はちみつ大根の作り方!飲み方や人気アレンジレシピをご紹介!

寒くなってきたこの季節にぴったりなはちみつ大根!はちみつ大根と聞くだけで身体によさそうですよね。風邪の引き始めや体調がすぐれないときにもってこいなはちみつ大根。栄養たっぷりなはちみつ大根の作り方や飲み方をご紹介いたします!

目次

  1. はちみつ大根とは?
  2. はちみつの効能
  3. 大根の効能
  4. はちみつ大根の作り方
  5. はちみつ大根は魔法薬
  6. はちみつ大根の食べ方飲み方
  7. はちみつ大根が身体にいい理由~冷え症に効く~
  8. はちみつ大根が身体にいい理由~風邪予防に効く~
  9. はちみつ大根が身体にいい理由~殺菌作用がある~
  10. はちみつ大根の消費期限
  11. はちみつ大根の保存方法
  12. はちみつ大根をアレンジしたレシピ【はちみつ大根キムチ】
  13. はちみつ大根をアレンジしたレシピ【はちみつ大根と豚肉の煮物】
  14. はちみつ大根の人気の秘密
  15. 食生活を見直すきっかけに
  16. 大地の恵みを身体に取り入れよう
  17. 今年の冬ははちみつ大根で乗り切ろう!

はちみつ大根とは?

江戸時代から風邪薬や風邪の予防薬として親しまれてきたはちみつ大根。現代のように薬がなかった時代に万能薬として大活躍でした。現代でもはちみつ大根が注目されています。いま人気のはちみつ大根ですが、おばあちゃんたちによく作ってもらったという方も多いのではないでしょうか?

人気なはちみつ大根はその名の通り、はちみつと大根で作られています。そこにアレンジを加えて家庭の味にしたりしているママさんも多いのではないでしょうか?家族の体調がすぐれないときにパパッとはちみつ大根が作れたら家族の絆も深まりそうですね。ぜひ、試してみてください!

はちみつも大根もどちらも普段からよく使う食材なので、準備するのも手間いらずです。基本的にはこの二つの食材のみなので作るのも苦になりません。余った食材も捨てることなく違う料理に回せるので楽ちんですよ!今回は、家庭の魔法薬はちみつ大根を作り方や飲み方、アレンジ、保存方法をご紹介いたします。

はちみつの効能

はちみつといえばプーさんを思い出すのではないでしょうか?プーさんのはちみつ好きは有名ですが、私たちもはちみつ好きは案外多いものです。はちみつは、ミツバチが花の蜜を採取し、巣の中で加工したものを指します。ミツバチに感謝ですね!自然の恵みの人気食品のひとつです。

はちみつには、栄養素としてビタミンとミネラルが含まれていますが、その中でもカリウムが多く占めます。このカリウムは血圧の低下、脳卒中の予防、骨密度の増加など我々の現代の乱れた食生活を節制してくれる役割があるのです。高血圧の方にはいいかもしれませんね。保存食としても古来から愛されています。

はちみつは8割の糖分と2割の水分でできているため、疲労回復にもおすすめです。疲れたら甘いものと言われているのもこの効果があるからなんですね。また、殺菌力も高く風邪予防やのどのごろごろ感にも対応してくれます。ただし、乳児ボツリヌス中毒といった病気もあるため、あまり小さいお子さんには与えないようにしてください。

大根の効能

大根は土の中で成長する典型的な根菜なことはみなさん周知の事実ですね。根菜はとても栄養があり、身体を温める効果があると昔から人気な食材として親しまれています。土の中の栄養分をじっくり吸収しながら育つので、栄養素はたっぷり。食物繊維、ビタミン、カリウム、カルシウムと人体に必要な栄養素を含んでいます。

大根はほかにも免疫力を高め、消化を促してくれるジアスターゼという栄養素が入っています。大根は煮ものやお鍋、おでんなどこの季節にはぴったりの料理によく使われている人気食材のひとつです。それも、風邪をひきやすい季節だからこそなのかもしれませんね!

胃もたれやお酒の飲みすぎまたは胃に負担をかけているなと思ったときこそ、大根で消化をサポートしましょう。大根は殺菌作用や解毒作用もあるので、食べるとすっきりしますよ。また、大根は日持ちがするので寒いこの時期は大根を立てて保存しましょう。

はちみつ大根の作り方

はちみつ大根の作り方をご紹介します。容器にサイコロ状に切った大根を入れます。このときに大根が少なすぎると大根の栄養素が少なくなるのでたくさん入れましょう。大根の上からはちみつを大根が浸かるくらいまで入れ、よくかき混ぜ冷蔵庫で数時間ほど待てばできあがりです。

はちみつ大根の作り方は大根を細かく切るだけなので手間がかかりません。大根も家庭によって切り方を変えてもおもしろいですね。スライス状に薄く切ったり、いちょう切りにしたりと気分や容器の大きさによって変えてみてはいかがでしょうか?洗い物も少ないので楽です。

はちみつ大根は症状が出てからでなくとも予防として使えるので、ぜひ作り方をマスターして身体を労わってあげてください。手洗い、うがい、はちみつ大根の三種の神器でこの冬を乗り切りましょう!

はちみつ大根は魔法薬

はちみつ大根は古来まだ薬がなかったころから、薬代わりとして人気がありました。添加物なしの身体に優しい万能薬として使われていたんです。自然の恵みを組み合わせて殺菌効果や免疫力を高める効果があると発見した昔の人の知恵に尊敬ですね。

上記の写真のように瓶詰にして普段から作り置きのようにしておくのも一つの方法ですね。風邪薬を飲むまでじゃないときにとっても重宝します。妊娠中の方や薬を飲んで眠たくなるのを防ぎたい方にもおすすめですよ!

いまはなんでも手に入る時代ですが、食生活で健康を気遣えたらまた違った価値観が生まれるのではないでしょうか?古来の人が大切にしていた人気の文化を後世にも引き継いでもらいたいですね。

はちみつ大根の食べ方飲み方

はちみつ大根をの作り方をマスターしたら今度は飲み方です。完成したらはちみつと大根の水分が溶けてかさが増します。よく混ぜてシロップとしてそのまま飲むのもOK。濃いシロップなので水あめみたいな感じです。他の飲み方だとシロップをお湯で割って飲む方法もあります。ゆず茶ならぬはちみつ大根茶みたいですね。

ほかにも牛乳で割ったり豆乳で割ったりと乳製品とも相性がいいはちみつ大根シロップ。寝る前にあったかいもので割って飲むと寝付きもよくなりそうですね!乾燥してる部屋で寝るとすぐにのどがやられがちですが、はちみつ大根シロップで撃退しましょう!

はちみつ大根はシロップをお湯で割る飲み方がとても人気です。ほどよくはちみつの甘さがあるため老若男女問わず人気があります。作り方も飲み方も簡単なので試したことがない方は、ぜひ一度試してみてくださいね!

はちみつ大根が身体にいい理由~冷え症に効く~

はちみつ大根が身体にいい理由をご紹介していきます。まず一つめは冷え症に効果的だということ。冷え症に悩む女性は非常に多いです。毎日、もこもこ靴下をはいているのに足の先が冷たいといった経験もみなさんあるのではないでしょうか。そんなときにもってこいなのが、はちみつ大根なのです。

はちみつ大根がなぜ冷え症に効果的かというとずばり飲み方にあります。ここでははちみつ大根のお湯割りやあったかい飲み物にはちみつ大根シロップをプラスさせることで相乗効果を狙っています。

普通のお湯だけでなく、はちみつと大根の身体をぽかぽかさせる栄養素を含んでいるシロップを合わせることで冷え症にいいんです。また、はちみつ大根の飲み方のアレンジとして生姜やレモンといった身体を温めてくれる食材を足すといいですね。

はちみつ大根が身体にいい理由~風邪予防に効く~

はちみつ大根が身体にいい理由として、風邪予防があります。はちみつ大根はのどの痛みが出てきてからでも効果的ですが、予防にもとても効果があるんです。普段なんの違和感がなくても免疫力が低下しているとすぐに体調を崩します。

はちみつ大根で免疫力を高めて風邪予防しましょう。風邪の菌の入る隙がないようにはちみつ大根に戦ってもらおうじゃありませんか!はちみつ大根でお腹もぽかぽかになり内臓もあったかくなります。内臓を冷やすのはあまりよくありません。

体温が低くなると体調不良になりやすく慢性的な病気になりかねません。常に温かくして体調を万全にしておきましょう!急な楽しいイベントも行けなくなったら悲しいですからね。

はちみつ大根が身体にいい理由~殺菌作用がある~

はちみつ大根が身体にいい理由三つめは殺菌作用があることです。これはのどの痛みや咳などの菌に対してですね。たしかに口コミでも効果的だという意見が多いです。ぜひググってみては。

のどの痛みや咳が続くとしんどいですよね。しかもこのふたつはかなり続きかねない厄介なものです。病院に行くのが一番ですが、はちみつ大根も負けてはいません。なんたって古来の信頼を勝ち取っているのですから。食材のみなので体内には安心です。

はちみつ大根のレシピにアレンジして生姜を加えたりレモンを加える作り方でさらに効果が期待できます。女性に人気なのは生姜入りですね。飲み方もお湯割りにして飲みやすくしてみてはいかがでしょうか?

はちみつ大根の消費期限

はちみつ大根の作り方や飲み方をご紹介してきましたが、忘れてはならないのが消費期限や保存方法です。はちみつ大根の消費期限は大体2~3日程度です。あまり日持ちがしないため、たくさん作っておくよりもこまめに作り直したほうがよさそうですね。

また、保存方法は冷蔵庫に入れておくようにしてください。保存容器に水滴が付きだすと限界なのでお早めにお召し上がりくださいね。容器に水滴がつくとその水が腐る原因になるので要注意です。

はちみつ大根を作ってもシロップしか使い道がないのかといったらそんなことはありません。使ったサイコロ状の大根をアレンジしたレシピもいろいろ出ていることをご存じでしょうか?シロップを抽出するだけで捨てるのはもったいないです!

はちみつ大根の保存方法

はちみつ大根の保存方法は2~3日の短期で冷蔵庫で保存とご紹介しましたね。長期保存や冷凍保存は?という疑問を持つでしょうが、残念ながらどちらも難しいです。必要なときに作るのが一番です。

民間療法として古来から人気なはちみつ大根なので長期保存ができるのかと思ってしまいがちですよね。短期保存のみのはちみつ大根ですが、その分いつも新鮮なときに使えるので体調不良のときには逆に新鮮な方が安全です。

はちみつ大根の消費期限と保存方法も簡単にマスターできるので忙しいママさんにももってこいです。ぜひお子さんと一緒にはちみつ大根でのどを潤してみてください。

はちみつ大根をアレンジしたレシピ【はちみつ大根キムチ】

はちみつ大根シロップを作った後に残る大根たち。捨てるのはちょっと待って!その大根カクテキにしませんか?もともと大根にははちみつの味がついているのであとはコチュジャンを混ぜるだけです。コチュジャンの量も大根の量を見て目分量でOK。そのあと、刻みノリや白ごまをかけて出来上がり。

本格的なキムチのたれというよりもはちみつ大根キムチといったところですね。時短で出来るので付け合わせの一品としてもおすすめですよ。キムチは発酵食品ですが、すでにはちみつ大根として寝かせてあるので下処理いらずなんです。

はちみつ大根をアレンジしたレシピ【はちみつ大根と豚肉の煮物】

はちみつ大根と豚肉の煮物をご紹介します。こちらもはちみつ大根の残りを使ってのアレンジ料理ですが、豚肉と一緒に甘辛く煮ることでメインのおかずになるんです。フライパンに油をひいて豚肉を炒め色が変わったらはちみつ大根を投入します。一緒に色目がつくまで炒め、水、顆粒の和風だし、しょうゆ、酒、みりんで味付けすれば出来上がりです。

すでにはちみつが砂糖の役割を果たしているので砂糖を加えなくても甘辛く煮ることができます。はちみつ大根の使い道があれば作ってシロップだけ取って捨てることもなくなりますね。作り方を知っているだけでも上級者ですよ!

はちみつ大根のアレンジでさらに料理上手になってみましょう。食材を大事に使うことで心が軽くなります。はちみつ大根の飲み方のアレンジや食べ方のアレンジにぜひ挑戦してみてください。

はちみつ大根の人気の秘密

はちみつ大根の秘密は数々のメリットだけでなく、家庭的な感覚があるほっこりするところにあるのではないでしょうか?病は気からといいますが、自分自身や家族の癒しとして昔から君臨してきたはちみつ大根を食すことで、家庭の温かみを感じることができますね。

はちみつ大根で自分の大切な人の健康を気遣う幸せを味わってみてはいかがでしょうか?大切な人にいつまでも元気でいてほしいものです。はちみつ大根ひとつで元気な心持ちになれるのならたくさん作ってあげたいですね。

もちろんご自身も労わってねぎらってあげてください。一番家族に気を遣って元気にの源のママさんたちが倒れたら元も子もありません。ママさんたちが元気であれば家族はみんなハッピーです。

食生活を見直すきっかけに

はちみつ大根のように個々のメリットを組み合わせることによっていろいろな効果が期待できます。今一度、食材たちに意識を向けてみてもおもしろいですね。食材の効能をひとつひとつ知ることで新たな発見がありそうですね。

何気なく口に入れているものをおさらいすることで知識が増え健康に意識的になるのではないでしょうか?食べることが好きな方なら食材を詳しく知るのも楽しんでできそうですね!

四季折々の食材にも触れるいいきっかけにもなるのではないでしょうか?いまはすぐに情報が得られるので調べやすいです。はちみつ大根の作り方アレンジもたくさん出ているので一度ぜひ調べてみてくださいね!

大地の恵みを身体に取り入れよう

いまはサプリメントやたくさんの健康食品がありますね。それらも使いながら、普段の食事をバランスよくすることで健康的な身体を手に入れてください。身体を作っているのはやはりエネルギーに変わる食事です。

食事に気を付けているとメリットがたくさんあります。バランスがよい食事を行うと心身ともに健康的になり、気分もはつらつとし明朗快活になります。また、たくさんの味付けを覚えることによって家族にも恩恵を与えることができます。

野菜やお肉に関わらず日本は食材がとても恵まれている国のひとつです。恵まれている国に住んでいるならこれを使わない手はありませんね。バランスがいい食事を作りやすい環境に感謝です。

今年の冬ははちみつ大根で乗り切ろう!

家庭で簡単に作れる人気なはちみつ大根。これからの季節に欠かせないですね。シンプルなはちみつ大根や自分流にアレンジしたはちみつ大根など作る数だけ種類があります。作り方や飲み方をアレンジしてはちみつ大根の効果をぜひ実感してみてください。

朝食のときに一緒に出したり、単体で飲んだりできるはちみつ大根。軽食などのお供もできるので気軽に挑戦できますね。はちみつ大根に生姜を混ぜたりするとまた違った味になります。もちろん殺菌効果も高いのでのどにはうってつけですね。

はちみつ大根のお湯割りで心身ともにぜひほぐされてみてください。世の中の荒波に巻き込まれそうになったときは、ほっと一息ついてみては。はちみつ大根で風邪にかかりにくい健康的な身体を目指しましょう!

関連するまとめ

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ