水垢の落とし方!クエン酸・重曹を使う取り方の(シンク・風呂)裏技教えます!

毎日使用すると気づかない間に水垢がたくさんついてしまうシンクや風呂の掃除は大変で落とし方も難しいです。今回はそんな掃除の大変なところを綺麗にするクエン酸と重曹を使った落とし方をご紹介します。クエン酸と重曹を使えばシンクと風呂の水垢がとても綺麗になります。

目次

  1. クエン酸と重曹を使用した水垢落とし方をご紹介
  2. 知らない間に水垢が増えてしまう原因
  3. 色々な掃除に便利な重曹のこと
  4. クエン酸は色々な掃除の味方
  5. シンクの水垢の落とし方
  6. 風呂場の水垢の落とし方
  7. クエン酸と重曹以外を使用した水垢の落とし方
  8. シンクと風呂場をピカピカに!

クエン酸と重曹を使用した水垢落とし方をご紹介

poonchanhouseさんの投稿
36833036 2141786166036671 2439731257387515904 n

今回ご紹介するのは頑固な水垢を簡単に落とす、クエン酸と重曹の使い方をご紹介します。水垢に対する日頃のお手軽な手入れ方法から、なかなか取れない水垢の落とし方をまとめますので、ぜひ参考にしてください。科学的に効果のあることが証明されているクエン酸と重曹は、掃除が苦手な方にもとてもおすすめで簡単な落とし方があります。

クエン酸と重曹は水垢の落とし方を調べるとよく出てくるワードですが、水垢だけではなく用途や場面によってそれぞれの良さを発揮できます。正しい使い方と水垢の落とし方や取り方を知っておくと、普段大変で面倒に感じている掃除もきっと楽しくなります。水垢のつきやすい風呂場とシンクそれぞれの水垢の落とし方もご紹介します。

知らない間に水垢が増えてしまう原因

そもそも水垢ってなに?

kayoyokoyamaさんの投稿
37066882 1836448123059916 1384423566165934080 n

一見すれば簡単に落ちそうな白いもやもやした汚れの水垢ですが、一度できてしまってはこすってもなかなかとれず、正しい落とし方をしないと綺麗になったと思ってもすぐに水垢出てきます。そもそも水垢というものは水道水に含まれている、ミネラルが固まって水垢ができています。その名前の通り水が生み出す汚れそのもので取り方が重要です。

lookbeforeandafterさんの投稿
36870867 590396018022143 8860432993806712832 n

水分自体は蒸発すれば無くなりますが、ミネラル分は蒸発してもその場に残ってしまいます。蒸発してミネラル分がその場に残るというのを何度も繰り返していると、水垢の白いあとが残るのです。ミネラルは含まれているので、水垢の原因を取り除くことはできません。落とし方も重要ですが、こまめに正しい取り方で掃除することが水垢予防に繋がります。

頑固な水垢の取り方

水垢の難しいところは正しい落とし方をしないと、なかなか落ちないというところです。水垢は水分が蒸発してできた汚れなので、洗剤がなじみにくく頑固な汚れになるのです。そんな水垢の落とし方はまず硬いもので削り取ることです。削ると言っても研磨できるつくりになっているスポンジや、顆粒の入った洗剤などを使用した落とし方がおすすめです。

もう一つの落とし方は水垢を溶かして落とす、ということです。水垢はアルカリ性質の汚れでその逆の性質である、酸性の洗剤を使用すれば水垢を溶かして落とすことができます。この性質が掃除おいてはとても重要で、知っておくとより一層効率よい落とし方を実行できます。今回ご紹介する落とし方はその性質を利用したものもあります。

風呂場やシンクが水垢でいっぱいになる前に

bobsolution808さんの投稿
36950116 1887153761341158 3319058182688473088 n

今回ご紹介する掃除方法は頑固な水垢ができてしまった時の割と大掛かりな取り方です。できることであればそうなる前に予防をして、綺麗な状態を長続きさせるのが一番大切です。水垢を完全に防ぐことは難しいですが普段の生活の中で、少し意識することで水垢を予防することが可能です。掃除の手間がグッと楽になる心がけがあります。

ks._.myhomeさんの投稿
36589780 374129263115037 4635863493143166976 n

まずはシンクや風呂場を使用したあとは、水分を拭き取るというのが大切です。水垢は水が蒸発してできるものなので、蒸発する前に水分を拭き取ってしまうと水垢の原因をなくすことができます。この方法は風呂場では大変なので、シンクを使用したあとに使い終えたタオルなどで拭き取ると洗濯物も増やさずに水垢を予防できるのでおすすめです。

maxnavi_andoooooさんの投稿
36753800 225925631566510 19557223776649216 n

もう一つの方法は毎日のちょっとした空き時間に簡単な水垢予防の掃除をするという取り方です。シャワーやシンクでお湯が出るのを待つ時間などのほんの数十秒の間に、メラニンスポンジなどで鏡やシンクを磨くだけで綺麗な状態が長続きします。ほんのちょっとの心がけで綺麗な状態が続くので、せっかく掃除したあとはぜひ心がけてみてください。

色々な掃除に便利な重曹のこと

とても便利な重曹について

掃除の時によく聞く重曹ですが重曹は炭酸水素ナトリウムと呼ばれていて、食塩水に二酸化炭素を加えて作られています。人体にある物質で構成されているので安全性が高く、小さいお子様のいる家庭やペットのいる家庭でも使用できるので、色々な汚れの取り方ができる洗剤です。また、掃除以外にも胃薬や入浴剤にも入っています。

g_m_s2018さんの投稿
37607306 1636673609774581 2431607094818897920 n

色々な汚れの取り方が楽になる理由の1つに重曹は弱アルカリ性という性質を持っている点です。油汚れや生ごみの匂いや靴の匂いなど、酸性の汚れや匂いとは逆の性質をもつアルカリ性の重曹は掃除において最適です。また、粒子自体がとても細かく水に溶けにくいので、クレンザーのような研磨性も重曹にはあるので頑固な汚れの落とし方もあります。

mint_1_6_さんの投稿
36926690 228073111169613 5808281774156939264 n

お湯に溶かした時には二酸化炭素が発生するので、その性質をいかして汚れやキッチン関係の焦げ付きもきれいに浮かし取ることができます。そのほかにも生ごみを入れているゴミ箱に入れると消臭効果も期待できたり、洗濯に使うと皮脂汚れや消臭こうかもあるのでとても便利です。小さいお子様やペットがいる家庭でも安心して使用できます。

重曹の注意点は?

掃除で使用する薬品に比べると安全性の高い重曹ですが、その性質は弱アルカリ性なので人の肌にも反応します。ですので肌の弱い人や気になる人が使用する場合はゴム手袋などをすることをおすすめします。重曹を使用する素材にも注意が必要で、アルミや銅に使用すると黒ずみ、畳や木は黄色く変色することがあるので使用は避けましょう。

重曹は粒子が細かく水分を吸い込む力の強いものですので、保存状態にも注意が必要です。封が甘いところで保存してしまうと湿気を吸い込んで、細かい粒子が大きく固まってしまいます。保存する場合はしっかりと密閉ができる容器に移して、直射日光の当たらない湿気の少ないところで保存します。重曹は万が一固まっても使用することはできます。

クエン酸は色々な掃除の味方

掃除に便利なクエン酸について

クエン酸とは柑橘生や梅干しなどの酸味のある食べ物の中に多く入っている成分で、人の体内でも生成されていて、サプリメントや添加物としても使用されている安全性の高い成分です。酸性の成分が強い物質なので霧状のクエン酸水を吸いこむと、喉や鼻に刺激を感じることはありますが通常の使用においては問題ありません。

myb.ig.roomさんの投稿
35353462 196733937700296 8646765053799825408 n

重曹がアルカリ性の性質を持つのに対してクエン酸は酸性の性質を持っているので、落とせる汚れや取り方も違う点があります。酸性であるクエン酸に向いてる汚れはアルカリ性の汚れで、水道水のカルシウムやトイレの黄ばみやアンモニア臭、タバコのヤニなどの取り方が挙げられます。また、殺菌効果もあるので汚れを落としながら消臭や除菌もできます。

クエン酸の注意点

sayaka_0122_sさんの投稿
36601424 646892088979610 3190266454377234432 n

クエン酸は人体やペットへの影響は少ないですが、いくつかの注意点があります。クエン酸は湿気に弱くカビが発生しやすいので保管方法に注意が必要です。密閉できる容器に入れて乾燥剤などで湿気予防をし、高温多湿を避して乾燥した冷暗所で保管します。また、使用する際には塩素系漂白剤と舞えると有毒ガスが発生するので注意しましょう。

シンクの水垢の落とし方

シンクの汚れは大きく分けて3つある

9966_____さんの投稿
35505543 253269308761457 1056408620188565504 n

ほぼ毎日使用するシンクは少し掃除をサボってしまうとすぐに汚れてしまいますが、頻繁にスポンジでこすったりする掃除をするのも大変です。そのシンクの汚れのには大きく分けて水垢を含む3つがあり「水垢」「ヌメリ」「サビ」がシンクを汚します。今回ご紹介する水垢は水道水を使用するシンクでは、すぐにできてしまいます。

今回ご紹介するシンクの水垢の落とし方では、水垢以外のヌメリとサビも同時に落とすことができますのでぜひ参考にしてください。また、時間が経ってシンク全体が汚れてしまう前に、短時間でも掃除をする習慣をつけることが大切です。日々のちょっとした心がけで掃除をした後も、綺麗なシンクを長持ちさせられます。

シンクで水垢を作らない毎日のお手入れ方法

まずお手軽にできる掃除方法は、毎日シンクを使用した後に洗剤をスポンジで洗う方法です。食器用とは別に掃除用のスポンジを用意しておき、洗剤をつけてシンクと排水溝周りを磨きます。そのあとに水で流してから、乾いた布巾などで水気を拭き取れば終了です。時間は約5分ほどで掃除できるので、習慣づけると予防にはぴったりです。

クエン酸を使用したシンクの水垢の落とし方

時間が経てば目に見えない汚れは蓄積して、水垢が発生することもあります。まずそこまで溜まっていない水垢の場合はクエン酸水のスプレーで、十分に綺麗になります。クエン酸水は水100mlに対してクエン酸小さじ1/2を混ぜるだけで手軽に作ることができます。水垢が気になる箇所にスプレーをして1時間放置し、スポンジでこすれば簡単に落ちます。

それも落ちない水垢にはクエン酸水のパックを使用した落とし方がおすすめです。何重にも重なった水垢はスプレーをかけるだけでは落ちない場合もありますが、ペーパータオルにクエン酸を含ませて汚れの上に貼り付けてパックをします。2、3時間ほどおいてからスポンジで掃除をすると、頑固な水垢でも綺麗にできる落とし方です。

クエン酸を使用しても白い汚れが残る時の落とし方

水垢を落とそうとしてクエン酸を使用しても水垢が落ちないという時には、そもそもその汚れが水垢ではない場合もあります。水垢に似ている汚れで石鹸カスの汚れが付いていると、クエン酸だけでは落とすことができません。石鹸カス汚れは酸性なので同じ酸性のクエン酸ではなく、アルカリ性の重曹を使用した落とし方が必要です。

重曹を使用した摂家汚れの落とし方は、目に見える汚れを水洗いで落とした後に重曹を粉のまま汚れが目立つ箇所に振りかけます。粉のままのふりかけると水を含んでその場に張り付くので、そのまま1時間ほど放置してからスポンジでこすると、石鹸カス汚れが綺麗に落とせます。重曹とクエン酸を使用する落とし方はとても綺麗になります。

風呂場の水垢の落とし方

お風呂場の水垢を予防する方法

シンクよりも水を使用する量も多くて頻度の高いお風呂場では、水垢汚れのリスクが高く日々の予防がとても大切です。湿気がたまりやすく蛇口や鏡など目立ちやすい場所もたくさんあるので、掃除する場所が多いのも掃除が大変なポイントです。まず、手軽にできる予防方法は浴室乾燥を使用して、自然乾燥よりも素早くお風呂場を乾燥させることです。

ゆっくりと自然乾燥させることで鏡や蛇口、床などに水垢がつきやすくなります。シンクと違って水を使用する範囲が広いので毎日全体的に掃除するのは大変なので、まずは乾燥機が付いている場合は毎日使用しましょう。床の黒ずみや鏡の鱗状の水垢も、掃除をした後のきれいな時間がとても長くキープできます。

蛇口や鏡の白い水垢の取り方

buristagram33さんの投稿
37238160 1658935570872209 6653228499865698304 n

鏡やステンレス製の蛇口に水垢が溜まってし待った時の落とし方は、通常のお風呂用洗剤は中性洗剤が多く、蓄積された水垢を取るには適していません。クエン酸を水に溶かしたクエン酸水のスプレーを全体にかけてからスポンジでこすると取ることができます。長期間放置した水垢にはスプレーをかけて、少し放置してからこすります。

iemoto_kanazawa_toyamaさんの投稿
36655101 492218154561883 7055779575313203200 n

床や壁の黒ずんだ汚れも水垢の可能性があります。他の箇所と同様にクエン酸水のスプレーを振りかけてから、スポンジでこすると綺麗にとれます。床や壁にできる水垢は比較的頑固なものが多いのでなかなか取れない場合は、キッチンペーパーをしてからスプレーをしてその上からラップで密封し、数時間放置してからスポンジでこすると綺麗に落とせます。

椅子や洗面器に水垢が付いている時の取り方

tetsuo_yamaguchiさんの投稿
35999522 275025783063042 7791240240252846080 n

お風呂場の洗面器や椅子、浴槽の蓋などの小物類に水垢が付いた時に一つずつスプレーして水垢を取り除くのは手間がかかってしまいます。そのような小物類の水垢を取る時は浴槽の残り湯とクエン酸を使用して、いくつかの小物類を一回で簡単に掃除ができます。浴槽の残り湯に1カップのクエン酸を混ぜて数時間つけ置きしてこすると綺麗に取り除けます。

お風呂場でクエン酸を使用する時の注意点

akikostgramさんの投稿
36912673 290768054998150 8513388757137752064 n

クエン酸を使用する時はお風呂場で使用することの多い塩素系の漂白剤とは混ぜないように注意しましょう。塩素系の漂白剤は酸性のものを混ぜると有毒ガスが発生して、空気の逃げ道が少ないお風呂場ではとても危険です。また、鉄製は錆びの原因にもなり、大理石を使用したお風呂場では大理石を溶かすので使用には注意が必要です。

汚れに合わせた取り方が大切

kojiume_rm45910さんの投稿
35990845 836842946525876 4490338138455015424 n

クエン酸を使用して落ちるのはアルカリ性の汚れで、お風呂場には他にも皮脂汚れや石鹸カスなどの汚れもつきやすい場所です。その汚れは酸性の汚れなので重曹などを使用して掃除する必要があり、クエン酸と使い分ける必要があります。ヌメリなどの汚れは重曹を使用して、乾いた汚れにはクエン酸を使用すればほとんどの汚れを落とせます。

お風呂場の重曹を使用した汚れの取り方

クエン酸と重曹は同時に使用しても問題ない組み合わせなので、酸性とアルカリ性の汚れを同時に落とすことができます。特に浴槽は両方の汚れがつきやすいので同時使うことで、効率よく掃除することができます。まず、重曹を汚れに振りかけて、クエン酸水を含ませたスポンジで浴槽を擦って掃除をしてから流して水気を取ると効率よく掃除ができます。

他には重曹の研磨作用を利用してタイルや排水口の頑固な汚れも、すっきりと綺麗に掃除ができるのも重曹の魅力です。特に排水口は石鹸カスや皮脂汚れがたまりやすい場所なので、重曹を使用して掃除するととても綺麗に掃除ができます。壁や床のタイルの汚れもスポンジを一生懸命こするよりも、重曹の研磨作用で磨く方が力を使わずに掃除ができます。

クエン酸と重曹以外を使用した水垢の落とし方

身近にあるものを使用した水垢の取り方

blossom_foodさんの投稿
37136671 2130516890312089 5209076769134477312 n

重曹とクエン酸を使用すればシンクやお風呂場の水垢をはじめとした汚れを落とすことができますが、生活の中にある身近なものでも水垢を落とすことができます。クエン酸の代わりにはお酢を薄めて使用すれば水垢を落とすこともできます。特有の匂いがクエン酸に比べると強いので、使用できる場所が限られるのがデメリットです。

himeko27さんの投稿
37073609 468058647000526 2755053694536908800 n

他には重曹の代わりに研磨作用のある歯磨き粉も掃除で使用できます。頑固でなかなか取れない水垢や汚れには研磨剤の入った歯磨き粉もおすすめで、付近に適量とって掃除するとピンポイントで掃除ができます。重曹よりお手軽に使用できるのも歯磨き粉の魅力です。

シンクと風呂場をピカピカに!

シンクと風呂場の掃除は大変ですが、クエン酸や重曹を使用してぜひぴかぴかにしてください。日常的に使用するスペースだからこそ綺麗にすると気持ちよく、清々しい気持ちで使えます。また、日常的に使用する場所だからこそ汚れがつきやすいので、今回の内容を参考にしてピカピカにしましょう!

汚れが溜まって掃除するのはもちろん大切ですが、日頃の手入れも綺麗なお風呂場やシンクを長持ちさせる秘訣です。今回ご紹介した掃除方法を参考にしながら、日頃のメンテナンスも意識してみてください。

関連するまとめ

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ