ブルーレイレコーダーのおすすめは?【2018】選び方&最新機種を安い順で紹介

ブルーレイレコーダーは、テレビ番組を高画質で録画するのに必要不可欠なアイテムですね。おすすめのブルーレイレコーダーが機能を発揮するためにはテレビとの相性も重要です。そこでおすすめのブルーレイレコーダー【2018】選び方&最新機種を安い順でご紹介していきます。

目次

  1. ブルーレイレコーダーが人気
  2. 2番組以上同時に録画できるものを選ぶ
  3. 過去の映像もクリアにしてくれる画像補正機能
  4. HDD容量は1TB以上あると便利
  5. Wi-fi対応のものが人気
  6. テレビに合わせてメーカーを選ぶことが重要
  7. より高画質にこだわる方におすすめ
  8. SeeQVault対応のものが最適
  9. 補正技術機能の有無について確認
  10. ユーザーインターフェースの比較
  11. ハードディスク容量も重要
  12. チューナーの多さが決め手
  13. 遠隔操作できる機種は結構便利
  14. ブルーレイレコーダーの寿命は?
  15. 修理費用は2~3万円が目安
  16. 連続ドラマなどの録画用として最適
  17. 4K長解像度技術に対応でリーズナブル
  18. シンプルで分かりやすい操作性が魅力
  19. 最大4台まで同時接続可能
  20. 優れた画像補正機能を搭載
  21. 容量・番組数・通信機能が充実
  22. 外出先から録画済番組視聴や番組録画予約も可能
  23. 画質補正機能を備えた中位機
  24. 6チューナー搭載で家族みんなが録画できる
  25. 7チャンネルを2週間録画することも可能
  26. ダビング作業がスムーズで快適
  27. 3つの記録媒体に対応
  28. 録画機能に特化した上位機種
  29. ホームシアターに最適
  30. 人気のブルーレイレコーダーを使ってみよう!

ブルーレイレコーダーが人気

テレビ番組を高画質で録画したい方におすすめなのがブルーレイレコーダーです。最近では、高機能でリーズナブルな価格のものも各メーカーから続々と登場していますので、ご自身の用途やお好みに応じて選ぶことができます。

テレビ番組を高画質で録画してくれる便利なアイテムのブルーレイレコーダーですが、テレビとの相性が重要なことを知っていましたか?テレビの相性によっては本来の性能を発揮できないという残念なことが起こってしまいます。ブルーレイレコーダーの選び方の重要なポイントをしっかりと抑えることが大切です。

テレビ番組を高画像で録画できる便利なアイテムのブルーレイレコーダーは大人気ですが、様々なメーカーから多くの種類の商品が販売されているのでどれを選んでいいのか迷ってしまいますね。そこで、おすすめの人気ブルーレイレコーダーを安い順にご紹介していきます。

2番組以上同時に録画できるものを選ぶ

おすすめの安いブルーレイレコーダーの選び方:同時録画可能番組数

おすすめの安いブルーレイレコードを安い順にご紹介していく前に、選び方のポイントをご紹介します。選び方のポイントをしっかりと抑えてご自身の用途やお好みに合わせて自由に選んでみましょう。

ブルーレイレコーダーの選び方のポイントとして初めにご紹介するのは、用途に合った機能を選ぶということです。まずは同時録画可能番組数は、2チャンネル以上できるのがおすすめです。最近では、番組を受信するチューナーは複数搭載しているものが一般的になっていますが、複数あるということは同時に複数の番組が録画できるのでおすすめです。

SHARPシャープAQUOSブルーレイ BD-NW1100 [ブラック系]
41,500円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

大家族の家庭では、2チャンネル以上と言わず、全局録画対応モデルなどを検討してもいいかもしれませんね。単身でもスポーツ中継の延長などで放送時間のずれによって番組が録画できていないという悲しいことにならないためにも2チャンネル以上の同時録画できるものを選ぶことをおすすめします。

過去の映像もクリアにしてくれる画像補正機能

おすすめの安いブルーレイレコーダーの選び方:4K対応だけじゃない

おすすめの安いブルーレイレコーダーの選び方のポイントとして、過去の映像もクリアにしてくれる画像修正機能が付いているかの確認をおすすめします。4K対応テレビが普及したことで、ブルーレイレコーダーも4K映像に対応したものが増えてきましたが、コンテンツはそもそも少ないので普段見る番組の画像は劇的には変わりません。

しかし、画像補正機能があれば話は変わってきます。ノイズ除去やスムーズ化、アップコンバートなどの機能を備えたモデルであれば、低画質な画像でもクリアに補正してくれるのです。そのため、過去に録画したDVDや映像などもより綺麗な画像でくっきりとみることが可能になります。

ソニー ブルーレイディスクレコーダー 1TB HDD内蔵 外付けHDD対応
44,480円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

特に4K対応のテレビをお持ちであれば尚更、4Kまでの画像を引き上げてくれるモデルを選ぶようにしましょう。テレビの力を最大限に活かすことができますので、きれいな画像を心行くまで堪能することができます。

HDD容量は1TB以上あると便利

おすすめの安いブルーレイレコーダーの選び方:録り貯め派ならHDD容量は重要

おすすめの安いブルーレイレコーダーの選び方のポイントとしては、HDD容量は1TB以上あると便利に快適に使用することができます。特に取り貯めたい派であれば尚更です。

ブルーレイレコーダーに録画しておける番組の長さは、HDDの容量で決まるので重要になってきます。大体の目安としては、1TB(1000GB)で地デジ放送を約100時間録画することが可能です。これを基準にして計算するといいでしょう。半分の500GBであれば50時間、倍の2TBであれば200時間ということです。

Panasonic(パナソニック) DIGA(ディーガ) 
74,799円
楽天で詳細を見る

しかし、これはあくまでも目安になります。画質を落とせば録画時間は長くすることができますし、画質の高いBS/CS放送になりますと1~2割程度減ると考えるといいでしょう。ご自身の使用頻度や録画してから見るまでの時間などを考慮してある程度余裕のあるものを選ぶようにしましょう。

Wi-fi対応のものが人気

おすすめの安いブルーレイレコーダーの選び方:テレビ以外でも視聴するなら

ブルーレイレコーダーおすすめのメーカーなどの選び方のポイントとして、Wi-Fi機能のものが人気があり使い勝手もいいです。テレビ以外でも視聴するのであれば断然おすすめです。

タブレットやスマホなど、テレビ以外の端末でも番組を見たいのであれば、ネットワーク機能を搭載しているものがおすすめです。ネットワークへの接続の仕方にはいろいろ種類がありますが、ルーターを必要としない「Wi-Fi Direct」に対応しているものは非常に便利で人気があります。

しかし、録画した番組をパソコンへダビングしたいという場合はあまりおすすめできません。無線接続ですとかなりの時間がかかってしまいますので注意が必要です。Wi-Fi対応のものは何かと使い勝手がいいのも人気の秘密なのでしょう。

テレビに合わせてメーカーを選ぶことが重要

おすすめの安いブルーレイレコーダーの選び方:同じメーカーのものを選んだ方が無難

おすすめの安いブルーレイレコーダーの選び方のポイントとしては、テレビに合わせてメーカーを選ぶことが重要ということです。テレビと同じメーカーのものを選べばまずは問題ないでしょう。

パナソニック ブルーレイディスク レコーダー ディーガ 2チューナー
45,480円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ブルーレイレコーダーには、メーカーごとに大まかな特徴があります。例えば、パナソニックやソニーはほとんどの機種が4K画質までのアップコンバートを搭載しています。しかし、東芝やシャープの機種はこれらを搭載していないという特徴があります。そういった機能を補完できるようにテレビの方で設計されています。

ソニー BDZ-ZW1500(1TB HDD内蔵 ブルーレイレコーダー
44,560円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

シャープや東芝のテレビを使用している場合は、画像補正機能に関してはあまり気を使うことがありません。テレビが最新機種でない場合は、ソニーやパナソニックのレコーダーを使用することで画質の向上を図ることができます。また、使い勝手などの相性もあるので基本的にはテレビとブルーレイレコーダーは同じメーカーのものを選んだ方がいいでしょう。

より高画質にこだわる方におすすめ

おすすめの安いブルーレイレコーダーの選び方:ウルトラHDブルーレイ

おすすめの安いブルーレイレコーダーの選び方のポイントとして、より高画質にこだわる方におすすめなのが、「ウルトラHDブルーレイ」対応モデルです。ウルトラHDブルーレイとは、4K画質を再生するために生まれたブルーレイレコーダーの新たな規格になっています。

まだまだ登場したばかりですので、対応ソフトが少ない規格ではありますが、今後はますます人気を増して増えていくであろうことを考えると対応モデルを選んでおくのも一つの手と言えるかもしれません。ウルトラHDブルーレイに対応したモデルはまだ高価な価格帯になっていますので、それほど高画質を求めないのであれば重視するのは見合わせてもいいでしょう。

SeeQVault対応のものが最適

おすすめの安いブルーレイレコーダーの選び方:外付けHDDを使うなら

外付けのHDDを使うのであれば、SeeQVault対応のものが最適です。どんなに容量に余裕を持たせて選んだつもりでも忙しいと取り貯めていくうちに不足を感じてしまうものです。

smayhiさんの投稿
15539057 1305417069501635 6180940482814672896 n

そんな時は外付けのHDDを使用することで簡単に容量を増やすことができます。最近の機種はほとんどが外付けのHDDに対応しているのでまずは心配ないのですが、まれに非対応のものもありますので、念のためにしっかりと確認することをおすすめします。

okmtaymiiiさんの投稿
19624591 1388138354609268 6235166248812937216 n

外付けHDDは今までは、録画したレコーダーでしか番組の視聴ができないので不便でしたが、SeeQVaultという共通規格ができたことで他の機器への引継ぎも可能になったのでとても便利ですね。外付けHDDに保存した番組を別の端末へ引き継ぎたい方は、ブルーレイレコーダー、外付けHDDは、SeeQVaultに対応したものを選ぶようにしましょう。

補正技術機能の有無について確認

おすすめの安いブルーレイレコーダーの選び方:画像品質

おすすめの安いブルーレイレコーダーの選び方のポイントとして、画像品質があげられます。超解像やノイズリダクション、諧調補正などの補正技術が搭載されているかの有無を必ず確認することをおすすめします。

DMR-BRW1020 パナソニック ブルーレイディスクレコーダー ディーガ
46,500円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

これらの補正技術が搭載されているかいないかによって、ブルーレイレコーダーの画質は大きく変わってきます。ブルーレイレコーダーを購入する際には、補正技術機能が搭載されているかを確認しましょう。ノイズリダクションとは、野球やサッカーといったスピード感のある動きのあるものを録画したときに低解像度の画像、再生時に発生するノイズを軽減してくれる技術になっています。

長時間録画するとどうしても低画質での録画になってしまいます。この低画質を綺麗な画質補正する技術を超解像技術と言います。また、諧調補正とは、映画でよくある暗い画面を補正して見やすくする技術のことを言います。カタログでスペックを確認するときにはこれらの画像処理技術は必須事項になってきます。

ユーザーインターフェースの比較

おすすめの安いブルーレイレコーダーの選び方:番組表の見易さはよいか?

SONY/ソニー BDZ-ZT2500 2TB搭載 ブルーレイディスク/DVDレコーダー
64,780円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ブルーレイレコーダーの選び方のポイントとして、ユーザーインターフェースの比較があげられます。基本的には番組表の見やすさは良いか?リモコン操作は複雑でないか?取り扱い説明書を見なくてもなんとなく直感的に操作することはできそうか?と言ったことも重要になってきます。

hazooki_hさんの投稿
30592037 623481171322707 4588826694944555008 n

なぜなら操作や画面構造が複雑すぎるとどうしても躊躇して使うのが億劫になってしまうからです。各メーカーでもユーザーインターフェースには力を入れていますので、それぞれ比較してみましょう。自分の用途や好みに合った使いやすそうなインターフェースを選ぶことが大切です。

ハードディスク容量も重要

おすすめの安いブルーレイレコーダーの選び方:できるだけ大容量のハードディスクを

ブルーレイレコーダーの選び方のポイントとして、ハードディスク容量も重要になってきます。できるだけ大容量のハードディスクを選ぶようにしましょう。ブルーレイレコーダー内に保存することが可能になる録画番組数は、ハードディスクの容量に比例します。

ariel_fl_1989さんの投稿
29090567 546643842374727 8703265413003214848 n

ですので、できるだけ大容量のハードディスクが搭載されている機種を選ぶようにしましょう。しかし、いざとなったら外付けハードディスクを追加接続することも可能です。内蔵ハードディスクの容量が少ない場合は、外付けのハードディスクによる拡張が可能かどうかの確認をしておくことが重要になってきます。

チューナーの多さが決め手

おすすめの安いブルーレイレコーダーの選び方:チューナー数

チューナー数も選び方のポイントとして重要と言えるでしょう。搭載されているチューナー数の多さは同時録画できる番組数が増えるということになることを理解しておくことが大切です。

ryota_amasakiさんの投稿
28433091 217807808769744 609259008066322432 n

一般的には、シングルチューナー、ダブルチューナー、トリプルチューナーとあります。多くの番組を録画したい人はチューナー数の多いトリプルチューナーがおすすめです。

ch110x0vさんの投稿
28751572 331259210716922 6024588181293236224 n

あまり多くは録画しないという方はシングルチューナーでもいいかもしれません。ご自身の生活スタイルに合わせて用途に合ったものを選ぶと快適に使用することができます。

遠隔操作できる機種は結構便利

おすすめの安いブルーレイレコーダーの選び方:外出先から使えるかどうか?

yamamoto813さんの投稿
28432778 153650201930297 4738544912671178752 n

ブルーレイレコーダーの選ぶポイントとして、遠隔操作できる機種を選ぶことが結構便利になってきます。外出先から急に思い立って番組を録画予約したい!と思った時に遠隔操作できる機種であれば簡単にテレビの録画予約をすることができますね。

sunflower.dctさんの投稿
27580892 1793785410925371 26588476082225152 n

最近では、パソコンに専用のアプリケーションをインストールすることで遠隔操作ができる機種は便利と評判がよく人気があります。アイフォンやアンドロイドの双方に対応している機種も多くなってきていますので、選ぶ際はその機能が付いているかの確認をしてみることをおすすめします。

ブルーレイレコーダーの寿命は?

おすすめの安いブルーレイレコーダーの選び方:平均寿命は3~4年?

ブルーレイレコーダーの寿命も気になるところですね。各メーカーによっても異なってきますが、平均的には3~4くらいが一般的なようです。しかし、使用頻度によっても変わってきますので一概にいうことは難しいです。

macoaiさんの投稿
27576649 326523171188152 1003388004833689600 n

ブルーレイレコーダーに限らず、最近の家電は全般的に複雑な構造になっていますので、ちょっとした部品の故障によって致命的なトラブルにつながることが多くなってきました。そのため、以前はHDDの寿命イコールブルーレコーダーの寿命と言われていたのですが、購入後3ヶ月で壊れる人もいれば10年も使用できる人まで実に様々です。

maki_chanmanさんの投稿
26870149 140732036605660 5087601135359885312 n

また、使用頻度によっても大きく変わってくるところではあります。使用頻度が高いほど早く壊れやすいというのも事実でしょう。また、レコーダーの接地環境も大切になってきます。熱をこもらせないような工夫が必要で、ホコリや汚れが溜まらないようにこまめにお掃除をするように心がけましょう。

修理費用は2~3万円が目安

おすすめの安いブルーレイレコーダーの選び方:個人での対応は控えた方が無難

最近は家電もリーズナブルに販売されるようになりました。家電によっては修理に出すよりも買い替えた方が安いものまで登場しています。しかし、ブルーレイレコーダーに関しては修理費用の方がまだまだ安いのが現状です。

lumber_jack0501さんの投稿
25038626 1335959729883379 2235999994802864128 n

ブルーレイレコーダーの修理費用は一般的には2~3万円前後になることが多いようです。個体差やメーカーによっても少々変わってきますが、この中には技術料も含まれていることを理解しておくといいでしょう。自分での修理は取り返しのつかないことになる危険性が高いのでよほど腕に覚えのある人以外は控えた方が無難のようです。

ichi_satoさんの投稿
26383543 928257073991942 6256151527740669952 n

家電製品には基本的に保証期間が付いています。この期間内に壊れたのであれば尚更、メーカーへの修理をおすすめします。期間内であっても自分で分解した場合は保証の対象外になりますので注意が必要になってきます。あくまでもメーカーが用意した範囲内での対策を講じた方がよさそうです。

連続ドラマなどの録画用として最適

おすすめの安いブルーレイレコーダー:シャープ AQUOS 500GB BD-NS510

ここからは、おすすめのメーカー・ブルーレイレコーダーを価格の安い順にご紹介していきます。まず初めにご紹介するには、連続ドラマなどの録画用として最適の「シャープのAQUOS 500GB BD-N510」です。

シャープ AQUOSブルーレイレコーダー 500GB 1チューナー BD-NS510
34,800円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

シャープのアクオスエントリーモデルとして人気の商品になっています。各種機能や容量も最低限の構成になっています。レコーダーの使用頻度がかなり低い方におすすめのブルーレイレコーダーになっています。

シャープ AQUOSブルーレイレコーダー 500GB 1チューナー BD-NS510
39,752円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ドラ丸という独自の予約機能によって、特定のジャンルに絞った録画に関しては優れた性能を発揮してくれる商品になっています。価格が大変リーズナブルですのでメインのレコーダーとは別にサブ機としての導入におすすめです。または、連続ドラマなどの録画用としておすすめします。

4K長解像度技術に対応でリーズナブル

おすすめの安いブルーレイレコーダー:ソニー(SONY) ブルーレイディスク/DVDレコーダー BDZ-ZW500

4K長解像度技術に対応しているリーズナブルな価格が人気のおすすめブルーレイレコーダーが、「ソニーのブルーレイディスク/DVDレコーダーBDZ-ZW500」です。4万円を切るリーズナブルな価格はかなり注目されているところです。

ノイズリダクション(4K長解像度技術に対応)や画質性能が大変優れているのが特徴になっています。無線LAN機能、2番組同時録画機能を搭載していますので便利に使用することが可能です。レコーダー本体には500GBの内蔵ハードディスクが搭載されていますが、外付けHDDを設定できるようになっていますので安心ですね。

osyarelove_loveさんの投稿
25025314 1003955243090715 3016090755836936192 n

高速データ通信も可能になっていますので録画、再生もスムーズに行うことができます。タブレットやスマートフォンとの連携も充実していますので使い勝手の良さも魅力的です。操作も簡単で多機能を搭載している充実のブルーレイレコーダーになっています。この機能でこの価格はかなりおすすめです。

シンプルで分かりやすい操作性が魅力

おすすめの安いブルーレイレコーダー:東芝 REGZA 1TB DBR-W1007

シンプルでわかりやすい操作性が魅力のおすすめメーカー・ブルーレイレコーダーが、「東芝のREGZA 1TB DBR-W1007」です。同時録画可能番組数は2チャンネルとなっており、BS/CS対応のおすすめの商品です。

東芝 レグザ ブルーレイディスクレコーダー 時短 1TB HDD内蔵 2番組同時録画 4K対応 DBR-W1007 【KK9N0D18P】【120サイズ】
41,800円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

シャープのBD-NS510に録画可能番組数と容量をそのまま追加したようなシンプルなスペックがわかりやすくて扱いやすいと人気です。その他にもWi-Fi機能も備わっていますので、導入コストを抑えつつ、多機能な高品質のブルーレイレコーダーが欲しい方におすすめの商品になっています。

東芝 REGZAブルーレイ DBR-W1007 ブルーレイディスクレコーダー
42,980円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ダビングや録画周りの機能も設定がわかりやすいと好評で、初心者にも大人気の商品になっています。初めてブルーレイレコーダーを購入する方でも簡単にすぐ使いこなせるようになるようなおすすめのレコーダーです。

最大4台まで同時接続可能

おすすめの安いブルーレイレコーダー:東芝(TOSHIBA) レグザブルーレイ(1TB) DBR-T650

最大4台まで同時接続可能なおすすめのブルーレイレコーダーが、「東芝のレグザブルーレイ(1TB)DBR-T650」です。大容量のハードディスク接続で大量の画像や動画のデータを保存できるのはとても魅力的です。SeeQVaultという多機種で録画したデータも視聴可能な業界標準規格に対応しています。

vodkariderさんの投稿
25026205 405032829929880 98669640900673536 n

3番組を同時録画対応になっており、地上デジタル/BS/110度CSデジタル放送に加えて、プレミアムサービスLinkやスカパー!、CATV LAN録画も可能になっています。便利さへの工夫がそこら中にちりばめられており、存分に楽しめるブルーレイレコーダーになっています。

優れた画像補正機能を搭載

おすすめの安いブルーレイレコーダー:パナソニック DIGA 1TB DMR-BRW1020

優れた画像補正機能を搭載しているおすすめのメーカー・ブルーレイレコーダーが、「パナソニックのDIGA 1TB DMR-BRW1020」です。下位モデルと遜色のない驚異のコスパに優れた画像補正機能が搭載されているから驚きです。

パナソニック 1TB HDD内蔵ブルーレイレコーダー【3D対応】
43,800円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

他のレコーダーとの大きな違いは、画像補正機能です。4Kアップコンバート、ノイズ除去、スムーズ化と言った各種補正機能を搭載している優れものです。とにかく映像がきれいで言うことがありません。この価格でこれほどの品質を体験できるのは大人気なのも頷けます。

パナソニック ブルーレイディスクレコーダー ディーガ DMR-BRW1020
43,000円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

アニメやスポーツ、映画など映像に合わせたモードも用意されていますので映像ごとにより最適な状況へと仕上げることが可能になっています。今まで4Kを体験したことのない方にはぜひおすすめの商品になっています。レコーダーの買い替えをお考えでしたら4K相当の画質を味わえるチャンスです。

容量・番組数・通信機能が充実

おすすめの安いブルーレイレコーダー:シャープ AQUOS 1TB BD-NW1100

容量・番組数・通信機能が充実しているおすすめメーカー・ブルーレイレコーダーが、「シャープのAQUOS 1TB BD-NW1100」です。同時録画可能番組数は2チャンネルになっており、BS/CS対応しています。

シャープ AQUOSブルーレイレコーダー 1TB 2チューナー BD-NW1100
47,170円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

アクオスのBD-NS510に同時録画可能番組数と容量、Wi-Fi機能を追加した商品になっています。機能の追加分こちらの方が価格が高くなっていますが、それでもこの価格でこの性能を考えればかなり高品質のブルーレイレコーダーと言えるでしょう。

シャープ アクオス ブルーレイディスクレコーダー ドラ丸 1TB HDD内蔵
42,800円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

シャープのブルーレイレコーダーお馴染みのドラ丸も健在です。使い勝手、性能ともに素晴らしいレコーダーになっていますが、やはり4K未対応であることは残念です。外付けHDDやSeeQVaultにも対応していますので快適に使用することができる人気の商品になっています。

外出先から録画済番組視聴や番組録画予約も可能

おすすめの安いブルーレイレコーダー:シャープ AQUOS ブルーレイレコーダー BD-NT1000

シャープ AQUOS ブルーレイレコーダー 1TB
51,000円
楽天で詳細を見る

外出先から録画済み番組の視聴や番組録画予約も可能なおすすめブルーレイレコーダーが、「シャープのAQUOS ブルーレイレコーダーBD-NT1000」です。予約なしに4週間分の新作連続ドラマを自動で取り置きできる「ドラ丸」機能や、見たいシーンをパッと再生することができる魅力的な商品になっています。

シャープ ブルーレイレコーダー AQUOSブルーレイ BD-NT1000
55,296円
楽天で詳細を見る

目的の映像を高速で検索して、サクサク再生してくれるのはとても便利と人気が高いです。外出先でも手持ちのスマートフォンから録画済み番組の視聴や番組録画予約も行えるのは嬉しいですね。テレビがAQUOSの場合はAQOUSタイムシフトといったAQUOSとの連携機能も充実していますのでおすすめです。

画質補正機能を備えた中位機

おすすめの安いブルーレイレコーダー:ソニー 1TB BDZ-ZW1500

画質補正機能を備えた中位機としておすすめのブルーレイレコーダーが、「ソニーの1TB BDZ-ZW1500」です。ソニーのBDZ-ZT2500から容量と同時録画番組数を削った、中位機のようなポジションモデルとなっています。

ソニー SONY ブルーレイディスクレコーダー 1TB 2チューナー BDZ-ZW1500
55,890円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

性能は少々抑えてありますが、基本的な機能はBDZ-ZT2500とほぼ変わっていませんので、録画をそれほどする必要がなく画質を求めたい方におすすめのリーズナブルな価格のブルーレイレコーダーとなっています。

チューナー数も2つ、3つから、容量は500GB、2TB、3TBと自由に選ぶことができますので価格を踏まえながらご自身の用途や好みに合わせてスペックをチョイスできるところも素敵ですね。同時録画可能番組数も2チャンネルと機能的にも十分充実しているおすすめのブルーレイレコーダーになっています。

6チューナー搭載で家族みんなが録画できる

おすすめの安いブルーレイレコーダー:パナソニック DIGA DMR-BRG2030

6チューナー搭載で家族みんなが録画できると人気のおすすめブルーレイレコーダーが、「パナソニックのDIGA DMR-BRG2030」です。同時録画可能番組数が6チャンネルということでかなりの話題を呼んでいるレコーダーになっています。

DMR-BRG2030 パナソニック 3D対応ブルーレイレコーダー
69,980円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

2016年に発売されたDMR-BRG2020の後継者となるモデルになっています。確かな品質を誇るメーカーパナソニックの6チューナー搭載モデルとして登場しました。時間指定チャンネル録画では最大6つのチャンネルを8時間まで自動的に録画することが可能になった人気のブルーレイレコーダーになっています。

パナソニック ディーガ ブルーレイディスクレコーダー 2TB HDD内蔵
68,800円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

非常にコストパフォーマンスにも優れたブルーレイレコーダーになっていますので大人気です。音質補正や画像補正は最上位機種には劣るものの必要以上の十分な性能を発揮しています。家族が多い方でみんなで使えるブルーレイレコーダーを探しているのならおすすめの商品になっています。

7チャンネルを2週間録画することも可能

おすすめの安いブルーレイレコーダー:東芝 REGZAサーバー DBR-M1007

7チャンネルを2週間録画することも可能なおすすめメーカー・ブルーレイレコーダーが、「東芝のREGZAサーバー DBR-M1007」です。同時録画可能番組数が7チャンネルという驚異的な数を誇っている信頼のおけるメーカーの人気商品です。

東芝 ブルーレイレコーダー REGZAサーバー DBR-M1007
67,608円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

東芝のレグザサーバーは、今回ご紹介する同時録画可能番組数の中でも最も多いタイムシフトマシンになっています。見たいときに番組表から見たい番組を探すだけで、7つものチャンネルをまるまる録画することができる優れた性能を誇っています。先々の番組予約の手間を省いてくれるのもいいですね。

東芝 DBR-M1007 【REGZAサーバー】HDD&ブルーレイディスクレコーダー
89,510円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

今までのブルーレーレコーダーとは全く違った使い方を提案してくれる嬉しいモデルとなっています。こちらのレコーダーの性能を十分に発揮するためには本体容量プラス外付けHDDもある程度の大容量のものを用意する必要があります。

ダビング作業がスムーズで快適

おすすめの安いブルーレイレコーダー:シャープ AQUOS BD-UT1100

ダビング作業がスムーズで快適と人気のおすすめメーカー・ブルーレイレコーダーが、「AQUOS BD-UT1100」です。シャープのアクオスの中でも比較的上位のモデルになっている人気の商品です。

シャープ ブルーレイレコーダー AQUOSブルーレイ BD-UT1100
68,148円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ドライブが早いことが大きな特徴になっている人気のブルーレイレコーダーになっています。ブルーレイディスクの書き込みや読み込みの速度が速いので、ダビング作業が他のメーカーのものよりも捗るのは嬉しいですね。同時録画可能番組数は3チャンネルとなっています。

SHARP シャープ ブルーレイディスクレコーダー AQUOS
66,000円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ドライブが速いことで、録画した番組をブルーレイディスクに保存しておきたいときには大いに役立ってくれるでしょう。この価格帯で、ウルトラHDブルーレイにも対応しているのですから驚きです。ハイスピードBDドライブでダイビング作業をかなりスムーズにしてくれる人気の魅力的なブルーレイレコーダーです。

3つの記録媒体に対応

おすすめの安いブルーレイレコーダー:日立マクセル Blu-rayディスクレコーダー BIV-WS1100

3つの記録媒体に対応しているおすすめのブルーレイレコーダーが、「日立のマクセル Blu-ray ディスクレコーダーBIV-WS1100」です。ブルーレイディスクレコーダーには珍しいカートリッジ型になっています。内蔵ハードディスク、ブルーレイディスクと3つの記録媒体に対応しています。

betch73さんの投稿
23347852 1680039532035341 9109716550683721728 n

レコーダーを買い替えた場合でもiVDR-Sを介してデータの移動もラクラク行えるのが特徴になっています。内蔵のハードディスクが一杯になってもiVDR-Sを追加設定することで記録時間を延ばすことができるのはいいですね。使い勝手の良い性能も充実しているおすすめの商品になっています。

録画機能に特化した上位機種

おすすめの安いブルーレイレコーダー:ソニー 2TB BDZ-ZT2500

録画機能に特化している上位機種としておすすめのメーカー・ブルーレイレコーダーが、「ソニーの2TB BDZ-ZT2500」です。とにかくたくさんの録画をしたい方に人気の商品になっています。

BDZ-ZT2500 ソニー 2TB HDD/3チューナー搭載 ブルーレイレコーダー
69,973円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ソニーのBDZ-ZT2500は、ソニーのブルーレイレコーダーの中でもやや特殊なモデルとなっています。画質よりも機能性を重視多商品になっているのです。4K対応になっており、4Kアップコンバートも可能になっています。しかし、これ自体は下記機種と同様の機能になっていますので、画像をより優先したいのであればそちらの方をおすすめします。

予約ランキング、まる録、どこでも録画予約など、録画をスムーズにするための機能はとても優れているので録画をたくさん撮る人には人気のブルーレイレコーダーになっています。ソニー製品としてはやや特殊ですが、使い勝手の良さと値段相応な機能が充実している商品と言えるでしょう。

ホームシアターに最適

おすすめの安いブルーレイレコーダー:パナソニック DIGA DMR-UBX4030

ホームシアターに最適なおすすめのメーカー・ブルーレイレコーダーが、「パナソニックのDIGA DMR-UBX4030」です。パナソニックのディーガ、最上位機種であり大変人気のある商品になっています。

DMR-UBX4030 パナソニック 全自動DIGA 4TB HDD搭載
108,980円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

同時録画可能番組数は6チャンネルでBS/CSも対応しています。あらゆる機種が一通りそろっている至れり尽くせりのモデルになっています。音質面での性能は特に優れており抜群の能力を発揮してくれます。CD音源を取り込めばその音質はハイレゾ相当にまで引き上げてくれるので嬉しいですね。

Panasonic パナソニック Ultra HD ブルーレイ再生対応 DIGA
129,000円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

また、ハイレゾリマスター機能も搭載されていますので、録画した番組をより高音質で楽しむことが可能となっています。通常のレコーダー機能だけで十分という方にはあまり向かないかもしれませんが、ホームシアターを楽しむべくサウンドから本格的にこだわりたいという方にはおすすめの最新人気モデルとなっています。

人気のブルーレイレコーダーを使ってみよう!

様々なメーカーのおすすめの人気ブルーレイレコーダーや選び方のポイント、性能なども踏まえて最新の機種を安い順にご紹介してきました。お気に入りのブルーレイレコーダーはありましたか?

ブルーレイレコードーも幅広い機能が搭載されているものからそうでないものまでありますので、自分の使用目的、用途、お好みに合わせて自由に選んでみることが大切です。どんどん価格もリーズナブルで高機能モデルが登場する中、本来の自分の使用目的がぶれなければ選ぶのもそれほど大変ではないでしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ