チョーカーの作り方は意外と簡単?100均素材でおしゃれに作る方法!

首につけるとインパクトがあり、おしゃれなのがチョーカーです。今はどこでもチョーカーは売っていますが、わざわざ買わなくても簡単な材料でDIYできます。チョーカーの作り方にはいろいろな方法があります。作り方をマスターして、首元のおしゃれを楽しみましょう。

目次

  1. チョーカーをハンドメイドしよう!
  2. チョーカーの作り方【基本編】
  3. チョーカーの作り方【レザー編】
  4. チョーカーの作り方【ビーズ編】
  5. チョーカーの作り方【リボン編】
  6. チョーカーの作り方【100均編】
  7. チョーカーの作り方【作品例】

チョーカーをハンドメイドしよう!

チョーカーは簡単にDIYできる

hinako.jpgさんの投稿
40717807 2178900682358800 6415629207499975862 n

首にすっとチョーカーを付けると、途端に洗練されたおしゃれな女性に変身できます。チョーカーは気軽に楽しめるおしゃれなファッションアイテムです。ネックレスや指輪と同じ、アクセサリーショップで売っているのを購入している人が多いでしょう。しかしチョーカーは自宅で簡単にDIYできると知っていましたか?

おしゃれなだけでなく、作り方も簡単です。材料に関して言えば、手芸屋に売っているリボンやレザーコードなど手軽に手に入ります。最近では100均でも材料が手に入ります。お気に入りのチャームが手に入ったら、あなたもチョーカーをDIYしてみませんか?あなただけの唯一無二のアクセサリーになります。「どこで買ったの?」なんて尋ねられたら、うれしくなってしまいますよね。

minamiikeyaさんの投稿
40612198 315172065955770 3686681218950028265 n

チョーカーのDIYの良さは、簡単な作り方で、おしゃれで高級そうに見えることです。100均の材料だけでDIYして仕上げると、まさかそんな安い材料費だったとはとても見えない仕上がりになります。パーティに招待されたら、高価なドレスにDIYしたチョーカーを合わせるのもおしゃれです。

チョーカーとネックレスの違い

magnolia_tokyoさんの投稿
41133030 143138399962440 6717067828784323221 n

ところでチョーカーとネックレスは違うものなのでしょうか?チョーカーもペンダントもネックレスのひとつと考えていいでしょう。ペンダントトップは別売されていますが、ペンダントトップがついていないものをネックレスと呼ぶというような決まりもありません。チョーカーはネックレスより首に沿う形で、長さは35センチから40センチぐらいのものを呼びます。

チョーカーの歴史

mikahokuさんの投稿
26864977 1697067870351970 4634989570377646080 n

チョーカーの歴史は古いです。数千年前の古代メソポタミア文明や古代エジプト文明の頃、すでに上流階級の女性たちが装身具の一種として、チョーカーを身に着けていました。当時のチョーカーは金や宝石がはめ込まれていました。貴金属や宝石には超自然的な力があると信じられており、お守りの意味合いもあったようです。当時の人は保護を必要とする体の一部である首にチョーカーを付けて身を守っていました。

odakazumiartさんの投稿
20479400 819177418263779 8037196159548129280 n

オルセー美術館に所蔵されている、エドゥアール・マネが1863年に発表した絵画「オランピア」のモデルの女性も、首にチョーカーを着けています。発表された当時大スキャンダルを巻き起こした絵画です。当時のフランスの高級娼婦の間でチョーカーが流行していたそうです。このチョーカーは時代を現代に移しても全くおかしくありません。色あせないおしゃれな感覚は、画家マネの持つセンス所以でしょう。
 

junimuraさんの投稿
40466411 2148956178468509 5222344340676017206 n

1970年代後半にパンクブームを巻き起こしたイギリスのバンド、セックスピストルズのベーシスト、シド・ヴィシャスは破天荒過ぎる人生を駆け抜けたことで有名です。そんなシドのトレードマークが恋人ナンシーから贈られて常に身に着けていた、南京錠のチョーカーです。「シド・チェーン」の名で有名で、世界中でレプリカが販売されています。シドのようにあなただけのチョーカーを作ってみてください。

道具と金具を揃えよう

kuwaharadaichiさんの投稿
32955841 325636211300574 5269797539296575488 n

DIYするとなったら、道具が必要です。難しく考える必要はありません。まず金具を取り付けるペンチを用意しましょう。ペンチは2つあったほうが便利です。1つでもできないことはありませんが、簡単に作るためなら、2つ用意しましょう。ペンチは100均などで手に入るので、気軽に準備できます。

チョーカーの作り方【基本編】

チョーカーの材料

ck5927さんの投稿
29403049 562290394140517 1040435533735526400 n

ではさっそく、基本になるレースのチョーカーを作っていきましょう。まず材料を揃えます。留め具のカニカン、パーツを接続するためのマルカン、ひも留め用の金具を用意します。本体となる、好みのレースと、長さを調節するアジャスター、チャームを取り付けるためのバチカン、最後に好みのチャームを用意して準備完了です。レースに限らず、リボンでもレザーコードでも大丈夫です。

ウルトラ多用途SUプレミアムソフト
498円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

レースの長さは、自分の首に合わせましょう。首の周りより少し長めの34センチから36センチが適当です。金具をレースに挟む時、すぐに取れてしまうのでできればクラフト用のボンドも用意しておきましょう。リボンと金具など、異素材のものでもくっつく接着剤が、今回のチョーカー作り方におすすめです。

チョーカーの作り方

flowerfactory_shizuokaさんの投稿
40470313 242069143145566 6614702208443853582 n

ではさっそくチョーカーをDIYしていきましょう。レースを好みの長さにカットします。その両端に、ひも留め用の金具を挟みます。挟む時にボンドを塗りましょう。挟む時に紙や布をかませてペンチで挟むと金具が傷つきません。次にペンチでマルカンを挟み、上下にひねります。開いたマルカン、カニカン、アジャスターと取り付けていきます。

handmade_accesariesさんの投稿
32919076 2171547953124389 2839242342098010112 n

レースの真ん中あたりにチャームを取りつけます。バランスを考えて、好きな場所に取りつけましょう。他に好みのビジューやビーズをつけてもおしゃれです。

チョーカーの作り方【レザー編】

①ウッドビーズのレザーチョーカーの作り方

これはアジャスターなどの金具を必要としません。レザーコード、チャーム、チャームを掴むバチカン、ウッドビーズだけでできてしまいます。まずニッパーでバチカンにチャームを挟みます。ウッドビーズとチャームをレザーコードに通します。レザーコードの左端をひとつ結びにして穴にレザーコードの右端を通します。レザーコードの右端もひとつ結びにして結び付けます。はみ出した部分をカットして完成です。

②四つ編みレザーチョーカーの作り方

レザーコードを四つ編みにする作り方をするだけでおしゃれなレザーチョーカーになります。必要な材料は2mmのレザーコード100センチを2本、それとカレンシルバーひと組みです。好みでビーズパーツやチャームをつけてもいいでしょう。おしゃれなレザーチョーカーをDIYしていきましょう。

まずレザーコード2本の中央を縫い糸で縛って2つ折りにします。レザーコード4本を四つ組みにしていきます。組み終わりを縫い糸で縛り、0.5センチにカットします。カレンシルバーの内側に竹串でボンドを付けます。縫い糸の端をぎりぎりでカットしておき、カレンシルバーに差し込みます。スタート側はカレンシルバーに組み始めの状態のままで差し込みます。

この動画で紹介しているのはブレスレットの作り方ですが、長さを変えればレザーチョーカーになります。作り方の工程はブレスレットもチョーカーも同じなので、参考にしてみてください。レザーチョーカーの場合、組み上がったレザー紐が30センチ程度だといいでしょう。シンプルに1色のレザーコードでDIYするのもよし、動画のようにカラフルにDIYするのもよし、あなたのセンスで色選びしましょう。

③シンプルな平紐レザーチョーカーの作り方

レザーの裏地の毛羽立ちが気になる人は、レザークラフト仕上げ材トコフィニッシュを塗って、ガラスの板で毛羽立ちがなくなるまで磨くといいでしょう。レザーの表面には柔らかい布でオイルをつけていきます。天然レザーはそれぞれに個性が出ておしゃれです。パールのシンプルなチャームだと簡単にDIYすることができます。レザーチョーカー初心者にもおすすめの作り方です。

atelier_ayachoさんの投稿
32178515 211674019632385 6013964575391612928 n

レザーチョーカーは首に巻き付けるだけでできる簡単な作り方もできます。ぐるぐる巻いてリボン結びして、ラリエットネックレスのように垂らしてもおしゃれです。シンプルなタイプは太いとハードな印象に、細いと首をほっそり見せてくれます。ネックレスや他のチョーカーと重ね付けしてもおしゃれです。ハンドメイドはペンダントトップを好きな色のストーンの組み合わせが選べるのも楽しいものです。

チョーカーの作り方【ビーズ編】

①ペヨーテステッチのビーズチョーカーの作り方

ビーズで作るチョーカーはそれだけで美しく、ビジューをつけなくてもおしゃれに仕上がります。ペヨーテステッチとは、ビーズが互い違いに規則的に並ぶ模様で、とても一般的な編み方です。奇数目、偶数目によって仕上がりが異なります。この動画のペヨーテステッチはビーズ2個ずつを編んでいくやり方です。これまでの材料の他に、針、テグス、ビーズが必要になります。

②丸小ビーズだけで作るバイカラーチョーカーの作り方

2種類のカラーのビーズを使い、バイカラーのビーズチョーカーを作ってみましょう。大きめのビーズを使い、ただ針で通していくだけです。首につけて中央にあたる部分で、カラーを変えた作り方をしていきます。さらにこの作り方だと、マルカンなどの金具が必要ありません。引っかける部分をビーズで作っていくので、金具等が手元にない場合でも、ビーズさえあれば作ることができます。

③ペヨーテステッチのビーズチョーカーの作り方その2

こちらもペヨーテステッチのチョーカーになります。ただし先ほど紹介した偶数目とは違い、奇数目のペヨーテステッチになります。奇数にするか偶数にするかで、がらりと雰囲気が変わります。カラーを2色程度に抑え、シックでおしゃれなチョーカーを目指しましょう。中央にビジューを取り付けてもいいですが、ビジューを付けずにステッチの模様を楽しむのもおすすめです。

④ラダーステッチのビーズチョーカーの作り方

ラダーステッチとは、ビーズが並んだ状態がはしごのように見えることから、この名前で呼ばれています。丸いビーズの他、竹ビーズのように細長いビーズを使っても安定しておしゃれです。作り方としては、ブリックステッチの編み始め、ヘリンボーンステッチの編み始めの部分によく使われています。ステッチの模様がおしゃれなので、チャームを付ける必要はありません。
 

⑤ネッティングでDIYするビーズチョーカーの作り方

ネッティングとはネット状にするビーズ編みの作り方です。ビーズステッチの作り方の中でも古典的な編み方で、紀元前の昔から世界中に愛されてきました。ビーズを通して一定間隔で拾うことで、三角形やひし形のスペースが連続して並び、ネット上の透け感ある軽やかな編み地に仕上がります。糸の引き加減で編み地の固さに違いがでます。ビーズチョーカーのDIYになれてきたらこの作り方にも挑戦してみましょう。

okasinonekoさんの投稿
19623689 1986738364881596 3258350752694796288 n

ビーズでDIYするチョーカーは、さまざまな編み方ができるので、バリエーションに富んだ仕上がりになります。ビーズの色を変えたり、編み方を変えたり、いろいろな作り方ができるのもDIYするのが楽しい理由のひとつでしょう。簡単に作ることができるとは言えませんが、始めてみるとハマる人が多いようです。あなたの個性を生かした作り方で、あなただけのビーズチョーカーをDIYしましょう。

チョーカーの作り方【リボン編】

①ビジューチョーカーの作り方

この作り方ではチャームをレジンで自作していますが、市販のもので構いません。ベルトのバックルのような仕組みになったチャームにリボンを通し、金具を付けていくだけです。リボンの末端はライターでさっとあぶるとほつれにくくなります。注意する点は、市販のチャームを使う場合、チャームの幅に合わせたリボンを使うことぐらいです。

②リボンのチョーカーの作り方

美容系YouTuberとして人気のマリリンさんが紹介する、簡単リボンチョーカーの作り方です。好みの太さのリボンに、好きなビジューをグルーガンで付けていくという超簡単な作り方でできてしまいます。ビジューは100均でも売っていますが、使わなくなったピアスなどのチャームを取り付けてもおしゃれです。簡単過ぎて作り過ぎにに注意しましょうなんて表題が使われているのも納得の作り方です。

かわいいおもちゃ、人形、女の子向けのDIYを紹介している有名YouTuberのこうじょうちょーさんが紹介するリボンチョーカーです。使っているリボンは紺色のベロア素材のもので、簡単な作り方からは想像もつかないほどのおしゃれな仕上がりになっています。アジャスターで付ける作り方であるのに、一見したところリボンをラフに巻いてリボン結びにしたように見えるところがおしゃれです。

ハロウィンの季節になると、100均ショップなどでマスクや血糊といったアイテムが売りに出されますが、この血糊チョーカーはリボンとグルーガンで簡単な作り方ができるハロウィンアイテムになります。あまりに凝ったコスプレはできないけれど、このチョーカーがあれば、ワンポイントでハロウィンを楽しむことができます。ハロウィンは皆、過剰な装飾になりがちなので、このチョーカーはかえって目立つことでしょう。

チョーカーの作り方【100均編】

チョーカーを100均の材料で作ろう

amifa_jpさんの投稿
40748026 324331811657894 222619917813280307 n

「100均で材料が揃うといったって、マルカンなどの金具は手に入らないでしょ」と言う人もいるでしょう。確かに、100均でアジャスターやマルカンといった金具を探すのは難しいでしょう。しかし100均にあるものでチョーカーを手作りすることは可能です。100均ならではの材料を使って、おしゃれなチョーカーをDIYしましょう。

まず100均で手に入れたいものは、グルーガンです。接着剤でも代用できますが、チャームをリボンに留めたりするのに重宝します。また、100均にはマルカンなどの金具は売っていませんが、代用品が手に入ります。それはプラチェーンです。軽くてカラフルで、同じ100均で購入したグルーガンで簡単に留め付けることができます。100均で手に入れたリボンにリングチャームを付けて簡単にチョーカーを手作りしましょう。

①100均で作るリングチョーカー

ハサミ以外はすべて100均のセリアで揃えた材料を使っています。中央のリングは、100均のものの他、使わなくなった指輪でも構いません。リボンはレザーコードでも構いません。この作り方だと、リング以外に金具は使いません。後ろで蝶結びで留める形となります。ペンチも要らないので、初めてチョーカーを手作りしてみたいと考える人にもおすすめです。

②100均タトゥーチョーカーの作り方

再びYouTuberのこうじょうちょーさんに登場願います。伸縮性があり、肌にぴったりとフィットするタトゥーチョーカーが100均で手に入るものだけで簡単に作ることができます。材料のメインとなるのは、8号サイズのテグスです。テグスはカラフルなカラー展開がされていていますが、100均で手に入るのは黒い太目のテグスが多いでしょう。テグスは手作りチョーカーにうってつけです。

③100均ファー付きリボンチョーカーの作り方

100均手作りチョーカーの3つ目は、ファー付きリボンチョーカーです。材料はスエードコードと小さめのボンボンです。針と糸も100均の手芸雑貨売り場に売っています。この手作りチョーカーも金具を使用していません。くるくると首に巻いて、リボン結びにしていきます。この手作りチョーカーの良い点は、長さの調節が可能なので、ブレスレットにもできる点です。簡単にできるのでぜひ試してみてください。

meguchiyan1418さんの投稿
40616224 1831277206940542 9077913202397161360 n

このように100均の材料でチョーカーを手作りしてみると、さまざまな固定概念が覆されます。金具など必要はなく、おしゃれなリボンを見つけたら、首に巻けばそれでチョーカーは仕上がるのです。本格的なチョーカーを手作りするのもいいですが、手軽に作ることができる100均DIYのチョーカーにもっと目を向けてみませんか?あなたのおしゃれスタイルが激変するかもしれません。

チョーカーの作り方【作品例】

おしゃれな作品たち

nachi_7277さんの投稿
35618204 212547432801698 1162149332036616192 n

パンクファッションによく似合う、手作りチョーカーです。チャームにはパンクっぽく、お人形の作成に使うドールアイを使って、目玉風にしています。紐の部分はファスナーを使っています。パンクロックのアイコン、シド・ヴィシャスも南京錠のチョーカーを愛用していましたが、パンクファッションに奇抜なチョーカーは相性がとてもいいようです。

kurux2kanakaさんの投稿
32921886 218215405629179 8183481281066041344 n

パンクファッションだけでなく、ゴシックファッションにもチョーカーは相性がいいです。この手作りチョーカーは、黒と赤のビーズで作られています。赤といっても鮮やかな赤ではなく、クラシックでダークな赤を使い、ゴシックな感じを演出しています。チャームの薔薇の赤もビーズのカラーに合わせ、黒が少し混じったようなクラシックな赤で統一しています。ダークな雰囲気の貴婦人にぴったりのチョーカーです。

seikosan5196さんの投稿
30087055 184528292188025 7129579757842202624 n

手作りアクセサリーの代表とも言えるビーズで作ったチョーカーですが、中央の乳白色の大きな石が実に印象的です。存在感がありながら、落ち着いたビーズの選び方にセンスを感じさせます。若い女性が大きな石を使うと奇抜さを感じさせますが、年齢を重ねると大きな石が似合うようになってきます。落ち着いた大人の女性に似合うチョーカーが出来上がりました。

nattttttsueさんの投稿
30841824 336223050233992 3385158940554690560 n

手作りアクセサリー用の金色のフープに赤のストーンを合わせ、チョーカー、ブレスレット、ピアスとおそろいのアイテムを手作りしています。金のフープにどんな石を合わせるかで、その人のセンスが決まってきます。存在感のある大きな石もいいですが、3種類のアクセサリーをおそろいにするには、この程度の落ち着いた色とサイズの石がぴったりです。華奢なラインのアクセサリーは身に着ける人を繊細に見せます。

kj08sy0911さんの投稿
28158316 2060433507530695 6325570826447880192 n

翼を持った少女のモチーフが愛らしい、手作りのリボンチョーカーです。「美少女戦士セーラームーン」のコラボで市販のものが売っていたのですが、購入には至らず、手作りをしてしまったという手作りアクセサリーの見本のようなものです。市販されたチョーカーの何倍もの価値がある、素晴らしい作品になっています。

ayaka_lovebrade_02さんの投稿
27891508 867790603383131 8690070878332911616 n

黒いレースを基調として、落ち着いた色のリボンを配したゴシック&ロリータ調の手作りチョーカーです。チャームに小ぶりの金の十字架をつけているところがゴスロリチックです。ゴスロリファッションは高価なものが多いですが、このように小物を手作りすると、安価で済みます。手作りのものと市販のものを組み合わせる点が、かなりのおしゃれ上級者と言えるでしょう。

smilenamaka08さんの投稿
27891189 1932233397105822 5698146584915607552 n

手作りならではの、とてもかわいらしいチョーカーです。ベースはクマとウサギとお花柄のリボンを使っています。個性的なチャームは、アイロンビーズで作られています。なんと、イチゴミルクが入った哺乳瓶を模しています。個性的なティーンエイジャーにぴったりの手作りチョーカーです。
 

tiiina_92さんの投稿
26072230 563631477306854 2869579804938600448 n

好みのチョーカーが売っていなかったから手作りしてみたという、手作りアクセサリー派のお手本のような画像です。ひとつは黒いベルベットのリボンで作ったチョーカーに、木材調のチャームを付けています。もうひとつの作品は個性的な黒いレースリボンを使用しています。チョーカー本体が個性的なら、特にチャームは要りません。手作りおしゃれはこうあるべきという作品です。

tomoko3953さんの投稿
23825067 871536133008213 2730540739925639168 n

水引はご祝儀袋などに付いているヒモ状のものです。最近はこの水引を使ってアクセサリーを作ることが人気になっています。水引の素材は和紙ですが、丈夫です。さまざまな編み方があり、淡路結びなどしてピアスやイヤリングにしている人も増えています。このように水引で作ったチョーカーはとてもおしゃれです。しっかりしていて丈夫な点も、ポイントが高いです。

koya_otoさんの投稿
23279509 190826764824397 3333774716329525248 n

デニム生地でささっと手作りされた、デニムチョーカーです。デニムの青と、中央のチャームのターコイズブルーがよく合っています。お試しに作ったとは思えない完成度で、ティーンエイジャーから大人の女性まで、さまざまな世代に似合うチョーカーに仕上がっています。

koya_otoさんの投稿
23279527 299381243892128 1656500080691118080 n

高級なブラウンとブラックのベルベットリボンで手作りしたチョーカーです。落ち着いた色合いのリボンに、アンティーク調に仕上げられたキーチャームを付けています。リボンで作るチョーカーは柔らかく首にフィットするので苦しくありません。丁寧な仕上がりで、高級感が漂います。

miho09326さんの投稿
14026652 987565744674226 703579053 n

古代から女性たちの首を彩ってきたチョーカーを、気楽に楽しむためにもDIYチョーカーは注目です。この世にたったひとつだけの、あなたのセンスで仕上げたチョーカーを首に巻き、そこからおしゃれを始めてみませんか?材料も簡単に手に入るうえ、値段もプチプラです。これから季節も変わります。首にチョーカーを巻いてみると、ファッションも新しいものに挑戦したくなることでしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ