ハーブの寄せ植え!相性の良い種類や準備するものなどおすすめ紹介!

最近はガーデニング人気が高く、小さい庭やベランダでも育てる人が増え続けています。その中でも、家庭で色々な使い方が出来るハーブの寄せ植えが人気です。初心者でも簡単に人気のハーブの寄せ植えが出来るようにおすすめやポイント、注意点などを紹介していきます。

目次

  1. ハーブのある生活
  2. ハーブの由来
  3. ハーブの寄せ植えポイント
  4. 寄せ植えはハーブの個性を合わせる
  5. ミントは危険なハーブ
  6. ハーブの寄せ植えに必要なものとは
  7. 寄せ植えに良く使われるプランター
  8. いい苗の選び方
  9. ハーブの水やりの方法
  10. ハーブの寄せ植えの時期
  11. ハーブと花の寄せ植え
  12. 寄せ植えの相性
  13. スィートバジルとスィートバイオレットの相性
  14. スペアミントの寄せ植え
  15. ストロベリーポットでハーブの寄せ植え
  16. ハーブの用途
  17. 寄せ植えでハーブのある生活を!

ハーブのある生活

寄せ植えとは

hukusukedaiさんの投稿
29717364 2015985595331876 4610070977580105728 n

花を咲かせる植物と一緒にして見た目を良くし、ベランダなどの限られた範囲で種類の違う植物を同じ鉢で育てる事を寄せ植えと言います。今回は使い道の多い人気のハーブの寄せ植えを紹介していきます。ハーブの種類、準備するもの、ハーブとの相性などハーブにも特性があります。

寄せ植えと寄せ鉢

ty888.nolaさんの投稿
29740180 164040097753734 6068866042824753152 n

ハーブは花も咲かせて相性がいい種類同士で寄せ植えにして観賞出来ますが、相性の悪い種類の場合でも個別に鉢を合わせる事で寄せ鉢として寄せ植えのように楽しむ事が出来ます。また同じ鉢でも仕切り板等を利用する事で一緒に育てられるハーブもあります。日当たりが苦手なハーブと日当たりを好むハーブは、種類が違い、一緒には出来ないので注意が必要です。

ハーブの種類

i.i.houseさんの投稿
30602944 1016097391890185 4123445204348829696 n

ハーブには数えきれないほどの種類が存在します。それぞれに効能や効果があると言われています。ここでは初心者でも簡単に寄せ植え出来る人気のおすすめのハーブを紹介します。自分に合うハーブを見つけてハーブの花や効能を楽しみましょう。

ハーブの由来

ハーブの歴史は古い

ハーブはラテン語で草を意味するherbaに由来していると言われます。ハーブは世界中に生息しており、それぞれの国や地域で伝説や迷信が語られています。漢方として治療にも取り入れられています。

yutakamisakaさんの投稿
30080001 182650239055372 7593551923639222272 n

ハーブの由来は古く、人類の起源にまでさかのぼるとまで言われています。そのため、ハーブの効能には古い儀式に使われていたとの伝説も多数語り継がれています。悪霊から身を守るためにハーブを利用して、大流行したペストなどの感染病の治療や予防にハーブは効果的だったようです。

oliveoliv0901さんの投稿
35998739 1168690453270865 8204010988517720064 n

日本では食用として人気のハーブですが、間違った利用方法をしてしまうとアレルギーなどの悪影響を及ぼす事もあります。心と身体がハーブで癒されるようにするためにも間違ったハーブの種類や使い方にならないように知識を身につけるようにする事も大事になってきます。

Thumbハーブの種類はどんなものがある?目的別におすすめのハーブをご紹介! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

ハーブの寄せ植えポイント

生長期が似ているハーブとの寄せ植え

kana_ibaragiさんの投稿
28752883 1721551801238307 741362332256436224 n

ハーブを寄せ植えするときのポイントとして1番に挙げられるのは日当たりになります。基本的にはハーブは日当たりを好みますが、日当たりが苦手なハーブとは水加減も違ってきますので寄せ植えには向いていません。ハーブの寄せ植えをする場合は、生長して育つ環境が似ているもの同士の組み合わせが寄せ植えにおすすめです。

繁殖力の強いハーブは寄せ植えに向かない

ハーブには繁殖力の強い性質のものがあります。繁殖力の強いハーブと寄せ植えしてしまうと繁殖力の弱いハーブは枯れてしまいます。名前が知られているミントはその代表的なハーブに挙げられます。ミントは鉢などで育てるのがおすすめです。

寄せ植えはハーブの個性を合わせる

日当たりや乾燥を好むハーブ

bunchan924さんの投稿
20184897 106360213364320 8835722702628061184 n

ハーブの代表とも言えるラベンダーをはじめゼラニウム、セージ、タイム、ローズマリー、ミントなどが日当たりを好み乾燥した風通しの良い場所で成長します。

日当たりに弱く多湿を好むハーブ

naomatsu3154さんの投稿
28766741 142779343212368 2257994268922609664 n

多湿を好むハーブとし紫の花を咲かすスィートバイオレット、シソ、チャービル、ルー、マジョラムなどが挙げられます。またフェンネル、キャットニップなどのハーブは乾燥に弱く、こまめな水やりが必要になります。

ハーブは交雑しやすい

ミント科の種類同士、シソ科の種類同士で寄せ植えして放置すると知らない間に交雑してハーブの香りがなくなるものがあります。ハーブが雑草になってしまう可能性があります。せっかくのハーブが台無しにならないように寄せ植えには仕切りと間隔が必要になります。

ミントは危険なハーブ

強い繁殖力と生命力

メントールに富む葉が、料理や菓子類に使われているミントは繁殖力の強いハーブです。ミントは雑草のように抜いても生長して花を咲かせますが、庭には植えてはいけないと言われる方もいるほど強い繁殖力を持ちます。どこからでも根を生やせるので他の植物を枯らしてしまう危険があるのです。

ミントが危険な理由

yamax317さんの投稿
13397415 726808857462101 1860953704 n

ミントは色々な用途に良く使われる代表的なハーブですが、危険と言われるほどの繁殖力を持ちます。その理由はミント本体のどこからでも根が生えて生長するからです。放置しておくとミントの根だらけになってしまいます。ミントも花を咲かせますが、観賞用とは言えないようです。撤去するにも大変なほどの生命力を持っています。

Thumbミントの種類って沢山あるの?葉の特徴などから数品種をご紹介! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

ハーブの寄せ植えに必要なものとは

ハーブの苗

stitchinsistaさんの投稿
29401980 173068916676625 1732590580300513280 n

ハーブの種もたくさんありますが、初心者なら苗から育てる方が簡単です。初夏の季節より様々なハーブが見て選べるので、自分に合うハーブを探す事が出来ておすすめです。

土や肥料

takapprsさんの投稿
21879458 115685152512289 698911000056823808 n

ハーブをすくすくと生長させるために寄せ植えの土は培養土がおすすめです。ハーブが育つための肥料がバランス良く配合されており、初心者に向いています。また、ハーブを食用に使う予定なら有機培養土を選びましょう。培養土と一緒に土の下に敷いて水はけを良くするための軽石も準備するのがおすすめです。

ハーブの寄せ植え用鉢

gattabooozuさんの投稿
30078783 2180096808887558 6296311451938193408 n

ハーブの寄せ植えに合うサイズの鉢も必要となりますが、色々な素材やデザインの物があります。花や置き場所に合わせてインテリアとしての鉢を選ぶことをおすすめします。寄せ植えの苗に対して大きめの鉢を選ぶのがポイントです。

take_n.m.eさんの投稿
30590615 167057477344060 2106801417124577280 n

ハーブの寄せ植え用の鉢にプランターをおすすめしている方も多いようです。プランターも形や大きさのバリエーションがあるので、寄せ植えの規模や置き場所などを考えながら自分に合ったプランターを選ぶのがおすすめです。

先が細めのスコップ

na__mi__sa__nさんの投稿
29740460 596526377360030 6200767675350646784 n

ハーブの寄せ植えに使うスコップには先が細めになっているスコップがおすすめです。土をすくう部分は広く使えて、先の細めの部分で鉢の中の細かい作業に適したスコップが良いです。ガーデニング用でしたら殆どの商品が鉢植えに使いやすい形になっています。

じょうろ

kani_familiarさんの投稿
12328343 1055235251182690 2105873063 n

じょうろもたくさんの種類が豊富に揃っていますが、どうせなら見た目から花を楽しめるデザインがおすすめです。寄せ植えはスペースの狭さをカバーする意味も兼ねていますので持ちやすい先が細口のインテリアや好みに合わせて選びましょう。

ハサミ

kotokoto3710さんの投稿
21433566 1606037509459415 4284906154720493568 n

ハサミは植物の茎や枝を切る剪定の用途に使いますので、ガーデニング用の園芸ハサミやガーデニングハサミと呼ばれるものがおすすめです。握り具合や大きさ、重さを確認して購入しましょう。

ガーデニング雑貨

nonko.22さんの投稿
30591036 190790101721832 1547255431443775488 n

ガーデニング雑貨は100均にもたくさん揃っていますので自分に合ったペースで園芸インテリアとして楽しみましょう。園芸道具や手袋等有れば便利なものが多数揃えられていますので、選ぶ楽しみもありますね。

寄せ植えに良く使われるプランター

プランターのサイズ

mayuge8360さんの投稿
30604211 823018634548587 3436372796312125440 n

寄せ植えを作るのに欠かせないのがプランターです。プランターとは、鉢植えの容器の1種で長方形の形をした物が一般的です。一つの鉢で複数の植物を育てるための鉢と説明する方が分かりやすいですね。大きさの表示方法ですが、型と号が使われています。例えば10型と表示されていれば横幅が10センチ、10号でしたら横幅が30センチと理解しておきましょう。

プランターの使い方

greenp88さんの投稿
25015972 191638654722007 2268324678881771520 n

プランターに土を入れる準備として底面に鉢底石やネットを置いて有機培養土を入れましょう。一杯に入れずに3センチほどのウォータースペースを残すのがおすすめです。プランターに鉢底石やネットを置いてから土を入れるのはプランターの底から侵入する病害虫を予防する意味もあります。

いい苗の選び方

takahashi_syubyoさんの投稿
28763266 2016348378685001 7535148245383643136 n

病害虫の付いていない葉っぱが鮮やかな色をした苗を選ぶのがおすすめです。下葉が枯れている苗は根詰まりや根腐れの可能性もあります。また根が白く、ぐらつかない苗を選びましょう。

cat.1202さんの投稿
20482463 109053703097751 800403409428545536 n

日当たりが悪い場所の苗は徒長してひょろっとしています。コンパクトにまとまっている苗がおすすめです。また、ハーブの種類によってお店に出回る時期も違いますので、早めに購入して手入れ出来る準備をしましょう。

ハーブの水やりの方法

ハーブの水やりはハーブの種類で二通りに分かれます。土が乾くと枯れてしまう多湿を好むハーブにはこまめな水やりが必要になります。その反面、乾燥を好むハーブは水の与えすぎにより根が腐ってしまう根腐れを起こしてしまいます。土が乾いたら水やりをするのがおすすめです。

夏の水やり

ozkayumさんの投稿
22220851 132316537413896 5510658742615539712 n

夏の期間はすぐに土が乾いてしまうのでこまめな水やりが必要です。また昼間の水やりは水蒸気で葉っぱが葉焼けを起こしてしまうので、涼しい午前中か夕方に水やりをするのがおすすめです。

冬の水やり

冬の期間は種類によって水やりが不要なハーブもあります。晴れた日の午前中に水の与えすぎに注意しながら水やりをするのがおすすめです。特に乾燥を好む種類のハーブは、土が乾かないうちに気温が下がってしまい根が傷む原因になります。

ハーブの寄せ植えの時期

1年を通じて楽しめるハーブ

isolakafe.arrivoさんの投稿
29093767 416092162182362 2653287081568108544 n

ハーブは1年を通して楽しめる植物です。花も楽しめるので人気があります。寒さや乾燥に強い冬の時期と相性が合うハーブもあります。冬こそハーブの寄せ植えが楽しめる季節だと言われる人もいます。1年草のハーブは春に出回る事が多いので、多くの種類を寄せ植えするなら春先がおすすめです。1年を通じて花が楽しめます。

冬に強いハーブ

makorin_mhさんの投稿
30084776 164404094242207 813363249905926144 n

冬と相性のいい耐寒性を持つ代表的なハーブにワイルドストロベリー、カモミール、コリアンダーなどがあります。どれも可憐な花を咲かせて観賞も楽しめます。冬に相性の良いハーブ同士の寄せ植えで楽しみも倍増です。

ハーブと花の寄せ植え

見た目と香りが楽しめる

chyanpandaさんの投稿
29095022 548752672175840 243212848237379584 n

ハーブで香りを楽しみながら寄せ植えした花を観賞出来るのも寄せ植えのメリットです。ハーブとの相性に気を付けていれば花を枯らすことなく長く楽しめます。相性はハーブの種類で決まるので楽しみながら調べるのもいいかもしれません。

hanayumekanさんの投稿
17596582 1237112879691575 5396111376420700160 n

見た目と香りを楽しむためにもハーブの種類、相性を理解してから楽しみましょう。ハーブ単体で育てるのは初心者でも簡単ですが、寄せ植えにする場合はハーブの相性が大きく影響してきます。園芸教室も盛んに行われており人気ですので参加してみるのも良いかもしれません。

寄せ植えの相性

寄せ鉢向きのハーブ

植物は単体より複数で楽しみたいものです。繁殖力が強すぎて寄せ植えに向かない相性のハーブは個別に植えて鉢を寄せ合う鉢寄せで楽しむのがおすすめです。ミントやローズマリー、セージなどが繁殖力の強い同じ種類になります。繁殖力の強いもの同士なら相性が良い訳ではないので注意も必要です。

日当たりを好むハーブ同士、乾燥した状態を好むハーブ同士など、同じような生育をするハーブが相性の良いハーブとなるので、プランターの中で仕切り板で仕切ってハーブの間隔をあけてみるのも良いかもしれません。大きく育つハーブは単体で鉢植えにするのがおすすめです。

スィートバジルとスィートバイオレットの相性

真逆の特性をもつハーブ

chas_jpさんの投稿
30087858 191633501629976 8470423875698556928 n

グルメ番組でも良く使われているスィートバジルは日当たりのいい風通しの良い場所を好んで生長しますが、一方のスィートバイオレットは強い日光を苦手としており水分も好みますので真逆の相性を持つハーブの種類です。これではプランターに寄せ植えするのは不可能です。

相性が良いセージ

takkie11さんの投稿
30593422 163201460981099 8804653656533106688 n

ラベンダーのような花を咲かすセージは日当たりを好み乾燥した風通しの良い環境を好む種類のハーブです。スィートバジルとは相性の良いハーブと言えますし、タイムやバジルとも寄せ植えの相性は良さそうでおすすめです。

スィートバイオレットと相性が良いハーブ

huruie.xyzさんの投稿
30086989 199400390787246 736511235415080960 n

スィートバジルと正反対の種類のスィートバイオレットと寄せ植えの相性が良いおすすめは多湿を好むシソやルーなどのハーブがおすすめです。ハーブで鉢寄せの相性の関係を考える時は日当たりを好む種類と日当たりが苦手て多湿を好む種類に分別すると分かりやすくなります。

相性の悪い組み合わせの種類

kishimotofarmさんの投稿
25014136 1737974206233091 2922239239313686528 n

ハーブの相性の悪い組み合わせの種類は、「ラズベリーとフィーバーフュー」「ルーとセージ」「フェンネルとディル」などの主には日当たりの好みの違いで決まってきます。数多く生息するハーブで寄せ植えの相性の判断基準になります。

Thumbセージの育て方!種や苗のこと・剪定などのお世話についてご紹介! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

スペアミントの寄せ植え

繁殖力が強い

witch.maluさんの投稿
30592381 560935740943846 1773881262012891136 n

お菓子などで使われるペパーミントですが、ミントの寄せ植えは難しいと紹介しました。寄せ鉢風に寄せ植えをする事は可能です。一つの鉢をプランターに寄せ植えのようにすることで仕切りをした状態と同じに保てます。根を仕切る事も大事です。

ハーブティーの寄せ植えとして

cotorinochihiroさんの投稿
30084480 996716730495095 3877762049836580864 n

ペパーミントをレモンタイムなどハーブティーとして楽しめるハーブ同士の寄せ植えをおすすめします。生長して花が咲くとハーブの香りが薄れ始めますので刈り取りします。放置してしまうと仕切りして寄せ植えした意味がなくなる位に絡まってしまいます。

ストロベリーポットでハーブの寄せ植え

小さい可憐な花を観賞

mag_gallery_さんの投稿
29401297 155317871963403 2987630472877572096 n

ストロベリーポットとはイチゴの栽培用の鉢のことで、苗を密集させない目的で作られています。小さいハーブの寄せ植えにも適しており、観賞用として利用する事も出来ます。

コモンタイムの寄せ植えに

コモンタイムは料理の香辛料として良く用いられています。丈夫なハーブで小さい花を咲かすので観賞にも適しています。寄せ植えにワイルドストロベリーがおすすめです。ワイルドストロベリーは実も使う事が出来、ジャムやハーブティーに用いられています。

高低差を楽しむ寄せ植え

yumikoo0927さんの投稿
30079095 106060010253410 7405647615540330496 n

ローズマリーが高く生長するのを生かして、高さが低くなる順に寄せ植えすると収穫の時に楽しみながら形や高さを整えてあげる事が出来ます。見た目も綺麗で観賞と香りを楽しめます。

ハーブの用途

肉料理の臭み取り

nikunesanさんの投稿
30593374 359103141268867 4410212817718738944 n

ハーブの特徴である強い香りで肉料理の臭み消しに良く使われています。ローズマリーやタイムなど幅広く使われています。また魚介類にもハーブを加えて旨みを引き出す料理法に使われます。

彩りやサラダとして

yuri_snow21さんの投稿
29715802 344759382680052 3640707342888075264 n

最近話題となっているパクチーもハーブの種類です。数多くの食べ物に入れられているのを見かけます。パクチーだけをサラダにして食べてる方もいますが、野菜料理やソースなどにもハーブは利用されています。

人気のハーブティーとして

mumandflowersさんの投稿
30605259 2105400979679162 8661977802192453632 n

ハーブで有名なのはハーブティーです。ドライにしてお湯を注げば出来上がる簡単な利用方法で出来上がります。甘くさわやかな風味と香りを楽しまれている方が多いです。

コンパニオンプランツ

radikamachikaさんの投稿
30601852 147244862780732 1403114666837671936 n

コンパニオンプランツとは、ハーブと野菜を一緒に植える事で病害虫を防いで野菜の生長を促進する効果があると言われています。ハーブと野菜を共栄させる一石二鳥の効果ですが、まだ詳しくは解明されていないようです。

寄せ植えでハーブのある生活を!

cantik.la.mika_n.tonoさんの投稿
28751542 580836995585748 8337656300456378368 n

ベランダや玄関先など、限られたスペースでハーブを楽しむ方法の1つとしてハーブの寄せ植えを紹介してきました。ハーブの相性に気をつけて、限られた場所で鉢寄せされたハーブのある生活をしてみましょう。複数の可憐な花と爽やかな香りが日頃の疲れを癒してくれますよ。

riku.cocoさんの投稿
30915553 129459144575418 5807709057447886848 n

観賞と香り、そして家庭菜園として楽しめるハーブを、自分に合ったオリジナルのハーブの寄せ植えを作ってみましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ