ガーターベルトの付け方のコツ!使い方・選び方・効果やおすすめ商品も紹介

なかなか日常的につけることの少ないガーターベルトですが、付け方もわからないという人が大半。しかし意外と普段でも簡単に付けられるようなガーターベルトがあるんです。今回はガーターベルトの付け方のコツや使い方、おすすめのガーターベルトなどご紹介します。

目次

  1. ガーターベルトは意外と身近なもの
  2. ガーターベルトの意外な歴史と付け方
  3. 付け方さえわかればガーターベルトも日常に
  4. ガーターベルトの付け方を得て夏も快適に
  5. 付け方が複雑なガーターベルトのお得効果とは
  6. 美脚効果が望めるガーターベルトの付け方
  7. ガーターベルトで女性らしい仕草に
  8. ガーターベルトは伝線した時にもメリットが
  9. ガーターベルトの正しい付け方
  10. ウエストホックの楽な付け方
  11. 邪魔にならないガーターベルトの付け方
  12. ショーツとガーターベルトの付け方
  13. ガーターベルトの馴染みやすい付け方
  14. ブラとガーターベルトの付け方合わせ方
  15. ガーターリングのおしゃれな付け方をマスターしよう
  16. 仮装でのガーターベルトの付け方
  17. スカートでのガーターベルトのおしゃれな付け方
  18. 短パンでのガーターベルトのおしゃれな付け方
  19. 結婚式でのガーターベルトの付け方使い方
  20. 定番のレースガーターベルトおすすめの付け方は
  21. レザーのクールなガーターベルトの付け方
  22. サテンの上品なガーターベルトの付け方
  23. ガーターベルトはセクシーさを抑えた付け方も
  24. ガーターベルトがワンポイントになる付け方
  25. ガーターベルトはギャップがポイント
  26. おすすめガーターベルトとその付け方
  27. ガーターベルトの選び方!付け方も選び方も楽重視
  28. おすすめストッキングとその付け方
  29. ガーターベルトと同色にするのがおすすめ
  30. ガーターベルトで新しいファッションに挑戦

ガーターベルトは意外と身近なもの

wacoal_saluteさんの投稿
34326808 969704929821071 6583982253980778496 n

ガーターベルトと聞くと嫌厭する女性は多いですし、実際にガーターベルトを付けている人も付け方を知っている人も少ないです。ガーターベルトは単なるセクシーランジェリーとしてだけではなく、つけることでの効果や便利な使い方もあります。今回はそんなガーターベルトの付け方のコツ、ガーターベルトの使い方や選び方などをご紹介します。

ガーターベルトの意外な歴史と付け方

ruederyuさんの投稿
33817583 212026306245991 1489567535257878528 n

ガーターベルトは元々は男性が身につけていたアイテムで、ヨーロッパの白タイツを履いた貴族の男性が使用したいました。その当時は今の女性が身につけるガーターベルトのような付け方でも使い方とは違いますが、起源はそこにあると言われています。つまり、元々セクシーさを表現する効果は特になかったことがわかります。

今でこそ女性のセクシーランジェリーとして知られているガーターベルトは、男性が身につけていた当時とは違い、ガーターベルトのベルトを表に見せることが今ではファッションと考えられています。男性が使用していた当時は今で言うタイツの役割をしていただけですが、ベルトを見せるような使い方は現代だからこその使い方、付け方と言えます。

付け方さえわかればガーターベルトも日常に

xx.xx_yumi_xx.xxさんの投稿
36122942 195858531125275 198216747914887168 n

しかし、現代でもタイツとして使用するのも立派なガーターベルトの使い方です。なんとなくキャバ嬢や風俗嬢が使用しているようなイメージが強い人も多く、嫌厭してしまう人も多いでしょう。しかし、そういったご職業での使い方と日常のガーターベルトの使い方は全く違います。彼女たちは職業柄、男性を誘惑するような付け方、使い方をしているだけです。

aymkazmさんの投稿
13422911 1403434603045913 1996284705 n

ガーターベルトの日常的な付け方は、ベルトを見せずにタイツとしての役割をさせるのが一般的です。ならタイツでいいじゃないかと思う方もいますが、確かにタイツはガーターベルトほど付け方が複雑でないので楽ですがガーターベルトにはタイツにはない使い方、効果があります。タイツとガーターベルトを選ぶときは、それぞれの効果を考慮するのが正しい選び方に繋がります。

ガーターベルトの付け方を得て夏も快適に

junewakoさんの投稿
35459234 344191089444590 1274327108939677696 n

ガーターベルトの付け方はコツさえわかれば対して難しいものでもありませんし、面倒でもありません。ガーターベルトの付け方のコツを知って付けられるようになれば、夏で大活躍します。夏は特にガーターベルトの効果が発揮しやすい季節であり、ファッションとしてガーターベルトを見せる付け方をするのも楽しくなるのでおすすめなんです。

yoru_hosi_kiraさんの投稿
33630492 385747961937783 5453270888549974016 n

ガーターベルトはタイツと違って足からお尻までを完全に覆うことがないため、ムレないという嬉しい効果があります。余計な布がないため快適に過ごすことができます。これはタイツでは得られない効果ですよね。ムレは肌が荒れる原因にもなるので、暑い時期や湿度の高い日のお出かけにはタイツではなくガーターベルトを使用するという使い方をおすすめします。

付け方が複雑なガーターベルトのお得効果とは

kage_makoさんの投稿
36085545 526037561144420 5617513641994616832 n

ムレないという効果の他にもガーターベルトには便利な効果があります。もちろんタイツでは表現しきれない女性らしいフォルムにする効果があるのはガーターベルトです。ファッションにセクシーさ、大人っぽさを取り入れたいと考える人は、見せるガーターベルトとしていやらしくないおしゃれなガーターベルトを選ぶのがおすすめの選び方です。

ガーターベルトのもう一つの便利な効果は安心感です。タイツとは違い、伸びてきてもベルトで止められているためずり落ちないという効果があります。足が細い人は特に悩みであることが多いですが、タイツはずり落ちるから気持ち悪くなってきます。その場合の選び方はガーターベルトを選ぶのが正解です。ガーターベルトの付け方ならずれを修正しやすくなります。

junewakoさんの投稿
31821655 2086394504913004 1131960810071916544 n

ガーターベルトはベルト部分が長さ調節できるようになっているため、上手な使い方をすれば自分にあった履き心地にすることができます。ちなみにガーターベルトは意外と多種販売されているので、いろんな用途の選び方ができます。ガーターベルトが付いているランジェリーセットなら、ガーターベルトをつける使い方と付けない使い方が両方できるのでおすすめです。

美脚効果が望めるガーターベルトの付け方

yoru_hosi_kiraさんの投稿
34393904 135627967230017 5617606490597621760 n

そしてさらにガーターベルトの女性に嬉しい効果というのが、美脚効果で足を細く長く見せてくれます。足がコンプレックスな人は生足で出たくはありませんよよね。そんな人の美脚効果を考えたファッションといえばやはりタイツを想像しがちですが、ガーターベルトの方がより足を綺麗に見せてくれるのでガーターベルトの選び方をマスターすることをおすすめします。

yukika_fujimaさんの投稿
32187502 928550400646944 3952938876758130688 n

ガーターベルトはベルト部分で足の引き締め効果をもたらしますので、ファッションでベルトを見せるような使い方をするのがおすすめです。ガーターベルトの選び方は、黒のガーターベルトに黒のタイツというのが定番でおすすめの選び方です。そしてよりおしゃれで美脚に見せられる付け方があり、ガーターリングなどでワンポイントとして差し色を持ってくるのがおすすめです。

美脚効果のある付け方は、スカートでガーターベルトのベルト部分をチラ見せさせる付け方がおすすめです。ガーターベルトの引き締め効果を持たせつつ、大胆な印象を抑えてくれるのでファッションとしてより楽しみやすくなる付け方です。歩くと見えるくらいの付け方が脚をより綺麗に見せてくれる効果が上がるので試してみることをおすすめします。

ガーターベルトで女性らしい仕草に

nemurenaino_さんの投稿
31474688 1474965719281965 3223388911451504640 n

ガーターベルトは自然と女性らしいしぐさ、姿勢にしてくれるという効果があります。それはウエスト部分が腰を引き締めてくれるので、コルセットのような効果が出てくるんです。また、ガーターベルトを付けているとなんとなく自分が女性らしい格好をしているという意識が高まります。女性らしい振る舞いを身につけるという使い方ができるというのもガーターベルトのメリットです。

d8tinyさんの投稿
31999224 578038279230103 1808505527416651776 n

女性らしいしぐさを身につけるという使い方でガーターベルトをつける時の付け方のコツは、きつくない程度にウエストを引き締めた付け方です。ホック部分は本当にぴったりくらいの方が自然と姿勢が正されますし、ガーターベルトをしている意識が高まります。また、ファッションとして見せる付け方も、ガーターベルトへ意識が集中するのでおすすめです。

ガーターベルトは伝線した時にもメリットが

minika722227さんの投稿
33178005 1755727577817193 3144007612194881536 n

ガーターベルトの効果的な使い方は、伝線した時にもあります。タイツは伝線してしまうと丸ごと捨ててしまう羽目になりますが、ガーターベルトはタイツ部分と支えている部分で分かれているため、片方を残しておけるんです。タイツがよく伝線してしまうという人のおすすめの選び方は、タイツとして無難なガーターベルトにすることです。気持ち的にも安心できますよ。

タイツだけではなくストッキングでももちろん応用できる使い方で、ガーターベルトが一つあれば様々なタイツやストッキングでこの便利な使い方ができます。また、伝線する理由の一つにタイツの上げ下げがあるのですが、ガーターベルトはタイツ自体をトイレでも脱ぐことはないので伝線しない使い方ができます。伝線しやすい人の選び方のコツとして参考にしてください。

ガーターベルトの正しい付け方

missbabysakiさんの投稿
31745531 884472735089289 8554992971462737920 n

ではガーターベルトの基本的な付け方のコツをご紹介します。まず最初にストッキングは最初に履いておくのがコツです。そのほうが傷つけにくいですし履きやすいです。そしてガーターベルトのクリップを全て外します。この時にきちんと後ろ前を確認しておくのも、あとで迷わないためのコツです。そしてウエスト部分を付けたらあとはガーターベルトをストッキングにつけるだけです。

履く前にガーターベルトのベルトの長さを長くしておくのがコツで、ストッキングに連結させてからの方が楽に長さを調節できます。長さの目安は本当に無理のない程度に貼らせるのが付け方のコツで、ストッキングが引っ張られていたりウエスト部分が引っ張られている感覚になっていないか注意してつけるようにしてくださいね。

ウエストホックの楽な付け方

retro_modern_garterさんの投稿
32322791 1014564958718517 6803072813537165312 n

ウエスト部分のホックは大抵が後ろについています。このウエストホックの付け方のコツは、腰に当てた時に後ろとなる方を前に持ってきます。そして自分の前側でホックを止めてから腰の周りでくるくると半周させて本来の位置へと持ってくるのが簡単な付け方のコツです。後ろ向きだからと言って後ろで止める必要はないので意外と簡単に止めることができますよ。

atsuyuki1214さんの投稿
32070972 203889446887610 6769111759803383808 n

このとき一応ストッキングにベルトが引っかからないようにした方が安全です。クリップが引っかかってストッキングを傷つけてしまうこともあるので、念のため注意することをおすすめします。ウエスト部分とストッキングをつけるとき、両足とも同じ位置でクリップを止めるのが綺麗につけるコツです。

邪魔にならないガーターベルトの付け方

kiritoriya_hiroさんの投稿
34870806 953791154794132 2548439108737302528 n

ガーターベルトのベルトの付け方には位置にもコツがあります。ガーターベルトを付けたことがない人はわかりづらいですが、ベルトが太ももの真裏にくる付け方はおすすめできません。太ももの真裏にくると座った時にベルトが太ももに食い込んで痛くなるのですが、この付け方はガーターベルト初心者の人がやりがちです。

ryonyan_003さんの投稿
29089277 439302729824630 6349946475249664000 n

ガーターベルトの邪魔で痛くならない付け方のコツは少しサイドへとずらす付け方がおすすめです。真裏ではなく少し外側へとずらした付け方のコツは、椅子に座る時やかがむ時に助かります。あとがついて痛々しい印象にならないのでおすすめです。ちょっとしたコツで快適さが変わりますから、ガーターベルトを着用の際にはぜひ実践してみてください。

ショーツとガーターベルトの付け方

ガーターベルトの正しい付け方ではショーツの上にウエスト部分をつけます。しかし、生活で便利な付け方のコツの、逆にしてガーターベルトの上からショーツを着用する付け方をおすすめします。このコツはトイレに行く時に役立ち、いちいちベルトを外さなくてもいい便利な付け方のコツなんです。はき心地もそこまでは気にならないので安心でおすすめです。

wacoal_saluteさんの投稿
32824421 248624475706679 7059859124229505024 n

その付け方をするにはガーターベルトの選び方にもポイントがあります。おすすめの選び方は、ウエスト部分があまり厚くないものを選ぶ方法です。選び方のコツは刺繍などの柄が大きいものではなく、生地もサテンなど薄手のものを選ぶのがコツです。厚手のガーターベルトや柄の大きいガーターベルトはショーツの邪魔になりやすいので、コンパクトなものにしましょう。

retro_modern_garterさんの投稿
31757643 214919722638007 9152432942495039488 n

ベルトの部分はショーツの下にきても痛くない素材を選ぶというのも選び方のコツです。選び方で注意するべきなのはもちろんベルトの丈夫さも含まれますが、だからと言って硬い素材のベルトはショーツ下に来ると圧迫されていたいのでおすすめできません。試着が一番ですが、見た目でいうなら太くて平らなベルトを選ぶというのが選び方のコツです。

ガーターベルトの馴染みやすい付け方

junewakoさんの投稿
34818673 771570286371671 6816029308235022336 n

ガーターベルトはやはり身につけるのが少し恥ずかしいという方は、ガーターベルトの選び方にコツがあります。ガーターベルトオンリーだとなんとなくそわそわしてしまうかもしれませんが、何かで覆えればそんな感覚も軽減できます。例えば、キャミソールともセットで着られるようなガーターベルトを選ぶのが、この場合の選び方のコツとなります。

服を着れば見えなくはなりますが、脱いだ時の姿でもセクシーさを軽減することでガーターベルトがよりきやすいものへと変わります。キャミソールを被せるとセクシーというよりかは可愛い印象になるので、スタイルに自信のない方でも気軽に選べる選び方です。また、明るい色の着やすいガーターベルトを選ぶという、カラー基準の選び方もおすすめですよ。

ブラとガーターベルトの付け方合わせ方

junewakoさんの投稿
35384942 2094507044126669 4581625873035165696 n

ガーターベルトとブラをセットで購入するのではなく、ガーターベルトは単体で購入する場合のブラの選び方をご紹介します。ガーターベルトはどちらかと言えば華やかなランジェリーなため、華やかなブラとの相性はもちろんいいのでおすすめです。華やか同士になるので違和感のないコーデになりますし、見た目もセクシーよりも可愛い印象になります。

junewakoさんの投稿
32567913 177861482921489 2868205630152245248 n

またシンプルなブラを選ぶのも一つの方法で、ガーターベルトを引き立たせるのに有効な選び方です。シンプルなブラは華やかなガーターベルトをメインに引き立たせてくれるので、セクシーさがより表現できます。セクシーさを控えるなら華やか同士の選び方、セクシーさを表現したいのならシンプルなものと合わせた選び方がおすすめです。

ガーターリングのおしゃれな付け方をマスターしよう

risa_knrさんの投稿
29404178 2004985423156056 5402540439951638528 n

ガーターベルトではなくガーターリングという脚につける装飾があるのですが、こちらはベルトに通すわけでもタイツやストッキングを吐くわけでもないので身につけやすいアイテムです。ガーターベルトのあの太ももに締まりを出してくれる部分だけがついてくれるので、いやらしさが少ないけれど美脚効果が期待できますよ。

raga_muffin_jyuraさんの投稿
33640329 375340326308401 7560951876322066432 n

靴下などと合わせてガーターベルト風を楽しむのがおすすめです。ガーターベルトは服の中にまでべえるとが伸びているからこそセクシーさが際立ちますが、それがないのでいやらしさがあまり感じられません。つける側も素直にファッションを楽しめるので、ガーターベルトは抵抗があるけれどファッションに取り入れたいという方におすすめの商品です。

仮装でのガーターベルトの付け方

ガーターベルトが短に感じるのはハロウィンなどで仮装をする時です。仮装をする時にはガーターベルトがかなり人気なアイテムになります。特にメイド服と合わせる人が多く、ガーターベルトにナイフや銃を忍ばせるような仮装などにも使われます。仮装となるとなりたいものへのイメージを高めるためのアイテムとなるので抵抗がある人は周りにも少ないでしょう。

アニメのキャラクターや海外映画のヒロインはガーターベルトを付けていることも多いです。そのためガーターベルトに憧れを持つ女性は少なくないでしょう。一度は付けてみたいという方は、ハロウィンという場を借りてその憧れのキャラクターになりながらガーターベルトを楽しむのがおすすめです。普段着ではないので恥ずかしさもあまり感じません。

sakura.loliさんの投稿
34553054 2186217971600188 4629513113413091328 n

ガーターベルトに合う仮装はメイドの他にはボーカロイドのキャラクターなどが人気です。ボーカロイドのコスプレは海外の人にも人気で、よくガーターベルトが使われています。海外の人は日本人よりもガーターベルトに対する抵抗がかなり少ないので、仮装でなくても自然と着こなしてしまいますが、仮装となるとやはり使用してくることが多くなります。

スカートでのガーターベルトのおしゃれな付け方

shentiao3853さんの投稿
35001119 1925982407412930 6778666661877645312 n

スカートと合わせたガーターベルトの付け方は、もちろんミニスカートで絶対領域と言われる部分を見せるコーデがおすすめです。確かにすごく色っぽいコーデではありますが、それがファッションとしてとても可愛いんです。スカートはフレアにすると可愛い印象になりますし、タイトにすればクールでセクシーな印象になります。

raga_muffin_jyuraさんの投稿
33618534 135265234014026 3464793861925109760 n

一番やりやすいコーデはガーターリングを使ったスカートコーデです。ストッキングやタイツは嫌だという人にはガーターリングをスカートの下からのぞかせるのがおすすめです。ガーターベルトはスカートがかなり短くなってしまいますが、ガーターリングならスカートの長さに合わせてずらせるので着やすくて可愛いコーデになります。

短パンでのガーターベルトのおしゃれな付け方

raga_muffin_jyuraさんの投稿
33630570 2134468020171003 73324055339466752 n

短パンのガーターベルトの付け方は、アクセサリーなどがついたガーターベルトでクールな印象のコーデにするのがおすすめです。レースのガーターベルトよりもシンプルなベルト素材の方が短パンコーデに合います。もちろんベルトのないガーターリングも足の引き締め効果とクールな印象を上げてくれるのでおすすめです。

liliumindustryさんの投稿
31310748 245919025974379 2113833811891453952 n

短パンに合わせる時、ガーターベルトのベルト部分は色がついている方がおすすめです。しろや黒よりもファッションのアクセントとして活躍するので、ガーターベルトが活きるコーデになります。黒はガーターベルトのセクシーな印象が強いので、抵抗がある方にもカラーのガーターベルトの方がおすすめです。

結婚式でのガーターベルトの付け方使い方

kokona_merry_さんの投稿
33142839 593491484356689 2144410268187230208 n

ガーターベルト、ガーターリングは結婚式でも使われているアイテムなんです。知っている人は少ないですが、ブーケトスというイベントに似たもので、ガータートスというイベントを取り入れる結婚式があります。ブーケトスはブーケを花嫁が投げるのですが、ガータートスは女性が付けているガーターリングを男性がとって投げるという形になります。

haruna0040さんの投稿
13741005 1247048541996332 1343619500 n

海外ではよくされているイベントの一貫で、女性がつけている白のガーターベルトやガーターリングを手で外したり、口で加えて外したりしてパフォーマンスをします。女性はドレスの裾を持ち上げて台に足を乗せて外されるのを待ちます。大胆なパフォーマンスですが、大人の色気がある素敵な結婚式となり盛り上がるのでおすすめです。

ガータートスは受け取った人に幸運をもたらすとも言われており、ガーターリングもその言い伝えにちなんだデザインであることが多いです。ガーターリングは白が多いのですが、幸運を呼ぶという意味でブルーをデザインに加えたガーターベルトが人気です。結婚式でちょっと一味違うパフォーマンスがしたい人はガーターリングを使ったパフォーマンスをおすすめします。

Thumb結婚式のBGMをランキングで紹介!披露宴や二次会でも使える曲も【シーン別】 | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

定番のレースガーターベルトおすすめの付け方は

_lingellir_さんの投稿
35319447 219595538855501 2097472426035118080 n

レースのガーターベルトのおすすめの付け方は、爽やかな夏コーデに合わせるのがおすすめです。レースは一見セクシーさが際立つイメージですが、それは暗い色の黒やネイビーのレースの場合です。実は明るい色のレースガーターベルトはとても可愛い印象になり、つけていても恥ずかしさはそれほどありませんので夏の爽やかコーデと相性がいいんです。

mitsumai39さんの投稿
31072755 163336257668748 1961628924064563200 n

スカートの中にレースの裏地がつけられているスカートなどは特に相性がいいです。レースでコーデに統一を持たせることでさりげなくガーターベルトを楽しむことができます。また、トップスでレースを持ってくるコーデもガーターベルトと馴染むのでおすすめです。レースのガーターベルトにはレースを取り入れたトップスやボトムスを選びましょう。

服の色は全体的にパステルカラーなどの淡い色味がおすすめです。淡い色味が色っぽさよりもガーターベルトの可愛い部分を引き出してくれます。レースのガーターベルトはセクシーな定番の着こなしもおすすめですが、今はさりげなくガーターベルトを生かすコーデにするのがおすすめです。可愛い系ファッションの幅がより広げられます。

Thumbランジェリーで可愛いブランドは?とろ甘レースで彼氏とデート! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

レザーのクールなガーターベルトの付け方

ガーターベルトをかっこよくきこなすのなら断然レザータイプのガーターベルトをおすすめします。レザーのガーターベルトのクールな付け方は、黒の短パンを合わせたコーデが人気です。そしてストッキングは黒のストッキングで合わせるとクールで色っぽい大人なコーデが完成します。このシンプルな組み合わせがよりガーターベルトをかっこよく生かします。

qooza_shopさんの投稿
32095319 245781855982251 3046106259339083776 n

ガーターベルトではありませんが、ガーターベルトをモチーフとしたガーターリングのようなファsh村アイテムもクールなコーデにおすすめです。パンツのベルト部分にベルトを引っ掛けて足にリングを通すアイテムですが、気軽にガーターベルトの雰囲気を取り入れられるので、ガーターベルト本体に抵抗があるという方でも気軽に使えます。

サテンの上品なガーターベルトの付け方

pocochan0812さんの投稿
34073741 224688541462338 1924818013500997632 n

サテンのガーターベルトは勝負下着としておすすめです。サテンは表で見せて付けるようなガーターベルトではなく、さりげない女性らしいしぐさを意識するのにぴったりなガーターベルトです。ですから、表向きでは普通のタイツやストッキングと変わらないコーデでいいでしょう。デートの時でなくても、女性らしい振る舞いに気をつけたい場でおすすめです。

motosuzukisanさんの投稿
32048571 168341150499201 2549143607927898112 n

見せるガーターベルトのつけ方をするなら、細いリボンのモチーフがついたガーターリングにするのがおすすめです。小さく上品なリボンは脱いだ時にもサテンのガーターベルトとマッチするので、恋人との大事な場面でも安心のコーデになります。サテンのガーターベルトは上品さを生かした使い方をするのがおすすめです。

ガーターベルトはセクシーさを抑えた付け方も

hx_xmさんの投稿
31694933 2041209302573745 8471413590782377984 n

ガーターベルトのセクシーさを抑えた付け方でおすすめなのは、ダメージジーンズと合わせたコーデです。ぱっと見はダメージジーンズでも、そのダメージの中を覗くとガーターベルトが見えてきます。ガーターベルトがメインではなくさりげないアクセントとして主張を抑えられます。ガーターベルトの雰囲気も生かしたバランスのいいコーデです。

hiroi_photoさんの投稿
31412168 1831044780286776 2339009064500985856 n

そして安定なのはガーターベルトのベルト部分を見せないコーデです。見せるためにガーターベルトを付けるのではなく、見えないところでの女性らしいしぐさを作り、またタイツやストッキングなどのムレを防ぐという目的で使う使い方は一番さりげない使い方です。機能面を重視して、タイツやストッキングのコーデを楽しむのも一つの手ですね。

ガーターベルトがワンポイントになる付け方

1420_ariseさんの投稿
33781579 451709711920355 8343710327443030016 n

ガーターベルトをワンポイント、アクセントとして利用した付け方は、ベルト部分をカラーにしたコーデがおすすめです。シンプルにガーターベルトの最大の特徴であるベルト部分を目立たせたコーデはわかりやすくておしゃれです。ガーターベルトのベルト部分が目立てば、脚に縦のラインが強調されてより足長効果が発揮されますよ。

tu_hacciさんの投稿
26156637 182369219025082 2789993558432546816 n

タイツのタイプを変えるというのもおすすめです。ガーターベルトは一般的なタイツやストッキングと違っていろんな素材感を楽しめます。ストッキングだけではなく、網タイツ、目の細かい網タイツなども楽しめるのが特徴です。ガーターベルトがアクセントとなるのはガーターベルトだからこそ気軽に履けるタイツを選ぶのもおすすめです。

ガーターベルトはギャップがポイント

hiropyon0628さんの投稿
35402193 1881770695449702 81137305225527296 n

ガーターベルトの何がいいかときくと、ギャップと答える人が多いです。男性は特に、ガーターベルトがいい意味でのギャップになればドキッとしてしまうようです。いい意味というのは、なんだか遊んでそうなイメージではなく、ファッションとしてさりげなく嫌な印象のないつけ方をしているということです。キャバ嬢のような付け方はアウトです。

junewakoさんの投稿
31729553 1646943188758798 5957177634495397888 n

どちらかといえば明るい色のガーターベルトのランジェリーセットが男性受けします。セクシーな定番の黒ガーターベルトは刺激が強すぎるかもしれません。しかし、男性に向けてつけているわけではなく、自分が着たくて着ているのなら問題はないでしょう。いまだにガーターベルトは抵抗のある人が男女ともに多いため、時と場合を考えて選ぶことが大切です。

おすすめガーターベルトとその付け方

minika722227さんの投稿
33110056 176583946387800 478735802344407040 n

よりガーターベルトをファッションとして楽しむことができるのは黒のガーターベルトです。イメージがつきやすいのでファッションに取り入れやすいというのがポイントです。それにベルト部分を隠してしまえばセクシーさを隠すことだってできますし、臨機応変に対応ができるんです。見せるガーターベルトをしたい人は黒のガーターベルトを一つもつのがおすすめです。

junewakoさんの投稿
33172008 831732637021066 2635276746097688576 n

勝負下着として、女性らしい振る舞いをする場面の下着としてなら白のサテンガーターベルトがおすすめです。サテンは上品な印象が強いため、無難に着こなせるガーターベルトです。そして他のガーターベルトと比べて女性らしい仕草にしようという気が高まりますから、自分を高めるなら上品なガーターベルトを選ぶようにしましょう。

そして何より一番ファッションに取り入れやすくておしゃれなのはガーターリングです。リボンのモチーフが入っているガーターリングは人気が高いです。完璧に見せたファッションでも隠しているファッションでもどちらでもおすすめです。ただしタイツと合わせるとタイツが下がってくる可能性は高いので、そういった点も考慮しながらファッションに取り入れましょう。

ガーターベルトの選び方!付け方も選び方も楽重視

junewakoさんの投稿
34348528 384702848691881 4056865987125837824 n

ガーターベルトはブラとショーツがセットになっている、もしくはシリーズで同じ種類のブラとショーツも置いているガーターベルトがおすすめです。そのほうが確実にブラとショーツに合わせることができますし、他のものと合わせるよりも断然おしゃれになります。

bed_room_officialさんの投稿
34131052 246882342741182 1806529601942323200 n

また、ガーターベルトのクリップ部分にも注目しましょう。クリップは止めやすいタイプのものがおすすめです。装飾重視で止めづらい金具だと着脱が面倒になります。ガーターベルト初心者は特に止めやすいデザインのガーターベルトにしましょう。

おすすめストッキングとその付け方

yukika_fujimaさんの投稿
31412190 2007026882897764 4936123862237577216 n

ストッキングのおすすめは一番はやはり黒のストッキングです。一番ファッションに取り入れやすくて理想のガーターベルトコーデがしやすいです。ベルトと合わせる部分にレースなどの装飾がされているストッキングは甘い大人の色気を感じさせ、シンプルなデザインはクールな印象になります。

akishimoda86さんの投稿
30846629 1184670431669768 2644611909055152128 n

そして次におすすめするのは細かい目の網タイツです。ガーターベルトと合わせるとどことなく可愛い印象になりますし、一般的なタイツと比べてお尻まで伸ばさなくていいので着脱がスムーズになります。夏は特にさわやかになるのでおすすめです。

ガーターベルトと同色にするのがおすすめ

risa_knrさんの投稿
23498278 181712395739927 51020045358202880 n

ストッキングはガーターベルトと同じ色を選ぶのが定番な選び方です。ガーターベルトをアクセントとして使う場合は色に変化を持たせるので同色にはなりませんが、そうではないのなら同色で選んだ方がバランスよく着こなすことができます。

rabbit_house_acc_nanaさんの投稿
42130977 349585932471425 7906902369504329728 n

タイツは基本黒が多いですが、柄はストライプが人気です。ストライプはガーターベルトの美脚効果をさらにアップしてくれます。また、大きく開いた目の網タイツは明るい色のファッションにおすすめのタイツです。可愛く甘いファッションを引き締めてバランスをよくしてくれます。

ガーターベルトで新しいファッションに挑戦

__mr_o2さんの投稿
30604648 163169761182313 2382196451015917568 n

ガーターベルトはまだまだ一般化されていないファッション小物ですが、セクシーランジェリーとしてだけに使うのはあまりに勿体無いアイテムです。ガーターベルトのセクシーさ、可愛さ、クールさ色々な顔を生かしてファッションをより一層楽しんじゃいましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ