梅干しの賞味期限について!冷蔵庫で保存すれば日持ちする?

日本人ならごはんのお供に梅干し!という方も多いのではないでしょうか。最近では健康効果を期待する梅干しを使った「梅湯」なんかも話題ですよね。梅干しはついつい余りがちなので賞味期限内に食べ切れないことも。そんな梅干しの賞味期限についてまとめました。

目次

  1. 梅干しの日持ちする保存方法が知りたい!
  2. 梅干しの賞味期限
  3. そもそも賞味期限とは
  4. 梅干しに賞味期限はないのは本当?
  5. 自家製と市販の梅干しの賞味期限の違い
  6. 冷蔵庫は市販の梅干しの保存にベスト
  7. 賞味期限の長い梅干しの嬉しい健康効果
  8. 賞味期限間近の梅干しの消費レシピ
  9. 梅干しは賞味期限を守って美味しく食べよう!

梅干しの日持ちする保存方法が知りたい!

ringobblingさんの投稿
22070931 213725815829779 6766884458483154944 n

ごはんのお供といえば梅干しを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。日本では梅干しは古くからご飯のお供として食べられてきました。お弁当やおにぎりにも梅干しは良く使われています。梅干しは確かに美味しいですし体にも良いですが、一度にたくさん食べると塩分なんかが気になりますよね。だからついつい余って気がついたら賞味期限が過ぎていたということも。

muchanchan1224さんの投稿
22070710 113338626085529 7531774527097798656 n

昔から梅干しは日持ちする食べ物として知られていますが、市販の梅干しには賞味期限が記載されていますよね。もし賞味期限を過ぎたらどうなってしまうのか、どうやって保存すると日持ちするのか、身近な梅干しですが知らないことが多いのも梅干しです。今回はそんな梅干しの賞味期限や保存方法などについてご紹介していきます。

梅干しの賞味期限

w_sekky.0116さんの投稿
22071196 136235030347532 3137405474366816256 n

梅干しだけではなくすべての食品には賞味期限や消費期限というものがあり、容器にきちんと刻印されていますよね。梅干しにももちろん賞味期限があるわけですが、賞味期限はその梅干しの製造方法や添加物などによって違いがあります。

ciaomayumiesさんの投稿
22159508 102527900503035 2463131828354023424 n

梅干しは自分の家で作る自家製とお店のものを買う市販品とがあります。賞味期限が短いのは市販品の方で、未開封の状態で3ヵ月~6ヵ月、塩分の濃度が高いもので1年ほどとなります。市販品の梅干しは最近の減塩ブームによって塩分濃度が低いので、どうしても傷みやすくなるので賞味期限が短いんです。といっても缶詰以外で1年も賞味期限があるのってすごいですよね。
 

そもそも賞味期限とは

torsu_muaythaisin.gym59さんの投稿
22157200 425542397847842 9167193224672968704 n

食品のパッケージには必ず記載されている賞味期限や消費期限。そもそも賞味期限とはどういった期限のことを指しているのでしょうか。「賞味期限内に食べてしまわないと腐ってしまう」というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。でもそれは少し違います。

fukui_akiraさんの投稿
22070742 129463754372798 6921850013848961024 n

賞味期限とは「開封せずにきちんと保存していた場合に、美味しく食べられる期間」のことを言います。ですから開封しなかったら良いというわけではなく、その食品に応じた適切な保存方法で保存しておくことが条件です。未開封でも直射日光がガンガン当たるようなところに置いてあると、傷んで食べられなくなってしまうので、保存方法が賞味期限を左右します。

aya.0416さんの投稿
22071407 1268723373273739 2411105850115489792 n

きちんと適切な保存方法で保存されていれば、賞味期限を過ぎても食べられないことはありません。自分で色やニオイなどを確認して問題なければ食べてもOK。一方消費期限とは開封せずにきちんと保存していることが前提で、その日までしか食べられない期限のことです。つまり消費期限は過ぎたら食べない方が良いんです。傷みやすい食品に記載されていますよ。

梅干しに賞味期限はないのは本当?

ayu_violaさんの投稿
21984796 1757054347660384 719803095374102528 n

梅干しに賞味期限はないというのは本当です。市販の梅干しには賞味期限がありますが、自家製の梅干しには賞味期限はありません。梅干しは古くから日本人に愛されてきました。最近では健康効果が見直され、ちょっとした梅干しブームが起こっています。梅干しにはたくさんの塩が使われているので、非常に長持ちします。

summersea1984さんの投稿
21909257 1656101411108832 5524432195927670784 n

現存する最古の梅干しは奈良県にあり、なんと1576年に浸けられたものが良好な状態で残っています。実際にその梅干しは食べられていないようですが、江戸時代に浸けられた梅干しは問題なく食べられたそうですよ。つまり昔ながらの製法で作られた自家製の梅干しには賞味期限がないんです!

hiro_p123さんの投稿
21690102 307891226344571 5116525236132511744 n

昔ながらの製法で作られている梅干しは、添加物も入っていませんし、塩分濃度も20%以上あります。そのため塩や有機酸の殺菌作用が働くため、100年以上余裕で保存できるんです。有機酸とはクエン酸やコハク酸に代表されるもので、高い抗菌作用があります。

自家製と市販の梅干しの賞味期限の違い

selene.katsurakoさんの投稿
22069268 1457148327696301 7262360291000713216 n

自家製の梅干しも市販の梅干しも見た目に差はほとんどありません。違いは賞味期限です。市販の梅干しの賞味期限は3ヵ月~1年ほどですが、自家製の梅干しには賞味期限はありません。どうしてこういった賞味期限に差が出てくるのかといえば、自家製と市販の梅干しでは製法や塩分濃度が違うからです。

yatsugatake_skyさんの投稿
21827265 117907105594678 6995809483830067200 n

自家製の梅干しは塩分濃度が20%程度と濃度が高いのに対し、市販の梅干しは減塩ブームなどもあって塩分濃度はかなり低くなっています。中には3%~6%程度にまで塩分が抑えられているものもあります。塩分濃度が低いとそれだけ傷みやすいということになります。この塩分濃度の差が賞味期限の差になっているんです。

冷蔵庫は市販の梅干しの保存にベスト

asagohanhonpoさんの投稿
22071409 1878820749101515 5179004619308662784 n

昔の日本の家には蔵があったり、床下にちょっとした貯蔵庫などがありましたが、今は住宅環境も変化し、そういったものがある家はほとんどありません。梅干しの保存に適しているのは冷蔵庫です。自家製の梅干しであれば常温保存ができますが、市販の梅干しは傷みやすいので冷蔵庫で保存するのがベストです。

moooorie.yさんの投稿
21149242 285210871975491 1854820461871890432 n

冷蔵庫は温度が一定に保たれているので、温度変化による食品の傷みの心配がほとんどありません。市販の容器そのまま冷蔵庫に入れて保存しても良いですし、別の容器に移し替えるならプラスチックのタッパーや、ジップロックなどの保存袋、ガラスや陶器などがおすすめです。保存容器に使っている方も多いホーローは梅干しの酸の影響を受けるのでNGです。

賞味期限の長い梅干しの嬉しい健康効果

myworld_haruさんの投稿
22157600 276104909550910 6445010422385868800 n

保存食として有名な梅干しは、単に美味しいご飯のお供になるだけではなく、いろいろな健康効果やダイエット効果があるとして話題を集めています。ただし安い市販品では梅焼酎などに使われた梅を使いまわしていたり、干さずに調味料に漬け込まれているものもあるので、注意して選びましょう。

食中毒予防

nkym_meihokuさんの投稿
22157156 1746146842082256 1335086559577243648 n

梅干しは高い殺菌効果があります。そのため、お弁当に入れることでおかずの傷みを予防できるとして昔から利用されてきましたよね。その梅干しの殺菌効果は食中毒予防にもなります。食中毒の原因となる黄色ブドウ球菌やO157に対しても有効性が確認されています。これは梅干しの酸っぱい成分クエン酸によるものです。

ピロリ菌抑制

yumimi55さんの投稿
17932114 1878651492412964 4175180709654167552 n

胃がんの原因であるピロリ菌。ピロリ菌はタンパク質を分解する酵素を持っていて、それによって胃粘膜が分解され防御作用が低下し、胃の不調があらわれます。梅干しにはそんなピロリ菌を抑制する働きもあります。ピロリ菌を抑制するには1日に2個食べるのが効果的だそうです。

生活習慣病予防

okugawaclinicさんの投稿
22069631 358538474599998 5431110115728031744 n

食生活の欧米化などから最近では子供にでも生活習慣病が見られるようですね。梅干しにはそんな生活習慣病を予防する効果もあります。α-グルコシダーゼやアンジオテンシンを抑制する働きがあるので、糖尿病や高血圧、動脈硬化などを予防してくれるです。

ダイエット効果

diet_plus1さんの投稿
22157894 128343384489570 4395714545725734912 n

また健康効果だけでなく、女性にはうれしいダイエット効果も!梅干しに含まれているバリニンという成分には脂肪燃焼効果があります。実際に梅干しを毎日食べる方はそうでない方と比べると肥満値(BMI値)が低いんだそうです。

賞味期限間近の梅干しの消費レシピ

yamakumofoodさんの投稿
22157692 1738583446444907 2465534836786331648 n

賞味期限が間近に迫っても食べられそうになり梅干しや、少し賞味期限を過ぎてしまった梅干し、何とか捨てずに消費したいですよね。梅干しはそのまま食べるだけではなく、いろいろなものにアレンジできるので、消費レシピで食べ切りましょう!

sa04ki26さんの投稿
17077376 1822077478050943 2230953283676012544 n

梅干しは叩いてペースト状にしてドレッシングと混ぜたり、パスタと和えたりしても美味しいですし、細かくちぎってサラダに混ぜ込んでも美味しいですよ。お魚やお肉と一緒に煮たりするのもGOODです。

梅干しは賞味期限を守って美味しく食べよう!

narumicaanさんの投稿
22157698 1974302606185461 6411495370941005824 n

梅干しは冷蔵庫できちんと保存すると賞味期限までしっかり美味しい状態で食べられます。賞味き毛をちょっとくらい過ぎても食べられますが、美味しい状態で食べるには賞味期限はしっかり意識したいですよね。いろいろなアレンジで健康やダイエットに効果のある梅干しを美味しく食べましょう!

Thumb梅干しにカビが生えたらどう対処する?原因と予防・対策も![ジェリー]

関連するまとめ

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ