27歳で貯金なしの人の割合は?平均額や中央値など様々な金額を紹介

転職や結婚・出産など人生の転機と言える出来事が起こるのも27歳が多いということができるでしょう。では、27歳の貯金はどれくらいあれば安心なのでしょうか?平均額や中央値は?そこで、27歳で貯金なしの人の割合は?平均額や中央値など様々な金額を紹介します。

目次

  1. 27歳で貯金はどれくらい?貯金なしの人の割合は?
  2. 27歳の貯金【平均額&中央値】
  3. 27歳の貯金【男性・女性の差】
  4. 27歳の貯金【既婚者(夫婦)と独身者の違い】
  5. 27歳の貯金【平均収入】
  6. 27歳の貯金【賢い貯蓄方法】
  7. 27歳の貯金【貯金額の特徴】
  8. 27歳で貯金ゼロの人の割合

27歳で貯金はどれくらい?貯金なしの人の割合は?

皆さんは、27歳ではどのくらいの貯金をしていると思いますか?高卒であれば約10年、大卒であれば5年の社会経験がある27歳ですが、転職や結婚・出産など人によってさまざまな転機を迎えるのも27歳と言われています。人によっても男性・女性によってもその状況は異なってくるようです。

micihka.love358さんの投稿
39744560 870035776534240 3966797726905008128 n

27歳という年齢で男性よりも女性の方が状況の異なりが多いということができるでしょう。27歳の女性の場合、結婚して退職した女性、結婚して子供ができた女性、結婚しても仕事を続ける女性、独立して頑張っていく女性、結婚はしないでバリバリ働いている女性など実に様々です。女性には出産というものがありますので、その分多岐にわたっているのでしょう。

それぞれのライフスタイルは異なりますが、決まって話題となるのはお金のことが多いようです。ライフスタイルは異なっていても何かとお金は一生付きまとう課題でもあるので当然と言えば当然かもしれません。27歳は様々な転機の年とも言われていますが、27歳の男性・女性はどのくらい貯金をしているのでしょうか?気になるところですね?

mairie0828さんの投稿
40041737 2347985311884477 3600493740189286400 n

そこで、人生の転機を迎えるであろう27歳での貯金の平均額や中央値、貯金なしの割合などを様々ご紹介してきます。貯金なしよりは貯金があった方が良いと誰もが思っているはずです。しかし、貯金の差が生れるのはなぜでしょう?どのようにしたら貯金は増やすことができるのでしょうか?それらも踏まえて解説していきます。

yuji_miya0914さんの投稿
40275864 669244776765883 7897592077314137444 n

まずは、一般的な27歳の男性・女性の平均貯金額や中央値を知ることで大体の目安を見つけましょう。それに対して、自分は現在どの位置にいるのか?これからどこを目指したいのか?によっても対策は異なっていきます。27歳の貯金の現状を把握して自分と照らし合わせてより良いライフスタイルを実現しましょう。

27歳の貯金【平均額&中央値】

27歳の貯金平均額はどのくらい?

ここからは、27歳の貯金の平均額や中央値をご紹介します。一人暮らしの人などは生活にいっぱいいっぱいで貯金まで手が回らないという人も多いでしょう。しかし、同年代の27歳の平均貯金額や男性・女性別ではどのくらいの金額を貯金しているのかも気になるところのようです。

yukari_31さんの投稿
41281699 275890189802583 7201861599952425933 n

27歳の平均的な貯金額としては189.2万円というデータが出ています。また、男性の平均貯金額は190.8万円なのに対して女性の平均貯金額は138.6万円となっています。女性の貯金の平均額の方が男性よりも50万円以上下回った結果となりました。これにはどのような理由があるのでしょうか?

27歳の女性の貯金平均額よりも男性の貯金平均額の方が50万円を上回っている主な理由としては、平均年収が大きな影響を与えていると言っていいでしょう。27歳の男性の平均年収は378万円なのに対して、27歳女性の平均年収は341万円となっています。男性よりも女性の平均年収が40万円も低くなっているのです。これを踏まえると男女ともに27歳での平均貯金額は妥当ということができるでしょう。

27歳の貯金の平均額を知って呆然とする人もいるでしょう。あまりにも自分の現実とはかけ離れている額と感じたでしょうか?それも仕方ありません。27歳の平均貯金額は、全27歳の貯金額を足して人数で割った金額となっています。その中には資産家に生まれ生まれながらにして親から数十億の預金を送られている人もいるのです。27歳の貯金平均額はあくまでも参考程度にしておくのがいいでしょう。

中央値とは?

hawks.t.51さんの投稿
40412866 471589613341630 5906812051958792192 n

27歳の平均貯金額よりも貯金の中央値の方が現実的な額になっています。27歳の貯金の平均値よりも貯金の中央値を参考にするといいでしょう。貯金の中央値をご存知ですか?中央値とは、1人1人の貯金額を少ない金額から順番に横に並べていきます。その時に真ん中にくる値のことを言います。27歳の貯金中央値で言うならば、27歳の貯金を少ない順に並べてその中央に来た値を言います。

27歳の貯金の平均額は、違和感を覚える人が多いようです。どんなに切り詰めて頑張っても限界があります。平均の年収から考えても相当レベルを下げて生活をしないと、もしくはしてもそれほどの貯金はできないと感じている人もいるでしょう。それにはからくりがあります。平均額の中には資産家の生まれで生まれながらに預金を十分にもらっている人の金額も入っているからです。

ars_t.0721さんの投稿
40430728 2094873473864901 142031620807559143 n

この貯金の中央値は、平均貯金額に比べて現実的な値になっていると言われています。では、27歳の貯金の中央値を見ていきましょう。27歳の貯金の中央値は約30万円となっています。この数字は27歳の平均貯金額を大きく下回っています。この数字を見て現実味を帯びてきた人も多いでしょう。

27歳の貯金中央値はどのくらい?

youlucky24678さんの投稿
40895273 1670705399724585 7739082301321111887 n

27歳の平均月給は23万円です。その23万円から生活費や交際費、奨学金などを返済していくと貯金ができるどころかギリギリか月によってはマイナスが出てしまうなんてことも多いでしょう。また、大学卒であれば社会人になって5年目でしかなく、27歳の一般的な貯金額が30万円というのも納得がいく数字なのではないでしょうか?

27歳の平均年収の金額を考えても貯金の中央値である30万円という額は妥当ということができるのではないでしょうか?親からの預金などが一切ない人で一からの貯金スタートの人でも30万であれば、何とか貯蓄することが可能な金額だと感じるでしょう。27歳の平均貯金額をみて自分が貯金なしだからといって慌てることはありません。平均貯金額と中央値の認識を深めることが重要です。

27歳の平均貯金額よりも中央値を参考にしていくといいでしょう。平均貯金額は参考程度に世の中にはいろいろな人がいるという認識をすることが出来ます。自分の現実の貯金額と中央値を基準に平均貯金額は参考程度にしていくことで、ムリのない貯金プランが立てられるでしょう。貯金なしよりも貯金は少しでもあった方がいいですが、あまり無理をしても長続きはしません。

27歳の貯金【男性・女性の差】

27歳の貯金:男性で最も多いのは200万~300万

sakuya.915さんの投稿
40657443 149564615979104 6857009478944479938 n

ここからは27歳の貯金額、男性・女性の差についてご紹介します。27歳の男性はどれくらいの貯金をしているのでしょうか?マイナビの調査では次のような結果が出ています。100万円未満が6.4%、100万以上~200万円未満が11.8%、200万円以上~300万円未満が32.1%、300万円以上~400万円未満が26.8%、400万円以上~500万円未満が17.2%、500万円以上5.7%となっています。

27歳の男性の貯金額で、最も多いのは、200万円以上~300万円未満の32.1%となっています。次に多いのが300万以上400万円未満の26.8%です。ここでは、27歳の貯金額の平均額と同じような数値になっています。27歳の男性では貯金している人も多いということができるでしょう。

27歳の貯金:女性で最も多いのは1,000万円以上

27歳の女性の貯金額はどのくらいになっているでしょうか?27歳の女性の貯金額は男性よりも細かな数字で調査されています。100万円未満が17.3%、100万円以上200万円未満が12.8%、200万円以上300万円未満が13.1%、300万円以上400万円未満が11.8%、400万円以上~500万円未満が2.7%、500万円以上~600万円未満が16.2%となっています。

885manaさんの投稿
41304925 292568734858095 7929476956529137512 n

また、600万円以上~900万円未満は4.5%、900万円以上~1000万円未満2.7%、1000万円以上18.9%となっています。27歳の女性の貯金額で一番多いのがなんと1000万以上で18.9%という結果が出ています。高校生からアルバイトをしてコツコツと貯金をしている27歳の女性は1000万円以上も可能な金額なのです。

次に多いのが100万円未満で17.3%という割合となっています。27歳の女性の貯金額は上位の金額が両極端な金額となっています。27歳の女性の貯金額にはばらつきがみられるものの100万円~600万円未満の貯金が現実的な貯金の金額となっているようです。

27歳の貯金【既婚者(夫婦)と独身者の違い】

ここでは、27歳の貯金:既婚者(夫婦)と独身者の違いについてご紹介しましょう。既婚者と独身者でも27歳の貯金の金額は大きく異なってきます。それは、結婚式での費用がかなりかかるということです。最近では、結婚式の金額が高すぎるということから結婚式を挙げない夫婦も増えています。

しかし、一生に一度かもしれない結婚式を盛大にあげたいという人も多いようです。そのような場合はお互いが今まで貯めてきた貯金を出し合って結婚式を行っているのです。結婚することを目的に貯金をせっせと貯めている人もいます。結婚でお金がかかるのを前提にスタートしています。

やはり、女性にとっては結婚式は憧れなのです。結婚式はお金を使うべきところと認識している人はそのために貯金をせっせとします。しかし、結婚式に加えて新婚旅行も行くとなると相当なお金が必要になってきます。結婚式を挙げることでお金と向き合う現実が一気に身近に感じるようです。

r618830aさんの投稿
40917197 486450041854647 6597985409519908047 n

27歳で結婚する人は結婚式や新婚旅行、新居の家具などを揃えたりとありとあらゆる出費が待ち構えています。男女ともに相当な金額を貯金してきていても一気に貯金金額が0になるということも多いようです。27歳の既婚者と独身者ではそういう意味で貯金の差が生れてくるのです。既婚者は一気に貯金が少なくなり、独身者の貯金はそのままキープされているという状態です。

27歳の貯金【平均収入】

ここからは、27歳の平均収入をご紹介します。27歳の平均収入はどれくらいだと思いますか?また、男性、女性では違ってくるのでしょうか?人によっては結婚している女性で主婦になった方は一時的に収入が0になるということもあるようです。ここでは、独身の正社員の平均収入をご紹介します。

r618830aさんの投稿
40558611 1671411309655028 5385119961818148785 n

転職サイトのDODAのデータでは、正社員の平均収入は男性で約386万円、女性で347万円となっています。ボーナスなどもありますので、月収は約25万~30万円ということができるでしょう。会社によっては売り上げの成績などで同じ27歳でも大きく差が出る仕組みの会社もありますので一概には言えませんが、参考にしてみるといいでしょう。

27歳となると大卒では社会人5年目、高卒では社会人10年目くらいになります。5年目というと中堅のクラスに突入です。給料も歩合制になる確率が高くなります。27歳は実力給が大きくかかわってくる年齢でもあるのです。若手の頃は、売り上げが伸びなくても失敗しても給料はしっかりもらえます。

h0ney.x_x.msoさんの投稿
40519331 543939666035459 9135969158100148184 n

しかし、27歳という中堅クラスになってくると新人の教育や仕事が増えるのに給料が思うように伸びないというジレンマを抱えるようになります。それゆえに27歳は転職する確率が高い年齢ともいえるのです。

転職する理由は人それぞれですが、石の上にも3年が終了し自分の人生を本当の意味で真剣に考える年齢になると言ってもいいでしょう。今後自分がどうなりたいかによって、今までの職場で上を目指して頑張り続けるのか、それとも転職して新しい職場の可能性を探っていくのかに分けることになります。その行動次第で貯金額もかなり大きな差になっていくでしょう。

27歳の貯金【賢い貯蓄方法】

貯蓄方法①給料が入ったらまず貯金

hoso.maさんの投稿
40637963 469316986889072 6401518363775860736 n

ここからは、27歳の賢い貯蓄方法をご紹介します。貯蓄方法としては、給料が入ったら貯金する習慣を付けましょう。貯金ができない人の特徴は、給料の余ったお金を貯金しようと考えているケースが多いです。お金はそのようなスタイルですとなかなか貯めることができません。

特に給料がそれほど多くない年齢の時は意識的に貯金を優先しないと不可能です。まずは毎月決めた額を一定額貯金します。要は光熱費などと同じ考えをするのです。必要なお金を差し引いてしまうということです。あとは残ったお金でやりくりしていくクセを付けるようにしましょう。給料が20万円の場合は3万円は貯金として一番初めに差し引き、残りの17万円で生活するということです。

貯蓄方法②安いものを大量買いせず良いものを1つだけ買う

27歳の貯蓄方法としては、安いものを大量買いせずに良いものを1つだけ買う習慣を身につけましょう。安いものですとすぐにダメになってしまったり、ついついたくさん買ってしまって家がもので溢れるということになります。ただ安いからという理由で購入していたのだとしたら考えを変えてみるのもいいでしょう。

本当に必要な物良いものを見分けるコツは、自分でルールを作るようにするということです。これ欲しいと思った瞬間1週間後も欲しいのか自問してみましょう。もしくは、実際に欲しいと思った1週間後に買うなどの自分なりのルールを決めて行動してみるといいでしょう。

衝動買いの多い人は高確率で貯金が少ない可能性が高いです。衝動買いが多くて貯金なしあるいは、クレジットカードの未払い金がある方もいます。それはお金をすぐに支払うという癖がついているからです。衝動買いは1週間後にはその購買意欲が小さくなることがほとんどです。欲しいと思ったら1週間後に購入するということから挑戦してみるといいでしょう。

貯蓄方法③副業を始めて収入源を増やす

27歳の貯金方法としては、副業を始めて収入源を増やすという方法もあります。やはり収入が少なくては貯金が貯まらないのは当然です。少しでも多くの収入を作り出す努力をすることが重要になってきます。生活費にかかる金額というのはそれほど大きく変動しません。収入が増えていけば自然と貯金も増えていきます。節約も重要ですが、収入を増やすことを重点的に考えるのもいいでしょう。

東京に住んでいる方は、家賃の高さに頭が痛いのではないでしょうか?どんなに切り詰めても最低限出ていく金額があります。家賃や食費にある程度かかってしまうと貯金どころではありません。ある程度の基準までは収入を増やす努力をしていきたいものです。贅沢しているわけでもないのに貯金が貯めれない人は収入を増やすことが重要です。

副業をすることで日々はストレスなく普通に生活していても月に10万円などの貯金が可能となっていきます。副業あってこそという方も意外と多いのです。最近では、ネットを上手に活用することで隙間時間に副業することも可能です。パソコンとネット環境があれば副業も難しくありません。あとは意欲と行動あるのみです。貯金なしの人も大丈夫です。挑戦してみましょう!

27歳の貯金【貯金額の特徴】

貯金額が100万円の人の特徴とは?

ここでは、27歳の貯金額の特徴をご紹介します。27歳の貯金額は人によって実に様々です。貯金額ごとの特徴を知ることで貯金するコツもわかるかもしれません。まずは貯金について様々なデータ、情報を知ることから始めましょう。貯金額が100万円の人の特徴をご紹介します。貯金額が100万円の人は老後のために貯金をしているという人が圧倒的に多いです。

mamiii0912さんの投稿
40705774 1791055144345970 7082904417897671454 n

明確や用途や目的はないけれど、漠然と老後にはお金がかかりそうだから少しでもお金を貯めておこう、貯金しておこうという考えの人が多いようです。27歳というと将来の使い道がまだはっきりと見えてこない人が多いようです。何にどれくらいの金額がかかってくるのか?そもそもどのようなことにお金が必要なのかも曖昧です。

何年後までにどのくらい貯めるという目標も明確でないことが多いです。100万円くらいの貯金の人は、明確な目標や目的があるわけではないけど将来のために少し貯金しておこうというスタンスです。月に2万程度ムリなく貯金していこうという考えが多いです。また、余裕のない月は貯金もムリをしないというペースで貯金している人が多いのが特徴です。

貯金額が200万円の人の特徴とは?

貯金額が200万円の人の特徴は、100万円の貯金額の人と同様な考えの人が多いです。老後の生活資金のために、何かあった時のために貯金しておこうという考え方です。それに加えて、がんや生活習慣病に備えて貯金をおこなっているという方もいます。

貯金額が300万円の人の特徴とは?

貯金が300万円の人の特徴は、将来の結婚に備えて貯金をしようと考えている人が多いようです。理由が変わってくると目標が明確な分だけどれくらいの費用がかかるか、どのくらいの貯金が必要かなども割り出すことができるので、数字が明確な分貯金をスムーズに貯めることが可能となるようです。

貯金額が400万円の人の特徴とは?

貯金が400万円の人の特徴は、老後の生活資金やガンなどの病気などの備えに加えて、海外旅行にも行きたいと考えている人が多いです。また、近い将来に結婚を考えている人もいます。結婚に向けてカップルで貯金額の目標を決めている人もいます。目的、目標が明確になるほどに貯金は貯まっていく傾向にあるようです。

貯金額が1000万円以上の人の特徴とは?

貯金が1000万円以上の人の特徴としては、さらに目的や目標が鮮明になっています。27歳で1000万以上の貯金というとかなりの倹約家とも言えます。マンションを現金で購入したい、一生独身でも大丈夫なように貯金をしている人もいます。

27歳は他の世代よりも堅実な人が多いと言われています。それは、不況の煽りを受けて就職難に直面しているからとも言えるでしょう。20代のうちから年金は当てにしていないという考えの人が多いです。老後の資金を貯めるのは当たり前、その他、がんや生活習慣病のため、結婚資金、マンション代など明確な目標がある人ほど貯金が多いという特徴が垣間見れます。

27歳で貯金ゼロの人の割合

貯金のない人の割合は全体の20%弱

堅実で貯金が意外と多い27歳ですが、貯金なしの割合はどのようになっているのでしょうか?厚生省の調査では、貯金なしの人の割合は全体の20%弱と言われています。一人暮らしを始めたばかりの人や転職活動で無収入の時期を過ごしていた人などは貯金なしの人が多いです。

貯金なしの人は収入に見合わない買い物や生活をしていることも多いです。貯金なしの人で、貯金を増やしたいのであれば、ランチを弁当にしたり、洋服はオンオフ両用で着られるものにしたり、飲み会は月〇回までと決めたり、マイルールを決めて挑戦していくといいでしょう。

貯金のコツは長期的にコツコツと無理のない範囲で続けていくことが重要です。27歳の現在貯金なしだからといって心配することはありません。これから貯金の方法やコツなどを学んで行動に移していくことで貯金をすることが可能です。

aaaaannnttnさんの投稿
40212690 716192652047647 7218720480643499569 n

貯金なしの人も諦めずにもしもに備えて貯金していきましょう。また、貯金のコツとしては、明確な目標が必要不可欠です。貯金なしの人は、まずは、明確な目標を掲げて少しずつ挑戦してみるといいでしょう。最近は、災害や事故、病気など何が起きても不思議でない世の中となっています。少しでも多くの貯金ができるように挑戦してみましょう。

貯金額が増えるのは30代から

27歳の平均収入や平均貯金額、男性・女性での貯金の差や、貯金なしの人の割合、貯金額別の特徴、貯金の方法など様々ご紹介してきました。27歳でも貯金なしの人の割合は20%弱います。状況によっては、やも得ない場合もあります。気を落とさずにこれからコツコツと貯金すればいいのです。

27歳以降は収入もどんどん上がっていく可能性もあります。生活の基盤を整えていくことで今後一気に貯金を加速していくことが可能となります。貯金の目的、目標を明確にして将来のもしものためにコツコツと貯金をしていくようにしましょう。無理のない貯金方法を身につけて、確実に貯金を貯めていけるようにしましょう。

Thumb牛乳パックで貯金箱の作り方!フェルトや紙粘土も使って楽しく工作 | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ