納豆×うどんレシピ集!冷やしや温かい人気のアレンジをご紹介!

安くて多めに買ってしまった納豆や、うどんを消費したいけどレシピが思いつかないという人も居るでしょう。今回は余ってしまいがちなうどんと、消費先が中々見つからない納豆を使った料理について紹介します。温かいものから冷やした物まで、様々な人気アレンジも紹介します。

目次

  1. 納豆×うどんレシピの人気アレンジを紹介
  2. 納豆×うどんに合う食材は?
  3. 納豆×うどんレシピ【温かいアレンジ10選】
  4. 納豆×うどんレシピ【冷たいアレンジ10選】
  5. 納豆×うどんレシピ【離乳食後期におすすめ5選】
  6. 納豆×うどんはダイエットに効果あり?

納豆×うどんレシピの人気アレンジを紹介

pierrot.mumeiさんの投稿
36950600 402583536915873 1046593241232703488 n

うどんと納豆を掛け合わせた料理や、そのアレンジは多くあります。その中でも人気な物を中心として、今回は紹介していきます。まずはその元となる納豆とうどんの栄養や、一般的なカロリーについて知っておきましょう。料理を作る際のカロリー計算や、栄養調整が簡単になるため知識として取り入れておくことは決して損にはならないでしょう。

納豆の栄養価・カロリー

mchi0612さんの投稿
36779772 486398681819869 8312234925902266368 n

納豆は様々な栄養があり、1パック(50g)を摂取することで多量のビタミンとミネラルを得られます。大豆である為1パックに対してたんぱく質が8.25g、脂質が5gと多く含まれて居ます。カロリーは1パックで約100kcalと少なめであり、ダイエット食品としても良く使われるものでもあります。納豆は大体ウォーキング38分程度で消費出来るカロリー量です。

うどんの栄養価・カロリー

kana0210kanaさんの投稿
36856752 293543464716679 8567169654718464000 n

うどんの栄養価はご飯と大差無く、ご飯とほぼ同じ栄養量を摂取することが出来ます。ご飯と同じ炭水化物であり、1玉242kcalと少々高めなカロリーをしている為あまりダイエットには向いていません。ビタミンやミネラルはモリブデン及びセレンが多く含まれています。うどんの水分量はご飯よりも多い為、量が食べられると言う利点があります。

納豆×うどんに合う食材は?

kura93819さんの投稿
36803362 253503828767026 2244678298346979328 n

納豆×うどんに合う食材は多岐に亘ります。冷やした納豆うどんや温かい場合、アレンジによって合う食材は変わっていくので理解しておきましょう。納豆うどんは美味しいものですが、アレンジ等を作っていても飽きやすいです。それを抑えるには様々な調味料を試すのもよいでしょう。ここでは納豆うどんに合う食材について一部紹介していきます。

納豆に合う食材を使うとより美味しくなる!

416478soさんの投稿
36625780 1961870140531690 9205415628993724416 n

うどんは基本的に味が薄く、納豆を中心とした味付けになりやすい物です。なので納豆に合う食材を使用すると失敗しづらい味付けになります。まずは自分が納豆を食べる際に使う薬味や、食材を使用すると良いでしょう。

辛味を出すなら七味唐辛子

cherry_bentoさんの投稿
36875189 352979361905245 4584257876238794752 n

七味唐辛子は様々なアレンジにも対応することが出来る人気調味料の一つです。元々うどんも納豆も和食なので相性は良く、どの季節にも使える調味料でしょう。夏にはさっぱりとしつつもしっかりとした辛さを、冬には身体を温める方法の一つとして使えます。もし辛いものが苦手でないのであれば一度試してみるのも良いかもしれません。

夏バテ防止に生姜を使おう

kkkaorinnn1028さんの投稿
35461488 2095244564084154 3517210677892612096 n

夏にはさっぱりとしている物を食べたいという人は多いでしょう。しかしそういった物では中々スタミナ等が付かずに、夏バテになってしまいがちです。それを抑えるのに生姜は役立つでしょう。元々うどんとの相性も良く、納豆も匂いが抑えられる為人気な食材です。温かい納豆うどんと冷えた納豆うどん両方に合うので、夏バテ気味の場合は一度試してみても良いでしょう。

海苔で盛り付けを豪華にしよう

_______m.3_さんの投稿
36599791 210029409718755 2106521514105896960 n

ちょっと盛り付けが足りないけど、そこまで量を増やしたくないという場合もあります。そんな場合に海苔は非常に役立つでしょう。アレンジ方法によって味付け海苔のほうが良いのか、通常の焼き海苔がいいのかは分かれる場合があります。どちらも合う場合が多いですが、自身で試しどちらが合うのかを決めるのも良いでしょう。極端に味付けが変わることは無いので安心して使えます。

辛味と野菜を追加したいならキムチ

m.kurachaさんの投稿
21911443 368425056922008 2185567848863105024 n

キムチは合うアレンジは限られてしまいますが、上手く扱えばより美味しく納豆うどんが食べれます。キムチの辛味は七味系統の辛さを元としている為、合わないということは早々無いでしょう。但し注意しなければいけない点として、キムチは味が強いので他の食材の味を潰してしまう可能性があります。使用する際は分量に注意しながら使用する方が良いです。

美味しくネバネバを追加したいならとろろ

paxi0510さんの投稿
36967447 229998784298298 2240753883649409024 n

とろろは主に冷やし納豆うどんに合う食材として挙げられます。納豆だけでは物足りないという人におすすめされており、予めとろろを冷やしておけばより美味しく食べれるでしょう。さっぱりとした味付けになりますが、稀にとろろに味付けがされていない場合があるので注意する必要があります。水分も多くなってしまう為、使用する場合は少し味を濃くつけるのも良いかもしれません。

納豆×うどんレシピ【温かいアレンジ10選】

koronta3さんの投稿
27576101 351042155394215 2644667898248822784 n

納豆うどんのレシピは多くあり、そのアレンジも非常に多く存在しています。温かいアレンジも多く存在していますが、今回はその中でも特に人気のあるものを紹介していきます。温かいアレンジといえば冬に食べると言うイメージがありますが、夏に食べて夏バテ対策にするのも良いでしょう。ここで紹介したもの以外にもあるので、気になったら調べてみましょう。

温玉納豆うどん

sachiet0_6さんの投稿
27892754 2001384270110173 3514967485193388032 n

温玉を使った納豆うどんは作り方が簡単であり、最もアレンジがしやすい料理でもあります。作り方も簡単で用意するものは温泉卵と納豆にうどん、そして天かす等の食材を用意しましょう。うどんを茹でている間に納豆は付属しているタレを混ぜておきましょう。そして茹で終わったうどんは水切りして器に盛り付け、その上から納豆と温泉卵と天かす等を乗せめんつゆをかけて完成です。

温玉納豆うどんのアレンジ方法

eridachiuさんの投稿
26867598 792142040977132 7954115227002339328 n

温かい温玉納豆うどんは味付けがシンプルなものなので、アレンジがしやすい一品でもあります。但し注意したい点として、全体的に和風な味付けになっている為アレンジも和風なものに限られます。更に温かいものでもある為、冷やしたものはあまり合わない可能性があります。アレンジを行う際は、それらをしっかりと考慮した上で調理したほうが良いでしょう。

豚キムチ納豆うどん

ba7.chanさんの投稿
17663562 401613843553257 7649062988665585664 n

豚キムチ納豆うどんは温玉納豆うどんと同じく、作るのに手間が掛からない一品です。作り方は温玉納豆うどんとあまり変わらず、茹でたうどんに納豆とキムチを上から乗せめんつゆを上からかけて完成です。お好みで万能ねぎやごま等をトッピングとして乗せるのも良いでしょう。但し注意する点としてキムチは水分を多く含む場合があるので、量を調節するほうが良いです。

トッピングを変えてアレンジをしよう

nya_matatabiさんの投稿
36136547 1735453983176758 772870268174467072 n

豚キムチ納豆うどんをアレンジしたい場合、トッピングを変えるのが一番良いです。キムチの辛さをまろやかにしたい場合、温玉等をトッピングとして採用するのも良いでしょう。但しあまり味の濃いものは、キムチの味を消してしまうかもしれないのでおすすめされていません。焼き海苔は味を極端に変えることもないので、少し物足りないと感じたら使ってみるのも良いかもしれません。

チーズ納豆うどん

酒のつまみに手軽な一品を用意したいと言うときにも納豆うどんのアレンジが活用できます。用意する材料は納豆とうどん、とろけるチーズとめんつゆを用意しておきましょう。納豆はタレをかけて混ぜておき、うどんはしっかりと茹でておき水分が残らないよう水切りしましょう。めんつゆは予め沸騰させておき、うどんの上にチーズ、納豆めんつゆの順に乗せ完成です。

ちりめん納豆うどん

kochiyo_udonさんの投稿
34189718 1724460867609628 4568044718293778432 n

さっぱりとした和風アレンジの人気レシピの一つとして、ちりめん納豆うどんが挙げられます。作り方は紫蘇とちりめんを納豆うどんの上に乗せるだけの簡単な作り方です。しかし、納豆に一工夫加えておくことで更に美味しく食べることも出来ます。納豆にレモン汁を入れるとさっぱりとした仕上がりになるので、夏場であっても気軽に食べることが出来るでしょう。

豆腐納豆うどん

n.kengo1202さんの投稿
22071061 514088478928372 4070938713759154176 n

一食で多く食べたいという人に人気なのが豆腐納豆うどんですが、ダイエット中の人にはあまり向いていません。かなりボリュームのある料理ではありますが、大豆食品を大量に使うのでカロリーも高めになってしまいます。作り方は茹でたうどんを好みの濃さでわっためんつゆに入れ、水切りした豆腐を砕き納豆と一緒に入れ完成です。お好みで温泉卵を入れても良いかもしれません。

卵ふわとろ納豆うどん

簡単に作れるアレンジの一つとして卵を使った納豆うどんは多くあります。今回紹介するのは卵を使った料理でも比較的簡単に作れるので、様々な層に人気なアレンジ料理です。混ぜた納豆に卵とマヨネーズ小さじ1、だし醤油を少々を混ぜます。しっかりと混ざったら茹でておいたうどんを入れ、ねぎやごまを好みで入れて完成です。七味唐辛子などを入れるのも良いかもしれません。

明太納豆うどん

面倒な調理をしたくないという時にも便利な納豆うどんのアレンジがあります。用意するものは普通の納豆うどんに使う材料にしらすと明太子を用意します。うどんはしっかりと茹で納豆はしっかりと混ぜておき、好みでねぎを追加するのも良いでしょう。うどんの上に納豆を乗せ、しらすと明太子を乗せたら完成です。簡単に作れるアレンジなので手間もかかりません。

お茶漬けの素納豆うどん

mika_and_mさんの投稿
31391181 2043227255893640 1634147120967581696 n

お茶漬けの素が家に余っているのであれば、一度このアレンジを試してみるのも良いかもしれません。お茶漬けの素に納豆とすりゴマ大さじ1を混ぜ、しっかりと混ざったら卵を入れ再度混ぜましょう。うどんは茹でて温かいまま湯切りだけ行い、混ぜておいた納豆に入れましょう。お好みで七味唐辛子を入れるなどして味にアクセントを出すのも良いかもしれません。

鰹節納豆うどん

wakasiko_a.k.a_kazuさんの投稿
30913918 964594870377237 2281786055575207936 n

夏には冷やしで冬には温かいまま食べることが出来るアレンジは多くあります。その中の一つとして鰹節納豆うどんがあり、作り方も非常に簡単なので覚えておいて損は無いでしょう。うどんは事前に茹で冷やす場合は流水でしめておき、温かいままの場合は湯切りしておきましょう。うどんを器に入れ納豆と卵を入れ、その上から鰹節とめんつゆを入れて混ぜたら完成です。

温かいそぼろ納豆うどん

mogutamoguo35さんの投稿
30591034 1278027872331279 5103573908280311808 n

寒い日には温かい料理で身体を温めたいという人も多いでしょう。そんな時に人気なアレンジレシピとして、そぼろ納豆うどんが挙げられます。そぼろの味付けはめんつゆを使うと和風でさっぱりとした仕上がりになり、余りくどくなくなります。茹でたうどんを器に盛り付け、納豆とそぼろを上に乗せて完成です。ねぎなどを添えて彩りを加えるのも良いでしょう。

納豆×うどんレシピ【冷たいアレンジ10選】

rumi.pppさんの投稿
30077506 583392072029800 4123688789124055040 n

冷たい納豆うどんのアレンジは多岐に亘ります。夏にさっぱりとしたものを食べたい時に使うことが多く、今回はそういった場合に向いた冷たいアレンジを紹介していきます。その中でも特に人気な10種類のレシピを紹介していきますが、他のレシピも多くあるので気になったら自分で探してみるのも良いかもしれません。

納豆うどん(冷やし坦々風)

pinapinapipiさんの投稿
26871781 403764386736321 8991768442268811264 n

簡単に作れて本格的な坦々の味を出したい時、このアレンジは役立つでしょう。うどんは茹で流水でしっかりと冷やしておき、納豆はタレを使わず汁なし坦々麺の素と混ぜ合わせます。混ぜ合わせた納豆とうどんを混ぜ、トッピングとしてねぎを添えて完成です。簡単に作れる上に、味はしっかりと冷やし坦々風になっているので主婦層に人気な一品でもあります。

韓国風納豆キムチうどん

用意する材料はきゅうり1/2本とレタス2枚、そして自分の好みのキムチを用意しましょう。きゅうりは細切りにカットし、レタスは食べやすいサイズに切り分けておきます。ごま油大さじ2にポン酢とめんつゆを大さじ1混ぜタレを作り冷蔵庫で冷やします。うどんは茹でたら流水にさらし器に盛り付け、野菜にキムチと納豆を乗せ上から冷やしたタレをかけて完成です。

食べるラー油納豆うどん

aki_cmk_seoさんの投稿
32006466 1664730280314245 6755986490070663168 n

一時期流行った食べるラー油ですが、納豆うどんとの相性も良く美味しく食べる事が出来ます。作り方も簡単で茹でたうどんを冷やし、皿に盛り付けたら納豆と食べるラー油にめんつゆを混ぜたものを上からかけます。その上から更に卵黄を落とししっかりと混ぜたら完成です。コツも無く簡単に作れるので人気なアレンジです。

大根おろし納豆うどん

minatty3さんの投稿
30087601 954844364675274 3392137506496446464 n

大根おろしを使ったアレンジはさっぱりとしており、夏には最適な一品でしょう。大根は5cm程の物が最適ですが、足りないと思った際には増やすのも良いでしょう。大根おろしはしっかりと水気を抜いておき、茹でた後しっかりと冷やしておいたうどんの上に盛り付けます。ほんだし小さじ1/2とみりん・しょうゆ・砂糖を小さじ1/2混ぜ、お湯で割ったタレを上からかけて完成です。

梅納豆うどん

er1k2さんの投稿
29718180 276633686210447 1367914326060433408 n

冷やし梅納豆うどんは夏バテ対策に良い料理です。作り方も簡単で納豆に梅を混ぜ合わせ、それを冷やしたうどんと混ぜるだけで完成です。ぶっかけ用にめんつゆを水と一対一で割りタレを作っておくと尚良いでしょう。プロセスチーズや乱切りにしたトマト等の野菜を添えるのも良いかもしれません。

たくあん焦がし納豆うどん

tao38さんの投稿
29416522 2022078934487643 398187951315484672 n

フライパンで納豆を炒めることによって、風味や香りをより良く出来ます。納豆が糸を引かなくなったのを確認し、付属しているタレと辛子を混ぜ焦がすように炒めましょう。炒めたら火から降ろし冷ましておき、冷やしたうどんに醤油とポン酢にごま油小さじ1/2を混ぜたタレに混ぜ合わせましょう。タレに絡めたうどんに焦がし納豆と細かく切ったたくあんを乗せ完成です。

ゴーヤ冷やし納豆うどん

kotokoto3039さんの投稿
27580245 164534014192337 4505456204293603328 n

ゴーヤは独特の苦味があり食べにくいですが、納豆うどんと合わせる事で美味しく食べれます。ゴーヤは中の綿を取っておき薄切りにしておき、納豆は付属のからしとタレを混ぜておきましょう。合いびき肉50gをフライパンで炒め、ボロボロになってきたら豆板醤と納豆を加え炒めていきます。程よく炒めたら冷やしておいたうどんにゴーヤと納豆を乗せて完成です。

オクラ納豆うどん

mayuko907さんの投稿
26072998 1664992366854935 6281919991486873600 n

オクラを使ったアレンジで夏バテを防止しつつ、簡単に作れる冷やしうどんは人気なアレンジです。但しオクラは味や匂い等が独特である為、嫌いと言う人も居るかもしれません。作る際は苦手な人が居ないかを事前に把握しておくほうが良いでしょう。作り方は食べやすく切ったオクラを乗せるだけですが、オクラは味が無いのでいつもより濃い目に味付けすると良いです。

天ぷら納豆うどん

mi_can2412さんの投稿
13704271 1250671621634494 1858749984 n

納豆うどんのボリュームが足りない場合、天ぷら等を使うと手軽にボリュームを増やせます。但し天ぷらは味が薄いものが多いので、天ぷらを乗せる場合は少し濃く味付けしましょう。もう一つ注意しておくべき点として、クッキングペーパー等でしっかりと油をとっておく必要があります。

ごまだれポン酢納豆うどん

honok0306さんの投稿
13741005 1276148845743626 1669980945 n

ごまだれとポン酢を使い、あっさりとしながらも濃い味付けになるので夏バテ中でも食べれます。ねぎ等のトッピングで彩りを添えると、より綺麗な見た目になるのでおすすめされています。大体調理時間は四分ほどで済むので、時間が無いという人にもおすすめされている一品です。

納豆×うどんレシピ【離乳食後期におすすめ5選】

納豆うどんのレシピには離乳食後期にも使えるものがあります。離乳食後期で何を食べさせたらいいのか分からない時等に役立てるのが良いでしょう。

納豆うどんお焼き

yanasekyouseiさんの投稿
36709327 2127869124203495 3585228923908128768 n

野菜を食べさせたいという時、このアレンジは役立ちます。使う野菜は雪菜15gににんじん25gとさつまいも30gです。雪菜とにんじんはみじん切りにし、サツマイモはさいの目切りをして0.5cm角になるようにしましょう。カットした野菜はレンジで温め、小麦粉をまぶしたうどんと温めた野菜を卵と混ぜ納豆を入れます。狐色になるまでフライパンで焼いて完成です。

ひきわり納豆うどん

ankoro1012さんの投稿
36505084 244978746102076 4098587076100882432 n

離乳食後期になると食べれるものは大分増えますが、細かくカットしておく必要があります。納豆うどんも例外ではなく、うどんは3cm程に切らなければ食べさせるには危険です。不安な場合はもう少し小さく切っておくのも良く、納豆も細かく切っておきましょう。アレンジとして同じく細かく切ったわかめ等を入れるのも良いです。

豆腐納豆うどん

納豆うどんに豆腐を入れることによって、より食べやすくすることも出来ます。豆腐を入れる際はしっかりと湯通ししておき、ペースト状になるまで潰しましょう。にんじんや玉ねぎを入れると栄養バランスも取れるので、入れるのを検討しても良いかもしれません。味が薄すぎる場合はめんつゆを足す等し、味の調節をしっかりと行いましょう。

ほうれん草白身魚納豆うどん

tmgms_yztmさんの投稿
35574736 414220992425699 8939124280797429760 n

白身魚とほうれん草を使うことで、栄養のバランスを簡単に調節できます。冷凍されている食品の場合は解凍し、茹でたうどんに乗せましょう。納豆はひきわりであれば細かく切る必要はありません。納豆を白身魚等を乗せたうどんに混ぜ、2分間レンジで温めて完成です。

とろみ納豆うどん

tmgms_yztmさんの投稿
33707309 241925213039605 6331187763202752512 n

納豆にとろみをつけることで、歯が生え揃っていない子供でも簡単に食べることが出来ます。作り方は出し汁1カップを火に掛け沸騰させ、納豆と醤油小さじ1/2入れましょう。納豆と醤油を入れたら片栗粉大さじ1/2と水大さじ1で溶いた水溶き片栗粉を入れ、とろみが付いたらうどんにかけて完成です。予め納豆は細かく切っておきましょう。

納豆×うどんはダイエットに効果あり?

mie823maさんの投稿
32095389 369684893544132 2402008765785178112 n

納豆うどんは美味しく食べる為のレシピが多く存在しますが、最近はダイエットに効果があるとして注目されています。結構なボリュームのあるうどんと栄養の豊富な納豆は、ダイエットに最適な食品です。体重が気になるという人は、ダイエットの為に納豆うどんを試してみるのも良いかもしれません。

ダイエットにおすすめ納豆うどんレシピ

用意するのは青じそ2枚と梅干し2個、めんつゆはストレートのものを用意しましょう。青じそは事前に千切りにしておき、うどんは茹でた後しっかりと冷やしておきます。納豆は付属のたれと混ぜておき、冷やしたうどんの上に青じそと梅干しと一緒に乗せて完成です。腹持ちもいいので人気なレシピです。

アレンジをして納豆うどんをもっと美味しく食べよう

tomohiroimagawaさんの投稿
30593274 1778469515508430 7204910469147000832 n

納豆うどんには様々なアレンジがあり、それを活用することで食卓をより一層良いものに変えてくれるでしょう。夏にも冬にも活用出来る為非常に活躍幅が大きく、アレンジレシピも非常に多い為飽きずに食べることも出来ます。ここで紹介したレシピ以外にも様々なレシピがあるので気になる場合、探してみるのも良いでしょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ