スクランブルエッグの作り方とレシピまとめ!ふわふわ食感で幸せ気分!

スクランブルエッグには色々な作り方やレシピがあります。おいしくてふわふわなスクランブルエッグはもちろん、目にも楽しいスクランブルエッグを簡単に作ってみませんか?今回は奥深いスクランブルエッグの作り方やレシピを伝授します。

目次

  1. スクランブルエッグとは
  2. レシピが豊富な卵は栄養満点
  3. スクランブルエッグの歴史
  4. イギリス式スクランブルエッグの作り方
  5. フランス式スクランブルエッグの作り方
  6. アメリカ式スクランブルエッグの作り方
  7. スペインのスクランブルエッグの作り方
  8. イタリアのスクランブルエッグの作り方
  9. トルコのスクランブルエッグの作り方
  10. ふわふわスクランブルエッグにする簡単な作り方
  11. 時短スクランブルエッグの作り方
  12. 低カロリースクランブルエッグの作り方
  13. スクランブルエッグのレシピに加えたい野菜
  14. スクランブルエッグのレシピに加えたい食べ物
  15. ふわふわ簡単スクランブルエッグの必須アイテム
  16. スクランブルエッグのおいしいお店
  17. 色んなスクランブルエッグの作り方をマスターしよう

スクランブルエッグとは

スクランブルエッグとはどんな食べ物なのか、おそらく今や知らない人はいないくらい有名で人気の洋食の一つですよね。ホテルの朝食で必ず見かけるスクランブルエッグ。自宅で目玉焼きやオムレツを作るつもりが、失敗してスクランブルエッグになってしまったという方もいませんか?

スクランブルエッグとは、鶏の卵に塩や胡椒などの調味料を加え、かき混ぜながら火を通す料理です。卵には塩や胡椒のほかに野菜やお肉を混ぜても構いません。炒めるときは食用油やバターを使用します。各国、各地域で根付いている家庭料理の一つです。

レシピが豊富な卵は栄養満点

「卵は食べ過ぎると太ってしまう」「卵はコレステロールが高いから一日2個までしか食べない」というこだわりを持っている人がいるのではないでしょうか?その知識は2015年に推奨されていたルールではなくなったことからもわかるように、間違った考えだったといえます。

老化防止や生活習慣病の予防にいい

nanamarustoreさんの投稿
21984994 170317523544382 4364875503719415808 n

卵白はすべて必須アミノ酸で出来ており、うち98%を体内へ吸収できるといわれています。必須アミノ酸は抗酸化作用を持っており、老化防止や生活習慣病の予防に役立ちます。他にもビタミンAやビタミンD、ミネラルが豊富で非常に栄養価が高い食品だということがわかります。

プロテインが豊富

ボディービルダーや筋トレ愛好家が好んで食べる人気の食品の一つが卵。なぜなら、卵は一日の必要プロテインの3分の1を2個の卵を食べるだけで摂取できてしまうからです。プロテインは筋肉や骨、髪の毛、皮膚などのもとになる大事な栄養素なので積極的にとりたいですね。

スクランブルエッグの歴史

tori_to_tamagoさんの投稿
21372086 289216148223222 5626615515213463552 n

スクランブルエッグはいつどこで作られるようになったのでしょうか?実はその起源はよくわかっていません。ただ、中世の時代、ローマ帝国の文献で何かを卵で炒ったスクランブルエッグのようなレシピの料理が記載されていることから、おそらく2000年以上前から存在している料理なのではないかと言われています。

kwskanさんの投稿
22069139 938210952998195 2493352115896844288 n

そんなスクランブルエッグは世界各国で様々な作り方やレシピが存在し、日本では知られていないものもあります。日本では人気朝食のメニューの一つでしかないスクランブルエッグが、夕食のメイン料理として提供されている国もあります。一体どんなレシピのスクランブルエッグなのでしょうか?ここからは世界のスクランブルエッグ事情をレシピを含めて見てみます。

イギリス式スクランブルエッグの作り方

イギリスで作られる定番スクランブルエッグを見てみましょう。材料はいたってシンプルなレシピで、卵、塩、バターを準備します。厚手の鍋を中火にかけます。温まったら、たっぷりとバターを入れて溶かします。バターが溶けたところで、卵2個をかきまぜて塩だけを少々加えたものを鍋に流し入れます。スパチュラでぐるぐるとなおかつ、ささっとかき混ぜ、卵が完全に固まる前のとろっとした状態で火をとめて完成です。

ursandnicさんの投稿
22157470 1875550876096738 8204163468446662656 n

イギリス式スクランブルエッグはベイクドビーンズや焼きトマト、マッシュルーム、ハッシュブラウン、ハムやソーセージなどと一緒に食べます。伝統的なイングリッシュブレックファーストになります。英国式朝食はアメリカンブレックファーストやコンチネンタルブレックファーストよりも素晴らしいと評されています。

フランス式スクランブルエッグの作り方

stephanieqgさんの投稿
22071480 1929134944020091 3908307891605471232 n

まず、鍋に水をかけしっかり沸騰させます。レシピは同じく、卵、バターのみ準備します。その鍋の上に卵4個をかきまぜたボウルを置きます。鍋から出る蒸気で卵液を温めていきスクランブルエッグを作ります。途中、強くかき混ぜ、またしばらく待ち……という作業を何度か繰り返します。6分後にはとろとろっとした状態になるので、そこにバターの塊をいくつか入れ、スパチュラでかき混ぜれば完成です。

berlin.gal.eatsさんの投稿
22159529 272088859967893 7587377135057108992 n

フランス式のスクランブルエッグの作り方は手間がかかりますが、ホテルの朝食に出てくる人気メニューのスクランブルエッグに似た上品でとろとろの味を再現できます。週末の時間に余裕がある朝に作ってみれば、優雅なひと時を送れるのでおすすめです。

アメリカ式スクランブルエッグの作り方

the_united_states_of_americaさんの投稿
11230568 1677326815829109 1228847992 n

まず、こちらのレシピも同様で卵、バターを準備してください。お好みですが、2個~4個の卵をかきまぜ塩を入れておきます。フライパンにバターをたっぷりと入れて溶かし、卵を流し込みます。炒り卵を作るのとは逆で、ゆっくりと包み込むようにスパチュラで混ぜます。オムレツになるようなならないような感じです。半熟の状態で火を止めて出来上がりです。

chroniclesoftintinさんの投稿
22071485 1315532131907812 7278165229484113920 n

アメリカ式のスクランブルエッグはある程度まとまっているので、食べやすいですね。忙しい朝でも簡単な作り方なので定番朝食に加えられそうです。ハッシュドポテトやソーセージ、パンケーキを添えれば、アメリカンブレックファーストの出来上がりです。

スペインのスクランブルエッグの作り方

rinne172さんの投稿
22158841 131294597615544 1250037312239173632 n

スペインのスクランブルエッグは卵だけのシンプルなものではありません。地方によって卵に加えるものが変わります。北スペインはトマトソースやパプリカ、なすびを加えます。南はチーズやピクルス、西は魚や玉ねぎ、にんにくを加えます。おいしくてボリューム満点のスクランブルエッグです。

la_comidacomidaさんの投稿
14719541 218686151887773 7594113426188664832 n

今、スペイン・バスク地方のタパスが人気ですよね。バーでビールやワインと一緒につまむ「おつまみ」のようなものですが、スクランブルエッグはバゲットやクラッカーに乗せてもおいしく、見栄えもするのでおすすめです。家でも簡単に作れそうですね。

イタリアのスクランブルエッグの作り方

イタリアのスクランブルエッグも卵だけではありません。夏になると甘くておいしいトマトがたくさん取れます。イタリアではそんな新鮮なトマトとバジル、パルメジャンチーズを加えたさっぱりとしたイタリアらしいスクランブルエッグを作ります。

patriciahopfさんの投稿
21980944 325291207935555 3388603461376409600 n

イタリアのトマトを日本で手に入れることは難しいですが、日本でも最近品種改良して作られていて人気の「フルーツトマト」で代用して作れそうですね。生のトマトを炒めるのはちょっと抵抗があるかもしれませんが、甘みが増してとてもおいしいのでおすすめです。

トルコのスクランブルエッグの作り方

yuwa25travelさんの投稿
22069461 787494381433270 4920995389693231104 n

トルコでは玉ねぎ、ピーマンと新鮮なトマトを加えたスクランブルエッグがメインディッシュとして食べられます。このピーマンを青唐辛子に変えて、ピリッとしたスクランブルエッグが食べられることもあります。トマトはすりおろして使われ、半熟トロトロになるのがポイントです。

bcemtさんの投稿
21107975 1526865684018515 6700576777682550784 n

青唐辛子を使えば、大人向けのスクランブルエッグでおすすめです。ピーマンで作れば、ピーマン嫌いな子供も食べてくれる一品になるかもしれません。トルコでの正式な料理名は「メネメン」といいます。トルコの家庭料理のひとつです。

ふわふわスクランブルエッグにする簡単な作り方

家でも簡単にふわふわでおいしいスクランブルエッグを作ってみませんか?卵だけのシンプルなレシピで作ることも可能ですが、実は家にある食材を少し加えると、味わい深くてふわふわのスクランブルエッグを簡単に作ることができます。

①マヨネーズとベーキングパウダーのレシピ

卵1個、塩を少々、そしてマヨネーズ小さじ1と少しだけべーキングパウダーを加え、しっかり混ぜます。温めたフライパンには、バターでもオリーブオイルでもお好みで油をしいておき、そこへ卵を流し込みます。弱火にかけながらゆっくり優しく混ぜて出来上がり!簡単なのにとってもふわふわのスクランブルエッグができます。

food.ki.maさんの投稿
21985179 1792768611013351 5676165981676765184 n

ベーキングパウダーがスクランブルエッグを軽い触感にし、マヨネーズがスクランブルエッグの味をまろやかにしてくれます。マヨネーズが玉になりやすいのでしっかりと混ぜてからフライパンへ投入しましょう。簡単でおいしいおすすめのレシピです。

②お麩を入れるレシピ

卵1個、塩を少々、そして今度はお麩を加えます。先にお麩の準備をします。お麩は細かく砕いて、牛乳か生クリームに浸しておきます。お麩がすべて吸収したところで、卵と塩と一緒にしっかり混ぜます。そして、熱々のフライパンに流し込み、周りが固まりだしたら、お箸で混ぜて完成。こちらも自宅にあるもので簡単にふわふわスクランブルエッグが作れてしまうレシピです。

jupeko_oderenkoさんの投稿
21227824 121537488504559 2767572042441031680 n

色がついていないシンプルなお麩を使いましょう。しっかり牛乳か生クリームに浸すのがポイントです。生クリームだとちょっとこってりとした味になるので、朝から重めの料理を食べたくない人は牛乳で作るのがおすすめ。ヘルシーにしたい場合は豆乳で作るレシピをおすすめします。

③片栗粉を使うレシピ

卵1個、塩を少々、そして片栗粉と溶けたバターを加えます。まず、溶けたバターに片栗粉を少しずつ入れて混ぜます。だまになりやすいので、ミキサーやホイッパーを使うようにします。よく混ぜたら、卵と塩と一緒に加えて、熱々のフライパンへ流し込みます。固まりやすいので、始めからヘラでぐるぐる回すようにして火を通して出来上がり。こちらも簡単にふわふわスクランブルエッグが作れるおすすめレシピです。

tottistaさんの投稿
21569320 116658935710605 169223665672519680 n

とろみをだすレシピで必ず登場するのが「片栗粉」ですよね。あらゆる料理の隠し味で使われています。片栗粉を入れすぎてしまうと、卵の味ではなく、片栗粉独特のじゃがいものような、粉っぽい味になってしまうので要注意です。少しだけ入れる気持ちで使ってみましょう。

時短スクランブルエッグの作り方

①電子レンジとシンプルレシピ

深めのお皿に卵を溶き、塩コショウを加えます。ラップをしないで、電子レンジに入れ、1分18秒温めます。取り出したら、すぐにフォークで混ぜて出来上がり。アメリカ式に似たちょっと固めのスクランブルエッグレシピになります。パンにはさむのにもよい硬さです。

②電子レンジとマヨネーズのレシピ

深めのお皿に卵1個、マヨネーズ小さじ1、牛乳小さじ1、お好みでブラックペッパー少々、お塩を少々入れて混ぜます。マヨネーズが混ざりきらなくても大丈夫です。レンジにラップをせずに1分温め、フォークで混ぜます。固めが良ければ追加で20秒温めてください。まろやかでふわふわなスクランブルエッグレシピです。

③電子レンジとチーズのレシピ

nerukumariさんの投稿
21435856 1581627161888291 7175968724648722432 n

深めのお皿に卵1個、スライスチーズ1枚、塩コショウをお好み振り入れます。スライスチーズは手で適当にちぎっていれるようにします。かき混ぜて、ラップをふわっとかけて、600wで30秒加熱します。取り出してフォークで混ぜて、また20秒加熱します。取り出して混ぜて完成。時短レシピですが、本格的なふわふわスクランブルエッグが食べられます。

低カロリースクランブルエッグの作り方

①お豆腐を使うレシピ

yukarint0uさんの投稿
22069488 1425341790917371 1631834345503195136 n

豆腐半丁をどんぶりに入れて、500w5分間加熱します。ざるにあげて、しっかり水気を切ります。卵2個と塩少々を加え、一緒に混ぜます。フライパンを火にかけオリーブオイルを入れます。温まったら中火にし、先ほどの豆腐と卵を流しいれゆっくりかき混ぜます。お好みの硬さになったら取り出して出来上がりです。かさが増すのにヘルシーでおいしく食べられるレシピです。

②ヨーグルトを使うレシピ

labeille_officialさんの投稿
22069196 1701302129881225 4737707548667281408 n

フライパンにお湯を沸かします。フライパンより小さめのボールに卵2個、ヨーグルト大さじ1、砂糖大さじ1、塩少々を入れてしっかり混ぜておきます。フライパンのお湯が沸騰したら、ボールをお湯に浮かべ、お箸で混ぜながら火を通します。お好みの硬さになったら取り出して出来上がりです。牛乳よりさっぱりしたスクランブルエッグを味わえるレシピです。

③塩こうじを使うレシピ

cafewilldさんの投稿
21577253 1672499782763171 6863269941286535168 n

耐熱容器に卵1個、牛乳小さじ1/2、塩こうじ小さじ1/2を入れて混ぜます。ラップをふわっとかけて、600w40秒加熱します。お箸でかき混ぜ、また20秒加熱します。取り出してお箸でかき混ぜて出来上がり。固めがいい方は追加で加熱してください。油も使わないヘルシーレシピです。

④もち麦との作り方

もち麦は外袋の表示通りに茹でて、冷水で流し水を切っておきます。容器に卵2個、ゆでたもち麦30グラム、豆乳50㏄を入れ混ぜます。中火にかけたフライパンに油を適量入れ、先ほど混ぜたものを流し込みます。最初は箸で混ぜて崩すようにします。固まりかけてきたらスパチュラで底をなでながらまとめて出来上がりです。植物繊維が取れるおすすめレシピです。

スクランブルエッグのレシピに加えたい野菜

agresort.jpさんの投稿
22071536 299690857179144 1078748785204527104 n

卵と塩にバターやオリーブオイルなどのシンプルなスクランブルエッグもおいしいですが、やはり朝食のサイドメニューというイメージが強いですよね。夜のメイン料理やおつまみにボリュームを持たせたい時、おすすめの野菜を使ったおいしいレシピを紹介します。

①アボカドと玉ねぎとの作り方

kinggeorgedeliさんの投稿
22157914 1713175698991446 7459359480111693824 n

アボカドは生野菜でサラダで食べるものだと思っている方が多いと思いますが、火にかけてもおいしく食べられます。ちょっと熟していないアボカドを使うのがおすすめ。玉ねぎをみじん切りにし、透き通って来たところで、四角形に切ったアボカドを入れてさっくりと炒めます。そこに、塩を入れた溶き卵を流しいれ、優しく混ぜれば出来上がり。まったりおいしいレシピです。

②カラフルなパプリカとの作り方

marmara1964さんの投稿
21984818 540739312931255 1258863435672715264 n

黄色や赤のパプリカは火に通すととっても甘くなります。このパプリカをまず細かく切り、熱したフライパンへ入れ、しっかり火を通します。パプリカがしなっとしたら火を止めて冷まします。冷めたら、汁を切り塩を入れた溶き卵に混ぜ、熱々のフライパンに流しいれます。ゆったりと混ぜて出来上がり。パプリカの甘みが引き立つ目にも楽しいスクランブルエッグレシピです。

③トマト缶との作り方

イタリアやトルコでは生のトマトを入れてスクランブルエッグを作っていましたが、生ではなく缶に入っているトマトペーストを入れて作ります。赤いスクランブルエッグになります。ポイントは先にトマトペーストをフライパンで温めること。ふつふつしたところに、溶き卵とあればとろけるチーズを入れてぐるぐる混ぜまる簡単レシピ。クラッカーと一緒に食べるのがおすすめです。

スクランブルエッグのレシピに加えたい食べ物

allroadsleadtohealthyさんの投稿
22069830 103022270440048 2177659615775293440 n

野菜を加えるのもおいしいですが、もっとプロテインをアップさせたい、満足感が欲しい場合には、どんなものを入れるとおいしいでしょうか?ふわふわでありながらも簡単でおいしいスクランブルエッグレシピに合う食べ物を見ていきます。

①スモークサーモンとクリームチーズのレシピ

sargesdeliさんの投稿
18888863 218122698723877 5999077711937536000 n

卵に魚、チーズの組み合わせは、とても高いプロテインのレシピになります。塩を入れた溶き卵をフライパンに入れて、火が完全に通りきる前にスモークサーモンとクリームチーズを入れます。火を止めてさっさっと軽く混ぜれば出来上がり。彩りを考えてパセリを振ると美しくもおいしいスクランブルエッグが食べられます。

②オリーブとモッツアレラチーズのレシピ

塩気のあるオリーブとさっぱりとしたモッツアレラチーズの組み合わせは、スクランブルエッグをよりおいしく食べられるおすすめレシピです。種の入っていないオリーブをスライスしておきます。モッツアレラチーズは小さめの正方形に切っておきます。フライパンを火にかけて、塩が入ったとき卵をモッツアレラと一緒に流しいれます。モッツアレラチーズが卵と一緒にトロっとしたところで火を止めます。オリーブを入れてかき混ぜて出来上がり。地中海の香り漂うおすすめレシピです。

ふわふわ簡単スクランブルエッグの必須アイテム

おいしくてふわふわなスクランブルエッグを自宅で簡単に作るためには、おいしいレシピも大切ですが、やはりキッチン用品をしっかりそろえておく必要があります。ここでは、スクランブルエッグを作るのにおすすめのキッチン用品をチェックしていきましょう。

①ハンドミキサー

sumi7723さんの投稿
15876145 1230613940352306 8210047165620289536 n

卵と他の調味料をしっかり混ぜることは、味を安定させることにおいてとても大切です。もちろん、フォークやお箸でも混ぜることができますが、卵黄と卵白を簡単に混ぜるうえでおすめなのはハンドミキサー。様々なレシピに対応できて、かたずけの手間もそんなにかからないのでおすすめです。

②ステンレス加工のフライパン

kaypineapple0727さんの投稿
22071190 1981647525420405 3764498926107885568 n

ステンレス加工のフライパンであれば、卵がくっついてしまい、スクランブルエッグの量が半減してしまうことは起こりません。おいしいスクランブルエッグはふわふわであることがポイントなので、ステンレス加工のしっかりしたフライパンを購入しましょう。

シリコン製のスパチュラ

レシピによってはフライパンで卵をさっくり混ぜることが必要なスクランブルエッグ。そのときに大活躍するのがスパチュラ。もちろん、ゴム製のものでも大丈夫ですが、医療器具にも使われるほど耐熱性に優れ、加熱料理にも問題なく使えるシリコン製のスパチュラを一つ持つことをおすすめします。

スクランブルエッグのおいしいお店

tomoko0821さんの投稿
21107173 348721935562111 1571880592075653120 n

簡単なスクランブルエッグをレシピを調べて家で作るのも楽しいですが、たまには楽したいと思う日がありますよね。最近朝食をレストランで食べることが人気になっています。おいしいスクランブルエッグを食べられる人気のお店を紹介していきます。

おすすめの人気店①bills(ビルズ)

billsrestaurantさんの投稿
19932293 784710845021938 6707908450065580032 n

日本にまだ数店舗しかないニューヨークタイムズ紙で「世界一の朝食」と評された「bills(ビルズ)」。本店はオーストラリア・シドニーにあります。リコッタパンケーキで一躍有名になり、セレブでさえわざわざ本店まで足を延ばして食べに行くという人気ぶりです。

billsrestaurantさんの投稿
18513476 1155285111267945 8243580028294529024 n

ここのスクランブルエッグはリコッタパンケーキに負けず劣らず大人気。シンプルなレシピですが、腕がないと作れないふわふわスクランブルエッグです。あのレオナルド・ディカプリオもあまりのおいしさにはまってしまい、毎日通い詰めていたとのこと。気になるお値段は1200円。パンをなしで注文すれば1000円です。

店舗によって営業時間が異なり、早いところは8時から、遅くても9時には開店しています。お腹を空かせて是非このふわふわスクランブルエッグを味わってみてください。ちなみに、ホットサンドや焼き立てスコーンなど他のメニューも充実しています。

東京近郊を中心に展開されているBills「ビルズ」ですが、今後大阪、福岡へと店舗をオープンさせるようです。どの店舗も食事だけでなく、お店の内装や立地にこだわりを感じます。たくさんの自然光が入り、エレガントで落ち着くテーブルがゆったりとした朝の時間をより豊かにしてくれます。大人気なので、予約することをおすすめします。

おすすめの人気店②Eggs'n Things(エッグスンシングス)

eggsnthings_jpさんの投稿
20180719 1734641326563667 447604934490193920 n

1974年創業のハワイのレストラン。こちらはパンケーキの火付け役となったお店ですが、卵料理もとても有名です。昼でも夜でもボリュームたっぷりの「朝食」を食べられるお店でメニューも豊富です。すでに大都市には店舗が点在しているので、身近なレストランになっていますね。

eggsnthings_jpさんの投稿
18722813 1973899909510399 959917945046171648 n

ここのスクランブルエッグのレシピはしっかりめに火が通っていて、ライス、ベイクドポテト、トースト、パンケーキ(プラス300円)のどれか一つを選んで一緒に食べることができます。スクランブルッグではなく、目玉焼きが食べたい人は、目玉焼きへ変更し、なおかつ硬さまで注文することができますよ。

各店舗では限定メニューをたくさん取り揃えているので、すべての店舗に行きたくなってしまうかもしれません。定番メニューの卵料理はどこも同じレシピのようなのでご安心を。まだまだ人気レストランなので、朝よりも夜に行くほうが比較的楽にお店に入れるのでおすすめです。

色んなスクランブルエッグの作り方をマスターしよう

簡単に作ることができるスクランブルエッグ、意外と奥が深く種類が豊富なことがよくわかりました。忙しい朝には、スクランブルエッグの便利な作り方を活用して充実した朝食を食べてみてはいかがですか?ゆっくりできる週末には、手間がかかるスクランブルエッグで優雅に過ごしてみてください。ふわふわスクランブルエッグでしあわせ気分を満喫してくださいね。

関連するまとめ


アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ