就活の前髪の作り方!好印象を与える長さや留め方&アレンジ方法を紹介!

人は見た目が9割といわれるほど外見の印象は重要です。特に就活において前髪は、好印象に直結する要素を秘めています。前髪の長さや留め方、作り方なども大きなポイントです。そこで、就活の前髪の作り方!好印象を与える長さや留め方&アレンジ方法を紹介します。

目次

  1. 就活前髪の作り方!好印象な長さは?
  2. 就活前髪の作り方【良いポイント】
  3. 就活前髪の作り方【NGポイント】
  4. 就活前髪の作り方【準備アイテム】
  5. 就活前髪の作り方【ななめ前髪】
  6. 就活前髪の作り方【センター分け】
  7. 就活前髪の作り方【前髪なしオールバック】
  8. 就活前髪の作り方【前髪なしポニーテール】

就活前髪の作り方!好印象な長さは?

留め方&アレンジ方法もマスターしよう!

人の顔の印象を左右するのは、やはり前髪といっても過言ではないでしょう。就活では、少しの時間でその人を判断しなくてはなりませんので、見た目の印象が9割を占めてしまうのも仕方ありません。面接で一番初めに目に付くのが顔の印象や雰囲気です。顔の印象を決める重要なパーツが前髪です。前髪の長さや留め方、作り方によって好印象を与えることができます。

s_____sayaさんの投稿
38618326 534469533675983 4366379541136932864 n

顔の印象や雰囲気の重要な役目を果たしているのが前髪です。就活において前髪の攻略は必須ということができるでしょう。前髪の長さや作り方、留め方などでも印象が変わってきます。就活で面接うけする前髪とはどのような長さや留め方、作り方なのでしょう?就活に適した前髪の長さや留め方、作り方をマスターすることはとても重要です。

そこで就活において、顔の印象や雰囲気を左右する重要なパーツである前髪の攻略法をご紹介していきます。それらをよく理解して、就活の面接の際に好印象を与える前髪の長さや留め方、作り方をマスターしましょう。自分に合った前髪の長さや留め方、作り方をマスターすることで自分にも自信が持てるようになります。また、面接で好印象を与えることができれば、就活も大きく前進することができます。

就活前髪の作り方【良いポイント】

ポイント①眉毛と額は出す

ここからは、就活でおすすめの前髪の作り方の良いポイントをご紹介します。一つ目のポイントとしては、眉毛と額は出すようにしましょう。眉毛と額を面接の際に出すということは、鉄板の原則とされています。眉毛と額を出すことで明るい印象を与えることができます。

chimbuu13さんの投稿
38909099 2031761687154590 390325292125650944 n

前髪は顔の印象を決定づけてくれる重要なパーツですので、気持ちを引き締めて取り組みたいものです。前髪の長さや留め方、作りかた次第では、元気で明るい清潔感あふれる雰囲気も演出することができます。また、前髪の分け方でも印象が変わりますのでポイントを抑えることが重要です。まずは、眉毛や額を出す鉄板の方法からチャレンジしてみましょう!

現在、ぱっつん前髪の人は就活前から前髪を伸ばすことをおすすめします。前髪の長さが間に合わなかった場合は、ヘアスプレーなどで固めて、どんな前髪でも眉毛と額を出すようにしましょう。就活の際の前髪は、眉毛と額が出るようにセットすると好ましいです。

ポイント②地味なヘアアクセサリーがおすすめ

就活の際の前髪の作り方、良いポイントとしては、地味なヘアアクセサリーを付けるというのがあります。しかし、就活の際にアクセサリーは特につける必要はありません。どうしてもアクセサリーを付けたいのであれば、黒や紺の地味なカラーのアクセサリーがおすすめです。

就活では、黒や紺などの地味なカラーのアクセサリーが好印象を与えるようです。しかし、前髪や顔周りに目立つようにアクセサリーを付けるのはNGです。ヘアゴムやヘアピンをさりげなく隠したいときに上手に活用するようにしましょう。

ポイント③くずれないセットは好印象

就活での前髪の作り方、良いポイントとしては、くずれないセットは好印象を与えることができます。面接の際に、おじぎや相づちを打つたびに前髪が崩れてしまうのは、好ましくありません。相手も自分も気になって面接どころではありません。

tomoki_illustさんの投稿
37989068 543930589360377 1190088141541736448 n

前髪の崩れがないように、髪をまとめた後は必ずヘアスプレーやヘアワックスなどでくずれないようにセットしておくようにしましょう。乱れ毛がなくきれいにまとまった前髪はとても好印象につながりますのでおすすめです。

就活の際の、前髪の作り方、良いポイントをしっかりと抑えて就活にのぞむようにしましょう。就活では、第一印象がとても重要になってきます。顔の印象や雰囲気の決め手となるのが前髪ですので、前髪で好印象を与えられれば、第一関門突破に繋がります。

就活前髪の作り方【NGポイント】

就活前髪NGポイント①ぱっつん

就活の前髪の作り方、NGポイントをご紹介します。就活の面接での好印象を狙うのであれば、前髪は重要な役割を果たしてくれるパーツなのでおろそかにすることはできません。就活での前髪の作り方のNGポイントをしっかりと抑えて、就活の好印象に繋げましょう。

mymy_004さんの投稿
38096740 439730743196986 8394437773859225600 n

就活中の前髪の作り方、NGポイントとしては、ぱっつん前髪やオン眉前髪は幼い印象を与えてしまうのでやめましょう。ベリーショートやショートヘアであれば大丈夫なのでは?就活で前髪の長さはあまり気にしないので大丈夫という意見もありますが、ここでは、少しでも気になる要素は取り除いていた方がよいでしょう。

makoto_makochanさんの投稿
37611197 272657499990513 3679780034769321984 n

就活での好印象を狙うのであれば、念のためぱっつん前髪なのであれば前髪を伸ばしておくことをおすすめします。就活の面接の際に前髪で幼い印象を与えてしまっては逆効果です。ぱっつん前髪やオン眉前髪の人は、就活に向けて対策を練りましょう。

就活前髪NGポイント②ピン丸出し

就活中の前髪のNGポイントとしては、ピンが丸出しというのがあります。しかし、前髪や後ろで結んだ髪をピンできれいにまとめてあったり、留めてあるのは好印象を与えます。

前髪やまとめ髪のピンが丸出しだったりするとたちまち印象を下げてしまいます。ピンが丸出しの場合は、ガサツな印象を与えてしまいかねないので注意が必要です。前髪をまとめたり、流したりする場合は、できるだけ少ないピンで工夫して留めるように、留め方を工夫しましょう。また、ピンを隠すようにさりげなく目立たない地味なカラーのアクセサリーを付けるのは良いでしょう。

就活前髪NGポイント③中途半端な伸ばしかけ

anna.larotondaさんの投稿
39118540 242397576478446 148032224019611648 n

就活中の前髪のNGポイントとしては、中途半端な伸ばしかけでまとめずに行くのはやめましょう。前髪に限らず髪の毛の長さが中途半端の場合は、スッキリときれいにまとめてしまうか、思い切ってショートにカットして爽やかに行くのか検討しましょう。

中途半端な伸ばしかけの前髪は、好印象を与えることが難しいです。きれいにまとめる方法をマスターして対策を練るようにしましょう。就活が始まる前から前髪の長さなどはしっかりと確認して直前で慌てないようにしましょう。

就活前髪NGポイント④しょっかくや後れ毛は出さない

就活中の前髪のNGポイントとしては、しょっかくや後れ毛は出さないようにしっかりとまとめるようにしましょう。就活では、おしゃれ感などはあまり求められていません。男性うけするしょっかくや後れ毛は、就活では好印象へ繋がりませんので要注意です。

amrita.gramさんの投稿
37403304 425338334618165 8961247541375008768 n

就活中は、どのような髪型でもおでこや耳、輪郭などはしっかりと出して誠実さを伝えるのがポイントとなっています。清潔感あふれる前髪で就活にのぞむようにしましょう。

就活前髪NGポイント⑤おじぎをしたときに乱れる髪型

maishan2525さんの投稿
38699807 534450316983636 5730602879677366272 n

就活中の前髪NGポイントとしては、おじぎをしたくらいで前髪が乱れるというのがあります。就活中は面接の時などおじぎや相づちを打つ場面はよくあります。そのたびに前髪がくずれる場合はあまり良い印象を与えないので気を付けましょう。

おじぎをするたびに前髪がくずれてこないように、前髪をしっかりと固定するか、くずれにくい長さにカットするか対策を練っておきましょう。普段からついつい前髪をいじってしまう癖のある人も、就活中は注意が必要です。前髪を触る仕草というのは意外と目立つものです。あまり良い印象を与えないことを認識しましょう。

就活前髪の作り方【準備アイテム】

準備アイテム①ヘアゴム

就活の前髪の作り方、準備アイテムをご紹介します。就活の前髪の作り方をご紹介する前に、前髪を作るには、必要な物をしっかりと初めに用意しておくことが重要です。セットしている最中の道具がないなどと慌てないようにしましょう。

髪型をスッキリとまとめるアイテムとして、ヘアゴムは必須です。髪が肩よりも長い場合は、黒か茶色のヘアゴムでシンプルに後ろでまとめると好印象を与えることができますのでおすすめです。ヘアゴムは、飾りの付いていない黒か茶色、紺などがおすすめです。

準備アイテム②くし

sa_ma_houseさんの投稿
39054413 240363063475247 7736845974097625088 n

前髪や髪型を整える準備アイテムとしては、くしがあります。髪の長い人はくしでとかしながらまとめていきますと、きれいにしっかりとまとめることができます。くしは、しっかりと用意するようにしましょう。

準備アイテム③マジックカーラーまたはヘアアイロン

store.bonneさんの投稿
38682348 685591575129143 6694486557006495744 n

髪型をきれいにセットする準備アイテムとしては、マジックカーラーやヘアアイロンがあります。前髪を軽く巻いていくことで自然な仕上がりの前髪を簡単に作ることができますのでおすすめです。前髪が長い人はマジックカーラーやヘアアイロンで巻くことでスッキリとした明るい印象の前髪を作ることが可能です。

準備アイテム④ヘアスタイリング剤

就活中に髪型をセットする際の準備アイテムとしては、ヘアスタイリング剤があります。やわらかく軽い仕上がりタイプのヘアスタイリング剤がおすすめです。こちらのヘアスタイリング剤は、自然できれいな仕上がりになりますので、就活の面接の際も好印象を与えることができるでしょう。髪のツヤ感も出してくれますので、健康的な印象も与えることができます。

就活前髪の作り方【ななめ前髪】

就活で印象の良い&適した前髪の長さ

ここからは、就活中の前髪の作り方、ななめ前髪編をご紹介します。就活で定番の人気を誇っている前髪がななめ前髪です。ななめ前髪の印象としては、優しさと生活感を与えるとして、就活女子の中では定番人気の前髪として定着しています。

女性らしい印象を与えてくれるななめ前髪は人気があります。清潔感と女性らしさを兼ね備えていますので、鉄板の万人うけする前髪となっています。前髪のセットに迷ったらななめ前髪にするといいでしょう。上記の動画ではななめ前髪の作り方をご紹介していますので、ななめ前髪を作る際の参考にしてみましょう。

only_thinksuit_officialさんの投稿
38909094 2287075208219135 5076087156967997440 n

ななめ前髪にする際の適した長さというものがあります。ななめ前髪に適した長さは、眉にかかるくらいの長さか、それよりも短い前髪の長さがおすすめです。

就活用ななめ前髪の作り方(流し方)

ここでは、女性らしく清潔感を兼ね備えている、万人うけする就活用のななめ前髪の作り方・流し方をご紹介します。ななめ前髪の作り方は、まずは、前髪を好きな割合で分けます。好印象を与える前髪の分け方としては、7:3か8:2がおすすめです。

前髪を好きな割合に分けましたら、マジックカラーやヘアアイロンを使用して前髪をゆるく巻いていきます。次に前髪をくしでとかしながら整えていきましょう。

この際に前髪で眉が隠れてしまわないように注意が必要です。就活での面接では、どのような前髪でも眉毛と額を出すのが鉄板になっています。ななめ前髪がきれいに整いましたら、ヘアスプレーなどで固定して完成です。

ななめ前髪の注意点

___pt24さんの投稿
37298999 1563724773733906 4730260659491569664 n

就活での人気のななめ前髪の注意点としては、ななめ前髪はおじぎをした際にくずれやすいのがデメリットです。すぐにくずれないようにヘアスプレーなどでしっかりと固定する必要があります。ピンでの留める方法はおすすめできません。前髪は目立つパーツですので、ピンで固定するとピンが丸見えになる可能性が高いです。ピンで留めるときは、ピンの留め方を工夫する必要があります。

しかし、ヘアスプレーで固定しすぎてテカテカになっていても格好悪いですので気を付けましょう。最近は、ナチュラルにふわふわな雰囲気でしっかりと固定してくれるタイプのヘアスプレーも登場していますのでお好みのヘアスプレーを吟味しておくことも重要です。女性らしさと清潔感を与えてくれるななめ前髪をマスターしましょう。

右分けと左分けどちらがおすすめ?

就活での前髪の作り方、ななめ前髪の場合、右分けと左分けのどちらが良いのでしょうか?右分けと左分けの印象の違いはあるのでしょうか?悩む人も多いようです。

muraiyoji0307さんの投稿
39231938 2130977950555013 4812526969885294592 n

前髪をななめ分けにしようとした場合、右分けと左分けで迷ったら自分の目の大きさで決めるといいでしょう。自分の目の大きい方で分けるとかわいい印象になります。また、目が小さい方で分けると知的な印象を演出することが出来ます。

実際に自分で右分けと左分けをやってみて顔の印象の違いを確認してみましょう。左分け、右分けとでは顔の印象の違いに驚くでしょう。印象の違いを踏まえて就活での前髪にふさわしいと思う方を選ぶようにするといいでしょう。顔の印象を大きく変える前髪のセットはとても重要になります。

就活前髪の作り方【センター分け】

印象&適した長さとは?

就活の前髪の作り方、センター分けについてご紹介します。就活の前髪をセンター分けにした場合の印象&適した長さはどのようなものがあるのでしょうか?

yum2054さんの投稿
37507998 1754129988042056 551775788546916352 n

前髪をセンター分けにすると、ななめに分けた前髪よりも誠実で優しい印象を演出することができます。特に、左右の顔が対象の人には良く似合う髪型となっています。

誠実で優しい印象を与えてくれるセンター分けの前髪は、就活にはぴったりですね。センター分けの前髪に適した長さとしては、眉毛よりも長い長さとなっています。短い前髪では、髪が飛び出しやすくなりますのでセットが大変になるでしょう。就活に合わせて眉毛よりも長めの前髪を維持するようにしましょう。

センター分けの作り方

就活で誠実で優しい印象を与えてくれるセンター分けの前髪の作り方をご紹介します。まず、マジックカーラーやヘアアイロンを使用して前髪をゆるく巻いていきます。次に、前髪を5:5の割合で分けます。半分ずつに分けたら形を整えます。

gimmie_officialさんの投稿
31076387 137679637083786 5273078945850327040 n

トップの真ん中の分け目の部分をしっかりときれいに整えたら、前髪全体をヘアスプレーで固めて完成です。ななめ前髪と同様に、おじぎした時などにくずれやすい前髪ですので、ヘアスプレーなどでしっかりと固めるようにしましょう。

センター分けの前髪をピンで留めるのはあまりおすすめできません。前髪は目立つ場所ですのでピンの留め方に気を付けないと、就活ではNGのピンが丸出しということになってしまうからです。ヘアスプレーなどで固定する方が簡単で見た目もきれいですのでおすすめです。

センター分けの注意点

ex.karen.0902さんの投稿
38688327 2121034448184777 7174345669392465920 n

センター分けの前髪の作り方の注意点をご紹介します。センター分けの前髪は誠実で優しい印象を演出することができる就活にはぴったりのヘアスタイルとなっています。しかし、おじぎをした時などに、くずれやすいのがデメリットです。

きれいにセットしたセンター分けの前髪がくずれない工夫をしましょう。センター分けをきれいに整えたら、ヘアスプレーなどでナチュラルに固定するようにしましょう。たまに前髪をピンで留める方もいますが、ピンが丸見えなのはNGです。ピンで留めるのであれば、ピンの留め方を工夫してピンが丸見えにならないようにしましょう。

就活前髪の作り方【前髪なしオールバック】

印象&適した長さとは?

就活の前髪の作り方、前髪なしのオールバックをご紹介します。前髪なしのオールバックの印象や適した長さにはどのようなものがあるでしょうか?オールバックの前髪は、華やかな印象を与えてくれます。おでこ全体を見せるヘアスタイルとなっていますので、活発で元気な印象を演出することができます。

hxkanako527さんの投稿
23101870 188134251750764 5512403895202086912 n

おでこ全体を見せるスタイルですので、やや個性的な印象も与えるようです。就活では面接官に印象を残したいと考えている人におすすめの髪型となっています。就活でどのような印象を与えたいかで前髪の形を変えるのもいいでしょう。前髪はその人の意思の表れでもあります。

オールバックの前髪の適した長さをご紹介します。オールバックの前髪の適した長さは、オールバックにしたときに前髪が落ちてこないような前髪を作っていない、前髪が長い場合がおすすめです。前髪が短いとおじぎをしたときにすぐに崩れてきてしまいます。ピンで留めたいときは、ピンの留め方も重要になってきますのでオールバックにしたいのであれば、前髪を伸ばすようにしましょう。

前髪なしオールバックの作り方

ここからは、前髪なしオールバックの作り方をご紹介します。まずは、前髪全体にヘアワックスをなじませていきます。前髪全体にヘアワックスをなじませたら、前髪を後頭部へ向かって流していきます。

前髪を後頭部に流していく際には、後れ髪などが出ないように丁寧に流していくようにします。この際うぶ毛などが出てきてしまいきれいでない時があります。そんな時は、ヘアスプレーをかけながら、コームでとかしながら固めていくときれいに整います。オールバックの場合落ちてくる前髪をピンで留めるのは避けた方がいいでしょう。

前髪の部分は目立ちますのでピンで前髪を固定するのはおすすめできません。どうしてもピンで固定したいのであれば、ピンが丸見えにならないようにピンの留め方を工夫するようにしましょう。前髪が長い時には、髪全体をまとめるときに一緒にまとめてもいいでしょう。オールバックにするときは、顔周りがきれいに整うようにヘアスプレーなどで固定することをおすすめします。

前髪なしオールバックの注意点

前髪なしのオールバックの注意点をご紹介します。前髪なしのオールバックの髪型を作る際には、その髪型が似合うのが似合わないのかを見極める必要があります。また、どのような面接にのぞむかによっても向き不向きがあります。

オールバックの前髪なしの髪型は、顔全体が見える形の髪型になっています。とても華やかに見えて、個性を活かせる髪型でもありますが、似合う似合わないでも左右される髪型なので、就活のジャンルによっては違う髪型を選んだ方がいいこともあるでしょう。

オールバックの前髪なしの髪型にする場合は、自分が似合うのかに合わないのかの見極めと、就活のジャンル的にこの髪型があっているかを見極める必要があります。どんなに素敵な髪形も場の雰囲気にあっていなければ逆にNGになりかねませんので気を付けましょう。

就活前髪の作り方【前髪なしポニーテール】

前髪なしポニーテールの作り方

ここからは、就活の前髪の作り方、前髪なしポニーテールをご紹介します。髪が長い人は、髪の毛をおろしていると暗い印象や清潔感があまり感じられません。就活の時は、一つにまとめるのがおすすめです。まとめ髪などの髪を巻くまとめ方は就活には不向きですのでおすすめできません。就活に合ったまとめ髪を研究することが重要になります。

一番印象が良いのが、低めの位置でのポニーテールでしょう。ここでは、大人の魅力もあり、清潔感も漂う前髪なしのポニーテールの作り方をご紹介します。上下ともにポニーテールの作り方をご紹介していますので参考にしてみるといいでしょう。低めの位置での前髪なしポニーテールの場合、あまり高い位置でまとめてしまうと幼い印象を与えてしまうので避けるようにしましょう。

オールバックの前髪なしポニーテールは丸顔の人には不向きとされています。一般的には、逆三角形や面長の顔に似合うとされています。自分の顔の形を確認してみることも重要です。前髪なしのポニーテールの場合、前髪がきれいに整っているかが重要です。ヘアスプレーとコームを上手に活用してスッキリと整えるのがおすすめです。後れ毛などはだらしない印象を与えますので出さないようにします。

就活の前髪の作り方をマスターしよう!

就活の前髪の作り方を様々ご紹介してきました。就活の前髪には、ななめ前髪やセンター分け前髪、オールバック前髪など実に様々な前髪があります。また、それぞれの前髪ごとに相手に与える印象もかなり違うことが分かったのではないでしょうか?前髪はその人の印象をとても良く表す重要なパーツですので侮れません。

fumi9__さんの投稿
37942891 883470491842834 928523572358414336 n

就活する女性は、前髪の重要性をよく理解していますので、就活に向けてもしっかりと準備をしているようです。出遅れないように、就活での前髪の良いポイント、NGポイントも合わせてご紹介しましたので、それらのポイントをよく理解して自分なりにアレンジを加えながら前髪を作っていくことが重要です。前髪は、長さや留め方、作り方によって好印象を与えることができます。

chikachu0927さんの投稿
39128032 2245673772329083 5119400205636075520 n

就活に適した前髪のセットの仕方や、前髪の良いポイント、NGポイント、前髪の長さや留め方、作り方をマスターして、自分に合う前髪を作れるようになりましょう。何事も練習です。就活が始まる前に前髪のチェックをして、自分はどのように表現したいのかを明確にしておくといざ就活の時にも慌てません。就活用の自分スタイルの前髪を見つけて、ビシッと決めて就活にのぞみましょう!

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ