頭の悪い人と頭の良い人の違いと特徴!話し方など改善方法は?

皆さんは「頭の悪い人」と聞くとどんな人をイメージしますか?仕事ができない、空気が読めないなど人によって様々な印象があるかもしれませんね。ここではそんな頭の悪い人たちの特徴やそういった人への接し方に着目しつつ、頭の悪い人にならないための改善策をみていきましょう。

目次

  1. 頭の悪い人と良い人の違いが盛り上がる理由
  2. 頭の悪い人は知能やIQだけの問題ではない
  3. 頭の悪い人診断もある
  4. 頭の悪い人との付き合い方
  5. 頭の悪い人との話し方
  6. 頭の悪い人の特徴
  7. 頭の悪い人は改善できる?
  8. 頭の悪い人と良い人の違い
  9. 頭の悪い人にならないようにしたい

頭の悪い人と良い人の違いが盛り上がる理由

「頭の悪い人」という画像が話題に

皆さんは「頭の悪い人」と言うタイトルの画像を見たことがあるでしょうか?これは2017年にツイッターで投稿された画像で、そのタイトル通りの独特の雰囲気とスケッチのシンプルさから汎用性も高く様々な場面や人物に当てはめたコラ画像も出回っているほど知る人ぞ知る頭の悪い人を象徴する画像です。

上の画像をご覧いただくとリンゴのイラストに添えられた「例えば目の前のリンゴを見た時」というお題に対し、落書きのようにスケッチされた人が「ばなな」と発言しています。いかにも頭の悪そうな人が描かれ一見意味のなさそうな画像ですが、実はこの画像には頭の良し悪しで物の見方が違うことを議題にした真面目な元ネタがあるのです。

頭の悪い人ブームを起こした元ネタ

元々は「頭の良い人と悪い人の物の見方の違い」というタイトルでツイッターに投稿されたもので、一つのリンゴを目の前にしたとき頭の悪い人は単調な感想しか思いつかないのに対し、頭の良い人はそこから多くの関連ワードを思いつけることから、頭の良い人は物を見た時の連想する能力が高いということを4コマで表した画像がきっかけなのです。

そのため一時期ブームとなった頭の悪い人画像は、元々は人間の知能に関してSNSを通じて多くの人が議論してきた真面目なタイトルであり、あの画像からは想像できないほど考え深い話題がきっかけで生まれた画像だったのです。

頭の良い人と悪い人で見方が違う?

ではその元ネタである「頭の良い人と悪い人の物の見方の違い」というタイトルですが、実際に頭の良し悪しで物の見方はそんなにも変わるものなのでしょうか?そして頭の悪い人というのは一般的にどんな人のことを言うのでしょうか?
 

以下の項目では、そんな頭が悪いと言われている人たちの特徴やそういった人たちとの付き合い方、そして自身が頭の悪い人と思われないためにはどうすれば良いかなどの改善策を、仕事や日常のあらゆる場面を具体例に紐解きながらみていきましょう。

頭の悪い人は知能やIQだけの問題ではない

知能やIQだけが頭の悪さではない?

皆さんは頭の悪い人と聞くとどんな人物像を最初にイメージするでしょうか?一般的に多いのは学校でいつもテストの成績が悪い、いわゆる勉強のできない人を想像する方もいるでしょう。あるいはIQが低いと言われている人のことを総称して頭が悪いと思う方も多くいるはずです。

しかし頭が悪いと一言で言ってもそのジャンルは様々なのです。例えば皆さんが社会人であれば、名刺交換や取引先との電話のやり取りなど社会人としての最低限のマナーがなければまともに働くこともできませんよね?その他にも冠婚葬祭での服装やメイクなど、あらゆる場面でマナーがなっていない人というのは非常識という意味で頭の悪い人という印象につながってしまいます。

仕事の要領が悪かったり空気が読めなかったりと、こちらがストレスに感じてしまうほど不器用な人を想像する方もいるでしょう。こういったように「頭の悪い人」と一言で言っても、環境やその人との関係性によって頭が悪いと感じる部分も様々であり、知能やIQが低いだけが頭の悪い人というわけでもないものなのです。

「頭が悪い」にも種類がある?

では一般的に頭の悪い人とは一体どんな人物、人柄を指すのでしょうか?ここでは、知能やIQが低い以外にも頭が悪いと思われてしまう根本的な原因を様々な方面で具体的に見ていきましょう。

頭の悪い人<学習面>

簡単に言うと学習能力の低い人です。皆さんの学生時代に仲の良い友人や同級生の中で、あるいは自分自身が勉強が苦手だったという経験はないでしょうか?いつもテストで点数の高い良い成績を取る子もいれば、教科に限らず常連のように補習授業を受けてしまう勉強が苦手な子もいたはずです。

学習面に関しては学生に限らず社会人でも同じことが言えます。例えば、仕事をしている環境で新しい制度が始まった時に、のみ込みの悪い社員が一人でもいると周りの足を引っ張ってしまいますよね?それでは業績にもつながりロスを生んでしまいます。

年齢に関係なく学習するのはとても大事なことのはずですが、学習するのが得意ではない、あるいは学習する姿勢がないと得られるはずの知識も身に付かず頭の悪い人と思われてしまいます。逆に探究心が強く学習能力が高いと「博識」と呼ばれる知識の多い人になり、そういった人が一般的に頭の良い人と呼ばれるのかもしれませんね。

頭の悪い人<知能面>

知能面はいわゆるIQ(知能指数)に関係する部分です。IQが高い=天才と言われるなど、知能指数の高さは頭の良し悪しを判断する面で最も関連の深い部分と言えます。IQが高いというワードはよく耳にしますが、実際IQが高い人とはどういった人のことを指すのでしょうか?

具体的に言うと、IQの高い人は物事に対する処理能力が人より長けている傾向にあります。例えばテスト勉強や仕事のプロジェクトなどの一つのタスクに対し、頭の悪い人は何も考えずがむしゃらに済ませがちです。しかし頭の良い人はどうやったら効率良く出来るか、それをすることでその後にメリットがあるかなど、先のことを見据えた行動を取ることができます。

IQの高い、あるいは低い人というのをワードだけで見るとどんな人のことを指すのか想像がつきにくい部分もありますよね?現実にいる人で想像してみると、IQが低く頭が悪いと思われている人は日常的な行動に無駄があったり、状況に応じて判断を変えることができなかったりする、いわゆる不器用な人のことを指していると言えます。

頭の悪い人<性格面>

ここで言う頭の悪い人とは、主に人間関係の場面で損をしてしまう人のことを指します。皆さんの知り合いの中で、口論になると感情的に物事を口にしてしまう人がいるという経験はないでしょうか?頭の悪い人は基本的に自分のことしか考えていない、あるいは相手のことを思いやる余裕がないため口論などの平常心を保てない状況になると、思ったことをそのまま口にする傾向にあります。

それ以外にもその場の空気を読まない言動をする、相手の立場になって考えないゆえに意図せず相手を傷つけてしまうなど、本人にその気はなくても他者に嫌われるような言動をしてしまう人は性格的な面で頭が悪いとも言えます。

自分の頭が悪いだけならその本人のみの問題で収まります。しかし頭が悪いゆえに心無い言動を取って他者を巻き込んでしまうのは周りに迷惑となってしまいますので、性格面で頭の悪い人というのは最も問題視すべき人物像と言えるでしょう。

頭の悪い人<常識面>

常識に欠けている、一般的常識のない人も一種の頭の悪い人と言えますよね?冠婚葬祭や社会人としてのマナーなど、大人になるにつれて最低限の常識が必要な場に赴く機会は増えてきます。そういった場所をわきまえた行動が必要な環境で人並みの常識がないと頭の悪い人と思われても仕方のないことかもしれません。

ときに常識のなく頭が悪いということはデリカシーのない言動につながることもあります。結婚式という祝いの場で新郎新婦に対し言ってはいけない言動、いわゆるタブーを犯してしまうと意図せず相手を侮辱してしまうことにもなりかねません。非常識であるということは場合によっては相手を傷つけてしまうこともあるので、礼儀作法とまで堅苦しいものではなくても世間一般的な知識は持っておくべきです。

IQが高くても頭の悪い人はいる

頭の悪い人の様々な例を見ていきましたが、結論は知能やIQの高さだけが頭の良し悪しではないということです。どんなにIQが高くても常識がなく相手の気持ちを考えることができなければ、人によっては頭の悪い人と捉える人もいるでしょう。逆にIQが低くても特定の知識に長けている人がいれば、知識の面で頭の良い人というイメージにつなげることができます。

着眼点にもよりますがIQの高さだけがその人の頭の良し悪しを決めるわけではありません。環境に合った長所を持っている人がその環境で言う頭の良い人となるのであって、全てのバランスを取ることに優れた人が本当に頭の良い人と言えるのかもしれませんね。

頭の悪い人診断もある

頭の良し悪しは診断できるもの?

その人が頭の良い人どうかを判断するとき、どのようにして決めますか?大抵の人は何か明確な診断基準があるわけではなく、周りや自分自身と比較したときの感覚で決めている方がほとんどのはずです。しかしSNSなどで無料でできるIQテストやクイズが公開されている今では、ネット上でも自分の頭の良し悪しを診断してくれるサイトが数多く存在するのです。

現在のインターネットならIQテストで知能指数を診断できるのはもちろん、天才脳を持っている人かどうかを診断する心理テストなどもあります。さらにメディアで言えば問題を解くことで脳を柔軟にするクイズ番組が常にレギュラー放送されているほど、頭の良し悪しを診断するクイズやテストは今や世代を問わず注目されている人気のコンテンツなのです。

インターネット上で簡単診断!

インターネット上であれば無料でできるIQ診断テストも多数存在します。またサイトによっては専門家の監修によって作られた問題もあるため、本格的な診断結果を知りたいという人にとって無料で公開されているIQ診断テストはとても魅力なツールと言えますね。

たとえ専門家の作った問題でなくてもSNSに結果を投稿したり周囲の人と解き比べたりと他の人と診断結果を比較すれば、数値までは分からなくても自分のIQが高いか否かの判別材料くらいにはなりますね。

分野ごとに才能診断テストがある?

一般的なIQ診断テストのほとんどは限られた時間内に指定された問題数を解き、正解数が多いほど頭の回転が早く頭の良い人とされています。IQの数値は全体平均100を基準に120~130以上あると天才と呼ばれ、逆に100以下だと頭が固く知能が低いと言われています。

他にも音を聞き分ける能力を測ることで音楽の才能があるかを診断する動画や、絵の違いを見抜くことで美術的才能があるかなどの分野ごとに特化した才能診断テストも多く存在します。どれも無料で公開されている上に、筆記用具などを用意しなくてもその場ですぐ解ける問題で構成されているものが多いため、参考程度であっても気軽にIQを診断したり才能を測ったりすることができます。

IQは高めることができる?

IQは診断することで数値を知るだけでなく、頭脳トレーニングクイズなどを解くことでIQを高めることもできます。IQは「いかに柔軟な発想ができるか」が重要なポイントとなるため、脳を鍛えると言われている様々な問題を繰り返し解くことで考え方を柔軟にできれば、IQの数値は意図的に高めることができるのです。

tabuchi.shinichiさんの投稿
39009784 720921078266554 2721468785448976384 n

またそういったクイズは柔軟な発想ができる脳を育てる以外にも、物の見方を変える方法や観察力の高い頭脳に成長させてくれる仕組みにもなっているので、診断テストなどでIQが低い結果が出てしまった人は色々な問題を数多くこなすことでIQを高める努力をしてみてはいかがでしょうか?

診断テストで自己診断してみよう!

インターネットで公開されているIQ診断テストは無料かつ気軽に診断できるものがほとんどです。現在ではスマホアプリやSNS上でもそういった問題は多く公開されているので、時間のあるときに参考程度でも自分のIQを診断してみるのも良いかもしれません。その上で診断結果に納得の行かない方、あるいはもっと頭を柔らかくしたいという方はそういった頭脳トレーニングで脳を鍛えてみてはいかがでしょうか?

ThumbIQの平均はいくつ?問題は?世界の高い人ランキングにはあの女性も! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

頭の悪い人との付き合い方

頭の悪い人との付き合い方はあるのか?

仕事場の同僚や友人など、人によって様々な人間関係がある中で、皆さんの周りに頭が悪いなと思える人はいるでしょうか?知り合い程度ならまだしもその人が仕事のパートナーであったり親しい友人だったりと、比較的身近な存在で一緒にいる時間が長いと「いい加減にしてほしい」と苛立ちを感じてしまうこともあるはずです。

しかし残念ながら頭の悪い人はそう簡単には変わってくれません。ここではそんな切っても切れない関係となってしまった頭の悪い人と円満に付き合っていく方法を紹介していきましょう。仕事場の新人にマニュアルを教えなければいけない、頭の悪いこの相手に理解してもらわないといけないという状況が出てきたときに役立つ接し方をお伝えします。

<頭の悪い人との付き合い方>①相手が理解できる話し方をする

頭の悪い人は理解力に欠けているということを前提に行動しましょう。例えば一つの物事を伝えるのに、理解できるまで懇切丁寧に話すのも本来なら悪くはありません。しかし頭の悪い人に対して説明が長くなってしまうと、内容の一部しか理解できず重要な部分を伝えられずに話し終わってしまう可能性があります。それでは時間の無駄になってしまいますよね?

例えば同じ仕事の内容でも慣れているベテランに対して話すときと、初めての新入社員に対して話すときとで内容の伝え方を変えますよね?頭の良い人と悪い人とでは、仕事で言う上司と部下ほどの差が生まれる場合もあるので、そんな時は相手のレベルに合わせた話し方をしてあげましょう。

<頭の悪い人との付き合い方>②相手を全否定しない

頭の悪い人と行動を共にしていると、柔軟な考え方をしないゆえに自分が正しいと思い込み自分のやっていることや考えを相手に押し付けようとすることもあります。その言動が間違いだと感じたときは相手の考えやそれによって導いた行動のすべてを否定するのではなく、一つの意見と思って一旦は内容を受け止めるようにしましょう。

物事に対し柔軟な考え方ができない人は同時に性格も頑固な人が多いため、自分の考えを否定されると言い返そうと押し問答になりがちです。そんなときは「相手なりに考えがあるんだな」「こういう解釈もあるんだな」と自分とは別の意見として理解してあげれば、こちらが苛立つこともなく納得もいきます。

お互いに否定されるのは心地の良いものではありませんので、どちらかの意見が頑ななときは頭の良い人が柔軟な考え方を持ってあげることでその場の見解を収めるようにしましょう。

<頭の悪い人との付き合い方>③言葉を選ぶ

四字熟語や慣用句などの難しい単語を使った会話は、その言葉の知識がない人にはもちろん頭の回転が遅い人には厳しい話し方になります。頭が良ければ、たとえ単語の意味を知らなくても会話の流れからその意味を推察できる人も中にはいます。しかし頭の悪い人は頭の回転も遅く、会話の中で瞬時に理解することもできません。

相手の語彙力が低いことを知っている上で難しい単語を使うのは頭の良い人がする話し方ではありませんよね?単語の意味を知らないのはある程度なら仕方のないことでもありますので、頭の悪い人に難しい単語や言い回しを使うのは避けるようにしましょう。

<頭の悪い人との付き合い方>④相手の意図を汲みとってあげる

会話において頭の悪い人は、慌てたり論点がずれたりすると内容がまとまらず相手に伝わらない話し方をすることがあります。そんなときは相手が話した内容を頭の良い聞き手側がまとめ、伝えたいことをこちらが引き出すように手助けしてあげましょう。


難しい内容やそれまでの経緯が長い話になると、頭の悪い人では何から話したら良いのか迷ってしまい、結果相手に伝わっているかよりも思い付いたことすべてを口にすることに集中してしまいがちです。相手の話がごちゃごちゃしたときには、全部聞いてから整理整頓してあげるなどして相手の言いたいことをまとめてあげましょう。

寛容な気持ちで付き合おう

頭の悪い人と付き合っていくのはときに苛立ちストレスとなることもあります。仕事の先輩後輩や長年一緒にいる友人などそういった人との付き合い方に困ったときは、頭の悪さをあまり気に病まずに寛容な気持ちで接するようにしてみましょう。


頭の悪い人は注意したからといって簡単に治るものではありません。人を変えるより自分が変わったほうが手っ取り早いと考えるのも一つの手段とも言えるので、相手の頭の悪さが深刻な場合は自分が変わる立ち回りをすることでストレスを回避するようにしてみてはいかがでしょうか?

頭の悪い人との話し方

頭の悪い人の話し方の特徴

今までの説明をふまえて簡単に言うと、頭の悪い人は自分の考えていることを相手に伝えるのがとても下手です。中でも本当に頭の悪い人は、まるで幼稚園児が話しているかのように、大の大人にも関わらず何を言っているのかも分からないほどに話し方が下手な人も存在します。なぜ大人になってもそんな話し方になってしまうのか?

ここでは頭の悪い人の思考とそれを踏まえた話し方という部分に着目して、なぜそういった話し方になってしまうのかの原因と特徴を項目ごとにまとめてみていきましょう。

<頭の悪い話し方の特徴>①話し方に順序がない

頭の悪い人は順序立てて物事を話すことができません。よって話しの流れや時系列がごちゃ混ぜになってしまい、内容に矛盾が生まれるような話し方をしてしまうことがあります。過去の出来事に関する話であれば物事が起こった順番通りに話すだけなのですが、頭の悪い人に限っては印象に強い部分や自分に都合の良い部分だけを話すなど自分勝手な記憶の辿り方になり、結果聞き手に分かる話し方をしないのが特徴です。

日常の他愛ない話ならまだ許せますが、それが仕事場などの一部始終の報告が必要な状況となると話は別ですよね?伝えるべき内容も相手に伝えることが出来なくなってしまうというのは、順序立てて話すことが苦手な頭の悪い人特有の話し方なのです。

<頭の悪い話し方の特徴>②話しの内容にまとまりがない

直前の項目で「話の順序」に関して言いましたが、話を順序立てて説明できてもその内容にまとまりがなければ意味がありません。例えば「旅行に行って楽しかった」という出来事に対し、どんな場所に行ったか、何をしたかなど、一部始終全て話して終わってしまうだけだと結局何が楽しかったのかは聞き手に伝わりませんよね?

小さな子供なら可愛らしいと感じますが、大人が同じような話し方をしてしまうと「結局何が言いたかったのか?」と改めて問いたくなってしまいます。頭の悪い人は考えてから話すということをしないために話自体にまとまりがなく、結果何を伝えたかったのか分からない話し方になってしまうのです。

<頭の悪い話し方の特徴>③途中で内容が変わる

人によっては流れを考えながら話すのではなく、思いついたことすべてを口にするという話し方をしてしまう人もいます。そういった人の場合、結論の着地点を決めずに話しているため途中で話しが脱線したり何を話したかったのか結局分からなかったりと、話し始めの目的を見失うということも珍しくありません。

もちろん中には単に話すことが好きで話が長くなってしまう人もいますが、頭が良い人がそれをする場合はちゃんと結論に持っていくことができる話し方をしています。頭が悪く話し方が下手な人は本題からずれていることに気付かず話し続けてしまうことがあるので、無意味に話が脱線していると聞き手(自分)が感じた場合は一旦止めるなどしてあげましょう。

聞き手が話しをまとめてあげよう

頭の悪い人は相手のことを考える余裕がなく自分勝手な思考をする傾向があります。それは話し方においても同じで、話の内容が相手に伝わるかどうかよりも話したいという感情に任せて、しゃべり自体に必死になってしまいがちなのが話し方の下手な人の特徴であり、頭の悪い人の話し方なのです。

上記で挙げたように話にまとまりがなかったり途中で話が変わったりして、その人が何を言いたいのか分からないということもあるでしょう。「あなたの話し方は頭が悪い」と相手に直接伝えるのも一つの方法ですが、頭の悪い人はそれを指摘されたからといって話し方を変えられるほど器用でもありません。

相手の話がごちゃごちゃして何が言いたいのか分からないときは、聞き手側が「言いたいことはこれかな?」とそこまでで聞いた内容をまとめて聞き返してあげましょう。相手の話を「はい」か「いいえ」のみの質問にまとめて答えやすいようにしてあげるなど、頭の悪い人の話し方に苛立つときは聞き手側である自分が話をまとめ、正解を導いてあげるくらいの寛容な気持ちで会話をしてみましょう。

頭の悪い人の特徴

頭が悪い人には特徴がある?

頭の悪い人と一言で言っても、人それぞれの特徴があります。では頭が悪いと思われている人には具体的にどんな特徴があるのでしょうか?以下では頭の悪い人がやりがちな行動パターンや共通して持っている特徴をピックアップしてみていきましょう。

<頭の悪い人の特徴>①何においても不器用

ここでいう不器用は編み物が苦手などの手先の器用さではありません。頭の悪い人は何をやっても上手くいかない、物事に対する処理に人より時間がかかるなど様々な場面で行動自体が不器用なことがあります。そしてそれは日々の行動の中だけでなく、性格的な面でも同じことが言えるのです。

例えば不幸があって落ち込んでいる友人にデリカシーのない不謹慎な発言をしてしまうなど、相手への配慮が足らず人を傷つけてしまうタイプの不器用さもありますよね?頭の悪い人はこういった人への配慮だけでなく、考え方が固かったり効率の悪いことをしてしまったりと何においてもでも不器用な面を持つことが特徴の一つです。

<頭の悪い人の特徴>②周りを見れない

目の前のことしか目に入らず行動してしまうのも頭の悪い人の特徴です。周りの状況を見ていないということは自分のことしか考えられない、他の人を見る余裕がないということでもあります。そういった人は今現在やっていることに集中しすぎて周囲の人の動きや先を見据えた行動ができない場合が多いため、一つのことに囚われて行動している人は頭が悪いと言えます。

また周りを見ないということは自分が損をするだけでなく、周囲に迷惑をかけてしまうことにつながる場合もあります。視野を広げて全体的なバランスを考えて行動できないのは、観察力の低さが生む頭の悪い人特有の行動でもあるのです。

<頭の悪い人の特徴>③物事に時間をかけたがらない

仕事や家事など何においても素早くこなすことができれば、余った時間を有効活用することができますよね?しかしだからと言って雑に処理をして良いわけではありません。頭の悪い人は時間をかけずにやることだけが正しいと考え、物事をどうやって処理するかを考えることに時間をかけない人が多いのです。

掃除や料理を含めた家事など、日常的に当たり前に必要なことであれば毎回何も考えず雑にこなすのではなく、どうやったら効率が良くなるかを一度考えておくことで今後の時間短縮につなげることができますよね?

頭の悪い人の中には考える時間が無駄と思う人も存在し、一度立ち止まって考えるという発想がないために逆に一つ一つの物事に時間がかかってしまうということも少なくありません。仕事などで効率化を図るのであれば考えてから行動するのは基本であり、それが出来ないのが頭の悪い人の特徴です。

<頭の悪い人の特徴>④頭が悪いことを自覚できない

頭が悪いということをその人自身が自覚できないのも、頭の悪い人の特徴でありとても厄介な部分でもあります。頭の悪い人は柔軟な考えを持たないゆえに自分勝手だったり自分の非を認めなかったりと性格も頑固な人が多くなりがちです。そのため頭が悪いことを自分で気付くことはおろか周りから言われても認めようとしません。

知識が劣っている、IQが低いなど身に付けてどうにかなるものであれば頭の悪さは改善することができますが、それも本人に自覚がなければ治すことはできません。むしろ自覚がないからこそ頭の悪さが悪化してしまった可能性も人によってはあるため、頭が悪いということを認識するというのは最も重要なことなのかもしれませんね。

頭の悪い人は仕事で困る

頭の悪い人の特徴をまとめると、IQが低かったり知識が劣ってしまっていたりすることで考え方が固くなってしまい、結果行動に無駄が多くなってしまう傾向にあるのが全体的な特徴です。子供のうちであれば大人が助けることもできますが、社会人になってしまえば自分のことは自分でやるのが当たり前の環境になります。

仕事先であれば進捗が人より遅かったり、不器用ゆえに周囲の人に溶け込めなかったりするとその人自身が将来的に大きな損をしてしまいます。頭が悪いということは仕事に影響が出てしまうことにもなりかねないため、上記であげた特徴に当てはまる人などは周りにサポートを求めるなど、できることから改善する努力をしてみましょう。

頭の悪い人は改善できる?

「頭が悪い」は改善できるのか?

頭が悪いということは改善できるのでしょうか?簡単に言えば勉強をすれば知識をつけられるのと同じで、時間をかければ頭を良くすることはもちろん可能です。ここではそんな頭の悪い人が周りから頭が悪いと思われないためにはどうすればいいか、そのイメージを脱却するための改善方法をみていきます。

<改善方法>①じっくり考えてから言動をする

何をやっても上手くいかない、不器用だから人より時間がかかってしまうという方は、行動する前に一度止まって「どうやったら効率良く動けるか」を考えてみましょう。仕事など何かを終えるのに人より時間がかかるという人は、何か無駄な時間があるはずです。その時間を省いたり短縮できるような動き方をしたりすることで、効率化を図ることができます。

考えてした言動が仕事場での業績など目で見える結果に出れば、仕事の出来る人と良いイメージつながり頭が悪いというレッテルを貼られることも減るはずです。物事の処理に入る前に必ず効率化を図る方法と、その後実行してみて出来なかった部分を改善する方法を考えるようにしてみましょう。

<改善方法>②他人を理解しようと努力する

人間関係で上手くいかないことが多いという人は、自分のことで精一杯にならず相手の気持ちを理解しようとする努力をしてみましょう。相手にこれを言ったら傷つくかもしれないなど、相手の立場になって考えてから発言をすれば相手の気に障ることを言ってしまうということも減ります。

たとえ相手の気持ちが分からなくてもそれをする努力を見せれば、相手に誠意は伝わり自分のことを認めてくれるようになるでしょう。相手の立場になってみるということができれば気遣いという面で器用な人になり、人間関係でも頭の良い付き合い方ができるようになるはずです。

<改善方法>③人の言うことを素直に受け止める

頭の悪い人はときに頑固で他人の言うことを一切聞かないという人も存在します。自分なりの考えを持って行動することは悪いことではありませんが、自分勝手に行動するのとはわけが違います。自分独自の考えを頑なに持つのではなく、周りの人の意見やアドバイスを取り入れながら柔軟な考え方を持つようにしてみましょう。

頭が悪いは改善できる!

頭の悪い人の中には、考える時間や整理する時間など取るべき時間を省いてがむしゃらに事を済ましてしまっている人もいます。そういった人は物事を雑にこなして時間を作るのではなく、最初に考える時間を設けるようにしてスタートダッシュから改善してみましょう。

頭の良い人を参考にしよう

あるいは自分より頭が良いと思える人が普段どのように物事を解決しているか、どう考えているかを観察し真似してみましょう。他者のやり方を観察して比較すれば、自ずと自分の悪いところが見つかるはずです。頭が悪いことで悩んでいる人は、まず自分のどこが原因なのかを見つけるなど時間をかけることを覚悟で小さなところから始めてみてはいかがでしょうか?

頭の悪い人と良い人の違い

頭の悪い人と頭の良い人では何が違う?

ここまでで話し方の特徴や改善方法など、あらゆる面で頭の悪い人に関しての項目を見ていきました。最後に頭の悪い人と良い人とで何が違うのかを仕事の仕方や行動などの具体的な場面も一部では比較しながらみていくことで、頭の良い人と悪い人の決定的な違いを見つけていきましょう。

<頭の良い人との違い>①空気の読み方

頭の良い人は周囲の人がどう思っているかなどをちゃんと考えてから言動することができます。相手が何を考えてるか、何を求めているかなどを常に想像しながら会話をしているため、周りの状況や空気を読むことに長けているのです。

頭の悪い人は周りの気持ちを考えるということまで頭が回らず、結果気配りができない自分勝手な人という印象を与えかねません。空気が読める人というのはコミュニケーション能力が高いということでもあるので、それができる人は人間関係などの協調性において頭の良い人と言えるでしょう。

<頭の良い人との違い>②他者への話し方(伝え方)

簡単に言うと、頭の良い人は相手がたとえ理解力の低い子供や頭の悪い頑固な大人であっても、どんな相手にも内容がしっかりと伝わる話し方が可能なのです。例えば、大人でも理解するのが難しい内容を小さな子供に説明するとき、その子でも分かるものに例えて理解しやすいようにしてあげるなど状況に合わせて工夫することができます。

相手への伝え方を状況に応じて変えられるかどうかは、相手のことをどれだけ理解しようとしているかにつながります。そのため物事を人に分かりやすく説明できる人は、相手への配慮を忘れない頭の良い人だからこそできる業であり、頭の悪い人が見習うべき身近なテクニックでもあるのです。

<頭の良い人との違い>③時間の使い方

頭の良い人は事前に考えてから行動に移すため、計画的で時間の使い方が上手とも言えます。頭の悪い人はその場しのぎでがむしゃらに済ませてしまう、いわゆるごり押しをしてしまうタイプが多いためその後の効率化につなげることができません。

物事の処理に時間をかけるのか、その前の計画に時間をかけるのかなど「どこで時間を使うか」ということにおいて正しい選択ができる人が本当に頭の良い人であり、その選択を雑にしてしまうのが頭の悪い人との差でもあるのです。

頭の良い人は自分をよく分かっている

仕事が出来る、気が利くなど頭の良い人にも様々な形がありますが、共通して言えるのは頭の良い人は自分の良いところも悪いところも良く知っているということです。良いところは伸ばし悪いところは改善しようと努力もできるところが頭の良い人の最大の特徴であり、頭の悪い人との決定的な違いでもあるのです。

頭の悪い人は自分を知らないがゆえに自覚もなく、改善方法も分からないという傾向にあります。やり方が分からなければ調べる、それでも分からなければ人に聞くと言った発想が頭の良い人にはありますが、頭の悪い人はその発想もないために自分の頭の悪さをいつまでも改善できないという悪循環に陥ってしまうのです。

頭の悪い人にならないようにしたい

頭が悪いのはその人だけの問題ではない?

頭が悪いのはもちろん本人の問題であり改善するのも本人ですが、その人に自覚がなければ改善もできません。そんなときは周りの人が気付いて指摘してあげるなどで手助けしてあげる必要があります。

万一仕事などの連帯行動が必要な環境にそういった頭の悪い人が一人でもいれば会社の損益につながりますよね?頭の悪い人を放っておくのは本人はもちろん周囲の人に悪影響となる可能性もあるので、頭が悪いことで悩んでいる人やそういった人との付き合いに悩んでいる人がいれば身近な人が手助けをして改善のサポートをしてあげるべきです。

周りに迷惑をかけないために

ここまでで頭の悪い人に関して長く説明してきましたが、シンプルに考えて頭が悪いと思われるのは嫌ですよね?自覚するにしても自分が頭の悪い人間だなんて信じたくないはずです。頭が悪いということは仕事場などの様々な環境や人間関係においても大きなハンディを背負っていることと同じことになり得ますので、頭が良いと思われるまで行かなくても悪いほうには思われないように居たいものです。

頭の悪さを変えるのは性格を変えるのと同じくらい難しいことかもしれません。しかしそれをコンプレックスとして抱えている人は、今まで見てきた改善策や頭の良い人との比較でできるところから少しずつ変えてみてはいかがでしょうか?

Thumb天才の特徴や性格は?凡人との違いは?天才脳は生まれつき? | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ