『綺麗な字』をきれいに書く方法は?美肌だけじゃなく美文字も手に入れよう!

「綺麗な字」をきれいに書くにはコツがあります。文字がきれいな女性は、魅力的です。また、履歴書などの手書きの文字は、その人の第一印象にも繋がります。字がきれいだと好印象なのは言うまでもありません。今回は「綺麗な字」を書く方法やコツをご紹介します。

目次

  1. 「綺麗な字」をきれいに書く方法を教えて!
  2. 「綺麗な字」をきれいに書く方法とコツ①気持ち右上がり
  3. 「綺麗な字」をきれいに書く方法とコツ②字の重心は右下
  4. 「綺麗な字」をきれいに書く方法とコツ③均等な隙間
  5. 「綺麗な字」をきれいに書く方法とコツ④文字の大きさ
  6. 「綺麗な字」をきれいに書く方法とコツ⑤均等な字間
  7. 「綺麗な字」が書けるようになるおすすめ書籍

「綺麗な字」をきれいに書く方法を教えて!

penji_no_hirobaさんの投稿
39409562 2177563535855091 6712477779872448512 n

自分の書く手書きの文字に、コンプレックスを抱えている人はとても多いそうです。綺麗な字を書ける人は、素敵ですし、心もきれいな気がしませんか?字はその人の性格を反映するとも言われていますから、特に女性なら、綺麗な字を書けるようになりたいものです。

bien_s.0913さんの投稿
39512419 450530328790575 5738497459064143872 n

自分の書いた字がきれいなら、手帳やノートなどに記入することも楽しくなるでしょう。また、履歴書や重要書類の提出なども、綺麗な字の方が、明らかに印象がよくなります。そこで今回は、綺麗な字をきれいに書く方法やコツについてまとめます。焦らずゆっくり綺麗な字をきれいに書くことに取り組んでみてくださいね。

綺麗な字の女性は魅力的

綺麗な字を書ける女性は、とても魅力的です。字がきれいなだけでもその人の印象はかなり良くなります。特に履歴書やレポートなど手書きの場合は、きれいな字だと好感度もアップします。女性の場合は、丸文字などかわいい文字を書く人も多いですが、やはり美しくて綺麗な字を書く人の方が、知的だと感じるでしょう。また、字がきれいな人の方が、何事も頼り甲斐があります。

bien_s.0913さんの投稿
39979227 292093631579922 3424524755363954688 n

学生の場合は、友達や彼氏にノートを貸し借りすることもあるでしょう。友達にノートなどを貸した後に、字がきれいでとても読みやすかったと言われるとうれしいものです。文字はその人の性格を表すなんてことも言われていますから、綺麗な字が書ける人の方が絶対に得なのです。

masa_penさんの投稿
39790049 287388948523782 522542218200743936 n

逆に、ノートを貸した後に、字が汚くて読めなかったなんて言われたら、相当なショックを受けるでしょう。特に彼氏にそんなこと言われたら落ち込んでしまうはずです。最近はメールやラインでのやりとりがほとんどで、手書きの手紙を送るなんてことは減ったものの、履歴書や授業中にとるノートなどは手書きです。女性は、綺麗な字を書ける方が絶対に得なので、文字をきれいに書く方法やコツをしっかりとマスターしましょう。

綺麗な字を書く時の姿勢

綺麗な字を書くときの姿勢は、背筋をピンと伸ばした姿勢がおすすめです。椅子に腰掛けるときも背筋をまっすぐにした状態で座りましょう。また、座ったときのテーブルとお腹の間は、拳が一つ入るくらいの空間にしてください。手紙や履歴書など文字を書くものを中心にして位置を合わせて座りましょう。

綺麗な字をかくコツは、実はひじの使い方がポイントです。まず、綺麗な字を書く時には、絶対にデスクの上にひじをのせないようにしてくださいね。ひじをデスクにのせると、どうしてもひじに重心がかかってしまいます。そのため、まっすぐな線が書けないため、きれいな字を書くのも難しくなってしまうのです。

ひじと脇はくっつけすぎないように意識してください。ひじと脇の間は、拳が2つか3つ入るくらいがベストです。また、きれいな字を書くときは、ひじを固定してしまわないように気をつけてください。ひじを固定してしまうと、手首と指しか動かせなくなってしまい、字が曲がってしまいます。きれいな字は書けなくなってしまいます。

まずはまっすぐな線を

綺麗な字を書くためには、まっすぐなきれいな線が書けるということが重要なポイントです。まっすぐなきれいな線を書くことができれば、バランスの整ったきれいな字が書けるようになるのです。自分の書いた字を見て、曲がっているようであれば、まずはまっすぐなきれいな線を書く練習をしてみると良いでしょう。

綺麗な字は、まっすぐな線がきれいにかけていること、文字のバランスが整っていることが特徴です。正しい姿勢で、まず「十」という漢字を書いてみてください。「十」という漢字は、まっすぐな線を書くことができないと、きれいに整った文字にはなりません。

綺麗な字を書く前に、ぜひまっすぐな線を書くことの練習をしてみてください。「十」という漢字で、まっすぐな線をきれいに書く練習を続けると、どんな風にひじを動かせば、まっすぐなきれいな線が書けるのかということがわかるようになるはずですよ。

ペンは正しい持ち方で

ペンの持ち方は、自己流になっている人が多いのではないでしょうか?綺麗な字を書くためには、正しくペンを持つこともきれいに書くコツです。正しいペンの持ち方の動画をチェックして、今一度正しいペンの持ち方を確認してみてくださいね。親指・人差し指・中指でしっかりとペンを持ちましょう。小指を軽く曲げると、ペンが安定するのでおすすめです。ペンが持ちやすいときれいな字も書きやすくなります。

ゆっくり丁寧を心がけて

taisui88さんの投稿
39872632 2069604176688948 5510418404835590144 n

字を書く時に、焦っていたり、急いでいたりすると、字をきれいに書くことはできません。綺麗な字を書きたいと思ったら、ゆったりとした気持ちで、1文字ずつゆっくり丁寧にきれいに書くのがコツです。急いで字を書くと、殴り書きのようになてしまうのはもうみなさんご存知でしょう。気持ちを落ち着けてから、字を書き始めるのもきれいに書く方法の一つなのです。

「綺麗な字」をきれいに書く方法とコツ①気持ち右上がり

tegakiyaさんの投稿
34012562 1304961852970761 2597682248815738880 n

「綺麗な字」をきれいに書く方法とコツ①は、気持ち右上がりになるように書くことです。きれいな字を見てみるとわかるのですが、気持ち右上がりになっていることに気づくはずです。コツは、6度くらい右上がりになるようにして書くことです。この方法で字を書くと、手書きの美しいきれいな文字を強調することができるのです。

sachura.aさんの投稿
29088011 154931381990067 4030188781314244608 n

気持ち右上がりの文字ではなく、逆に右下がりの文字はどうでしょうか?右下がりの文字は、文字全体がなんとなくだらしなくて、まとまりのない感じになってしまいます。右下がりの文字は、ちょっと頼りない印象を与えてしまいます。また、横画の角度が、右上がりな箇所もあったり、右下がりな箇所もあったりするバラバラな角度の文字は、雑な感じで綺麗な字とはとても言えません。

人の視覚というのは、まっすぐに書いている横線でさえも、実は右下がりに見えてしまうものなのです。そのため、目の錯覚を利用して、字の横画を気持ち右上がりになるように書くことが綺麗な字をきれいに書くコツなのです。この気持ち右上がりを意識しながら、字を書くだけで、今までよりも文字をかなりきれいに書くことができるようになるはずです。

otome007さんの投稿
30593021 2156334037931156 4527676342153510912 n

気持ち右上がりに字を書く時の練習方法は、横画の多い漢字を書くと良いでしょう。「美」という漢字は、横画が多い字であるため、横画を全て気持ち右上がりになるよう意識しながらきれいに書くことを練習してみてください。「字」という漢字も、横画が多いため、きれいに書く練習をしてみてくださいね。

「綺麗な字」をきれいに書く方法とコツ②字の重心は右下

katsunobu_shimizuさんの投稿
40533009 276753923156052 5354140414838308864 n

「綺麗な字」をきれいに書く方法とコツ②は、字の重心は右下になるようにすることです。言い換えると、右下の部分を一番低い位置にするということです。なんとなくイメージがつかめるでしょうか?「

siena_coffee_factoryさんの投稿
39248387 689032948118880 6774110053763907584 n

綺麗な字」をきれいに書く方法とコツ①で説明した、気持ち右上がりだけを意識してしまうと、ただ傾いた字になってしまいます。気持ち右上がりの綺麗な字の書き方の方法と、この字の重心を右下に置くという方法を組み合わせると、とてもバランスの良い字をきれいに書くことができるようになるのです。

eriawazuさんの投稿
39915875 2037746939870380 3821054741929000960 n

字の右下にくる部分をしっかりとはらい、やや長くして右下に重点を置くように心がけましょう。右下の部分に「はね」や「はらい」がある場合は、しっかりと強調するようにしてみるのがコツです。例えば「美」という漢字は、右下の部分に「はらい」がありますね。この「はらい」をしっかりと書き、この「はらい」の部分が一番低い位置にくるように書くとよいでしょう。

esme_vol2さんの投稿
39969381 296521247830592 295021767418707968 n

「文」という漢字も、右下の部分に「はらい」があります。先ほどの「美」と同様に、この「はらい」をしっかりと書き、「はらい」の部分が一番低い位置になるように意識して書いてみましょう。やや右上がりと、右下に重心を置くことを意識しながら文字を書くと、整ったバランスのよい字が書けていることに気づくはずです。

「綺麗な字」をきれいに書く方法とコツ③均等な隙間

「綺麗な字」をきれいに書く方法とコツ③は、均等な隙間になるようにすることです。漢字は、線と線の間に隙間がある字が多くあります。この隙間の大きさを均等に揃えることによって、字のバランスが整い、綺麗な字をきれいに書くことができるようになるのです。目の錯覚によるものもあります。線と線の間の隙間の大きさが均等であると、とてもしっかりとした綺麗な字に仕上がります。

esth_saa09さんの投稿
37508007 1991574090901252 8082292663321100288 n

歪んでいる字というのは、綺麗な字には見えません。実際には字は歪んでいないのに、歪んで見えるのには理由があるのです。これは、文字の線と線の間の隙間の大きさが、バラバラになってしまっていることが原因であることがほとんどなのです。隙間の大きさがバラバラだと、文字全体が歪んで見えてしまいます。

alive012345さんの投稿
40032591 2247262188837462 4371485625891684352 n

この線と線との間の隙間の大きさを均等にするように心がけるだけで、かなり綺麗な字をきれいに書くことができるようになるでしょう。「明」という漢字には、四つの隙間がありますね。この隙間の大きさを全て同じくらいになるように意識しながら、きれいに書くことを練習してみましょう。「美」という漢字も六つ隙間があるのがわかりますか?この隙間の間隔を均等にしてみてください。

taka_pen1129さんの投稿
39933862 448803368964436 3516616267071122349 n

綺麗な字をきれいに書く練習をする時には、まず漢字を見て、どこに線と線の間の隙間があるのかということを探し、この隙間を均等になるように意識しながら書いてみてください。この練習方法を繰り返すことによって、より早く綺麗な字をきれいに書くことを習得することができるでしょう。

「綺麗な字」をきれいに書く方法とコツ④文字の大きさ

「綺麗な字」をきれいに書く方法とコツ④は、文字の大きさを考えながら書くことです。日本語の文章は、ひらがなと漢字によって成り立っているものがほとんどです。この文章をいかにきれいに見せるにはコツがあるのです。それは、ひらがなは小さめに、漢字は大きめに書くということです。カタカナは、ひらがなよりもさらに小さめに書くと、きれいに整った読みやすい文章に仕上がります。

hashi_mai1104さんの投稿
39630279 2024928140871759 9051711909249679360 n

文字の1文字1文字がとても綺麗な字であったとしても、この字の大きさを無視して書いた文章は、少し読みにくい文章になってしまいます。手紙でも、履歴書でも文章の読みやすさというのは最も重要なことです。特にレポートを作成し、提出するような時は、相手にいかに読みやすい文字で書くかということがポイントです。

esth_saa09さんの投稿
39603590 2133279960265390 6998383539334938624 n

漢字を大きめに、ひらがなを小さめに、さらにカタカナは小さめにという文字の大きさを意識して、文章を書いてみると、自分でもびっくりするくらいに読みやすい文章に仕上がっていることに気づきます。この文字の大きさを意識して、文字を書くことができるようになると、より美しく綺麗な字をきれいに書くことができるようになるのです。

「綺麗な字」をきれいに書く方法とコツ⑤均等な字間

alive012345さんの投稿
40372975 2368152696590552 4045207259746140160 n

「綺麗な字」をきれいに書く方法とコツ⑤は、均等な字間で文章を書くことです。文字と文字の間の間隔が、全てバラバラだったり、文字と文字の間の間隔があまりに狭すぎると、とても読みにくい文章になってしまいます。文字と文字の間隔が狭いと、圧迫感のある文章に見えてしまいます。また、文字の間隔が広すぎると、文章が途切れているように見えてしまい、不自然に感じます。

koumei419710さんの投稿
39196271 285871752143543 7574104410507182080 n

この文字と文字の均等な字間を意識しながら書くことは、ものすごく時間がかかります。しかし、ゆっくり丁寧に綺麗な字できれいに書いた文章からは、その人の誠意も伝わるものです。相手が読みやすい綺麗な字を書くということは、相手を思いやる気持ちの表れだと言えるのではないでしょうか?

「綺麗な字」が書けるようになるおすすめ書籍

綺麗な字を書けるようになりたいと思ったら、まずはきれいに書く練習をはじめましょう。きれいな字を書く練習帳の本がたくさん発刊されています。きれいな字が書けるようにサポートしてくれる書籍は、女性向けのかわいいデザインのものも多く、楽しく綺麗な字を書く練習をすることができますよ。直接書き込みができる練習帳のような書籍がおすすめです。

30日できれいな字が書けるペン字練習帳美文字を書くコツ 本が大きくて書き込みやすい (TJ mook) [ 中塚翠濤 ]
950円
楽天で詳細を見る

「綺麗な字」が書けるようになるおすすめ書籍①は、「30日できれいな字が書けるペン字練習帳美文字を書くコツ」です。人気の書道家・中塚翠涛先生が、わかりやすくレクチャーしてくれます。30日できれいな字を書くことができるように慣れると人気です。本が大きいから、書き込みがしやすく、日常生活で頻繁に使う語句が多く、すぐ実践に活かせます。

ボールペン字3時間速効練習帳 六度法で一生きれいな字になる [ 富澤敏彦 ]
788円
楽天で詳細を見る

「綺麗な字」が書けるようになるおすすめ書籍②は、「ボールペン字3時間速効練習帳 六度法で一生きれいな字になる」です。早くきれいな文字を書けるようになりたいという人は、この書籍がおすすめです。なんと、たった3時間で速攻きれいな字を書けるようになるのです。この3時間できれいな字が書けるようになるのは、綺麗な字の特徴を徹底的にカバーしているからです。

きれいな字のルールをしっかりと覚えさえすれば、短時間でも綺麗な字を書けるようになるのです。自分の字にコンプレックスを抱えている人は、ぜひこの書籍で綺麗な字のルールを覚えましょう。どんな人でも綺麗な字が書けるようになると人気の書籍です。

DVD付き 大人の美文字が書ける本 (講談社の実用BOOK) [ 青山 浩之 ]
1,080円
楽天で詳細を見る

「綺麗な字」が書けるようになるおすすめ書籍③は、「大人の美文字が書ける本 」です。この書籍は、DVD付きなので、見てすぐにわかるようになっているのが特徴です。ペンの持ち方や、動かし方など、本からだけではわかりにくい動作も、DVDでしっかり確認できるのでとてもわかりやすいです。きれいな字に必須な筆圧についてもわかりやすく説明があります。本気で美文字を目指したい大人女子におすすめです。

1カ月でラクラク♪女子力が上がる美文字練習帳 (日経ホームマガジン) [ 青山浩之 ]
771円
楽天で詳細を見る

「綺麗な字」が書けるようになるおすすめ書籍④は、「女子力が上がる美文字練習帳」です。美文字を目指す女性のための美文字練習帳です。A4サイズの大きめサイズなので、書き込みしやすいと人気です。1ヶ月できれいな文字を書けるようになります。封筒の宛名書きや、年賀状、熨斗袋など、生活で使用することの多い語句の練習が多いのも魅力です。自分でも、きれいな字が書けるようになるのを実感できるので、達成感も味わえますよ。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ