メガネがずれる原因と対策!調整してもらったり皮脂を抑えるなど

メガネがずれるとイライラとして、仕事や勉強に集中できませんよね。しかしメガネがずれるのは原因があるので、それを解決すればメガネのずれはなくなります。メガネがないと生活に支障がでるなら、早めにメガネがずれる原因を特定して対策をとるようにしましょう!

目次

  1. メガネがずれる原因とは
  2. メガネがずれるのは対策できる!
  3. メガネがずれる対策①皮脂を抑える
  4. メガネがずれる対策②調整してもらう
  5. メガネがずれる対策③ずれないメガネを使う
  6. メガネがずれる対策④別売りの鼻・耳パッドを使う
  7. メガネの調整にはいくらかかる?
  8. 合わないメガネは使い続けないこと!
  9. メガネがずれるのを解消すればイライラとさよなら!

メガネがずれる原因とは

仕事や勉強をしているとずり落ちてくるメガネはイライラの原因になり、作業がはかどりませんよね。そうしたメガネがずれる理由は何かしらにあるので、それを見極め対処・対策していくことが大切です。ずれるメガネを使っていると目も疲れやすくなるので、早めに対策をしましょう。

メガネが合っていない

メガネがずれる原因として多いのが、メガネのサイズが合っていない可能性があります。鼻や耳のサイズが合っていないためにずり落ちてしまうんですね。サイズが合っていない場合は調整が必要になります。メガネの調整は自分でもできますし、不安な場合はメガネ屋さんで行ってくれます。

過剰な皮脂によるすべり

人によって皮脂の量が多いことってありますよね。皮脂が多いと滑りが良くなるので、メガネがずり落ちてずれる原因になります。こまめに皮脂を取ることも大切ですが、肌環境を整えることも大事です。皮脂や汗によるものなら、拭くことで一時的に状況が改善します。

ずれるメガネを使っている

最近のメガネってさまざまな形が増えてデザインが豊富ですよね。実はこれもずれる要因になっています。中には鼻パッドがないものやフレームと一体化しているものがありますが、こういったメガネを使って要る場合には、鼻の高さによってずれやすいので注意が必要です。

汗のせい

暑い夏や暑い部屋にいると汗をかきますよね。鼻だって汗をかきます。その汗のせいで滑りが良くなり、メガネがずれることがあります。汗のせいであれば適度に拭くことで改善されます。汗っかきの人は鼻汗にも注意しましょう。

左右で耳の高さが違う

人の顔って左右対象とは限りませんよね。耳も例外ではなく、左右で高さが違うとメガネのズレとしてトラブルを起こします。一度鏡を見て、左右の耳の高さを確認してみましょう。高さが違う場合には耳ストッパーなどを使い調整します。耳ストッパーは100円~700円前後で購入可能です。

メガネがずれるのは対策できる!

直しても直してもずれるメガネって本当にイライラしますよね。しかしそのイライラもきちんと対策すれば改善します。自分のメガネがどうしてずれてしまうのがを理解すれば、メガネのずれを対策できます。

メガネのずれさえなければ物事をより楽しめるようになります。いちいち直すのが手間、めんどくさいと感じているならすぐに原因を突き止め対策しましょう!そのまま放っておくと、視力がより悪くなったり目の疲れによって肩こりや首こりを引き起こします。

メガネのずれによるストレスを減らすためにも、メガネがずれる場合にはどうしたら良いか対策を考えましょう。特に皮脂や汗のせいならすぐに対策が可能なので、普段からカバンにティッシュやタオルを入れておくようにしましょう。

Thumbメガネの曇り止めで人気なのは?代用品を使うおすすめの方法も紹介[ジェリー]

メガネがずれる対策①皮脂を抑える

メガネがずれる対策として皮脂の過剰分泌によるものであれば、皮脂を抑えるように行動しましょう。皮脂は単に拭くだけでその場のずれは改善しますが、根本的な肌環境を整えなければまた同じことを繰り返します。ストレスやホルモンバランスで簡単に皮脂が過剰分泌されてしまうので、生活習慣にも気をつけましょう。

正しい洗顔を

皮脂が過剰に分泌されるのは、過度な洗顔のせいで皮脂量が足りなくなっているのを皮膚が補おうとしている可能性があります。洗顔は優しく行うのが基本で、熱いお湯で洗うのも避けましょう。皮脂が多いとついごしごしと洗いたくなりますが、これは逆効果です。

皮脂が多いと感じたらあぶらとり紙でケア

皮脂が多くてメガネがずれると分かっているなら、その皮脂を取り除くべくあぶらとり紙で余分な皮脂を拭き取りましょう。拭きとってしまえばその場のずれは解決します。何度も皮脂のせいでずれるのであれば洗顔やスキンケアの見直しをしてみましょう。

ホルモンバランスを整える

過剰に皮脂が分泌されるのはホルモンバランスが崩れているからという考えもあります。普段からストレスが多かったり、偏った生活をしているとホルモンバランスが乱れやすくなります。規則正しい生活を心がけ、ストレスを溜めないようにしましょう。

Thumbメガネに似合う前髪のアレンジまとめ!カットや長さの提案も[ジェリー]

メガネがずれる対策②調整してもらう

自分の顔に合っていないサイズのメガネを使っている場合にはメガネ屋さんで調整してもらいましょう。鼻あてからテンプルまで調整できる場所では納得するまで調整させてくれます。自分でも調節可能ですが、破損する確率が高いのでおすすめはできません。

調整してもらう場合

比較的購入した場所であれば調整は可能です。しかし念のため連絡を入れてからの方が良いでしょう。どこがずれてしまうのかが分かるように、メガネをかけて鼻や耳の当て具合をみてみましょう。

自分で直す場合

鼻あてが合っていない場合には自分でも直すことが可能です。角度を調整することで当たる範囲を広くすればずれは解消できます。しかしパキッと折ってしまうことが多いので、できるだけメガネ屋さんに任せた方が安全でしょう。

メガネがずれる対策③ずれないメガネを使う

メガネの中には鼻パッドがついていないものがあります。こうしたものを使用している場合には、鼻の高さが低いゆえにずれてしまうことがあるので、鼻パッドをつけたり、元から鼻パッド付のずれないメガネを使うようにしましょう。

メガネ選びはデザインも大切ですが、使いやすさも重要です。あまりデザインを追求しすぎるとこういった使いづらさが目立ってしまうので注意しましょう。メガネを選ぶときは必ずフィッテイングをしてずれないかを確認しましょう。

メガネがずれる対策④別売りの鼻・耳パッドを使う

メガネがずれるときには別売りの鼻パッドや耳ストッパーを使うようにしましょう。鼻パッドは鼻あてにつけるもので、ずり落ち防止として活用できます。大体600円~売られているので、自分のメガネに合うものを選びましょう。

耳ストッパーは先セルの調節に使います。鼻パッドがついていないメガネでも、耳ストッパーで調整を加えることでずれにくくなることがあります。これらは手軽に手に入り、100均でも売られているので探してみましょう。

メガネの調整にはいくらかかる?

メガネの調整ですが、お店で行ってもらうにはそれなりに費用が気になりますよね。実は多くのメガネ屋さんでは、その場で直るなら無料で扱ってくれる場所が多いです。そのため一度お店に電話して、いくらでやってもらえるか確認しましょう。

またすべての店舗が無料というわけではありません。中には有料で1000円(税別)~交換してくれるお店もありますし、フレームや鼻パッドが破損している場合には修理となり交換費用が別途かかります。こうした費用も店舗によって異なるので、一概にいくらとは言い切れません。

もしお店での調整を考えているのであれば、お店に連絡してみましょう。詳しい状態を伝えることでより費用がいくらかも分かります。どこを直して欲しいのかを明確にして、電話確認してみましょう。

合わないメガネは使い続けないこと!

サイズが合わないメガネをつけ続けていると視力が悪くなったり、目の痛みや肩こりを引き起こし眼の寿命を縮めるといわれています。人の眼の寿命は身体の寿命よりも短いので、合わないメガネを使うことでより早く寿命が尽きてしまうようになります。

メガネを新調するのにもお金がかかりますが、いつまでも健康な目で色々なものを見続けるためにも合わないメガネは調整するか新調するようにしましょう。メガネをかけていると疲れるという場合には、レンズやフレームが合っていない可能性があります。

大切な眼を大事にしましょう。メガネを買う時は必ずフィッテイングをし、ズレをなくし自分に合ったメガネを作るようにしましょう。またずれるようになってきたら調整をし、いつまでもずれるメガネを使わないようにしましょう。

Thumbアイマスクの効果は睡眠だけじゃない!疲れ目・美容に期待![ジェリー]

メガネがずれるのを解消すればイライラとさよなら!

ずれるメガネを解消すれば、日頃感じていたイライラともさよならできます。メガネがずれると直すのが面倒で、大事なところでずれるとイライラしますよね。ずれる原因は皮脂や汗、合わないメガネとたくさんありますが、原因を突き止め解決しましょう!

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ