トリートメントの使い方!効果が出る頻度を知ってツヤ髪キープ!

美しい髪は女性にとって憧れです。美しい髪をキープするためにはトリートメントが欠かせません。トリートメントは正しい使い方と頻度が重要です。そこで今回はトリートメントの使い方や効果が出る頻度をお教えします。トリートメントで綺麗なツヤ髪を目指しましょう!

目次

  1. トリートメントの効果的な使い方を覚えよう!
  2. トリートメントとコンディショナーって違うの?
  3. トリートメントの頻度はどれくらいがベスト?
  4. 効果的なトリートメントの使い方①しっかりと水気をとる!
  5. 効果的なトリートメントの使い方②毛先からつける
  6. 効果的なトリートメントの使い方③コームでなじませる
  7. 効果的なトリートメントの使い方④十分に洗い流す
  8. トリートメント→コンディショナーの順番で!
  9. 寝る前までには完全に乾かす!
  10. 効果的にトリートメントを使ってツヤ髪をキープ!

トリートメントの効果的な使い方を覚えよう!

みなさん、髪のお手入れはきちんと行なっていますか?美しい髪を目指しているのなら、トリートメントでの髪のお手入れは欠かせません。パーマやカラーで傷んでしまった髪はもちろん、見た目に傷みが見えなくても、髪は日々様々な要因によってダメージが蓄積されているのです。トリートメントをせずに放っておくと、髪の傷みがどんどん進行して大変なことになってしまいます。

トリートメントは髪の内部に浸透してダメージを補修してくれます。適度な頻度で正しくトリートメントを使えば、健康的で美しいツヤ髪をキープすることができるのです。トリートメントは使っているけど、いまいち効果が実感できないという方は、もしかしたら使い方や頻度、タイミングに問題があるのかもしれません。

そこで今回は、トリートメントの効果的な使い方や頻度、使うタイミングについて説明します。正しい使い方をすれば、美しい髪を手に入れることができますよ!トリートメントの効果的な使い方を覚えて、美しいツヤ髪を目指しましょう!

Thumbトリートメントでおすすめ市販品21選!口コミ評価で人気を紹介![ジェリー]

トリートメントとコンディショナーって違うの?

トリートメントとコンディショナーの違いがいまいちわからないという方も多いようです。トリートメントとコンディショナーは似ているようで、実は役割が全く異なるのです。使い方やタイミングを間違えると、美しい髪どころか、髪にダメージを与えてしまうことにもなりかねません。

まず、コンディショナーについて説明します。コンディショナーはよくシャンプーとセットで販売されていますよね。コンディショナーは、髪の表面をコーティングすることによって手触りをよくしたり、髪の滑りをよくしたりしてくれるという効果があります。髪の表面を膜で覆ってコーティングするため、ドライヤーで髪を乾かす時に熱から髪を守ってくれるという効果もあります。

また、リンスとコンディショナーは名前が違うだけで全く同じものです。なんだかリンスよりもコンディショナーの方が品質が良さそうだと感じてしまいがちですが、同じものなのです。次にトリートメントについて説明します。トリートメントは、髪の内部にまで浸透して髪を補修・修復してくれるという効果があります。髪の内部に浸透するだけではなく、コンディショナーと同様に髪をコーティングして、指通りをよくしてくれる効果もあります。

トリートメントの頻度はどれくらいがベスト?

それではトリートメントはどれくらいの頻度で使用するのが良いのでしょうか?実はこれは正しい頻度というものはなく、髪のダメージの進行具合や、そのトリートメントによっても使うタイミングの頻度は異なってきます。ブリーチを繰り返したかなりダメージのひどい髪であれば、毎日トリートメントした方が効果を実感できます。

トリートメントの使用頻度のタイミングの目安としては、そのトリートメントの使用方法に記載されている頻度に合わせて使用するようにしましょう。1週間に1度と書いているものもあれば、2〜3日に1度と書いているものもありますよね。1週間に1度の頻度と記載されているトリートメントを毎日使ってしまっては、髪がベタついてしまう可能性もあります。

ドラッグストアで販売されている市販のトリートメントは、サロン用のトリートメントとは成分がかなり異なります。市販のトリートメントは髪の内部まで浸透するという効果はあまりなく、髪の表面を保護するという効果の方が大きいようです。このように効果のあまりないトリートメントであれば、毎日使用しても全く問題はないでしょう。

Thumbノンシリコントリートメントおすすめランキング11選!頭皮も髪も美しく![ジェリー]

効果的なトリートメントの使い方①しっかりと水気をとる!

効果的なトリートメントの使い方①は、シャンプーの後水気をしっかりと取ることです。髪を絞って水気を切る際は優しく扱うように注意しましょう。濡れた状態の髪のキューティクルはとても剥がれやすくデリケートです。可能なら、トリートメントを使用する前にタオルドライしてしっかりと水分を取り除くとより効果を実感しやすくなりますよ。

水分が髪に残っていると、どうしてもトリートメントの成分が髪の内部に浸透しにくくなってしまいます。どんなに良い成分が入っているトリートメントでも、髪の内部に浸透させることができなかったら全くトリートメントの意味がありません。トリートメントは髪の内部に浸透し、ダメージを補修するものだからです。うるうるのツヤ髪を目指すのであれば、シャンプーのあとは、面倒でもしっかりと髪の水分は取りましょう。

効果的なトリートメントの使い方②毛先からつける

効果的なトリートメントの使い方②は、必ず毛先から先につけることです。トリートメントを適量手の平に取ったら、手の平を擦りあわせるようにしてなじませてから、毛先から先にトリートメントをつけていきます。髪は毛先が最もダメージを受けている箇所になりますから、まず毛先にたっぷりをつけてからそこからトリートメントを髪全体に広げていきましょう。

トリートメントを髪につけるときは、髪と髪をあまりこすらないように気をつけましょう。濡れた髪はとてもデリケートな状態ですから、髪同士が擦れてしまうとキューティクルが剥がれてしまいダメージに繋がってしまうのです。これも効果的なトリートメントの使い方のポイントです。

またトリートメントは髪のみにつけるように注意し、頭皮や地肌にはつけないように気をつけましょう。トリートメントはリッチな成分でできていますから、頭皮について残ってしまうと地肌トラブルの原因になってしまいます。トリートメントの使い方を間違うとトラブルに繋がるということを覚えておきましょう。

効果的なトリートメントの使い方③コームでなじませる

効果的なトリートメントの使い方③は、さらにコームでしっかりと髪になじませることです。トリートメントが髪全体にいきわたったら、目の荒いコームを使って髪を梳かしましょう。目の荒いコームで髪を梳かすことによって、トリートメントが髪に均一になじみます。もつれたり絡まったりしている箇所があれば、指で優しくほどいてからコームで梳かしてくださいね。

コームで髪を梳かし終えたら、約5分ほど放置します。このトリートメントの放置時間は、トリートメントの裏面に記載の放置時間を参考にしてください。放置時間に髪を蒸しタオルで巻いたり、シャワーキャップをかぶったりするとより髪の内部にトリートメントの栄養成分が浸透しやすくなりますのでおすすめです。髪に浸透しやすくなるように工夫するのは効果的なトリートメントの使い方のポイントですね。

効果的なトリートメントの使い方④十分に洗い流す

効果的なトリートメントの使い方④は、十分にしっかりと洗い流すことです。髪をシャワーで洗い流したら触ってみて、ぬるつき感がなくなるまでしっかりと洗い流します。このトリートメントの洗い流しが十分にできていないと、頭皮にトリートメントが残ってしまい、かゆみやフケなどの頭皮のトラブルを招いてしまいます。これはトリートメントの正しい使い方の重要なポイントです。

できればトリートメントを洗い流した後に、ボディを洗う方が良いでしょう。洗い流したトリートメントがボディに残ると皮膚トラブルの原因にもなっていしまいます。トリートメントを洗い流した後に、ボディソープでしっかりとカラダを洗えば、トリートメントやシャンプーがボディに残る心配はありません。

トリートメント→コンディショナーの順番で!

トリートメントの使い方の注意点①

トリートメントの使い方の注意点①は、トリートメントとコンディショナーを使う順番です。トリートメントとコンディショナーを両方使う場合は、必ずトリートメントの後にコンディショナーを使用する使い方にしてください。コンディショナーは髪の表面をコーティングし、髪の滑りをよくする目的の為に使いますから、トリートメントの前に使ってしまうと、トリートメントの成分が髪の内部に浸透しません!

髪の内部に浸透しないと正しい使い方になりませんしトリートメントの意味は全くありませんし、効果も実感できません。このトリートメントとコンディショナーを使うタイミングは絶対に間違いのないようにしてくださいね。トリートメントで髪の内部のダメージを修復し、コンディショナーで髪の表面をコートすればより指通りの良いきれいなツヤ髪に仕上がるのでおすすめですよ。トリートメントの使い方と順番はしっかり覚えましょう。

寝る前までには完全に乾かす!

トリートメントの使い方の注意点②

トリートメントの使い方の注意点②は、髪を完全に乾かすことです。正しい頻度のタイミングで美容成分がたっぷり配合されたトリートメントを使用しても、ドライヤーの使い方や乾かさずに寝てしまうと髪のダメージに繋がってしまいます!トリートメント後はしっかりとタオルドライをして髪の水気を切ります。その後ドライヤーを使って完全に髪を乾かしましょう。

ドライヤーの熱はご存知のように髪にダメージを与えてしまいます。ドライヤーで髪を乾かすときは、必ず20センチくらい離してから使用するようにしてください。ドライヤーの正しい使い方はツヤ髪にとても大切なポイントです。また髪が濡れたままの状態ですと雑菌が繁殖しやすくなってしまい、頭皮の臭いやトラブルの原因になります。寝る前までには必ず髪の毛をしっかりと乾かすようにしましょうね。

効果的にトリートメントを使ってツヤ髪をキープ!

美しい髪を育てる為には欠かせないトリートメントの効果的な使い方や使用頻度のタイミングについてご説明しました。せっかく髪の為にトリートメントを使用するのですから、効果的な使い方をして効果を最大限に感じたいですよね。

今回ご紹介したトリートメントの使い方や使用頻度のタイミングを参考にしてトリートメントを使って、美しいツヤ髪をキープしましょうね!

関連するまとめ

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ