ハンモックのテント型がおすすめの理由!冬にも最高な寝心地体験とは?

テント型のハンモックを知っていますか?普通のハンモックと違って、風雨や虫の侵入を防ぎ寝心地も最高の新しい型のハンモックです。テント型なのでキャンプにも使えてとてもおすすめですよ。これからテント型のハンモックのメリットやデメリット、おすすめの商品を紹介します。

目次

  1. ハンモック型テントは快適!
  2. ハンモックテントのメリット
  3. ハンモックテントの取り付け方
  4. ハンモックテントのおすすめ製品
  5. ハンモックテントのデメリット
  6. ハンモックテントで最高のアウトドア体験を

ハンモック型テントは快適!

ハンモックテントとは?

ゆらゆらと揺れて心地良いハンモックですが、今新しいスタイルのテント型のハンモックがとても快適だと人気が高まっています。普通のハンモックですとただハンモックに身体を預けて寝転び思うように動くことはできません。また風雨はしのげず蚊は近寄って来るので、ゆっくり寝転んでいても気になりますよね。しかしハンモックテントはこれらの欠点を全て補っている最高の商品なのです。

hiro1018mさんの投稿
41571640 337903590296900 2654804327793982444 n

ハンモックテントの代表的ブランドはヘネシー

2ndgear_kichijojiさんの投稿
42003601 238069783526210 3807774674830212877 n

ハンモックテントの代表的なブランドはヘネシーと言います。ヘネシーハンモックは創業者であるトム・ヘネシー氏によって開発されました。トム・ヘネシー氏は長旅の際、設営が簡単な軍用のハンモックをテント代わりに使っていました。軍用のハンモックは使い勝手がよく持ち運びもしやすいので、トム・ヘネシー氏はこの軍用のハンモックを元にして新しいハンモックを開発し、1999年にヘネシーハンモックを発売したのです。

kitayanyanさんの投稿
42484972 1635135269923615 3138301623810866246 n

ヘネシーハンモックはただ身を任せ寝転ぶことができるだけでなく、様々な使いやすい利点があります。元々軍用のハンモックを元に考えられただけあってコンパクトにして持ち運べることも有り難いですね。これからヘネシーハンモックの特徴とメリットやデメリット、そしておすすめ商品を紹介していきます。

ハンモックテントのメリット

ハンモックテントは値段が比較的安い

kay46campさんの投稿
43818039 349943572407492 8951291861834643769 n

ヘネシーのハンモックテントは他のブランドのものよりも比較的安い価格で販売しています。アウトドアブランドのヒルバーグやカーカムス等のアウトドア商品は高価ですので、ちょっと買ってみようという気分になれないのが残念なところです。その点ヘネシーハンモックは1万円前後と手に取りやすい値段ですのでおすすめです。

地面の状態を問わない

一般的なテントは地面に接地していますので、設営する時に設置場所を選ばなければいけません。地面が濡れていたりぬかるんでいたり、岩や砂利、木の根があったりすると避けないといけませんし、デコボコや斜面では設営できません。ヘネシーハンモックは、テントでありながらハンモックですので地面の状態は全く関係ないので使いやすさは最高です。

rera_madeさんの投稿
41120213 148254316122490 2036997441750635236 n

テントですと地面の状況によってはエアマットを敷かないと背中が痛いとか快適でない場合があります。ヘネシーハンモックは地面と触れていないためマットは不要ですので、荷物を少なくすることもできるでしょう。

kitayanyanさんの投稿
43231146 1170003439818274 8891993954285573483 n

軽量でコンパクト

ヘネシーのハンモックテントのおすすめポイントはその軽量さとコンパクトさでしょう。一般的なテントの場合、テント以外にも色々なアイテムを必要としますので大抵5kg〜6kg程度の重さになります。ヘネシーのハンモックテントは1kg前後しかありませんので荷物が軽く済み、折り畳んでしまえば20cm×30cm程度でサイズもとてもコンパクトですので荷物に詰めやすいですね。

harunaaaanyaさんの投稿
37129011 1905248046202837 4596113592293523456 n

ヘネシーのハンモックテントは基本的にとても軽量ですが、種類によってサイズや重量が異なります。最軽量の「ウルトラライト」という商品は1kgを切っていて800gしかありません。車で移動する際は問題ないかもしれませんが、バイクや自転車、登山ではペットボトル程度の重量というのは重要なポイントでしょう。ヘネシーのハンモックテントは重たいものでも1.8kg程度でとても軽量ですので助かります。

yyyotttoさんの投稿
28766692 2119093011654579 1706894864710369280 n

設営が簡単

ヘネシーのハンモックテントは適当な間隔の木があれば、どんな地面状態でも設営できるのがおすすめポイントでしょう。ヘネシーのハンモックテントはシンプルな仕組みになっているので設営がとても簡単、初心者であっても5分もあれば設営ができると言います。慣れた人であればもっと早くできるそうですよ。

hiro1018mさんの投稿
14590936 1784353945180896 6010453203403931648 n

2本の木に結びつけて張るだけですので、通常のテントとは比べ物になりませんね。テント泊に慣れている人はキャンプ場ではなくても、ヘネシーハンモックがあれば林道の突き当たりや公園の一角等どこでも設営して休むことができます。ハンモックテントは骨組みもないのでシートを外側にしてくるくる丸めて袋に入れてしまえば撤収も最高にスピーディーです。

風雨・虫の侵入を防ぐ

ヘネシーのハンモックテントのメリットは沢山ありますが、何と言ってもキャンプをする上で重要である風雨をしのぐ機能を持たせたことが一番のおすすめポイントでしょう。ハンモック部分を設営した後、付属している大きなフライシート(タープ)を使うことで風雨をしのぐことができます。横殴りの大雨は多少心配ですが、タープは撥水性がとても高いので大活躍するでしょう。

またキャンプをする上で風雨と同様にわたしたちを困らせるのが蚊などの虫の存在です。快適な睡眠を邪魔しますし、特に女性は蚊に限らず虫が苦手ですよね。ヘネシーのハンモックテントには蚊帳(モスキートネット)が本体に付いていて、この蚊帳の中に入れば虫の侵入を防ぐことができて最高です。夏場も安心して寝袋無しで寝ることができるでしょう。

koki_hanafusaさんの投稿
37947027 279267052850371 213422950777356288 n

抜群の寝心地

一般的にハンモックと言うと寝転がると背が少し丸くなり、腰の部分が落ち込み過ぎて落ち着かず寝付けないこともありますが、ヘネシーのハンモックテントは身体をテントのセンターラインに対して対角線上に斜めに寝転ぶと身体がほぼ真っ直ぐになり寝心地が良く、首や身体がとても楽なのが特徴です。広さもあり寝返りもできるので、心地良い浮遊感にハマってしまう人もいるようです。

hinata_outdoorさんの投稿
19425211 1540492252688174 1457484524693749760 n

前述したようにヘネシーのハンモックテントはとても軽量ですが、どの製品も最高で100kg程度の耐久性がありますので大抵の人は心配なく使うことができます。簡単に設営ができて寝心地も良く、軽量で持ち運びが簡単ですので誰もが快適に使うことができるでしょう。

ran_12.20さんの投稿
19367465 331175040636143 604663938520449024 n

ハンモックテントの取り付け方

設置場所を探す

ハンモックテントを設営するためには間隔が約4〜5mの2本の木が必要です。両手を広げた幅があなたの身長程度なので、それを目安に探しましょう。ハンモックテントを設営する木は両手が回らない位の太さであることがおすすめです。ハンモックテントを設営して入ったら木が折れてしまったのでは怪我をしてしまう可能性があります。木は揺すってしっかりしているか、ぐらぐらしていないか確認しましょう。

daichi___takahashiさんの投稿
21373159 468760426839161 1393946913115471872 n

ベルトを木に巻き付ける

まずハンモックテントの付属のベルト(ウェビングベルト)を木に巻き付けます。このウェビングベルトを付けることで、木の表面を傷付けずにハンモックテントを設営できます。ウェビングベルトは簡単に付けられますので初心者でも安心です。ベルトを巻き付ける時の高さは、目安として自分の目線くらいの場所が出入りもし易くおすすめです。

tsrs_slowlifeさんの投稿
11849170 1696770383888353 1974732777 n

ロープの結び方

そしてウェビングベルトを巻き付けた後はロープを結びますが、このロープは案外細く見た目で心配になります。しかしとても強いロープとなっていますので心配は要りません。ロープを貼る時はまずは片方を仮止めしてテンションを確かめてから反対側を結ぶと上手く行きます。ある程度強めのテンションになるように調節しましょう。

jardindestuileries7さんの投稿
38942001 909597195896220 2140915642277036032 n

ロープの結び方は付属の取り扱い説明書にも書いてありますが、8の字結び(フィギュア・エイト・ノット)を3回してからふた結び(ツー・ハーフ・ヒッチ)で処理する結び方がおすすめです。分かりやすい結び方の動画もありますので参考にしてくださいね。両方ともしっかり結んだ後試しに座ってみましょう。お尻が地面に付くようであれば高さの調節が必要です。慣れるまで何回かやってみると良いでしょう。

ハンモックの上にフライシートを被せる

ロープを張れたら、吊るされたハンモックの上にフライシートを被せ、最初に張っておいたハンモック本体と繫がる紐にフライシートのフックを引っ掛けて留めましょう。ハンモックに寝転がって景色を楽しみたい人はフライシート無しでも大丈夫です。寝る時にフライシートを被せると良いですね。そしてフライシートをペグで地面に固定しましょう。

kyiha__wizさんの投稿
39637522 2178951012361541 4414539206995476480 n

ペグで固定することで風が吹いても煽られません。ペグは付属していませんので別途購入することになりますが、安価なものですので安心です。ペグを使わなくても地面にあるどこか結べるところがあれば大丈夫です。これで基本の設営は完了です。とても簡単ですが、初めての方ははぜひ動画を見て参考にしてくださいね。

ハンモックテントのおすすめ製品

ハンモックテントの快適さは最高です。特にヘネシーは軽量でとても使いやすいことがおすすめです。またハンモックテントはヘネシーだけでなく色々なメーカーから発売されています。これからハンモックテントのおすすめ製品を紹介していきます。

おすすめのヘネシーハンモックテント

【Hennessy Hammock Expedition Asym(ヘネシーハンモック エクスペディション Asym)】
39,800円
楽天で詳細を見る

ヘネシーのハンモックテントの種類の中でもスタンダード型で、縦に240cmあり耐荷量は113kgなので大人の男性でも安心ですね。モスキートネットとフライシート、ロープ、収納バックは初めから付いています。ただペグは付いていませんので、安全に快適に使うためには揃えた方が安心です。色違いの種類はなく、グリーン1色のみです。迷ったらこのスタンダードタイプがおすすめですよ。

こちらはバックパッカーのために開発された小型の種類で、大きさはスタンダードモデルのエクスペディションと同じですが、収納重量がエクスペディションの1160gに対して860gしかなくとても軽量です。収納サイズもとても小さくipad程度の大きさになります。荷物を小さくしたい人におすすめの製品です。

ヘネシーハンモック エクスプローラー デラックス Asym クラシック 1人用
31,700円
楽天で詳細を見る

ヘネシーのハンモックテントの中では小型のもので、大きさはあまり変わりませんが耐荷重が68kgとなっています。大人の男性では不安がありますが、小柄な人や女性、子供用には価格も安くおすすめです。ハンモックテントとしての機能は最高で、付属品も同じものが付いているので安心です。これをキャンプに持って行って親子でお昼寝が出来たら最高ですね。

【Hennessy Hammock Explorer Deluxe(ヘネシーハンモック エクスプローラー デラックス )】
52,000円
楽天で詳細を見る

ヘネシーのハンモックテントの中では最大の大型サイズで、耐荷重は160kgあります。1人80kgのカップルでも一緒に寝ることができますし、他のハンモックでは小さく感じる大柄な人におすすめです。大型な分、重量も重くなりますが1800gと軽い方ではないでしょうか?ヘネシーのハンモックテントは名前に「ZIP」が付くものは出入り口をジッパーで閉じるもので、「CLASSIC」はハンモックの下部にあるマジックファスナーから出入りします。

テントサイルのハンモックテント

tentsilejapanさんの投稿
40235571 468912186941303 2874624793783566336 n

テントサイルのハンモックテントはパッと目をひく斬新なデザインが魅力的な製品です。基本のハンモックテントには防虫メッシュと取り外し可能なフライシートも付属しています。色は10色と迷彩色から選ぶことができます。ハンモックテントを連結することもでき大きくなるので、大人数で使うこともできます。

tentsilejapanさんの投稿
42578636 2277607419188825 1311185631256416968 n

テントサイルのハンモックテントはカラーも種類も豊富で、トリロジースーパーコンボという大型サイズのものはテントというよりもプライベートな近代的ツリーハウスといった雰囲気でとても素敵です。このテントを拠点にして大人数でアウトドアを楽しめたら最高ですね。

kabutonomoriさんの投稿
38704432 257257724912921 7103583673714212864 n

カクーンのハンモックテント

カクーン(cocoon)とは繭のような形が独特の吊り下げ式テントです。子供用、大人用1人用、大人2人用とサイズがあって、それぞれ底面の直径の大きさが違います。どれも耐荷量は200kgまであるので安心ですね。カラーは11色展開でコロンとしたデザインが可愛いので人気です。

Cacoon カクーン ハンモック テント 吊り下げ型テント 秘密基地
58,320円
楽天で詳細を見る

ハンモックテントのデメリット

ハンモックテントは冬は寒く工夫が必要

kitayanyanさんの投稿
42002816 500317807040455 790156814351563889 n

夏であればハンモックテントで寝袋無しで快適に寝ることができますが、冬はそうはいきません。まず肌寒い季節や初冬は寝袋があった方が良いでしょう。ただ寒さの厳しい冬は問題です。冬にヘネシーのハンモックテントでキャンプをすると寝袋を使っても寒さで目が覚めてしまうこともあります。冬の昼間に休憩をする程度でしたら問題ありませんが、冬の夜にキャンプをするのは防寒をしっかりする必要があります。
 

crossorange_uskeさんの投稿
27576466 203408660396946 279698436503109632 n

またハンモックテントは宙に浮いていますので、下を風が通り抜けて行きます。夏は快適ですが冬や夜が冷え込む季節になると、ハンモックテントだけでは寒いです。アンダーキルトと呼ばれるハンモックの下側に設置する寝袋のようなものを使うと、冬でも予想外の暖かさを保てるでしょう。また冬に限らず悪天候からハンモックを守るハンモックシェルターもおすすめです。

冬場に冷える一番の原因は下部が寒いことですので、スーパーシェルターを使うと冬の下部の冷えを防ぐことができ体温を逃しにくくなります。更に厳しい冬場は寝袋を使えば十分に寝ることができますよ。ただし北海道などの極寒の地域での冬場はかなり厳しいですのでご注意ください。

kensan0726さんの投稿
11821890 957099807674244 493112404 n

ハンモックテントは1人用である

ほとんどのハンモックテントは1人用です。2人用のものも発売されていますが、どうしてもカップルでイチャイチャしているように見えてしまうので人目の気になる日本では不釣り合いかもしれません。家族でキャンプする際やグループでキャンプを行う場合は人数分のハンモックが必要になり、使える木を沢山探すことが大変でしょう。

tsrs_slowlifeさんの投稿
20481912 1752650608108648 1872504135014678528 n

木がないと使えない

どうしようもないことですが、ハンモックテントは木がないと設営できません。テントであれば平らでテントの床面積を確保できる地面であればどこでも張ることができるでしょう。しかしハンモックテントは木がないところでは張りようがありません。また、木と木の間隔が広すぎても狭すぎても設営が不可能です。場所を選ぶ点もデメリットかもしれません。

koki_hanafusaさんの投稿
39189129 201214160752984 6477183781882036224 n

ハンモックテントで最高のアウトドア体験を

ハンモックテントは最高に快適なアイテムとしてキャンプを楽しむのにおすすめです。普通のハンモックなら寝転ぶだけで寝心地はあまり良くないのですが、ヘネシーのハンモックテントは小型で軽量な上寝心地がよいのが特徴です。設営も簡単ですしフライシートが付いているお陰で風雨も虫も防ぐことができる点も最高ですよね。

daniela.doniciさんの投稿
40279121 456351201533159 785753048348622848 n

ハンモックテントは木さえ見つければ設営でき、ゆらゆらと居心地のよい快適な空間を作ることができるでしょう。ぜひキャンプにはヘネシーのハンモックテントを持って行き居心地の良い最高のアウトドアを体験してみてくださいね。

関連するまとめ

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ