アクアテラリウムまとめ!水槽から陸地・滝や植物の作り方をご紹介

アクアテラリウムという言葉に聞き覚えが無いという人も多いでしょう。新たな趣味として始めたくても難しそうだから中々手が出せないという人も居るでしょう。今回はそんなアクアテラリウムの水槽や陸地、その他植物の配置の仕方等も説明していきます。

目次

  1. アクアテラリウムとは?
  2. アクアテラリウムを作るのに適した水槽
  3. 材質で選ぶ水槽の種類
  4. ガラス水槽を使う利点
  5. アクリル水槽を使う際に知っておきたい事
  6. ガラス水槽の注意点
  7. アクリル水槽のデメリット
  8. アクアテラリウムに向いた水槽台
  9. アクアテラリウム向き水槽台の値段
  10. 前面カットの水槽がおすすめされる理由
  11. 前面カットされた水槽の欠点
  12. アクアテラリウムの作り方
  13. 植物を飾りアクアテラリウムをより綺麗にしましょう
  14. 彩りを良くする為に観葉植物を飾ってみよう
  15. 陸を飾る植物でアクアテラリウムに自然を追加しよう
  16. アクアテラリウムでも育つ盆栽
  17. 飼育可能な生物はどんなものなのか?
  18. 観賞向け完成済みアクアテラリウム
  19. こんなセットも?アクアテラリウムセットの種類
  20. アクアテラリウムセットの利点
  21. アクアテラリウムセットを買う際の注意点
  22. アクアテラリウムで生活に新たな彩りを

アクアテラリウムとは?

medaka726_shrimp829さんの投稿
35535481 1534242033351717 495650156650168320 n

アクアテラリウムという言葉を一度は耳にした事があるという方も居るでしょう。ですが聞いた事があるだけで見たことがある或いは実際にそれを作った事があるという人はそこまでおおくないでしょう。今回はそのアクアテラリウムとは一体どういったものなのかというのを説明していきます。

アクアテラリウムはアクアリウムとテラリウムの合体

アクアテラリウムは陸地の部分と水中の部分が同じ水槽内に混在している物の事を指します。まるで自然の世界を再現しているかのような陸地と水中の再現は見ているだけでも飽きず、植物や滝を作り上げることで更に見ごたえのあるアクアテラリウムを作ることも出来ます。

アクアテラリウムを作るのに適した水槽

sasaiakさんの投稿
34759369 174941909854185 7849603129204015104 n

アクアテラリウムを作る前に色々と揃えなければならないものがあります。その中の一つに挙げられるのが水槽です。通常のアクアリウムの水槽でも作れないことは無いのですが、アクアテラリウムに向いた水槽を扱うのが良いでしょう。中にはアクアテラリウム専用の水槽もあるので本格的なアクアテラリウムを作成したい場合はそちらを購入すると良いでしょう。

前面ガラスカットされた水槽がアクアテラリウムに合う

sasaiakさんの投稿
34545991 379878079172173 755546874068336640 n

前面のガラスがカットされた水槽は他の水槽に比べてアクアテラリウムに適しています。前面がガラスカットされている水槽は滝の水の流れや設置した植物、陸地の様子が間近で見ることが出来るのでアクアテラリウムに最も適した水槽でしょう。

アクアテラリウム向けの水槽の大きさ

sasaiakさんの投稿
35478814 615113362196789 5969302709424095232 n

アクアテラリウムに最も適した水槽の大きさは60センチ前後の物と言われています。この大きさでアクアテラリウムを作成した場合ある程度の水量や、植物を確保できるほどの広さなので一番安定している広さと言えます。但し注意点として水槽を大きくするとメンテナンスする頻度等が増えるので、こまめに様子を見るようにしましょう。

材質で選ぶ水槽の種類

love_geckoさんの投稿
34731392 352520111948280 39243777608515584 n

大きく分けて水槽の材質は二つに分かれます。ガラスで作られた水槽とアクリルで作られた水槽がありそれぞれに利点があります。自分に合った材質でより良いアクアテラリウムを作れるように、ガラス水槽とアクリル水槽の違いを覚えておきましょう。

ガラス水槽でアクアテラリウムを作る際に知っておきたい事

ガラス水槽の特徴として一番に挙げられるのは見栄えの良さでしょう。アクリルではフリンジが掛かってしまい見づらい部分がありますが、ガラスの場合アクアテラリウムを遮ることは無いのでよりクリアにアクアテラリウムを観賞できます。

アクアテラリウムを作る際のアクリル水槽の特徴

hide1993さんの投稿
34983459 185723555596924 7360353161019654144 n

アクアテラリウムを作る際にガラス水槽を使用することがおすすめされていますが、ガラス水槽はそれ自体の重さがかなりあり持ち運びする際に手間が掛かってしまいます。アクリル水槽を使えばその問題は解決します。アクリルはガラスに比べて圧倒的に軽く持ち運びが楽に出来ます。設置場所によってはアクリル水槽を選ぶのも良いでしょう。

ガラス水槽を使う利点

m.akira3333さんの投稿
34880114 1013956442099548 8594738530100445184 n

ガラス水槽には様々なメリットが存在します。アクアテラリウムに最も向いているとされているガラス水槽を使うメリットについて知っておき、アクアテラリウムをに役立てるようにしましょう。

低価格で手に入れやすい

kou.natureaquariumさんの投稿
34182297 1648722668559399 4499013950918098944 n

水槽の中でも低価格で手に入れることが出来るので気軽に購入が可能です。アクアテラリウム初心者に向いており、基本的に価格を気にせずにサイズを選択することが出来るのでアクアテラリウムを作る際の選択肢を大幅に増やすことが出来ます。

耐久性が高く長持ちする

kurokiri7458さんの投稿
35001744 906809426180478 8431454301687119872 n

ガラスは耐久性に優れており、余程のことが無い限りガラス自体が劣化すると言うことはありません。ガラス自体が劣化することはありませんが、ガラスに付着したコケや水痕等で汚れてしまいがちなのでしっかりと日々のメンテナンスを忘れないようにしましょう。

アクリル水槽を使う際に知っておきたい事

gen_suruheiさんの投稿
35256115 450221772087121 9184688116823228416 n

アクアテラリウムを作成する際にアクリル水槽は向いているとは言われていませんが、アクリル水槽をアクアテラリウムに使う際のメリットは存在しています。そのメリットを知っておくことで本当に自分の求めている水槽がどういったものなのかをしっかりと理解しておきましょう。

様々な形に加工が可能

wkwkwkwk0929さんの投稿
34208743 521578928238955 5014722644222672896 n

アクリル水槽は様々な形に加工することが出来る為自身のスペースや飾りたい植物、陸地の理想の設置の仕方が出来る様になります。工夫次第では他に無いようなアクアテラリウムを作成することも可能です。自分の理想のアクアテラリウムを作りたいという場合はアクリル製の水槽を探すのも良いでしょう。

衝撃に対して強い

kumanomi360さんの投稿
34982753 174256353261294 6887648519256014848 n

アクリル製の水槽は衝撃に強く作られています。不意に腕をぶつけてしまう場合や、何かの拍子に物をぶつけてしまったりしても壊れると言うことは中々ありません。衝撃に対して非常に強いので子供が居る家庭でも安心してアクアテラリウムを作成することが出来ます。

板の厚みが増えても透明度に変化が無い

dazhongmingyanさんの投稿
34796281 215511442580855 2815525859107012608 n

ガラスの場合板の厚みが変化するほど板の透明度に変化がありとても見えづらくなってしまいますが、アクリル製の場合板の厚みが増えても問題なく観賞することが可能です。板の厚みが増すことによって衝撃に対する耐久性も上昇するので、アクリル製の水槽を購入する際は板の厚みがどれほどの物なのかをしっかりと調べてから購入するようにしましょう。

ガラス水槽の注意点

kumanomi360さんの投稿
34982716 2062196290658682 6338247783199277056 n

ガラス水槽は低価格で手に入る為非常に便利な水槽の一つですがデメリットも存在します。予めデメリットの存在をしっかりと知っておくことで、ガラス水槽を扱う危険性について学び役立てるようにしましょう。

強い衝撃を受けると壊れてしまう

kurokiri7458さんの投稿
33736501 2031304423786428 5196122576539090944 n

ガラス水槽は衝撃に対して強くなく、少しでも強い衝撃を受けてしまうとすぐに壊れてしまいます。設置を行う際には十分に注意を払う様にしましょう。出来るだけ子供の手の届かない場所に設置をし、振動等が起きても落ちないように固定しておくと更に良いでしょう。ただし少しの衝撃がひび割れの原因にもなるので細心の注意が必要です。

アクリルの様に様々な形に変化させることが出来ない

kumanomi360さんの投稿
33706289 593277627712274 1264573723541766144 n

アクリルはその材質から様々な形に変化させることが可能ですが、ガラスの場合耐久性に難があり変形させてしまうと耐久力が大幅に減少してしまいます。なので形に合わせた陸地や滝といったものが作りづらく、配置できる植物の種類も限定的にされてしまいます。ガラス水槽でアクアテラリウムを作る際は自身の発想力が一番必要となってきます。

アクリル水槽のデメリット

kumanomi360さんの投稿
34816958 180134375982276 3619960769652719616 n

一見便利なアクリル水槽ですがこの水槽にも欠点はあります。この水槽のデメリットを知り自分の環境に合っているかどうかを照らし合わせ、本当に自分が欲しい水槽を手に入れるための知識を手に入れましょう。

表面に付いた傷跡が残りやすい

非常に表面に傷が付きやすくまた一度傷ついた所は傷跡が残りっぱなしになってしまい、完全に消すことが出来なくなってしまいます。観賞がメインとなるアクアテラリウムで傷が残ってしまうというのは致命的です。アクアテラリウムをアクリル水槽で作成する場合は出来るだけ傷に気をつけてメンテナンスを行うようにしましょう。

劣化が早くひび割れ等が付きやすい

takasanda_yoさんの投稿
33816582 1568555653255550 5639794622361239552 n

ガラスに比べてアクリルは劣化が早いと言うデメリットがあります。ガラスはほぼ劣化する事が無いのに比べアクリルは劣化が早く長く持っても10年前後程度でしょう。なのでずっとその水槽が扱えるわけではなく、定期的に水槽を入れ替える必要性があります。しかしアクアテラリウムの全てを入れ替えるのは大変なのであまりアクリルはおすすめされていません。

高価格で手が出しづらい

mattzma2さんの投稿
34198885 2088513188062816 6806653922908831744 n

アクアテラリウムに向いてないと言われる一番の理由は、ガラスに比べてアクリルが高価格であり手が出しづらいという点です。ガラスに比べて大体8倍程の価格差があり非常に手が出しづらい物となっています。しかもガラスと違い一度買えば済むのではなく10数年に一回は買い換えなければならないのでコストパフォーマンスも良いとは言えません。

アクアテラリウムに向いた水槽台

kumanomi360さんの投稿
33721424 1069904333173365 7475590758523731968 n

アクアテラリウム用に購入した水槽を設置する場合普通の棚に置いてしまうと、ちょっとしたことでバランスが崩れてしまい事故につながってしまう恐れがあります。しかし水槽台を使えばそれを未然に防ぐことも出来ます。ここではその水槽台とは一体どういったものなのかを説明していきます。

水槽台とは?

hinaseharuさんの投稿
34165741 1831897470449732 1918410970267385856 n

水槽台とは普通の棚とは違い水槽を設置するのに特化した棚となっています。下に一部機具を収納することが出来る物から、本当に飾ることだけに特化したものまで幅広く取り揃えています。基本的に水槽を飾ることに特化した物が多く、安定した状態で水槽が飾られる為おすすめされています。

アクアテラリウム向き水槽台の値段

makochan1106さんの投稿
34110357 257109275028995 3199868833019985920 n

アクアテラリウムを飾る際に必要不可欠となる水槽台ですが値段が気になり中々手が出せないという人も多いでしょう。ではそのアクアテラリウム向きの水槽台の値段について説明していき、自分に合った水槽台を見つけられるよう理解を深めていきましょう。

安い水槽台を買う場合

takablekimochiさんの投稿
33352445 470320730092144 602567036702294016 n

値段の安い水槽台を買う場合は、ただアクアテラリウムを飾りたいという理由の場合におすすめされています。特にこれといった特異性は無く、アクアテラリウムを安全に、尚且つ綺麗に飾りたいだけと言う人は安価で販売されている水槽台で大丈夫でしょう。この際注意しなければならないことの一つとして、安価の場合耐久性に難がある可能性があるので注意しましょう。

高い水槽台を買う場合

値段の高い水槽台を購入する場合は、アクアテラリウムを飾りつつ物を整理したい場合や、その台を部屋のモデリングの一環として使用したい場合におすすめされています。アクアテラリウムを飾りつつ別の目的も果たすのに便利ですが、高価である為中々手が出ないと言う場合が多いです。購入の際にはしっかりと自分の財布と相談してから決めましょう。

前面カットの水槽がおすすめされる理由

hide24yamaさんの投稿
34054901 279201102621557 1231827960869158912 n

アクアテラリウムの作り方を調べる際、様々な記事やサイトで前面カットがされた水槽がおすすめされています。何故アクアテラリウムを作る際に前面カットされた水槽がおすすめされているのかを説明していきます。

アクアテラリウムの手入れが簡単

andotroreさんの投稿
33136082 1847954498558995 4164783805011329024 n

アクアテラリウムは陸地や植物、滝等を作って観賞するものなので手入れが大変です。ですが前面がカットされていると手入れが一気に楽になり、アクアテラリウムをより楽しんで観賞することが出来ます。水滴が乾いて痕になってしまう心配も殆ど無いので、アクアテラリウムの作り方で検索した際によく出てきます。

前面カットされた水槽の欠点

sasaiakさんの投稿
33640302 195158124463641 4339800595587137536 n

前面カットされた水槽にはデメリットとなる部分が存在します。知らないまま買ってしまい、後悔しない為にもそのデメリットについて知りより水槽に対する理解を深めましょう。

子供が手を入れてしまう危険性がある

hinaseharuさんの投稿
34079607 385487325291846 100148793277677568 n

前面がカットされているということは、子供でも簡単に手が入れられてしまうということです。不用意に子供が手を入れてしまい植物を枯らしてしまう原因になってしまう場合や、作った陸地を荒らされてしまう場合等の事故が起きてしまう可能性があります。それを抑える為に子供に言い聞かせるか子供の手の届かない高さに飾るようにしましょう。

アクアテラリウムから魚が出てしまう危険性がある

satouyuuki1988さんの投稿
33106806 817959698402957 76392938321477632 n

通常の水槽とは違い前面がカットされているので、何かの拍子に魚等の生物が飛び出してしまう可能性があります。アクアテラリウムともなると陸地や植物があるので魚等の活動範囲が狭まり、飛び出してしまう可能性が更に高まってしまいます。それを抑える為には飛び出さないように上に板をつける等を行い、飛び出してしまう危険性を少しでも下げましょう。

アクアテラリウムの作り方

nasuo_87938さんの投稿
33325018 218449868936325 7271158922348593152 n

アクアテラリウムを作ってみたくても作り方が分からず、断念してしまうという人も居るでしょう。最初は作り方を見てもあまり分からず、正しい作り方にそって作ってもこれでいいのかと不安になるでしょう。ここで基本の作り方を知り、実際にアクアテラリウムを作る際の参考としましょう。

まずは陸地を作り上げる

mattzma2さんの投稿
33941054 1543070312486766 1863126743938760704 n

まず陸地を作り土台とします。作り方としては様々な方法があり、これが陸地の正しい作り方と言う方法はありません。アクアリウム等と違いアクアテラリウムにはこれが正しいと言う作り方が無く、基本となる作り方のみがあります。大体の場合陸地は底面フィルターを敷き一般販売している流木等を使い、くみ上げて陸地を作り上げます。この際に入れすぎ無いように気をつけましょう。

シダやコケといった植物でホース等を隠す

kurokiri7458さんの投稿
33375360 245735449308052 3762873117777592320 n

植物を陸地にあわせて付けるだけでも大分アクアテラリウムとして良くなりますが、植物を給水用のホース等を隠すように使うと更に自然なアクアテラリウムを作り上げることが出来るでしょう。コケだけでなく他の植物を使うことで更に彩を良くする事も出来る為、自分のテーマによって植物を決めると良いでしょう。

滝等の自分の好みの形に仕上げる

mattzma2さんの投稿
32362268 177199832986488 3769290958558986240 n

自分の好みで滝や水流を作りより良いアクアテラリウムを作り上げましょう。滝に関しても作り方はあまり変わらず、自身でシダやコケと言った植物を活かし滝のような造形を作り上げるのが一番楽な作り方でしょう。しかし滝は少し作るのが難しいので、滝を作る前に一度完成させてしまい再度滝を作成するのも良いでしょう。

植物を飾りアクアテラリウムをより綺麗にしましょう

mgasm1477さんの投稿
32784703 337140270145833 3024045121168474112 n

アクアテラリウムを作る際に使える植物の種類は多くあります。しっかりと植物を育てることが出来れば、アクアテラリウムに大体の植物は対応することが出来ます。その中でも乾燥や日光を長時間浴びなくても、生存できる植物がより好ましいでしょう。アクアテラリウムに合う植物について説明していきます。

根が水没しても平気な植物スパティフィラム

cinamon1030さんの投稿
32487907 1803518466350240 6283396652782845952 n

世界各地で園芸用品種として有名なスパティフィラムはアクアテラリウムに適した植物です。この植物は根の部分が丈夫に出来ており陸地に埋もれてしまった場合や、水が枯渇してしまった場合でも枯れる事はありません。滝等に使用しても問題無く利用出来る為幅広い使い方が出来ます。

乾燥に強い植物タマシダ

シダの仲間であり乾燥にとても強いと言う特徴を持っている植物です。成長力も非常に高く、一度成長し始めると際限無く増え続けるので定期的なカットが必要です。しかしタマシダは非常に生命力に溢れているので滝等のギミックを彩る際の植物としても使用することが可能です。

アクアテラリウムの滝を彩るワイヤープランツ

kazuta.tokiさんの投稿
33160035 630158584002636 454932994805727232 n

アクアテラリウムの滝の作り方は難しいものですが、最も簡単な作り方として使われる植物がワイヤープランツです。水が切れてしまうとすぐに枯れてしまいますが、滝のそばに添えておくだけで自然の雰囲気を再現してくれる植物です。アクアテラリウムで滝の作り方に困っている人はこの植物を使うのも良いでしょう。

アクアテラリウムの陸地向け植物ヘデラ

bei_mir_bistu_sheinさんの投稿
32178222 2099966163549571 7169912185106202624 n

アクアテラリウムで陸地を作る際に対応した植物があまり無く、寂しい見た目になってしまう場合もあります。それを回避してくれる植物がヘデラと呼ばれる植物です。観葉植物として知られているヘデラはホームセンター等様々な場所で販売しており、気軽に購入出来ます。アクアテラリウムを作成した際には陸地にヘデラを設置するのも良いでしょう。

アクアテラリウムには欠かせないシノブゴケ

flyawaytsunetoさんの投稿
32450794 885114331691599 1408293731676717056 n

アクアテラリウムの作り方と検索してほぼ必ず記事やサイト内でおすすめされているコケですが、その中でもシノブゴケというコケが良いでしょう。他のコケに比べて強健なので中々枯れるということはありません。爆発的に増殖してしまい処理などに困ってしまう、などということもないので安心して育てることが出来ます。

彩りを良くする為に観葉植物を飾ってみよう

okamotojun_hbさんの投稿
31788447 133918530803462 1973306837063172096 n

アクアテラリウムをより鮮やかにしたい場合、観葉植物が挙げられます。とは言いますが観葉植物は種類が非常に多く、アクアテラリウムに合った物といわれると中々どれを選べばいいのかが分からないという人も居るでしょう。どの様な観葉植物がアクアテラリウムに合うのかを事前に知っておき、アクアテラリウムをより一層鮮やかにしましょう。

最もアクアテラリウムに向いている観葉植物ポトス

tnk1123さんの投稿
32280142 205431240258486 1137790747139899392 n

観葉植物には様々な種類がありますが、その中でも最もアクアテラリウムに向いているとされている植物がポトスです。非常に多くの派生が育てられている為、自分の好みにあったものを選ぶことが出来ます。アクアテラリウムを小さくまとめたい場合、大きく成長しないポトス・ライムコンパクトという品種もあります。水が無くても枯れにくいので管理も簡単な植物です。

陸を飾る植物でアクアテラリウムに自然を追加しよう

yumahimicyoさんの投稿
32384891 385679948612991 8100226690107572224 n

アクアテラリウムを作成する際に陸にも植物を飾りたい、しかしどの植物が良いのか分からないという方も居るでしょう。ここでは陸を飾り、より綺麗なアクアテラリウムを作ることが出来る植物について説明していきます。

陸上植物のシュガーバイン

yuya_kawamuraさんの投稿
31890464 622536778087202 3356319699745898496 n

アクアテラリウムを作る際、陸上の植物で挙げられる物の一つとしてシュガーバインという植物があります。茎が伸びてしまいますが適当な箇所で切ってしまっても大丈夫です。時々葉の裏等に白い点のようなものが浮かび上がってきますが、シュガーバインの出す樹液なので心配する必要はありません。

フィカス・プミラは陸に設置するのに便利

m_aquariumさんの投稿
32048501 167623600598451 4398296310696902656 n

フィカス・プミラは陸地に設置するタイプの植物で、小さな葉が多く茂っているのが特徴的な植物です。茂っている葉が非常に多く、ホースを隠す場合や、自然にアクアテラリウムを見せたい場合にしっかりと役立てることが出来るのでおすすめされています。茎の部分が長く伸びますが自分のアクアテラリウムに合った長さに切り落とせば大丈夫です。

アクアテラリウムでも育つ盆栽

ponpon_maruさんの投稿
31474711 1433948633377372 7607236887740153856 n

アクアテラリウムでは様々な植物を育てることが出来ますが、盆栽も例外ではなく育てることが出来ます。盆栽を使用した際のアクアテラリウムの利点について知っておくことで、更にアクアテラリウムをより良いものにする事が出来る様になります。

アクアテラリウムに盆栽を使う利点

maximanzoroさんの投稿
30922143 166764617343750 4617853621529214976 n

アクアテラリウムに盆栽を使う利点として、多く挙げられるのが見栄えの良さです。非常に見栄えが良い盆栽はジオラマの様に自然風景を再現してくれるので、大体の場合に盆栽が使われます。アクアテラリウムをより見栄えよくしたい場合は盆栽を使うのも良いでしょう。

飼育可能な生物はどんなものなのか?

yuge3758さんの投稿
31988103 1523415331118017 1904526264417386496 n

アクアテラリウムは水辺の自然を再現するもので、それに合う生物は多く居ます。熱帯魚から一部の陸生成物まで幅広い生物を飼育することが可能なので、自分のアクアテラリウムに合った生き物を探し見つけ出してより理想のアクアテラリウムに近づけていきましょう。

アクアテラリウムに飾る基本的な水生生物のコイベタ

izumiya_3さんの投稿
33989954 619642835068032 3988041313755856896 n

コイベタは錦鯉の様に綺麗な金魚の一種で、アクアテラリウムにも向いている水生生物の一種類です。日本古来のわびさびを表現しており、和風なアクアテラリウムには相性が抜群でしょう。飼育方法も通常の金魚と大差が無いのでそこまで難しいわけではありません。

アクアテラリウムに飾る基本的な陸上生物のイモリ

imoristarkさんの投稿
34291473 480415679080526 160371523327098880 n

アクアテラリウムは水辺を再現する場合が非常に多いです。なので完全に陸上に生きる生き物を飼育するのは難しいですが、陸上生物の中でも対応できる生物は存在します。その中でも代表的な生き物としてイモリが挙げられます。イモリは水辺に住む場合が多く水生生物を捕食することはまず無いので安心して飼育することが出来ます。

観賞向け完成済みアクアテラリウム

hirarium5960さんの投稿
31571310 522529278142945 9131003967675826176 n

アクアテラリウムを観賞したいけれど作る手間は省きたいという人も居るでしょう。そんな人に向いているのは既に完成済みのアクアテラリウムです。一から組み立てる必要性が無く、管理を行うだけでアクアテラリウムを楽しむことが出来ます。

完成済みアクアテラリウムの値段

gabupopo180さんの投稿
31725130 430831393995879 3367166875875147776 n

既に完成済みのアクアテラリウムは一から組み立てる普通のアクアテラリウムとは違い、材料費等があまり掛からないので普通にアクアテラリウムを作成するよりも値段は掛かりません。大体7000円から一万円程度でアクアテラリウムを手に入れる事が出来るので観賞をメインとしたい人は購入を検討するのも良いでしょう。

こんなセットも?アクアテラリウムセットの種類

tobitsuさんの投稿
31474785 198856437391468 1062327411539968000 n

アクアテラリウムセットには幾つかの種類があります。アクアテラリウムセットの種類を予め知っておき、自分の欲しいアクアテラリウムをしっかりと手に入れるための知識を得ましょう。

水槽と陸地を作る為のセット

kumanomi360さんの投稿
31474866 196415847749347 8409879504138272768 n

全て人任せではなく自分で作る部分もあって欲しいという人は、この水槽と陸地がセットとして販売しているアクアテラリウムを買うといいでしょう。水槽と陸地に敷く分の砂等が入っているので、環境生物や植物と言ったものは自分の好きなように設置することが出来ます。

最初から全てが組まれているセット

soshitemegumiさんの投稿
31199915 385903888593397 3111256433568514048 n

作り方が分かっても作れるか不安と言う人には、最初から全てが組まれているセットがおすすめされています。最初から全てが組まれているので、アクアテラリウム内の定期的なメンテナンスのみで大丈夫です。但し自分で生物を入れる必要があるので、生物は自分で決めて買うようにしましょう。

アクアテラリウムセットの利点

kouji7655iさんの投稿
31479142 177324019754959 6972199924049903616 n

アクアテラリウムセットを購入する際には様々なメリットがありあす。そのメリットがどの様なものなのかを理解しておくことで、より良いアクアテラリウムについて理解を深めることができるでしょう。

管理のみなので簡単に扱える

shingo.05さんの投稿
31070304 208793969725383 8993288160611926016 n

自分から作る事は無く、最初から用意された物のみを扱うので管理自体はとても簡単に出来ます。定期的に水の管理を行ったり植物の手入れを行うのみで大丈夫なので、初心者でも安心して扱うことが出来ます。

アクアテラリウムセットを買う際の注意点

tnk1123さんの投稿
31439610 1711136558970359 1639110939225620480 n

アクアテラリウムセットを購入する際、注意しなければいけないデメリットが存在します。知らないままセットを購入してしまい、後悔してしまうことの無い様に気をつけましょう。ここではそのアクアテラリウムセットのデメリットについて説明していきます。

カスタマイズがやり辛い

hidozyouさんの投稿
30948661 149428852576390 766871036380577792 n

既に完成されているアクアテラリウムセットの場合、非常にカスタマイズがしづらくカスタマイズを行った際にも殆ど変化がない場合が多いです。自分で自由に組み合わせたい場合、一からアクアテラリウムを自分で作るほうが良いでしょう。

アクアテラリウムで生活に新たな彩りを

yuya_kawamuraさんの投稿
31023880 242814802961215 7404448671124684800 n

アクアテラリウムは一見難しそうに見えますが手を出せば簡単に作れるものです。近年では初心者の人のために事前に完成したものや、一部材料等が揃っているキット等も販売されています。アクアテラリウムが一般的な趣味として普及するのもそう遠くない事でしょう。アクアテラリウムを始め、生活に新しい彩を加えてみては如何でしょうか。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ