クリスマスの飾り付けの作り方!手作りで簡単おしゃれなアイデア集

クリスマスは家庭を持つ多くの人にとって大きなイベントです。しかし準備も大変でありお金もかかります。そのため手作りでコストを抑えて飾り付けを作ることも出来ます。また家族との絆を深める機会にもなります。そんなクリスマスの飾り付けの作り方を紹介していきます。

目次

  1. クリスマスの飾り付けがされる理由
  2. クリスマスの飾り付けの重要性
  3. クリスマス特有の飾り付けの仕方
  4. 飾り付けのコツ
  5. 飾り付けのグッズと特徴
  6. クリスマスツリーの位置
  7. クリスマスツリーの飾り付けのポイント
  8. 飾り付けの費用
  9. クリスマスの飾り付けグッズを作る
  10. 飾り付けの作り方
  11. 年代別の飾り付け
  12. 外の飾り付けも重要
  13. クリスマスの飾り付けはいつから始める?
  14. 飾り付けは後の片づけも意識すること
  15. どこでグッズは買えばいいの?
  16. 皆で準備することが大切
  17. 最高のクリスマスを過ごそう!

クリスマスの飾り付けがされる理由

クリスマスは元々キリスト教徒のイベントですが、以前より日本でも人気のイベントとなっています。人によってはクリスマスにデートしたり思い出を作ったりもします。しかし家庭がある方や家で過ごす方にとっては家の中でクリスマスを過ごすこととなります。

ただご飯をクリスマスに合わせるだけでは味気ないと言えます。また小さい子供がいるほど思い出としてよりクリスマスらしさを追求する家庭が多いです。そのためクリスマスに自宅を飾りつけするという家庭が増えています。しかし飾りつけもコツとポイントを押さえておかないと苦労が絶えないため、簡単にすることを知っておくことが大切でしょう。

クリスマスの飾り付けの重要性

クリスマスを家の中で過ごす際、飾り付けがあるとないとではインパクトも大きく異なります。特に小さい子供にとってはそれが消えない家族との幼少のころの思い出の一つになることも多いです。しかしご飯だけクリスマス使用ではただ食べて終わるだけで記憶には残りにくいと言えます。

そしてクリスマスが終わった後、子供は友達と他の家庭とその年のクリスマスの思い出を比べたりすることも多いです。その時にがっかりさせないよう、子供のためにもクリスマスの飾り付けは非常に重要と言えるでしょう。

クリスマス特有の飾り付けの仕方

クリスマスは一年の中でも特別なイベントの一つであり、その飾りつけもよりおしゃれさを求められます。ただグッズを飾るだけでは簡単ですが質素になってしまいます。また過剰に飾りつけをすると刺激が多すぎて落ち着かないというケースも多いです。

そのため適度なバランスで飾り付けすることが重要です。しかし既製品では微調整が出来ないこともあります。そのためアイデアや作り方を学んで置き、自作のグッズを準備しておくことでうまく対応することも出来ます。

飾り付けのコツ

クリスマスは多くのイベントの中でも赤・緑・茶色と特有のイメージカラーを持ち合わせている少ないイベントです。他にも色はありますが、飾り付けの際はその色をバランスよく取り込むことで簡単かつおしゃれに仕上げることが出来ます。その際それぞれの色に量も重要となるので全体のバランスを見て行うことが重要となります。

赤色の飾り付け

特に赤はインパクトが強いため、多様せずにポイントを絞って飾っていくことがおすすめです。ポイントとしてはテーブル・一か所の飾り付け・リースの一部など目立ちやすい場所に簡単に取り込むことがおしゃれかつおすすめです。

目立ちにくい場所や壁に取り入れることもおしゃれですが、他の目立つ飾り付けとインパクトがぶつかってしまいやすいです。アイデア次第では目立ちにくい場所に取り入れることも出来ますが、より工夫やコツが必要となってしまいます。そのため簡単かつおしゃれにするのであれば目立ちやすいところへ取り入れることがおすすめです。

緑色の飾り付け

緑色は他の色と強調してくれることが多いため、比較的どこに取り入れても問題はありません。また髪でクリスマスとリーの作り方を知っておけば、緑色のツリーを多く飾っておしゃれに仕上げることも出来ます。数についてもアイデアや工夫次第で増減させることも簡単に出来るため、全体のバランスをとる際に緑色は活躍しやすいです。

茶色の飾り付け

茶色はクリスマスカラーの中でも落ち着いた色であり、インパクトを抑えてくれます。そのため強調された部分の周囲にあえて茶色を取り入れることでおしゃれさを追求しつつも目立ち過ぎないバランスで飾り付けが可能となります。

また部屋がフローリングや木造基調の場合、茶色を使いすぎるとなじみ過ぎてしまいます。そのためアイデアの工夫は必要になりますが、各要所に取り入れる使い方が簡単に全体の仕上がりを整えてくれるでしょう。

他のクリスマスカラー

クリスマスカラーは赤色・緑色・茶色以外にもたくさんあり、星の黄色・サンタの髭の白など様々です。それらも使いつつ飾り付けをすることで色味のあるおしゃれな仕上がりにすることが出来ます。またアイデア次第で普段の部屋と全く異なる非日常を味わうことが出来ます。そのため色の特徴と印象を理解しておしゃれに飾り付けすることが重要となります。

Thumbクリスマスツリーのおしゃれな飾り付け!素敵に見えるコツなどをご紹介![ジェリー]

飾り付けのグッズと特徴

クリスマスの飾り付けをするうえで多くのグッズが必要となります。そのグッズはクリスマスに沿った飾り付けとなり、メジャーなものもいくつかあります。アイデア次第で飾り付けの幅のおしゃれさも広がります。それらを取り入れておくことで数は少なくてもしっかりとクリスマス感を引き出すことはできます。

クリスマスグッズ:輪っか

輪っかは既製品もありますが手作りでも簡単に作ることが出来ます。付ける場所は壁の天井や台の下など、比較的目立ちにくい場所がおすすめです。天上のように高いところや台の下などは飾りつけできるグッズが他と比べて少ないです。しかし目に届きにくい場所でもあるため、控えめなリースがおすすめとなります。

クリスマスグッズ:テーブルクロス

クリスマスは周りを飾ることも重要ですが、食事をするテーブルも行うべきポイントの一つです。しかし食事をする場に過度な飾り付けをしてしまうと食べにくい・衛生的な問題なども生じてしまいます。そのためテーブルクロスをクリスマス調にするだけでおしゃれにすることが出来ます。

テーブルクロスだけでも十分ですが、より工夫とアイデアを取り入れる事でテーブル周りの飾り付けも豊かになるでしょう。例としてクリスマスカラーの紙コップを使う・椅子にクリスマス調のカバーをかけるなどちょっとしたアイデアで可能です。そしてアイデア次第でテーブル周りを中心としたクリスマスへの変化を楽しむことが出来ます。

クリスマスグッズ:イルミネーション

イルミネーションは電極を部屋の中に取り付けるだけで完成します。常につけておくことも楽しめますが、ライトを消してイルミネーションの光を楽しむことでより簡単かつおしゃれに楽しむことができます。またライトのカラーについても幅広くあり、常に点灯しているものや点滅するものなど商品によって様々です。

取り付ける際、部屋の中央に配置することも出来ます。しかし脚が引っかかる可能性もあるため、おすすめとは言えません。おすすめと部屋を取り巻くようにして壁沿いに飾り付けすることで全体をライトアップすることが出来ます。またはクリスマスツリーに巻き付けるようにして飾り付けすることもおすすめです。アイデア次第で巻き方の工夫をすることも出来ます。

クリスマスグッズ:クリスマスツリー

クリスマスツリーはクリスマスに欠かせないグッズの一つです。大きさは様々であり、部屋の大きさによって決めることも出来ます。どれだけアイデアで工夫してもあるとないではクリスマス感を味わう上で大きな影響を及ぼしてしまいます。クリスマスツリーは大人からすると部屋の面積を占めやすいですが、子供のことを考えると必ずと言えるほど準備しておくべきグッズと言えます。

クリスマスツリーの位置

クリスマスツリーは不可欠な存在ですが、大きい分スペースを占めてしまいます。また置く位置次第で飾り付けの仕上がりにも影響してしまいます。そのため置く場所にも配慮は必要です。おすすめとしては部屋の角が最適です。

クリスマスツリーはインパクトが強い分、中央部に置くと他の飾り付けの印象を薄めてしまいやすいです。そのため部屋の角に置くことで他の飾り付けへの影響を避けることが出来ます。また空きやすいスペースを有効活用することも出来ます。

クリスマスツリーの飾り付けのポイント

クリスマスツリーの大きさは商品によって様々です。その中でも一般的な商品を使用する場合造りの特徴としては大きな差はありません。そのためポイントを押さえて飾りつけすることで失敗せずにおしゃれに仕上げることが出来ます。そのポイントとしてクリスマスツリーを飾りつけする際、全体にバランスよく取り付けていくことです。

取り付けるグッズは綿やリース・星・サンタなどアイデア次第で数多くあります。それらのうち一つの種類が多すぎたり、それぞれのグッズが密集してしまうとごちゃごちゃした印象になります。そのためスペースのバランスを整えつつ飾りつけしていくことが大切となります。

飾り付けの費用

クリスマスの飾り付けは多くの種類があります。毎年使えるものもあれば消耗品もあります。そのため飾り付けだけで数万円を超えてします家庭も多いです。しかし飾りつけはアイデアと作り方次第で自分で作ることも出来ます。

費用についても安価の商品を原材料に大量に作ることでコストを抑えることも出来ます。その結果、飾り付けの費用を何割も抑えることに成功したという家庭も多いです。クリスマスは食べ物やプレゼントでお金がかかりやすいです。なんでも既製品に頼るのではなく、自作のクリスマスグッズで楽しむことも視野に入れることが必要です。

クリスマスの飾り付けグッズを作る

クリスマスの飾り付けは既製品ほどの完成度はなくても自作で十分に対応することはできます。作れる幅についてはあります。しかしすべて既製品に頼るのではなく、家族で作ることでそれも思い出の一つとしておくことも出来ます。

しかし作る中でそれ自体に必要時能時間をかけてしまっては準備が間に合わないという事態を招きかねません。そのため現実的に作ることが出来るグッズは何かを理解しておくことが必要です。そして必要な時間を逆算して作成に移ることが求められます。

飾り付けの作り方

飾り付けの作り方の重要な点として材料を何にするかと作れるグッズの幅を理解しておくことです。それ次第で手間と費用をどれだけ抑えることが出来るかに影響していきます。どれだけ安くても手間がかかりすぎると負担になります。そのため簡単な作り方を知っておくことが重要です。

自作グッズの作り方:輪っか

輪っかは折り紙とノリがあれば作成可能です。折り紙を均等に長方形に切り、それぞれ輪を通してノリで付けていくだけで完成します。作り方も非常にシンプルであり子供でも十分に作ることが出来るグッズです。そのため子供に作ってもらい、大人の手間を省くことも出来ます。

自作グッズの作り方:リース

リースはクオリティが高く自作は難しいと考える方が多いです。しかし何もついていないリースにリボンを巻き付ける・星形に切った色紙をつける・綿をつけるなど作り方をアレンジして完成することも出来ます。出来栄えに難があったとしても高い位置に設置すると子供からは距離が遠いため、細かな出来栄えは見えにくくなり、問題ありません。

自作グッズの作り方:テーブルクロス

クリスマス調のテーブルクロスも販売されていますが、日常的には使いにくく荷物となることが多いです。もし普段からビニール製のテーブルクロスを使っているのであればその上からカラーテープをクリスマスカラーに合わせて貼ります。その上から少し透けたテーブルクロスをかけるだけでテープを隠しつつ色だけ見えるため、簡単な作り方と言えます。

自作グッズの作り方:綿

飾り付けをする中でグッズが足りない時や何を付ければよいかわからない時は綿がおすすめです。綿は適量ちぎって付けるだけであり、どこに付けても邪魔になりません。また色味が欲しいときはあらかじめ絵の具で染めたり、マーカーで塗るだけでカラーリングの幅を広げることが出来ます。

Thumbクリスマスリースの作り方!手作りなのにおしゃれで簡単!可愛い装飾も[ジェリー]

年代別の飾り付け

クリスマスの飾り付けは簡単かつおしゃれに仕上げることが重要ですが、年代に合わせて内容やクオリティを変化させることが重要です。小さいころは質よりもどれだけ多くの場所に飾りつけしたかが子供に喜ばれやすいです。

そして子供の年代が上がるにつれて量よりも凝った飾りつけを求められることが多いです。そのため飾り付けの質や特徴を子供に合わせてあげることが必要となります。

外の飾り付けも重要

飾り付けは家の中を中心にしますが、外も重要となります。しかし飾りつけの幅は中と比べて少なくなります。イルミネーションでの点灯や、木があればそれを飾りつけしていくなどが多いです。しかし外の飾り付けは風や雨・雪などで傷みやすいため、安く壊れても問題のない自作のものを使っていくことがおすすめです。

クリスマスの飾り付けはいつから始める?

クリスマスの飾り付けは飾り付けの仕方と量・範囲次第で必要な時間も異なりますが、飾り付けだけであれば数日あれば可能です。しかし自作でグッズを作るとなるとある程度の完成度に至るまでに時間も必要となります。

またそれ以外にもクリスマスは食事やプレゼントなど準備することがあります。そのためグッズを作る際は早いに越したことはありません。作り初めは失敗も多く時間がかかったり、材料の追加購入など手間も増えます。それを考慮し、早ければ11月下旬ごろから作りにかかるほうが良いです。

飾り付けは後の片づけも意識すること

クリスマスの飾り付けは思い出を作る上で非常に重要です。しかし飾り付けを凝り過ぎた結果、後片付けに苦労するという家庭も多いです。壁や天井に張った飾りを外す・床に散らばったごみをまとめるなど他にもたくさんあります。

そして自作グッズはその準備で発生したごみも加わります。さらに自作グッズは既製品と違い耐久性の面で劣る為壊れやすく、片付けの手間が増えやすいです。クリスマスが終わるとすぐにお正月が待っているため、造る際も飾り付けする際も後片付けを考慮して準備していくことが重要です。

どこでグッズは買えばいいの?

グッズは既製品であればデパートやホームセンターなどでも販売されています。しかし自作となると材料の購入が必要となります。材料の奥は100円ショップでも十分に揃えることが出来ます。どうしても揃わない場合はコーナンやホームセンターなどを回ればそのほとんどを揃えられる可能性が高いです。

皆で準備することが大切

クリスマスに自作のグッズを作ることは金銭的負担を抑える上では魅力的です。しかしそれ以上に家族との思い出を作ることにもなります。自分で作ったグッズで家の中を彩ることが出来るため、満足度も高くよりよいクリスマスになるでしょう。

グッズを作る際、できるだけ家族全員で作ることが大切となります。子供は作ることが出来る幅についてもあるため、より簡単なものをお願いします。それ以外は大人がするなど役割分担をすることで協力して準備することが出来ます。

最高のクリスマスを過ごそう!

クリスマスは毎年訪れるイベントであり、家族との思い出の日ともなりやすいです。その思い出を自分たちで作って準備した飾りつけでお祝いすることでより幸せな日とすることが出来ます。また多くの家庭は既製品の飾り付けのみで準備することが多いです。

そのため他の家との違いを作り出すことも可能と言えます。家族で協力することは非常に重要なコミュニケーションであり、それが毎年訪れるクリスマスになると毎年の思い出として作ることが出来ます。人の記憶は色褪せやすく、大人以上に子供のほうがそうと言えます。そのため最高の日にすることでより色褪せない最高の思い出を自分たちで作りましょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ