羊毛フェルトかわいい犬の作り方!簡単にリアルに作るポイントは?オーダー法も!

ふわふわの羊毛フェルトで簡単にリアルな犬が作れます。今回は、かわいい犬の作り方やオーダー方法を紹介します。初めてでも簡単に作れるポイントや、パーツごとの羊毛フェルト犬の作り方も紹介しますので、ぜひチャレンジしてみてください!

目次

  1. 羊毛フェルト犬の作り方が知りたい!
  2. そもそも羊毛フェルトってなに?
  3. 羊毛フェルトはどこで買える?
  4. 羊毛フェルトの犬は初心者でも簡単?
  5. かわいい!羊毛フェルトで作れる犬の種類
  6. 羊毛フェルトで犬を作る道具は?
  7. リアルな羊毛フェルト犬を作るには?
  8. 初めてでも簡単!羊毛フェルトキットで犬を作ろう!
  9. リアルな犬も羊毛フェルトで作れる?
  10. 犬の目や鼻のパーツは羊毛で作る?
  11. 羊毛フェルト犬の基本の作り方
  12. パーツごとで簡単!羊毛フェルトで作るかわいい犬
  13. 硬さはどうする?羊毛フェルト犬の作り方
  14. 犬に見えない?失敗しないポイントは?
  15. 羊毛フェルト犬をリアルに作るポイント
  16. 表情がかわいい!羊毛フェルトで作る柴犬
  17. 長い毛がリアル!羊毛フェルトで作るポメラニアン
  18. ふわふわ!羊毛フェルトで作るトイプードル
  19. みんなが作った羊毛フェルト犬が見たい!
  20. 超リアル!作家が作る羊毛フェルト犬
  21. 羊毛フェルトの犬はオーダーできる?
  22. 自分だけの羊毛フェルト犬を作ってみよう!

羊毛フェルト犬の作り方が知りたい!

mirmeme99さんの投稿
35617481 458625417915225 289963227951923200 n

リアルすぎると話題の羊毛フェルト作品。犬や猫をはじめとする動物たちを羊毛フェルトで作る人が増えています。ふわふわの羊毛フェルト犬は比較的簡単に作れるため、羊毛フェルトを使ってリアルな作品を作りたい人にもおすすめです。今回は羊毛フェルト犬の基本の作り方やリアルに作るポイントなどを紹介しますので、ぜひチャレンジしてみてください。

そもそも羊毛フェルトってなに?

rinmoco_hitujiさんの投稿
35988880 281580782413794 1384239385083379712 n

羊毛フェルトとは、ふわふわの羊毛を針でチクチク刺して形を整えたものです。ぬいぐるみを作るには針と糸が必要でしょ?と思うかもしれませんが、羊毛フェルトは針は使いますが糸は使いません。また、一般的な裁縫と違ってとても簡単なところが人気の理由の一つでしょう。羊毛にはさまざまな色があり、作りたい作品に合わせて羊毛を選んで作ります。

キットなら目のパーツなどがセットになっているものもあり、簡単に犬や猫の羊毛フェルトが作れます。また、羊毛フェルトでリアルな動物作りを楽しむ人も多いです。羊毛のふわふわした質感を生かし、本物の犬や猫のように仕上げるのがポイントです。羊毛フェルトの作品は置いておくだけでもかわいいですが、小さく作ってストラップやブローチにするのもおすすめです。

羊毛フェルトはどこで買える?

keitan4293さんの投稿
35295280 156365261896355 1834148152916049920 n

羊毛フェルトでかわいい犬が作りたいと思っても、どこで羊毛フェルトを買えば良いか迷いますよね。羊毛フェルトは手芸用品店などで購入することができます。羊毛フェルトの色は大変種類が多く、犬や猫などの色のニュアンスが難しい作品には、さまざまなカラーバリエーションから選ぶ必要があるでしょう。手芸洋品店ではさまざまな種類があり、欲しい色が見つかるかもしれません。

また、100均でも販売しているので、試しに買ってみたい人や少量だけ欲しい場合は、リーズナブルな100均をのぞいてみましょう。100均の羊毛フェルトは3色や4色セットものが多く、作品のテイストが決まっている場合は選びやすいのでおすすめです。100円とはいえふわふわの羊毛なので、問題なく作品作りに使えますよ。

Thumbダイソーのフェルトは色も種類も豊富!羊毛キットで動物も作れる! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

羊毛フェルトの犬は初心者でも簡単?

mirmeme99さんの投稿
35522174 266429163932786 7192840696217206784 n

羊毛フェルトは粘土と同じように、さまざまなものを形作ることできます。犬や猫などの動物のほか、ケーキやお寿司などの食べ物、帽子などの実用的なものまで作れます。中でも犬は簡単に作れる代表として人気があります。羊毛フェルト犬のパーツは、目、鼻、口、耳、胴体、前足、後ろ足、しっぽとわかりやすいため、犬の作り方を覚えれば猫でもウサギでも応用が効きますね。

犬種などによって毛の色はさまざまですが、初めて作る場合は一色で作ってみると良いでしょう。また、毛の長い犬ではなく、柴犬のように毛が短いタイプを作ってみるのがおすすめです。体や顔の作りがわかりやすいため、初心者でも作りやすいでしょう。慣れてきたらおなかや顔の部分の色を変えて作ってみてください。ポイントを抑えれば簡単にリアルな犬が作れますよ。

Thumb羊毛フェルトの作り方とコツ!初心者でも上手く仕上げるポイントは? | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

かわいい!羊毛フェルトで作れる犬の種類

keitan4293さんの投稿
35616293 386458528511979 3759821217096269824 n

羊毛フェルトのプロの作家さんは、写真や動画などの素材があれば、どんな犬でも作ってくれるでしょう。もちろんアマチュアでもリアルな羊毛フェルト犬が作れますが、毛の色が複雑なシェパードやダルメシアンのような犬は作りづらいかもしれません。微妙なニュアンスを再現できないとどうしてもリアルさに欠けるため、仕上がりを重視する人は毛の色が単調な犬を選びましょう。

トイプードルやダックスフンド、チワワ、柴犬、ゴールデンレトリバーなどが比較的作りやすいため、羊毛フェルト犬の作り方の本などには良く掲載されています。コーギーやポメラニアンなどの犬種も色が少なめなため、作り方を覚えれば簡単に思うかもしれません。リアルに作るにはいくつか作ってみて改善点などを見つけるのも一つの方法ですよ。

羊毛フェルトで犬を作る道具は?

woolmadeさんの投稿
34202862 1683203345119812 5463110555545894912 n

羊毛フェルトで犬を作るには、どのような道具が必要なのでしょうか?ここでは、羊毛フェルトで使う基本の道具や犬を作る際にあると便利な道具やパーツを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

羊毛

ai_su_さんの投稿
35459394 193316288046256 3182035201094057984 n

まずは犬の毛色にぴったりの羊毛を用意しましょう。羊毛はふわふわで丸まった状態で売られていますが、犬の形にしても同じような色に仕上がります。そのため、仕上げたい色をイメージして羊毛を選ぶことが大切です。

ニードル

momoa_nneさんの投稿
25014156 153700781930109 4806776425287778304 n

羊毛の形を整えるために使うのがニードルです。裁縫に使う針と違って、先端が少しギザギザしているのが特徴です。もちろんニードルも手芸洋品店や100均で購入できますよ。ニードルは消耗品なので、折れたり磨耗したりするのは避けられません。そのため、最低でも2本用意しておくことをおすすめします。

フェルティングマット

youmoutikutikuさんの投稿
12519600 1721565641414204 842858070 n

フィルティングマットは、発泡スチロールのようなマットです。羊毛をニードルで刺すときに机の上で行うと、針が貫通して机を傷つけたり、ニードルが折れたりする原因になります。そのため、フィルティングマットを用意しておきましょう。専用のマットでなくても、スポンジや発泡スチロールでも代用できます。マットがあると細かいパーツや小さな作品を作る際にも便利ですよ。

指サック

ニードルが指に刺さらないよう、指サックを用意しておくと良いでしょう。100均でも販売していますが、レザーのハギレなどで手作りしてもOKです。

目打ち

目打ちは、羊毛フェルト犬の目を付ける際に使います。目にあたる部分に目打ちで穴を開け、ぬいぐるみ用アイやビーズなどのパーツを付けやすくしましょう。目のパーツを付けるには木工用ボンドが便利です。

テクノロート

rikoribonさんの投稿
20837654 162476924318244 3200071422332370944 n

テクノロートとは、プラスチック製の針金です。羊毛フェルトで作品を作る場合に骨格として使われます。テクノロートはなくても羊毛フェルト犬は作れますが、頭の部分が重い場合や、座るポーズの犬を作りたい場合は安定性が確保できるためおすすめです。針金なので仕上がったあとに手足を動かすこともできます。テクノロートを使う場合はニッパーもあると良いでしょう。

リアルな羊毛フェルト犬を作るには?

基本の道具とハサミできれいに仕上げよう

siroro.iさんの投稿
32443736 164176881095397 1360622296225546240 n

上記で紹介した道具さえあれば、リアルな羊毛フェルト犬でも作ることができます。しかし、仕上がりをよりきれいにしたい場合は、仕上げ用のハサミがあると良いでしょう。

パーツごとに丁寧に作るのがポイント!

cooperprickleさんの投稿
34867043 2060934507497158 5182088611985620992 n

顔や胴体、手足を一気に作るのではなく、細かいパーツに分けて作るのが、リアルな羊毛フェルト犬を作るポイントです。顔を作る場合でも、耳や口元を分けることで修正がしやすくなります。パーツを丁寧に作ることで仕上がりがきれいになりますよ。

初めてでも簡単!羊毛フェルトキットで犬を作ろう!

azumin_feltさんの投稿
30982115 2119250128092126 4717595793073111040 n

羊毛フェルト作りが初めての人は、キットを使ってみるのも良いでしょう。キットは100均や手芸洋品店で購入でき、犬や猫、小鳥などのさまざまな羊毛フェルト作品が作れます。作品の見本が写真で載っているので、仕上がりをイメージしやすいでしょう。小さなマスコットやストラップなどに仕上げられる丸カンやチェーンがセットになったものもあります。

キットには、作品作りに必要な羊毛、ニードル、目のパーツなどがセットになっていることが多いです。作り方の手順やポイントがわかりやすく書いてあるため、初めてでも簡単にかわいい作品が作れるでしょう。100均のキットなら、たとえ失敗してしまっても元手が安く済み、ニードルは再度使えますよ。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

リアルな犬も羊毛フェルトで作れる?

yumi_hasaoさんの投稿
34983131 2006709599643900 2521899067001274368 n

羊毛フェルトキットは、小さなマスコットやストラップに仕上がるものが多いです。キットで羊毛フェルト犬の構造がわかってきたら、リアルな羊毛フェルト犬にチャレンジしてみましょう。愛犬そっくりに作る人もいれば、犬を飼いたくても買えない犬好きの人もリアルな羊毛フェルト犬を作っています。ポイントを抑えれば誰でもリアルな羊毛フェルト犬が作れるでしょう。

先にも説明したように、リアルな羊毛フェルト犬を作るには、パーツごとに作ることが大切です。仕上がりのイメージを膨らませ、よりリアルな表情に近づけていきましょう。犬のポーズをどうするかも決めておくと、置きたい場所や撮りたい写真に合わせられるでしょう。

犬の目や鼻のパーツは羊毛で作る?

kinahakuohaさんの投稿
32788420 169920957022397 7552585821195337728 n

リアルな羊毛フェルト犬作りに欠かせないのが目や鼻のパーツです。目や鼻を羊毛フェルトで作ってもかわいいですが、光沢のあるリアルなパーツも販売されています。手芸洋品店にはさまざまな種類の目や鼻のパーツが売られているため、仕上がりを重視するならぜひリアルなパーツで作ってみましょう。写真を撮る際にもアイキャッチが入ってかわいくなりますよ。

大きな目が特徴のチワワなどを羊毛フェルトで作る場合は、大きめのアイパーツを用意しましょう。真っ黒なアイパーツもありますが、周囲が白く縁取られているものや、リアルな瞳を再現しているものもあります。鼻もツヤのある素材を使ったリアルなパーツが販売されています。このようなリアルなパーツを使うと、羊毛フェルト犬の印象ががらりと変わりますね。

羊毛フェルト犬の基本の作り方

cooperprickleさんの投稿
35616501 439731689835353 915033608362655744 n

羊毛フェルト犬の基本の作り方を紹介します。体は白一色で簡単なので、慣れてきたら応用してみてくださいね。材料は、白の羊毛フェルト25g、赤の羊毛フェルト少量、黒の羊毛フェルトごく少量、ぬいぐるみ用アイ4.5mmを2個です。まずは足に使う羊毛をちぎり、半分に折ります。折った部分をニードルで軽く刺し、くるくる巻いて円柱状に整えましょう。

rinmoco_hitujiさんの投稿
35328208 899324350254349 4776900714381180928 n

細めのものを2本、もう少し太いものを2本作ってください。太い方は後ろ足です。しっぽも同じように作ってください。胴体は楕円形、頭は太い円柱状にします。胴体と頭の部分は、バランスを整えるために硬めに作るのがポイントです。顔の1/3の場所を刺して線を入れ、硬くします。ここに口と鼻が付きます。鼻は黒の羊毛で小さな丸を作り、硬くしたら顔に刺して付けましょう。

f.kyaerさんの投稿
33735137 1339064842904002 7939434822626181120 n

赤い羊毛フェルトで舌を、白い羊毛フェルトで下顎を作ります。顎は頭と同じ幅で作るのがポイントです。顔に舌と下顎を付ける際は、真ん中より奥だけを刺して付けてください。目の位置を目付けで刺し、バランスを確認しましょう。目は最後につけます。次に胴体と頭を付けましょう。つなぎ目にマフラーのように巻いた羊毛を付けるのがポイントです。

前足と後ろ足も同じように付けたら、一度立たせてみましょう。ポイントは足の長さを揃えることです。立たせたら羊毛を付け足して形を整え、しっぽを付けます。バランスを取るために後ろ足を刺して少し曲げてください。耳を形作って付けたら、足先を全て刺して曲げましょう。最後に目をボンドで付けたら完成です。

Thumb羊毛フェルト犬の作り方編!簡単に顔や鼻も可愛く仕上がるコツも! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

パーツごとで簡単!羊毛フェルトで作るかわいい犬

m.s.chocoさんの投稿
35367903 1825122744460825 1298708732040970240 n

上記で基本の羊毛フェルト犬の作り方を紹介しましたが、パーツごとに作ることで簡単に犬を再現できることがわかったのではないでしょうか?前足、後ろ足はもちろん、耳やしっぽもかわいい犬に見せる重要なポイントなので、丁寧に作ってリアルな羊毛フェルト犬に仕上げてみてくださいね。

基本の作り方では白一色の毛色でしたが、他の毛色でもパーツの作り方は同じなので、覚えておくと便利でしょう。また、ポーズが変わる場合でも基本的に同じ作り方でOKです。ただし、座った状態の羊毛フェルト犬を作りたい場合は、バランスを取るためにテクノロートを使うと良いかもしれません。

硬さはどうする?羊毛フェルト犬の作り方

cupomamaさんの投稿
35459222 392737464570537 921945022490738688 n

羊毛フェルトの作品はどれもふわふわしたような印象があるかもしれません。しかし、実際に持ってみると意外と硬く仕上がっています。ふわふわの状態では形が崩れてしまいますので、何度も刺し固めて作りましょう。

リアルな羊毛フェルト犬の作品には、毛の長い犬種もあります。そのような場合は本物の犬のようにふわふわしていますが、ふわふわなのは周りだけで土台はきちんと刺し固められています。そのため、簡単には取れないようになっていますよ。また、土台をしっかりと形作った後にふわふわの状態の羊毛を付けているため、よりリアルに見えます。

犬に見えない?失敗しないポイントは?

fruity_catさんの投稿
34327764 587022551668968 1063525209199345664 n

手順通りに作ったはずなのに、いびつな形の犬になってしまうこともあるかもしれません。作り方の説明を見ながら作っている場合は、作る順番は合っているはずです。そのため、パーツの作り方や接合がうまくいかなかったのが失敗の原因と考えられます。また、完成を急ぐあまり、土台部分をしっかりと作らずに接合してしまうなども失敗の元なので、焦らず丁寧に作ると良いでしょう。

羊毛フェルト犬はパーツのバランスが大切です。そのため、顔が左右非対称になってしまったり、胴体が長すぎたりすると、いびつな仕上がりになってしまうでしょう。完全に接合する前に一度軽く付けてみてバランスを見ながらパーツを作るのもおすすめです。バランスが悪ければ羊毛を足したり刺し直したりして修正してみてくださいね。

羊毛フェルト犬をリアルに作るポイント

tiisanatobiraさんの投稿
34350640 218037745468527 5562834606622769152 n

先に紹介した基本の羊毛フェルト犬の作り方は、簡単ながら羊毛フェルト犬の大まかな作りが再現できるものでした。さらにリアルに作りたい場合は、細部までこだわって作ることが大切です。例えば耳の色使いや足先の形、しっぽの長さ、毛のふさふさ具合に注目してみましょう。ポーズによっては肉球を付けるのもおすすめです。

細部の形や色使いも大切ですが、リアルに作るポイントは毛質の再現にもあるでしょう。たとえ毛の短い犬種でも、ふさふさの毛を再現することで本物に近い質感になります。土台をしっかりと作ったあと、ふわふわの羊毛フェルトをつけ、ハサミでカットすると本物の毛のように見えますよ。胴体や顔、足だけでなく、しっぽや耳もふさふさにしてみてくださいね。

表情がかわいい!羊毛フェルトで作る柴犬

ko_ko3954さんの投稿
21224775 114626982559210 7398044531288965120 n

柴犬は日本犬ですが、海外でも人気のある犬種の一つです。愛らしい表情に癒されますよね。羊毛フェルトでもよく作られる柴犬。毛の色は基本的に2色なので、材料がそろえやすいのではないでしょうか?作り方は、顔まわりを少しポテッとさせ、しっぽはフサフサにするのがポイントです。白と黄土色のバランスにも気をつけてくださいね。

目の周りに白を入れるとよりリアルになります。また、かわいい表情の柴犬ですが、目元を細めると凛々しく見えます。作りたい表情に合わせて微調整すると思い通りの仕上がりに近くでしょう。小さな豆柴も人気なので、ストラップなどにしてみるのもおすすめです。

長い毛がリアル!羊毛フェルトで作るポメラニアン

gen.creationさんの投稿
27890600 2006341182953596 396656095394791424 n

体が小さく、長い毛が特徴のポメラニアン。毛の中からちょこんと出た耳や前足がかわいいですね。作り方は、ほかの羊毛フェルト犬と同じくパーツごとですが、顔の形に注意しましょう。まず土台の球体を作り、鼻の部分を取り付けます。球体はふわふわを残しておくと接合しやすくなりますよ。球体に目付けで印を付け、ぬいぐるみ用アイを先に付けましょう。

目尻や目頭の色合いに気をつけて植毛していけば目元の完成です。目の上は二重のようにするとチャーミングになります。また、目の周りに黒い羊毛で縁取るとはっきりとした表情が作れます。好みに合わせて作ってみてくださいね。胴体やしっぽのフサフサは、長さをカットした羊毛を段にして付けるのがポイントです。最後にはみ出た部分をハサミで切りましょう。

ふわふわ!羊毛フェルトで作るトイプードル

fuutamama5303さんの投稿
34983427 619662435061335 1576883400046804992 n

ふわふわの毛と愛らしいクリクリの目がかわいいトイプードル。垂れ下がった耳は他の犬ではあまり見られませんよね。トイプードルは羊毛フェルトで作っている人が多く、人気があります。作り方のポイントは、顔や体、耳までふわふわに仕上げること。モコモコの毛を再現するには、羊毛だけではなく、毛糸を使う人が多いようです。毛糸もニードルで刺すことで固められ、植毛できます。

毛糸を直接土台に植毛するのではなく、一度小さな仮の土台を作り、そこに植毛してから仮の土台ごと付けていくという作業を繰り返しましょう。仮の植毛は毛糸を並べて中心を刺していくのがポイントです。刺した部分から半分に折ってボリュームを持たせましょう。毛糸をほぐすと本物の毛のように見えるため、仮の植毛をしたら毛糸の先のほうをほぐしておくのがおすすめです。

みんなが作った羊毛フェルト犬が見たい!

pero_mikiさんの投稿
34586044 159729488219325 350838397893345280 n

ここでは、さまざまな羊毛フェルト犬の作品を挙げてみました。どれもかわいい作品ばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

コロンとした形がかわいい!

小さなまん丸のポメラニアンです。リアルな羊毛フェルト犬もかわいいですが、このようにデフォルメした作品も大変かわいいです。後ろ姿にも癒されますね。

がま口にアレンジ!

ハスキー犬の顔をがま口にしたアレンジ作品です。正面から見ると平面のように見えますが、横から見ると立体的に再現されているため、大変リアルです。持ち歩く小物にアレンジするといつでも一緒にいられますね。

ポーズも自由自在!

羊毛フェルト犬はポーズが自由自在なところも魅力の一つです。こちらの作品は寝そべったポーズで作られていて、大変かわいいです。飾りたい場所などに合わせて好みのポーズに作ってみましょう。

かわいいリボンでおめかし

ぬいぐるみと同じように、リボンなどでおめかしさせてもかわいいです。帽子を付けたり小物を持たせたりするのもおすすめです。バケツに入れたりフレームから飛び出させたりすようなアレンジもかわいいですよ。

基本のおすわりもかわいい

おすわりポーズも人気があります。こっちを見ているようなかわいい目に癒されますよね。机にちょこんと置いておくだけでもかわいいです。

超リアル!作家が作る羊毛フェルト犬

fuwawawawannさんの投稿
36085441 832336256961004 5894669852995485696 n

リアルな羊毛フェルト犬を作る作家さんもいます。細かい部分にもこだわって作られているため、本物と見間違えるような仕上がりに驚くでしょう。

作家さんの作品は素材や作り方にこだわっているため、リアルに見えるだけでなく、丈夫に作られているところも魅力の一つです。犬好きの人にギフトとして選ぶ人もいるようです。

羊毛フェルトの犬はオーダーできる?

tsukuponfeltさんの投稿
18580686 261231431018352 3887847943012614144 n

羊毛フェルト作品を作る道具は少なめなので、誰でも簡単に取りかかることができますが、仕上がりを重視する場合は、多少の慣れやテクニックが必要になります。チクチク刺して形作るのは楽しい作業でもありますが、時間がかかるというデメリットもあります。そこまで作品作りに時間をかけられないという人は、オーダーして作ってもらう方法を取っても良いでしょう。

オーダー方法は、作って欲しい犬の写真を数カット送る場合がほとんどです。全身や顔のみ、おしりのみなどの写真を撮影し、作家さんに送りましょう。仕上がりのサイズなどによって日数がかなりかかる場合もありますが、クオリティーの高い作品を作ってくれますよ。

自分だけの羊毛フェルト犬を作ってみよう!

dollmofeeさんの投稿
34982600 2570064799886306 2194794778644709376 n

今回は羊毛フェルトを使った犬の作り方やリアルに作るポイント、オーダー方法などを紹介しました。羊毛フェルトは100均でも手軽に購入できます。また、簡単に作れるキットもあるため、初めてでも作りやすいでしょう。リアルに作るにはポイントを抑えてパーツごとに作るのがおすすめです。今回紹介した作り方を参考に、かわいい羊毛フェルト犬を作ってみてくださいね!

関連するまとめ

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ