クレペリン検査の練習方法は?就活で結果を出すコツからアプリまで紹介!

クレペリン検査とは、計算能力や集中力、精神の安定性などを測るための適正試験で就活などでもよく用いられています。クレペリンの練習に効果的なアプリもあります。そこで、クレペリン検査の練習方法は?就活で結果を出すコツからアプリまで紹介します。

目次

  1. クレペリン検査とはどのような試験?
  2. クレペリン検査の練習方法【特徴】
  3. クレペリン検査の練習方法【試験方法】
  4. クレペリン検査の練習方法【3つの対策方法】
  5. クレペリン検査の練習方法【3つの練習方法】
  6. クレペリン検査の練習方法【試験のコツ】
  7. クレペリン検査の練習方法【結果を把握し分析】

クレペリン検査とはどのような試験?

鉄道運転手や公務員などで採用されている適正試験

最近では、就活などの適正検査にもよく登場するようになってきたクレペリン検査。クレペリン検査の正式名称は内田クレペリン検査といいます。クレペリン検査では、計算能力や集中力、注意力、精神の安定などを測ることができると言われています。能力と性格を同時に測ることができますので、その人の問題解決をするときの行動がわかるようです。

19daisuke73さんの投稿
13267543 144039826007562 454646746 n

与えられた作業をどれだけ正確に、早く、効率よくこなしていくことができるかがポイントとなります。また、誤答率や誤答のタイミングなどで、パーソナリティや性格などを診断しています。その人が問題を解決する際に取りやすい行動を、クレペリン検査という筆記試験で検査することができるのです。

クレペリン検査は、主に鉄道運転手や公務員などミスが許されないような職場などで採用されている適正試験となっています。クレペリン検査では、3つの要素を検査することができます。クレペリン検査の試験は35分で、作業量と作業量の変化、誤答率の要素を測ることになります。

buzz0311さんの投稿
19986150 1738887239744612 484597449155936256 n

クレペリンの試験は35分間ですが、前半15分試験を行い5分の休憩が入ります。その後、後半15分で試験が行われます。クレペリン検査の試験のプリントには140×28くらいの数字が書かれています。これらの数字を計算してクレペリンの検査をするのです。

クレペリン検査の練習方法【特徴】

クレペリン検査の特徴<知能と性格を診断>

ここでは、クレペリン検査の特徴をご紹介します。クレペリン検査の特徴としては、知能と性格を同時に診断できるということができるでしょう。

ikkaiikakaiさんの投稿
30602219 2071716503095581 1857790131109363712 n

クレペリン検査以外の適性検査では、性格を診断するテストと知能を測るテストは別々に2種類行う必要があります。しかし、このクレペリン検査では、同時に知能と性格を測ることができるので便利な検査となっています。

クレペリン検査は、問題文を読んで解答するという形式ではありません。ひたすら単純な一桁の数字を計算していきます。この形式のため受験者側が意図的に問題を操作することが難しいのも特徴的です。さらに、問題文を読まずに試験を受けられるので言語能力の優劣に関わらず、問題解決能力の力を純粋に測ることができるという特徴も秘めています。

クレペリン検査の練習方法【試験方法】

クレペリン検査試験方法<問題例>

クレペリン検査の試験方法をご紹介します。クレペリン検査の試験では、A4サイズの2倍の大きさの用紙1枚と鉛筆が渡されます。クレペリン検査の試験で必要な道具としては、このA4サイズの問題用紙と鉛筆のみです。消しゴムは使用しない方が作業を早く進められます。

yeonhui42さんの投稿
39330810 530964227354588 9042971736701665280 n

クレペリン検査の試験の方法をご紹介します。配られた2倍のA4サイズの用紙にびっしりと数字がプリントされています。用紙には一桁の数字が一列に並んでいます。その列が複数列並んでいます。数字の量的には、140×28行くらいとなっています。

mf___222さんの投稿
14474518 1865705456991855 3955644641730101248 n

この数字を左から順番にドンドン足していきます。数字と数字の間に足し算の値の一桁目の数字のみを記入していきます。まさに下記のように計算していくのです。赤ペンの数字が計算した数字となっています。

kanaandfunさんの投稿
13266741 1045144072231782 1272034536 n

このような単純な計算をひたすら行っていきます。クレペリン検査の試験方法としては、試験監督の合図でスタートしていきますが、合図は1分ごとにあります。1分ごとの合図ごとに次の列へと移動していきます。まず、この1分間ごとの合図で前半15分間計算をします。

前半が終了しましたら5分の休憩をはさみます。5分の休憩が終了しましたら、後半へ突入です。前半と同じように1分ごとに合図がありますので、合図があるごとに次の列へと移動して左から順番に計算していきます。後半も15分クレペリン検査を行い終了です。

クレペリン検査の練習方法【3つの対策方法】

クレペリン検査の対策①練習をしておく

ここからは、クレペリン検査の練習方法、3つの対策方法をご紹介します。クレペリン検査の対策としては、前日にちょっと練習したくらいでは通用しないということを心得ておきましょう。クレペリン検査で結果を出すコツとしては、毎日少しずつでもコツコツと練習していくことが重要です。

to_mo_0428さんの投稿
11098238 428537383979753 1882179357 n

クレペリンの検査では、集中力や作業効率なども測定されます。クレペリンのテストを受けている最中の精神状態も重要になってきますので、日頃からの練習が効果を発揮します。体調にも気を付けて途中で集中力が途切れてしまったり、体力の限界を超えてしまったりしないようにしましょう。

happy_smile_daysさんの投稿
39238036 1010820199086459 2971953799297499136 n

クレペリンの検査の試験を受ける対策としては、毎日ひたすら練習をするということです。この練習の仕方としては、毎日コツコツと習慣的に練習してクレペリンの形式をマスターして、作業に慣れていくことが重要になります。事前の練習の積み重ねがものをいいますので、何度も繰り返し練習するようにしましょう。

クレペリンの検査の試験を受ける際にも、初めてクレペリンの検査を受けるのと何度もコツコツと練習をしてから受けるのでは、明らかに作業効率は違ってきます。はじめはクレペリンの検査の数字を見るだけでストレスと感じていた人も繰り返し練習することで慣れてきますので、楽に楽しく作業を行えるようになります。練習のコツとしては、本番と同じような緊張感で練習をこなすということです。

クレペリン検査の対策②集中力が高まるルーティーンを決める

クレペリン検査の対策としては、集中力が高まるようにルーティーンを決めて練習を行うと良いでしょう。クレペリンの検査で結果を出したいのであれば、自分の集中力を高める必要があります。ルーティンを決めて、それを毎日コツコツ練習前に練習するのが効果的です。

oo_nana_xoさんの投稿
39598398 227674524593685 2230251610573897728 n

クレペリンのような集中力を注ぐ作業をする前には、必ず決まった作業をするなどの自分なりのルールを決めておくようにしましょう。例えば、簡単な方法では、クレペリンの試験の前には目を閉じて心の中で○○という言葉をつぶやくなどなんでもいいのです。

集中する前に必ずする作業を自分で決めて行動することで、行動と集中力を紐づけてセットにするのです。いわゆるルーティン行動をとることで集中力が高まると自己暗示をかけるということです。このようなことはイチローさんなどプロで大活躍されている有名人の方は決まって行っている必須項目となっています。

aomiohtakaさんの投稿
13385810 718654154904058 271613141 n

日頃からクレペリンの練習をする前には必ずルーティン行動をする練習も一緒に行うと本番でも自然と体が行うようになりますので、意図的に集中できるようになります。何事も練習あるのみです。毎日コツコツ練習を積み重ねることで結果が伴うようになります。

クレペリン検査の対策③前日はよく眠る

クレペリン検査の対策としては、クレペリン検査の前日にはよく睡眠をとるということです。体調管理も大事な項目の一つです。毎日コツコツと練習をしても無理をして体を壊してはもともこもありません。万全の体調でクレペリン検査に臨めるようにしましょう。

cutemaa1999さんの投稿
39978818 1744472128985237 4216310617855754240 n

クレペリン検査では、単純な作業ですが集中力をかなり使います。疲労がたまっていたり、残っていたりすると思うような結果を出すことは難しいでしょう。体調不良を感じている状態ではベストな結果を導き出すことは不可能です。

k.shi33yoさんの投稿
38526502 651687618550712 1769009222911000576 n

もしも、前日の夜にクレペリンの検査のことで緊張して目が冴えて眠れないという時は、慌てずに自分が今までどれだけ練習を頑張ってきたのかを思い出すといいでしょう。これだけ練習してきたのだから大丈夫と自分を激励して、明日のためにゆっくりと休みましょう。

クレペリン検査の練習方法【3つの練習方法】

クレペリン検査の練習法①目についた数字で暗算

ここからは、クレペリン検査の3つの練習方法をご紹介します。クレペリンの検査には事前の練習がとても効果的です。普段から数字に慣れ、頭を働かせる練習をしておくことで、本番も慌てずに冷静に対処することが可能となります。クレペリン検査で良い結果を得られるように日頃の練習を継続しましょう。

inoopy_officialさんの投稿
10598335 499719260163145 1503822674 n

クレペリン検査の練習方法としては、日常生活の際に目に付いた数字を足し暗算する練習があります。日常的に足し暗算をすることで足し暗算に抵抗がなくなり、暗算が楽しくなります。例えば、電話番号や商品の値段、郵便番号など目につく数字を単純に足し暗算していくのです。

ma.a.ya.hさんの投稿
33546044 1593187210803053 6473772100380262400 n

目に付いた数字を足し暗算するだけなので、特別な道具も必要ありません。あとはやる気のみです。日常生活の中で常に計算することを意識するようにしましょう。

クレペリン検査の試験内容としては、一桁の数字を繰り返して足し算していきます。もしも二桁以上の数字を見かけたとしてもそれを一桁ずつにして左から足していくようにしましょう。一桁の足し暗算の練習ですので、何桁もの難しい計算をする必要はありません。日常的に足し暗算の練習をすることでよい結果が出るようになります。

クレペリン検査の練習法②専用アプリを利用

クレペリン検査の練習方法としては、専用のアプリを利用するというのがあります。最近では、クレペリン検査練習用の専用アプリが登場しています。練習に良いアプリを選ぶコツとしては、練習ごとにきちんと判定をしてくれるアプリを選ぶことです。良いアプリは非常に有効な練習になるのでおすすめです。

専用のアプリには、正解率や作業量を自動で表示してくれる機能が付いているものもあります。一目で結果がわかるアプリを練習に使用しない手はありません。効率的に練習するためにも上手に専用アプリを活用しましょう。

クレペリン検査練習用の専用アプリとしておすすめなのが、「就活・脳トレ、クレペリン検査」です。就活・脳トレ、クレペリン検査は、就活のクレペリン検査に対しての練習用に作られたアプリになっていますので、試験本番の気持ちでアプリを活用して練習ができます。

ikkaiikakaiさんの投稿
30592755 601378886892977 6173691449897385984 n

クレペリンの専用アプリを上手に使用して、効率よくクレペリンの練習を行いましょう。紙媒体ですと、作業量や正解率を出すのも一苦労です。専用のアプリではそれらを自動的に行てくれますので自分の成長度が確認できるのでモチベーションも上がりやすいのがいいですね。人気のアプリを活用して練習に励みましょう。

クレペリン検査の練習法③練習サイトを利用する

クレペリン検査の練習法としては、練習サイトを上手に利用するというのもあります。クレペリンの検査の練習方法としては、専用アプリ以外にも練習サイトを利用することも可能です。

クレペリン検査の練習サイトでは、クレペリン検査をする上での上達のコツや方法なども一緒に紹介していますので一度目を通しておくと役に立ちますのでおすすめです。

練習サイトとしておすすめなのが、「キャリアワールド」のクレペリン検査練習サイトです。キャリアワールドのクレペリン検査練習サイトでは 、クレペリン検査の実際の流れを確認することができます。

power_of_dream_eightさんの投稿
37507949 464535964058904 2922778828939984896 n

また、クレペリン検査のテスト用紙の見方など、実践的な内容に関しても説明していますので本番の予行練習ができるのはいいですね。クレペリン検査の解き方のコツも一緒に紹介していますので参考にしてみましょう。練習サイトや専用のアプリを上手に活用することで、結果も出しやすくなるでしょう。

クレペリン検査の練習方法【試験のコツ】

間違えても消しゴムは使用しない

では、いよいよクレペリン検査の試験のコツをご紹介します。クレペリンの検査を受ける際は、今まで練習してきたことを思い出し自信をもって臨みましょう。練習してきた力を最大限に発揮できるようになるには、3つのコツがあります。そのコツを掴むことで試験中も集中して臨むことができるようになるでしょう。

ruru_stuuさんの投稿
39877940 287272391871005 6324149784347971025 n

クレペリンの検査を受けるコツとしては、間違えても消しゴムは使用しないというのがあります。クレペリン検査は時間との勝負です。間違えたからといって消しゴムで消している時間はありません。間違えた場合は、黒く塗りつぶして、隣の欄に書き込むようにしましょう。

また、試験中に消しゴムを使用することで様々なトラブルも発生します。試験の用紙を破いたり、消しゴムを落としたり、計算する場所を間違えたり良いことがないので消しゴムを使用しないのが一番です。

前半は最初の一行の作業量を維持

クレペリンの検査の際のコツとしては、前半は最初の一行の作業量を維持するというのがあります。作業曲線を意識すると結果もよくなります。クレペリン検査では、前半が一番良くて、中盤が少なくなり、終盤にかけて増加していくようなU字曲線が望ましいとされています。

その変動があまりにも大きくなると結果的には、マイナス評価に繋がります。作業の量としても作業曲線を頭に描きつつ、作業に変動が極端に生まれないように意識しましょう。急に減ったり、増えたりすると結果としては精神的な安定感がないとみなされてしまいます。

後半もできだけ集中力を持続する

tyeen0523さんの投稿
40120405 2171077669840981 7633770968061575168 n

クレペリン検査を受けるコツとしては、後半もできるだけ集中力を持続するというのがあります。後半は疲れが出てきて集中力も途切れやすいです。できるだけ集中力を保つようにして、ミスを少なく抑えるようにしましょう。

後半の作業曲線としては、最初が一番多くて、徐々に下がっていくことが理想です。しかし、前半と同じようにその変動の幅は少ないほど高評価につながります。クレペリン検査では、自分が知らなかった自分の性格や仕事や恋愛に対することについても暴き出される可能性があります。結果が楽しみですね。

クレペリン検査の練習方法【結果を把握し分析】

クレペリン検査を受けたら、クレペリン検査の結果を把握して、分析してみましょう。結果を分析することで、次回のテストに向けて改善点を見いさせるかもしれません。また、自分の行動パターンを把握しているということは、いざという時に役立ちます。クレペリンの検査では、作業量で仕事の速さ、作業曲線で適性や性格、誤答の数で集中力や作業能率を判断しています。

cleverin.jpさんの投稿
33323490 756407968081856 843658029361528832 n

作業量が多いことで仕事が早いと評価されます。徐々に作業量が落ちてくるのは自然な傾向です。また、前半よりも後半の方が平均的に作業量が多くなることで高い評価を得ることができます。このような作業曲線は、定型曲線と呼ばれています。健康で、適性や性格に偏りがない人に共通してみられる曲線となっていますので、ここから外れないにしましょう。

クレペリン検査の練習をして良い結果を出そう!

hamuhamyunさんの投稿
13398424 1401123963247730 1152139885 n

クレペリン検査の練習のポイントから、試験を受けるコツ、クレペリン検査での評価の内容など様々ご紹介してきました。クレペリン検査では、アプリなど上手に活用してコツコツと練習を積むようにしましょう。作業曲線を理解して理想曲線からズレないことで高い評価を得ることが出来ます。クレペリン検査の練習をして良い結果を出しましょう!

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ