アーモンドの効果・効能について!美容や健康・ダイエットにも良い?

皆さん、アーモンド食べることはありますか?アーモンドには沢山の効果や効能があり、美容などにも使われて、女性にとっては大変嬉しい食べ物です。そこで今回はアーモンドの効果や効能、美容や健康、ダイエットにもどう影響するのかを紹介します。

目次

  1. 女性に大人気のアーモンド
  2. 効果・効能を知る前にアーモンドの起源から
  3. アーモンドの栄養
  4. アーモンドの効果・効能
  5. アーモンドの選び方
  6. アーモンドの1日に食べる量はカロリーはどれぐらい必要?
  7. アーモンドの取り過ぎによりるデメリット
  8. アーモンドのおすすめの食べ方:今人気のアーモンドミルク
  9. アーモンドのおすすめの食べ方:スムージーして効果と効能がアップ
  10. アーモンドのおすすめレシピ:アーモンドバターを手作り!
  11. アーモンドのおすすめレシピ:アーモンドバターでお菓子作り
  12. 美容にも効果的なアーモンドオイル
  13. アーモンドオイルのスキン・ヘアケアのやり方
  14. 美容に効能が期待できるアーモンドオイル:敏感肌でも安心
  15. 美容に効能が期待できるアーモンドオイル:天然無添加で体にいい
  16. 美容に効能が期待できるアーモンドオイル:手作りにこだわりたいなら
  17. アーモンドの効果や効能をすべて把握しよう!

女性に大人気のアーモンド

カリッとした食感でついつい手が止まらなくなるぐらいおいしいアーモンド。最近では食べるだけでなく、美容やダイエットなどにも使われ様々な効果や効能があるとされています。

そんな万能ともいえるぐらいの効果を持ったアーモンド。今回はアーモンドのカロリーや、どのようにダイエット効果があるのかを取り上げます。

効果・効能を知る前にアーモンドの起源から

今となっては簡単に手に入るアーモンド。ごくごく当たり前に食べていますが、果たしていつから食べられるようになったのでしょう?意外と知っている人は少ないのではないでしょうか?

起源は遡ること紀元前にまで

今普通に食べることが出来るアーモンド。実は「アーモンド」という1つの木の実ではなかったんです。ここ数年の研究で数種類の野生種が合わさって出来た品種だということがわかりました。今私たちが食べているアーモンドは味がキチンとあっておいしいですが、元々のアーモンドは苦みが強くて食べられませんでした。

その後、品種改良が進み、紀元前2000年頃には食べられていたとされています。しかし、今のように誰でも気軽に食べられたわけではなく、上流階級の人達だけに振る舞われていました。

その後、歴史がすすみ、紀元前300年頃から地中海を起点とし、各地で栽培が始まりました。今からおよそ100年前、アーモンドはアメリカのカリフォルニアで栽培が始まり、今ではなんと世界の80%以上のアーモンドはカリフォルニアで生産されています。

日本にアーモンドが持ち込まれたのは江戸時代、ポルトガルからです。当時の日本人にはあまりアーモンドの味が馴染むことはなかったのですが1950年頃から馴染んできたとされています。

アーモンドの栄養

アーモンドはオイルやバターなど、更には化粧品にまで使われている万能な木の実。それぐらい幅広く使われているアーモンドには一体どれだけの栄養が含まれているのでしょうか?

まず、抗酸化作用があり、体内の脂質の酸化を防いで体を守る働きがある『ビタミンE』が豊富に含まれています。100gのアーモンドに31.2mg含まれており、一口で食べられる他の木の実や穀物と比較しても群を抜いて沢山含まれています。

体に取り入れるべき『ミネラル』が多く含まれています。特に多いのは『カルシウム』『マグネシウム』『リン』『鉄』『亜鉛』『銅』の6種類が豊富です。

健康管理やダイエットにも効果的な『不飽和脂肪酸』がアーモンドにはあります。驚くことに、アーモンドの脂質はほとんどが『不飽和脂肪酸』で構築されており、食べれば食べるほど、ダイエットに効果的です。

そして『食物繊維』も豊富に含まれています。その量は100gで10.4g含まれています。『森のバター』と言われてるアボカドの約2倍の『食物繊維』がアーモンドにはあります。

アーモンドの効果・効能

栄養がわかったところで次にアーモンドが体にどのような効果をもたらすのでしょうか?あれほど沢山を栄養を含むアーモンドですので健康管理にも役立つ効果が必ずあります。

ダイエット効果

『オレイン酸』と『リノール酸』という2つの『不飽和脂肪酸』がアーモンドには含まれているのでダイエットにはうってつけです。更に『食物繊維』も豊富なので便秘改善や解消、体内の老廃物を排泄してくれるので余分なブドウ糖の吸収を抑えることができます。

美容にうってつけの美肌効果

『ビタミンE』を豊富に含んでいるのでニキビや肌荒れを防いでくれますので美肌効果があります。更に『ビタミンB』も沢山含んでいるのでニキビなどの改善にもピッタリです。

アンチエイジング効果

アーモンドを食べるメリットと言ってもいいかもしれません。『ビタミンE』が豊富に含まれており、更に『AGE』という物質の生成を抑えることができます。『AGE』(Advanced Glycation End Products)は日本語で『終末糖化産物』と呼ばれる『タンパク質と糖が加熱されてできた物質』です。

強い毒性を持っており、『AGE』が体内の血管内に沢山溜まってしまうと、肌が老化してシワやシミが出来てしまいます。更に体内の組織に作用するので心筋梗塞や脳梗塞などといった生活習慣病になる可能性もあります。アーモンド食べれば『AGE』の生成を抑えるだけでなく健康管理にも役立ちます。

デトックス効果

『ミネラル』を沢山含んでいるので体にたまった余分な老廃物を体外へ排泄してくれます。体の中から改善されるので食べれば食べるほど、体がスッキリ軽くなるのを実感できます。

むくみや貧血予防

カリウムを含んでいるので、体内の余分な水分を排出してくれるのでむくみ予防につながります。更に『鉄分』と『亜鉛』を含んでいるので貧血の予防にもなります。

『鉄分』が不足してもダメなのですが『亜鉛』が不足してしまうと『亜鉛欠乏性貧血』という貧血になってしまう場合があります。アーモンドはその両方を含んでいるので貧血予防には最適です。
 

アーモンドの選び方

アーモンドには大きく分けて2種類のアーモンドがあります。生のアーモンドとロースト、つまり焙煎し火を通し味が付けられているアーモンドがあります。お店などでアーモンドを買う場合はどちらなのかを見てみてください。

効果や効能は一緒!?

生のアーモンドとローストアーモンド、どちらがいいのか?という疑問を持つ方もいるかもしれません。効果や効能、カロリーなどにあまり差はありません。しかし、生のアーモンドとローストアーモンド、双方に注意点があります。

生のアーモンドの注意点

生のアーモンドは手が何も加わっていないので新鮮な状態です。しかし、『酵素抑制物質』というものが含まれているのでこれを除去する必要があります。除去の方法も非常に簡単です。

タッパーにアーモンドを入れておき、そのまま8~11時間ほど浸水させておきます。その後、水を捨てなるべく早く食べてください。保存方法は冷蔵庫か冷凍庫でしてください。

ローストアーモンドの注意点

アーモンドに限らずナッツ類は油脂が豊富なので火が通ると時間が経つと、どんどん酸化していっていきます。酸化しすぎたアーモンドを食べてしまうとかえって老化を促進させてしまい、逆効果を及ぼす場合があります。

アーモンドをローストしたら時間をあまり置かずにできるだけ早く食べることをおすすめします。折角の美肌効果や若返り効果やダイエット効果を無駄にしてしまっては勿体ないですのでおいしいうちに食べてくださいね。

アーモンドの1日に食べる量はカロリーはどれぐらい必要?

アーモンド等のナッツ類はカロリーが高く、肌荒れやニキビなどができやすくなってしまうと考えられがちですが、上記で述べたようにアーモンドは食べれば食べるほど、美容や健康管理には持って来いです。

だからこそ、アーモンドは積極的に食べればより一層、美容やダイエットにうってつけです。しかし、ただ沢山食べればいいというわけではありません。個人の体格の差にはよりますので調整は必要ですが、大体20粒から25粒を目安に食べるといいです。

アーモンドは1粒の重さが1g~1.2gで、カロリーは1粒で6kcalから7kcalです。つまり、単純計算で25粒で25gになり、カロリーは大体151kcal~160kcalぐらいです。カロリーは少し高いですが、その分、栄養も豊富なので気にする必要はありません。

アーモンドの取り過ぎによりるデメリット

アーモンドは手頃に調理や加工がしやすく美容にいいともなれば、ついつい食べ過ぎてしまう傾向があります。ローストしたアーモンドならより一層おいしく、止まらなくなってしまいますよね?

しかし、いくら美容によく健康管理もしやすいアーモンドも食べ過ぎてしまうと健康に悪影響を及ぼす可能性があります。アーモンドの取りすぎのデメリットをいくつか取り上げます。

カロリーが高いので食べ過ぎると太る

アーモンドは適量を食べれば美容や健康、ダイエットに効果的ですが、適量を食べ過ぎてしまうとかえってカロリーを取り過ぎてしまい、太ってしまう可能性があります。30粒以上食べてしまうとカロリーの取りすぎですので注意しましょう。

腹痛や便通に悪影響

『食物繊維』が豊富なため、一度に沢山食べてしまうとお腹を壊してしまう場合があります。また個人差はありますが、『食物繊維』の取り過ぎで余計に便秘がひどくなる場合があります。アーモンドには脂質があるため消化に時間がかかり下痢になる可能性がもあります。

ヘルペスが出来てしまう可能性が

アーモンド等のナッツ類はアルギニンというアミノ酸が含まれています。このアルギニンがヘルペスウイルスを増殖させてしまう場合があります。適量なのであれば問題ありませんので食べ過ぎないようにしましょう。

ビタミンEの過剰摂取

アーモンドに含まれるビタミンEは脂溶性ビタミンに分類されます。脂溶性ビタミンは尿で体外に排泄されないので過剰摂取すると体内に蓄積されてしまいます。過剰摂取の症状として、吐き気や下痢など更に酷くなると筋力の低下や骨粗しょう症があります。

しかし、2kg近くのアーモンドを食べないとビタミンEの過剰摂取にはなりませんので心配ありませんが食べ過ぎには十分注意しましょう。

アーモンドのおすすめの食べ方:今人気のアーモンドミルク

簡単に作れて手間いらず

今少しずつ人気になってきているのがアーモンドミルクです。スーパーなどでも売られていますが場所によっては高い場合や他の添加物が入っている場合もあります。ですので健康管理も考えて、手作りのアーモンドミルクを作ってみませんか?

作り方は非常に簡単です。用意する材料は生のアーモンド23~25粒、水400cc、お塩ひとつまみ、あとお好みでメープルシロップ大さじ1/2、これだけです。まずは下準備として8時間以上水につけておき、洗ったものを使いましょう。

まず、浸水した生のアーモンドと水とお塩をブレンダーに入れて、滑らかになるまで攪拌します。次に滑らかになった液体をガーゼでこします。最後に絞り、グラスに入れてメープルシロップを入れてかき混ぜて完成です。保存は冷蔵庫で2~3日で飲みきるのがベストです。

作る際のポイント

滑らかにして攪拌する時点でアーモンドの食物繊維が気にならなければ、その時点で飲んでも問題ありません。『食物繊維』がとても豊富なので繊維ごと摂取すれば便通がよくなったり老廃物を排出してくれます。舌触りはあまりよくないのでホントにお好みで試してみてください。

出来上がったアーモンドミルクはそのまま飲むのもおいしいですし、料理にも使えます。コーヒーに入れればアーモンドミルクのカフェオレが出来上がり、また違った味を楽しむことができます。

そして、絞った搾りかすは他の料理に混ぜたりもできますので自分の好みでいろいろ試してみてください。折角作ったものですので捨てずに全部使ってくださいね。

アーモンドのおすすめの食べ方:スムージーして効果と効能がアップ

バナナとアーモンドのスムージー

手作りしたアーモンドミルクをそのまま飲んでも勿論おいしいですが、折角だったらスムージーにしてより一層効果と効能を取り入れたくはありませんか?栄養価の高いバナナとアーモンドミルクのスムージーです。

用意するものはバナナ1本を皮を剥いて冷凍しておきます。手作りのアーモンドミルク、ギリシャヨーグルト、アーモンドバター、ハチミツ、フラックスシード、アーモンドエクストラクトです。味は自分のお好みで調整してください。

上記に用意した材料をブレンダーで滑らかになるまで混ぜ合わせれば完成です。いつも飲んでもアーモンドミルクにちょっとひと手間加えたレシピです。ダイエット効果も期待できるので是非試してみてください。

アーモンドのおすすめレシピ:アーモンドバターを手作り!

ちょっとしたところから健康管理

今巷では様々なバターが発売されています。アーモンドバターも例外ではありません。ですが、折角アーモンドミルクを手作りしたのであればアーモンドバターも手作りしたいですよね?

用意するものはアーモンド100g、1粒が1gですので100粒程です。一度に食べてしまってはカロリーの過剰摂取ですが、バターですので一気になくなることはないので健康に影響はありません。次に無塩バターを60g、砂糖を40g用意します。合計200gの材料で作ってカロリーは734kcalです。少しずつ使っていけば何の問題もありません。

作り方は至って簡単です。アーモンドをフードプロセッサーで攪拌します。食感を楽しみたい場合は敢えて短めで終えます。次に常温に戻したバターに攪拌したアーモンド、砂糖を入れて混ぜ合わせれば出来上がりです。普段の料理にアーモンドが入っていれば美容の効能を簡単に取り入れられます。

アーモンドのおすすめレシピ:アーモンドバターでお菓子作り

上記のやり方で出来たアーモンドバターを活用してお菓子作りに活かしてみてはいかがですか?甘くておいしいお菓子が食べれるうえにダイエット効果もあり、更に美容にもいいなんて正に贅沢ですよね?

アーモンドバターを使ったプリン

材料はアーモンドバター大さじ3、ゼラチン9~10g、牛乳400cc、砂糖大さじ2で3人分が作れます。作り方はとっても簡単。ゼラチンを水でふやかしておき、そこにアーモンドバター、牛乳、砂糖を入れて火にかけてゼラチンを溶かします。

その後、容器に移して冷やして出来上がりです。お好みで黒蜜かメープルシロップで召し上がってください。食後のデザートにもピッタリですよ。

美容にも効果的なアーモンドオイル

アーモンドは食べるだけでも体にいいですが、スキンケアにもなっていて、女性にとってアーモンドは正に天然のサプリメントと言っても過言ではありません。アーモンドオイルは2種類あります。スウィートアーモンドオイルとビターアーモンドオイルの2つです。

アーモンドオイルの効果と効能は?

アーモンドオイルはアーモンドの種子から抽出されたオイルです。クセがなく淡白な味わいが特徴です。オイルにしてしまうと、アーモンド自身の栄養価がなくなるのでは?と思う方もいるかもしれません。ですが、アーモンドはオイルにしても栄養価は変わらずそのまま栄養価を摂取できます。

アーモンドオイルの肌への効能

アーモンドオイルはスキンケアとしても効能があります。軽い使用感と低刺激性、更に値段もさほど高くないので日々のお手入れに使いやすいオイルです。ミネラルやタンパク質、ビタミンなどの栄養素が豊富なため、肌への浸透性も優れています。肌への効果は大きく3つあります。

アンチエイジング効果

アーモンドオイルはダメージを皮膚から守るだけでなく既に受けてしまったダメージを回復することが研究でわかっています。紫外線からくる肌への老化にも効果的で、皮膚の老化を遅くしてくれます。シミやシワなどにも効果がありますので気になる方は試してみてください。

エモリエント効能

エモリエントとは、皮膚に潤いと柔軟性、栄養分を保たせる効果のことをいいます。また肌のくすみを減色してくれて顔色をよくしてくれます。傷にも効果があり、手術後のケアにも効果的です。

不快な症状の緩和効果

痒みにも効果があり、乾燥や湿疹にも効果があります。アーモンドオイルを使う前に自分の肌に合って否かを確かめる必要があります。合っていない場合、肌に悪影響を及ぼす可能性がありますので気をつけてください。

アーモンドオイルのスキン・ヘアケアのやり方

効能的なクレンジング方法

アーモンドオイルを使ったクレンジングの方法をご紹介します。簡単ですし、肌への美容にもうってつけですので是非試してみてください。用意するのは顔を覆えるぐらいのタオルとアーモンドオイルだけです。

まず、アーモンドオイルを手に適量を取りメイクになじませます。次に蒸しタオルを作り、そのタオルを顔に乗せます。タオルが冷めるまで待ち、その後にオイルを拭き取ります。蒸しタオルを使うことで肌の奥の汚れや気になる黒ずみが取れやすくなります。

効果的な髪への効能が期待できるヘアケア

スキンケアに使用できるアーモンドオイルなのですが、髪のヘアケアにも使用することが出来るんです。いくつかおすすめの方法をご紹介します。

ドライヤーの前に付けると効能が期待できる

濡れた髪を乾かすときにそのままドライヤーを当てると髪がパサついたり傷んでしまう可能性があります。よく乾かす前に保湿液を付けますよね?それと同じでアーモンドオイルを乾かす前塗っておくとコーティングができます。

シャンプーやトリートメントスタイリング剤として使うと効果的

普段使っているシャンプーやリンスにアーモンドオイルを入れておけばダメージ補修と保湿効果が期待できます。更に乾かす前にアーモンドオイルを塗っておけば更に効果が期待できます。また出かけるときのスタイリング剤としても使えますのでアーモンドオイル少し入れるだけで髪のUVケアもできます。

美容に効能が期待できるアーモンドオイル:敏感肌でも安心

ヴェレダ アーモンドフェイシャルオイル

ヴェレダの製品はオーガニック製品です。自然の恵みだけを使って精製されたアーモンドオイルなので健康になんの影響もありません。オーガニックの力で美容効果を高めたいならこれ1本で肌のケアがすべてできます。

美容に効能が期待できるアーモンドオイル:天然無添加で体にいい

ナチュラルビューティー&ライフ スイートアーモンドオイル

天然成分100%で不純物が含まれていない為、肌荒れが気になる方でも安心して使うことができます。こちらのアーモンドオイル、なんと石鹸づくりにもしよう可能なのでオリジナルのアーモンドオイルの石鹸を作るのにも最適です。

美容に効能が期待できるアーモンドオイル:手作りにこだわりたいなら

自然化粧品研究所 スイートアーモンドオイル

このアーモンドオイル、普通にスキンケアとしても使えるのは勿論なのですが、化粧品の原料として肌に直接塗ることを目的に精製されました。化粧品もそうなのですが、ヘアケアとしても使え万能に使えますので使い方は自由自在です。

アーモンドの効果や効能をすべて把握しよう!

ダイエットや健康管理に困っているならアーモンドが絶対的におすすめです。カロリーが気にされがちなアーモンドですが、適量を摂取すれば、1日に必要なカロリーを補うことができます。

天然のサプリメントと言われているアーモンドをダイエットは勿論、健康管理の為に取り入れて是非とも効果や効能を自分自身で試してみてください。

関連するまとめ

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ