浴衣の作り方って実は簡単!ミシンでも手縫いでも手作りできちゃう!

夏になると祭りや花火大会など浴衣を着る機会も増えますよね。浴衣を買い換えるのは意外とお金がかかるものですよね。そこでおすすめなのが手作り浴衣です。浴衣の作り方は難しいように見えて意外と簡単です!今回は、浴衣の簡単な作り方をご紹介します!

目次

  1. 浴衣を手作りしてみよう
  2. 浴衣の作り方<手縫い>
  3. 浴衣の作り方<ミシンで簡単に>
  4. 浴衣の作り方<女性用>
  5. 浴衣の作り方<男性用>
  6. 浴衣の作り方<子供用>
  7. 浴衣に合わせる(かご)バッグの作り方
  8. 今年の夏は手作りの浴衣を着よう!

浴衣を手作りしてみよう

毎年夏の楽しみといえば浴衣ですよね。浴衣は夏にしか着ることができないの特別感もありますよね。そんな浴衣ですが、毎年の流行や着たいと思うデザインが変わる方は新しく買い換えているという方も多いのではないでしょうか?浴衣は単品で売っているものもあればセットで売っているものもあるので、以外と出費になるので悩む方もいますよね。そんな方におすすめなのが手作り浴衣です。

手作り浴衣と聞くと難しいいようにも思いますが、作り方のコツさえ掴んでしまえば簡単に手作りづることができますよ。特にお子さんがいる方は買うよりも手作りしたほうが安く済ませることができるのでコストをおさえたい方にもおすすめです。自分で手作りできればお子さんが大きくなってもサイズを合わせて調整することもできるので、一度作った浴衣でも長く着てもらうこともできますよ。
 

__mamicoさんの投稿
37019666 256179231867532 2810655361898381312 n

今回は、初心者の方でも簡単に手作りができる浴衣の作り方や浴衣の縫い肩、手作り浴衣で準備するものなどをご紹介するので、手作り浴衣に興味がある方はぜひ参考にしてください!

準備するもの

piajet59さんの投稿
37759017 202972837046313 2651702921535684608 n

まず、手作り浴衣に必要な材料を準備しましょう。浴衣は普段着と違って上下が繋がっているので、準備する材料もそれなりにあるように思いますが、準備するものは以外とシンプルなんです。まずソーイングセットとして、裁ちばさみ・糸きりばさみ ・針・まち針・糸・しつけ糸・チャコペンシル・ものさし・アイロン・ルレット・チャコペーパーなどがあればOKです。

asapyonさんの投稿
37688455 638395016534062 3574186833573052416 n

あとは浴衣となる生地を用意しましょう。本来であれば浴衣は反物を使って仕立てるのですが、最近では洋服生地を使って仕立てる方も多く浴衣の生地にそこまでこだわる必要がありませんよ。なので、自分の好みのデザインの生地があればそれを準備しましょう。

手作り浴衣におすすめの布

_sayan_._さんの投稿
36993354 690439371309386 4852850334768300032 n

初めて浴衣を手作りする方はどのような布を用意したらいいのか悩んでしまう方もいますよね。ここでは自分に合った浴衣布やおすすめの布をご紹介するので、どの布を選んだらいいか悩んでいる方は参考にしてください。

akane_0707_さんの投稿
36828785 204625340213753 701249373526294528 n

まず、浴衣布はその人の体型に合わせて選ぶことができます。小柄だけど背を高く見せたい方は浴衣と帯の色をわせることでまとまり感があり、背を高く見せることができます。逆に背が高めの女性は大柄のデザインが似合うのでおすすめです。それぞれ自分の身長に合わせたデザインの布を選ぶことで見た目の印象を変えることができますよ。

tokyohyonyさんの投稿
42002655 253291288719858 5322896610819047424 n

また、布の色によって印象が変わるのでなりたいイメージに合わせて生地の色を選ぶことができます。例えば、清楚系に仕上げたいのであれば白色がおすすめですし、落ち着いた雰囲気にしたいのであれ紺色がおすすめです。女性らしい可愛いイメージならピンク系もいですね。涼しげな印象にしたいならブルー系がおすすめですよ。このように、選ぶ布の色によっても見た目の印象が変わってきますよ!

浴衣の作り方<手縫い>

浴衣の作り方手縫いですが、手塗りはミシンでは出せない手作り感が出るのが特徴です。ミシンは一定の速さで縫うので布に負担をかけていることにもなります。その点手縫いは丁寧に縫うことができるので布をいためることなく仕立てることができますよ。また、自分の手でひと針ひと針縫うことで浴衣を大切に着ようという気持ちにもなり、浴衣を大切に扱うこともできるでしょう。

手縫いが上手になる作り方とポイント

浴衣の手縫いを仕上げるための上手な作り方とポイントは、並縫いをするときは針を動かすのではなく布の方を動かすことできれいな縫い目に仕上げることができますよ。布の方を動かすってどうやるの?と思う方は、手に持つ針の位置は固定したままにし、もう片方の手で生地を上下に動かすようにすれば布側を動かして縫うことができますよ。

satomigramさんの投稿
37119198 2104751886518660 3856973918497669120 n

浴衣作りのほとんどが縫うことなので、難しく感じる必要もありませんよ。布を切ったり縫い合わせたりを繰り返して行くうちにだんだんに浴衣の形に仕上がります。初めは気が遠くなるような作業ですが、実際にやってみると案外楽しく時間を忘れて夢中になってしまうこともあります。浴衣作りがいつしか趣味になる日がくるかもしれませんね!

yukina.stさんの投稿
36966949 660148184335051 8251827980410552320 n

手縫いは誰でも簡単にできるので、ミシンなどの機械を使うのが苦手な方にもおすすめです。手縫いは手先の器用さが求められるかもしれませんが、基本的には同じことを繰り返すだけなので手縫いが苦手な方でも無理なくできる作り方でもありますよ。

浴衣の作り方<ミシンで簡単に>

tkemkooooさんの投稿
36974220 475712512892464 5529998202960347136 n

裁縫は苦手な方にはミシンを使った作り方・縫い方がおすすめです。ミシンを使えば手縫いよりも早くに仕上げることができるので、浴衣を家族全員分を作るという方にもおすすめの作り方ですね。ミシンを使うと生地がいたんでしまうのでは?と気になる方もいるかもしれませんが、浴衣はワンシーズンしか着ることがないので、今年だけ!と考えている方にもミシンで作るのは簡単な作り方・縫い方なのでおすすめですね。
 

tukiooさんの投稿
37169496 285640505538312 2297154067035586560 n

ミシンを使うとはいえ、手作りには変わりありません!手縫いと同じように浴衣への愛着も沸くことでしょう。また、浴衣が途中でほつれてしまってもミシンを使えば簡単に直すことができることから手直しも楽にできる作り方でもあります。

meg_pangさんの投稿
37374656 205989066752854 7960881617264705536 n

また、カップルの方は自分のだけでなく彼の浴衣も手作りすることでペアルックが楽しめますよ。女性用と男性用の浴衣の作り方には少し違いがあるので初心者の方にはハードルが高いかもしれませんが、女性用の浴衣を作ることができれば基礎ができているので男性用の浴衣の作り方も簡単です。

mkn_phさんの投稿
37518951 515188992246205 7704228755501219840 n

ミシンを使えば2人分も以外とあっという間に作ることができるのでおすすめです。また、好みの刺繍などもミシンがあればできるので、手縫いに劣らない手作り感を楽しむこともできます。オリジナル浴衣を作成したり、名前やメッセージなどを刺繍してもいいかも知れませんね!

浴衣の作り方<女性用>

浴衣には、男性用、女性用、子供用の3種類に分けて作ることができます。逆をいえば女性用と男性用は作りが違うのでサイトなどを参考にするときはどちら向けの作り方なのかをしっかり確認する必要がありますよ。

女性用浴衣の縫い方と特徴

女性用の浴衣を広げて見てみると、左右が対象になっていることが分かります。浴衣は和装になるので和装の基本的な作り方を参考にすると分かりやすいですよ。そこで知っておきたい浴衣の部位には、襟、袖、身頃、おくみがあります。女性用の浴衣が簡単に作れるその秘密には、普通の洋服のような凹凸がなくひたすら縫うだけで浴衣が完成することです。

yuua52さんの投稿
37573760 257556338184064 5936681028356669440 n

浴衣は薄手で平らな着物なので、変に生地の厚みをつける必要もありません。その点から浴衣は洋服よりも手軽に手縫いができるので作ることができますよ。

女性用浴衣の縫い方のポイント

kimono_kyokomachi_さんの投稿
37194580 202423483772277 4546353299497943040 n

女性用浴衣の縫い方のポイントですが、まず浴衣の型を取ります。浴衣の型はネットなどでもダウンロードして使うこともできますし、本などに付録でついていることもありますね。浴衣の生地に合わせて肩を取りハサミでカットしていきます。浴衣は、その人の身長に合わせて作る必要がないのである程度は目分量で作ることもできますよ。

takamatchoさんの投稿
37012046 279500292813958 2674798493989601280 n

ミシンと手縫いどちらを使用してもOKなので自分の得意な方、やりやすい縫い方で浴衣を作りましょう。女性用の浴衣で選ぶデザインとしては花柄が一番人気でおすすめです。浴衣作り初心者の方はミシン目や縫い目が目立たない紺色などの生地がおすすめですよ。白い生地はミシン目の色も目立つことがあるので、初心者の方には少しハードルが高いかもしれませんね。

浴衣の作り方<男性用>

studionadeshikoさんの投稿
19931638 1710480392581635 2082859955156680704 n

では、男性用の浴衣の作り方はどのようにしたらいのでしょうか?男性が夏の祭りに着るものといえば、甚平が多いかもしれませんが、ここはあえて浴衣にすることで品のある男性に見せえることができます。しかも、浴衣を手作りすればお揃いの浴衣を着ることができるので、普段では大検できない事でもありますよね。ここでは男性用の浴衣の縫い方・作り方などを見ていきましょう。

男性用浴衣の作り方と特徴

satokokomodaさんの投稿
33546027 415539488919793 303971530075799552 n

男性用浴衣は、女性の浴衣に袖の部分にある身「八つ口」という切れ目がないのが特徴です。見ごろ部分に縫ってしまいます。また女性の浴衣にはない「打揚げ」という部分にも特徴があります。男性用の浴衣は、衿の形が、女性用のバチ衿との違いがあります。男性の着物は単純な構造になっているので、女性用の浴衣を作ることができれば縫い方も作り方も簡単で作ることができますよ。

男性用浴衣の作り方と縫い方

kimono_kyokomachi_さんの投稿
31975776 171851170179242 6988017227744149504 n

男性用の浴衣の作り方と縫い方ですが、まずは生地に型を取ります。チャコペンを使って印をつけますが、気になるようであればしつけ糸にすることできれいな状態で仕上げることができます。男性用浴衣は切り込みを入れるところもないので、本当にひたすら縫うだけで完成するので縫い方も簡単ですよ。

浴衣の作り方<子供用>

子供用の浴衣の縫い方・作り方はどうでしょうか?女性用と男性用の浴衣作りが簡単なように、子供用の浴衣の作り方も簡単に仕上げることができます。子供はすぐに大きくなってしまうので、新しく浴衣を買っても次の年には着られないということもよくある話です。毎年新しい浴衣を買うのでは大変ですし、浴衣だけでが増えてしまいますよね。そんな子供にこそ手作りの浴衣がおすすめです。

emi_yuaさんの投稿
36613406 448859732256622 528822263546380288 n

お子さんの浴衣を手作りできれば、成長に合わせて手直しすることもできますし、お子さんの望むようなデザインに仕上げることもできるので、規制品を買うよりも喜ばれること間違いなしですよ!小さいお子さんであれば異性関係なく同じ形の浴衣を作ればいいので異性同士の兄弟でも縫い方や作り方も簡単です。

_miho_7さんの投稿
37024297 637336123291005 6993471703066083328 n

子供の浴衣を手作りするには型紙が必須になってきます。逆をいえば型紙があれが簡単に作ることができるので、子供用の浴衣の生地に合わせて型紙も準備しましょう。

型紙はどこで手に入る?

n.maiyaさんの投稿
37209631 242262379924551 7158044236984614912 n

子供用の型紙はどこで手に入るのか?気になりますよね。普段目にする機会が少ないので型紙がどこにおいてあるのか分からない方も多いのではないでしょうか?型紙を手に入れる方法としては、自分で作るか購入する方法があります。ネットで検索すればダンロードして使えるものなどもあるようです。自分での作り方としては、お子さんの身長などを採寸することで型紙を手作りすることができます。

yoko_azさんの投稿
36781217 409779812866740 3481886891165351936 n

型紙を購入するのであれば、デパートなどにある着物屋さんに行けば購入することができますよ。また、浴衣を扱っているお店になら型紙が置いてある可能性もあります。ネット通販などでも手軽に購入することができるので、ぜひ探してみてください!

子供用浴衣生地のおすすめ

kimonohakuさんの投稿
36928520 1824254050987195 1125182514160205824 n

子供用の浴衣にするならどのような生地を選んだらいいのか迷いますよね。子供の肌はまだまだデリケートなので、肌に優しい素材の布がおすすめですよ。子供用の浴衣でよく選ばれている生地にはリップル生地やサッカー生地の2種類があります。リップル生地は、生地の表面に凹凸があるのが特徴で、通気性もすぐれているので汗をかきやすい子供向けの生地ともいえます。

misugido_ryokan_no_yukataさんの投稿
37057917 257579681721322 7098970032729751552 n

サッカー生地は、リップル生地と比べると表面の凹凸の幅が細かいので着心地がいいのが特徴です。サッカー生地には、綿100%のものとポリエステルが含まれている生地の2種類ありますが、デリケートな子供の肌には綿素材の布を選んであげましょう。

浴衣に合わせる(かご)バッグの作り方

浴衣といえばもうひとつ合わせて準備したいものがありますよね。それがバッグです。浴衣を着るとなると普段使っているカバンやバッグでは季節感がなくなり、せっかくの浴衣も台無しになってしまいます。浴衣を着るなら浴衣に合ったバッグを持つことで風情が生まれますよ。そんな浴衣に合わせるバッグですが実は、簡単に手作りすることができます。ここでは、浴衣に合わせて持ちたいバッグの作り方と縫い方を見ていきましょう!

準備するもの

zakkaviviさんの投稿
35320685 233781417411453 7096317516762316800 n

まず、準備するものですが、浴衣に合わせて持つバッグといえば巾着袋ですよね。巾着袋に使える素材は手ぬぐいです。手緩いをベースに紐を通したいでの好みのデザインの手ぬぐいと手ぬぐいに合う色の紐を準備しましょう。

作り方

isyplussさんの投稿
37756597 157112648428773 6924301624131190784 n

巾着袋の作り方ですが、浴衣のようにこれといった作り方の決まりはないので自分なりに手作りをしてもいいですね。手ぬぐいを正方形状に置き、その形から巾着になるように包んで、いらない部分をハサミでカットしながら作るのもおすすめです。正方形の4枚の角を合わせて手縫いをしてもいいですね。紐を通す部分も作り縫い合わせるだけで作り方も簡単に巾着袋を作ることができます。

ninohiro1709さんの投稿
13745227 275658079480683 747395785 n

また、巾着袋の中にカゴを入れた応用した作り方もあります。カゴを巾着の中に入れることで見た目も可愛らしいバッグに仕上がるのでおすすめです。他にも、小物などを巾着に取り付けるとおしゃれなバッグにも変身します。色々とアレンジを加えることでちょっとしたおしゃれを楽しむことができるメリットもありますよ。また、市販の巾着袋はサイズが小さいため、荷物の容量に限りがありますが、手作りにすることで入れたい小物を考えながら作ることができるのも魅力です。

100均の材料でも作れる

fabricholic_hakataさんの投稿
36149103 410721266113438 2597741085572726784 n

浴衣に合わせて持つバッグは、100均で購入できる材料でも簡単に作ることができます。最近の100均の商品のクオリティも上がっているので、代用でいるアイテムがたくさんありますよ。手ぬぐいや巾着袋に通す紐なども100均で揃えることができます。カゴを使った巾着も、100均で購入できるので材料費をぐんと抑えることができます。他にも裁縫セットなども100均でほとんど揃えることができるので、100均は手作りの強い味方になりそうですよ。

Thumb浴衣に合うかごバッグまとめ!100均をアレンジする作り方も紹介! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

今年の夏は手作りの浴衣を着よう!

chinatsu___________さんの投稿
37371836 632548057118202 8238862165633662976 n

手作り浴衣の方法いかがでしたか?思ったよりも簡単に手作りすることができるので、これなら初心者の方でもトライしやすいのではないでしょうか?中には100均で材料を揃えることもできるのでかなりコストを抑えることができますよ。また、手作りができれば毎年浴衣に少しずつアレンジを自分で加えることで飽きずに同じ浴衣を長く着れるメリットなどもあります。皆さんもこの記事を参考に簡単手作り浴衣で夏のお祭りを楽しんではいかがですか?

関連するまとめ

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ