めんつゆで作る親子丼レシピ!簡単で美味しく仕上がる作り方も!

柔らかい鶏肉ととろりとした卵がたまらない親子丼。味付けがなかなかうまくできないという方におすすめなのが、めんつゆです。めんつゆで作る親子丼は簡単かつ美味しいですよ。ここではめんつゆで簡単に作れる親子丼レシピと美味しく仕上がる作り方をご紹介します。

目次

  1. めんつゆで美味しい親子丼を作ろう!
  2. めんつゆで親子丼がおすすめの理由
  3. めんつゆで親子丼レシピの材料
  4. めんつゆで親子丼の作り方
  5. めんつゆで親子丼の作り方<ストレートの場合>
  6. めんつゆで親子丼はヤマキがおすすめ
  7. めんつゆで作る親子丼は美味しい!

めんつゆで美味しい親子丼を作ろう!

めんつゆとは?

kazuki_0425さんの投稿
39793249 346030599271964 7573668819218989056 n

めんつゆをそうめんやざるそば、ざるうどんなどの麺類を食べるときに使うだけのつゆだと思っていませんか?めんつゆは、そうめんなどの麺類はもちろんですが、いろいろな料理の味付けに使うことができる便利なアイテムです。特にめんつゆは和食の煮物との相性が抜群です。めんつゆを使えば、味付けに必要な調味料があれこれ必要なくなって簡単で美味しいおかずができます。

_radiancesource_さんの投稿
40095183 737497626587428 6559115976652779581 n

和食は、しょう油やみりんや酒、砂糖の組み合わせで味付けをすることがほとんどですが、使う量を間違えてしまうと思ったような仕上がりにならず、美味しいとはいえない仕上がりになってしまうこともあります。めんつゆは1つで、だし、しょう油、みりん、砂糖、酒がすべて含まれていますから、めんつゆだけで美味しい和食が完成しますよ。

めんつゆ親子丼レシピはクックパッドでも人気!

めんつゆを使えば、難しい親子丼も作り方は簡単なので、人気レシピサイトのクックパッドでも1,200レシピを超えるたくさんのレシピが投稿されています。めんつゆを使えば誰が作ってもお店で食べるような美味しい親子丼が食べられるとあって、クックパッドのつくれぽ投稿もたくさんあります。

siawasekirokuさんの投稿
39338928 293995854523872 6534276047708356608 n

またクックパッドには、基本の鶏肉と玉ねぎを使った親子丼レシピだけではなく、いろいろなアレンジがされた親子丼のレシピもたくさん投稿されています。参考になり真似したくなる親子丼レシピがたくさん投稿されていますから、めんつゆで作る親子丼の人気具合がうかがえますね。中にはめんつゆのメーカーにこだわったレシピもありますから、いろいろなめんつゆを購入して試してみるのもおすすめです。

Thumb卵雑炊レシピ!めんつゆ・白だし・ほんだしを使う簡単な味付けも! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

めんつゆで親子丼がおすすめの理由

めんつゆで親子丼がおすすめの理由①簡単

s.akira0206さんの投稿
40030489 2135924143334449 7941721055192678400 n

めんつゆで作る親子丼がおすすめの理由①は、美味しい親子丼が簡単に作れることです。めんつゆを使わない一般的な親子丼を作るには、だし汁やしょう油、酒、みりん、砂糖といった調味料を使うのが基本です。これらの調味料のバランスが良くないと、美味しいといえる親子丼は作ることができません。

でも、めんつゆを使うと、調理台にたくさんの調味料を揃えなくても、めんつゆ1本で味良いので、バランスを考える必要もありません。作り方が簡単になるので、子供でも簡単に美味しい親子丼を作ることができます。

めんつゆで親子丼がおすすめの理由②美味しい

そして、めんつゆで作る親子丼がおすすめの理由②が、何といっても美味しいということです。めんつゆはいろいろな調味料が使われているので、親子丼に必要な鶏肉と玉ねぎなどの材料に加えるだけで、とても美味しい親子丼が出来上がります。丼物は味付けが難しいので苦手とする方も多いですが、めんつゆを使えばいつでも美味しい親子丼が食べられますよ。

めんつゆで親子丼レシピの材料

チンゲン菜を入れても美味しい

親子丼の材料といえば、鶏肉と玉ねぎ、最後に添えるネギや三つ葉が定番ですよね。でもそこにチンゲン菜を入れても美味しいですよ。チンゲン菜のシャキシャキした食感が加わりますし、卵の黄色とチンゲン菜の緑のコントラストがとてもきれいにはえるので、おもてなしにもピッタリですし、鶏肉と玉ねぎだけの材料よりもチンゲン菜を加えると栄養価もアップします。

e.memd0309さんの投稿
38882782 283215355806393 5332806668033982464 n

チンゲン菜を加える場合は、火の通りが早くなるように、葉の部分と茎の部分を切り分けて、茎の部分は細切りにするのがおすすめです。最後に片栗粉を加えてとろみを出しても食べやすくて美味しいですよ。鶏がらスープの素や仕上げにごま油を少量加えて中華風にしても。チンゲン菜ひとつでいろいろと親子丼のアレンジが楽しめます。

キムチを入れた韓国風も美味しい

親子丼といわば和食の定番ですが、キムチを加えることで韓国風親子丼になります。作り方は簡単でキムチを小さめに切って親子丼に加えるだけです。他の材料の鶏肉と玉ねぎと一緒に煮ても良いですし、最後にトッピングとして乗っけても良いですね。

masahiko_lifeさんの投稿
26275189 1432168383577170 3850045835601510400 n

キムチを入れるからといって、他に調味料など特別に必要ではありません。キムチを入れても味付けはめんつゆでOKです。最後の仕上げにネギや三つ葉ではなく、韓国のりをトッピングするとさらに美味しくなりますよ。少ない材料であっという間に韓国風親子丼の出来上がりです。

豆腐を入れたふんわり親子丼も美味しい

親子丼の定番の材料は鶏肉と玉ねぎですが、そこに豆腐を加えても美味しいですよ。豆腐がしっかりとだしを吸い込んでくれるので、ご飯との相性も抜群です。豆腐を加えることで親子丼の食感がとてもふんわり優しい優しい味になります。豆腐はイソフラボンが豊富なので、女性には嬉しい食材ですから積極的に食べたいですが、親子丼に入れるとたっぷり食べられます。

mochiruiさんの投稿
20688618 162748370960007 7640432346373554176 n

豆腐を入れた親子丼の作り方も簡単で、他の材料と一緒に適当な大きさに切った豆腐を加えて煮るだけです。豆腐はしっかりして煮崩れしにくい木綿よりも、より柔らかい絹を使うのがおすすめです。鶏肉を少し減らして豆腐の量を増やせば、ヘルシーな親子丼になって、ダイエット中の方も安心して食べられますよ。

残ったすき焼きの具材を入れても美味しい

お家ですき焼きをすると、具材が余ってしまうことって結構ありますよね。そのまま捨てるのはもったいないので、そんなときは親子丼にアレンジしましょう。すき焼きの具はしっかり味がついていますから、使うめんつゆの量も少し少なめでかまいません。余ったすき焼きの具材だけでなく、汁も活用すれば無駄がありませんよ。

reachriverさんの投稿
15046763 1079285302170104 1668111503301017600 n

すき焼きの残り具材を使った親子丼の作り方は簡単で、汁を使う場合はそのままその残った汁で鶏肉と玉ねぎ、そして味を見ながらめんつゆを加えましょう。火が通ったら溶いた卵を加えて半熟状態で火を止めれば出来上がりです。甘辛さがクセになる美味しい親子丼の完成ですよ。

鶏肉代わりに牛モツを入れても美味しい

親子丼は、鶏肉と卵という親子の材料を使うのが基本であり一般的ですが、鶏肉の代わりに牛モツを入れても美味しくなりますよ。もちろん作り方も簡単で、味付けもめんつゆでOKです。鶏肉を使った親子丼よりもこっくりした味になるので、がっつり食べたいときにはおすすめでです。

reachriverさんの投稿
14718169 562367980615920 6614162508133433344 n

作り方は、鶏肉の代わりに牛モツを使い、他の材料とめんつゆで煮て、最後に溶き卵を回し入れるだけです。牛モツは卵や玉ねぎとの相性も良いので、美味しい丼になりますよ。最後にネギや三つ葉をトッピングすれば見た目も美味しそうになります。

餃子を乗っけても美味しい

餃子と親子丼という組み合わせは、とても合いそうには思いませんが、意外と相性の良い組み合わせです。親子丼に餃子を乗っけてもとても美味しいのでおすすめですよ。餃子は作るときはたくさん作るので、余ってしまうことも多いですよね。そんなときは、親子丼にして食べましょう!

sumikkosoraさんの投稿
13437419 296055390739663 1622901920 n

材料は、鶏肉と玉ねぎ、ネギ、三つ葉などです。味付けはもちろんめんつゆです。餃子は親子丼の上にトッピングとして乗っけても良いですが、鶏肉や玉ねぎと一緒に煮ても美味しいですよ。親子丼に餃子の材料であるニンニクやショウガの香りが移って美味しいので、意外とハマってしまいますよ。

唐揚げ親子丼も美味しい

akihiro.yama1129さんの投稿
37929811 1999195387038489 1820252606568595456 n

親子丼の材料の鶏肉を唐揚げにしてからめんつゆで作る親子丼も絶品です。使う材料は同じ鶏肉でも、ニンニクやショウガなどで味をつけた唐揚げを使うとまったく味が違います。揚げるのでカロリーは高くなってしまいますが、ボリュームがあるのでがっつり食べたいときにはおすすめです。男性や子供にも唐揚げで作った親子丼は人気がありますよ。

作り方は手間はかかりますが簡単で、ニンニクとショウガ、酒、しょう油で下味をつけた鶏肉を片栗粉をまぶして揚げます。後は基本の親子丼の作り方と同じです。ニンニクとショウガの風味がたまらない、香ばしい親子丼の出来上がりです。カロリーを少しでも抑えたいなら、鶏肉はモモ肉よりもムネ肉やささみを使うのがおすすめです。

生卵onでさらにまろやかにした親子丼も美味しい

親子丼といえば、溶き卵を最後に加えるというのが一般的ですが、さらにその上に生卵を乗っけた親子丼も、とてもまろやかで美味しいですよ。上に乗っける生卵は全卵ではなく卵黄だけ使うのがポイントです。普通の親子丼よりも濃厚な味になりますよ。

stbo11さんの投稿
40496142 946728382177858 3533892519848837120 n

作り方も簡単で、必要な材料は鶏肉、玉ねぎ、卵、ネギ、三つ葉と基本的なものだけです。卵は溶き卵にする分と生卵で乗っける分が必要になります。めんつゆで味付けをした親子丼の上に、卵黄を乗っけるだけで美味しい生卵on親子丼の出来上がりです。

めんつゆで親子丼の作り方

souta1988さんの投稿
39104625 893964700800449 2071107009079410688 n

市販のめんつゆは、メーカーや商品によって濃縮が違います。2倍濃縮のめんつゆもあれば3倍濃縮、4倍濃縮もあり、濃縮によっても親子丼の作り方が違ってきます。めんつゆで美味しい親子丼を作るためには、普段使っているめんつゆが何倍濃縮になっているかを知っておくことが大切です。

親子丼めんつゆ2倍のレシピ

hanya_kaoriさんの投稿
29401631 1871895873100662 834016609466056704 n

めんつゆの中でも最も多いのが2倍濃縮のものです。使っている方も多いのではないでしょうか?めんつゆの2倍濃縮で作る親子丼の材料は、鶏モモ肉、玉ねぎ、卵、めんつゆ、めんつゆと同量の水、三つ葉です。2倍濃縮なので、めんつゆと同量の水を加えるとちょうど良い味付けになりますよ。

yumikko0511さんの投稿
40026684 469428903538967 8969784553379987456 n

作り方は、まず玉ねぎを繊維に沿って薄切りにします。次に鶏モモ肉は繊維に沿って小さめの一口大にカットします。鍋もしくはフライパンに、めんつゆと水、鶏モモ肉、玉ねぎを入れて火が通るまで煮ます。煮えたら溶いた卵を2回に分けて流し入れましょう。卵が半熟になったら火を止め、最後に三つ葉を散らして出来上がりです。甘めが好きな方は少し砂糖を加えましょう。

親子丼めんつゆ3倍のレシピ

kazuki_0425さんの投稿
36666025 289863568225445 3163708777505488896 n

3倍濃縮のめんつゆも人気があります。2倍濃縮のめんつゆ同様に考えると、3倍濃縮なのもめんつゆの倍量の水が必要になります。水の量を3倍にしないように注意してくださいね。材料は、鶏モモ肉、玉ねぎ、卵、めんつゆ、めんつゆの倍量の水、三つ葉です。

taro830kobayashiさんの投稿
39749590 1329761030487884 5645222859727962112 n

作り方は、まず玉ねぎを繊維に沿って薄切りにします。次に鶏モモ肉は繊維に沿って小さめの一口大にカットします。鍋もしくはフライパンに、めんつゆと水、鶏モモ肉、玉ねぎを入れて火が通るまで煮ます。煮えたら溶いた卵を2回に分けて流し入れます。卵が半熟になったら火を止め、最後に三つ葉を散らして出来上がりです。刻みのりをトッピングしても美味しいですよ。

めんつゆで親子丼の作り方<ストレートの場合>

koicchan0329さんの投稿
30077463 209881379777728 2397381668668178432 n

めんつゆには2倍濃縮や3倍濃縮といった濃縮タイプではなく、そのままストレートで使えるものもありますね。ストレートのめんつゆを使った親子丼の材料は、鶏モモ肉、玉ねぎ、めんつゆ、しょう油、酒、砂糖、三つ葉です。めんつゆだけではなく、しょう油や酒を加えるとより美味しい親子丼になりますよ。甘めが好きではない方は砂糖は入れないか少量にしましょう。

takasankitchenさんの投稿
39395128 2090315450978837 2865726179892002816 n

作り方は、玉ねぎは薄切りに、鶏モモ肉は小さめの一口大にカットします。鍋かフライパンにめんつゆと砂糖を煮立たせ、鶏モモ肉と玉ねぎを加えて火が通るまで煮ます。溶き卵を2回~3回に分けて流し入れ、半熟状になったら火を止め、三つ葉をトッピングすれば出来上がりです。しょう油や酒、砂糖を加えるタイミングは卵を加える前です。足りないと感じたら入れましょう。

めんつゆで親子丼はヤマキがおすすめ

instayamaさんの投稿
29716496 2056096374659550 387844845432995840 n

めんつゆはいろいろなメーカーから販売されていますが、親子丼を作るならヤマキのめんつゆがおすすめです。ヤマキのめんつゆは、まろやかなかつおだしが特徴です。ヤマキのめんつゆはとにかくだしにこだわっているので、めんつゆのためだけに、かつお節から開発をしているほどです。先味・中味・後味のすべてにおいてどの瞬間も美味しく食べられる工夫がされています。

かつおだしのこだわりが強いヤマキのめんつゆは、使いやすい2倍濃縮タイプです。かつおだしが効いた親子丼はまるでお店で食べるような上品で美味しい仕上がりになりますよ。めんつゆで迷ったら、ヤマキを使ってみてはいかがでしょうか?親子丼だけではなく、冷奴や炊き込みご飯などに幅広く使うことができます。めんつゆの中でも最も人気が高いもののひとつです。

茅野舎のめんつゆで作る親子丼も話題

stpp0107さんの投稿
923669 770015889686023 1940171985 n

創業125年の茅野舎のめんつゆも親子丼に合うと話題になっています。人気レシピサイトのクックパッドでも、めんつゆを使った親子丼レシピとは別に、茅野舎のめんつゆで作る親子丼などのレシピが投稿されているほどです。

濃縮タイプのめんつゆで、国産の厳選された材料で作られています。こだわっているのは茅野舎のめんつゆもやはりだしです。鰹節、焼きあご、うるめいわし、真昆布を使っているので、非常に濃厚でまろやかなので、親子丼はもちろんのこと、幅広い料理に使えるめんつゆです。化学調味料や保存料も使われていないので安心して使うことができるめんつゆです。

その他親子丼におすすめのめんつゆ

fuyouuさんの投稿
17494486 1212126068836909 6501380274713001984 n

ヤマキや茅野舎のめんつゆ以外にも、親子丼におすすめのめんつゆはありますよ。例えば、にんべんの「つゆの素ゴールド」。こちらのめんつゆは、かつお節のだしと昆布のだしのバランスが絶妙で、親子丼との相性はもちろん、いろいろな和食に使えます。甘みもあるのでドレッシング作りにもおすすめのめんつゆです。

yaechiitanさんの投稿
37738464 199340570930694 3655474046042112000 n

かつおだしを2回取る、追いがつおで家庭の味を一気にプロの味にまで引き上げてくれるめんつゆが、ミツカンの「追いがつおつゆ」です。スーパーやコンビニでも手軽に購入することができるのも魅力です。塩気が控えめで、酢でまろやかさが加えられているめんつゆで、親子丼だけでなく幅広い料理に使えます。

めんつゆで作る親子丼は美味しい!

omochitan19さんの投稿
39398524 463227294156882 2368951476249690112 n

味付けが難しい親子丼も、めんつゆを使えば簡単で美味しい親子丼が完成します。めんつゆはストレートならめんつゆのみで、2倍濃縮や3倍濃縮などの濃縮タイプなら、濃縮度合いに合わせて水を加えるだけと、味付けは簡単で、調味料はめんつゆ1本でできます。しょう油やみりんなどを軽量する手間もかからずに、プロの味に近づけますよ。

iamtakachiさんの投稿
39595534 288668195058694 2423654529078657024 n

めんつゆはメーカーや商品によって、使われているだしだけでなく味も違います。親子丼に合うだけでなく、幅広い料理に使えるめんつゆを選ぶと、料理の幅が広がりますよ。また親子丼は定番の鶏肉と玉ねぎだけでなく、いろいろなアレンジが楽しめます。お気に入りのめんつゆを見つけて美味しい親子丼を作りましょう!

関連するまとめ

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ