肉じゃがの水なしレシピまとめ!圧力鍋を使う簡単な作り方など

手料理の定番といえば肉じゃがですよね。ほくほくの味のしみたじゃがいもが何ともいえません。そんな肉じゃがですが水なしで作ればもっと美味しくなるってご存知でしょうか?今回は最高に美味しい水なし肉じゃがのレシピや、圧力鍋を使った作り方などをご紹介します。

目次

  1. 肉じゃがは水なしでも作れる?
  2. 水なし肉じゃがが美味しい理由
  3. 水なし肉じゃがにおすすめのじゃがいもは?
  4. 水なし肉じゃがレシピ①豚肉であっさり味に
  5. 水なし肉じゃがレシピ②鶏肉でボリューム満点
  6. 水なし肉じゃがレシピ③ミンチなら少量でコクが出る
  7. 水なし肉じゃがレシピ④めんつゆで味付けを簡単に
  8. 水なし肉じゃがは圧力鍋で時短調理!
  9. これからの肉じゃがは美味しい水なしで決まり!

肉じゃがは水なしでも作れる?

家庭料理の定番の肉じゃが。肉じゃがを作るときには水やだしを入れて具材を煮込んでいるという方が多いのではないでしょうか?肉じゃがの基本的な作り方は、水を入れて具材に火が通るまで煮込むというものですが、何と最近では水を使わずに作る水なし肉じゃがが人気なんですよ。でも水を使わずに肉じゃがって失敗しそうなイメージはありませんか?

肉じゃがを作るときの失敗で多いのが、煮過ぎて具材が鍋やフライパンに焦げ付いてしまうことです。水を入れて肉じゃがを作っても焦げ付いてしまうのに、水なしで肉じゃがを作ればもっと焦げ付きそうですが、蓋をしっかり閉めて作るので、野菜から出る水分で案外焦げ付かずに作れるんですよ。今回は水なし肉じゃがの作り方や美味しいレシピ、圧力鍋での作り方をご紹介します。

Thumb肉じゃがの基本レシピについて!簡単美味しい味付けからアレンジも | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

水なし肉じゃがが美味しい理由

普通に水を入れて作る肉じゃがよりも水なしで作る肉じゃがの方が美味しいと人気です。水を使わないことででどのくらい味が違うのか気になりますね。水なし肉じゃがが美味しい理由は、野菜の水分で煮込むので具材に味かしっかりしみる、そしてじゃがいもが煮崩れしにくい、じゃがいもがほくほくに仕上がるということです。

水を入れて作る普通の肉じゃがは、入れる水によって味付けが薄められるので、調味料を多めに使う必要がありますが、水なし肉じゃがでは野菜から出る水分で作るので調味料は少なめで味がしっかりしみこみます。そしてじゃがいもは長時間煮ると煮崩れが気になりますが、水なし肉じゃがでは煮崩れが起こりにくく、逆にほくほくの仕上がりになります。

水を入れる普通の肉じゃがよりも水なし肉じゃがの方が、じゃがいもの美味しさを十分に味わうことができる料理法だといえます。作り方も簡単なので、まだ作ったことがない方はぜひ水なし肉じゃがをお試しください!

水なし肉じゃがにおすすめのじゃがいもは?

人参と比較するとじゃがいもは煮崩れしやすい野菜です。煮崩れを防ぐために加熱時間を短くしたり、煮崩れしても良いように、最初から大きめに切るという方もいるのではないでしょうか?スーパーで購入できるじゃがいもはメークインや男爵です。どちらも同じじゃがいもですが、料理によって使うじゃがいもを変えると美味しく仕上がりますよ。

水なしじゃがいもに向いているのはメークインと男爵ではどちらなのでしょうか?仕上がりのお好みにもよりますが、おすすめは男爵です。男爵で水なし肉じゃがを作ると、味が良くしみたほくほくのじゃがいもになりますよ。少し煮崩れはありますがこの美味しさはたまりません!メークインで水なし肉じゃがを作れば煮崩れしにくくねっとりした食感になります。お好みでどうぞ!

水なし肉じゃがレシピ①豚肉であっさり味に

材料

水なし肉じゃがレシピ①は豚肉を使ったレシピです。肉じゃがは地域にもよりますが、一般的に牛肉を使うことが多いです。豚肉を使うと牛肉よりも淡白であっさりした肉じゃがになりますよ。豚肉を使った水なし肉じゃがの材料は、豚肉(細切れでもなんでも)200g、じゃがいも3個、人参1本、玉ねぎ1個、白滝1玉、しょう油大さじ2、砂糖大さじ2、酒大さじ1です。

作り方

豚肉を使った水なし肉じゃがの作り方は、まずじゃがいもは皮を剥き1口大に切ります。人参はお好みで皮を剥き1口大の乱切りにし、玉ねぎは皮を剥いて串切りにします。鍋に油を敷いて熱し、豚肉を炒め、しょう油と砂糖と酒を入れます。そこにじゃがいもと人参と玉ねぎ、白滝を入れて蓋をし、中火で20分ほど煮込みましょう。焦げないように時々鍋の底からかき混ぜましょう。

水なし肉じゃがレシピ②鶏肉でボリューム満点

水なし肉じゃがレシピ②は鶏肉を使ったレシピです。肉じゃがに使う玉ねぎや人参、じゃがいもと、鶏肉の相性はバツグンです。鶏肉を大きめの一口大に切れば、食べ応えもバッチリのボリューム肉じゃがになりますよ。鶏肉はムネでもモモでも、手羽元や手羽先でもOKです。どの部位を使っても美味しいですよ。おすすめは食べやすいモモ肉です。

材料

鶏肉を使った水なし肉じゃがの材料は、鶏肉(お好きな部位)200g、じゃがいも3個、人参1本、じゃがいも3個、白滝1玉、しょう油大さじ2、砂糖大さじ2、みりん大さじ1、酒大さじ1です。

作り方

作り方は、まずじゃがいもは皮を剥いて大きめの一口大に切り、人参はお好みで皮を剥いて一口大の乱切りに、玉ねぎは皮を剥いて串切りにします。鍋に油を敷いて熱し、鶏肉を炒めます。鶏肉の色が変わったら、分量外の酒を入れてさらに炒めます。

切った野菜を加えてじゃがいもの周囲が少し透明になってきたら、砂糖を入れて炒め、他の調味料も加えます。調味料を全部加えたら蓋をして20分ほど煮込みます。

水なし肉じゃがレシピ③ミンチなら少量でコクが出る

水なし肉じゃがレシピ③はミンチを使ったレシピです。ミンチといえばハンバーグやミートボール、ミートソースなどで使うのが定番ですが、肉じゃがに使ってもコクが出て美味しいんですよ。ミンチにも合い挽きや豚肉、鶏モモ、鶏ムネなどいろいろな種類がありますが、コクを出したいなら合い挽きが、さっぱり食べたいなら鶏ムネがおすすめです。いろいろ作ってみてください。

材料

ミンチを使った水なし肉じゃがの材料は、ミンチ(お好み)150g~200g、じゃがいも3個、人参1本、玉ねぎ1個、白滝1玉、しょう油大さじ2、砂糖大さじ2、、みりん大さじ1、酒大さじ1、和風だし小さじ1です。和風だしはなくてもOKです。

作り方

作り方は、まず野菜の皮を剥いて一口大に切り、油を敷いて熱した鍋でミンチを炒めます。肉の色が変わったら、野菜を入れて一緒に炒めます。まんべんなく野菜に油が回ったら、調味料と白滝を入れ、蓋をして20分ほど煮込みます。時々鍋の底からかき混ぜて焦げ付かないようにしましょう。水分がなくなるくらいまで煮込んだ方が美味しくなりますよ。

水なし肉じゃがレシピ④めんつゆで味付けを簡単に

水なし肉じゃがレシピ④はめんつゆを使ったレシピです。めんつゆは和食の味付けにお役立ち調味料ですよね。めんつゆを使えば簡単にお店で食べるような美味しい和食に仕上がります。だから水なし肉じゃがにもピッタリです。

材料

必要な材料は、牛肉200g、じゃがいも3個、人参1本、玉ねぎ1個、白滝1玉、めんつゆ(2倍濃縮)100ml、酒50ml、みりん50mlです。

作り方

作り方は簡単で、まずじゃがいもは皮を剥いて一口大に、人参はお好みで皮を剥いて乱切りに、玉ねぎは皮を剥いて串切りにします。油を敷いて熱した鍋で肉を炒め、色が変わったら野菜を入れてさらに炒めます。野菜全体に油が回ったら白滝と調味料を全部入れて、蓋を閉めて20分ほど煮込みましょう。時々そこからかき回してください。

水なし肉じゃがは圧力鍋で時短調理!

水なし肉じゃがは圧力鍋を使えばもっと簡単に作れます。圧力鍋は圧力をかけ、高温高圧で調理するので怖いというイメージがあって使ったことがないという方もいるでしょう。ですがきちんと正しく使えば安全で、光熱費や調理時間も抑えられるので、圧力鍋はおすすめですよ。

材料

材料は牛肉200g、じゃがいも3個、人参1本、玉ねぎ1個、白滝1玉、しょう油大さじ2、砂糖大さじ2、みりん大さじ2、酒大さじ2です。

作り方

圧力鍋を使った水なし肉じゃがの作り方も簡単で、じゃがいもは皮を剥いて一口大に、人参はお好みで皮を剥いて乱切りに、玉ねぎは皮を剥いて串切りにします。大きめに切りましょう。圧力鍋に油を敷いて熱し、肉、野菜の順番で炒め、調味料を入れて沸騰させます。白滝を加え、蓋をして重りが振れたら3分加熱し、圧が下がるのを待ったかき混ぜます。

再度蓋をして加熱し、おもりが振れたら3分加熱して圧が下がればかき混ぜて出来上がりです。2回目の圧をかける時間は、1回目の蓋を開けてかき混ぜたときの様子を見ながら調節してください。

これからの肉じゃがは美味しい水なしで決まり!

家庭料理の定番の肉じゃがは水なしで作ることで、野菜の甘さが凝縮しとても美味しく仕上がります。焦げ付きも気にならずに簡単に美味しく作れます。これから肉じゃがを作るときには、水なし肉じゃがに決まりですね!

関連するまとめ

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ