ワックスコードでブレスレットを手作り!100均で簡単・素敵な編み方を紹介!

ワックスコードを知っていますか?綿の紐に蝋引き加工がされたカラフルな手芸用品です。様々な編み方があり、ブレスレット、ネックレス、アンクレットなどが簡単に作ることができます。ワックスコードでアクセサリーを作って自分だけのお洒落を楽しみましょう。

目次

  1. ワックスコードでアクセサリーの作り方を覚えよう!
  2. ワックスコードとは
  3. ワックスコード編み方の種類
  4. ワックスコードの留め方や結び方
  5. ワックスコード<ブレスレット>の作り方
  6. ワックスコード<アンクレット>の作り方
  7. ワックスコード<ネックレス>の作り方
  8. ワックスコード<キーホルダー>の作り方
  9. ワックスコードハンドメイド作品集

ワックスコードでアクセサリーの作り方を覚えよう!

eri.i123さんの投稿
35461496 2044191312507754 5945332484060217344 n

ワックスコードとは、綿の紐に蝋引き加工が施された手芸用品です。ナチュラルなテイストで、マクラメ工作のアクセサリーの材料として知られています。蝋を塗ることですべりがよくなり、扱いやすくなります。さらに蝋引きすることで耐久性が上がります。ワックスコードは様々な編み方をしたりビーズを通したりして、ブレスレット、ネックレス、アンクレットといったアクセサリーが手軽に作れます。

pearl_ykさんの投稿
13150987 2003622339863602 1299343731 n

有名ブランドのネックレスが欲しいけれど、お金に余裕があるわけでもなしと悩んでいるのなら、ワックスコードとビーズを使って、簡単で経済的なネックレスを作ってしまいましょう。可愛いだけではありません。ワックスコードは作業面や耐久性にも優れています。ワックスコードは名前の通り蝋を引いた紐のことで、「ロウびき」「蝋びき紐」とも呼ばれています。

takesan03さんの投稿
42619089 359247707980331 9106817679647628801 n

また、ワックスの特徴として水をはじく性質があります。水仕事をする時に外す必要がありません。夏に海や川にレジャーに行っても、着けていて大丈夫です。ビーズをたくさん通したデザインのブレスレットやアンクレットは普通の紐だとだんだん解けて作業がしずらくなる時があります。しかしワックスコードはワックスによって先端がまとまるので、ビーズを通す作業がしやすいというメリットがあります。

takesan03さんの投稿
42186028 2121755334705899 8877545937721401619 n

蝋が付いているので熱を加えると溶け、冷えると固まります。この性質を利用することで、ボンドを使わずに結び目の処理をすることができます。しかしチャッカマンやライターなどを使う時は、扱いに充分注意しましょう。親子でワックスコードでネックレスやアンクレットを作る場合は、特に注意が必要です。

moriya_honpoさんの投稿
42753821 558828281234437 6673523223653365580 n

ブレスレッドなどのアクセサリーの作り方として、何本かのワックスコードを組み合わせて手で結んでいき、模様を作るマクラメという編み方で作ることができます。綺麗な色のワックスコードが様々にあるので、あなたのセンス次第で素敵なブレスレットが作れます。少し長くすればネックレスになります。お洒落なアンクレットを編むのもいいでしょう。最近ではポリエステルの紐を加工したものも多くあります。

miketabii19さんの投稿
42650547 890599644481820 3300771006856871746 n

ワックスコードのもう1つの魅力は安価な点です。1メートル単位やロール単位で手芸店の他、ネットショップで購入することができます。店によって値段は変わりますが、安いワックスコードの場合、1メートルあたり数十円で手に入れることができます。ある程度の長さのワックスコードが3色セットで販売されたりしているので、それを利用するのもおすすめです。

penguin_surfさんの投稿
42987589 2401313453219344 8195784656966525182 n

気軽にアクセサリーを楽しみたくても、金属アレルギーを持っている人だと、お洒落に制限が出てきます。金属チェーンのブレスレットなどは身に着けられません。しかしワックスコードならネックレスやブレスレットにして手軽に身に着けることができます。手持ちのペンダントトップやチャームを金属チェーンからワックスコードに置き換えるだけで、アレルギー発症で使えなくなったアクセサリーを楽しめます。

ワックスコードは100均でも買える

ワックスコードは手芸店やネットショップの他、100均ショップにも売っています。動画で紹介しているワックスコードはダイソーで購入したものです。好みの色のワックスコードを手に入れたら、編まずに結ぶだけの作り方で、ブレスレットを作ることができます。ワックスコードの色を楽しみながら、指輪などのチャームを付けて作っていきましょう。ネックレスやアンクレットにも応用することができます。

ワックスコードはメンズにも人気

シルバー ハンドメイド リング ブレイド ワックスコード ブレスレット
4,536円
楽天で詳細を見る

ワックスコードで作ったブレスレットやアンクレットは、男性にも人気です。落ち着いた色のワックスコードを使って、シンプルな編み方で仕上げたブレスレットは、出来上がったものが市販されています。シルバー好きの男性が手首にはめている姿はさりげなくお洒落です。身近にお洒落な男性がいたら、ワックスコードで手作りしたブレスレットやアンクレットをプレゼントしてはいかがでしょう?

kirakiratugumiさんの投稿
41387401 284226715513332 5232470089276663256 n

ワックスコードの編み方はいろいろあります。こだわった複雑な編み方でも簡単な編み方でもお洒落に仕上がるのがワックスコードの良さです。カッコいいチャームやビーズ、大きめの天然石を通してゴージャスなブレスレットに仕上げることができます。長さを変えればネックレスに、通す天然石の量を抑えめにしたら素敵なアンクレットになります。

11016plusさんの投稿
43240594 2136341456625795 4766842021498339723 n

男性にワックスコードで作るブレスレットやアンクレットをプレゼントする時、色合いに悩んだりしませんか?男性の好きなサッカーチームのカラーにしても面白いかもしれません。海外のサッカーが好きだったら国旗の色にしてもいいでしょう。サッカーに限らず、野球、ラグビー、陸上、テニスなどなど趣味のスポーツに合わせると考えるだけで楽しいものです。

greghignightさんの投稿
43201386 1127211084120976 3168344504012475050 n

色が印象的な趣味の心当たりがない場合、機動戦士ガンダムについて聞いてみるのも面白いです。長い歴史のあるアニメなのである程度歳を経た人でもファンが多いです。もしファンならば「連邦軍とジオン軍のどっちが好き?」と尋ねてみましょう。ジオンと答えたらザクの配色であるダークグリーン、ピンク、ライトグリーンの組み合わせ、連邦軍だったらガンダムの白を基調に赤、青、黄色にしましょう。

ワックスコードの様々な編み方

perma.nenteさんの投稿
39022299 303745347050407 6011303405065076736 n

木の葉が彫られている木目調のボタンをチャームにして編んだブレスレットです。普通のコットンコードで編むと、ナチュラルな感じは得られますが耐久性に欠けます。アースカラーのワックスコードを使うと、しっかりしたブレスレットやアンクレットを作ることができます。色合いからレザー調に見えたりして、素敵なブレスレットです。
 

w_kazu_515さんの投稿
40976482 523562361450562 7448288517025202668 n

ワックスコードはブレスレット、ネックレス、アンクレットといった細く長いものだけでなく、画像のようなマクラメ編みによるピアスも作ることができます。このように平らに編む作り方ができるので、ワックスコード自体をチャームにして、ネックレスにしたりブローチを作ったりすることができます。ビーズや金具と組み合わせると素敵です。

ワックスコードとは

ワックスコードの種類

蝋引き紐 ワックスコード 【 極細 幅0.4mm 】 (10cm単位)
10円
楽天で詳細を見る

ワックスコードの中にはポリエステル素材や麻のものもあります。植物由来の染料を使って、自然で優しい色合いに染められたものもあります。表面に塗布されたワックスは、ブラジリアンワックスで有名なブラジル製が人気です。蝋の中にも石油で作られるパラフィンワックスやミツバチの巣から採れる蜜蝋の場合もあります。ポリエステル素材でできたものはカラーバリエーションが豊富で色も鮮やかです。

penguin_surfさんの投稿
43408689 511386889378192 7252783482361289470 n

ワックスコードには様々な種類があります。極細サイズのワックスコードで0.4ミリのものは、穴の小さな石やビーズを通すのにぴったりです。天然石やパワーストーンとの相性もよく、繊細な編み方ができます。極細のワックスコードと太目のワックスコードを組み合わせて、お洒落なブレスレット、ネックレス、アンクレットなどができます。

ワックスコード コットン 平紐 約5.5mm キャメル 9.14M巻
1,333円
楽天で詳細を見る

売っているワックスコードの中でも大きめなものです。0.5ミリ、0.8ミリ、1.9ミリのワックスコードで平らなものを購入することができます。断面が平たく太めなので、複雑な編み方はできないですが、簡単にブレスレットやアンクレットを作りたい人におすすめです。断面が平らなものなので、編み方によって更なる立体感を持ったブレスレットやアンクレットを作ることができます。

ワックスコードコットン ロウ引ひも約4〜4.5mm
106円
楽天で詳細を見る

4.5ミリ幅のかなり太いタイプのワックスコードです。しっかりした造りなので、細かな編み方をするというよりは、ワックスコードの太さを活かした編み方、作り方にするのがおすすめです。カラーは30色から選ぶことができます。店によっては60色以上のカラーを選ぶこともできます。

ワックスコードの代用品

w_kazu_515さんの投稿
43112010 257175354943648 6834187612532644679 n

ワックスコードの代用として、麻、レザー、ナイロンなどの好みのコードを使って編むのもおすすめです。結び目はワックスコードと違ってほどけやすいので、接着剤で結び目の処理などを行うことが必要です。ワックスそのものもネットショッピングなどで手に入れることができます。手持ちのコードに自分でワックスを塗って使うこともできます。

miketabii19さんの投稿
42866300 243094603011287 1010384418880603171 n

固形ワックスをコードに押し付けながら付けていくと簡単にワックスコードが自作できます。ワックスコードで編んだ編み目は落ち着いた感じに仕上がります。いっぽ蝋加工されていないうヘンプのような毛羽だった材料の仕上がりも違った良さがあります。ヘンプにはヘンプならではの味わいがあります。ワックスコードの場合、大人っぽく仕上がる上、すべりが良くて編みやすいという利点です。

ワックスコード編み方の種類

ワックスコード・平編み(平結び)

ワックスコードの基本になる平結びの編み方です。芯になるワックスコードを中心に、左右のワックスコードを編み込んでいきます。左右のワックスコードを通す方向を交互に変えるのがポイントとなります。芯のワックスコードの太さを太くすると、仕上がり幅も太くなります。お好みの太さに調整してみましょう。

平結びにビーズや天然石を付け加える時は、芯になるワックスコードを通して次の結び目がビーズの下に来る時に平結びをしていきます。左右のビーズを囲むイメージの編み方にするといいでしょう。ビーズとビーズの間を開けたい場合は、必要な分だけ平結びを繰り返してから次のビーズを入れていくといいでしょう。等間隔にしたい場合、何目編んだかしっかり覚えておくといいでしょう。

ワックスコード・ねじり編み(ねじり結び)

ぐるぐると回ったように仕上がるねじり結びの編み方は、基本的に平結びと同じです。平結びのように交互にではなく、同じ結び方を繰り返していくことで、自然にねじれ込んでいくのです。丸いフォルムが可愛いイメージの結び方です。色を組み合わせることでイメージが変わります。カラーコーディネートを楽しむことができる編み方の1つです。

ぐるぐるとねじれる部分が2つ重なって仕上がる編み方が、ダブルねじり結びです。左右のワックスコードを1本増やして、1本目と2本目を交互に編み込んでいきます。編む手間はただのねじり結びと同じでありながら、ステップアップした印象になります。

ねじり結びの真ん中に天然石を入れる作り方は、石の場所を最初から決めておきます。決めてから左右を結んで作っていきます。もちろん、ビーズやチャームも同じ方法で入れることができます。

ワックスコード・三つ編み

ワックスコードの1番簡単な作り方として、三つ編みがあります。三つ編みさえできればハンドメイドのブレスレットやアンクレットは作ることができます。三つ編みのブレスレットならば、子供でも初心者でも作ることができるので、親子で一緒に手作りブレスレットやネックレスを楽しめます。一緒にワックスコードの色を選びながら、ブレスレット作りで親子の触れ合いの場を作りましょう。

ワックスコード・四つ編み

四つ編みは三つ編みと比べて、少し難易度が上がります。しかし基本を覚えれば、あとは続けていくだけなので、これを機会に編み方を覚えて、三つ編みより少し凝ったブレスレット、ネックレス、アンクレット等を作ってみましょう。最初は四本のワックスコードの色を全部変えて試してみるといいかもしれません。

ワックスコード・四つだたみ編み

ワックスコードの四つだたみ編みの作り方です。2本のワックスコードを十字に置き、右回りにワックスコードを重ねていきます。重ねた横のワックスコードを下に重ねるという形の編み方をしていきます。4本のワックスコードを均等に引き締めていきます。1周りしたところで、いったんぎゅっと引き締め、2段目に入っていきます。あとはその繰り返しです。

ワックスコード・ななめ巻き結び

こちらのななめ結び巻きという編み方は、幅広でボリューム感があります。芯のワックスコードを右手に、縦のコードを左手に持ちながら縦コードを芯コードに巻き付けていきます。幅の広い作品ができるので、ブレスレット作りに向いています。平編みなどの作り方に慣れてきたら、このななめ結び巻きに挑戦してみるといいかもしれません。

ワックスコード・斜め模様編み

3色の斜め模様にしたいので、同じ色のコード2本を3種類、計6本使います。作りたい模様別に色を並べていきます。トリコロール柄にする時は、青、白、赤、青、白、赤の順に並べていきます。1番右側が芯のコードになり、他の5本が巻くコードになります。右から順に「逆4の字」になるように巻いていきます。1段目をを全部編み終わると芯のコードが1番左側になります。次の芯コードは2番目だったコードが芯になります。

ワックスコード・縦ストライプ編み

縦3本のラインができるワックスコードの編み方です。3色のワックスコードが2列ずつ並ぶデザインになります。三色の国旗のようにトリコロールカラーにするのも素敵です。2本ずつ3色のワックスコードと、別に芯のカラーコードが必要です。芯のカラーコードと巻きのワックスコードを結んでいく、横巻き結びになっていきます。4の字になるように巻き付けていきます。4の字と逆4の字を続けていきます。
 

ワックスコード・V字編み

落ち着いたV字型の模様は大人の女性や男性のアクセサリーに似合います。マクラメやミサンガでも1番人気の編み方です。ワックスコードの本数を増やしたり、対照的なV字にしたり、色の違うV字にしたりといろいろ模様の調整もできます。いろいろと作り比べてみるのも楽しいものです。

lokahi.linoさんの投稿
43067403 165474281055210 4774268502922802562 n

V字にするためにはワックスコードを半分に分けて、半分まで編んだら同じ作業を逆さから繰り返すことで、綺麗なV字ができあがります。V字型の編み方は模様編みの中では簡単な方法です。複雑なものを作る前に練習するのにもちょうどいい編み方になります。出来上がりも綺麗なので、おすすめです。

ワックスコード・ハート柄

ハートの模様が可愛い編み方です。有名YouTuberのこうじょうちょーさんが、100均で買ったワックスコードでハートの模様の編み方で作ったミサンガです。ハートの模様は可愛いので、白と赤で作ってみたり、ピンクで作ってみたりして楽しんでください。編みながらオリジナルの模様を作ることができるのは、ワックスコードのブレスレットならではです。

ハート形でも横向きの編み方です。この編み方は6段の編み方を繰り返していくことになります。1段目はすべてを4の字結びにします。2段目は逆の4の字に5目編み込みます。次に4の字を3目、逆4の字を1目にします。3段目は4の字を4目、逆4の字を3目、4の字を2目にします。このように一見複雑に見える編み方ですが、基本は4の字か逆4の字の繰り返しなので試してみてください。

ワックスコード・トライバル柄編み

トライバル柄とは、部族や種族事に独自のデザインを持っている民族的文様のことをいいます。赤道付近のサモア諸島を中心に、太平洋諸島で用いられる代表的なデザインです。家紋のように部族を示したり、どのぐらいの地位にいるのか、既婚か未婚かどうかなど属性を示す文様です。トライバル柄はワックスコードの色の選び方でオリジナルな模様ができあがります。

ワックスコード・葉っぱ模様の編み方

葉っぱ模様、もしくはウロコ模様とも呼ばれる編み方です。出来上がった編み目は、内側と外側の色が交互に入れ替わる葉っぱ模様になります。複雑そうに見えますが、編み方自体は4の字結びと逆4の字結びだけです。結び目が少ない点も簡単です。1色2本ずつ、計10本でで作ります。外から向かって同じようになるように配色し、真ん中から編み始めるという編み方をしていきます。V字編みのアレンジです。

ワックスコード・波模様

波が連続する模様が左側に連続する編み方になります。糸の本数が多いので、少し時間がかかる作り方になりますが、基本の4つの編み方をマスターすれば、さほど難しいことはありません。サーフィンや水泳をやる人にブレスレットを作ってプレゼントするのもおすすめです。基本的に逆4の字と4の字を繰り返していきます。初心者には時間がかかる編み方ですが、綺麗に仕上がれば嬉しさも倍増です。

ワックスコード・渦巻き模様

先の波模様と似ていますが、もう少し複雑です。出来上がった編み地は、左右から見てそれぞれに異なった渦巻き模様になります。数か所、タッチング結びというい結び方をしており、糸の本数も多いので少し大変かもしれません。2色を5本と6本の計11本を使ういう点も複雑さの要因かもしれません。1つ1つの編み方を確認しながら、丁寧に仕上げていきましょう。

ワックスコード・花柄

花模様のミサンガの作り方ですが、ワックスコードでも花柄の細めのブレスレットになります。珍しい形ですし、少し難しいかもしません。結び方が変則的ですが、チェーンを付けたブレスレットにするのもカッコよくなります。基本、4の字結び、逆4の字結び、平結びを覚えていればできます。最後に必要なのは根気です。頑張って、手首を花で飾りましょう。

この編み方では、左右の色が交互に切り替わる矢羽模様が出来上がります。矢羽模様は基本2色で出来上がりますが、4色などいろいろとアレンジがききます。一見とても複雑そうですが、基本は4の字になるように巻き付けて、右上に引き締めていきます。1段目の編み方を繰り返すだけという簡単な編み方です。

ワックスコードの留め方や結び方

基本的にブレスレットやネックレスは留め具を付けてワックスコードを留めます。ただアンクレットのように簡単にほどけてしまうと困る場合があります。こんな時、平編みをを応用すると、留め具を使わなくてもワックスコードを留めることができます。ネックレスやアンクレットの長さを調整することもできます。便利な留め方なので覚えておきましょう。

こちらも留め具を使わずにワックスコードを留める作り方です。とめ結びを両側に作りることで、しっかりと留めることができます。連続して結ぶほど、ほどけにくくなります。また結び目をスライドさせることで、簡単に長さを調節することができます。とめ結びが小さくすっきりしているので、留め具を使うより肌触りがよく、付け心地がいいのも特徴です。

留め具を使う場合は、ワックスコードに合った留め具を使う必要があります。平やっとこを使ってワックスコードの端にくっつけます。金具の留め具があるとしっかりと留めることができるので、長さと重さがあるネックレスなどにぴったりの留め方です。とめ結びのようにゆるくなるだけでなく、外れると完全に1本のワックスコードに戻ってしまうので、アンクレットに使うには不向きかもしれません。

結び方・輪結び

2本のワックスコードを使い、1本のコードを4の字に結んでいきます。輪結びはネックレスのペンダントトップの付近のコードに使ったり、ブレスレットやミサンガに使ったりと、いろいろ用途が広い作り方なので覚えていくと便利です。輪結びもねじり結び同様に、右巻きの右輪結びと左巻きの左輪結びがあります。作り方によって右巻きに模様が出るか左巻きに模様が出るかの違いがあります。

結び方・つゆ結び

つゆ結びは最低2本あれば編むことができます。長いコードを折り返して使用すれば、1本あれば大丈夫です。色を変えて編んでいくと綺麗に左右に分かれるので、2色異なるブレスレットやアンクレットを作りたい場合は2色用意しましょう。2本のコードを8の字のように置いて結んでいくといったイメージで編んでいきます。ワックスコードの色の他、太さの違いによって仕上がりも変わってきます。

hannah.macramejewelryさんの投稿
39245134 2157642327792131 2568884557520568320 n

ほどけないので留め結びに使うこともできます。ワックスコードが太くなると仕上がりも太くなります。ワックスコードを選ぶ時は色の他にも、太さによって仕上がりが変わってきます。ワックスコードには様々な太さがあるので、とめ結びだけでも仕上がりは様々になるのでイメージして選びましょう。つゆ結びは天然石をワックスコードに留める場合にも使われます。2本で編む場合はつゆ結びは大活躍します。

結び方・タッチング結び

これも基本的な結び目です。この結び目を連続させると出来上がりが、片側に結び目が連続するぐるぐると巻き付けたようなデザインになります。シンプルな雰囲気に仕上がります。同じ結び方を繰り返すだけで出来上がります。製作時間もそれほどかかりません。初心者にもおすすめの編み方です。芯のコードは1つの色を5本使います。芯のコードの数も、アンクレットのような太い場合は増やして構いません。

ワックスコード<ブレスレット>の作り方

ワックスコードビーズブレスレットの作り方

3本のワックスコードを編んでいく作り方です。3本のうち2本のワックスコードにビーズを1個ずつ通しながら編んでいきます。留め方は平編みです。留め具にも金具ではなく、ビーズを使っています。ワックスコードの色とビーズの色の組み合わせを考えてみるのも楽しいものです。

ワックスコード天然石ブレスレットの作り方

天然石を使ったワックスコードのブレスレットを作ります。先に天然石をワックスコードに通してから編み始めます。ワックスコード2本通す穴の大きさがなかったら、1本で構いません。ただ耐久性は劣ります。結び目を作っていき、ここぞという位置に天然石を通してから、また結び目を作っていきます。

ka73chanさんの投稿
41836895 179683736256118 6659528035531859140 n

気を付けるのは天然石を通した後にひっくり返して編んでいくので編み方が逆になるという点です。端処理はぎりぎりでカットして、ライターであぶり、ワックスを溶かして固定します。端処理がきれいになるのが、ワックスコードによる始末の仕方のメリットです。留め方は平編みにする形です。

ワックスコード<アンクレット>の作り方

アンクレットはブレスレットやネックレス以上に、ワックスコードの使用がぴったりです。夏などに軽くシャワーを浴びる時もつけたままでいられますし、水辺で素足で遊ぶ時も水を気にしないですみます。このアンクレットはアジャスターと金具で留め付ける方法を取っています。チャームを付けて可愛い仕上がりになっています。長さを短くすると、ブレスレットになります。

このアンクレットは、ワックスコードを2連にしてビーズに通していきます。太いワックスコードでは難しいかもしれません。輪の下先に留め具を付け、ビーズを囲む編み方をしていきます。ワックスコードに限らず、適当な紐があれば作ることができますが、強度の点を考えたら、ワックスコードでの作り方をおすすめします。簡単な作り方でできるアンクレットなので挑戦してみてください。

ワックスコード<ネックレス>の作り方

天然石をぐるりと囲むフレーム編みをしたワックスコードのネックレスの作り方です。左右に芯のコードを作り、左芯のコードに右タッチング結び、右芯のコードに左タッチング結びをしていきます。編み上がったら芯同士を軽く結び、天然石を取り囲みます。平結びでバチカンを作って、素敵なペンダントトップに仕上がります。あとはバチカンを通すネックレス紐を編んでいきましょう。

大きな重い石をつけたネックレスを作る場合、ボンドなどで接着しなければ取れてしまうかもしれないと思うかもしれません。しかししっかりしたフレーム編みをすると、丸い石もきれいに包み込むことができるので、ネックレスから落下する心配はありません。もしボンドを使ってしまったら、好みが変わって他のネックレスに流用ができません。フレーム編みを覚えて、素敵なネックレスを作りましょう。

ネックレスのペンダントトップに勾玉を使う時、便利な結び方を紹介します。細いワックスコードを輪編みにしたものを通すのもよし、太いワックスコードを一本で通すのもよしです。輪編みはミサンガなどに使うのが一般的ですが、ネックレスのペンダントトップなど、こうした太い穴に通すワックスコードに強度を出すためにも使うことができます。

ワックスコード<キーホルダー>の作り方

ワックスコードキーホルダーの作り方

大きめの天然石を使ったキーホルダーになるワックスーコードの作品です。綺麗な天然石の他、パワーストーンの組み合わせをいろいろ考えるのも楽しみの1つです。プレゼントにも最適です。ストラップやキーホルダーのようなものは、身に着けるだけでなく手持ちの小物やカギに取り付ける使い方もできます。

ワックスコードでできる簡単なキーホルダーです。キーチェーンやキーリングといったものはすぐに作ることができて、ちょっとした時間に楽しめます。太いワックスコードを使って、平編みで編んでいきます。ワックスコードのカラーバリエーションを活かして、作ることができます。カラフルな色使いにしたり、ミリタリー調にしたりと色を変えるだけでさまざまなアレンジが可能です。

ワックスコードハンドメイド作品集

sphere_macrameさんの投稿
37795916 1817936328291269 939865232367419392 n

まるでセイレーンが身にまとっているかのような美しいブレスレットです。青い海、青空、砂原をイメージさせます。ナイジェリア産の透明感があるアクアマリンを中心に、ネパールのすっきりとした青い色のカイヤナイトとの組み合わせが美しい作品です。

on_cloud_nine999さんの投稿
43915428 538695876543250 7457993970946808610 n

ワックスコードで作った2連のミサンガです。渋いスモーキーピンクのワックスコードのシンプルな平織りで作ったミサンガにビーズを合わせて2連にしています。女性らしい可愛さで、ずっと眺めていたいと思わせる作品です。イニシャルのチャームがおしゃれです。ミサンガは切れると願いが叶うとといいますが、これは切れて欲しくないものです。

w_kazu_515さんの投稿
42316996 1691712227618379 9082378320574956172 n

ワックスコードでマクラメ編みにしたものです。ビーズと合わせてピアスにした作品です。落ち着いた配色で、とても個性的なアイテムになっています。ただ細く長く編むのではなく、このような面積のあるアイテムに編み上げると、ワックスコードの落ち着いた大人っぽいツヤが活きてきます。

morudabaitoさんの投稿
41775558 2104570776538445 4582794234626329636 n

ワックスコードをマクラメ編みにした、ハンドメイドの蝶恋花のブレスレットです。ローズクォーツの美しさが光る、サンゴ色のワックスコードを利用しています。身に着ける女性の手首をさらに美しく彩ります。

tenohira1123さんの投稿
42440425 292478574909606 1887415689891982050 n

ワックスコードとビーズでマクラメ編みをした、和の雰囲気いっぱいのかんざしです。マクラメは南米の工芸ですが、どんなテイストも表現できるものです。落ち着いた色味とべっ甲色の組み合わせがおしゃれです。作家さんの特徴が活きた大人っぽい作品です。

nagahuku_frさんの投稿
41481900 252630695440130 6000164490515440947 n

落ち着いた色柄のワックスコードとビーズで作った、マクラメ編みのバレッタです。非常に凝った編み方で、色合いの大人っぽさが光る作品です。ブレスレットやピアスの他に、髪飾りもできてしまいます。

penguin_surfさんの投稿
41654724 268230537366059 1596994772773724580 n

ワックスコードはいろいろなアレンジが効くハンドメイドアイテムです。シンプルにビーズを通すだけでもお洒落ですし、凝った編み方もできます。多くのカラーがあるので色の組み合わせを考えるのも楽しい作業です。手元にあれば簡単に作ることができるのがワックスコードの良さです。難しいかもと考えずに気軽にワックスコードを編んで素敵なアクセサリーを作ってみましょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ