26歳で貯金なしの人の割合は?中央値や貯金額など様々な金額を紹介

26歳といえば、20代も後半へ突入、そろそろ将来のキャリアや結婚、子供についてなど将来のビジョンを描き始める時期ではないでしょうか?26歳の貯金はどのくらいあれば安心?26歳で貯金なしの人の割合は?中央値や貯金額など様々な金額を紹介します。

目次

  1. 26歳の貯金額の平均や中央値・貯金なしの割合
  2. 26歳の貯金額【男性・女性別平均貯金額】
  3. 26歳の貯金額【平均所得】
  4. 26歳の貯金額【貯金額の中央値】
  5. 26歳の貯金額【貯金なしの人の割合】
  6. 26歳の貯金額【貯金ができている人の特徴】
  7. 26歳の貯金額【貯金額別の多い?少ない?】
  8. 26歳の貯金額【職業別の平均貯金額】

26歳の貯金額の平均や中央値・貯金なしの割合

26歳になると20代後半へ突入したこともあり将来のビジョンをそれぞれ描き始める人もいるでしょう。仕事のキャリアや結婚、子供などを考える時期でもあります。大学を卒業して働き始めて3~4年目に差し掛かる26歳ですが、一般的にはどのくらいの貯金を貯めているのでしょうか?とても気になるところです。

そこで、ここでは26歳の男性・女性の平均貯金額や貯金の中央値、平均所得、貯金なしの割合や貯金ができる人の特徴、貯金額別の特徴、職業別の平均貯金など26歳の貯金事情についてさまざまご紹介していきます。26歳で貯金なしの人も慌てる必要はありません。今からでも貯金の貯め方のコツをしっかりと掴んで取り組むようにすればいくらでも挽回していけます。

yukimama827さんの投稿
41302878 2367786716579713 1902516915884178475 n

26歳の平均貯金額や中央値などと自分の貯金を比較してみることが大切です。自分の状況を客観的に分析することで次へのステップを見つけることができます。26歳では、1人暮らしか実家での生活かによっても貯金額に影響を及ぼします。また、26歳の貯金額の平均はあくまでも平均額なので意外とびっくりするような金額がはじき出されているのが現状です。

daiki.hata.freeさんの投稿
41473848 1967679339936840 3214309042880027679 n

26歳の平均貯金額は、26歳の貯金額をすべて足して足した人数分で割って割り出しています。26歳の中には資産家の息子さん、娘さんもいるでしょう。資産家の子供は生まれながらにして高額な預金額をすでに持っている人もいます。それらも含まれていることを認識して参考程度に見るといいでしょう。

daiki.hata.freeさんの投稿
41274645 1798558106924874 4255542128413191710 n

26歳の平均貯金額は現在の自分の貯金額とあまりにもかけ離れた数字で愕然としてしまう人も多いようです。それもそのはず、平均貯金額はいろいろな経済状況の人を一緒くたにして計算していますのでそのようなことがおきます。しかし、貯金の中央値は意外と納得の数字が出るのではないでしょうか?26歳の貯金額を見る場合には平均貯金額と中央値の両方を参考にするといいでしょう。

26歳の貯金額【男性・女性別平均貯金額】

ここからは、26歳の貯金額:男性・女性別の平均貯金額をご紹介します。26歳の自分の貯金額がどのような位置にいるのかなどを分析する時のひとつの参考になるのが平均貯金額です。総務省が公開しています26歳の平均貯金額の統計によりますと、30歳未満の男性の平均貯金額は164万円、女性の平均貯金額は144万円となっています。

男性と女性では約20万円の差が出ていますが、平均年収を見れば納得するでしょう。男性の平均年収は345万円、女性の平均年収は280万円となっています。年収はかなり女性の方が少なめですがその割には貯金には貢献していると言えるでしょう。貯蓄比としては、男性が47.6%なのに対して女性が51.5%となっています。

大学を卒業してからの就職の場合、22歳~23歳くらいからの就職となりますので、男性は貯金を26歳までに160万円にする場合は月に3.3万円~4.4万円貯金することになります。女性の場合は貯金額が140万円ですので月に2.9万円~3.8万円貯金するということになります。

hide_0923_f1さんの投稿
41730441 164813207732142 4941238797834658353 n

26歳は社会人として月に20万ほど稼いでいることになります。月数万円の貯金は大したことがないように感じる人もいるでしょう。しかし、1人暮らしや車を持っていたりするとそれだけで精いっぱいで貯金まで及ばないという人も多いです。その中での貯金は素晴らしいと言えるでしょう。経済状況によって26歳での貯金なしがいるのも当然と言えます。

makun3776さんの投稿
41342542 1068421576642021 4237974935407951872 n

この平均貯金額はあくまでも平均ですので、26歳のみで計算した場合はもう少し貯金額が高くなるかもしれません。平均貯金額はあくまでもさまざまな経済状態の人を一緒くたにして計算しているということを念頭にして参考程度にとどめておくのがいいでしょう。

26歳の貯金額【平均所得】

hiroshidesu03さんの投稿
42400818 279036449608491 5542895272490696704 n

ここからは、26際の貯金額、平均所得についてご紹介します。国税庁の平成28年民間の給与実態統計調査によると25歳~29歳までの平均給与所得は、309万円となっています。給与所得を男性・女性別に比較をすると男性の平均所得は383万円、女性の平均所得は351万円となっています。男性よりも女性の方が32万円少なくなっています。

男女平等といっても日本では、どうしても男性優位の社会が根強いです。女性の給与所得も男性と比べると低くなっている傾向が高いです。26歳のみの平均給与所得についてご紹介しましょう。2017年の26歳平均給与所得は360万円となっています。男性の26歳平均給与所得は376万円、女性の平均給与所得は338万円です。

vegaxx07さんの投稿
40768878 2115327998733264 6908750658764371079 n

給与所得の金額は勤めている企業や地域によっても大きく異なってきます。26歳の平均給与所得が最も多かった地域は東京になっています。東京の平均給与所得は427万です。平均給与所得が低かった地域も存在しています。平均給与所得が低かった地域としては、秋田、青森、宮崎、沖縄となっており、平均給与所得は244万円でした。

akarinrin.littieさんの投稿
40659543 283763069113438 20133385758015666 n

また、企業によっても平均給与所得の額が変わってきます。一般的に大企業と言われている企業に勤めている人の平均給与所得は26歳で353万円なのに対して、小企業とされているところに勤務している26歳の平均給与所得は265万円という結果が出ています。当然のことですが、勤めている企業や地域によっても26歳の平均給与所得は大きく異なっています。

26歳の貯金額【貯金額の中央値】

ここからは、26歳の貯金額の中央値をご紹介します。中央値とはどのような意味を表しているのでしょうか?中央値とはその名の通り、真ん中の値を表しています。貯金額の中央値というのであれば、貯金額が低い人から順番に並べていってその真ん中になる値のことを中央値といいます。中央値は貯金の平均値と比べてより実態を正確に表していると言われています。

26歳現在の自分の貯金額が多いのか?少ないのか?を知りたいときは中央値を基準にするとより現実的です。例えば、貯金なしの人と、貯金が100万円、1億円の人がいたとします。この際の貯金の中央値は100万円となります。しかし、この3人の26歳の平均貯金額は約3600万円になります。この例をみますと、平均値というのは時としてあまり役に立たない、現実的でないということが言えます。

貯金の平均値よりも貯金の中央値の方が現実的であり、26歳の貯金額の実態を表していることになります。総務省が発表している20代の平均貯金額は、男性・女性ともに150万となっています。また、同じ総務省の発表による貯金の中央値は30万円という数値が出ています。平均貯金額の約1/5の金額となっています。一気に現実味を帯びてきましたね?この金額であれば達成可能と思うでしょう。

bijin_manekatsuさんの投稿
41622627 233035024037666 1924704287061966848 n

26歳での貯金の中央値が30万円の場合、22歳で大学を卒業して就職したとして、月に7000円ずつ貯金をすれば達成可能な金額となっています。平均と比べると自分が圧倒的に貯金ができていないと感じ自己嫌悪に陥る人もいるでしょう。しかし、平均値、中央値の出し方を認識することでそこには落とし穴があることに気が付くでしょう。

instayounoyatuさんの投稿
41315036 227489578122800 5669438228940193792 n

26歳の貯金額の平均値と中央値の数字が大きく乖離している場合は、中央値を参考にするとより現実的です。平均貯金額が自分の貯金額と大きく違うからといってあまり落ち込む必要はありません。しかし、中央値よりも下の場合は真ん中よりも下ということになりますので、少し貯金について真剣に考えた方がいいでしょう。貯金の額にはその人の生活環境なども影響しますので一概には言えません。

26歳の貯金額【貯金なしの人の割合】

貯金なしの人の割合は?

ここからは、26歳の貯金なしの人の割合をご紹介します。26歳といえども貯金の額はさまざまです。同じ26歳といっても資産家に生まれたことで生まれながらにして預金がたっぷり用意されている人から、実家暮らしの人、ひとり暮らしの人によっても貯金額が大きく変わってくるのは当然と言えるでしょう。

ryoma_satogramさんの投稿
41319184 1841023029326269 559330154114867950 n

26歳の貯金なしの人はどれくらいの割合となっているのでしょう。20代の貯金の平均額は150万円と言われています。また、中央値は30万円です。しかし、貯金なしの人を含めて中央値を出すとなんと0となります。26歳で貯金なしの人は62.6%に及んでいるのです。

この数字を見て驚かれる人も多いでしょう。貯金がなしの人はどうして貯金なしなのでしょう?26歳で貯金なしの人には貯金をする能力がない人と、ひとり暮らしや低給料ゆえに生活するのが精一杯で貯金に及ばないというのがあります。しかし、少しずつでも貯金はしていくようにした方がいいでしょう。万が一のことを考えてしっかりと貯金をする習慣を身につけましょう。

どのくらい貯金があると安心?

26歳で貯金なしの人はもしもの不安が付きまといますね?少しずつでも貯金する習慣を身につけて貯金することをおすすめします。では、どれくらい貯金があったら安心するのでしょうか?100万円?500万円でしょうか?貯金をするときには明確な目標が必要不可欠です。まずは、どのくらい貯めようという明確な目標を定めましょう。

daiki.hata.freeさんの投稿
40655592 284124288866733 4085216369227482468 n

26歳の貯金なしの人がどのくらい貯金を持っていたら安心なのでしょうか?いきなりその金額が無理だとしてもそれを知っておくと貯金に取り組む大きな目標を得ることになります。26歳で貯めておきたい貯金額としては、自分がチャレンジしたいことにチャレンジできる額まで貯金するということです。26歳になりますと転職や退職など考える人もいます。

また、新たな挑戦をするために勉強を始める人もいるでしょう。そのような時に備えて貯金をしておけば、お金がないからとやりたいことを我慢しなくても済むようになります。自分がチャレンジしたいときにチャレンジできるにはどのくらいの金額が必要でしょうか?貯金額としては、半年~1年くらいの生活資金が貯金できると理想です。

m_z.gucciさんの投稿
40831396 624416471287364 8641254326477092804 n

月の生活費が25万円だとすると25万円×6ヶ月=150万円ということになります。1年分であればその倍の300万円あると安心です。貯金なしの人が一番最初にしなくてはならないことは目標の貯金額を明確に決めるということです。目標が定まっていないのに貯金はたまりません。26歳で貯金なしの人が貯金をしようと決めたならまずは目標貯金額を決定しましょう。

26歳の貯金額【貯金ができている人の特徴】

単位で使えるお金を計算している

ここからは、26歳で貯金ができている人の特徴をご紹介します。貯金ができている人の特徴を参考に貯金に挑戦してみましょう。26歳で貯金ができている人の特徴としては、単位で使えるお金を計算しているというのがあります。毎月、毎週、毎日というような細かい単位で使用して良いお金を定めているのです。

daiki.hata.freeさんの投稿
41696692 2193758430882756 6512614795374410454 n

貯金なしの人が貯金をスタートしようとしたらまずは月どれくらい使用していいのかをしっかりと把握することが重要です。ある分だけ行き当たりばったりで使っているとドンドンお金は減っていく一方です。毎月決まった収入の中から家賃や光熱費、電話代などの決まった出費を計算します。

貯金の金額も定めて毎月給料が入ったら一番初めにそれを差し引くようにします。毎月それ以外のお金を管理するだけにすると管理もとても簡単です。月によっては急にお金が必要な時もあるでしょう。そのような場合でも貯金を貯めれる人は、翌月以降に帳尻を合わせるように工夫する努力を惜しみません。なので100万円などドンドン貯金することができます。

はっきりとした目標を持っている

daiki.hata.freeさんの投稿
40705450 245531476146261 6763551070868329986 n

26歳で貯金がしっかりできる人の特徴は、はっきりとした目標を持っているというのがあります。自分の夢をかなえるためにこれくらい貯金しよう、結婚式にはこだわりたいからこれくらい結婚資金を貯めよう、老後の生活が心配なのでこれくらい貯金しておこうなど明確な目標がある人は貯金をすることに対しても考えがブレません。

なんとなく貯金をする人はモチベーションを保つことが難しいですので貯金をスタートしても途中で挫折してしまう人が多いです。貯金をするモチベーションを保つためにも明確な目標と貯金金額をセットで決めてしまうことをおすすめします。目的意識が高いと貯金も挫折しないで貯めることが可能です。100万円でも300万円でもきっと貯めることができるでしょう。

いくら使ったのかしっかりと管理している

26歳で貯金を貯めることができる人は、いくら使ったのかをしっかりと管理しています。まずは、毎日使ったお金をノートに書く習慣を付けましょう。記録をとることで今月はあとどれくらい使用していいのかも確認することができます。

moyonokakeiさんの投稿
40298720 878074869062998 4125438196321061386 n

また、無駄遣いも振り返ることができます。今月使用できるお金が少なくなった時もその原因をたどることができます。これは無駄遣いしすぎだった、来月は調整しようとなるでしょう。

何をするにも目標を達成したいのであれば記録が重要な役割を果たします。ダイエットにしても、いつ何をどれくらい食べたのかを記録していくことで自分の行動を把握することができます。それと同じように使ったお金を記録していくことで自分のお金の使い方や現在の経済状況も把握することができます。100万円、300万円貯めたいと思うのであればしっかりと記録をとりましょう。

毎月最初に決めた額を貯蓄している

daiki.hata.freeさんの投稿
41535315 404124553452975 1823698777883547665 n

26歳で貯金を貯めている人の特徴として欠かせないのが、毎月最初に決めた金額を貯金しているというものです。貯金は、余ったお金を貯金しようという考えの人には達成できないという特徴もあります。貯金をするコツは収入が入ったら真っ先に貯金額を引くことです。

余ったら貯金に回そうでは、100万円以上の貯金を達成するのは不可能です。貯金をしっかりとしている人は必ず初めに定めた金額を貯金しています。毎月3万円を貯金すると決めたら振り込まれてまず初めにすることは3万円を貯金することです。こうすることで100万円以上の貯金も簡単にできるようになるでしょう。

26歳の貯金額【貯金額別の多い?少ない?】

26歳の貯金額:100万円

hide_0923_f1さんの投稿
41016769 1069928419841015 2199761162992321409 n

ここからは26歳の貯金額:貯金額別の多い?少ない?をご紹介します。26歳の貯金額が100万円の場合はどうでしょうか?平均貯金額が150万円となっていますので、100万円の貯金は少ないように感じるでしょう。しかし、中央値は30万円ということを考えると100万円の貯金は少なくないと言えます。

30代の貯金の中央値が130万円なので100万円の貯金額は悪くない金額となっています。26歳は自分への投資が必要な時期です。その中での100万円という貯金額は立派ということができるでしょう。自分への投資と無理のない貯金をこの調子で進めていけばよいでしょう。30代のキャリアに備えることで今後100万以上の貯金も見込めます。

26歳の貯金額:400万円

hide_0923_f1さんの投稿
41677601 356681011539052 4300331501242320124 n

26歳の貯金額が400万円の場合はどうでしょうか?400万円の貯金は100万円の貯金よりもかなり上回っています。20代の平均貯金額、貯金の平均値を見ても100万円でも悪くない貯金額です。しかし、26歳で貯金額が400万というのは相当素晴らしいと言えます。

貯金が400万といえば、50代の貯金の中央値に相当します。26歳には、100万円の貯金が現実的と言えるでしょう。大学を卒業して4年ほどでの400万円の貯金は立派ですが、誰からの援助がなくての貯金の場合は外資系などの高給な職業の可能性が高いです。もしくは実家での生活をしていたことが考えられます。

26歳の貯金額:500万円

26歳の貯金額で500万円はどうでしょうか?400万円の貯金と同様に20代の平均貯金額、中央値ともにかなり上回っている金額となっています。これだけの貯金を貯めるには、副業などをして別途で収入を得ている可能性が高いです。

hidesato0611さんの投稿
41358698 339698736574079 2289759467757384529 n

26歳で500万円の貯金を貯めることができれば、会社を設立することも夢ではありません。また、自身のお店を持つことも可能でしょう。50代の貯金の中央値よりも多いので素晴らしいの一言に尽きます。この調子で貯金をしていきましょう。

26歳の貯金額:600万円

hide_0923_f1さんの投稿
42003713 452667388474031 931910036340896501 n

26歳で貯金額が600円の場合はどうでしょうか?26歳で600万円の貯金ができているということは、かなりの高所得者か資産家の子供で生まれながらにして預金があるケースが多いです。もしくは株や投資などで大きく成功していることもあるでしょう。

親から譲り受けたマンションや財産などの投資物件があるのであれば、副業をしているのと同じように特に何もしなくても別途の収入が入り続けることになります。600万円の貯金額は中央値で言えば60代の金額となっています。平均貯金額でみれば40代の金額となるでしょう。全く心配のない金額となっています。

26歳の貯金額【職業別の平均貯金額】

職業別の平均貯金額をご紹介

ここからは、26歳の貯金額:職業別の平均貯金額をご紹介します。職業が変われば収入も当然変わってきます。収入によって貯金額もかなり変わってきます。26歳の職業による平均の貯金額も合わせてご紹介しますので参考にしてみましょう。こちらの情報は、DODAが運営しているキャリアコンパスというサイトによるデータをまとめたものとなっています。

2011年に行われた調査による情報となっています。正社員として働いている22~29歳までのホワイトカラー系の職種男女3000人を対象にしたデータとなっています。総収入とは入社してからの得た金額を示しています。ここでは22~26代までの5年間で得た収入の合計から計算されています。また、貯金額を総収入で割ったパーセンテージを貯金率で表しています。

hidesato0923さんの投稿
40587969 546918332430160 5421338495949264566 n

26歳のホワイトカラー系の全体の平均は、貯金額が242万円、総収入額が1062万円、貯金率が22.8%となっています。また、IT系では、貯金額が245万円、総収入額が1121万円、貯金率が21.9%です。メディアでは、貯金額が249万円、総収入額が1088万円、貯金率が22.9%です。金融は貯金額が249万円、総収入が1129万円、貯金率が26.7%となっています。

医療・医薬は貯金額が252万円で、総収入が1123万円、貯金率が22.5%です。建築・不動産は貯金額が224万円、総収入が1126万円、貯金率が19.9%です。サービス業は貯金額が224万円で、総収入が1004万円、貯金率が23.4%となっています。職業によってかなり異なるのがわかるでしょう。

26歳で貯金のコツを掴んで貯金しよう!

ここでは、26歳の平均貯金額や平均収入額、貯金の中央値、貯金なしの人の割合、貯金をしている人の特徴、職業別収入額、貯金額などさまざまご紹介してきました。26歳での貯金平均額は150万円、中央値は30万円となっています。26歳現在の自分の貯金状況と照らし合わせながらまずは現実と向き合いましょう。

26歳で貯金なしの人が貯金をしたいのであれば、まずはしっかりと明確な目標を定めることが重要です。また、貯金をしている人の特徴をしっかりと学んでできることから始めましょう。貯金なしの人でも目標を定めて正しい方法で取り組めば100万円以上の貯金もできるようなります。コツを掴んで挑戦してみましょう!

Thumb27歳で貯金なしの人の割合は?平均額や中央値など様々な金額を紹介 | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ