フォトプロップスを手作りしてみよう!人気のプチプラDIY術を大公開!

ウエディングや誕生日パーティーなどで人気のフォトプロップス。写真撮影時に盛り上がるので、今やパーティーやイベントには欠かせないアイテムです。フォトプロップスの作り方は簡単、フォトプロップスの作り方を覚えて、撮影で盛り上がりましょう!

目次

  1. 人気のフォトプロップスの作り方を紹介
  2. フォトプロップスの基本材料と作り方
  3. フォトプロップスの作り方<誕生日用>
  4. フォトプロップスの作り方<ハロウィン用>
  5. フォトプロップスの作り方<結婚式用>
  6. フォトプロップスの作り方<クリスマス用>
  7. 写真が映える!フォトプロップスの作り方の疑問

人気のフォトプロップスの作り方を紹介

wedding.rycrさんの投稿
42898408 315931269203157 5348385416948400706 n

ウエディングや誕生日・イベントで人気のフォトプロップスは、写真だけでなく100均の素材も使えプチプラDIYとして人気を集めています。プチプラなのにかわいいフォトプロップスの作り方を覚えておけば、いざというとき便利に活用できます。フォトプロップスのきれいな作り方、楽しい活用方法や人気のデザインを紹介していきます。プチプラDIYとは思えないほど、クオリティの高いフォトプロップスをご覧ください。

フォトプロップスとは

ks0103weddingさんの投稿
38641401 2144503655809032 8884012119448616960 n

フォトプロップスとは、英語ではPhotoBoothPropsと言います。ウエディングで活躍している写真をあなたも一度は見たことがあるのではないでしょうか?ヒゲやグラスのアートなどに棒がついたものです。フォトプロップスを使うと、単調になりがちな写真のポーズも華やかに楽しそうに写るので、ウエディングだけでなくハロウィンパーティーや誕生日パーティーでも人気を集めていて、盛り上がる写真撮影には欠かせません。

ウエディングや誕生日パーティーといった個人のイベントだけでなく、企業もフォトプロップスを活用しています。こちらのツイッターの投稿のように、キャラクターグッズの展示イベントなどでもフォトプロップスは大人気なのです。作り方は簡単ですし、プチプラで経費もかからず、お客さんを喜ばせることができるフォトプロップスは、企業も注目しているようですね。とにかくかわいいのでフォトプロップスはおすすめです。

海外のウエディングでは、以前からフォトプロップスは人気でした。日本に広まったのはインスタグラムなどのSNSからです。ピースだけというような単調なポーズになりがちの写真撮影が、フォトプロップスひとつで見栄え良くなります。また、100均や無料フォントを使ったプチプラでDIYできるのも、広まった理由のひとつのようです。プチプラで簡単に作ることができる、フォトプロップスの作り方を見ていきましょう。

フォトプロップスの基本材料と作り方

yumi_wedding0924さんの投稿
35278530 1938991699453738 8275942976237076480 n

フォトプロップスの作り方は簡単です。まず材料を揃えるところから始めましょう。フォトプロップスの棒の部分のペーパーストローやコーヒーマドラーは100均で買えます。接着するためのセロハンテープ・両面テープ・のりも準備しておきます。フォトプロップスのデザイン部分も既製品でなく手作りする場合は、家庭用プリンターで印刷できるような厚紙も必要です。すべて購入してもプチプラなのが嬉しいですね。

100均などの材料でプチプラDIY

100均の材料が揃ったら次は、フォトプロップスのプリントする素材探しもしていきましょう。フォトプロップス・無料・素材などの単語でインターネット検索すると、たくさんのかわいい画像や写真を見つけることができます。字体も無料フォントを探すと、人気の字体をたくさん見つけることができます。こだわって探しても良いですし、字のデザインがすでに入っているフォトプロップス素材を探しても良いでしょう。

プチプラDIYのフォトプロップスの作り方は簡単です。定番のヒゲのフォトプロップスや、めがねのフォトプロップスも作って遊んでみましょう。ウエディングだけでなく誕生日やハロウィン、クリスマスパーティーなどでも活躍するのがフォトプロップスです。作り方を覚えておけば、撮影が楽しくなりますよ。いろんな方の写真を見て、かわいいフォトプロップスを探してみるのもおすすめです。

フォトプロップスの作り方の動画を見てみましょう。材料は色紙・ハサミ・カッター・のり・ペン・鉛筆・セロテープ・割りばしといった手軽なものでDIYをする方法になっていますね。色紙は厚紙を使い、イメージをかためるために下書きをしているのがポイントです。ハート・ヒゲ・くちびる・目玉のフォトプロップスです。メッセージは印刷でなく手書きになっていますね。眼鏡は実物を参考にしているので正確なDIYですね。

スイーツデコでフォトプロップスをDIYする作り方が紹介されています。樹脂粘土を凹凸トレーで型をつけていきます。周りをカットしてチョコレートのおうな雰囲気にしていますね。クッキー型で歯型のようにカットし、銀紙とパッケージ風の紙を折り紙で作っていきます。プチプラなのにリアルで立体的なフォトプロップスになっているチョコレート型は、女子会などでも人気間違いないですね。作り方も意外と簡単です。

m__0620さんの投稿
35373579 246372256124457 3401973789058138112 n

次はクッキー型のフォトプロップスを作っていきます。茶色の樹脂粘土をクッキー型で抜いて、ビスケットスタンプを押します。違う色の樹脂粘土でリボンを飾り、銀色のアラザンでデコレーションしましょう。裏側にはクリップをボンドでつけて、棒を固定させます。裏側までかわいいのにプチプラなんです。フォトプロップスのDIYは、作り出すと止まらなくなりますので、次から次へと増えていきますよ。

100均のフォトフレームに色を塗った簡単なDIYでフォトプロップスも作れます。色を塗るだけなのでかなりのプチプラ。写真映えするのでおすすめですよ。塗るだけでひびが割れてくるペンキがありますので、そういったDIY材料を使うとレトロでおしゃれなフォトプロップスになります。フォトフレームが作れたら、そこに棒をくっつけて完成です。いつもと違う雰囲気のフォトプロップスも良いですね。

フォトプロップスの作り方<誕生日用>

room_mnyさんの投稿
41158160 2157618404564470 2199248246299810210 n

誕生日お祝い用のフォトプロップスも人気です。子供の誕生日も、大人の誕生日もフォトプロップスがあれば記念写真として残せます。誕生日お祝い用のフォトプロップスの作り方のアイディアは、いろんな方の写真を参考にすると良いでしょう。プチプラで作れるフォトプロップスばかりですので、誕生日パーティーで活用してくださいね。写真が苦手な方も、フォトプロップスがあれば楽しく撮影できるかも知れません!

__pon._____さんの投稿
37101292 1738501119602364 8067194929857691648 n

誕生日お祝いというと、〇〇歳のお祝いとイメージしがちですが、こちらのインスタグラムの投稿写真にあるフォトプロップスは、生まれてから100日目のお祝いですね。赤ちゃんの手には「100日」と書かれたフォトプロップスが握られ、とてもかわいいですね。100日フォトプロップスの作り方は、画用紙と割り箸で簡単に。プチプラでも十分です。子供が大きくなったときに見せてあげたいとびきりのお祝いフォトプロップスです。

ym__designさんの投稿
34032948 678723695812172 6642418118721273856 n

こちらのインスタグラムの投稿写真にあるフォトプロップスは、派手で豪華な作り方で誕生日にはぴったりのデザインですね。フォトプロップスのDIYは、プチプラなので人気です。100均で手に入るストロー・折り紙・色画用紙を使って、重ね貼りをするのがポイントです。カラフルなフォトプロップスの作り方も簡単ですので、ぜひ試してみましょう。ハッピーバースデーの文字を切り抜いて貼るDIYは立体的で人気ですよ。

room_mnyさんの投稿
40115433 568363053620192 5233958732345839075 n

フォトプロップスの作り方で、少し変わったものを作りたい場合のDIY方法は、100均の手芸コーナーで売られている紐を使う事です。100均で手に入るのでプチプラなので気軽に試すことができます。100均で買った紐の中心に針金を通して、文字にしていくという作り方です。色画用紙に紐を貼り付けるという作り方も、立体的に見えてゴージャスになるのでおすすめです。プチプラDIYは人気ですので、ぜひ作ってみてください。

room_mnyさんの投稿
38080831 273752536755671 9018038910382505984 n

こちらのインスタグラムの投稿写真にあるフォトプロップスの作り方にも、紐が使われていますね。3歳の誕生日や七五三にぴったりのフォトプロップスです。立体的なフォトプロップスも作り方は基本と同じです。写真撮影に映えるようなフォトプロップスにDIYすることを意識ましょう。立体的な文字も、フォトプロップスでは人気です。ブラックボードに造花を飾る作り方もおすすめのアイディアです。

yakkakkaさんの投稿
42996224 331699057405119 28658854389794514 n

誕生日パーティーはフォトプロップスがあると、記念写真が華やかになりますね。こちらのインスタグラムの投稿写真も、子供が持っているフォトプロップスがいい味を出しています。恐竜好きの子供好きの誕生日パーティー用のフォトプロップスは、恐竜型のフォトプロップスをたくさん作ると良いでしょう。部屋の飾りもフォトプロップスの材料を使って作ると、雰囲気が揃うのでおすすめです。

フォトプロップスの作り方<ハロウィン用>

room_mnyさんの投稿
43084485 524760754639323 2536658666530539056 n

フォトプロップスの作り方を覚えて、ハロウィンイベントも盛り上がってみませんか?写真撮影時はもちろん、仮装パーティーでも人気になりそうですよね。こちらのインスタグラムの投稿写真にある紐を使ったフォトプロップスの作り方も、一味違ったデザインをDIYしてみましょう。かぼちゃ・こうもり・おばけに合ったプチプラの紐を準備しておくと、かわいいフォトプロップスが作れますね。

カフェなどの公の場でもフォトプロップスは人気です。キャラクターとコラボしたフォトプロップスはかわいいですね。おばけはハロウィン時に人気になるキャラクターですので、自分で作る場合の参考にすると良いでしょう。ハロウィンのフォトプロップスの作り方も、基本的な作り方と同じです。ハロウィンイベントを楽しめるように、フォトプロップス作りから楽しんでくださいね。

nutme_g_diyさんの投稿
31878166 223076731801777 7052854234433191936 n

ハロウィンイベントは仮装を楽しむ方が多いので、フォトプロップスも派手な作り方を意識すると良さそうです。こちらのインスタグラムの投稿写真にあるゴールドカラーのフラッグも、とてもかわいいですね。持ち手の部分は、派手なカラーのストローやマドラーなどを準備すると良いでしょう。おしゃれなフォトプロップスの作り方は、プチプラ材料でも十分作れますので、いろんなフォトプロップスを参考にしてください。

ハロウィンにぴったりのフォトプロップスの作り方が紹介されている動画です。まず、かぼちゃ・くちびる・口ひげのイラストを印刷しておきます。きれいに切り取って、裏側にのりをつけて画用紙に貼り付けていきましょう。それをまたきれいに切り抜いていきます。ストローを用意して、マスキングテープでストローだと分からないようにきれいにテープを巻き付けます。そこに画用紙を固定させて完成です。

ecc_kagiyakamakiraneさんの投稿
42892538 1865875136793950 8820542794443700688 n

こちらのインスタグラムの投稿写真にあるフォトプロップスも、ハロウィンイベントにぴったりのデザインですね。ハロウィンイベントに使えるフォトプロップスは、インターネットから無料の素材を使うのがおすすめ。ハロウィンらしいかわいいイラストを探すのも楽しいですよ。こうもり・おばけ・魔女・ジャックオーランタンなどのキャラクターは、ハロウィンで人気です。

irishpub_nagasakiさんの投稿
43779161 540689596375627 2876133586489394498 n

ハロウィンイベントにおすすめのフォトプロップスの作り方は、写真撮影時以外でも持っていると楽しいものが人気です。ハートのメガネもかわいいのでおすすめです。ハロウィンの仮装は派手すぎて恥ずかしいという場合も、フォトプロップスなら気軽に楽しめます。基本的にはフォトプロップスは写真撮影用なので、派手な仮装が苦手という方でも安心です。ハロウィンイベントもフォトプロップスで楽しみましょう!

フォトプロップスの作り方<結婚式用>

結婚式に使うフォトプロップスの作り方は、基本的な作り方と同じですが、一生に一度の思い出を彩るフォトプロップスですので、丁寧な作り方でフォトプロップス制作をしていきたいですね。披露宴の受け付けが終わったあとの待ち時間に楽しんでもらえるようなフォトプロップスがおすすめです。フォトプロップスの作り方を参考にしながらたくさん作ってくださいね。

扇子フォトプロップスの作り方が紹介されている動画を見てみましょう。100均で売っている書き込みのできる扇子を用意します。水引がついているお祝い袋・千代紙・テープ・のりなども準備してください。妻・夫・結婚しましたという文字は黒の画用紙で作り、白の紙に貼って縁取りを切り取るようにするときれいになります。文字を扇子に貼り、水引も接着します。扇子の両面を文字や飾りをつけるとどちらの面も使えます。

扇子のフォトプロップスは、手で扇子を持つので、ストローや棒をくっつける必要はありません。扇子を手に持つスタイルのフォトプロップスです。扇子のフォトプロップスは和の雰囲気ですので、和装でのウエディングにぴったりの雰囲気ですね。結婚式に和装で参列する場合にも、扇子のフォトプロップスが用意されていたら嬉しいですので、参列者目線になってフォトプロップスを準備すると良いでしょう。

こちらのツイッターの投稿写真にあるインスタグラム風のフォトプロップスもおすすめです。作り方は簡単で、まず、枠になるような大きな厚紙かダンボールを準備します。インスタグラム風のフレームに切り取り、白い紙を貼っておきます。インスタグラムに似せながら文字や飾りをつけていきましょう。作り方は簡単ですが、大きくてインパクトがありますので、フォトプロップスとしても人気アイテムのひとつです。

cinderella_planさんの投稿
36159839 232023744258362 4013682049469644800 n

インスタグラム風のフォトプロップスが作れたら、小さなフォトプロップスも作っておくと良いでしょう。インスタグラムのフレームの中から、フォトプロップス持って写真撮影するのが人気です。基本のフォトプロップスの作り方で、いろんなデザインのフォトプロップスを準備しておくと良いですね。披露宴の受け付けが終わると、しばらく待ち時間がありますので、その間の記念撮影でも盛り上がるアイテムになりますよ。

結婚式にぴったりのフォトプロップスの作り方が紹介されている動画です。前撮りや集合写真でフォトプロップスは大活躍です。作りたいフォトプロップスのデザインを準備し、はさみやカッターで切り取っていきます。ストローの先は軽くつぶしておくと貼り付けやすくなります。裏面をきれいに見せるには、クラフト紙などを上から貼ると良いでしょう。仕上げにはリボンを飾るのがおすすめです。

フォトプロップスの作り方で、リボンをアレンジする方法にはたくさんのアレンジがあります。フォトプロップスのデザイン部分にリボンを貼り付ける作り方や、ストローにリボンを結ぶ作り方など、センスの見せどころです。記念撮影が盛り上がるように、かわいいフォトプロップスをたくさん準備しておきたいですよね。リボンなどの立体的な飾りがあるだけで、見栄えもよくなるのでぜひ試してみてください。

こちらのツイッターの投稿写真にあるフォトプロップスも、基本の作り方で作られていますね。ウエディング用のフォトプロップスは、参列者も多いため、たくさんの数のフォトプロップスが必要になります。いろいろなデザインで作られたフォトプロップスがあるだけで、前撮りの時間も盛り上がること間違いありません。いろんな人のウエディングを参考にしながら、基本の作り方でフォトプロップスを作ってみてくださいね。

こちらのツイッターの投稿写真にあるウエディング用のフォトプロップスには、日付が記載されているものも多くありますね。一生の思い出に残るウエディングなので、日付が入っているフォトプロップスのアイディアは人気です。ストローの色にもこだわり、ひとつひとつにリボンをあしらえば華やかなフォトプロップスになります。大変な作業ですがお祝いに使うものなので、楽しく作れそうです。

こちらのツイッターの投稿写真にあるフォトプロップスは、ウエディング用のフォトプロップスですが、和の趣たっぷりですね。紅白の色合いを基調として、寿・祝などの文字や水引をデザインしたものだと、年配の方でも持ちやすいですね。派手なフォトプロップスは持つのが恥ずかしいという方もいますので、配慮したデザインのフォトプロップスをいくつか用意しておくと喜ばれますよ。

こちらのツイッターの投稿写真にあるフォトプロップスもかなりの数です。一生の思い出に残るウエディングですので、凝ったフォトプロップスを準備したいですね。立体的なデザインや華やかなフォトプロップスが、結婚式にはおすすめです。

フォトプロップスの作り方<クリスマス用>

r_a_wdさんの投稿
37387576 217819919073863 3765902014614077440 n

クリスマス用のフォトプロップスには、どのようなデザインがあるのかも見ていきましょう。クリスマスは毎年盛り上がるイベントですので、パーティーの際にはフォトプロップスをぜひ準備しておきたいですね。定番のヒゲやくちびる以外にも、クリスマスらしいデザインのフォトプロップスがあると、記念撮影が盛り上がります。色々な方が作ったフォトプロップスを参考にするのも良いですね。

クリスマスパーティーは、ハロウィンパーティーほど仮装をしないという人も多いのですが、写真撮影の際は仮装をしてるような華やかな写真を残したいですよね。そんな時におすすめなのがフォトプロップスなので、シルクハットのフォトプロップスや、動物のかぶりもののフォトプロップスなど、大きめのものを用意しておくと良いでしょう。サンタクロースの帽子や、となかいの鼻なども定番のフォトプロップスですね。

簡単に作れるスイーツフォトプロップスの作り方が紹介されています。茶色の紙粘土を伸ばし、ラップをかぶせてクッキー型で抜いていきます。そこにビスケット模様になるスタンプを押して、赤色の粘土でリボンを作り接着していきます。銀色のアラザンを作り、後ろにクリップを接着してから、棒を固定すると良いでしょう。

sy.wed1118さんの投稿
38233383 302328680516429 8129236565672067072 n

立体的な花のフォトプロップスを作る方法もあります。薄い紙を重ねて円形に切り取り、フチにはゴールドの絵具を塗っておきます。そこにワイヤーモールドを固定させて、一枚一枚紙をくしゃくしゃにしながら花びらのようにしていきます。外側の紙もくしゃくしゃにして花びらにしたら、最後は全体的なバランスを整えて、花の形にしていくと良いでしょう。立体的なフォトプロップスも人気です。

写真が映える!フォトプロップスの作り方の疑問

フォトプロップスの作り方は簡単ですが、きれいに作るコツがないのか皆さん気になっているようです。少しのコツでフォトプロップスはきれいに作れるようになりますので、紹介していきます。

裏側が気になる!きれいにできないの?

フォトプロップスの裏側が、テープやのりが見えるのが気になるという方も多いようです。できればフォトプロップスの裏側まできれいに作りたいですよね。裏側をきれいにする方法は難しくはありません。

y_s.calligraphyさんの投稿
36988892 896312943908545 4029957789383131136 n

フォトプロップスと同じ形の裏紙を用意します。それをきれいに重ね貼りするだけで、ストローを接着している部分が見えなくなるのです。その方法を応用して、両面共にデザインされたフォトプロップスを作ることもできますね。

imako35さんの投稿
36753801 236197746991492 8276526318695219200 n

フォトプロップスの作り方は簡単なので、裏側まできれいに見えるように丁寧に作ることも大切です。写真撮影時も、裏側も気にならず、気持ちが良いですよね。

9po_ohさんの投稿
35459523 2026208967692554 2164835706717863936 n

フォトプロップスは、誕生日・ハロウィン・クリスマス・結婚式と大活躍するアイテムです。もちろんそれ以外のイベントに使っても、盛り上がること間違いありません。いろんな方が作ったフォトプロップスを参考にしながら、手作りのフォトプロップスを楽しんでみてください。活用方法は自由なので、楽しい写真撮影になりますよ。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ