プレゼントの包み方・簡単な方法は?包装紙の選び方やラッピングのコツ伝授

プレゼントは多くの場面で贈られます。その際、中身もですが見た目の外装も非常に重要となります。しかし複雑な包み方を身につける事は手間も苦労も伴います。そのため簡単かつおしゃれなプレゼントの包み方を身に着けることがおすすめです。

目次

  1. なぜプレゼントにラッピング?
  2. プレゼントの包み方の特徴
  3. プレゼントの包み方のテクニック
  4. ラッピングに使う包装紙
  5. プレゼントの包み方のコツ
  6. 相手に合わせたプレゼントの包み方
  7. プレゼントのラッピングの結び方
  8. プレゼントの包み方で大切なこと
  9. プレゼントをおしゃれに包んで贈ろう

なぜプレゼントにラッピング?

プレゼントは誕生日や記念日、サプライズなどいろんな場面で送ることが多いです。プレゼントに何を送るかやどのように渡すかなどはとても重要です。しかしそれと同じくらいプレゼントをどのように包むかも重要となります。包み方次第で受け取ったときの見映えにも影響してしまいます。

しかし難しすぎる包み方は失敗する可能性もあります。包み方についても方法やポイントは様々にあり、それさえ理解しておけば簡単でおしゃれに仕上げることも十分に可能です。そのため簡単でおしゃれな包み方をマスターしておくことがおすすめと言えます。

プレゼントの包み方の特徴

プレゼントの簡単な包み方を理解するにあたり、その特徴を知っておく必要があります。特徴としてはコンパクトにするか・あえてボリュームを出すかです。コンパクトにする包み方はスッキリとした印象を与えつつ受けとる側の持ち運びやすさも得られます。またボリュームを出す包み方はより強いインパクトを与えることも可能です。
 

どちらもオススメの包み方であり、相手に与えたい印象に応じて選択すれば問題ありません。またそこにアレンジを加えることでおしゃれさを引き出すことも出来ます。また大きさによって選ぶこともポイントです。包み方を選ぶ際には与えたいインパクトとプレゼントの大きさを考慮して選択することが大切と言えます。
 

プレゼントの包み方のテクニック

プレゼントの包み方において、コツを知ってておくことでより簡単にラッピングすることができます。コツとしては包装紙の折れ目をいかにうまく生かすかです。ただ包装紙で包むだけなら誰にでもできますが、おしゃれな仕上がりにはなりにくいです。そのため斜めにシワや折れ目が入るようにラッピングします。

ラッピングは基本的にはプレゼントに対して結び目が頂上部にくるように包むことが多いです。そのため斜めのシワや折れ目を入れることで底から頂上部の結び目に向けておしゃれな螺旋状に包むことが出来ます。

ラッピングに使う包装紙


プレゼントをラッピングして包むにあたり、そのコツをつかんでおくことも大切です。そしてどの包装紙を選ぶかもとても重要となります。それ次第でラッピングのクオリティにも影響が出てしまいます。そのため選ぶにあたり包み方に合わせて包装紙の材質を選ぶことがポイントです。

またプレゼントをラッピングする上でただおしゃれに包めばよいわけではありません。プレゼントの大きさや形に合わせたラッピングを行わないと全体のバランスが崩れてしまい、見た目の良さは半減してしまいます。そのため包み方についても形や大きさに合わせて包装紙選び方やいくつかのパターンを押さえておく必要があります。

プレゼントの包み方のコツ

プレゼントの包み方において凝った方法で包むこともよいですが、簡単な方法でラッピングしても仕上がりが良ければ相手には好印象を与えられます。そのため簡単にラッピングするコツをしっかりと理解しておくことが大切となります。

簡単なコツとしてはどのような包み方と仕上がりにするかによって異なります。しわなく包む・あえてくしゃくしゃにしたり斜めにしわを入れるなど少しのアレンジでクオリティにも幅を持たせることも出来ます。

ふんわりとした包み方

ふんわりとした包み方をする場合、出来るだけ柔らかい包装紙がおすすめです。柔らかい包装紙で全体を包み、その端にあえてシワを加える・まっすぐにするなどアレンジを加えることで全体のインパクトに変化を持たせることも可能です。

またふんわりとした包み方では全体として柔らかい印象を与えることが出来ます。例として服やぬいぐるみのような包んだ際に形が定まりにくいようなものにおすすめです。また中身とラッピングの印象がマッチしているとより好印象を与えやすいため、おすすめと言えます。

すっきりとした包み方

スッキリとした包み方をする場合、やや固めの包装紙がおすすめです。あらかじめ折り目をつけておき、それに合わせて包んでいきます。あえて必要のない場所に折れ目をいれる・しわを作ることでスッキリさせつつも包装紙のシワの走りで遊ぶことも可能です。
 

すっきりとした包み方では全体としてシャープ・大人な印象を与えることが出来ます。例として箱にはいってあるような形が定まっているプレゼントがおすすめです。もし元々箱に入っていないプレゼントでも箱を新たに準備しておくことですっきりとした包み方にすることは十分に可能です。

ボリューミーな包み方

ラッピングの際にボリュームを出したい場合は、柔らかい包装紙を複数使うことです。包装紙を重ねることで紙の厚さを作りボリュームアップを図ることができます。また内側と外側で折れ目やシワに変化を持たせるとよりおしゃれな包み方になります。枚数については増えすぎるとバランスを保ちにくくなるため数枚程度までがおすすめです。

斜めにしわを入れる包み方

ラッピングするうえでしわは不要と感じる方も多いです。しかし斜めのしわを入れることはプレゼントの形通りにラッピングした際のアレンジポイントとして有効です。斜めにしわを入れる際はラッピングした際にすき間やずれが生じないように包みやすく形の定まったプレゼントに適しています。

斜めのしわを入れる際、あらかじめプレゼントの形に合わせており目で型取りをしておきます。そして型取り通りに包んだ際に臨む位置に斜めのしわが入るように計算して折っておくことで失敗せずに包むことが出来ます。また均等に入れることで斜めのしわのまとまりを作ることも出来ます。

相手に合わせたプレゼントの包み方

プレゼントはラッピングされた状態で渡されることが多いです。初めにラッピングの状態を見ることになります。しかしそのラッピングが相手の好みでないと喜びも半減してしまいます。ラッピングについてはそのコツを掴んでいるかや包装紙のチョイス次第でバリエーションも豊かです。

また相手の特徴に合わせて包み方を選択することもポイントです。大人びた人に可愛らしいラッピング・かわいらしい人にスタイリッシュなラッピングのようにミスマッチした包み方をしてしまうと、相手の好みと合わない可能性もあります。相手の好みがわからないという際にはその人の特徴に合わせて選択することがおすすめです。

プレゼントのラッピングの結び方

プレゼントをラッピングするうえで包み方や包装紙・アレンジなどは非常に重要です。それに加えてラッピングに使う紐もポイントとされています。紐がラッピングと合っていないとおしゃれなラッピングでもアンバランスな仕上がりになってしまいます。

紐の特徴として可愛らしいラッピングにはリボン・落ち着いたラッピングには細い紐のように包み方に合わせてチョイスすることが大切です。また他にもゴムやピンなどで固定することもおすすめです。

プレゼントの包み方で大切なこと

プレゼントの包み方において大切なこととして、プレゼントとラッピングのバランスがあっているかどうかです。包装紙・包み方・結び方・大きさ・受け取る人との相性など考える点は多くあります。しかし簡単な包み方のコツさえ押さえておくことでその多くをカバーすることが出来ます。

ラッピングのアレンジに応じてプレゼントの印象を変えることも十分可能です。考慮すべき点をすべて対応するのではなく、簡単なコツを理解しておき、ラッピングすることで負担なくおしゃれに仕上げることが可能となります。

プレゼントをおしゃれに包んで贈ろう

プレゼントは中身だけではなく、外見も大切です。どちらも揃うことで受け取り手にとってより喜ばれるプレゼントとなります。しかしプレゼントの中身と同じほどにラッピングに頭を抱える方も多いです。そのため時にプレゼントを贈ることが負担になるという方も多いです。

しかしおしゃれは必ず手間を必要とはせず、コツをつかんで簡単に仕上げることも可能です。そのためコツを掴んで喜ばれるプレゼントを贈りましょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ