就活を失敗したら?する人の特徴は?失敗談から知る逆転のコツとは?

就活を失敗したらどうしようと悩む方も多いようです。本来、就活は自分の将来を考えることができるポジティブなものです。失敗してもそこから学べば失敗ではなくなります。そこで、就活を失敗したら?する人の特徴は?失敗談から知る逆転のコツなどをご紹介します。

目次

  1. 就活における失敗とは?末路は?
  2. 就活に失敗したら?【原因&失敗談】
  3. 就活に失敗したら?【失敗する人の特徴】
  4. 就活に失敗したら?【逆転する方法】
  5. 就活に失敗したら?【働く現場を意識した就活が大切】
  6. 就活に失敗したら?【人生の終わりではない理由】
  7. 就活に失敗したら?【自分を見つめ直すことも大切】
  8. 就活に失敗してもそこから学ぼう!

就活における失敗とは?末路は?

就活が失敗であるか否かは入社した後に分かる!

就活をする前から、就活を失敗したらどうしよう?と考える人は多いようです。その気持ちはわかりますが、そもそも就活における失敗とはどのようなものを言うのでしょうか?分かりやすいのは、就活を一生懸命しているのに内定が一つももらえないというのは、一つの就活が失敗したと思う時かもしれません。

medi_trust_partnersさんの投稿
38770436 686398045054280 4098471180703367168 n

しかし、就職の内定をもらっている人でも就活を失敗したと感じている人は多いようです。それはなぜでしょうか?それは、自分の第一志望の就活が成功しなかったから、希望した仕事には内定をもらえなかったからなどがあるようです、就活での成功とは、本来自分が入社した後に幸せに働いていける会社から内定をもうことなのです。就活をしているとそんな基本的な大切なものを忘れがちです。

ついつい就活で内定をもらうことがゴールになってしまって、本来自分はどう働きたいのか?何をしたいのか?などがないがしろになる傾向があります。就活とは、自分が社会に出て成し得たい仕事を見つけること、やりたいことを見つけることなのです。それらも踏まえて、ここでは就活を失敗する人の特徴や失敗談、失敗からの逆転方法などを様々ご紹介していきます。

就活に失敗したら?【原因&失敗談】

就活失敗の原因①受けた企業が圧倒的に少ない

時間が経つにつれて就活に失敗したらどうしようと慌てている人も多いでしょう。就活で失敗しないためにも就活で失敗する原因や失敗談から学ぶことは重要です。ここでは、就活の失敗の原因&失敗談をご紹介します。就活の失敗の原因&失敗談としては、受けた企業が圧倒的に少ないというのがあります。

maishan2525さんの投稿
38699807 534450316983636 5730602879677366272 n

同じように就活をしていても、成功する人もいれば失敗する人もいます。失敗する人にはそれなりの原因があります。就活を失敗する原因の一つに、就活で受けた企業の数が圧倒的に少ないということがあげられます。企業数を絞って成功する人もいますが、そのような場合は特殊な専門の知識を持っている人が多いです。そうでない人はある程度多くの企業を就活する必要があります。

多くの企業を就活しているにもかかわらず、失敗してしまうのは準備不足が原因していることが多いです。ある程度多くの企業を就活することは覚悟しなくてはなりませんが、就活の準備もせずに、闇雲に試験を受けても内定を頂けるはずがありません。履歴書の書き方から面接の練習など考えられるすべての準備をしておくことが重要です。

就活失敗の原因②第一希望の会社が人気の大企業である場合

就活失敗の原因&失敗談としては、第一希望の会社が人気の大企業である場合があります。誰もが知っているような大企業は基本的に狭き門だということを理解する必要があります。だからといって諦める必要はありませんが、それなりの覚悟と準備が必要になります。記念受験にならないように真剣に取り組むことで突破できることもあるのです。

aoki_official2016さんの投稿
37691854 259979448136760 2936633255270547456 n

有名企業や人気の大企業で働きたい人は多いです。しかし、どうしてその企業を選んだのでしょうか?有名企業だから就職すれば鼻が高いからなどという理由では、失敗するのも当然かもしれません。まずは、自分が何をやりたいのかが一番重要です。どのようなスキルをアップさせてどのような力をつけていきたいのか?それにはこの企業が自分には必要だから就活するというようなスタンスが必要です。

大企業や有名企業に勤めたいと考えることも悪いことではありません。自分の将来のビジョンがしっかりと描かれているのであれば、それなりの準備をしているでしょうし、ドンドン挑戦しましょう。しかし、ちょっとしたミーハーな気持ちで就活しているようでは失敗する確率は高いままです。

就活失敗の原因③不採用後モチベーションが回復しなかった

就活の失敗の原因としては、不採用後にモチベーションが回復せずに他の就活も全滅したというのがあります。確かに、面接官の前で一生懸命に自己アピールをしてそれを全否定されたら落ち込むのが人間です。しかし、たっぷり落ち込んだら、逆に否定されたことをありがたく感じてみてはいかがでしょうか?

自分には努力次第でまだ伸びしろがたくさんあるということです。今はまだ未熟かもしれないけれど、練習を積んでいけば大丈夫、だれでも初めは失敗して当然、経験を積んでいこうという感じです。しかし、就活を一回失敗してしまうと、もし、また失敗したらという考えが頭を支配するようになります。就活の際に、失敗したらどうしようと思いながらやって成功するはずがありません。

失敗したらどうしようという思考回路を断ち切らなければなりません。そのような時は、失敗は成功の母であるという言葉や偉人伝など、成功者の人生を本で読んでみることをおすすめします。成功している人はあらゆる失敗をしています。成功と失敗は結局、バランスをとろうとすると言われています。大きな失敗は大きな成功のもとになるのです。

就活に失敗したら?【失敗する人の特徴】

特徴①スタートが遅い

ここでは、就活に失敗する人の特徴をご紹介します。ご自身のパターンと照らし合わせて就活に活かしましょう。まずは、就活のスタートが遅いというのがあります。3月に一斉に就活が解禁したのに、4月に内定をもらっているなんて人もいます。この差は、どこにあるのでしょうか?

fortunam25さんの投稿
39918927 1404253509709729 6320337090970124288 n

就活の内定の差は、ずばりスタートの差ということができます。4月などに早く内定をもらえる人は、3月の解禁前にすでに準備を万端に整えているのです。たとえ、4月に内定を頂いた会社が第一志望でなくても早めに内定をもらうことで心の余裕を持とうとしているのです。

早めの準備はすべてにおいて重要です。早めに準備をして動き始めているとその人の自信にも繋がっていくので物事がドンドン良い方向へ動いていきます。逆に、スタートが遅いとすべてに遅れをとり、気持ちの余裕がないので尚更就活にも集中できないという悪循環を生みます。

特徴②大手ばかりを志望している

就活を失敗する人の特徴としては、大手ばかりを志望しているというのがあります。大手企業に限定して就活を行っている人は非常にプライドが高い傾向にあります。プライドの高い人はとかく、大企業=安定という思考があり身動きが取れなくなってしまう傾向があります。

gimmie_officialさんの投稿
31076387 137679637083786 5273078945850327040 n

自分にはやりたいことが明確にあり、それをかなえるために有名企業に絞って就活をするのであれば、問題はありません。きっと準備も綿密に進めているでしょうから成功するでしょう。しかし、有名企業に絞って就活を行って失敗する人というのは自分が何をやりたいかよりも有名企業に入社して安定した生活を送りたいと考えている人が多いです。

もし、自分が大企業の面接官だったらどのような人材が欲しいですか?というような質問を自分にしてみるといいでしょう。それに自分は当てはまっていますか?結局はそういうことなのです。自己分析や企業分析をしっかりと行い、どこへ入りたいかではなく、自分は何をしたいかにフォーカスするようにしましょう。

特徴③自分をアピールできない

就活を失敗する人の特徴としては、自分をアピールできないというのがあります。芸能人ではないので必要以上のアピールは逆効果になりますが、自分は将来こうなりたい、この会社に入ってこのように頑張りたいという意気込みを伝えることはそれほど難しいことではないでしょう。

uniform_karseeさんの投稿
37956317 848730442182774 3077015515470757888 n

自分を伝えられない、自分をアピールできないということは、知らず知らずのうちに自分がこの企業でどのように働いていこうとしているかというビジョンがないということを相手に伝えてしまているのです。自分には会社に必要なスキルを持っていると思っているのであれば、それをしっかりと伝えましょう。

就活で自分をアピールするというと、媚を売らなければならない、相手に気に入られるようにしなくてはと考える人がいますが、そういう自己アピールではないのです。自分はどのようになりたいという意思をしっかりと持ち一緒に働いていく相手に伝えられるかということです。難しく考えなくてもいいのです。また、そのようなことは練習によってスキルアップしていけるので大丈夫です。

特徴④志望理由があいまい

就活で失敗する人の特徴としては、志望理由があいまいというのがあります。就活している多くの学生に当てはまる傾向と言えます。多くの就活生は、内定をもらうことに必死になるあまり、失敗したらどうしよう?と本来の目的が見えなくなりただひたすら就活に励んでいる傾向があります。

d_r_e_s_s_3さんの投稿
37508074 283390499145254 769538906856095744 n

志望理由があいまいですと自分をしっかりと自己アピールするのも難しいでしょうし、就活の全ての行動に対してメリットがありません。まずは、志望動機をはっきりとさせることからスタートさせましょう。就活先輩方の失敗談にも志望理由があいまいで何をしていいのかわからなかったという意見はたくさんあります。

志望理由があいまいなのに就活しなくちゃ、失敗したらどうしよう?とにかく動かなくちゃと闇雲に行動するのはおすすめできません。志望理由があいまいなのであれば、自分としっかりと向き合って自分は将来何がしたいのかを見つけるようにしましょう。志望理由がはっきりしたら就活も自信をもって行動できるようになります。

就活に失敗したら?【逆転する方法】

内定がもらえずに失敗した場合

就活に失敗したらどうすればいいのでしょうか?ここでは、逆転する方法をご紹介します。内定がもらえずに失敗したらどうしようと不安になっている人も多いでしょう。内定がもらえなかったとしても逆転の方法はいくらでもあります。逆転の方法を知ることで失敗を恐れずに自分の思うように行動できるようになるでしょう。

内定がもらえずに失敗した場合の逆転方法としては、既卒でもう一年就活をする、就活留年をする、専門学校へ進学をする、まずは派遣社員として働いてみる、大学院に進学してもう少し学びを深めるというのがあります。就活が失敗しても逆転の方法はいくらでもありますので、安心して自分の思うように就活すればいいのです。

就職先は見つけたが納得がいかない場合

oldenglandfemmeさんの投稿
39918954 240884473277567 1409209130941415424 n

就活に失敗したときの原因が、就職先は見つけたが納得がいかないという場合です。内定はもらっていますが、自分が行きたい企業ではないので就活を失敗したと思っているのです。

このような内定はもらっているけど納得がいかなくて失敗したと感じている場合の逆転方法としては、自ら起業する、もしくは仕事をしながら転職活動をするというのがあります。就活に失敗した内容も人それぞれですので、失敗の逆転方法もそれぞれ異なります。結論としては、失敗してもいくらでも逆転の方法は見つけ出そうとすればあるということです。

就活に失敗したら?【働く現場を意識した就活が大切】

入社後にミスマッチが起こる理由

就活をして入社後にミスマッチが起こる理由としては、自分がどのような仕事をしたいと思っているのか?どのような仕事内容であれば楽しく向上心を持って取り組むことができるのか?をしっかりと分析せずに就活を行っていた場合に起こるという特徴があります。

就活をする際は、ただ闇雲に内定をもらうことに躍起にならずに、働く現場を意識した就活をすることが重要です。そうしないと内定をもらっても就活を失敗したということになります。内定をもらっている方の失敗談としてはよくあることです。

働く現場に対してしっかりと向き合う

自分は体を動かすことが大好きなのに、一日中会社でパソコンとにらめっこの仕事は向いていないのに選んでしまったということがあるようです。自分に合った背伸びをしない就活がゆくゆくは成功と言えるものになるのです。就活をする際には、働く現場に対してしっかりと向き合うことが重要です。

就活は自分探しとも言えるでしょう。自分は何が得意でどのような力を社会に還元していきたいのか?そのようなことを自分に問う良い機会です。その絶好の機会を上手に活用しないと失敗に繋がってしまうので気を付けましょう。

就活に失敗したら?【人生の終わりではない理由】

新卒一括採用以外でも就職はできる

fleurs__de_violさんの投稿
39749603 2661537120737407 8783191627645583360 n

就活の失敗談を語っている人たちも就活に失敗したからといって人生の終わりではありません。就活に失敗しても人生が終わりでない理由は、新卒一括採用以外でも就職はできるということです。長い人生一つの仕事にずっと務めることができる時代ではありません。

現在では、転職も多くなっている時代です。新卒一括採用がとても魅力に感じる人もいるでしょうが、それ以外で就職してる人もたくさんいます。大手就活サイトなどの情報を見ているとそこの採用がすべてのようなイメージがありますが、実はそうではないことを認識しましょう。就活の逆転はやる気次第でいつでもできるのです。

転職市場が活発化している

miko_325さんの投稿
40078370 2237521503158789 1966725912078581760 n

就活が失敗しても人生が終わりでない理由としては、転職市場が活性化しているということです。就職から定年退職するまで一つの会社にお世話になるという時代ではなくなってきました。最近では、刻一刻と変化が起きている時代です。

love_sweetie_roseさんの投稿
38628666 254717862017459 69837834680270848 n

自分のスキルを磨くことで、いくらでも就活の逆転は狙えます。世間は広いのです。様々な仕事がありますし、様々な失敗談を経て大成功をしている人がいます。大成功している人ほど、失敗談が多いのが特徴です。

就活に失敗したら?【自分を見つめ直すことも大切】

自分の本当の気持ちを書き出してみる

yasu_ashumaiさんの投稿
38295962 247966329186669 6900080426648338432 n

就活に失敗しても心配することはありません。やる気次第でいくらでも逆転が狙えるのです。しかし、そう焦ることもありません。就活に失敗したのであれば、自分を見つめ直す良い機会かもしれません。まずは、落ち着いて自分の本当の気持ちを書き出してみましょう。

自分の本当の気持ちを書き出すことは、今後の就活の大逆転には、必須になります。自分の本当の気持ちがわかっていなければ、またきっと失敗するでしょう。ここはチャンスと捉えて、じっくりと自分に向き合うことをおすすめします。

理想を書き出してみる

only_thinksuit_officialさんの投稿
38909094 2287075208219135 5076087156967997440 n

就活に失敗して失敗談を語るのもいいですが、せっかくの機会ですから、就活の逆転を狙って自分の理想をノートに書きだしてみましょう。自分の気持ちに正直に今は到底無理なことでも、自分が心からそう望んでいるのであれば書き出してみましょう。

しかし、その理想が見栄だったりプライドだったりする場合はまた失敗するかもしれません。自分の正直に願う理想を書き出してみるのです。結局は、自分が何をやりたいかが一番重要になってきます。何をしている時に幸せを感じるのかを振り返りましょう。

就活に失敗してもそこから学ぼう!

chimbuu13さんの投稿
38909099 2031761687154590 390325292125650944 n

ここでは、就活に失敗する人の特徴や失敗談、逆転の方法などを様々ご紹介してきました。就活において何が失敗かは人それぞれです。就活で内定をもらっている人でも就活に失敗したと感じている人もいます。多くの場合、自分が何をしたいのかを見失い、取りあえず企業の内定を目指すことでこのようなことも起きるのでしょう。

就活で失敗したとしても大丈夫です。就活での逆転の方法はたくさんあります。まずは、自分が何をしたいのか?どう生きたいのか?と自分としっかりと向き合うことが重要です。就活で失敗してもそこから学び、大逆転していきましょう!

Thumb就活本おすすめまとめ!企業研究や自己分析など役立つ本紹介 | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ