邦画サスペンスおすすめランキング!サイコホラーなどの名作紹介

サスペンスやサイコホラー映画は洋画という印象を持っている方もいらっしゃるでしょう。しかし邦画のサスペンスやホラーにも名作が揃っています。今回は邦画のサスペンスとサイコホラーのおすすめの名作をランキング形式でご紹介していきます。

目次

  1. サスペンスの邦画は面白い?
  2. 面白いサスペンス邦画第10位は「相棒」
  3. 面白いサスペンス邦画第9位は「悪の教典」
  4. 面白いサスペンス邦画第8位は「呪怨」
  5. 面白いサスペンス邦画第7位は「凶悪」
  6. 面白いサスペンス邦画第6位は「22年目の告白」
  7. 面白いサスペンス邦画第5位は「探偵はBARにいる」
  8. 面白いサスペンス邦画第4位は「死国」
  9. 面白いサスペンス邦画第3位は「告白」
  10. 面白いサスペンス邦画第2位は「クリーピー」
  11. 面白いサスペンス邦画第1位は「仄暗い水の底から」
  12. サスペンス邦画を楽しもう!

サスペンスの邦画は面白い?

サスペンス映画といえば、多くの方は洋画を思い浮かべるでしょう。放映されてまだ間もない「IT(イット)」や、「JIG SAW(ジグソウ)」などCMでも多く放送されており、知名度の高い大ヒット映画が目白押しです。しかし、洋画に比べるとCMも控えめですが、日本のサスペンス映画も非常に名作が多いです。

日本のサスペンス映画は小説や文庫本が原作の場合が多く、推理ものもあればサイコホラー系の少しグロテスクなものもあるので、ひとえにサスペンスといってもジャンルは様々です。今回は、おすすめのサスペンス邦画、サイコ・ホラーのおすすめ邦画をランキング形式でご紹介していきます。

Thumbおすすめ映画・洋画名作編!アクション・サスペンス・感動物など[ジェリー]

面白いサスペンス邦画第10位は「相棒」

面白いサスペンス邦画ランキング第10位は、「相棒 劇場版Ⅲ〜巨大密室!特命係 絶海の孤島へ〜」です!こちらは、水谷豊扮する主人公の特命係「杉下右京」とその「相棒」を中心に数々の難事件を解決していく様が痛快であり、必ずしも円満に解決しないという展開が多く、また視聴者にも現代社会の闇を訴えかけるような演出や設定が特徴です。

テレビドラマは現在でも大変な人気を誇る名作で、2017年では反町隆史扮する「冠城亘」を相棒にseason16を放送中です。この映画の時系列としてはseason11終了後(2014年)に当たる物語で、舞台はとある日本の孤島。当初は事故と見られていたことが実は殺人事件だと分かり、その事件をきっかけに国の陰謀に巻き込まれてしまった特命係を描いたサスペンス映画です。

面白いサスペンス邦画第9位は「悪の教典」

面白いサスペンス邦画ランキング第9位は、「悪の教典」です!伊藤英明演じる中学校教師の「蓮実聖司」が主人公のサイコホラー映画です。原作は貴志祐介の小説で、生徒のいじめや暴行が横行する中学校を舞台としています。蓮見は生徒や他の教師、PTAからの信望も厚いというまさに教師の鑑ですが、実はサイコパスの一面を持っており、幼少から凶悪犯罪を犯していました。

蓮実聖司は、自分の理想郷を作るために問題児を自分のクラスにすべて引き受け、それと引き換えに忠実な女子生徒を求めていました。蓮実がその女子生徒に自らの犯罪の証拠を目撃されたことにより、自殺に見せかけ殺害しようとしますが、その現場もクラスの数人に目撃され、蓮実はクラス全員を抹殺する計画を立てます…この惨劇の夜が映画の見どころとなっています。

面白いサスペンス邦画第8位は「呪怨」

面白いサスペンス邦画ランキング第8位は、「呪怨」シリーズです!ジャパニーズ・ホラーの金字塔として大人気シリーズの名作ですが、ハリウッド版のリメイクもされています。最近では、同じくジャパニーズ・ホラーの人気作品「リング」の看板キャラクターである貞子と、この呪怨の看板キャラクターである伽倻子が対決をするという毛色の違う作品も公開されています。

呪怨の物語は、夫の嫉妬心により惨殺された「佐伯伽倻子」と、その息子の「俊雄」が怨霊となって出現し、佐伯家にやってきた人物との邂逅を描いています。呪怨シリーズは全3部作にスピンオフ作品が2作あります。また、俊雄と伽倻子の私生活をコメディチックに撮影したオフショットがSNSで流行しました。

面白いサスペンス邦画第7位は「凶悪」

面白いサスペンス邦画ランキング第7位は、「凶悪」です!山田孝之主演の実話を元にしたサスペンス邦画で、呪怨などの霊的な超常現象とは異なり、人間の持つ怖さがリアルに感じられる映画です。実際にあった凶悪事件の「上申書殺人事件」を追っていた新潮社の記者が主人公のモデルとなった人物です。

3件の殺人事件の被疑者として死刑を宣告された元暴力団組長を調査していくうちに、「先生」と呼ばれる事件の本当の首謀者にたどり着きます。リリー・フランキー演じる「先生」は狂気に満ちた演技で、大変高い評価を得ています。映画としても、モントリオール世界映画祭にノミネートされるなど大ヒットを記録しました。

面白いサスペンス邦画第6位は「22年目の告白」

面白いサスペンス邦画ランキング第6位は、「22年目の告白〜私が殺人犯です〜」です!この映画は藤原竜也と伊藤英明のW主演作品で、迷宮入り事件の犯人として時効が成立した時点で事件の手記を書籍化し、会見で自らが犯人と名乗った藤原竜也演じる「曾根崎雅人」と、その事件を担当した刑事の伊藤英明演じる「牧村航」を中心に物語は進んでいきます。

曾根崎は時効で逮捕できないことを利用して牧村を挑発していき、さらに事件の被害者の親族をも挑発していくという狂気に満ちた行動に出ていきます。挑発された人物も復習を計画し、曾根崎、牧村刑事をも巻き込んでいくサスペンス邦画となっています。

面白いサスペンス邦画第5位は「探偵はBARにいる」

面白いサスペンス邦画ランキング第5位は、「探偵はBARにいる」シリーズです!大泉洋、松田龍平W主演のハードボイルドサスペンス映画で、北海道を舞台にしたミステリー小説「ススキノ探偵シリーズ」を実写映画化した作品です。2017年の12月より、第3作の「探偵はBARにいる3」が放映開始となります。

物語は、大泉洋演じる探偵「俺」が、相棒の松田龍平演じる高田と共に些細な出来事から暴力団に命を狙われながらも、事件解決のために奔走するというストーリーとなっています。主人公である「俺」の名前が表明されていないところも、ミステリアスな特徴ですね!ハードボイルドがお好きな方にはおすすめの名作サスペンス映画です。

面白いサスペンス邦画第4位は「死国」

面白いサスペンス邦画ランキング第4位は、「死国」です!ジャパニーズ・ホラーとしての知名度は呪怨やリングに比べるとあまり聞かれませんが、原作は隠れた名作として人気の作品です。四国八十八ヶ所巡りの「逆打ち」(八十八番から一番に向かって巡礼をすること)と死者の魂を呼び寄せる「イタコ」をテーマにしています。

逆打ちを死者の年齢の数だけすると黄泉の国から蘇らせることができる、ということが物語のメインとなりますが、主人公の「明神比奈子」が故郷の高知県に帰郷し、幼馴染の「秋沢文也」と再会します。もう一人の幼馴染の「日浦沙代里」がすでにこの世を去ってしまい、彼女をイタコの力で現世に呼び戻すことにより、秋沢と明神との三角関係がホラーテイストで描かれます。

面白いサスペンス邦画第3位は「告白」

面白いサスペンス邦画ランキング第3位は、「告白」です!湊かなえ原作の小説を映画化したもので、アカデミー賞も獲得している名作です。内容は非常に過激なものを含んでいるのでR15指定となっています。主人公の松たか子演じる教師の「森口悠子」が、このクラスの生徒に自分の娘を殺された、と告白をするシーンから物語は始まり、その後の森口の復讐劇がテーマとなります。

同じく中学を舞台にした「悪の教典」と作品のテイストは似ていますが、松たか子の狂気に満ちた演技の評価も高く、こちらは直接的な殺人の怖さよりも人間の持つ執念と復讐心の恐ろしさが前面に出されています。森口が学校を去ることにより復讐が始まりますが、後任の熱血教師が無自覚ながらさらに事態を悪化させてしまうという展開も見所の、おすすめのサスペンス映画です。

面白いサスペンス邦画第2位は「クリーピー」

面白いサスペンス邦画ランキング第2位は、「クリーピー〜偽りの隣人〜」です!犯罪心理学が専門の大学教授の主人公、西島秀俊演じる「高倉幸一」と、刑事である東出昌大演じる「野上誠次」が再会るところから物語は始まります。この映画は、2017年度日本映画ベストテンの第8位にランクインしている、おすすめの映画です。

高倉の隣人である、香川照之演じる「西野昭雄」という男の存在から逃げるため、その娘が高倉に発したこの映画のキャッチコピーとなっている「あの人、お父さんじゃありません」という発言から西野が常軌を逸した人物であると分かり、その後娘の周辺で殺人事件が多発し始めます。香川照之の狂気に満ちた演技は好評で、「不気味」という声が多く見られます。

面白いサスペンス邦画第1位は「仄暗い水の底から」

面白いサスペンス邦画ランキング第1位は、「仄暗い水の底から」です!ジャパニーズ・ホラーの大人気作品ですね!物語は、離婚調停中の母子が新しいマンションに引っ越してくるところから始まります。しかしその部屋は様々な不可解な現象が起こり、主人公の黒木瞳演じる「松原淑美」は只ならぬものを感じ始めていました。

さらに娘は得体の知れない何かと会話するようになり、いよいよマンションから退去しようとします。ですが、真上の部屋に物理的な問題があることがわかり、管理人がその問題を解決したと同時に不可解な現象は止みましたが…驚愕のエンディングは必見です。

サスペンス邦画を楽しもう!

今回は、面白いサスペンス邦画をランキング形式でご紹介してきました。恋愛ものやアクション映画と比べると、サスペンスやホラーが苦手な方も多いと言われていますが、一度観てみるとやみつきになってしまう魅力があります。このランキングで取り上げた作品は比較的観やすい作品が多いので、一度観てみてはいかがでしょうか。

関連するまとめ

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ