サシェの作り方!アロマオイルやハーブで簡単・匂い袋をハンドメイド

サシェとはクローゼットやバッグの中に入れて使う、ハーブや香料を入れた匂い袋のことです。サシェの作り方は簡単で、自分の好きな香りを身近に漂わせることができます。今回はサシェの作り方をご紹介しますので、ぜひご自分の好きな香りで作ってみてくださいね。

目次

  1. サシェの作り方をご紹介!
  2. サシェとは
  3. サシェに使うアロマオイルの効果
  4. サシェの簡単な作り方
  5. サシェのかわいい形をご紹介
  6. サシェで癒されてみよう

サシェの作り方をご紹介!

作り方は簡単!好きな香りを身近に置いて

きつすぎないほのかな香りを漂わせるサシェは見た目にもかわいらしく、立体の三角形がおしゃれなテトラ型のサシェなどはインテリアとしてもお部屋になじみます。クローゼットに吊るして衣類に香りをつけたり、消臭の用途として玄関や車に置いたり、その使い方は様々です。

kobamana3373さんの投稿
40400124 325855924849948 6360456534372074343 n

好きなハーブやアロマを選んでサシェに入れたものをカバンの中に入れておけば、スマホやハンカチを取り出すときによい香りがふんわり漂い、気持ちを晴れやかにしてくれます。防虫効果のあるハーブやアロマを入れて作ったサシェは、防虫剤の代わりに衣類ケースやクローゼットに入れて使うこともできますし、夏場は寄ってくる蚊などの虫よけとして使うこともできます。

shinobu4416さんの投稿
40246076 526224291157492 876387681611808768 n

エコにもなるサシェの作り方

サシェの作り方としてはリネンで作るのがおすすめですが、使い古したキッチンクロスやハンカチでも簡単に手作りすることができます。サシェの中に入れるハーブやアロマにはどのようなものがあるのか、またよく知られている巾着型やテトラ型以外にもどのような形のサシェがあるのか、簡単な作り方など分かりやすくご紹介していきます。

サシェとは

世界各地に存在する香り袋

「サシェ(sachet)」とはフランス語で、乾燥させたハーブやお花を入れた香り袋のことを指します。世界各地で似たようなハーブや香料を入れた小袋は存在し、日本では古来より「匂い袋」と言われ、箪笥の中などに入れて使用されてきました。昔から乾燥させた花やハーブを入れる作り方で作られてきたサシェですが、最近ではアロマオイルや香水を染みこませたコットンなどを入れる作り方もあります。

sae_i_takuraさんの投稿
41451729 104738783784949 5047071385513930010 n

サシェとポプリの違い

サシェもポプリもフランス語の名称になりますが、かなり類似したものです。作り方としては両方とも乾燥させたハーブやお花を使用するのですが、花などを原型のまま残した作り方をするのがポプリ、細かく砕いて袋などに入れた作り方をした場合、サシェという呼び名になります。

サシェは香りを楽しむものなので中身が見えない小袋に入れて使用するのが一般的ですが、ポプリの場合は見た目と香りを同時に楽しむものなので、中身が見える容器などに入れる作り方をすることが多いです。サシェはポプリを一部細かく砕いてリネンなどの袋に入れた作り方をすることもできます。

akarinomiseさんの投稿
40658089 2174427066165989 7561804401944063565 n

ただサシェも最近ではアロマワックスサシェといった花や植物の原型を残したまま使用するものも出てきているので、サシェの定義もかなりあいまいなものになりつつあります。ここでは主に昔からある小袋に乾燥ハーブなどを入れたサシェの作り方を取り上げていきます。

petrichor_candleさんの投稿
40820144 1943559262417646 7669050147075667156 n

サシェに使うアロマオイルの効果

アロマオイルとは

アロマオイルは植物の天然のエキス(油分)を抽出した、香りのする精油のことを指し、エッセンシャルオイルという言い方がされることもあります。アロマオイルとエッセンシャルオイルの違いは、エッセンシャルオイルは純度100%のものを指しますが、アロマオイルはもっと範囲が広くなり、100均などで売られている安価なものでもアロマオイルと称されています。

cosy.firstさんの投稿
40366238 242107416494013 2417808710178240286 n

ここで注意しないといけないのは、アロマオイルとは純度100%のものでないと、サシェに使用したときにそれぞれの植物が持つリラックスやリフレッシュ、消臭といった効果を発揮しないということです。安価なアロマオイルは合成香料をアルコールで薄めたものであり、本来のハーブが持つような特性を一切備えていません。100均などでアロマオイルを買ってサシェに使用する場合は、効果は期待せず、ただの芳香剤と考えて利用しましょう。

osakakazaiさんの投稿
41312373 340162993419014 3414775507477803269 n

アロマオイルの特性は揮発性であることです。料理に使うサラダ油やオリーブオイルのようなベタっとした感じはなく、オイルのボトルのフタを開けたままにしておくと、揮発してなくなってしまいます。アロマオイルは300種類以上ありますが、わずか数mlの精油を抽出するために大量の植物を使うもの(ローズやジャスミンなど)は値段も高くなります。

florist_akkoさんの投稿
40509676 481723585659343 3166328200749907968 n

リフレッシュ効果のあるもの

ペパーミント、グレープフルーツ、ユーカリ、レモン、タイム、ティートゥリーといったアロマをサシェに使うと、頭をスッキリさせたり、気持ちを切り替えたりするリフレッシュ効果が期待できます。またこれらのアロマは消臭成分も含むので、これらを使ったサシェをお仕事用のカバンの中に入れておくと消臭になり、さらにカバンから出して近くに置いておくと、眠気を飛ばして頭をスッキリさせることもできて、一石二鳥です。

アロマオイル セット
1,000円
楽天で詳細を見る

リラックス効果のあるもの

サシェに使われるハーブで癒しの効果があるものとしてよく知られているのはラベンダーです。ラベンダーの花を乾燥させて手作りすることもできるので、サシェの中身から手作りしたい人にはおすすめです。その他、イランイランやゼラニウム、ネロリといったアロマオイルも、心を落ち着かせ、ストレスを軽減させる効果があると言われています。

miloo.shop2018さんの投稿
40939540 255636081950086 787957009366403151 n

オレンジやラベンダーのアロマオイルは、リラックスや安眠の効果だけでなく、消臭の効果もあります。サシェの中身に取り入れて寝室に置くと、落ち着いた香りがゆるやかな眠りを誘います。玄関や車に置くと嫌な臭いを消してくれ、さらにほのかな香りを漂わせて清涼な空間を作り出します。

bulsaliceさんの投稿
41062627 324188144810899 6863978532367133154 n

防虫効果のあるもの

シトロネラ、ゼラニウム、ユーカリ、レモングラスには防虫効果があります。クローゼットの中にこれらのアロマを含ませたサシェを入れておくと衣類の防虫になり、また夏場には蚊やユスリカといった虫除けに使うこともできます。特にシトロネラ、ユーカリといったハーブは市販の防虫剤にも含まれており、効果が期待できます。

yumikohiguchiさんの投稿
39914470 276097933004815 2440019363793731584 n

サシェの簡単な作り方

サシェ作り方<準備するもの>

サシェの作り方は簡単!準備するものは端切れと乾燥させたハーブ、そして裁縫道具があれば作ることができます。端切れは古くなったハンカチなどでもいいですが、リネンを使用する作り方がおすすめです。リネンははっ水と吸水性に優れており、その性質は香りを発散させやすく、またカビも生えにくいというサシェを作るのに合った特性となっています。

サシェ作り方<香り選び>

香りは基本自分の好きな香りを選べばよいのですが、クローゼットに吊るしたり置いたりするのであれば防虫効果のあるもの、寝室に置くのであればリラックスできるもの、また玄関や車の中に置くのであれば消臭効果のあるもの、というように、せっかくなので用途に合った効能を持つ香りを選びたいですね。

interiormotif_さんの投稿
41525739 265352514115591 1168424725826923993 n

サシェ作り方<袋選び>

サシェの袋の作り方は簡単で、おうちある余った端切れでも作ることができます。一番簡単なサシェの作り方は、長方形に切った布を中表(表面が内側になるよう)に半分に折り、袋口を開けて両端をミシンがけ、もしくは手縫いします。ひっくり返してリボンやヒモで結べば作り方簡単!5分とかからずにサシェの袋が出来上がります。

同じ大きさのサシェをたくさん作りたいときは、大判のハンカチを8分割して使うと、採寸の必要もなく同じ形のサシェを8個作ることができるので便利ですよ。お裁縫が苦手で針を使った作り方をするサシェは無理、という場合は、100均のお店などでも小さい布製の袋を買い求めることができます。最近ではかわいい絵柄の和紙製のポチ袋なども出ているので、そういったものを利用するのもいいですね。

chocoanzu1214さんの投稿
40748496 297613767488924 2337930480049734617 n

樹脂を熱して接着するグルーガンや、布製のボンド、布用両面テープといった便利なものも売られているので、安全な作り方でお子さんと一緒にサシェを作成できます。テトラ型のサシェなどもボンドを使う作り方で作ることができますよ。ただしグルーガンを使う場合は先の部分がかなり熱くなるので、火傷にはくれぐれも気をつけてください。

高温タイプグルーガン
1,058円
楽天で詳細を見る

サシェの袋を再利用したい場合は、袋に直接乾燥ハーブなどを入れるのではなく、ティーバックの袋にハーブを入れてからサシェの袋に入れる作り方にすると、香りがしなくなったときに簡単に中身を交換することができます。

サシェ作り方<香りづけ>

サシェの香りづけとしては乾燥ハーブやお花、アロマオイル、香水などがありますが、強い香りを嫌う人の場合はほんのりとやさしく香る乾燥ハーブ、もしくは乾燥したお花を使うのがよいでしょう。はっきりとした香りを求めるなら香水、ハーブのより高い効果を求めるなら、アロマオイルを使った作り方がおすすめです。

sairinkaさんの投稿
40561336 153969875531482 5322973359102216900 n

サシェ作り方<香りの補充>

香りは一定の時間が経つと消えて、その効果もなくなります。香りを復活させたい場合、乾燥ハーブやお花を入れたものだと中身を取り換えることもできますが、それよりも簡単な作り方は中身にアロマオイルを数滴垂らす、もしくはアロマや香水をしみこませたコットンを補充するという作り方です。コットンは最初に入れておいたものは捨て、新しいものを用意しましょう。

every.way.creativeさんの投稿
41775557 187397248839015 8954626570983835323 n

ただ純度100%のピュアオイルの場合はリラックスや消臭といった効果も付随しますが、香水や純度100%でないアロマオイルは香りがするだけでそれ以外特に効能はありません。アロマの効果を期待する場合は純度100%のピュアオイルを使った作り方でサシェを作りましょう。生活の木などのアロマテラピーショップや、ハーブティーを扱う専門店などで買い求めることができます。

サシェのかわいい形をご紹介

いろんな形のサシェの作り方

blue_glowさんの投稿
40552949 907074539480438 5464026004500104795 n

サシェの袋は巾着型、四角いクッション型、立体の三角形のテトラ型などいろいろありますが、お裁縫が得意な人であれば、ネコや鳥、ハートなど、自分の好きな形にアレンジして作ってみるのもいいですね。シンプルなクッション型でも、刺しゅうを入れたりレースを使ったりするだけで、ひと味違ったオリジナルのサシェになります。

seta.mayungさんの投稿
39875948 232038990807071 8602175132829483008 n

キャンディ型サシェの作り方

針も糊も使わずに作ることができる、簡単でかわいいキャンディ型サシェの作り方です。用意するのは【中身の入っていないティーバッグ1個、お好みのハーブ、布もしくは和紙など柔らかめの紙、ヒモ又はリボン】となります。布や紙の大きさは適当でいいのですが、一般的なティーバッグの大きさに合わせたものだとだいたい18cm×18cmくらいで、リボンやヒモは20cm程度あれば大丈夫です。
 

i_______aaaさんの投稿
39687778 184035682399351 1989204861018006311 n

作り方の工程は①ティーバッグにハーブを入れる②布もしくは紙の真ん中にハーブを入れたティーバッグを置き、筒状に巻く③キャンディ状の両端をヒモかリボンで縛る、と非常に簡単!お子様と一緒に遊び感覚で作れてしまう作り方なので、ぜひお試しくださいね。

テトラ型サシェの作り方

インテリアとして飾っておいてもかわいいテトラ型のサシェの作り方をご紹介します。約6cmのテトラ型ができます。使う材料は、【綿や麻などの端切れ7cm×14cm、ヒモ14cm、お好きな乾燥ハーブ】になります。もっと大きなテトラ型、もしくは小さいテトラ型のサシェの作り方は、上の布地の大きさをお好きな倍率で拡大、もしくは縮小すると作ることができます。

canae0827さんの投稿
23421554 137470346975199 4675602587855093760 n

作り方は①生地を中表(表面が内側になるよう)に半分にして折ります。②縫い代約5mmで袋とじになった部分を除く2辺をL字型に縫います。ミシンでも、手縫いでもお好きな方法で縫ってください。③余分な角をハサミで切り落とします。④表に返し、袋口を内側に5mm折り込みます。アイロンをかけるとテトラの辺がピシッとした線になりますが、かけなくても大丈夫です。

⑤テトラの袋に乾燥ハーブ、もしくはコットンにアロマオイルを数滴たらしたものを入れます。⑥ヒモを挟み、2mmくらいのところを縫います。⑦底辺にあたる部分と垂直になるように袋の口を閉じればテトラ型サシェの完成です。ミシンで縫うと早くできますが、中身を入れ替えたい場合は手縫いのほうがほどきやすくなります。

moriyukiiiさんの投稿
32746293 1629471737170105 8716228032324435968 n

紙製のサシェ

布よりももっと簡単にサシェを作りたい場合は、折り紙などの紙を袋状にしてサシェの中身を入れるのがおすすめです。さらに簡単にサシェを作る方法としては、すでにあるポチ袋や小さめの紙袋を利用する作り方もあります。かわいくてついとっておいたものの、使い道がない小さめの紙袋などは、好きな乾燥ハーブを入れてサシェとして利用すると、物を無駄にせず香りも楽しむことができます。

made_in_the_templeさんの投稿
29400586 1993360820930583 5358930123712102400 n

立体感を出したいときは、ポチ袋の糊付けする部分を切り取り、口部分の角と角を合わせるようにしてホッチキスやテーブで留めると、簡単に紙製のテトラ型のサシェができます。お子さんと一緒に楽しみながら作ることができますよ。章末に折り紙で折る袋の作り方の記事も載せていますので、参考にして作ってみてくださいね。

comfyplusさんの投稿
40751420 158627578394405 7486038430887972913 n

アロマワックスのサシェ

サシェというとリネンなどの布でできた小袋に入ったものが一般的ですが、最近ではアロマワックスサシェという、キャンドルの材料となるワックスに香りや色をつけ、ハーブやドライフラワーを飾りつけたサシェも人気になっています。

lulu_charmerさんの投稿
41214787 322557031881565 6086192298109513925 n

ただこちらは型を用意したり、ワックスやロウソクを溶かしたりという手間もかかるので、簡単に、とはいきません。手作りが好きで、自宅用だけでなく、贈り物としてサシェを作ってみたいという人はチャレンジしてみてもいいかもしれませんね。小袋に入れるサシェよりも、見た目の華やかさはぐんとアップします。

amo121108さんの投稿
40663108 140197176926472 8395597334100826431 n
Thumb折り紙で折る袋の折り方!マチ付き&かわいい袋の折り方もご紹介 | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

サシェで癒されてみよう

サシェとはどのようなものか、サシェに使うハーブやアロマの効能や、テトラ型などの簡単なサシェの作り方をご紹介してきました。ここまで読んだ方は、きっとサシェを手作りしてみたくなっているはずですよね。

helleborusnigersさんの投稿
40172842 312196782670728 7369184572836422696 n

自分の好きな香りはどんなものか、それぞれのハーブが持つ効果なども、一度お店に足を運んで実際に香りをかぎ、確かめてみてもいいかもしれませんね。サシェは端切れなどを使った作り方をすることで、無駄をなくしたエコになり、さらに自分の好きな香りを日常生活に取り入れることができます。

サシェの作り方はご紹介してきたようにとても簡単!好みの香りや求める効能が決まったら、ハーブやアロマオイルを入れた見た目にもかわいいサシェを作って身近に置き、癒されてみてくださいね。

Thumbポプリの作り方って?簡単にバラやラベンダーのサシェが出来る素敵なアレンジ! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

関連するまとめ

関連するキーワード


アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ