赤ちゃんの睡眠時間のサイクルは?寝不足解消法は?よく眠る音楽は?

生後1~3ヶ月の赤ちゃんは昼夜問わずに睡眠を繰り返しながら成長します。赤ちゃんにとって十分な睡眠時間を確保することは成長する上でとても大切です。そこで、赤ちゃんの睡眠時間のサイクルは?寝不足解消法やよく眠る音楽などをご紹介します。

目次

  1. 赤ちゃんの睡眠時間のサイクル
  2. 赤ちゃんの睡眠時間のサイクル【夜寝ないのはなぜ?】
  3. 赤ちゃんの睡眠時間のサイクル【新生児の睡眠の特徴】
  4. 赤ちゃんの睡眠時間のサイクル【生後1~3ヶ月の睡眠時間】
  5. 赤ちゃんの睡眠時間のサイクル【必要な睡眠時間とは?】
  6. 赤ちゃんの睡眠の時間帯【睡眠時間を整える方法】
  7. 赤ちゃんの睡眠の時間帯【寝かせ方のポイントとは?】
  8. 赤ちゃんの睡眠時間のサイクル【よく寝る子や短い子】

赤ちゃんの睡眠時間のサイクル

大人の寝不足解消法やよく眠る音楽とは?

生後1ヶ月~3ヶ月の赤ちゃんは睡眠時間のサイクルがバラバラですので、それをお世話するママさんやパパさんは寝不足で大変ですね?赤ちゃんにとって睡眠時間のサイクルは成長する上でもとても重要になってきます。赤ちゃんに十分な睡眠時間を確保してあげるようにしましょう。赤ちゃんの寝かしつけにはよく眠る音楽の上手な活用も効果的です。

eri_baby__さんの投稿
39931593 544042352701037 3298310303783059456 n

ここでは、赤ちゃんに必要な睡眠時間や睡眠時間のサイクル、大人の寝不足を解消する方法や赤ちゃんを効果的に寝かせる環境、上手な寝かし方のポイントなどを様々ご紹介します。産後のママさんは、ホルモンバランスの変化によって睡眠不足になりがちです。しかし、通常は出産後3ヶ月ほどでホルモンバランスが落ち着いてきますので、だんだんと睡眠不足も解消されるようになります。

しかし、出産後3ヶ月を過ぎても赤ちゃんがなかなか寝付いてくれなかったり、睡眠が細切れになったりすることで睡眠不足状態が続いていくと心に様々な変化が起こっていきます。それの代表的なのがマタニティーブルーです。出産後の約5~8割のママさんが体験するポピュラーな心の病気です。家で赤ちゃんと一緒にいるとなぜか涙が出たり、不安になったりする症状が現れます。

最近は核家族が進んでいますので、旦那さんと助け合って子育てをしていかないと大変なことになります。ご夫婦で寝不足を補い合いながら楽しく子育てができるようによく話し合うことも重要です。睡眠不足になると判断が鈍ったり、イライラしたりで良いことはありません。赤ちゃんが寝ている時は一緒に寝るなどして少しでも睡眠不足を解消できるように工夫しましょう。

赤ちゃんの睡眠時間のサイクル【夜寝ないのはなぜ?】

睡眠と成長の関係

ここからは、赤ちゃんの睡眠時間のサイクル、赤ちゃんが夜寝ない理由や原因をご紹介していきましょう。赤ちゃんが夜寝ない理由や原因としては、睡眠と成長の関係があります。生後0~3ヶ月の赤ちゃんは、レム睡眠の割合が多いと言われています。レム睡眠とは、身体の睡眠となっており、脳は働いている状態のことを言います。

naolivingさんの投稿
40460649 1196112427233960 6659053720154142472 n

生後0~3ヶ月の赤ちゃんはノンレム睡眠の割合が多いので、目を覚ましやすい状態なのです。赤ちゃんにはできるだけ良質な睡眠環境を整えてあげることで、赤ちゃんの成長を促してくれる睡眠時間をキープすることが可能となります。

睡眠時間をしっかりと確保することで、脳の発育を促してくれる成長ホルモンが分泌されます。精神的な疲れや身体の疲れを癒してくれるのも睡眠の時間なのです。十分な良質な睡眠を確保することで、心身ともに健康を持続していくためにはとても重要な要素となっています。赤ちゃんにとっても成長を促してくれる睡眠時間をしっかりと確保してあげるようにしましょう。

昼と夜の区別が付いていない

生後間もない赤ちゃんは、昼夜の区別が付いていないので夜に寝てくれないことが多いです。赤ちゃんは約10ヶ月の間、ママのお腹の中にいました。そこでは、自分の好きな時間に起きて好きな時間に寝てを繰り返していました。生まれてすぐの赤ちゃんに昼と夜の区別があることすらわかるはずもありません。

aosi_hiroさんの投稿
40070971 2093189414278377 8761222195296037390 n

大人にしてみれば、赤ちゃんが夜寝てくれないとついつい思いがちですが、赤ちゃんにしてみれば、ママのお腹にいた時と同じように好きな時に寝て、好きな時に起きているだけなのです。

赤ちゃんは生活していくうちに、明るい時間が遊ぶ時間で暗い時間には寝る時間というのを少しずつ学んでいきます。体内時計を整えるチャンスと捉えて、ママも規則正しい時間に生活することを心がけるようにしましょう。ママも一日の生活の大まかなリズムを決めて、赤ちゃんと一緒に遊んで寝てという生活サイクルをしていくといいでしょう。

空腹を感じている・のどが渇いている

赤ちゃんが夜寝てくれない理由や原因としては、空腹を感じている、のどが渇いているというのがあります。赤ちゃんは不快に感じると泣いて訴えることで欲求を満たして生きています。ママのお腹にいるときは、好きな時に栄養をもらって好きな時に寝たり、起きたりすることができたのでとても快適だったでしょう。

sorahairoさんの投稿
40234798 1343863889084469 1596975062566262927 n

出産後はそれをすべて大人がしてあげなくてはなりません。赤ちゃんは大人よりも代謝が良いです。しかし、胃は小さいので母乳を飲んでも約3~4時間ほどで空腹を感じてしまいます。夜中お腹が空いてしまうとどうしても目覚めてしまうことになるのです。

赤ちゃんは睡眠のサイクルが短くまだ上手に回すことができません。深い眠りから浅い眠りに切り替わる途中でも不快なことがあれば目を覚ましてしまいます。それは、のどの渇きや空腹に限らず、おむつが濡れて気持ち悪い、暑いなど様々な要因があります。

赤ちゃんの睡眠時間のサイクル【新生児の睡眠の特徴】

眠りが浅い

赤ちゃんの睡眠のサイクル、新生児の睡眠の特徴をご紹介します。新生児の睡眠の特徴としては、眠りが浅いというのがあります。生後一ヶ月までの赤ちゃんは、1日中ほとんどの時間を寝ているようなイメージがあることでしょう。しかし、眠りそのものは浅いのでちょっとしたことですぐに起きてしまします。

keeee0527さんの投稿
40181821 2149097391769870 4931822927466507030 n

赤ちゃんの眠りが浅い理由としては、ノンレム睡眠とレム睡眠のバランスが関係していると言えるでしょう。ノンレム睡眠とは、深い眠りのことで身体も脳も眠っています。レム睡眠とは、浅い眠りのことで身体は眠っていますが、脳は眠っていません。

通常の睡眠はこの二つのノンレム睡眠とレム睡眠から成り立っています。大人の睡眠の場合は、浅い眠りのレム睡眠は全体の15~20%を占めており、赤ちゃんの場合は、レム睡眠の割合が50~60%も占めているのです。赤ちゃんの眠りが浅いということはレム睡眠の割合が大人よりも圧倒的に多いということだったのです。

睡眠不足とは無縁

赤ちゃんの睡眠時間の特徴としては、眠りが小刻み、夜になっても眠らないなど気まぐれな睡眠時間というのが特徴的です。赤ちゃんが夜になっても、深夜になっても起きていると睡眠不足では?睡眠が足りているのだろうかと心配してしまいますが基本的に赤ちゃんは本能のまま生きていますので、睡眠不足とは無縁といってもいいでしょう。

runemomojewelryさんの投稿
40006104 1807776482611394 1024546771290140266 n

赤ちゃんはお腹が空いたら泣き、寝たい時には寝て、眠くないときには寝ないという実に本能的な生活スタイルとなっています。そのため夜遅くに起きたり、夜中まで起きていたりしても基本的に睡眠不足に陥ることはありません。しかし、赤ちゃんのお世話をしているママやパパのほうが睡眠不足になりがちなので注意が必要です。

赤ちゃんはトータルで睡眠時間を確保していますので通常よりも睡眠が短いと感じるときでも睡眠不足の心配はありません。赤ちゃんにとってみればそれがちょうどよい睡眠時間となっていますので大丈夫なのです。

生活リズムができていない

赤ちゃんの睡眠の特徴としては、生活リズムができていないというのがあげられます。生後間もない赤ちゃんは昼夜の区別が付いていません。そのような段階では、生活リズムも確立されていないのは当然です。生活リズムが確立されていませんので、寝る時間、起きる時間が日によってバラバラなのです。

koto_rin_goさんの投稿
40514503 510546359416643 5827140625738512364 n

赤ちゃんの睡眠の特徴を様々ご紹介してきましたが、赤ちゃんの健やかな成長のためには十分な睡眠時間と適切な睡眠時間のサイクルが重要となってきます。赤ちゃんの睡眠時間の長さも重要ですが、質の高さも意識するようにしましょう。寝かしつけの時に心地よい音楽は効果的ですが、常に大音量で音楽を聴いていたり、明るい環境ではぐっすりと眠ることは難しいです。

赤ちゃんが快適に眠れる環境を作ってあげることが重要です。良質な睡眠時間を十分取れるようにまずは、寝室の環境を整えてあげるといいでしょう。夏場は26度~28度くらい、冬場は23度~25度くらいが快適に過ごせる温度となっています。湿度も常に60%以上を保つようにするといいでしょう。また、お腹が空いていたり、オムツが濡れていたりの不快を解消してあげるのも重要です。

赤ちゃんの睡眠時間のサイクル【生後1~3ヶ月の睡眠時間】

赤ちゃんの睡眠時間:生後1ヶ月

ここからは、赤ちゃんの睡眠時間のサイクル、生後1~3ヶ月の睡眠時間をご紹介します。赤ちゃんの生後一ヶ月の睡眠時間のサイクル、一日の平均睡眠時間は約17時間となっています。生後一ヶ月の赤ちゃんは授乳以外の時間が基本的に寝ていると言ってもいいでしょう。

yuuki.adu.ao.1125さんの投稿
40332838 2097922400524644 6647200424501029385 n

授乳感覚が約3~4時間となっていますので、その都度起きてはお腹を満たして眠るというサイクルを繰り返しています。昼と夜の区別もついていませんので、深夜にぱっちりと目が覚めてしまう赤ちゃんもいます。夜中に起きている赤ちゃんには、お昼寝の時間で睡眠の確保をするようにしてあげるといいでしょう。

生活リズムを整えるには、昼間は一緒に遊んで、夜は眠るの習慣をつけていくように意識しましょう。夜中に赤ちゃんが起きてしまうことでママも起きなければならず大人の方は睡眠不足になりやすいです。お昼寝の時などは一緒に眠り、少しでも睡眠不足を解消しましょう。

赤ちゃんの睡眠時間:生後2ヶ月

生後2ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間のサイクルとしては、赤ちゃんの平均睡眠時間は約16時間となります。睡眠時間と睡眠のサイクルがだんだんと一定になってくる頃でもあります。起きている時間も寝ている時間も生後一ヶ月の時と比べると長くなってきますので、ママさんも少し楽になります。

shinhinamamaさんの投稿
40060731 321388641968331 3267819964970106926 n

生後3ヶ月から多くなるのが黄昏泣きです。生後2ヶ月ごろからの赤ちゃんもいます。1~2時間黄昏泣きで泣き通しということもあります。ママはあまりプレッシャーを感じずに声をかけてあげたり、一緒に遊んであげたり、気持ちの良い音楽をかけたりしながら色々と試して様子を見てみましょう。

ママさんは何かと大変ですが、根気よく、日中は遊ぶように意識して、夜は一緒に寝れるように生活のリズムが習慣化するようにチャレンジしてみましょう。黄金泣きなどで疲れてしまった時は、癒しの音楽などを流してママさんのリフレッシュを図ることも大切です。お気に入りの癒しの音楽を色々と探してみるのもいいですね。

赤ちゃんの睡眠時間:生後3ヶ月

生後3ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間のサイクルとしては、平均の睡眠時間が約15時間ほどになってきます。個人差はありますが、お昼寝以外でも起きている時間が長くなってきます。夜の睡眠時間も少しずつ長くなってきますのでママさんも少しずつ楽になっていくでしょう。

photoefy_minooさんの投稿
39989421 232068317469848 1360922370971972492 n

生後3ヶ月になるとおぼろげではありますが、昼夜の区別が少しずつ付くようになっていきます。昼間起きている時間は存分に遊び、夜はきちんとまとまった時間を眠れるように生活のリズムを整えていくといいでしょう。睡眠時間やサイクルなどには個人差がありますのでいつまでも大変なママさんもいます。

睡眠不足で大変な時は、イライラが募りますね?目からの映像などは尚更疲れてしまいがちです。耳から癒せる、癒しの音楽などを何枚か用意して、自然の音や鳥のさえずり、小川のせせらなどの音楽を赤ちゃんと一緒に聴くことでリラックスタイムをおくることができるようになるのでおすすめです。

赤ちゃんの睡眠時間のサイクル【必要な睡眠時間とは?】

赤ちゃんの睡眠時間:生後~10ヶ月・1歳・3歳

rikuto_0713さんの投稿
40497372 470872843407056 4189341981932908716 n

ここからは、赤ちゃんの睡眠時間のサイクル、必要な睡眠時間をご紹介します。赤ちゃんの睡眠時間は成長する上でとても重要です。年齢に応じて適切な睡眠時間を確保することが大切になってきます。赤ちゃんによって睡眠には個性がありますので、平均よりも長い子もいれば、少し短めの子もいます。一般的な赤ちゃんの睡眠時間を知っておくことで助けになることもあります。

一般的な赤ちゃんの睡眠時間としては、生後0~1ヶ月の赤ちゃんの場合平均の睡眠時間は16~17時間となっています。生後1~3ヶ月の赤ちゃんは約14~15時間、生後3~6ヶ月の赤ちゃんは約13~14時間、生後6~12ヶ月の赤ちゃんは約11~13時間、生後1~3歳の子供は約11~12時間が平均の睡眠時間となっています。赤ちゃんには、良質な睡眠時間をしっかりと確保してあげましょう。

maaaa307さんの投稿
40399777 421144415079612 5154717812989688199 n

これらの赤ちゃんの睡眠時間はあくまでも目安です。睡眠は個性と言われているほど、赤ちゃんによって個人差があります。この平均の睡眠時間よりも少ない、多いがあっても自然なことと受け止めておおらかに子育てを楽しむことが重要です。あくまでも赤ちゃんの本能に従った睡眠時間は意外と優秀なのです。

赤ちゃんの睡眠の時間帯【睡眠時間を整える方法】

基本的な過ごし方

ここからは、赤ちゃんの睡眠時間を整える方法をご紹介します。赤ちゃんの睡眠時間を整えることは赤ちゃんの成長にはとても重要です。睡眠時間を整えるには生活リズムを整えるようにするといいでしょう。まずは、基本的な過ごし方をご紹介します。

赤ちゃんの基本的な過ごし方としては、昼間は明るい場所で過ごすようにしましょう。20時以降は部屋を暗くして寝るモードにします。寝る前のお風呂はぬるめの温度がおすすめです。寝る前には赤ちゃんが興奮するような遊びは避けて、眠りに入りやすい癒されるような自然を感じる音楽にするといいでしょう。

生後1ヶ月頃まで

miyu_baby2018さんの投稿
39965687 395965804270849 4268404870163543334 n

生後1ヶ月ごろまでの過ごし方としては、日中はそれほど静かにしなくても自然な感じで過ごせば大丈夫です。日中はなでたり、抱っこしたりとスキンシップを大事にしてあげると赤ちゃんは安心して気持ちを落ちつかせることができます。赤ちゃんへの肌に触れる機会を多く持つことをおすすめします。

生後1ヶ月~2ヶ月頃

生後1ヶ月~2ヶ月頃は、赤ちゃんも少しずつ区別がついてくる時期になります。日中には窓を開けたりしながら外気欲をするようにしましょう。日中は赤ちゃんに話しかけたり、抱っこしたり、赤ちゃんとの関わりの時間を持つようにしましょう。眠る前には癒しの音楽やベビーマッサージがおすすめです。

生後3ヶ月~4ヶ月頃

mama77ccさんの投稿
39613362 232129810790313 5206529213369560354 n

生後3ヶ月~4ヶ月頃は、赤ちゃんの昼夜の区別がはっきりとしてくる時期になります。日中の散歩などを日課にすると生活のリズムが整いやすくなります。寝返りなど活動が増える時期でもあるので、日中はいっぱい遊ばせてあげるようにするといいでしょう。しかし、昼夜逆転も起こる時期でもありますのでその場合は日中の散歩や遊びの量を増やしてあげるといいでしょう。

生後5ヶ月以降

生後5ヶ月以降は、離乳食をスタートさせる時期です。食事の時間を中心に生活のリズムが作りやすくなります。遊ぶ、食べる、昼寝をする時間を決めることで日中の生活リズムを整えることが可能となります。日中に赤ちゃんが自由に動き回る環境を作ってあげましょう。

午後のお昼寝は遅くても15時には切り上げるようにしましょう。遅くまでたっぷり寝てしまうと夜寝れなくなってしまいますので要注意です。寝る前にはたっぷりと授乳することで夜中に目が覚めないように工夫しましょう。寝る前の癒しの心地よい音楽も眠気を誘ってくれますのでおすすめです。

入眠儀式を上手に活用しよう

夜なかなか眠ってくれない赤ちゃんには困ってしまいますね。しかし、月齢が低いうちは睡眠のリズムが整わないのはある程度は仕方ないと理解することも大切です。しかし、入眠儀式を行うことで生活のリズムが整いやすいので取り入れてみるのもいいでしょう。入眠儀式とは、寝る前に行う習慣のことを言います。眠りにつく前に必ず行うことを決めて実行することで眠りに誘いやすくなります。

tajima_family_115さんの投稿
40880219 130374394578365 1475918798658597567 n

この行為をしたら寝る時間だと自然と身体が覚えてしまうように習慣化することが重要です。入眠儀式には様々な方法があります。自分が取り入れやすいものから試してみるといいでしょう。入眠儀式としては、ゆったりとした癒し系の音楽を流す、背中をトントンする、マッサージをしてあげる、子守唄を歌う、絵本を読み聞かせる、お気に入りの毛布を添えるなどあります。

眠る前にはこの音楽と決めてしまうのもいいでしょう。よくスーパーなどの閉店時間に蛍の光など閉店時に決まった音楽が流れるとお客さんは閉店だと認識できるのと同じです。とても効果的ですので、眠りを誘ってくれるような自然の音の音楽や癒し系の音楽がおすすめです。

赤ちゃんの睡眠の時間帯【寝かせ方のポイントとは?】

赤ちゃんを寝かせるタイミング:ミルクやお風呂の後

ここからは、赤ちゃんの寝かせ方のポイントをご紹介します。寝かせ方のポイントとしては、寝かせるタイミングが重要になってきます。赤ちゃんを寝かせるタイミングをいくつかご紹介しましょう。

chihi_hichiさんの投稿
40872881 151592972414743 8396853011064978221 n

赤ちゃんを寝かせるタイミングとしては、ミルクや母乳を与えた後やお風呂に入れた後、寝かせると決めた時間などがあります。赤ちゃんが自然に眠りそうな環境を作り出してあげることが重要です。眠そうにしていたらベッドに移動して寝かしつけるようにしましょう。

寝かせ方のポイント:抱っこして寝かせよう

kazenostudiocoroさんの投稿
39865318 320941171991040 8675290422365717964 n

赤ちゃんの寝かせ方のポイントとしては、抱っこして寝かせるという方法があります。赤ちゃんは抱っこされるとほっと落ち着くことが出来ます。人の体温と鼓動を感じることで、ママのお腹の中のことを思い出して心地よくなるようです。

utamaron3さんの投稿
40000777 514560198956597 1581681831407207910 n

どうしても眠らないときには、気持ちが落ち着くまで抱っこをしてあげるといいでしょう。抱っこの心地よさにうとうとしてきたら寝かしつけてあげるといいでしょう。

寝かせ方のポイント:絵本・音楽・グッズなどを活用しよう

qianxun14さんの投稿
40399238 2167668030146183 1755450919458471613 n

赤ちゃんの寝かせ方のポイントとしては、絵本や音楽・グッズなどを活用するといいでしょう。赤ちゃんが一番リラックスできるのはママに抱っこされている時です。しかし、それ以外にも静かな音楽をかけてあげたり、絵本を読み聞かせてあげたりするのも効果的です。自然と眠りを誘うものを色々と試してみるといいでしょう。

寝かせ方のポイント:寝る体勢や寝方について

asxoxo777さんの投稿
40246489 545843232503146 6542758377574906834 n

赤ちゃんの寝かせ方のポイントとしては、寝る体勢や寝方について見直すことも効果的です。赤ちゃんは基本的にはあおむけで寝ます。うつ伏せで寝かせるのは窒息の恐れがありますので避けるようにしましょう。横向きで寝かせても問題はありませんが、うつ伏せになってしまわないよう注意が必要です。基本的にはあおむけに寝かせるほうがいいでしょう。

hirobear_2017さんの投稿
19534406 1820307011618604 1566636892273770496 n

添い寝や添い乳は赤ちゃんが寝付きやすい方法として人気がありますが、母親が疲れて寝てしまうと窒息の恐れもありますので気を付けましょう。赤ちゃんの上を覆ってしまわないようにしましょう。

Thumbベビーオイルのおすすめ特集!マッサージや赤ちゃんの肌のお手入れに | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

赤ちゃんの睡眠時間のサイクル【よく寝る子や短い子】

赤ちゃんの睡眠は個性の一つ

hizuru1112さんの投稿
40865266 261852904665703 6108969045258559215 n

赤ちゃんの睡眠時間やサイクルには個人差があります。よく眠る子もいれば、睡眠時間が少なすぎるのではないかと心配してしまうこともあるでしょう。しかし、心配はいりません。よほどのことがない限り、大丈夫です。睡眠は個性の一つとも言われています。

ayachan__19さんの投稿
39215272 268168680471397 1967510763275339413 n

大人でも睡眠時間が短くても大丈夫な人もいれば、長く寝ないともたない人もいます。その子に適した睡眠を赤ちゃんの頃は本能的に取ろうとしますので、いつまでも元気に過ごせる赤ちゃん、あまり眠らない赤ちゃんもいることを認識しましょう。しかし、心配であれば一人で悩まずに医師などに気軽に相談することをおすすめます。

赤ちゃんの睡眠時間を快適にしてあげよう!

mionmama1007さんの投稿
40696863 165518727665680 5644705925055180694 n

赤ちゃんの睡眠時間について、年齢による睡眠の平均時間やサイクル、寝かしつけのポイントや睡眠時間を整える方法、赤ちゃんの睡眠の特徴などを様々ご紹介してきました。赤ちゃんの睡眠時間のサイクルなどを理解することで赤ちゃんの睡眠時間を快適にしてあげることができるようになります。

赤ちゃんの睡眠時間のサイクルや特徴、寝かしつけのポイントなどを抑えて、ママさんやパパさんも睡眠不足にならないように気を付けましょう。赤ちゃんの睡眠サイクルや生活リズムを整えることで育児も少しずつ楽になっていきます。赤ちゃんの睡眠環境を整えて、睡眠時間を快適にしてあげましょう!

Thumbベッドメリー特集!おすすめのおしゃれな人気商品で赤ちゃんもごきげん! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ