簡単なダッチオーブンがいいという人は、「ソト」のステンレス製ダッチオーブンが断然おすすめです。気軽にアウトドア料理を楽しむことができるでしょう。

ダッチオーブンおすすめ人気商品<お手入れ簡単>②:コールマン

コールマン 170-9392 シーズニングフリー ダッチオーブン 10インチ リフター&ケース付
9,698円
楽天で詳細を見る

ダッチオーブンおすすめ人気商品<お手入れ簡単>②は、「コールマン」です。「コールマン」のダッチオーブン、「シーズニングフリーダッチオーブン」は、使い始めのときのシーズニングが不要です。シーズニングせずに、すぐにダッチオーブンを使うことができるため、初心者にもおすすめです。

ダッチオーブンおすすめ人気商品<お手入れ簡単>③:ユニフレーム

ユニフレーム(UNIFLAME) UFダッチオーブン12インチ 660997
12,900円
楽天で詳細を見る

ダッチオーブンおすすめ人気商品<お手入れ簡単>③は、「ユニフレーム」です。黒皮鉄板製のダッチオーブンといえば、「ユニフレーム」です。一般的な鋳鉄製と比べると、お手入れが簡単なので、初心者にもおすすめです。シーズニングは不要ですが、洗剤を使って汚れを落とすことができ、サビも発生しにくくなっています。

ダッチオーブンおすすめ人気商品<お手入れ簡単>④:ロッジ

ロッジ キャストアイアン ロジック キャンプオーブン 10inch 25.4cm
8,800円
楽天で詳細を見る

ダッチオーブンおすすめ人気商品<お手入れ簡単>④は、「ロッジ」です。「ロッジ」のダッチオーブンは、面倒なシーズニングが不要です。使用する前は、温水と亀の子たわしで軽く洗うだけで、すぐに使えます。これなら初心者でも使いやすいため、おすすめですね!また、使用もお湯とたわしで汚れを落として、水気と拭き取ったら、加熱して水分を完全に飛ばし、食用油を塗るだけです。鋳鉄製なので洗剤は使用しないように注意してくださいね。

Thumbスキレットの手入れ方法!シーズニングでサビを防止しよう! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

ダッチオーブンおすすめ料理

ダッチオーブンで作る、おすすめな料理を紹介します。ダッチオーブンは、さまざまな調理法に対応しているため、幅広い料理を作ることができます。キャンプやアウトドアで、とくにおすすめな料理を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!もちろん、アウトドアだけではなく、自宅のコンロを使っても、ダッチオーブンを使ったおすすめ料理は作れます。ダッチオーブンを使えば、より本格的で美味しい料理が出来上がります!

ダッチオーブンおすすめ料理①:ローストビーフ

ダッチオーブンおすすめ料理①は、ローストビーフです。ローストビーフは、オーブン料理ですが、ダッチオーブンを使えば、アウトドアでも料理することができます。かたまり肉を使用するため、深さのあるダッチオーブンを使いましょう。お肉に下味をつけて、ダッチオーブンで焼くだけなので、案外簡単でキャンプにおすすめです。ダッチオーブンなら、じっくりと火を通すことができるため、肉汁たっぷりの美味しいローストビーフ料理が完成しますよ!

ダッチオーブンおすすめ料理②:ローストチキン

ダッチオーブンおすすめ料理②は、ローストチキンです。大きなサイズのダッチオーブンなら、鶏を丸ごと一羽入れて作ることもできます。小さめのサイズの場合は、チキンレッグをいくつか入れて焼くのもおすすめです。ダッチオーブンなら、外はパリッと、中はふんわり柔らかくて美味しいローストチキンを簡単に作ることができますよ!ダッチオーブンを購入したら、一度は作ってみたい人気の料理です。見栄えも華やかだから、パーティーにもぴったりでおすすめです。

ダッチオーブンおすすめ料理③:パン

ダッチオーブンおすすめ料理③は、パンです。難しそうに感じるパンですが、ダッチオーブンを使えば、簡単に美味しいパンを焼くことができますよ!アウトドアでパンを焼くときは、パン生地は自宅で作っておいたほうが簡単でおすすめです。パンは発酵させることが重要なポイントなので、一次発酵までは自宅で済ませておき、二次発酵から現地で行い、ダッチオーブンで焼くと失敗しにくくなります。キャンプで焼きたてのふわふわパンが食べられると、とてもうれしいですね!じっくり火を通して焼けるダッチオーブンだからこそ、簡単に美味しいパンをアウトドアで焼くことができるのです。

ダッチオーブンおすすめ料理④:ピザ

ダッチオーブンおすすめ料理④は、ピザです。子どもから大人まで、みんな大好きなピザもダッチオーブンで焼くことができます。ダッチオーブンで焼くピザは、アツアツでとっても美味しいですよ!なるべく上火に近づけるようにするため、ピザを焼くときは底上げ網を使いましょう。市販の冷凍ピザをキャンプでダッチオーブンを使って焼いて食べるのもおすすめです!ピザ生地を手作りする場合は、自宅で仕込んでおくとスムーズに進みます。ピザのトッピングは、子どもと一緒にできるため、ファミリーキャンプにもおすすめです。

Thumb100均のキャンプグッズが超おしゃれ!テーブルもDIYでコスパアップ! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

ダッチオーブンのおすすめ品を手に入れよう!

今回は、ダッチオーブンの選び方や、おすすめ人気商品について紹介しました。ダッチオーブンは、一台あれば、さまざまな料理が作れる万能調理器具です。キャンプやアウトドアだけではなく、自宅でも使用できるため、大活躍間違いなしです。ダッチオーブンを使えば、簡単に美味しい料理を作ることができ、大変おすすめです。ご紹介した選び方や、おすすめ商品を参考に、ぜひあなたにぴったりなダッチオーブンを手に入れて、アウトドアクッキングに挑戦してみてくださいね。

Thumbアウトドアでコーヒー・ドッリパーなど道具は?キャンプでの美味しい淹れ方伝授! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

関連するまとめ

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ