ダイエット中の空腹感を紛らわす対策まとめ!眠れない夜のしのぎ方は?

ダイエット中の空腹感に耐えるのは辛いものです。このダイエット中に感じてしまう空腹感の対策についてまとめました。特に夜の空腹感はダイエットにとって大敵です。誘惑に負けて食べてしまわないように、対策で空腹を乗り切りましょう!

目次

  1. 空腹感はダイエットの敵!
  2. 空腹でダイエットが左右される
  3. 空腹に負けるとダイエットは失敗する
  4. 空腹を感じるダイエットも効果的ではない
  5. どうしてダイエット中の夜は空腹感を覚えてしまうの?
  6. ダイエットの空腹感で夜眠れないを防ぐには?
  7. 空腹に勝つためのダイエット対策法
  8. ダイエットの空腹対策はこんな方法も!
  9. 空腹後のドカ食いに注意!
  10. 空腹感を我慢できないときはこの食材を!
  11. 空腹感を我慢できないときは消化しやすいものを
  12. 間違ったダイエットの空腹対策
  13. ダイエット中の空腹時の行動には気をつけよう
  14. ダイエット中の空腹対策の注意点
  15. ダイエット中は空腹を感じない工夫をしよう
  16. ダイエット中でもよく眠れる工夫をしよう
  17. 空腹を感じないダイエットで効率よく痩せよう!

空腹感はダイエットの敵!

ダイエットの方法は人によってそれぞれですが、ダイエットをしているときには誰しも空腹を感じることがあるでしょう。何か食べたいという空腹の欲求を乗り切るのは、容易いことではありません。

特に夜眠れないのはこの空腹感を強く意識してしまうからです。空腹感による「眠れない」を紛らわさない限り、ぐっすりと眠ることも難しいでしょう。空腹感をしのぎ、朝まで待つのもつらく苦しいものですよね。

単に空腹感をしのぎ続けるのは至難の業です。そのためダイエット中に感じてしまう空腹感はきちんと対策をして紛らわすようにしましょう。誘惑に負けてしまうとダイエットが失敗してしまうので注意してくださいね。

空腹でダイエットが左右される

食事制限をしているダイエットをしていると必ずついて回るのが空腹感です。食べる量をセーブしていると、いつもの量になれている身体は足りない足りないとご飯を要求します。しかしダイエットをしているからと我慢を続けると、それもストレスに感じてしまいます。

空腹感が極限になってしまうと、ストレスにも弱くなりつい誘惑にも負けてしまいます。空腹感をしのぎ続けていても、ひょんなことからその糸が切れてしまいリバウンドに…ということも十分考えられますよね。

それくらいダイエットと空腹感は切っても切れないものです。この空腹感を紛らわし、しのぎ、対策してこそダイエットが成功します。ダイエットを成功させたい!と思ったら、まずこの空腹感とどう付き合っていくかが大切でしょう。

空腹に負けるとダイエットは失敗する

ダイエットを成功させて痩せたい!痩せる!と決めるとまず頭に浮かぶのは食事量をセーブしたり、運動を始めることですよね。しかし食事量をセーブしても運動をしても、お腹は減ります。この空腹に負けて「ダイエットしているから」と食べ続けてしまうと結局ダイエットって失敗するんですよね。

ダイエットを成功させたいときは必ず目標を決めて、それを達成できる方法と共に「空腹を感じたらどうするか」「どうしのぎ、紛らわすか」を考えなければいけません。何も考えずにダイエットに取り組むと、計画性がないため長続きしない、なんてことにもなります。

ダイエットをするときにはこの空腹感に負けないようにしましょう。またダイエットの計画を綿密に立てることでダイエットも成功させやすくなります。まずはストレスを溜めにくい、自分に合ったダイエット方法を見つけてみましょう。

Thumbダイエットが続かない理由は何?悩める女子のための原因と対策まとめ | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

空腹を感じるダイエットも効果的ではない

自分に合ったダイエット方法がいくら大切といっても、空腹感を感じてしまうようなダイエット方法も効果があるとはいえません。それは空腹を感じるダイエット方法はストレスも溜まりやすいからです。

ダイエットは楽しく行ってこそ結果が出て、さらに楽しさが増します。つらく苦しいだけのダイエットなんて誰が続けようと思いますか?それこそストイックに続けられる人でないと無理でしょうし、すぐに嫌になってしまいます。

つらく苦しいダイエットを続けて痩せても、そのダイエットではリバウンドしやすいともいわれています。ダイエットからのリバウンドも空腹感に負けて…などが理由なので、ダイエット中に関わらず、ダイエットが成功しても空腹感は紛らわせられるようにしましょう。

どうしてダイエット中の夜は空腹感を覚えてしまうの?

ダイエット中に一番空腹を感じるのって夜が多いですよね。実は夜にお腹が空いてしまう原因があるんです。これを知っておくだけでも対策がしやすく、空腹感をしのぎやすくなります。今までこんなことしてた!というものがあれば改善していきましょう。

ごはんをよく噛まない

食事はよく噛んで、と昔から言われていますが、よく噛むことで脳の満腹中枢が刺激されて少ない量でも満足できるようになります。しかしごはんをよく噛まないで早食いしてしまうと満腹中枢が刺激されないためすぐにお腹が空いたと脳が信号を出してしまうのです。

視覚から情報を得てしまうため

誰しも夜はごはんを食べてからテレビをみたり、スマホをいじったりとリラックスタイムを持つでしょう。そうした中から、食事や料理などの情報を視覚から得てしまうと「食べたいな」「お腹空いたな」と空腹感を感じてしまいます。

炭水化物ばかり食べている

お米やパンなどは一見腹持ちが良いように思えるので、ダイエット中は食べてしまうという人もいるでしょう。しかし炭水化物は消化が早く、エネルギー変換されやすいので、結果としてお腹が空くのが早いんです。炭水化物ばかり食べている人も夜お腹が空いてしまうので注意しましょう。

睡眠不足

ストレスなどによって夜眠れない、または夜更かしして寝不足…と睡眠不足状態になることってありますよね。こうしたことが重なると、身体は健康状態が悪いと判断して、健康な状態に戻すべくたくさんの栄養を欲します。これによってお腹が空いたと空腹感に襲われてしまうのです。

ダイエットの空腹感で夜眠れないを防ぐには?

夜に空腹を感じてしまうと、なかなか寝付けずに眠れない…。という経験はダイエットをする人なら誰にでもあることでしょう。夜に感じる空腹感を紛らわさずに、なんとか寝ようと頑張る人もいれば、誘惑に負けてしまう人もいます。

しかし空腹を我慢し続けて眠れない日々を過ごすと、結局またお腹が空いて…と負のループの繰り返しです。ダイエットの空腹に負けることなく、しっかりと対策することで夜眠れるようになります。

睡眠不足はダイエットの敵です。空腹を感じたらすぐに対策し、眠れるようにしましょう。空腹をしのぎ続けるのではなく、水分を摂ったり気分転換することで空腹を紛らわし夜眠れるようになりますよ。

空腹に勝つためのダイエット対策法

空腹を感じたときの対策法を紹介していきます。夜眠れない…、お腹が空いてしまうというときにはこれらの対策法で夜をしのぎましょう。空腹に負けないように、ダイエット成功を心に刻んでダイエットを続けていきましょう!

睡眠前の2時間~3時間前に夜ご飯を食べる

夜ご飯の時間から寝るまでの時間が長ければ長いほど消化が進んでお腹は減っていきます。これを防ぐためにも、睡眠時間の2~3時間前にご飯を食べるようにしましょう。ただしお腹が空くといけないからと消化の悪いものは食べないように!胃腸に負担をかけると夜眠れなくなります。

よく噛んで食べる

あまり噛まないで食べてしまうとお腹がすぐに空いてしまうので、ご飯はよく噛んで食べるようにしましょう。また早く噛むのではなく、ゆっくりと時間をかけて食べることで満腹中枢が刺激されてお腹が一杯だよ~と脳に信号を与えることができます。

夜更かししない

寝る時間が遅ければ遅いほどお腹は空いていきます。そのため夜遅くまで起きていてお腹が空いて~なんて自分のせいとしかいえないでしょう。どうしてもやらなくてはいけない作業なら仕方ないですが、単にネットサーフィンしているだけなら早めに寝ましょう。

軽い運動をしてみる

空腹で夜眠れないときには、軽い運動(ストレッチなど)をしてみましょう。軽い運動を行うことで血糖値が上がるので、空腹感を紛らわすことができます。また適度な運動は気分転換にもなるので、空腹にとらわれていた思考がリフレッシュされ、夜眠れるようになります。

ダイエットの空腹対策はこんな方法も!

上記の対策でダメならこっちの対策をしてみましょう!夜眠れないを眠れるに変えるためには自分に合った対策をするのが一番です。眠れないなら○○しよう、と代替案を考えるのもいいですが、寝不足は空腹に繋がるのでなるべく避けましょう!

炭酸水でお腹を満たす

ダイエットにも度々使われる炭酸水はお腹を満たす効果があります。お腹が空いてダメだ~というときには炭酸水を飲んで乗り切ってみましょう。ただし一度に多く飲んでしまうと水中毒になるので、こまめに口にしてお腹を空かせないようにしましょう。

好きな人のことを考える

好きな人のことを考えると交感神経が活発化するので血糖値が上がります。これによって空腹を紛らわすことができるので、他にも交感神経が活発になる趣味に没頭したり音楽を聴いてリラックスするのもいいですね。

ガムを噛む

ガムを噛むことで満腹中枢が刺激されるので、摂食欲求に歯止めがかかり空腹を紛らわすことができます。ただし糖分の含まれているガムの食べ過ぎには注意を。また食べたあとは歯を磨くのを忘れずに行いましょう。

Thumbダイエット中の飲み物でおすすめなのは?水・お茶・ジュースで上手に水分摂取! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

空腹後のドカ食いに注意!

空腹を感じて我慢してしまうと、その後の食事でドカ食いをしてしまう人が多いです。ドカ食いをしてしまうと今まで我慢していた分を身体が取り戻そうとして余計に吸収しようとします。脂肪も蓄えようとしてしまうので太る可能性が高くなります。

空腹を感じたら適度に空腹を紛らわすようにし、水分やガムなどでしのぎましょう。またお腹が空いていると早食いになりやすいので、よく噛んで食べることを頭に入れて、ご飯を食べるようにしましょう。

空腹感を我慢できないときはこの食材を!

どうしてもお腹が空いてしまい、対策をしても夜しのぎきれない…という場合には以下のような消化の良い食べ物を口にしましょう。ただし消化が良いといっても食べすぎればダイエットが失敗するので、どうしても我慢できないときだけにしましょう。

春雨やゼリーなど

春雨やゼリーは比較的低カロリーなので空腹時に食べてもダイエットにはあまり響きません。ただし食べ過ぎれば太る原因になるので、ほんの少し食べるくらいにしましょう。また糖分が多いゼリーなどはカロリーをよく確認してからにしましょう。

おかゆ

消化の良いおかゆを茶碗半分くらいを食べるくらいならダイエットにさほど影響は与えません。おかゆもよく噛んで食べることで満腹中枢を刺激することができるので、飲むように食べるのではなく、噛んで食べるようにしましょう。

みそ汁やスープ

豆腐やわかめ、野菜などが入ったみそ汁やスープも1杯くらいなら大丈夫です。ただし根菜類の野菜はGI値が高いので止めておきましょう。また必ず温かいみそ汁やスープを飲み、身体を冷やさないようにしましょう。

プレーンヨーグルト

低カロリーのプレーンヨーグルトならお腹が空いたときに口にしても平気です。ただし糖分の入っているヨーグルトやトッピングとしてジャムを追加するのはいけません。またプレーンヨーグルトでも食べすぎればダイエット失敗に繋がるので注意しましょう。

Thumbおかゆのカロリーや一杯分の糖質は?ダイエットにも効果的? | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

空腹感を我慢できないときは消化しやすいものを

夜眠れなくて空腹感に負けそうになったときに口にしていいのは「消化しやすい」ものです。空腹感を紛らわすために何でも口にして良いというわけではないので注意しましょう。夜に胃腸に負担をかけるものを食べると、逆に眠れなくなります。

せっかく口にしても、消化が悪いのであれば夜眠れずに寝不足となり、さらなる空腹に襲われてしまいます。それで夜をしのぎ続けるのは大変なので、消化の良いものを少し口にしてから眠りにつくようにしましょう。

間違ったダイエットの空腹対策

空腹を紛らわすためにとついついやってしまいがちなダイエットでの対策を紹介します。こうした対策は逆効果になることが多いので気をつけましょう。ダイエットの空腹を紛らわすときは上記で紹介した対策を行いましょう!

激しい運動や過度な筋トレ

軽い運動なら丁度よい効果をもたらしますが、気分転換にと本格的に身体を動かすのは逆効果になります。また空腹時に本格的な筋トレをしても筋肉を作るために必要な栄養素が足りないので意味がありません。

我慢する

空腹を我慢するのが一番やってはいけないことです。空腹を我慢しすぎると、次の食事で栄養吸収が激しくなり、脂肪を蓄えようと身体が働いてしまいます。炭酸水やガムで空腹を紛らわし、我慢しないようにしましょう。

カフェイン入りの飲み物を飲む

水分を摂るのは空腹を紛らわすには最適ですが、カフェイン入りの飲み物は覚醒効果があるので止めましょう。余計に眠れない状態を作り、覚醒効果からめまいなどの症状を引き起こす恐れもあり危険です。

ダイエット中の空腹時の行動には気をつけよう

ダイエット中の行動は一歩間違えば逆の効果を作ってしまいます。特に空腹を紛らわすことなく我慢し続けた後に食事をしてしまうと、その分の栄養を吸収しようといつも以上に脂肪を蓄えようとするため逆に太ってしまいます。

空腹時間が長ければ長いほど、こうした働きは力を増してしまうので、空腹を感じたときには我慢するのではなく紛らすことを考えましょう。また適度に水分などを口にして、次の食事での過度な吸収を抑えるようにしましょう。

ダイエット中の空腹対策の注意点

ダイエット中の空腹対策における注意点を紹介します。どんなことでも対策になるわけではなく、行動によっては逆に太る原因に繋がることもあるので注意しましょう。正しい対策でダイエットの空腹をしのぎ成功させましょう!

ちょっとだけ…の気持ちはNG

空腹時にちょっとだけだから…と食べ物に手を出すのはやめましょう。どうしてもしのぎ切れなかったときには少しだけ口にするのは仕方ないですが、ちょっとだけ…という気持ちがあると何度も繰り返します。

ダイエット中は早く寝ること

運動や食事制限でダイエットしているからといっても、いつもと変わらない生活を続けていればお腹も減ります。そのためダイエット中はいつもの生活を見直して、早めに寝るようにし空腹を感じない生活を心がけましょう。

食事は野菜から

空腹を紛らわしても、次の食事でどうしても吸収率は上がってしまうもの…。それを防ぐためにもダイエット中は野菜から必ず食べ始めるようにしましょう。野菜を先に食べることで吸収率を抑えることができます。

ダイエット中は空腹を感じない工夫をしよう

ダイエット中は空腹を紛らわす対策も必要ですが、空腹を感じない工夫も大切です。特に何もやることがない、時間だけ余っている…なんて状況は空腹を感じやすいので止めるようにしましょう。何か趣味など没頭できるものを用意しておくと良いですね。

またガムや飴などを手元に置き、ちょっとお腹が空いたと感じたらそれらでしのぎ、空腹を感じないようにしましょう。ダイエット中は空腹は我慢するものではなく紛らわすものです。我慢しすぎるとストレスしかたまらないので止めましょう。

ダイエット中でもよく眠れる工夫をしよう

ダイエット中は空腹に負けて夜眠れない…なんて日が多いでしょう。それを回避するためにも、よく眠れる工夫をしてみましょう。身体を冷やさないようにする、リラックスを心がける…など行える工夫はたくさんありますよ。

寝る前に白湯を飲む

ぐっすりと眠るためにはココアなども良いのですが、ダイエット中は糖分やカフェインは敵となります。なので白湯で身体を温めて、リラックスできるようにしましょう。白湯には胃腸を温めて負担を軽くしてくれる作用もあるので、寝る前に白湯を飲んでみましょう。

心配事は早期に解消する

何か心配なことがあるとあれこれと考えてしまい寝れなくなりますよね。こうしたものは寝不足に繋がり、空腹を感じやすくなります。心配事があるなら早期に解消し、心おきなく眠りに集中できるようにしましょう。

やらなきゃいけないことは紙に書き出しておく

布団に入ってからあれこれと予定を考えることってありますよね。しかし寝る前に頭を使ってしまうと、なかなか睡眠モードに入らないので眠れない原因になります。明日の予定などは布団に入る前に紙に書き出しておき、考えなくても済むようにしておきましょう。

Thumb白湯ダイエットのやり方&効果は?期間や飲むタイミングについても解説 | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

空腹を感じないダイエットで効率よく痩せよう!

ダイエット中は空腹と常に闘っている…なんて人もいますが、これではストレスが溜まってしまい効率よく痩せられません。空腹を感じないダイエットの方が効率よく痩せられますし、続けやすいです。痩せたいと思うなら、空腹対策やそれを感じない方法を考えて実行しましょう!

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ