氷を食べる癖がある?無理なダイエットで起こる貧血や氷食症とは?

「氷を食べると止まらない」と悩んでいる方は「氷食症」の可能性があります。氷食症とは、氷を食べると止まらなくなるという病気で、内蔵などを冷やすことにも繋がってしまいます。今回は氷食症の症状や原因、予防法、氷食症以外の異食症について紹介していきます

目次

  1. 氷を食べる癖がある?氷食症とは?
  2. 氷を食べる癖【氷食症は太る原因になる?】
  3. 氷を食べる癖【氷食症の原因とは?病気?】
  4. 氷を食べる癖【治療&予防法とは?】
  5. 氷を食べる癖【女性に多い氷食症】
  6. 氷を食べる癖【異食症とは?】
  7. 氷を食べる癖・氷食症を治療しよう!

氷を食べる癖がある?氷食症とは?

氷食症とは?

guu_2100さんの投稿
36803551 228750874411598 6325474193978687488 n

「氷食症」という言葉を聞いたことはありますか?氷食症とはその名の通り、氷を食べだすと止まらなくなるという病気で、異食症の一種です。氷食症になると、体の表面のみならず内蔵などを冷やすことにも繋がってしまいます。今回は氷食症の症状や原因、予防法、氷食症以外の異食症についても紹介していきます。

氷食症かチェックしてみよう

t____n0311さんの投稿
18443956 646633525530575 3372531934272946176 n

まずは自分が氷食症かどうかセルフチェックをしてみましょう。10個のチェック項目の中でいくつ当てはまるか数えてください。①1日に製氷皿1皿以上の氷(氷20個-30個)を食べる。②体の冷えを感じても、氷を食べるのをやめられない。③口の中がずっと渇いている。(ドライマウス)④めまいを感じ、顔色がすぐれない。⑤休養しても疲れが完全にとれない。

beauty_spaae_plus8さんの投稿
16110812 567410056780901 533848371715112960 n

⑥胃腸が冷えて不調になることが良くある。⑦硬い氷を噛み続け、あごに痛みを感じる。⑧持久力が低下した。(疲れやすい)⑨無くなると不安に思いわざわざ買いに行く。⑩冬や寒い時期でも氷を大量に食べる。以上10項目の中で、1つでも当てはまったら氷食症、もしくは氷食症になる恐れがあります。

氷食症の目安

上記のチェックリストの中でも、①の「1日に製氷皿に1皿以上(20~30個以上)の氷を食べる」に当てはまる場合はすでに氷食症といえるでしょう。氷食症になると、無性に氷が食べたくなり、氷を食べることが癖になってしまいます。また、常にのどが渇いている状態になります。

氷を食べる癖【氷食症は太る原因になる?】

氷食症の弊害はある?

mery_spotさんの投稿
39320114 2182908145300288 2972334599687897088 n

氷をたくさん食べるというだけで「氷食症」という病名までつけてしまって大げさだなと感じた方も多いのではないでしょうか?しかし、氷食症は体に様々な悪影響を与える立派な病気です。こちらでは氷食症によって現れる身体への弊害を紹介します。

氷を食べる事による弊害①貧血

naioerさんの投稿
39238050 283906439093821 1299514996186677248 n

氷食症の1つ目の弊害は「貧血」です。氷食症は鉄分の不足が原因で引き起こる病気とも言われているので、非常に貧血になりやすい体質になってしまいます。貧血が悪化すると、頭痛、めまい、動機なども併発し、最悪の場合には栄養の偏りによって倒れてしまう事もあります。

氷を食べる事による弊害②体重の増加

picozn_pakiranokiさんの投稿
39284290 920488634803188 417666272247939072 n

もちろん氷の成分は水なので、氷を食べることで体重が増えるわけではありません。しかし、氷をたくさん食べることで身体全体が冷やされてしまい、胃腸の機能が低下します。その結果として代謝機能が体重増加に繋がってしまいます。また、必要以上に水分を摂取していることにもなるのでむくみにも繋がります。

氷を食べる事による弊害③歯が欠ける

歯が描けるという弊害は、氷を食べることで骨が脆くなるという事ではなく、癖になって常に同じ歯で氷を食べることが多いので、その特定の歯が欠けやすくなるといわれています。また、歯茎を傷つけてしまう原因にもなるといわれています。ストレスが原因で氷食症になると「バリバリと何かを噛み砕きたい」という思いに駆られるため、このような弊害が起こります。

氷を食べる事による弊害④顎関節症

yukari_05さんの投稿
12071260 1039255829486424 638286335 n

氷を大量に食べることで、顎関節症になる場合もあります。顎関節症になる要因には「硬固物咀嚼」や「片側でのかみ癖」などが挙げられ、固い氷を同じ歯で噛み続けることで顎関節症になるリスクが高まります。顎関節症は命にかかわる病気ではありませんが。再発する可能性が非常に高いので、癖をつけないようにしましょう。

氷を食べる事による弊害⑤睡眠不足

mmi1203さんの投稿
38184408 2146757682209643 1354330010223116288 n

氷食症によって貧血に陥ると、脳の中の神経伝達物質も不足するため、落ち込んだり、イライラしたり、気分の優れない状態が続きます。また、眠りが浅く熟眠感を得らない為一日中ボーっとしたり、頭痛のリスクが高まったりして、仕事の効率がダウンしてしまいます。

氷を食べる事による弊害⑥美容面の低下

iamgorgeous_rosyさんの投稿
37152671 2122566804729404 8998283993556189184 n

貧血が続いて体内に充分な鉄分を確保できないと、酸素はもちろんのこと、酵素も不足してしまいます。そうなると、肌や髪、爪など、美容面のコンディションも大きくダウンしてしまいます。化粧ノリが悪くなり、それも更にストレスになってしまうという負のスパイラルを作ってしまいます。

氷を食べる事による弊害⑦生理不順

riko___aさんの投稿
39372982 1846905965356035 8491725487557574656 n

ヘモグロビンが少なくなり、体内の酸素が少なくなると鉄欠乏性貧血になると説明しました。そして、鉄欠乏性貧血になることで生理不順になるケースもあります。生理不順を起こしたことがなかったのに急に生理が止まったり、明らかに生理が遅れたりしている場合は身体が不調を訴えている可能性があります。

氷を食べる癖【氷食症の原因とは?病気?】

鉄分不足が最大の原因?

d_mogotanさんの投稿
20393622 245479589292338 3423059870868307968 n

氷食症の原因はまだはっきりと解明されていませんが、1番の要因は「鉄分不足」であると言われています。なぜ鉄分不足で氷と食べるようになるのかのメカニズムは明らかになっていませんが、鉄分不足に陥ることで口の中の温度が上がり、無意識に冷やしたくなるためだという説があります。

鉄欠乏性貧血

miekokadowakiさんの投稿
38917465 2107860339533347 6291746339789209600 n

貧血が悪化すると、「鉄欠乏性貧血」という病気になってしまいます。通常の貧血は、ヘモグロビン(血液中の酸素を運ぶ役割を果たします)が不足し、体内が酸素不足に陥ることで発生しますが、鉄欠乏性貧血と診断された場合は通常の貧血よりも更にヘモグロビンを構成する鉄分が不足している状態になります。鉄欠乏性貧血は通常の食事治療などでは完治できなくなります。

yoshipi2741さんの投稿
39613377 2121656684768443 1477645165605683200 n

鉄欠乏性貧血の症状は、一般的な貧血に見られる顔色が青白い、動悸どうき、息切れ、めまいなどに加えて、爪がもろくなる、舌がしみる、ものがのみ込みにくいといった特有の症状が起こることがあります。

その他の病気

m.0802_30さんの投稿
38917447 274342539845396 1992595616793886720 n

鉄欠乏性貧血の場合は十分治療が可能ですが、内臓など他に原因があって貧血を起こしている場合は気をつけなければなりません。例えば、胃がん、大腸がん、子宮がんなどは必ず出血を伴うため、長い期間体内での出血を繰り返すことで、鉄欠乏性貧血になります。

nana20140517さんの投稿
39125214 1081230385378787 7400988761435144192 n

こちらは自分の目で確認することができるので、便がいつもと違う色をしていないか?便をいきんでもいないのに出血していないか?生理の周期が短くなったり長くなったりしていないか?など、日々のセルフチェックを疎かにしないようにしましょう。

氷を食べる癖はダイエットなどのストレスにも要注意

hiinsac2さんの投稿
39215288 468564750310570 8935682096729009434 n

氷食症は過度なダイエットによって引き起こされる場合もあります。食事のバランスを考えずに食べることを止めてしまうダイエットは、身体の栄養バランスを崩します。特に女性は鉄分不足になりやすいので、過度なダイエットによって貧血症状を起こし、それが氷食症に繋がります。

momo.kagayakeさんの投稿
39368695 269238333687510 2316935655608811520 n

もう1つ考えられる原因は、ストレスです。精神的に負担を感じると、自律神経の器官がうまく働かず、体温調節ができなくなる事があります。ストレスによる精神疾患で氷を食べることが快感となってしまったり、味覚障害が起こり氷を美味しいと感じることもあります。

氷を食べることで痩せる?熱量ダイエット

以前あるテレビ番組で「熱量ダイエット」を紹介していたことをご存知ですか?「熱量ダイエット」とは、アメリカの科学者が提案した「氷を食べることで痩せる」ダイエットです。中にはこの熱量ダイエットで、間違った解釈をして氷を食べすぎてしまった人もいます。

tomiko523さんの投稿
39962868 241654563189546 4589092334376845312 n

熱量ダイエットは、ただ単に氷を大量に食べることで痩せるわけではありません。研究によると、氷を大量に食べるときに、私たちの体は氷を溶かすためにエネルギーを消費します。そのエネルギーでカロリーを消費できるという仕組みです。

a_mpanさんの投稿
38809040 234825123882688 7339502619510964224 n

効果的に熱量ダイエットをする為には、いくつか決まりがあります。1つ目は、1日に氷1Lを超えないことです。2つ目は、歯で噛み砕かずに氷を口の中で溶かすことです。これらを守って氷食症にならないように熱量ダイエットを行いましょう。

氷を食べる癖【治療&予防法とは?】

氷食症の治療&予防法①医師の診断を受けよう

abesyounikaさんの投稿
39119201 679349242435527 1938840454657212416 n

氷食症チェックで引っかかった場合は、病院に行って診察してもらうことをおすすめします。診察してもらうことで氷食症の原因が鉄分不足によるものなのか、ストレスによるものなのかが判明します。また、ストレスが原因の場合は心療内科を受診することをおすすめします。

氷食症の治療&予防法②食事内容を見直そう

trsyucaさんの投稿
24327517 1620946264636043 2605687569639276544 n

鉄分不足が要因だった場合、バランスの良い食事が最も重要です。レバー、ほうれん草、小松菜などの鉄分の多い食材や、鉄の吸収を助けるビタミンCが多く含まれる食材を摂取しましょう。また、鉄は胃液が多く分泌されると吸収されやすくなるので、お酢などを使った酸味のある食事を摂取することも効果的です。

氷食症の治療&予防法③サプリメントで鉄分を補給しよう

オリヒロ MOSTチュアブル 鉄分 180粒【3990円以上送料無料】
1,059円
楽天で詳細を見る

鉄は葉酸と一緒に摂取する方がよいので、どちらも摂取できるサプリメントがおすすめです。こちらのオリヒロのサプリメントは味もおいしいので続けやすく、妊婦さんで愛用している人も多いです。食事だけでは鉄分接種が追い付かないという人はサプリメントを始めるのも良いです。サプリメントを始めたら、貧血症状がしっかり改善されるまで続けましょう。

氷食症の治療&予防法④鉄剤の服用

0715mikiさんの投稿
38750458 242373573132388 7664803962201047040 n

病院で鉄欠乏性貧血と診断された場合、サプリメントや食品のみでは十分な鉄分を摂取することは難しいため、鉄剤を服用することになります。こちらは医師の判断で適量を渡されるでしょう。

服用開始後、6-8週間で貧血は改善しますが、体内の鉄の蓄えが正常化する3-6か月間の服用が必要だと考えられています。しかし鉄剤には副作用が伴い、特に吐き気を催すことがあります。起きた場合には、食事の直後に服用したり、胃薬を併用したりします。また、内服困難な場合には、注射薬で治療する事も可能です。

鉄剤治療の効果

鉄剤の服用によって、異食症はどのくらいで改善されるのでしょうか?小児保健研究の「鉄欠乏と異食症の関係」によると、鉄剤服用による治療を開始すると異食していた26名の児童のうち5名が1か月以内に異食症状が消失し、その他の児童も2か月以内に3名、3か月以内に6名の異食症状が消失したという結果が出ています。

Thumb食生活の改善方法まとめ!ダイエットや健康にメリットあり! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

氷を食べる癖【女性に多い氷食症】

氷を食べる癖はなぜ女性・妊娠中に多い?

r__822さんの投稿
39509248 252775772039242 3993800297964109824 n

女性は生理によって血が不足してしまう事や、無理なダイエットがもたらす鉄分不足が原因となり氷食症になりやすいと言われています。また、妊娠後期はお腹の中の赤ちゃんに栄養や酸素を送るためにたくさんの血液が必要になることや、つわりによって十分な食事を摂取できないことから鉄分不足に陥り、氷食症に陥りやすくなります。

強迫性障害が原因?

kobito_life0225さんの投稿
18444656 1882919321956909 71812282685849600 n

鉄分不足以外にも、女性は「強迫性障害」が要因で氷食症になってしまう場合もあります。強迫性障害とは、自分でも意味がないとわかっているのに特定の行為に取りつかれてやめられなくなってしまうものです。何度も家のドアを閉めたか確認するために家に戻ってしまったりする症状などは耳にしたことがあるのではないでしょうか?

chobisuke0815さんの投稿
27574221 174667473144785 4524866196591345664 n

これと同じように、「氷を食べなければいけない」という強迫性障害になってしまい、大量の氷を食べることがやめられなくなってしまうのです。この場合は精神科病院に行って医師に診断してもらいましょう。

母体への影響は?

riie0531さんの投稿
38709787 317521765484983 141881633283244032 n

氷食症を患ってしまうと貧血になっている可能性が高いので、出産時の出血により輸血が必要になったり、産後の回復が遅くなったりすることがあります。また、産後も氷食症が続いてしまうと、体を冷やしてしまうため血流が悪くなり、母乳の出が悪くなってしまう事も判明しています。

赤ちゃんへの影響は?

baby.lover2さんの投稿
39220087 1963941780571915 5848243880750743552 n

氷を食べることで発生する弊害は、母体だけはなく赤ちゃんにも影響します。母体と同様に赤ちゃんも貧血になってしまう事で、他の赤ちゃんよりも発育が遅れてしまったり、逆子になりやすくなったりします。また、出産が難産になってしまうケースも見られています。元気な赤ちゃんを産むためにも、氷食症をしっかり治していく必要がありますね。

氷を食べる癖【異食症とは?】

異食症とは?

氷を大量に食べる「氷食症」は、「異食症」の1種です。異食症とは、「栄養素が全くない」「食べても意味がない」とわかっていても食べたくて仕方がなくなってしまう、または実際に食べてしまう病気です。食品ではないものを食べてしまう異食症も存在します。

異食症で食べたくなるものとは?

shirokuma_kojiroさんの投稿
39582183 228496464487108 6825486611472449536 n

では実際に異食症で食べたくなってしまうものはどんなものなのでしょうか?今回紹介した「氷」以外に、土、毛髪や体毛、繊維、チョーク、ほこり、便を食べてしまう異食症が挙げられます。異食症はほかにも様々なものを食べてしまうケースがありますが、こちらにあげた例が多い事象となっています。

異食症にかかりやすい人とは?

delvin.96さんの投稿
39871835 257469041460703 214499570229444608 n

異食症にかかりやすいのは、子供と女性だと言われています。子供の場合は1歳半くらいに異食症の症状がみられますが、年齢とともに治っていくことが多いです。ただし、異食症は知的障害を持った子供に多いとされているので、その場合ですと大人になっても自然に治ることはほぼありません。一方女性の場合は妊娠中に発症することが多く、産後自然に治ることが多いです。

土食症

aiaipark221さんの投稿
39385077 2193329827552330 6544940120791842816 n

土食症は子どもや妊娠中の女性によく見られ、特に「知的障害」「精神障害」「味覚障害」「貧血」の病気や障害を持っている人に多く見られる病気です。女性の場合は貧血になりやすいので、妊娠中に土食症になるケースが多いです。また、亜鉛が不足すると味覚障害になり、味覚障害の人は土に含まれる亜鉛を欲して土食症になってしまう場合がみられます。

sho.oshimさんの投稿
38527126 1358564820941933 1146560129760493568 n

土食症の治療は、原因となっている元の病気の治療がマストとなります。つまり、貧血がある人は食事療法や鉄剤治療を、味覚障害の人は亜鉛を含む食事を摂取する治療が必要となります。また、土を食べることで土に含まれている病原菌を飲み込んでしまい感染症になる場合もあるので、そうなる前に速やかに治療を行いましょう。

食毛症

taat._hairさんの投稿
39887312 277778092947504 8197320662126166016 n

食毛症とは、体毛や毛髪を抜いて食べたり、毛布などの繊維を食べたりしてしまう病気です。食毛症のほとんどが女の子の子供に多く見られ、学校でのいじめや親子関係の過度なストレスが要因と言われています。また、食べた髪の毛がうまく消化できず、胃液などの作用で固まることで胃石と呼ばれる結石ができてしまう合併症も起こり得ます。

ochi_ba3さんの投稿
35544251 407394249774130 6074442538167566336 n

食毛症は結石ができる前に治療しましょう。治療法としては過度なストレスが要因になっているため、まずはストレスの原因を判明させるために児童精神科を受診することから始めましょう。医師や専門家の元でカウンセリング、認知行動療法、家族療法などの心理治療が行われ、抗うつ剤などの薬物治療も併用されることもあります。

氷を食べる癖・氷食症を治療しよう!

dai7534さんの投稿
39334381 680939142284209 7405632316866822144 n

氷を大量に食べる病気・氷食症について紹介してきました。体に毒なものではないし放っておいても大丈夫だと考えていた方は、身体に弊害が出る前に今すぐに医師の診断を受けて氷食症の要因を見つけてもらいましょう。氷食症は治療をすれば治る病気なので、自分や生まれてくる赤ちゃんのためにもしっかり治療をしていきましょう。

Thumbしそジュースの効果効能とは?美容・健康に繋がる飲むタイミングもご紹介 | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ