豆乳でバストアップ効果?期間や飲み方など成功した・しないの意見を交え紹介!

バストアップを夢見ていろいろなバストアップ法を実践しますが、実際になかなか効果が現れないので止めてしまったという女性が多いのではないでしょうか。豆乳バストアップがおすすめなので、一度試してみませんか。豆乳を飲み続けることで1カップアップも可能です。

目次

  1. 女性がバストアップしたい理由
  2. バストアップするにはこれが一番!
  3. 豆乳でバストアップする方法
  4. バストアップできるのは豆乳のこの成分!
  5. 大豆よりは豆乳のほうがバストアップする
  6. バストアップのための豆乳の飲み方はこれだ!
  7. 調整豆乳と無調整豆乳でもバストアップは変わる
  8. 豆乳でバストアップできる驚嘆の期間
  9. 豆乳でバストアップした人できなかった人の違い
  10. 女性のバストアップは永遠の願い

女性がバストアップしたい理由

バストがもう少し大きければ、もっと自分に自身が持てるのに、もう少しバストが大きければ男性にもてるのになどと、バストさえ豊満だったらという女性はたくさんいます。バストアップしたいと思う女性は、全体の約半分います。そんな女性がバストアップしたい3つの理由があります。

彼のためにバストアップしたい

女性は彼氏が出来るときれいになるといわれる生き物で、彼氏が出来ると女性ホルモンの分泌も良くなり、もっときれいになりたいと思う人がたくさんいます。男性は巨乳好きだと思っている女性が多く、そのためにも少しでもバストアップしたがります。

彼氏から、もう少し大きなバストが好きだと、言われることもよくあります。そんなときに、少しでもバストアップするために努力をするのが女性の心理です。

洋服をきれいに見せたい

女性が洋服を着てきれいに見せたいときは、バストの大きさも重要になります。バストが大きな人と小さな人では、同じ洋服を着ても全然違います。バストが大きいほうが洋服をきれいに着こなすことが出来ます。そのためにバストアップを図り、胸を大きくしようと努力します。

特に水着を着るときにその差が顕著に現れます。バストが小さいと水着姿になるのも嫌という女性はたくさんいます。

バランスが良いスタイルになりたい

バストが小さいと、体全体のバランスが悪くなります。お尻が大きくなり上半身はボリューム感がなくなり、全体的にバランスが悪いスタイルになってしまいます。多くの男性が一番好きなボンキュボンの体型からは程遠いものになります。そこで少しでもバストアップしたいと思ってから、その方法を探してから実践してください。

バストアップするにはこれが一番!

バストアップしたいと思ってから、いろいろなバストアップ法を行います。その中には、クリームやサプリメントでバストアップする方法や、バストアップするためのリンパを刺激したり、究極はバストアップの整形手術をしたりする人もいます。

その中でおすすめのバストアップ法として、豆乳を使ったバストアップ法があります。豆乳がバストアップに効くのかなと思うかもしれませんが、豆乳にはバストアップ効果があります。実際に豆乳でどのようにしてバストアップするのは詳しく見ていきます。

豆乳でバストアップする方法

バストアップするのに豆乳を飲むと効果的だということは、女性であれば一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。なぜ豆乳がバストアップに効果があるのか、豆乳とバストアップは何も関係がなさそうですが、実は豆乳がバストアップに効果的だということが実践した女性の結果からわかっています。

バストアップする為にたくさんの女性が実際にいろいろな方法を実践してきて、最終的に豆乳を飲むことでバストアップにつながったという女性はたくさんいます。そういった実例があるのは、豆乳の成分に要因があるのではないでしょうか。

バストアップできるのは豆乳のこの成分!

バストアップに豆乳が効果的だという噂はいろいろと聞きますが、実際に豆乳がどう影響しているのか、豆乳には何か特別なバストアップ成分が含まれているのでしょうか。豆乳の成分が気になるところです。

豆乳にはいろいろな成分が含まれていますが、その中でバストアップに効果的な成分があり、それがイソフラボンです。イソフラボンは大豆や大豆を加工した製品全てに含まれていて、その大豆を使って作られた豆乳にはイソフラボンが多く含まれています。

イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンの働きとよく似ていて、この成分がバストアップにつながっているのではないかと言われています。

大豆よりは豆乳のほうがバストアップする

大豆に女性ホルモンと似た成分が含まれているのであれば、大豆を食べればいいのではないかと思うかもしれません。ただ、豆乳には大豆と違ってバストアップ効果を促してくれるイソフラボンが多く含まれています。

大豆を食べるよりは、液体の豆乳を飲んだほうが摂取しやすくて、毎日摂取するのに効果的です。摂取しやすいというのは重要なことで、毎日続けるのであればなおさらです。

バストアップのための豆乳の飲み方はこれだ!

豆乳を飲み続ければ、イソフラボンも簡単に摂取できて、バストアップにつながるということは解かりましたが、豆乳を飲むときに大豆特有の青臭い匂いがします。どういう飲み方をした人がバストを大きく出来るのでしょうか。バストを大きくしたいけど、どうしても豆乳が飲めない、上手な飲み方を知らないという人は多いでしょう。飲みやすい飲み方というのがあるので紹介します。

どうしても豆乳が飲みにくくて、嫌いだと言う人は多いのではないでしょうか。そこで、誰でも出来る飲み方として豆乳を直接飲まないで、料理に入れて食べることで、豆乳を飲んでいるということを知らないうちに摂取すれば、簡単にバストアップ出来ます。豆乳の青臭さを押さえるために、味噌汁に入れたり、豆乳にきな粉を溶かしてから少しでも飲みやすくすることも出来ます。このようにいろいろな飲み方があります。

調整豆乳と無調整豆乳でもバストアップは変わる

豆乳を飲むときに、いろいろなものに混ぜたりしてから飲みやすくすると飲めるようですが、すでに飲みやすくなった調製豆乳を飲むという手段もあります。

その方法とは、豆乳には、普通の豆乳と調製豆乳というものがあります。普通の豆乳は、大豆を搾って豆乳にしただけのもので、純粋な豆乳となります。調製豆乳とは、豆乳に添加物などを入れて加工されて飲みやすくした豆乳のことを言います。

確かに豆乳よりは、調製豆乳のほうが飲みやすいので、調製豆乳を飲んでいるという人もいると思います。ただし、大豆の成分量が違っていて、イソフラボンの量は豆乳が8%で調製豆乳が6%となり、豆乳のほうがよりイソフラボンの量が多く含まれています。当然効果が高いのは豆乳の方です。

豆乳でバストアップできる驚嘆の期間

豆乳を飲むとバストアップ効果があるということはわかりました。では、どのくらいの期間飲み続ければ、その効果が上がるのでしょうか。最初はがんばるぞと思って毎日、豆乳を飲んでバストアップした自分を夢見ることでしょう。ただし、飲む期間が長ければ、途中で飽きてしまってあきらめてしまいかねません。

正確なバストアップまでの期間がわかれば、飲み続けることが出来ます。ある程度どのくらいの期間がんばれば、バストアップするのかという目安は必要です。豆乳を飲み続けるだけではバストアップはしません。胸が小さな女性のほとんどは、栄養が不足しているケースです。乳腺だけを発達させるのではなく、バランスの良い栄養の摂取も必要です。

乳腺の発達と同時に乳腺を守るための脂肪分を作ることも必要で、そのためには、栄養の豊富な食事をして、睡眠もしっかりと取るようにすれば、2ヶ月程度でバストアップを実感できます。豆乳を飲むだけがバストアップするまでの期間がわかるのではなく。脂肪分の形成もバストアップまでの期間にも大きく影響します。

豆乳でバストアップした人できなかった人の違い

豆乳を飲んでからバストを大きくした人もいれば、しなかった人もいます。同じように実践してバストを大きくした人としなかった人にはどのような違いがあるのでしょうか。

豆乳を飲んでからバストアップした人もたくさんいて、その人たちの共通して言えることがあります。毎日豆乳を200ml以上飲んでいて、規則正しい食事と十分な睡眠をしています。ただし、飲む量は人それぞれで、1日1ℓ飲んだという人もいれば、200ml飲んだという人もいます。

バストを大きく出来なかった人の場合は、同じように豆乳は200ml以上飲んでいますが、運動をあまりしなかったり、食事が不規則だったり、睡眠が十分に取れていなかったりと、生活習慣に問題があるようです。バストアップした人と比べると、豆乳を飲むだけではバストは大きくならないということです。バストを大きくした人のように食生活や睡眠も規則正しくする必要があります。

女性のバストアップは永遠の願い

バストが小さくて悩んでいる女性は、多いのではないでしょうか。そんな女性に一度試してもらいたいのが、豆乳のバストアップ法です。今までいろいろなバストアップ法を実践してみて結果が出なかった女性には、特にやってもらいたいバストアップ法です。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ