玉ねぎを切ると涙が出る理由は?原因・成分から対策もご紹介

玉ねぎを切っているとなぜか涙が出てくることが多いですが、玉ねぎを切ると涙が出る理由はご存知ですか?出来れば玉ねぎを切るときには涙を出さないようにしたいものですよね。今回は、玉ねぎを切ると涙が出る理由や対策を、原因・成分をまとめながらご紹介していきます。

目次

  1. 玉ねぎを切ったら涙が止まらない!
  2. 玉ねぎを切ると涙が出る理由は成分にあった
  3. 涙が出る原因の成分は玉ねぎの辛み成分と同じ?
  4. 玉ねぎに一工夫すれば涙が出るのを防ぐことが出来る
  5. 玉ねぎによる涙を防ぐために調理方法も工夫しよう
  6. 玉ねぎの成分が入ってくる場所を隠す対策もある
  7. 涙を抑える方法を使えば玉ねぎのみじん切りも怖くない!
  8. 玉ねぎのカットが不要のレシピもご紹介
  9. 玉ねぎを切ると涙が出る理由を知っておくと安心

玉ねぎを切ったら涙が止まらない!

生の玉ねぎをカットしていると目から涙が出てきた、なんて経験をしたことがあるかたは多いですよね。玉ねぎを切ることで涙が出るだけでなく、目がしびれるように痛くなって染みる感覚になることもあります。玉ねぎを切ることで涙が出たり目に染みたりするのは、出来れば避けたいものですよね。

他の野菜をカットしても涙が出ないことからも分かるように、玉ねぎを切ると涙が出る理由は玉ねぎに含まれる成分にあります。では玉ねぎのどんな成分が原因になっているのか、また涙が出るのを防ぐ対策にはどのような方法があるのかを、次の章からご紹介していきます!

Thumb玉ねぎの辛味成分を抜くには?切り方のコツやレンジでチンする方法など | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

玉ねぎを切ると涙が出る理由は成分にあった

玉ねぎを切ると涙が出る理由ですが、玉ねぎに含まれる成分にその原因があります。その玉ねぎの成分は硫化アリルと言います。硫化アリルは玉ねぎを切ることで空気中に放たれて、目や口、鼻などから体に入り込みます。そして、体内に入った硫化アリルが目や口、鼻の粘膜を刺激していきます。

硫化アリルによって目や口、鼻の粘膜を刺激されると、脳内で異物が入ったと認識するため体外に出そうとする命令を出します。この玉ねぎの硫化アリルを体外に出す命令こそが「涙を出すこと」なのです。玉ねぎは玉ねぎの内部に含まれておりカットしたタイミングで空気中に放出することから、玉ねぎを切ると涙が出るのですね。

Thumbステーキ肉を柔らかくする方法!玉ねぎやワインを使うやり方など | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

涙が出る原因の成分は玉ねぎの辛み成分と同じ?

玉ねぎを切ったときに放出される硫化アリルが目に入るとしびれるような痛さを感じますよね。ということは、硫化アリルは玉ねぎの辛み成分と同じ成分なのでしょうか?結論から言うと、答えはNOです。玉ねぎの辛み成分は硫化プロピルというもので、一見似ていますが別物の成分になります。

玉ねぎの辛み成分である硫化プロピルは、名前は似ていますが硫化アリルとは違った成分です。玉ねぎの辛みが苦手な人も多いですが、この硫化プロピルは血液をサラサラにしてくれる原因となるため、大事な成分なんです。もし玉ねぎの辛みを取り除きたい場合は、玉ねぎを薄くスライスして10~15分ほど水に漬けておくだけでも辛みを弱めることができます。

Thumb玉ねぎのカロリーは?美容・健康・ダイエットへの栄養効果についても | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

玉ねぎに一工夫すれば涙が出るのを防ぐことが出来る

玉ねぎをカットすることで涙が出る原因を突き止めることができましたが、具体的に玉ねぎによって涙が出るのを防ぐにはどのような対策があるのでしょうか?対策は色々とありますが、まずは調理に使う玉ねぎに工夫を加えた方法をご紹介します。

まずは、玉ねぎをあらかじめ冷やしておくことです。涙が出る原因となる成分の硫化アリルは、玉ねぎをよく冷やしておくことで空気中に漏れるのを防ぐことが出来ます。最もおすすめなのは一度冷凍して半解凍させた玉ねぎを使うことです。玉ねぎを冷凍させておくと中の成分も凍っているのでカットしても空気中に気化しにくいのです。

玉ねぎを凍らせる時間がなければ、冷蔵庫で1時間ほど冷やしておくだけでも涙が出るのを抑える効果があります。さらに、包丁も冷やしておくとより涙を抑える効果はアップします。二つ目の対策は、玉ねぎを水に漬けることです。涙が出る原因成分の硫化アリルは水溶性のため、玉ねぎを半分や1/4にカットした都度水に漬けると水の中に硫化アリルが流れ出ていきます。

また、玉ねぎを加熱調理して使うのであれば、最初に玉ねぎをレンジ加熱するという対策もあります。玉ねぎの皮をむいたら丸ごとレンジに入れて、20秒ほど加熱するだけでOKです。これは玉ねぎを加熱することで硫化アリルが他の成分に変化するため、涙が出るのを抑えるということです。

Thumbコストコのホットドッグをトッピング!ソース・玉ねぎ・ザワークラウト乗せ放題! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

玉ねぎによる涙を防ぐために調理方法も工夫しよう

玉ねぎを切ることで涙が出るのを防ぐ対策は、調理の仕方にもいくつか方法があります。まずは包丁の切れ味をあらかじめ良くしておく方法です。硫化アリルは玉ねぎの内部に含まれていますが、カットすることで玉ねぎの細胞がつぶされて硫化アリルが空気中に流れ出すのです。そこで、包丁の切れ味を良くしておくことで硫化アリルが放出しづらくなりますので涙も出にくくなります。

前述で玉ねぎをあらかじめレンジ加熱する方法をご紹介しましたが、硫化アリルは熱によって他の成分に変化する性質があります。よって、玉ねぎを切る際に熱の近くで切ることも効果があるとされています。さらに、そもそも玉ねぎを切らずに丸ごと使ってしまうのも一つの方法です!最近では小さめの玉ねぎもよく売られていますので、玉ねぎを丸ごと使ったメニューもおすすめですよ。

玉ねぎの成分が入ってくる場所を隠す対策もある

玉ねぎを切ると空気中に発生する硫化アリルは、目や口、鼻から体内に入って粘膜を刺激します。このことから、対策としては体内に入ってくる入り口を隠すという方法もあります。例えば、玉ねぎを切るときにマスクをつけたり、眼鏡をかけたりするだけでも、玉ねぎの硫化アリルが侵入する可能性が少なくなります。

玉ねぎを切っていると涙が出てきて、目も痛くなるため目を閉じてしまう人がいますが、玉ねぎを切っている最中に目を閉じるには非常に危険ですので気をつけてください。もしも玉ねぎが目に染みて涙が出てきたら、我慢せずに一度作業を中止し、時間をおいてから少しずつ切るようにすると良いでしょう。

涙を抑える方法を使えば玉ねぎのみじん切りも怖くない!

玉ねぎは細かくカットすればするほど細胞が破壊されて、涙が出る原因の硫化アリルが放出されます。よって最も涙が出る切り方は玉ねぎのみじん切りになります。玉ねぎのみじん切りも、前半にご紹介した対策によって涙が出る確率をぐんと低くすることができますので、恐れずに挑戦してみましょう。

玉ねぎのみじん切りさえクリアできれば、ハンバーグやチキンライス、オムライスなど洋食の定番メニューをはじめ、チャーハン、スープ、ドレッシングなど様々なメニューに活用することができます。玉ねぎのみじん切りは小分けにして冷凍保存することも可能です。時間のある時に沢山用意しておくと、時短にもなって調理がはかどりますよ。

玉ねぎのカットが不要のレシピもご紹介

玉ねぎを切らずにまるごと使ってしまえば、そもそも涙が出る原因の硫化アリルを外に出さずに済みます!玉ねぎを丸ごと使ったメニューでおすすめなのが、丸ごと玉ねぎのトロトロスープです。大きな玉ねぎも、コンソメスープでじっくりコトコト煮込んであげることで、トロトロでとっても甘い玉ねぎを楽しむことが出来ます。

丸ごと玉ねぎを使ったおでんも大変おすすめです。おでんの具に玉ねぎを入れるのはなかなか変わり種ですが、おでんの出汁と玉ねぎの甘さがとっても良く合うメニューです。おでんの出汁は、白だしと水だけで作ることができるので、ご自宅でもとっても簡単に本格的なおでんを楽しむことが出来ます。色々なおでんの具を入れることで、具材から良い出汁がでて一層美味しくなります。

玉ねぎを切ると涙が出る理由を知っておくと安心

玉ねぎを切るときには目に染みたり涙が出てくるのに悩まされますが、しっかりと対策をとればそんな悩みからも解放されます!ぜひ、玉ねぎによって目に染みない方法のコツを覚えて日々のクッキングに生かしましょう!

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ