プールで水中ウォーキングのダイエット効果は?歩き方や消費カロリーについて

プールでの効果的な水中ウォーキングの歩き方をご存知ですか?水中ウォーキングで痩せるためには効果的な歩き方や時間がとても重要になってくるようです。そこで、プールで水中ウォーキングのダイエット効果は?歩き方や消費カロリーについてご紹介します。

目次

  1. プールでの水中ウォーキングのダイエット効果は?
  2. プールで水中ウォーキング:効果的な基礎知識
  3. プールで水中ウォーキング:負担が軽くダイエット効果抜群
  4. プールで水中ウォーキング:効果的な歩き方
  5. プールで水中ウォーキング30分の効果は?
  6. プールでの水中ウォーキングでダイエットをしよう!

プールでの水中ウォーキングのダイエット効果は?

効果的な水中ウォーキングとは?

最近人気の水中ウォーキング。誰でも気軽にトレーニングができると人気があります。プールでの水中ウォーキングは、ダイエット効果も期待できるので、若い女性の方から年配の方まで幅広い需要があるようです。そこで、ここでは、プールでの水中ウォーキングの歩き方や消費カロリー、メリット、ダイエット効果など合わせてご紹介していきましょう。

kotakinakoさんの投稿
36951620 455136151619512 1207808695568695296 n

まずは、プールでの水中ウォーキングとはどのような物かご紹介します。水中ウォーキングとは、プールなどの水中を歩くことでダイエット効果があるという人気の歩き方です。地上でウォーキングをするよりも水中ウォーキングをすることで水の抵抗が身体にかかるので、より効果的に身体に負荷をかけることができるのです。

また、水中ウォーキングは、ひざなどへの負担もかかりにくいので長時間ウォーキングをするよりも特に膝を痛めている方にはおすすめの歩き方なのです。プールで行う水中ウォーキングは、水中の中で泳ぐのが苦手な人にも比較的簡単に、あまり疲れることなくできる歩き方として人気を集めています。膝を傷めないというメリットがあります。

水中ウォーキングはダイエットに効果的!

プールでの水中ウォーキングは、身体に負担がかかりにくい比較的簡単に取り組むことができる歩き方になっていますので、幅広い年齢層の男女に人気があります。また、水中ウォーキングはダイエットにも効果的ということで若い女性の方にも注目を集めています。

spout_aquaさんの投稿
34675669 1942250939398964 1663126347645452288 n

プールでの水中ウォーキングがダイエットに効果的な理由としては、水中ウォーキングは有酸素運動だということです。脂肪を燃やす状態になりやすいのでダイエット効果が抜群なのです。しかし、効果的なダイエットを導くためにはコツをしっかりと抑えることが重要です。水中ウォーキングの姿勢や歩き方もとても重要になってきます。

ダイエットに効果的なプールでの水中ウォーキングの姿勢や歩き方を学んで取り組むことが大切です。また、プールでの水中ウォーキングは、有酸素運動になっていますので、1時間ほど水中ウォーキングをするとより効果的です。プールの中での水中ウォーキングは簡単なのですが、1時間も取り組むとかなりヘトヘトになります。はじめは20分以上からスタートするといいでしょう。

筋力アップも可能

プールでの水中ウォーキングは、筋力をアップすることができます。筋力がアップしますと代謝が良くなりますので、痩せやすい体質になります。ですので、ドンドンダイエットに効果的な健康的な身体を作ることができるのです。

kicogram5615さんの投稿
36876961 2141984569413830 6185798129481154560 n

膝や腰に痛みを抱えている人もプールでの水中ウォーキングであれば、身体に負担を少なく、筋肉への負荷は大きいので筋力アップにつながるのです。筋力アップにはプールでの水中ウォーキングがおすすめと言われているのはこういうことです。プールでの水中ウォーキングは自然と筋力アップもしてしまうと言うメリットもあります。

膝にも負担をかけずに。身体への負荷も少なく、筋力アップには効果的なメリットが沢山あるプールでの水中ウォーキングが男女ともに幅広い年齢層の方に人気なのはよくわかりますね。しかし、いくら効果的だからと無理は禁物です。少しずつコツコツと水中ウォーキングをすることがより効果的なのです。

プールで水中ウォーキング:効果的な基礎知識

まずは正しい姿勢で取り組む

ここからは、プールでの効果的な水中ウォーキングの歩き方の基礎知識をご紹介します。水中ウォーキングの効果的な歩き方をご紹介する前に、基礎知識を養っておくことでより効果的に歩き方を学ぶことができます。プールでの水中ウォーキングの歩き方として、まず初めに重要なのは、正しい姿勢です。

ponta.red.panda.dietさんの投稿
36950593 2121237631476911 3673043906846523392 n

プールでの水中ウォーキングの効果的な歩き方の前に、そもそも立っている姿勢が悪いといくら上手な歩き方をマスターしても効果を最大限に活かすことが出来ないのです。日常生活の中でもそうですが、姿勢を良くして生活するだけでもいろいろな筋肉がバランスよく使用されますので、結果的に痩せやすい状況になります。

正しい姿勢ができるようになったらやっとプールでの水中ウォーキングの効果的な歩き方に進むことができます。効果的な歩き方のポイントを抑えることで効果的なダイエットに繋がっていきます。ぜひ、プールでの水中ウォーキングの効果的な歩き方をマスターするようにしましょう。

水中ウォーキングの消費カロリー

プールでの水中ウォーキングの効果的な歩き方をマスターする前に、様々な基本知識を養うことでモチベーションが上がりますので、水中ウォーキングを効果的に続けられるというメリットがあります。その一つとして、プールでの水中ウォーキングをした場合の消費カロリーをしっかりと認識しておくことが重要です。

yuki.mai.maiさんの投稿
36789095 2029863760675846 9026534703586344960 n

プールでの水中ウォーキングでの一般的な消費カロリーは、大体の目安で考えると1時間水中ウォーキングをすると約300キロカリーを消費するそうです。消費カロリーは、その人の身長や体重、代謝にも関係してきますので、すべての人に当てはまるわけではありませんが、一般的な目安として参考にするのはいいでしょう。

一般的に地上でのウォーキングでの消費カロリーは約150キロカロリーと言われています。個人差はありますが、基本的にプールでの水中ウォーキングは地上でのウォーキングよりも2倍の消費カロリーとなっているということです。身体の負荷も少なくメリットの多いプールでの水中ウォーキングを活用しない手はないですね。

水中ウォーキングリタイアの理由

プールでの水中ウォーキングにはメリットが沢山あります。消費カロリーが同じ1時間の運動でもプールでの水中ウォーキングと地上でのウォーキングでは2倍も効果的だということです。また、身体への負担も少ないですし、膝への負担もほとんどないので気軽に取り組めるというメリットがあります。

spout_aquaさんの投稿
35324503 153452552188389 7751734680092672000 n

しかし、プールでの水中ウォーキングを挫折してしまう人が多くいます。それはなぜなのでしょうか?その理由としては、プール代の割に効果が感じられなかった場合は、プールでの水中ウォーキングを挫折してしまうようです。また、プールで水中ウォーキングをしている時はあまり感じない疲労もプールから上がった途端にどっと来るのも原因のようです。

地上のウォーキングよりも2倍の効果があるプールでの水中ウォーキングですが、メリットも十分ですが、ちょっとしたデメリットで挫折してしまうのです。初めは効果が出にくい人もいます。しかし、そこを乗り越えられた人はプールでの水中ウォーキングの効果を実感している人が多いです。

プールで水中ウォーキング:負担が軽くダイエット効果抜群

プールでの水中ウォーキングは、消費カロリーも地上のウォーキングを比べて2倍の効果があるので、ダイエット効果が抜群だと話題になっています。また、身体への負担も軽いので膝が悪い人でも気軽に取り組むことができるというメリットもあります。

spout_aquaさんの投稿
36853936 2011741898896027 6033265853477158912 n

地上では、45kgの人の足には45kgの重さがかかっていると言われています。膝にもその重さがかかっています。ですので、歩いたり、走ったりすることで負荷はその何倍にもなります。その結果、足が痛い、腰が痛い、膝が痛いということになるのです。しかし、水中ウォーキングの場合は違います。膝までのプールであれば、30%の体重をカットすることが可能です。

また、腰までのプールであれば、体重の50%の負荷がカットされます。胸までのプールであれば約70%の負荷がカットされてしまうのです。プールでの水中ウォーキングは、そのようなたくさんのメリットが詰まっている効果的な歩き方なのです。消費カロリーも抜群のですのでおすすめです。

プールで水中ウォーキング:効果的な歩き方

まずは正しい姿勢を身につけよう!

ここからは、具体的にプールでの水中ウォーキングの効果的な歩き方を動画も踏まえてご紹介していきましょう。動画を見ることでより効果的に学ぶことができるでしょう。プールでの水中ウォーキングのメリットを最大限に発揮するためには正しい姿勢で効果的な歩き方をすることが重要です。

ponta.red.panda.dietさんの投稿
36917212 413947622434733 5829339917204848640 n

プールでの水中ウォーキングのメリットと消費カロリー効果を最大限に発揮するためにはまずは、正しい姿勢で歩くことを身につけるようにしましょう。正しい姿勢とは、胸を張り、頭のてっぺんを真上に引っ張られているように立ちます。次にお腹を引き締めて、骨盤を少し前へ出すように歩きます。

歩いている最中は、頭がブレないようにすることが重要です。目線もまっすぐ水平をみるようにします。歩くだけなのにと思われるかもしれませんが、歩き方の姿勢はとても重要なのです。姿勢が悪いとプールでの水中ウォーキングのメリットや消費カロリーを最大限に引き出すことが出来ないのです。

歩幅の広い歩行(レンジウオーキング)

プールでの水中ウォーキングをする際に姿勢を正しく保てるようになったら次のステップへ移りましょう。まず初めにご紹介する水中ウォーキングは、レンジウォーキングと呼ばれている歩幅の広い歩行です。

陸での動画をまずは参考に水中ウォーキングでの歩き方をまずはマスターします。その後で水中での水中ウォーキングの雰囲気を確認して実践してみましょう。肩は水中に沈むくらい歩幅は広くします。両手を大きく前後に振り、水深に合わせて歩幅を調整して身体が上下に動かないように歩きましょう。

水中運動のウォーミングアップになっていますので、初めはゆっくりと股関節を伸ばしていくことを意識しましょう。慣れてきたら徐々に速度を上げていきます。水中ウォーキング以外でも普段から歩幅を大きくして歩くことで筋肉が増え、消費エネルギーもアップします。

膝を上げての歩行(マーチング)

次にご紹介するのは、マーチングという膝をあげての歩行になります。膝をできるだけ高く上げます。次に身体を前方に倒しながら手の甲を前に突き出すようにします。腕は前後に大きく振りながら歩くようにしましょう。この歩き方は、股関節の強化につながりますのでおすすめです。

水中ウォーキングで膝をあげての歩行は、陸上での動画と水中での動画がありますので、まずは陸上での動画を参考に動き方、歩き方をしっかりとマスターしましょう。

膝を広げた歩行(ニーアップウオーク)

プールでの水中ウォーキングとしておすすめなのが、ニーアップウオークという膝を広げた歩行です。このニールアップウオークは、足を前に踏み出しながら、後ろに残されている足を横に90度に持ち上げて、前に弧を描くように踏み出す歩き方になっています。

次に、後ろに残した手で水をかくようにして前に進んでいきます。この時腰をひねることで、ウエストのシェープアップにも繋がっていきます。しかし、股関節の弱い方や腰を痛めている方はあまりおすすめできません。無理をせずに様子を見ながら取り組んでみましょう。

横歩きで歩行(サイドウオーク)

次にご紹介するプールでの水中ウォーキングとしては、サイドウオークという横歩きでの歩行があります。進行方向に足を開いて、上体を水中に沈めて横に歩いていきます。この時、進行方向の足と手は水を押しながら進んでいきます。慣れてきたら、歩幅を変えて歩いてみたりしてみましょう。

また、左右交互に行ったり様々なバリエーションを効かせながら水中ウォーキングをすると効果的です。足をしっかりと開いて身体を沈めて行くことで、下半身やおしりの筋肉を強化していくことが可能です。また、手を広げて水をしっかりとかいていくことで、二の腕の筋力の強化にも繋がるのでおすすめです。

蹴りだし歩行(キックウオーク)

プールでの水中ウォーキングの歩き方として次にご紹介するのは、キックウオークと言って、蹴り出し歩行です。こちらのキックウオークは、足を蹴り出して歩いていく歩き方になっています。水の中でボールをけるイメージで行うのがポイントです。

この水中ウォークの歩き方は、足の筋力の強化につながります。また、後ろを意識して行うことでヒップアップの効果も期待できますので、女性には大人気の歩き方となっています。

プールで水中ウォーキング30分の効果は?

地上で1時間歩くよりも効果的!

ここからは、プールでの水中ウオーキング30分での効果についてご紹介していきましょう。プールでの水中ウォーキングは、地上での1時間のウォーキングよりも消費カロリーが2倍というメリットがある人気の歩き方となっています。高齢者や肥満傾向にある人は、膝への負担が少ない水中ウォーキングを進められるようです。

水中ウォーキングの1時間の消費カロリーは300~360キロカロリーと言われています。水中ウォーキングが30分では最高で180キロカロリーとなります。地上での消費カロリーが1時間で150キロカロリーとされていますので、単純に計算しても水中ウォーキングの30分は地上での1時間歩くよりも効果的ということができます。

水中なので膝への負担も少ない

プールでの水中ウォーキングは、有酸素運動で身体の代謝を良くし、膝への負担が少ないので膝を痛めている方や、膝がいた方にはおすすめの歩き方となっています。水中での体の水の位置での負荷をご紹介しましたが、地上と比べて最大70%の負荷を軽減することができるのは素晴らしいですね。

歩いているだけで十分

megalos_yokohamatennochoさんの投稿
34982520 950890608422906 2602152944698654720 n

プールでの水中ウォーキングは有酸素運動のメリットが発揮されるのはもちろん、身体全体の筋肉をバランスよく使用することができるので、身体全体を隈なく鍛えることができます。

spout_aquaさんの投稿
36148414 2123876824602169 3199228904367718400 n

歩いている時は水の浮力でとても軽いので、気軽に取り組めるというのもメリットですね。水の中をかき分けて歩いていくので身体全体に負荷がかかっていますので、歩いているだけでも十分なダイエット効果が期待できます。まずは、慣れるまでフォームなどは気にせずに自由に歩くことから始めましょう。

筋トレ後の水中ウォーキングは効果抜群

ponta.red.panda.dietさんの投稿
35999753 637996306575124 905342109148512256 n

プールでの水中ウォーキングをさらに効果的に活用したい方におすすめなのが、筋トレをした後に水中ウォーキングをするということです。無酸素運動をしてからの有酸素運動はかなり効果的なのでおすすめです。また、リフレッシュ効果も生まれるので一石二鳥ですね。

プールでの水中ウォーキングでダイエットをしよう!

spout_aquaさんの投稿
34395745 235945700514870 3912530952559001600 n

プールでの水中ウォーキングの歩き方やダイエット効果、消費カロリー、メリットなど様々ご紹介してきました。水中ウォーキングの歩き方は、動画などを踏まえてご紹介していますので、取り組みやすいのでさっそく実行してみることをおすすめします。

tss_due_himonyaさんの投稿
36547633 247115712544800 8023341157691949056 n

身体に負担が少なく、身体全体の筋肉を隈なく鍛えることができる効果的でメリットが満載の水中ウォーキングは大人気です。健康維持のためにも、ダイエット効果を発揮するためにもぜひ挑戦してみましょう!

関連するまとめ

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ