オルビスの日焼け止めはコレ!サンスクリーンスーパーを始めUVケアアイテム

紫外線からお肌を守る日焼け止め。どの日焼け止めが良いのかわからないという方も多いのでは?最近オルビスの日焼け止めがお肌にも優しく効果が高いと話題です。紫外線は1年じゅう降り注いでいるので、しっかりとした対策を!今回は人気のオルビスの日焼け止めをご紹介します。

目次

  1. オルビスは日焼け止めアイテムが充実!
  2. 日焼け止めのSPFやPAの意味をおさらい!
  3. オルビスの日焼け止め効果は?
  4. オルビスの日焼け止め:サンスクリーンスーパー
  5. オルビスの日焼け止め:サンスクリーンフリーエンス
  6. オルビスの日焼け止め:サンスクリーンオンフェイス
  7. オルビスの日焼け止め:リップサンスクリーン
  8. 日焼け後のケアに!ホワイトニングウォータージェリー
  9. オルビスの日焼け止めで色白肌をキープしよう!

オルビスは日焼け止めアイテムが充実!

お手頃価格で効果が高いと人気のコスメメーカーのオルビス。オルビスはベースメイクやポイントメイク、基礎化粧品だけではなく、サプリメントやダイエット食品などトータルで取り扱っています。大きなショッピングモールやネット通販なども充実しているので、オルビスの商品を購入したことがある方も多いのではないでしょうか?購入するとサンプルがもらえるのも嬉しいですよね。

そんなオルビスは1987年創業で、常に「本当に心地良いのはどんなこと?」を大切にして、コスメ業界の常識を覆してきました。そんなオルビスにはいろいろな人気のコスメがありますが、中でも人気が高いのが日焼け止めなんです。紫外線の影響が強くなる夏だけ日焼け止めを使わずに、1年じゅう使うのが色白肌をキープする大切なポイントです。

日焼け止めは白浮きや伸びの悪さ、お肌へのダメージなどいろいろ気になることがありますが、オルビスの日焼け止めは白浮きや伸びの悪さはなく、家族全員で使えるお肌に優しい日焼け止めなどもあります。今回はそんなオルビスの人気の日焼け止めをご紹介します。

Thumb日焼け止めの使用期限について!開封後の保存は?未開封は使って大丈夫? | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

日焼け止めのSPFやPAの意味をおさらい!

日焼け止めや化粧下地、ファンデーションなどに「SPF」や「PA+」が表記されていますが、その意味をご存知でしょうか?「なんとなく数値や+が多い方が紫外線防止効果が高そう」というだけで日焼け止めなどを選んでいませんか?確かにSPFの数値が高く、PA+の+が多くなるほど紫外線防止効果は高いといえます。ですが、お肌のためには高いだけ選ぶのはNGなんですよ。

SPFの数値が高くなればなるほど、PA+の+が多くなるほど効果は上がりますが、お肌への負担も大きくなります。「ちょっとお買い物に行くだけ」なのか、「レジャーでたくさん太陽を浴びる」かで選ぶ日焼け止めは変えてあげるのがお肌にとってダメージも少ないんですよ。

SPFとはサンプロテクションファクターの略で、紫外線B波をカットする力を示したものです。紫外線B波はシミやそばかす、皮膚がんの原因になるものです。SPFの数値は、20分ほどの間に日焼け止めを塗っていないお肌と比較し、日焼けが始まる時間をどのくらい遅らせられるかという目安です。SPF50なら20分×SPF50=1000分日焼けを遅らせることができるということです。

PAとはプロテクショングレイドオブUVAの略で、紫外線A波をカットする力を示したものです。この紫外線A波はお肌の奥にダメージを与えて、シワやたるみの原因になるものです。+から++++までの4段階があって+が多い方が紫外線A波をカットする力が強いんです。

日焼け止めを選ぶときにはSPFとPAの両方をチェックしましょう。日常で使うならSPF20、PA++程度で十分ですが、日差しを浴びてしまうレジャーなどではSPF50、pa+++など数値の高いものを選びましょう。どちらも朝塗っただけでは不十分で、2時間~3時間おきくらいに塗り直すようにしましょう。

Thumb日焼け止め・顔の塗り方や効果は?おすすめポイントと選び方を紹介! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

オルビスの日焼け止め効果は?

オルビスの日焼け止めは日常使いからレジャーでの強い紫外線からお肌をしっかり守ってくれるものまで揃っています。そしてもちろん白浮きも防いでくれるので、伸ばすのに時間がかかったり力がかかったりすることもありません。日焼け止めは白浮きするものは「いかにも日焼け止めを塗りました!」という違和感があるので避けたいですよね。

またオルビスは日焼け止めの種類も豊富なので、お肌への負担を最小限に抑えたものもあります。日焼け止めは大人だけではなく小さな子供にとっても必要なものなので、家族全員で使えるお肌に優しいものが揃っているのは嬉しいですね。1つの日焼け止めでOKなのでコストも抑えられますよ。

オルビスの日焼け止め:サンスクリーンスーパー

まずはオルビスの全身用日焼け止め、サンスクリーンスーパーです。サンスクリーンスーパーのUVカット効果はSPF50+、PA++++と非常に高く、レジャーでも色白肌をしっかりキープしてくれますよ。オルビスの最強の日焼け止めです。UVカット効果が高いと塗り心地やお肌への負担が心配ですが、サンスクリーンスーパーはジェル状の日焼け止めだから塗り心地もバッチリ!

安心の無香料・無着色でアレルギーテスト済みなのも嬉しいですね。シールドエマルジョン製法で汗や海水に触れるとUVカット膜が強くなるので、プールや海のレジャーにも安心です。しかも100分の水浴テストで耐水性も確認済みです。ローズマリーエキスや低分子ヒアルロン酸配合なので、使っている間もお肌を乾燥させないのも嬉しいところですね。

オルビスの日焼け止め:サンスクリーンフリーエンス

次にご紹介するオルビスの日焼け止めは、サンスクリーンフリーエンスです。全身用のこちらのUVカット効果は、SPF30、PA+++と日常使いにピッタリです。素肌のような軽い付け心地で、お肌にも優しい処方になっているので家族全員で使うことができますよ。無香料・無着色・無油分でアレルギーテスト済み、幼児連用テスト済みで安心ですよ。

弾力のあるネットワーク構造で、日焼け止め特有のきしみ感はなし!また天然保湿因子のNMF類似成分を配合しているから付けている間も乾燥しにくいんです。お肌の負担になりやすい紫外線吸収剤は使っていません。もちろん白浮きもありません。

オルビスの日焼け止め:サンスクリーンオンフェイス

オルビスの日焼け止めには全身用だけでなくフェイス用もあります。それがサンスクリーンオンフェイスです。ローションタイプの「ライト」とクリームタイプの「モイスト」と2タイプがありますが、どちらも日焼け止めとしてだけじゃく、化粧下地としても使えるUVアイテムです。UV効果はSPF34、PA+++と日常使いにもってこいです。

化粧下地としても使えるこちらのアイテムは、肌色補正効果があって色むらや毛穴をカバーする効果があり、「ちょっとそこまで」のお出かけなら、このアイテムにフェイスパウダーをプラスする程度でも十分美肌効果が狙えます。美容液成分80%なのでUVカットしながらしっかりお肌に潤いも!

無香料・無油分でアレルギーテスト済み、紫外線吸収剤も不使用です。もちろん上からファンデーションを重ねても化粧崩れしにくく、お肌を均一に見せる効果がありますよ。紫外線だけでなく赤外線や大気汚染物質からもお肌をガードしてくれます。

オルビスの日焼け止め:リップサンスクリーン

オルビスの日焼け止めは全身用やフェイス用だけにとどまらず、唇用のUVアイテムもあります。全身や顔の日焼けは気にする方も多いですが、なかなか唇の日焼けまで気にする方は少ないのではないでしょうか?唇も意外と日焼けする部分で、日焼けすると乾燥などのトラブルを引き起こしてしまいます。オルビスなら唇ケアもバッチリですよ。

オルビスのリップサンスクリーンのUVカット効果は、SPF22、PA++とデリケートな唇にも負担をかけにくい処方です。UVケアしながら保湿もしっかりできます。無香料、アレルギーテスト済みでほんのり色づいてくれます。ちょっとしたお出かけにもピッタリですね。

日焼け後のケアに!ホワイトニングウォータージェリー

うっかり日焼けしたらスキンケアでしっかり紫外線のダメージを取り除いてあげましょう。オルビスのホワイトニングウォータージェリーはボディ用の薬用美白ジェルです。うっかり日焼けをしてしまったら、そのあとのケアが大切です。

オルビスのホワイトニングウオータージェリーなら使い心地はさっぱりとみずみずしく、冷感ジェルなので夏にもってこい!美白スキンケアにありがちな乾燥も気になりませんよ。美白成分のアルブチンがメラニンの生成を抑え、シミやそばかすを予防してくれます。

オルビスの日焼け止めで色白肌をキープしよう!

オルビスにはサンスクリーンスーパーを始めとする、UVケアアイテムが豊富です。紫外線は1年じゅう降り注いでいますので、日焼け止めを使ってしっかりUV対策をしましょう。そしてうっかり日焼けしてしまったらその後のケアも大切です。サンスクリーンスーパーなどのオルビスの日焼け止めはUVカット効果が高いので、リピーターも多くおすすめですよ。

関連するまとめ

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ