肉じゃがの基本レシピについて!簡単美味しい味付けからアレンジも

肉じゃがと言えば和食の定番料理と言っても過言ではありません。基本のレシピを知っていれば簡単に作れることから郷土料理やおふくろの味としても有名です。今回は肉じゃがの基本レシピの確認と美味しい味付けや更にはアレンジを加えたレシピを紹介します。

目次

  1. 和食の基本肉じゃが
  2. 肉じゃがの基本知識から
  3. 肉じゃがの基本レシピの材料
  4. 肉じゃがの基本カロリー
  5. 肉じゃがの基本的な栄養素
  6. 肉じゃがの基本レシピ
  7. 肉じゃがの時短レシピ
  8. 肉じゃがのアレンジレシピ:ガッツリ食べられる!
  9. 肉じゃがのアレンジレシピ:和から洋へ
  10. 肉じゃがのアレンジレシピ:ご飯と混ぜてオシャレに
  11. 肉じゃがのアレンジレシピ:肉じゃがの定番アレンジ
  12. 肉じゃがのアレンジレシピ:パン粉を使わないコロッケ
  13. 肉じゃがのアレンジレシピ:残り物が朝ごはんに
  14. 肉じゃがのアレンジレシピ:ケチャップを添えて
  15. 肉じゃがのアレンジレシピ:サラダにもなる
  16. 肉じゃがのアレンジレシピ:オーブンで焼くだけ
  17. 肉じゃがで食卓を彩ろう

和食の基本肉じゃが

誰でも簡単に作れる

最初に作った料理は?と聞かれて肉じゃがと答える方もいるかもしれません。それぐらい簡単に作れて私たちの口に合っている美味しい料理が肉じゃがですよね?外国人が食べて、思わずほっこりしてしまうぐらい和食の定番になっています。

美味しい味の秘訣はなんと言っても簡単な味付けです。難しい調味料や細かい作業を必要としない為、アレンジも加えやすく多くのアレンジレシピがあります。そんな和食の定番料理の美味しい肉じゃがの歴史から簡単な味付けからアレンジレシピまで取り上げます。

Thumb肉じゃがの保存方法まとめ!冷凍・冷蔵・賞味期限についても解説 | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

肉じゃがの基本知識から

肉じゃがの基本的な歴史から

郷土料理の定番として挙げられる肉じゃがですが、今のような味付けになり、一般に知られるようになったのはいつからなのでしょうか?簡単に作れるので意外と最近なのかもしれません。

時代は遡ること明治時代

意外なことに肉じゃがは明治時代から作られていました。しかし、これにはいろいろ諸説があり、ハッキリとした根拠があるわけではないのです。一番有力なのが明治3年から8年間、イギリスに留学していた東郷平八郎が留学のイギリスで食べたビーフシチューが元であるとされています。

ビーフシチューを気に入った東郷平八郎は日本に帰国して日本でもビーフシチューを食べたいと思い、料理人に頼みましたが料理人はビーフシチューを知らなかった為、東郷平八郎の話を元に再現したのが肉じゃがと言われています。

しかし、この諸説には矛盾があります。東郷平八郎が料理人にビーフシチューを作るように言った際、当時の日本にはすでにハヤシライスがあったとされています。なので、料理人がハヤシライスは知っているのにビーフシチューを知らないというのはおかしいということで真意は未だにわかっていません。

ですが、肉じゃがが明治時代、あるいはそれ以降には既に存在していることから日本人にとってはかなり馴染み深い料理であることには変わりありません。だからこそ、何年経っても肉じゃがは多くの日本人に愛される美味しい料理であることがわかります。

肉じゃがの基本レシピの材料

地域により異なる

明治時代から食べられている肉じゃがですが、作る場所が違えば使う材料も違ってきます。細かい材料はもしかしたら違ってくるかもしれませんが、基本的な材料を紹介します。

まず、外せないのがジャガイモです。「肉じゃが」の名前の通り、ジャガイモを外すことはできないでしょう。次にお肉です。東日本では豚肉のバラを使っている場所もあり、そこも地域ならではだと思います。基本的には牛肉の薄切りを使います。カロリーなどを考えてお肉を変える人もいますが、作る人の数だけ肉じゃががあるので材料は様々です。

次に玉ねぎです。甘く煮込み、お肉とジャガイモの味付けが玉ねぎにも絡み、食欲を刺激します。甘く煮込むことで玉ねぎの甘さが引き立つので余計な味付けは必要ありません。

次に調味料です。簡単な調味料としては、醬油、砂糖、みりん、日本酒の4つが基本なのではないでしょうか?アレンジではないのですが、めんつゆを使えば手軽に味付けが出来るのでホントに味付けは簡単です。地域により入れる調味料も変わってくるので正に肉じゃがは万能に美味しい料理なのかもしれません、

肉じゃがの基本カロリー

具材により多少変化します

味付けが簡単でアレンジもしやすく美味しい肉じゃがですが、カロリーが気になる方もいるのではないでしょうか?最近では調味料なども減塩やカロリーが半分にも関わらず美味しい味付けができるものもありますが、基本のカロリー、腹持ちなどを見ていきます。

基本的に高くはない

まず、おおよそのカロリーを出すために一食当たりの肉じゃがを用意します。大体133gで、お菓子に例えるとパイの実のシェアパック分になります。これでカロリーは170kcalほどです。このカロリーは普通盛りの玄米と同じぐらいのカロリーになります。

調味料をいくつか使っているのと、お肉を使っているのでカロリーは高いかと思われがちですがそれほど高くありません。現在、調味料などもカロリーハーフであったり、減塩されているものもあったりしますので過剰に入れなければカロリーをあまり気にする必要はないでしょう。

肉じゃがの基本的な栄養素

栄養満点でうれしい効果

肉じゃがには、様々な材料を使って煮込んであるので、その分沢山の栄養素が中に入っています。ここでは、豚肉、ニンジン、ジャガイモ、玉ねぎを使った場合の肉じゃがの栄養素を取り上げます。

豚肉で疲労回復効果

豚肉を使った肉じゃがの場合の栄養価です。まず、豚肉には疲労回復効果があり、疲れているときには肉じゃがはピッタリです。甘く煮込んだ肉じゃがとご飯で疲れが和らぐのではないでしょうか?

肉じゃがには様々なレシピやアレンジがあるので多少、異なってきますが主にビタミンB1、ナイアシン、必須のアミノ酸、タンパク質が豊富に含まれています。使う部位などにより少し変わります。

体や脳細胞の活動に必要なエネルギー源であり、豚小間肉を使えばコラーゲン豊富で美容や美肌によく、疲労回復効果と併せると一石二鳥です。

ニンジンで酸化防止

ニンジンは様々な料理で使われている万能食材です。肉じゃがに使う方も多いのではないでしょうか?そんなニンジンに含まれている栄養価は何でしょうか?

まず、ニンジンにはカロテンが豊富に含まれています。β-カロテンは抗発ガン作用や免疫力を上げる作用があります。そして、カロテンは体内でビタミンAに変換され、視力維持や粘膜や皮膚の健康維持、喉や肺の呼吸器系を守る役割があります。

更に、カリウム、鉄、リン、食物繊維なども豊富であり、体内の酸化防止や、むくみの改善や予防にもなり健康管理がとてもしやすい食材ですので肉じゃがとも相性がいいです。補足ですが、ニンジンのカロテンは油と相性がいいので炒め物などにするとビタミンAの効果が増します。

ジャガイモは基本栄養の宝庫!?

肉じゃがに絶対必要なジャガイモにはどのような栄養価があるのでしょうか?実は意外にもジャガイモは栄養が詰まった正に栄養の宝箱のようなものなのです。

まず、ガンや高血圧や心筋梗塞などの生活習慣病の予防に最適なビタミンCが豊富に入っています。ホウレンソウやミカンと同じぐらい入っています。ビタミンCは火や水に弱いですが、ジャガイモの場合はデンプンに守られているので豊富なビタミンCを余すことなく摂取できます。

カリウムも豊富に含んでいます。カリウムはナトリウムを排泄して、生活習慣病の予防をしてくれます。ジャガイモは手軽に手に入り、調理もしやすいです。ですので、気軽に摂取できます。カリウムは長時間の運動の後の筋肉の痙攣を防いでくれます。逆にカリウムが不足してしまうと筋肉が弱ってしまいます。

玉ねぎも栄養が詰まっているので基本問題ない

玉ねぎには栄養が豊富に含まれているとは言えませんし、寧ろ少ないかもしれません。鉄分などの栄養価は他の野菜と比べて少ないです。しかし、玉ねぎには玉ねぎにしかない栄養価があります。

まず、ポリフェノールの一種であるケルセチンが含まれています。ケルセチンという言葉はあまり聞きなれない言葉ですが実は非常にいい効果を持っています。ケルセチンには強い抗酸化作用を持っているので血管をしなやかで丈夫なものにしてくれます。

更に、血液をサラサラにしてくれるので血流をよくしてくれます。更に、悪玉コレステロールを減らしてくれますので脂肪の吸収を抑える働きもあります。

もう一つ、硫化プロピルという栄養価が血液をサラサラにしてくれます。血液がサラサラになれば血圧が下がり、脳卒中や心筋梗塞の予防や動脈硬化の予防にもなり、玉ねぎは体の内側から血液をキレイにしてくれます。

肉じゃがの基本レシピ

基本のレシピから

肉じゃがについて大体のことが分かったところで、まずが基本的なレシピの紹介です。簡単な作り方なので紹是非試してみてください。まず、一食分の牛肉としらたき、ジャガイモ、玉ねぎ、ニンジンを用意します。煮汁として用意するものは水、醬油、酒、みりん、です。

野菜はすべて皮を剥き、ニンジンは食べやすい大きさに切り、玉ねぎ、ジャガイモは少し大きめに切ります。切った後、ジャガイモは切った後面取りをしておきます。

お肉は食べやすい大きさに切っておきます。しらたきは切った後、お湯でサッと茹でておきます。次に調理です。油を引き、お肉を炒め、色が変わるまで炒めます。お肉の色が変わったら他の具材も入れて油がまんべんなくいきわたるように混ぜます。

混ぜ合わせた後、煮汁の調味料を入れて、沸騰させて、アクを取ります。その後、落し蓋をして弱火で10~15分ほど煮込みます。落し蓋を取り、煮汁がなくなれば美味しい肉じゃがの完成です。煮汁の味付けの際、加える調味料はすべて均等の量を入れてください。お好みで調整はしていただいて構いません。

肉じゃがの時短レシピ

基本的に圧力鍋ですべて解決

次に、あまり時間がなく、サッと作りたいときに作れる肉じゃがを紹介します。材料は普通に肉じゃがを作るのと同じ材料で構いません。まず、肉じゃがを作る要領で野菜を下準備します。その後、お肉を炒めるのではなく、圧力鍋に野菜とお肉を入れます。

次に煮汁の調味料を入れます。敢えて醬油は入れないでください。醬油以外の調味料を入れてください。そして火をつけ、圧力をかけます。圧力がかかったら火を止めて圧力が下がるまで待ちます。そして弱火で煮込み、最後に醬油を入れて完成です。圧力鍋で作る時短の美味しい肉じゃがです。

お肉にこだわった美味しい肉じゃが

こちらも圧力鍋を使って作る肉じゃがです。こちらは牛すじを使った肉じゃがです。おもてなし料理などで振舞うと豪華な肉じゃがです。材料は牛すじ、スナックエンドウ、小さめの玉ねぎとジャガイモ、そしてお好みで生姜と青ネギを加えます。

まず、牛すじと青ネギと生姜を水で5分ほど高圧で煮て急冷させて洗い、同じ工程をもう一度します。2度目は高圧させる前にお酒を加えます。そして1度目、2度目の煮汁は捨てます。3度目はお水に酒、そして砂糖を入れて煮り、圧が抜けるまで放置します。

圧が抜けた後、ジャガイモを加えて数分煮ます。そして、醬油を入れてお好みの味付けをして玉ねぎを入れて玉ねぎが柔らかくなるまで煮たら、サッとお湯でゆがいたスナックエンドウを添えて完成です。この肉じゃがは少し工程が必要で簡単とはちょっと言い切れませんが、試してみる価値はありますので是非作ってみてください。

肉じゃがのアレンジレシピ:ガッツリ食べられる!

簡単な一工夫で早変わり

簡単で美味しい肉じゃがでも作り過ぎたり、余ったりしたことはありませんかありませんか?同じ味付けでも毎日だと飽きてしまう場合があります。そこで簡単なアレンジで肉じゃがの味をもっと引き立たせるレシピです。

作り方は出来上がった肉じゃがを火にかけ、温めます。次に溶いた卵を流しいれて固まってきたら、どんぶりに移して完成です。いとも簡単に出来てしまう肉じゃがのどんぶりです。お好みで刻みネギを添えて美味しい肉じゃが丼を召し上がってください。

肉じゃがのアレンジレシピ:和から洋へ

基本的に肉じゃがはなんでも合う

肉じゃがは和食の定番です。そんな定番な和食が洋食に早変わりしたら食べてみたくはないですか?作り方も簡単です。アレンジも加えやすいですので、是非試してみてください。

まず、残った肉じゃがとトマト缶をフライパンに入れて肉じゃがが必要以上に崩れないように混ぜ合わせ、お好みで醤油などで味付けをしてください。次にゆであがったパスタに先程のトマト肉じゃがを乗せて完成です。お好みでパスタを乗せれば完全な洋風の肉じゃがの完成です。

肉じゃがのアレンジレシピ:ご飯と混ぜてオシャレに

決め手はオーブンで焼き上げる

肉じゃがを作りすぎてしまい、余った時にちょっと手を加えてオシャレにしてみたくはないですか?まずは、残った肉じゃがとご飯とパン粉を用意します。次に肉じゃがをマッシャーで細かくし、ご飯に細かくした肉じゃがを混ぜます。

パン粉にオリーブオイルを混ぜ合わせておきます。そして、耐熱のホーローパッドにご飯肉じゃがを敷き詰めてパン粉を上に敷き詰めます。最後にパン粉に焦げ目がつくまで焼きあげます。オシャレに焼き上げた肉じゃが食欲をそそります。

肉じゃがのアレンジレシピ:肉じゃがの定番アレンジ

基本的に肉じゃがはコロッケが定番アレンジ

肉じゃがが余ってしまったらどのようにアレンジするかで悩む人もいるのではないでしょうか?ですが、定番のアレンジレシピとしては肉じゃがはコロッケにアレンジされやすくレシピもいっぱいあります。

今回紹介する肉じゃがのアレンジコロッケは油揚げを使います。油揚げとパルミジャーノチーズを使います。肉じゃがをマッシュして、パルミジャーノチーズは小さく切り、肉じゃがと混ぜ合わせます。油揚げを裏返し、マッシュしたチーズ入りの肉じゃがを詰めて油で揚げます。

油揚げを使いパルミジャーノチーズが入ったちょっと変わった肉じゃがコロッケです。チーズと肉じゃがの風味と油揚げの甘さが美味しいコロッケです。是非試してみてください。

肉じゃがのアレンジレシピ:パン粉を使わないコロッケ

衣が決め手

基本の肉じゃがにアレンジを加えてコロッケにすることは珍しくありません。そんなコロッケをパン粉の代わりにコーンで作ってみませんか?残った肉じゃがに片栗粉を入れて潰してコーンを入れてまぶす用の小麦粉をまぶして揚げるだけのシンプルなコロッケです。

肉じゃがのアレンジレシピ:残り物が朝ごはんに

基本の肉じゃがをソースに

余った肉じゃがを翌日の朝ごはんにしませんか?まず、食パンを焼いておき、お皿に載せます。肉じゃがに牛乳、マヨネーズ、からし等を入れて混ぜ合わせて食パンの上にかけてチーズを乗せてオーブンで焼いて出来上がりです。オシャレな肉じゃがの朝ごはんの完成です。

肉じゃがのアレンジレシピ:ケチャップを添えて

基本的にはオムレツと同じ

余った肉じゃがに簡単に手を加えてオムレツにしてみませんか?作り方も至って簡単です。オムレツを作り、そこに肉じゃがを包むだけです。少し味付けをするならば、溶き卵に煮汁を入れて味を整えるのもありです。

肉じゃがのアレンジレシピ:サラダにもなる

基本的になんにでも合う

肉じゃがを使ってサラダを使ったこともありませんか?もし、作ったことがないのであれば是非試してみてください。

まず、プレーン味のヨーグルトにすりおろしたニンニク、塩、粗びきこしょう、チリペッパー、キュウリを用意します。キュウリを切りヨーグルトに材料を混ぜ合わせて完成です。その名もトルコ風肉じゃがサラダです。

肉じゃがのアレンジレシピ:オーブンで焼くだけ

基本的に簡単にできる

基本の肉じゃがを洋食のグラタンにして夜ご飯をちょっと豪華にしませんか?耐熱容器にバターを塗り、お鍋に牛乳、生クリーム、ニンニクを入れて火にかけて、煮立ってトロミがついたら塩で味付けをして、耐熱容器に移します。

その後、チーズを乗せオーブンで焼き色がつくまでやき、仕上げに刻ネギを乗せて完成です。ちょっと豪華なな肉じゃがのグラタン、基本の肉じゃがにちょっと手を加えれば簡単にできます。

肉じゃがで食卓を彩ろう

肉じゃがは日本人にとってとても馴染み深い食べ物です。基本的なレシピはあっても作り方やアレンジは作る人によって変わってきます。正に万能な料理と言っても過言ではありません。

作り方も非常に簡単なので、料理にチャレンジしてみようと思っているのであれば是非チャレンジしてみてください。慣れてくればアレンジを加えて自分にしか作れない肉じゃがを作ってください。

Thumb肉じゃがをコロッケにする残りものレシピ!人気のカレー味へのリメイクも | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

関連するまとめ

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ