なす・ピーマンレシピ人気はコレ!簡単な作り方やアレンジ紹介

和洋中どの料理にも使いやすい、人気野菜のなすとピーマンを使った定番の人気レシピや、すぐに真似したくなるアレンジレシピを集めてみました。レパートリーが増えて食卓が賑わい、なすとピーマンがいつもより美味しく食べられるレシピをご紹介します。

目次

  1. なすとピーマンの簡単レシピからアレンジまで
  2. なすとピーマンの人気レシピ<ゴマ炒め>
  3. なすとピーマンの人気レシピ<味噌炒め>
  4. なすとピーマンの人気レシピ<ラタトゥイユ>
  5. なすとピーマンの人気レシピ<中華料理>
  6. なすの簡単レシピ
  7. ピーマンの簡単レシピ
  8. なすとピーマンの人気レシピを作ろう!

なすとピーマンの簡単レシピからアレンジまで

yatsugatakenosanさんの投稿
36040716 1923346984352953 2109908929042448384 n

夏野菜の代表でもあるなすは、炒め物や焼き物さらには漬物でも美味しく食べられ、親しまれています。主な栄養素にはナスニンがあり、ポリフェノールの一種で抗酸化作用があります。活性酸素の働きを抑えてくれるので、老化防止や生活習慣病の予防に効果を発揮してくれるようです。健康のためにも積極的に食べたい野菜でしょう。

magicsato045さんの投稿
35999524 669480066717273 65482308345397248 n

独特の苦みを感じるピーマンは、ビタミンCが多く含まれているようです。ビタミンCにはメラニン色素を分解してくれる働きが期待できるので、紫外線が強くなる季節は特に意識してピーマンを摂りましょう。顔や体にシミそばかすが、増えてしまうのは避けたいものです。ピーマンを美味しく調理して食べることで悩みを解消しましょう。

takashix55さんの投稿
34521832 1114365658720632 3137536299070652416 n

相性バッチリのなすとピーマンは、様々な食材と合わせて調理することでメイン料理として活躍してくれます。味付けのバリエーションも豊富なので、ワンパターンレシピになることが避けられます。また、ピーマンの苦みは炒めることで弱くなるので、ピーマンが苦手だなと言う方でも食べやすくなるでしょう。なすとピーマンの特徴を知って料理をすれば、美味しさアップです。

なすとピーマンの人気レシピ<ゴマ炒め>

香ばしいゴマの風味で食欲増進

なすは油を吸いやすく炒めるとベチャっとしていまい、調理が難しいなすですが、電子レンジで調理出来るレシピです。使う油の量を最小限に減らせるので、とってもヘルシーに仕上げることができます。また火を使わず簡単に調理できるので、台所に立ちなくない暑い季節や忙しい時の時短レシピとして活躍してくれるでしょう。

鶏肉をプラスしてボリュームアップ

なすとピーマンの炒め物に鶏むね肉をプラスした、ボリュームたっぷりのメインおかずです。ゴマとにんにくの風味が食欲をそそり、完食間違いなしの人気メニューになるでしょう。健康食品としても注目され続けているゴマですが、皮が固く身体に吸収されにくいので、炒りゴマよりはすりゴマを使う方が栄養価が高くなるそうです。鶏肉以外の食材でもアレンジ可能な食欲アップレシピです。

リーズナブルで家計の味方食材の竹輪と炒める

ピーマンを炒めて砂糖と醤油で甘辛く味付けしているので、ピーマンの苦みが気にならず、食べやすい作り方でしょう。竹輪は魚のすり身で作られているので栄養価が高い食材です。リーズナブルなのにボリュームも栄養も満点の家計の味方レシピです。ピーマンや魚が苦手なお子さんでも挑戦しやすいメニューかもしれません。

なすとピーマンに卵をプラスでふわふわの触感

なすとピーマンに、黄色の彩りきれいな卵をプラスして炒めています。卵をふわふわに仕上げる作り方のポイントは、卵を流し入れる時の火加減で、弱めの中火にして炒めたなすとピーマンにゆっくり卵をまわし入れ、火を通し仕上げましょう。また、卵を入れた後はぐちゃぐちゃと混ぜない方が良さそうです。

なすとピーマンの人気レシピ<味噌炒め>

味噌は大豆を原料として作られた伝統食品で、日本人には馴染みのある調味料です。食べやすい味付けなので、なすとピーマンにもぴったりで、ご飯が進むおかず間違いなしです。作り方のアレンジは幅広く、砂糖を加えて甘辛い味付けや、大人向けにピリッと辛い味付けにも味噌は相性バッチリです。

なすとピーマンにひき肉を加えてたボリュームある一品です。作り方は簡単なのに食べやすく、ご飯にのせても良し麺類にのせても良しの味噌味がクセになる、食べやすくて美味しいレシピです。それぞれにまとまりが欲しい時は、片栗粉を少し多めに加えても良いでしょう。身体に良い発酵食品として人気の味噌を使ったメニューです。

味付けは香ばしい味噌とてゴマをプラスした、風味豊かななすとピーマンの炒め物です。少量ですが鷹の爪を加えているので、ピリッと辛い味付けになっているので、食欲が落ちている時などは、食欲アップとしてのお助けレシピになってくれるでしょう。材料に使う味噌がダシ入り味噌じゃない場合は、豚肉の下味をつけるのに、昆布茶を使うとさらに風味がアップするでしょう。

なすとピーマンの人気レシピ<ラタトゥイユ>

ラタトゥイユは、たくさんの野菜をオリーブオイルとにんにくで煮込む、南フランスの名物料理です。野菜をたっぷり使い作られているので、意識して野菜を摂りたい時のおかずや、お弁当のおかずにもピッタリです。また、作り置き可能な常備菜にもなるので、作り方を覚えたい一品でしょう。

簡単で美味しい!ホットサンドの具にもピッタリ

作り置きが可能なラタトゥイユは、様々なアレンジレシピとして活躍してくれます。ラタトゥイユをパンに挟んでホットサンドにすれば、炭水化物と野菜がワンプレートで摂れるので、忙しい時にはピッタリです。時間が無くても、食べ応えたっぷりの美味しくて栄養価のあるホットサンドが完成です。

みんな大好き!オムライスのソースとしてアレンジ

eryycocoさんの投稿
33962058 818035678395685 6621589820848209920 n

人気レシピのオムライスですが、卵にチキンライスと野菜が不足しがちなメニューです。たくさんの野菜を煮込んで、栄養と旨がたっぷりのラタトゥイユをオムライスのソースとして使う事で、簡単に野菜不足を解消してくれます。具だくさんのオムライスソースとして活躍してくれるでしょう。

カレーと煮込んで美味しさアップ

hananan.87さんの投稿
33838320 1978236982504773 5838504398161969152 n

コトコト煮込むことで更に美味しくなるカレーに、野菜をたっぷり煮込んだラタトゥイユをプラスして一緒に煮込み仕上げた美味しさ倍増のカレーライスです。煮込む時間があまりない場合でも、あっという間で簡単に本格煮込み料理が完成です。ラタトゥイユの野菜の甘味とカレーのスパイスが程よく、美味しさアップ間違なしです。

なすとピーマンの人気レシピ<中華料理>

なすと挽肉の相性バッチリ!麻婆なす

ご家庭で作る麻婆なすは、お好みの辛さに調節して作ることが出来るので食べやすく、ご家庭ならではの味が楽しめる人気レシピでしょう。だいたいの野菜と相性が良いので、冷蔵庫に残っている野菜でも十分美味しくなるでしょう。なすにその他の野菜をプラスして沢山の野菜を使う事で、ヘルシーな麻婆なすに仕上がり、より美味しくなります。

定番料理で人気の麻婆なすですが、味付けや盛り付け方を少し変えただけで、オシャレな一品になるでしょう。緑がきれいな刻みネギなどをさっと振りかけるなどすれば、お客様向けのちょっとしたおもてなし料理として出しても喜んでもらえそうです。作り方は簡単なのに、ワンランクアップの麻婆なすに大変身です。

黒い色を意識した麻婆なすと、白い色を意識して白い食材で仕上げた塩味のかぶの麻婆豆腐は、同じ材料をアレンジして簡単に作れるのに、見た目も味も違うので面白く人気のレシピになりそうです。お客様向けの食事メニューにすれば話題が絶えず、食事が楽しく盛り上がるかもしれません。

ピーマンの彩りきれいな青椒肉絲

miomiobooさんの投稿
35574739 159172098286954 7482831609528320000 n

ピーマンを縦に細切りにして歯ごたえを活かし、同じく細切りにした歯ごたえしゃきしゃきのたけのこ。そこに、細切りにして下味をつけた牛肉をと炒め合わせた青椒肉絲は、中華料理の人気の定番レシピでしょう。火加減が難しい中華料理ですが、青椒肉絲は少し炒めすぎてしまっても、歯ごたえバッチリのピーマンとたけのこが材料なので気負わず作れて、美味しい人気のおかずです。

栄養価が高く人気の赤パプリカを加えることで、栄養のバランスがアップした青椒肉絲になります。更に、見た目に鮮やかでカラフルな青椒肉絲になるので、食卓が華やかになるおかずになってくれます。片栗粉でとろみをしっかりつければ、お弁当のおかずとしても活躍してくれそうです。

牛肉よりもリーズナブルな食材で人気の、鶏むね肉で作った家計にやさしい青椒肉絲のアレンジレシピです。牛肉のように細切りにしても食べやすいでしょうけれど、炒めすぎてしまうと鶏むね肉がパサついた食感になってしまうので、炒める時間に注意して仕上げて下さい。

なすの簡単レシピ

簡単なのに美味しい焼きなす

パリパリに焼いたなすを美味しいダシに漬け込むことで、なす自体に味が染み込んだ、和食の人気レシピです。ダシが口の中一杯に広がり、その美味しさから次々と食べられるでしょう。この焼きなすの作り方は、なすを焼かずに電子レンジで簡単に調理することが出来るので、時短レシピとしても活躍してくれます。作り方を覚えてしまえば、アレンジの幅は自由自在です。

焼きなすをオシャレにアレンジ

作り方はとっても簡単で、なすを半分にカットしてオーブンに入れるだけです。にんにくの風味と一味唐辛子の辛さがビールに合うおつまみでしょう。ハーブのタイムと食べやすいリコッタチーズをトッピングしているので、メイン料理の前に出せば、立派な前菜としても活躍してくれる、オシャレなレシピの焼きなすです。

ワインにもピッタリ!イタリアン焼きなす

トッピングのベーコンやオリーブの塩気がマッチする、イタリアンにアレンジした焼きなすのレシピです。前菜にはもちろん、これ一品でもお酒のおつまみとしてもバッチリで、食べ応えたっぷりの焼きなすに仕上がっています。写真のようにキレイにトッピングされた盛り付けにすれば、いつもの焼きなすがとってもおしゃれなイタリアン焼きなすに大変身です。

一品で大満足のなすのピザ

焼きなすの人気アレンジと言えば、なすのピザでしょう。焼きなすにチーズのトロトロがクセになる、絶妙なハーモニーの一品です。しかし、なすは油を吸いやすいので、気を付けないとカロリーが高くなってしまうでしょう。他に食べ合わせるメニューを考えるなど、ちょっと注意してみて下さい。

なすと豚肉のレシピ

なすと相性バッチリの豚肉を使ったレシピです。作り方は簡単なのに、一品でメインのおかずになってくれるでしょう。このレシピは甘辛いかば焼き風の味付けになっていますが、これ以外にも味付けのバラエティは豊富です。作り方は簡単なので、味付けのレパートリーを増やせば、飽きのこない定番人気レシピになってくれるでしょう。

こちらのなすと豚肉の炒め物レシピは、味付けにポン酢を使っているので、さっぱり美味しく食べられるでしょう。ほんのり酸っぱい味付けがクセになり、食欲が増す一品でしょう。豚バラ肉は脂身が多いからカロリーが気になると言う方は、ロース肉に変えてみたり使う油の量を減らしてみたり、ヘルシーに仕上げる工夫をオススメします。

なすと豚肉をそうめんの漬け汁にしたレシピです。時間に余裕があり、漬け汁にコクのある味付けを求める場合は、なすと豚肉をさっと炒めた後に、ダシと一緒に煮ましょう。もし調理時間に余裕がない場合は、ダシと一緒に煮るだけでも、じゅうぶん美味しいそうめんの漬け汁でしょう。

人気の定番レシピ!なすのミートソーストースト

yurittdさんの投稿
17882786 1398778950161083 2632031069376872448 n

人気レシピのミートソースですが、実は洋食として日本がアレンジしたソースだと言われています。正式な呼び方はイタリア語で、ラグーアッラボロネニェーゼと言うそうです。見た目にはそれ程の違いはなく、ミートソースは甘みが強いソースで、ボロネーゼは自然な甘さみのソースと言うことで分けられているようです。

keitamarin28さんの投稿
20066073 1906694692918428 7845678160455663616 n

トマトとなすとひき肉が三位一体となり、パスタにぴったりのなすのミートソース。食べやすくてアレンジが効くソースなので、人気のレシピでしょう。なすの色が少し悪くなってしまいますが、ミートソースは作り置きも可能なので、時間があるときにまとめて作っておくととっても便利なソースです。

なすのミートソースをトッピング

トーストにも相性バッチリのミートソース。作り置きしておいたなすのミートソースを、厚切りトーストにトッピングするだけで、食べ応えたっぷりのワンプレートレシピの完成です。なにかと忙しい朝のメニューや、ゆっくり過ごしたい休日のランチメニューなどにオススメのワンプレートメニューです。

人気メニューのグラタンとなすのコラボレーション

なすのミートソースにじゃがいもをプラスして、チーズをたっぷり使ったグラタンです。どんな料理にもアレンジしても美味しく使いやすい人気のミートソースは、献立に悩んだときや、少ない食材しか手に入らないときや、置きレシピとしても活躍してくれるでしょう。料理に悩める方にとって、なすのミートソースは強い味方になってくれるでしょう。

ピーマンの簡単レシピ

ピーマンの肉詰めは、ピーマンを縦半分に切るピーマンの肉詰めが一般的ですが、ピーマンを横にして輪切りにすると、お弁当のおかずとして丁度よい大きさになってくれます。カラフルなパプリカに変えて肉詰めを作ることも出来るので、作り方をマスターすればピーマンの肉詰めは、大活躍レシピになってくれるでしょう。

揚げたピーマンの肉詰めでボリューム満点

ピーマンにひき肉を詰めて焼くのではなく、油で揚げて香ばしくボリュームたっぷりに仕上げたピーマンの肉詰めです。焼く場合もそうですが、ピーマンとひき肉が剥がれやすく、バラバラになってしまいがちです。ひき肉を詰める前は、ピーマンに片栗粉を薄くきれいにまんべんなく付けてから、ひき肉をしっかりと詰めましょう。

カラフルで人気のパプリカを器に

赤に黄色と彩りきれいなパプリカに好きな食材を詰めた、人気のスタッフドピーマンです。食卓が賑わうだけではなく、カラフルなのでお弁当にもピッタリでしょう。お弁当に入れる場合は、ひき肉に下味をしっかりつけてあげると冷めても美味しいはずです。また人気食材のパプリカや苦みが少ない最近のピーマンは、ので、サラダで食べても美味しいでしょう。

厚揚げとピーマンを使った青椒肉絲

こちらの青椒肉絲は、お肉の代わりに厚揚げを使ったアレンジレシピです。大豆を原料にして作られた厚揚げは、良質なたんぱく質が豊富で身体のエネルギー源になってくれます。タップリのピーマンと厚揚げを一緒に炒めることで、ヘルシーで栄養価の高い青椒肉絲の完成です。

簡単に苦みが和らぐピーマンのスープ

苦みがあり人気が少ないピーマンですが、小さく切ってスープとして煮ているので、あまり苦みが気にならない作り方になっています。しかし、どうしてもピーマンが苦手な方は、ひき肉の下味をしっかり付けてあげることです。片栗粉で少しとろみをつけることで、更に食べやすいスープになるでしょう。

最近の野菜は品種改良され、とっても食べやすくなっています。ピーマンと言えば苦みがある野菜の代表でしたが、ずいぶんと食べやすくなっています。また、夏の印象が強い野菜ですが、スーパーに並んでいる時は旬を迎えて収穫されているピーマンです。寒い時期にも美味しいピーマンが食べられるので、一年中活躍してくれる人気スープになるでしょう。

なすとピーマンの人気レシピを作ろう!

rino_and_opepeさんの投稿
35564754 325945727943676 1789173222487359488 n

なすとピーマンを使った、様々なレシピをご紹介してみました。人気レシピの作り方を知り、基本をしっかりマスターするのも良いでしょう。また、なすとピーマンのアレンジレシピで新たなる美味しさを発見するのもオススメです。沢山あるレシピの中から、お好みの調理方法を発見してみて下さい。

関連するまとめ

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ