ドライフラワーのシリカゲルを使う作り方!失敗しないためのポイントは?

生花を利用して作る「ドライフラワー」には、いくつかの作成方法があります。シリカゲルを使うドライフラワーは、手軽に作れ、簡単で人気です。シリカゲルを使うドライフラワーの失敗しないためのポイントや、簡単な作り方をご紹介していきます。

目次

  1. ドライフラワーってどういうもの?
  2. ドライフラワー作りに便利なシリカゲル
  3. シリカゲルを使ったドライフラワーの作り方
  4. ドライフラワー作りで失敗したと思った時の確認ポイント
  5. シリカゲル使用のドライフラワーに適した花の種類
  6. ドライフラワー作りにシリカゲルがおすすめの理由
  7. シリカゲルで作ったドライフラワーの活用方法

ドライフラワーってどういうもの?

庭に咲いている花や、プレゼントにもらった花束を、いつまでもきれいな姿で残しておきたいと思ったことはありませんか?生花を乾燥させて作る「ドライフラワー」にはいくつか種類があります。今回は、シリカゲルを使ったドライフラワーの作り方について、順番にご紹介します。失敗しない作り方、発色をきれいにする方法、ドライフラワーをきれいに作るポイントなどもお伝えしますので、ぜひ参考にしてください!

吊るして作るドライフラワー

petite_riviereさんの投稿
36160780 1576546132453928 2463982575476015104 n

一般的に「ドライフラワー」と呼ばれているものには、どのような作り方や種類があるのでしょうか?シリカゲルを使わない、昔ながらのドライフラワーを作る方法は、茎ごと吊るして、乾燥させるというものです。手軽に作れる方法なので、試したことのある方も多いのではないでしょうか?春はミモザの花束を吊るしておくと、黄色が鮮やかで部屋中が明るくなりますよね。吊るして作るドライフラワーは手軽に試せます。

吊るして作るドライフラワーは、色褪せが大きく、茶色く変色していきます。茶色の色合いが、アンティーク家具にも合うので、経年劣化さえ味があるという捉え方もできます。花びらが落ちやすい種類は、吊るして使うドライフラワーには向いていません。ミモザやアジサイなど、季節の花をドライフラワーにして楽しむのもおすすめです。シリカゲルがない場合には、吊るして作るドライフラワーを試すと良いでしょう。

hanakoto__さんの投稿
36665779 1777848888959133 2118977542034554880 n

吊るして作るドライフラワーは、壁に飾るインテリアなどにもおすすめです。こちらの写真のように、いろいろな種類のドライフラワーを、紐で結んでインテリアとして飾るのも素敵ですね。松ぼっくりなどの種子類も、吊るして作るドライフラワーにしても楽しめますね。吊るして作るドライフラワーは、変色してしまいますので、シリカゲルを準備できる場合は、シリカゲルを使うドライフラワーのほうがきれいにできますよ。

プリザーブドフラワー

laviena_himejiさんの投稿
36988923 271763320239648 3088968319261212672 n

プリザーブドフラワーは、乾燥させていないため厳密にはドライフラワーではないのですが、生花ではありませんのでご紹介します。プリザーブドフラワーは、まるで生花のような見た目と感触をしています。ドライフラワーは、触るとパリパリして壊れやすいですが、プリザーブドフラワーは生花と同じ感触です。枯れないお花としてプレゼントにも人気です。生花よりも高価なのは、薬剤など使うため手間暇がかかるからですね。

les_bijoux.ssさんの投稿
36498873 377737136084641 6795453206546612224 n

プリザーブドフラワーの作り方は、フレッシュな花を薬剤につけるところから始まります。薬剤につけると色が抜けるので、そこから着色をしていきます。シリカゲルを使うドライフラワーの作り方と比べると、薬剤や着色料などの費用が少しかかります。また、初めてプリザーブドフラワーを作る際は、手間取ることも多いので、初めてプリザーブドフラワーを作る際、スクールなどに習いに行く人もいます。

押し花

yoshida.jさんの投稿
36159868 501189960314879 1390716642442346496 n

ドライフラワーを作る方法は、押し花にするという作り方もあります。失敗が少ない作り方ですが、厚みのある花は、あまり向いていません。作り方は簡単です。ティッシュや新聞紙に、花をのせ、上からもティッシュや新聞紙をのせて挟み込みます。それを、本などに挟み、重しをのせて1週間ほど放置しておきます。花がきれいに薄く乾燥していたら、出来上がりです!押し花を使った手作りも素敵ですね。

kiramaru0917さんの投稿
36517163 418355182014887 5049982457412059136 n

こちらのインスタグラムの投稿写真にあるような、ビオラのピアスも作れます。押し花やシリカゲルを使ったドライフラワーに、レジン液をつけて加工するだけという方法です。ドライフラワーはデリケートですので、二次加工は最初は手間取りますが、慣れてくると上手に作ることができるようになりますよ。まずは、ドライフラワーを失敗なく作れる方法から試していきましょう。作り方のポイントがつかめると簡単です。

Thumbドライフラワーの作り方まとめ!初心者でも簡単に長持ちさせる方法も | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

ドライフラワー作りに便利なシリカゲル

乾燥剤について

シリカゲルとは、一般的に広く出回っている乾燥剤です。水分を吸着する作用があり、乾燥剤として使われています。加工食品を購入した際に入っているシリカゲルは、再利用できるものもあります。捨てるのはもったいないので、かしこく再利用していきたいですね。シリカゲルではなく、石灰乾燥剤や脱酸素剤は、再利用には向いていませんので注意してくださいね。シリカゲルはつぶつぶ状のものなのでひとめで分かります。

ドライフラワー専用シリカゲル

シリカゲルを使って作るドライフラワーは、「ドライフラワー専用シリカゲル」を使う場合がほとんどです。加工食品などに入っている袋入りのシリカゲルは、粒が大きいため、ドライフラワーに使うと粒の跡が残る可能性があります。とはいえ、使えないということではありませんし、大きな粒のほうが良い場合もあります。まずは手に入れやすいシリカゲルを使い、ドライフラワーがどんな風にできるか試してみると良いでしょう。

こちらのツイッターの投稿で紹介されているものが「ドライフラワー専用シリカゲル」です。何回でも再生利用できるため、非常にコスパに優れています。大容量タイプが多く売られていますので、タッパーなどに移し替えて使うと、たくさんの花を一気にドライフラワーにすることができます。ドライフラワーにする方法は簡単ですし、手間もかかりません。失敗しないためのポイントを抑えながら、ぜひ作ってみてくださいね。

こちらのツイッターの投稿写真にも、ドライフラワーの作り方についての写真が細かく紹介されていますね。カスミソウの場合は、大きめの粒のシリカゲルがおすすめだと書かれています。花の大きさや種類によって、どのようなシリカゲルが適しているかも、ドライフラワーの作り方を何度か試しているうちに分かってきます。まずはドライフラワーを作る方法を覚えて、色々な花でドライフラワーを作ってみましょう。

乾燥剤ドライフラワーシリカゲル 1kg容器セット
1,490円
楽天で詳細を見る

シリカゲルを使ってドライフラワーを作る場合、ドライフラワー専用のシリカゲルを使う方が多いです。こちらの商品は、大容量でタッパーがセットになっているので、届いたその日からドライフラワー作りを楽しむことができます。花束をプレゼントされたら、思い出をドライフラワーで残したいという人も多いです。ドライフラワー専用のシリカゲルを常備しておくと、すぐに対応できますね。シリカゲルは再利用可能です。

Thumbドライフラワーネイルのやり方&デザイン!押し花のクリア・フレンチなどで可愛いく! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

シリカゲルを使ったドライフラワーの作り方

準備するもの:シリカゲル・タッパー・花・ハサミ

それでは、さっそくシリカゲルを使ってドライフラワーを作っていきましょう!必要な道具は、シリカゲル・タッパー・花・はさみです。いただきものの花束をドライフラワーにする場合、プレゼントされるタイミングは分かりませんので、必要な道具は常備しておくのがおすすめ。花は生きていますので、時期を逃すと枯れてしまいます。シリカゲルを常備しておけば、安心ですね。

シリカゲルドライフラワーの作り方①茎をカットする

chika_ponponさんの投稿
32237922 172370286788646 2456275291023081472 n

道具が揃ったら、花と茎をカットしていきます。カスミソウやスズランなど、花が小さな種類はそのままでもかまいません。シリカゲルを使ってドライフラワーを作る際は、茎は切り落とします。茎を残したい場合は、色は褪せてしまいますが、吊るして作るドライフラワーのほうが良いでしょう。はさみで、花の根もとの茎を少しだけ残して、カットしていきます。

シリカゲルドライフラワーの作り方②シリカゲルをタッパーに入れる

happy51612さんの投稿
32053444 2086127014737470 8165975234885713920 n

シリカゲルでドライフラワーを作る花の準備ができたら、次はタッパーの中で乾燥させていきます。まず、タッパーに1センチほどシリカゲルを入れていきます。その上に、花が重ならないように並べていきます。そのままの姿で乾燥していくので、失敗しないためには、花の形を整えておくのが大切です。シリカゲルの上に花を並べたら、その上から静かにシリカゲルを入れていきます。花の形が崩れないように注意しましょう。

シリカゲルドライフラワーの作り方③乾燥したら

シリカゲルを使うドライフラワーの作り方は、おおよそ一週間もあれば乾燥は完了します。取り出す際は、花が崩れないように静かに取り出してください。シリカゲルの粉が花についている場合は、丁寧に落とします。その際も、花びらがちぎれないように優しく取り扱ってくださいね。花の種類によっては、花びらがはずれるなど、ドライフラワーに向いていないものもあります。初心者はバラでドライフラワーを作るのがおすすめ。

シリカゲルドライフラワーの作り方④電子レンジで時短する方法

シリカゲルでドライフラワーを作った際、花びらにシリカゲルの跡が残る場合があります。また、花びらがはずれてしまうことも起こります。電子レンジを使う方法だと、劣化だけでなく変色なども少しは防げるという体験談もありますので、電子レンジを使う方法もぜひ試してみましょう。せっかくドライフラワーを手作りするのですから、できれば失敗は減らしたいですよね。作りやすい方法を探してみてくださいね。

シリカゲルドライフラワーの作り方⑤着色する方法

シリカゲルでドライフラワーを作る際、事前に花の色を染める方法があります。インクによって色の出具合が変わりますので、いろいろなインクで試してみましょう。ポイントは、茎は短めに切っておくほうが、吸水しやすいということです。好みの色に染まったら、シリカゲルを使ってドライフラワーにしていきましょう。カスミソウは、白い花で比較的簡単に染まりますので、試しやすい花ですよ。

Thumbドライフラワーの飾り方アレンジ・アイデア集!おしゃれで素敵な空間へ | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

ドライフラワー作りで失敗したと思った時の確認ポイント

シリカゲルでドライフラワーを作る際、失敗しないための方法やポイントはいくつかあります。まず、花びらに、シリカゲルの粒の跡がつきにくいように注意する必要があります。粒の跡がつくことは、失敗とまでは言えませんが、なるべくならきれいな状態でドライフラワーに仕上げたいですよね。失敗しないためにも、タッパーに花を並べるときは、花と花が重ならないように気をつけて、優しくシリカゲルをかけていきましょう。

swoon.chemicalさんの投稿
32099188 249678485607902 5559076561778376704 n

シリカゲルでドライフラワーを作る際の失敗しないためのポイントは、取り出す時にもあります。花びらがはずれないように、優しく取り出すのがポイントですが、どうしても花びらがバラバラになってしまう花の種類もあります。優しく取り出しても花びらが外れてしまう場合は、失敗ではありませんので、花びらを二次加工して利用すると良いでしょう。

シリカゲルでドライフラワーを初めて作ると、失敗することもありますが、退色は失敗ではありません。シリカゲルでドライフラワーを作ると、ドライフラワーが完成してしばらくはきれいな色を保っていますが、急激に退色することがあるのです。退色させないポイントは、二次加工で退色しにくい処理をすることです。レジンに封入する、花びらにレジンをかけてアクセサリーにするなどの方法がおすすめです。

hiro_.oさんの投稿
31694796 223500531573628 541006926851342336 n

シリカゲルでドライフラワーを作ると、どうしてもシリカゲルの粒の跡が残りますが失敗ではありません。カスミソウや小さな花は、シリカゲルの粒の跡がつかないように、上からシリカゲルをかぶせないでドライフラワーを作る人も多いです。粒の跡は失敗ではありませんが、なるべくならきれいな状態でドライフラワーにしたいですよね。大きな花は乾燥しにくくなるので、シリカゲルは全体にかぶせるのがポイントです。

Thumbドライフラワーでリースの作り方!簡単おしゃれなアレンジも! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

シリカゲル使用のドライフラワーに適した花の種類

sayyan1212さんの投稿
33347326 193916181427808 1968709916386394112 n

シリカゲルでドライフラワーを作る際に、どんな花を選べば良いのでしょうか?ドライフラワーの花選びには、いくつかポイントがあります。まず第一に、水分量の少ない花を選ぶのがポイントです。花びらが多い花を選ぶのもポイントですが、これは型崩れを防ぐためでもあります。花の大きさが小さいものを選ぶのもポイントですが、このポイントに関しては、花の種類が限られてくるので、参考程度でかまいません。

ドライフラワーにおすすめの花①アネモネ

先ほど、ドライフラワーには小さな花を選ぶのがポイントだとご紹介しましたが、アネモネのように大きな花もドライフラワーにすることができます。こちらのツイッターの投稿写真にもあるように、白・青・紫など色とりどりのドライフラワーは、とてもきれいですね。気になる花は、ドライフラワーにしてみましょう。

ドライフラワーにおすすめの花②ビオラ

小さくてかわいいビオラの花も、シリカゲルを使ったドライフラワーに適しています。ビオラのドライフラワーを使った、レジンのアクセサリーもとてもかわいいのでおすすめです。シリカゲルでドライフラワーを作る方法は、簡単ですので、いろんな種類の季節の花をドライフラワーにしてみましょう。ビオラの花は、色も豊富なので、好きな色のドライフラワーを作ってみてください。

ドライフラワーにおすすめの花③ユーカリ

tomominne13さんの投稿
32377359 1945311289114855 6000907552689225728 n

ユーカリの花も、シリカゲルを使ったドライフラワーにおすすめです。シリカゲルを使う方法は、手軽にできるので、いろんな花をドライフラワーにしたくなります。タッパーとシリカゲルがどんどん増えていくという女性も多いので、シリカゲルでドライフラワーを作ったあとは、レジン封入などで加工してみてくださいね。

ドライフラワーにおすすめの花④あじさい

あじさいの季節になると、ドライフラワーを作る人も多いのではないでしょうか?今までは吊るして作るドライフラワーしか作ったことのない方も、シリカゲルで作るドライフラワーにチャレンジしてみましょう。シリカゲルは手軽に使える道具ですし、扱い方も簡単。シリカゲルにあじさいを入れる前には、着色をするのもおすすめ。きれいな色のあじさいのドライフラワーをシリカゲルで作ってみましょう。

ドライフラワーにおすすめの花⑤スターチス

kyoooonco514さんの投稿
32255825 186338418856374 8941557302461202432 n

スターチスの花も、シリカゲルで作るドライフラワーに向いています。生花のときから、まるでドライフラワーのようなカサカサした質感の花なので、シリカゲルでドライフラワーにしても、あまり様子は変わりません。とても可愛い花ですので、ぜひドライフラワーを作ってみてくださいね。

ドライフラワーにおすすめの花⑥ピンポンマム

ピンポンマムの花も、シリカゲルでドライフラワーにすることができます。立体的な花ですので、二次加工は、レジン封入ではない方法がおすすめ。花びらの間に入ってしまったシリカゲルをきれいに取り除き、瓶などにつめて飾る方法もきれいです。また、ハーバリウムなどにも使えますので、手作りハーバリウムを楽しんでみましょう。

ドライフラワーにおすすめの花⑦千日紅

aicoco_handmadeaccessoryさんの投稿
33312081 437970366651884 3077063168132907008 n

シリカゲルを使ったドライフラワーには、千日紅も人気です。いちごのような形をしたかわいらしい花は、ドライにする前から、カサカサした水分少なめの花です。シリカゲルでドライフラワーにしたあとも、質感は変わりません。こちらも、立体的な形状の花ですので、レジンに封入するよりは、ハーバリウムなどに使うのがおすすめ。シリカゲルをきれいに取り除いてから、使って下さいね!

ドライフラワーにおすすめの花⑧薔薇

シリカゲルを使ったドライフラワー作りで、メジャーなのはやはり「薔薇」です。薔薇は女性に人気の花ですので、ぜひドライフラワーにしてみてください。好きな色の薔薇の花を、シリカゲルに埋めてドライフラワーにする場合は、花の形が崩れないように注意が必要です。完成したドライフラワーは、瓶に入れて飾るなど、使い方もいろいろ。

ドライフラワーにおすすめの花⑨カスミソウ

yukiiii_herbariumさんの投稿
33138320 455804964879413 6463418141115416576 n

シリカゲルを使ってカスミソウをドライフラワーにしてみましょう。カスミソウも水分が少なめの花ですので、ドライフラワーには向いています。着色してからドライフラワーにしても良いですし、ドライフラワーを作ってからの二次加工も、いろいろな用途があります。ハーバリウムにも欠かせない花ですので、ぜひ利用してください。

ドライフラワー作りにシリカゲルがおすすめの理由

シリカゲルでドライフラワーを作ると、色鮮やかなままドライフラワーにすることができます。人気の最大の理由はここにあります。美しい花を、美しい姿で残しておけるのは嬉しいですよね。

シリカゲルでドライフラワーを作って、最初はきれいでも経年劣化で退色していきます。形あるものはいつか壊れるもの、諸行無常の理ということで、退色さえも楽しんでいきたいですね。プリザーブドフラワーも数年で劣化するといわれていますので、ドライにした花は、生花とは違うということを受け入れることができると、ドライフラワーとしての楽しみ方が見つかりますね。

sachirin0812さんの投稿
33911540 773128673075206 5396508824104337408 n

シリカゲルを使ってドライフラワーを作る方法は、手間がかからないというのがおすすめのポイントのひとつです。シリカゲルの中に入れておくだけで簡単に作れるからです。

シリカゲルを使ったドライフラワーの作り方の容量で、フルーツもドライにすることができます。食べる用ではありませんので、キャンドルの中に封入する使い方をする人もいます。キャンドルの中に入れる方法は、火を灯した際に香りも漂ってきそうで、素敵な使い方ですよね。

oouranaomiさんの投稿
34686398 2029644634018447 6655248371445399552 n

シリカゲルでドライフラワーを使う方法は、プリザーブドフラワーを作るよりも、費用がかからず、簡単に作ることができます。プリザーブドフラワーのほうが、長持ちはしますが、やはり手間がかかるのは敷居が高く手を出しにくいですよね。

このように、シリカゲルでドライフラワーを作る方法は、いろいろな面から見てもおすすめです。気軽に楽しめるドライフラワーですので、記念にもらった花束などをぜひドライフラワーにしてみましょう。シリカゲルとタッパーとはさみさえあれば作れる方法ですので、難しくはありません。花を入れるとき、型崩れには注意して、丁寧に扱うようにしましょう。

シリカゲルで作ったドライフラワーの活用方法

レジンアクセサリー

シリカゲルでドライフラワーを作ったあとは、アクセサリーや部屋の飾りにして、さらに楽しんでみましょう!花の形にもよりますが、ドライフラワーをレジンでかためてアクセサリーにする方法も、とても人気があります。レジンに封入したら、穴を開けてピアスやネックレスに加工していきます。ドライフラワーを使ったアクセサリーは、女性らしい雰囲気で、繊細なアクセサリーに仕上がります。

瓶につめる

iwanagamakiさんの投稿
35479930 211862856308836 7225143475962904576 n

こちらのインスタグラムの写真のように、ワイングラスや瓶につめて、部屋に飾るという方法もあります。この方法だと、アクセサリーにしにくい大きな花もきれいに飾ることができますね。少しずつ退色していきますので、なるべく乾燥した部屋、直射日光の当たらない部屋で飾ると良いでしょう。

ハーバリウム

シリカゲルで作ったドライフラワーを、ハーバリム作りに活用することもできます。ハーバリウム専用のオイルに、手作りのドライフラワーを入れて部屋に飾る方法です。ハーバリウムは人気ですので、プレゼントとして贈るのもおすすめ。心を込めて作ったドライフラワーが、ハーバリウムとして生まれ変わるのも素敵ですね。

花のある生活は、心にゆとりを与えてくれます。美しい花を見ることで、女性は心が安らぎ、癒されます。毎日の生活に花のある生活を取り入れ、日々を豊かに過ごしてみませんか?生花も良いですが、手作りのドライフラワーも素敵です。お気に入りの花をドライフラワーにして、部屋を彩ってみましょう。花を愛でる心は、優しさを育みます。

関連するまとめ

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ